花ごよみ

映画、本、写真など・

陰日向に咲く

2008-01-31 | 映画

劇団ひとりの原作を映画化。

キャストは岡田准一(シンヤ)
宮崎あおい(鳴子・寿子)
伊藤淳史(雷太)
平山あや(みゃーこ)
緒川たまき(ジュピター)
塚本高史(ゆうすけ)
西田敏行 (モーゼ)

本の内容、記憶が薄れていましたが、
映画を観ているうちに
徐々に思い出してきました。

原作は連作になっていますが、
映画では岡田准一(シンヤ)を中心軸として
宮崎あおい(寿子)、西田敏行(モーゼ)、
三浦友和(リュウタロウ)達が
複雑に交差して物語が進行していきます。

東京の片隅、日陰で生きる、
不器用な人達。

 


借金、ギャンブル依存症の
ダメ人間岡田准一(シンヤ)。

その父親でホームレスにあこがれる、
エリ-トサラリーマンの
三浦友和(リュウタロウ)。

リュウタロウとシンヤの
ねじれを生じた親子関係。

塚本高史(ゆうすけ)の、
平山あや(みゃーこ)に捧げる
優しい、ピュアな心に涙。

岡田准一(シンヤ)と、
年老いた緒川たまき(ジュピター)の
亡くなった子供に対しての母心。
彼女の最期の手紙に涙、涙。

西田敏行(モーゼ)と
寿子の切ない出会いに涙。

忘れてしまっている、
どこかに置き去りにしてしまいそうな
小さな小さな幸せ。

ひとりで生きているつもりでも
知らず知らず誰かのために生きている。

傷ついた心の修復は、
いつかきっとかなうはず。

魅力たっぷりの俳優陣の
演技力でしょうか?
こんなに泣けるなんて
思ってもいませんでした。
想定外です。






コメント (8)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
« きつねのはなし (森見 登美彦 ) | トップ | 鶴見緑地公園に菜の花が!! »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
想定外ですか~!? ()
2008-01-31 01:04:27
kazuさん、こんにちは~!
ご覧になられたのですね♪
私は後半、寝てしまいまして・・・とんだ失態をしてしまいました(汗)
たぶん、一番グッときそうなところだったと思うのですが・・・。
自分でも不思議です。
見直すのは、DVDになってからでもいいかな~なんて思ってましたが、kazuさんのレビューを拝見すると、やっぱり観たくなりました!
1日にでも行ってみようかな・・・☆

みゃーことゆうすけのお話、良かったですね~♪
平山さんの女優魂を、見せてもらいました!
見たかった映画です。 (たんぽぽ)
2008-01-31 10:22:11
kazuさん
こんにちは

見たかった映画です。
そうなんだ~、想定外に泣けるんだ~。

心をピュアにして見に行ってみます。
泣けるんだ~泣けるんだ~
思ってみてしまうと
反対に感情移入ができなくなることが
あるんです。。私。

どうしようかな~見に行こうかな~って
迷ってたからよかった。
ふらっと見にきたつもりで
「陰日向に咲く」見てきますね。
空さんへ☆ (kazu)
2008-01-31 17:15:04
こんにちは~!

寝てしまったのは、残念でしたね。
私も大事な時に寝てしまって
後でくやしい思いをすることがあります。
不可抗力ですものね。

本ではあまり泣いた記憶がないんですよ。
映像を見て涙腺が
刺激をうけたんでしょうね。
あまり涙もろくはないと思うんですけど(笑)
岡田さんはかっこわるくは
なれないですよね。
みゃーことゆうすけのお話は
ほんとよかったですね。



たんぽぽさんへ☆ (kazu)
2008-01-31 17:28:33
こんばんは~。

原作では泣いていないのに
映画を観て泣けました。

自然と感情移入できたんでしょうね。

この映画に登場するキャラクターは
生きていくのに不器用で、
情けなくてダメな人達でも
どこか愛すべき人達。

映画を観た後、ほんわか、
優しい気持ちになれました。







原作は未読でしたが~ (cyaz)
2008-02-04 22:06:16
kazuさん、こんにちは^^
TB、ありがとうございましたm(__)m
ムンクほど驚きはなかったですが(笑)、原作を読まないで観たので変にイメージを作ることが出来て、僕的には良かった作品です。
あおいちゃんはいつまでも可愛いので、そちらも楽しませてもらいました~♪
cyazさんへ☆ (kazu)
2008-02-04 22:59:28
こんばんは~!

こちらこそTBありがとうございました。

原作を読んでいても(結構健忘症気味)
読んでいなくても
楽しめる作品でしたね。
あおいちゃんは本当に可愛くって
健気で素敵な印象が残っています。
TBありがとうございました (シムウナ)
2009-02-28 11:58:28
TBありがとうございました。
日陰の中でもがきながらも
必死に生きている人間模様が見れました。
登場人物たちの単独ストーリーだと思ったら
いろんなところでつながりが・・・
ジュピターさんの手紙は号泣でした。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
シムウナさんへ☆ (kazu)
2009-03-01 00:56:00
こんばんは~!

こちらこそTBありがとうございました。
一生懸命生きている姿は
感動的でしたね。
ジュピターさんの手紙は
涙を誘いますね。

今からぽちっとしに行きますね。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

22 トラックバック

【陰日向に咲く】 (空の「一期一会」)
★・・・寝てしまった!シンヤがおばあさんの家に行ったあたりから。なので、後日(
【陰日向に咲く】 (日々のつぶやき)
監督:平川雄一朗 出演:岡田准一、宮崎あおい、三浦友和、西田敏行、塚本高史、平山あや、伊藤淳史 劇団ひとりの同名原作の記憶はかなりおぼろげ・・ 細かな部分は忘れてしまっていますが、短編のような形をとりながらもちょっとずつ登場人物がリンクしているのが面...
陰日向に咲く/岡田准一、宮崎あおい (カノンな日々)
原作は読んでました。私にしてはけっこう早い時期に読んだほうかな?ワタシ好みな群像劇だったこともあって夢中になって読ん本です。劇団ひとりというクリエーターにも興味があったのですが、なかなか良く出来た物語で面白かったです。きっとどこかが映画化するだろうなぁ...
陰日向に咲く [映画] (mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々)
★★★★★★★★★★ http://www.kage-hinata.jp/in
映画「陰日向に咲く」 (happy♪ happy♪♪)
借金返済のためにオレオレ詐欺に手を染める青年、C級アイドルを 追いかけるオタク少年、家族と世間を捨てた男、夫に逃げられ 子供も亡くした孤独な老女。 日陰でも懸命に生きる人々を温かい目線で描いている。 原作{/book/}を読んでませんが、後半うるうる{/kaeru_cr...
映画 『陰日向に咲く』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆東京に暮らす“どこか日の当たらない”9人の人々が、一生懸命生きようとする姿を描く笑いと涙の群像ドラマ。人気お笑い芸人、劇団ひとりのベストセラー処女小説を基に、『その時は彼によろしく』の平川雄一朗監督が映像化した。夏の日の東京。ギャンブ...
陰日向に咲く (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年1月26日 公開             「ふりむキッス」歌:武田みやこ(平山あや)        「来てくれて、うれしいドロ~」 はぁ~っ、なんかねぇ、良かったですよぉ。 うぅ~ん、なんかねぇ、泣け!っ...
陰日向に咲く / 映画 (あかねのたわごと☆本日記)
劇団ひとりサン原作小説の映画化『陰日向に咲く』を観てきました~STORY:夏。東京には台風が接近していた。そんな東京ではダメダメな人たちが、陰日向の奮闘をしていた。 ギャンブル好きが高じて借金まみれになったシンヤ。ある日街で、母親が昔好きだった人を探している...
2008-05『陰日向に咲く』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-05『陰日向に咲く』(更新:2008/01/30) 評価:★★★★☆ 日陰に生きるダメダメな人たちを描いた、泣きたいくらい愛おしい群像劇 劇団ひとり原作の映画です。 登場人物が微妙に絡みあいな...
陰日向に咲く (迷宮映画館)
ちょっと泣き方向に行き過ぎたかなあ・・・。
【2008-19】陰日向に咲く (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? ホームレス 借金地獄 売れない芸人 田舎娘 崖っぷちアイドル アキバ系オタク ストリッパー 人生に”陽の当たらない人たち” 彼らに陽は当たるのか!? ひとりじゃない。
伊藤淳史クンの似顔絵。「陰日向に咲く」 (「ボブ吉」デビューへの道。)
昨夏「西遊記」を観に行けなくて、その時描いてた、 伊藤淳史クンの似顔絵流用で、申し訳ない。 ・・と思ってたんですが、「陰日向に咲く」を観てて、この似顔絵が 「不思議な意味」を持った事に驚きました。 映画を鑑賞された方はわかると思うんですが、 気付けば、新...
劇場鑑賞「陰日向に咲く」 (日々“是”精進!)
 「陰日向に咲く」を鑑賞してきました劇団ひとりの同名ベストセラー小説を映画化。理想はあれど、現実はそううまくはいかないという9人のダメダメな人々の物語。東京の片隅に生きる人々それぞれの物語をすくい取った群像劇。岡田准一、宮崎あおい、西田敏行など多彩なキ...
陰日向に咲く (ネタバレ映画館)
『木更津キャッツアイ』の岡田准一と塚本高史、『純情きらり』の宮崎あおいと三浦友和、『釣りバカ日誌』の西田敏行と平山あや。一見、関係ありそうな彼らが微妙に繋がらない・・・
『陰日向に咲く』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「陰日向に咲く」□監督 平川雄一朗 □原作 劇団ひとり □脚本 金子ありさ □キャスト 岡田准一、宮崎あおい、伊藤淳史、西田敏行、三浦友和、平山あや、塚本高史、緒川たまき ■鑑賞日 1月27日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足...
『陰日向に咲く』 2008-No9 (映画館で観ましょ♪)
巡り合いの中で生きてく また人を好きになる 喜びや悲しみさえ全て 自分の事と受け入れたなら 恵 愛の中で満ちてく 逃げずに自分の事も好き...
「陰日向に咲く」 縁は異なもの (はらやんの映画徒然草)
現代は人の関係が薄くなったとよく言われます。 けれど一人がいいと思っている人が増
「 陰日向に咲く (2005) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【陰日向に咲く】2008年1月26日(土)公開 監督 : 平川雄一...
映画[ 陰日向に咲く ]後悔が育くむ優しさ (アロハ坊主の日がな一日)
映画[ 陰日向に咲く ]を吉祥寺で鑑賞。 劇団ひとりの書いた小説の映画化なんて・・・ それを、宮崎あおい、V6の岡田、三浦友和、西田敏行らが演じたところで どーなんだと、観るまでは正直に小馬鹿にしていたが・・・・・。 猿のように、反省です。一人身が長...
【映画】陰日向に咲く…今日のレビューは我ながらケチョンケチョン (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
一昨日の記事で書いたとおり、昨日({/kaeru_fine/}のち{/kaeru_rain/})はお仕事。2ヶ月に一度ペースで当番が周ってくる夕方から深夜にかけてのお仕事でした。…実は嫁さんの誕生日{/presents/}だった昨日なので、仕事は避けたかったんだけどね{/face_ase2/}。休日に他の...
『陰日向に咲く』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじギャンブル好きが高じて借金まみれになったシンヤ。上司から援助を受けるも、パチンコで使い果たし取り立てに追われるシンヤは、オレオレ詐欺で金を稼ごうとするが、電話に出た悲しく優しい老婆の声にシンヤはカネをせびるのも忘れ・・・。感想ミリオンセラーとな...
No.167 陰日向に咲く (気ままな映画生活)
ツボにはまった作品でした。 各ショートストーリーのつなぎ合わせで多少は キャラクターたちが干渉し合う程度かなと思ってました。 各々のストーリーを堪能する・・・そんな感じがかなと。 無関係の人たちが中盤~最後にかけてつながりが生まれ そして、涙腺が刺激さ...