「松風庵日記」 心はいつもお茶日和  

後半の人生の楽しみ方見つけましょう!

最善を尽くさなくては

2019年01月20日 | お茶三昧

社中の方が、
「いただきものですが」とくださったお菓子です。
相撲見物土産ですね。
私も今場所観戦のチャンスを頂いたのですが、
稽古日と重なってしまいました。

もし時間が取れても、今の私の膝の状態では、
升席に座っての観戦はちょっと辛いかもしれませんし、
たくさんのお土産を持って帰ることも困難でしょうから、
諦めもつきましたが。

今場所で、稀勢の里も引退をしてしまいました。
お稽古の時に、皆さんで、引退を惜しみながら頂きました。

このような個人的な楽しみならば、取りやめも問題はないのですが、
責任のある仕事は、簡単には中止できません。
月末に予定されている、小学校での茶道体験授業が、迫ってきました。
私が正座をしてお点前をすることはどうもできそうもありません。
都内の学校までたどり着ければ、口は元気ですので、
お茶についての話は大丈夫です。
最悪は、立礼でのお点前でとも思いましたが、
ありがたいことに、社中の方がお手伝いを引き受けてくださいました。
いつもは、私が盆略点前をしながら、いろいろと説明をするのですが、
お点前はその方にしていただけますし、一番不安な道中も、心強いです。
これで、二人三脚で、無事責任を果たせそうで、ほっとしています。

幸い、歩く時の痛みは少しずつ軽減されてきています。
あとは長い距離を歩けるかという心配が少し残っていますが。

そんな今の状態を依頼を受けた学校に連絡したところ、
「ご無理はしてほしくありませんが、ぜひ先生におねがいしたいです」と。
なんと伺えば、校長先生も膝痛の経験がおありだとか。
私より、10才もお若いのですが。
その時は杖を突いて仕事に通ったということでした。

「杖ね・・そんな道具もあったのね」と、
たしか母の使っていた杖があることを思い出しました。

どうしてもつらい時のお守りに持っていこうかしらと、
納戸から見つけ出したその杖は玄関に立てかけてありますよ。

でも杖を使って歩くのは結構難しいのですね。
上手に使うには練習がいりそうですよ。
お守だけで済みますように。

 


新春茶会も無事に終りました

2019年01月15日 | お茶三昧

お天気にも恵まれれ、皆さんのご協力を得て、
新年の顔合わせ茶会も無事に終えることができました。

恒例のわたしの濃茶点前はして差し上げられませんでしたが、
昨年茶名を拝受された社中の方お二人の、茶名ご披露の席で、
午前中は皆さんに濃茶を飲んでいただきました。

とても緊張されたようですが、落ち着いてお点前をなさってくださいました。
私もほっといたしました。

 

午後の薄茶席は、今年からベテランお二人を席主として、
広間と小間のお席を持っていただき、お茶会の形にしました。
お客様として、社中の方のお友達やご家族も大勢見えて、
緊張の中にもとても和やかな午後の薄茶席でした。

普段はお洋服でお稽古の方も、この日ばかりは和服に身を包み、
華やかに談笑する光景に、やはりいいなあと思いますね。

私はと言えば、痛い膝をかばいつつ、動きは省エネ。
記念写真も、椅子に座っての情けなさでした。
来年はこれが笑い話になるようにしたいです。

持ち帰った道具は、ほどくのをお手伝いいただいて、
水を使ったものは乾燥中です。

これで年中行事の一番大きなものが終わりましたので、
これからは、季節ごとのお茶事を楽しみたいと思います。
早速「名残の茶事」を立候補した方も。

初釜を終えて、
今年の目標が見つかった方もいらっしゃるようで嬉しいです。
皆さんお疲れ様でした。

 

 


おもいがかのう

2019年01月12日 | お茶三昧

こんなお干菓子はいかがでしょうか。

「辻占」というお菓子です。

中に小さな紙がたたんで入っています。
知らないでいると、たいていの人は、
そのままお菓子と一緒に飲み込んでしまいます。

今日引いた辻占は(お稽古で毎日一つずつ食べていますので)
とても良い事が書いてありました。

嬉しいですね。
私の今の願いは、「膝が良くなりますように」です。
切なるこの思い叶うと良いのですが。

今日は明日の初釜の道具をまとめに、お手伝いの方が来てくださいました。
おかげさまで仕事が早く済みました。
道具をまとめながら、いろいろと勉強になる事もあったようです。
お手伝いは、新しいことを覚える良いチャンスにもなりますね。

明日の朝車に積み込めばよいだけになっています。

危ぶまれたお天気も、晴れという予報に変りました。

明日のお茶会が無事に済みますように。
これも、「おもいがかのう」でお願いしたいです。

 

 


素敵によみがえりました

2019年01月07日 | 日記

「記念に頂いた器を割ってしまったんです。どうにかなりますか。」
そう言われてお預かりした器がきれいによみがえりました。
出産祝いのプレゼントということですから、なおさら大切なものですね。

直したのは私ではありません。
社中の金繕いを楽しまれている方にお願いしたのです。
割れ方が不幸中の幸いだったというか、
絵になるちょうどよい継ぎあとですね。

早速依頼主にご連絡しました。
手に取って喜ばれる姿が目に浮かびます。

 

ところで私の膝は、金継ぎのようにはうまく運ばず、
一進一退ですが、薄紙をはぐように良くなっているような気もします。

土・日と初稽古をしましたが、失礼して椅子に座ってさせていただきました。
おかげさまで、気持ちもまぎれ、痛みを忘れる時間も。
普段はどうしても私も動いてしまうので、
何でもお稽古の皆さんにお願いしてみて分かったことは、
自分はやりすぎていたということです。
皆さんには私が動かないほうがずっと勉強になり、
いろいろなことが身に着くとわかっているのですが、改めて納得です。
私自身は運動と思って動いているのですが。
すっかり味を占めて、今後はこの方針で行こうとおもいましたよ。

治療のアドバイスも、いろいろと頂き、
とてもありがたかったです。

今日から本格的に仕事始めの方もいらっしゃるでしょうね。
平成最後の年の、皆さんの滑り出しはいかがでしょうか。



穏やかな三が日でしたが・・・

2019年01月04日 | 日記

三が日は熱海で温泉三昧でした。
傷む膝を抱えながらも、
友と過ごし、温泉に浸かれることを楽しみに出かけていきました。

海は穏やかで、気持ちの良いお天気が続き、
美味しいものを頂き、テレビで箱根駅伝を応援し、
友の愛猫と遊ぶ一時は、とても穏やかで癒されました。

「これニャーニ?」

「お屠蘇よ!」

「アタチ・・いける口かも」

ちょっと悪戯もしてみたりして。

 

でもこんなのんきなことを言ってはいられません。
やはり正座はとても無理。
最悪を考えて、初釜のわたしのお点前は今年はできそうもありません。
私が何もできないことを想定した当日のスケジールに、
変更を余儀なくされそうです。
これは社中の皆さんだけで頑張ってみる良いチャンスかもしれません。
と前向きにとらえることにしました。

皆さんよろしくね。

「焦らないでね」という友達のエールに、少し気を取り直しています。
焦らずにしっかり治さなくてはと思います。


明けましておめでとうございます

2019年01月01日 | 日記

皆様健やかに新年をお迎えでしょうか。
新しい年が、平和で穏やかな年となりますように。
世の中の暗い出来事に心が痛みますが、
私ができることは、いつも私を幸せにしてくださる皆さんに、
少しでも安らいだ時間を作って差し上げることでしょうか。

今年は私は年女です。
新年を迎えるにあたっての決意は、
「しとやかにのんびりと猪突猛進」です。

昨年は思うところありまして、かなり猛進をしました。
そのためか、暮れにどっと疲れが出て、膝が壊れました。
全ては調子に乗った自己過信からと反省した次第です。
70年以上も使わせていただいた肉体を、
そろそろ労らなくてはいけませんね。

今年活躍して楽しませてくれそうな道具を並べて、
新年の清々しい一服です。
今年はできることをゆっくりとしましょう。

皆様本年もよろしくお願いいたします。


プチダウンしていました

2018年12月25日 | 日記

クリスマスの近い稽古の一日。
こんなおもちゃを飾り、

手作りお菓子を頂いて楽しみました。

更新ご無沙汰しました。

先週の水曜日あたりから、風邪気味で熱が上がりました。
年末の予定を無事にこなそうと、体力温存に努めていた甲斐もなくです。
情けないことですね。
そのためにパソコンを開く時間を減らし、
睡眠の確保を第一に考えて暮らしていたのにですよ。

それでも、
楽しみにしていたディナーショーに行けなかったこと以外は、
やるべき責任は果たせてほっとしています。

ようやく今日になって、
積極的に何かをしようという気力も充実してきました。
まだ咳が抜けませんが、今年はそんな風邪が流行っているようです。

この間、ブログに書きたいこともいろいろありましたが、
少し間が空いてしまうと、もう思い出の中で、凍結してしまって、
解凍してみても鮮度は落ちますね。
何事も時期を逸してしまうと、張り合いも無くなるのでしょうね。

一つだけ報告して記録に残します

丁度一週間前に、お世話になっている先生のお席開きの茶事に伺いました。
新居にしつらえられた四畳半のお茶室ですが、
余るほどの知識と経験をお持ちの先生の、
こだわりのたくさん詰まったお茶室でした。
日頃勉強させていただいている先生の席開きに、
お正客としてお招きいただいたのですから、それはもう緊張しました。
でも、お席に入り、いつもの先生の話を伺ううちに、
緊張も解けて、お祝いのお席を楽しむことができました。

400年以上も前のお釜の煮え音を聞きながら、
ノンコウの黒茶碗で濃茶を頂きました。

最近足を痛められていることもあり、
「これから30年お茶を楽しむために」と、
点前座の脇に洞庫がしつらえられていました。

そこから嬉しそうに道具を取り出してお点前をなさる先生に、
ご自分の思い通りに作られたお茶室で、
これから何年もお茶を楽しまれることの喜びがあふれていました。

このような立派なお茶室など、私にはかなわぬ夢ですが、
出来る限りの手の届きそうな夢は追いかけて、
少しずつ実現したいと、刺激を受けて改めて心にちかいました。

往復五時間をかけてのお茶事への参加でしたが、
同伴の社中ともども、良い勉強をさせていただきました。

 

 

侘助が暖かな部屋でほころんでいます。
今日は床の軸を「無事是貴人」に変えましょう。


大塚国際美術館へ

2018年12月11日 | 日記

山の中をくりぬいた美術館の地下三階がスタートです。

このような大きな天井画がまず目に飛び込んできました。
システィナ礼拝堂です。もちろん本物ではなく、陶板。
「大塚国際美術館」は、西洋の名画1000点余りを、
原寸大に複製した「陶板名画美術館」ということです。
以前から一度はと思っていましたので、神戸の帰りに、一日時間を取りました。

神戸から高速バスで、淡路島を縦断し、四国へと渡ります。
橋を渡る時間はわずかで、ほとんどは淡路島の中を走っている。
淡路島の大きさを感じながらの旅は一時間半で、鳴門に着きました。

 

大きいものから、小さいものまで、複製とはいえ、とても見事なものでした。
写真は撮り放題ですが、写真を撮る意味はあまりないですね。
近づいて触って、本来の美術館ではできないことをするが良しです。
美術全集の写真を見るなら、こちらの方がすっと迫力がありますから。


多分もう本物を見に行くことはできないでしょうから、
頭の中に知識として残っている名画を、
本物を見るがのごとく、堪能してまいりました。
しかし数の多さに、欲張って歩きましたが、さすがに少し疲れました。
足の便の良い場所ではないので、帰りのバスを考えると、
そうものんびりしいてられませんでしたが、
レストランでのランチを休憩時間にして、もうひと踏ん張りです。
最後に「ゲルニカ」を見て、終了としました。
複製と言っても、所有者からの許諾を取得することから始まり、
現地調査・原画撮影、色の分解、陶板に転写、焼成、レタッチ、
と進み、最後に所有者による検品まで、
多くの時間と、高度な技術が必要なことはよくわかりました。
「ゲルニカ」はクロード・ピカソ氏が検品したということです。

14時に美術館を後にし、新神戸に着いたのは16時。
17時の新幹線を待つ間に、
恒例のお土産探しをすることができました。

そうそう美術館でも和三盆の干菓子を見つけて買いました。

ムンクとゴッホにちなんだお菓子で・・・す。

ムンクが笑えますね。
今週のお稽古で、どちらかが皆さんのお口に入りますよ。

このようにして今年最後の遠出は終わりました。

 


鎮魂の煌き神戸ルミナリエ

2018年12月10日 | 日記

阪神・淡路大震災から、24年が経とうとしています。
「神戸ルミナリエ」は、
犠牲者への鎮魂と、神戸の街の復興と再生に夢と希望を託して、
震災の年の12月から始まり、今年24回目を迎えるそうです。

私も一度はその光を見て見たいと思っていましたが、
今年は主催者のご招待という形でそのチャンスに恵まれました。

イベントの代表を務められているダニエル・モンテベルテさんは、
日本人の奥様と一緒に、他のゲストの方と私たちを、
光の中へと案内してくださいました。
光の道は、人の流れで埋め尽くされていましたので、
その流れに乗って歩きました。
友人とははぐれないように手をつないで歩きましたよ。
一行とは途中はぐれてしまいましたが、最終地で無事に合流。

慰霊と復興のmonument内には、多くの犠牲者の名前が刻まれていました。

神戸市は、この24年間で復興のための借金をほぼ返済したということですので、
これからはさらに発展するために前進していくのでしょうね。

このルミナリエの期間中は、神戸には何十万という人々が訪れて、
この光の渦の中で、鎮魂の意を示したり、
煌きの美しさの中で、希望や夢を見出しているのだろうかと。
残り少なくなった私にとっては、冥土の土産ができましたというところ
いえいえ、まだ鎮魂されるのは早いですよね。
もう少し夢を見ましょう。



 

せっかくの神戸ですから、生田神社にもお参りしました。


もう来年の干支が準備されていて。

猪突猛進とありますが、
来年は少しおとなしくせねばと、
ちょっとだけ思いながら手を合わせる高齢猪でした。

宿泊は、これもこの機会だからと、早々と予約してオリエンタルホテルに。
日本最古の歴史を誇るホテルですが、
震災でその歴史に一度ピリオドを打ち、2010年に再スタートしたホテルです。
17階の最上階がフロントなのは、
神戸の街を皆さんに眺めていただきたいとの願いからとか。
客室にはその歴史を物語るものが飾られ、
モダンな中にも、伝統を感じさせてくれました。

オーシャンビューの部屋からは、港のライトアップも見られましたよ。
ディナーの後の心地よよさを余韻に、
翌日の旅の予定を楽しみに眠りにつきました。

二日目は徳島にわたり、「大塚国際美術館」に。
その報告はまた。

 


暖かな12月です

2018年12月04日 | 日記

昨日は表参道でのデート。
街路樹はもう枯れ葉となり、すっかり冬支度でしたが、
ランチに入ったお店のテラス席は、風もなく寒さを感じませんでした。
12月というのに、異例の暖かさ。
厚手の上着では、ちょっと歩くと汗ばむほどでした。
この街路樹は、夜になると、
きれいなイルミネーションで飾られるのですしょうが、
夜歩くチャンスは今年はもうないかもしれません。

デートの相手は姪。
上の姪はフランス留学中ですので、妹の方です。
三歳違いの姉妹ですが、話してみると、性格は全く違うようです。

二人ともいい子だと、( 身内びいき)と思いますが、
性格の違いゆえに、最近少しぎくしゃくしているようです。
二人だけの姉妹ですから、仲良くしてほしいと思いますが。
そんな悩みや、将来の夢など、ランチをご馳走しながら聞く一時は、
遥か遠くに消えそうでいて、でもはっきりと思い出せる、
私自身の懐かしい時間と重なりました。

暖かな12月もあと数日、週末は真冬の寒さとか。
油断はできませんね。

 

さて、断捨離というか、身辺整理というか、
Facebookのアカウントを削除しました。
時代の波に乗って、少しの間触れてみましたが、
私にはあまり必要ないという結論に至りました。
このブログを時々ポチポチと更新するくらいが丁度よいようです。