更なる ときめきを求めて!


「七色唐辛子+一味唐辛子の会」は、卒業しました。

こんなことって・・・!

2017年03月24日 | 日記

 私の所属する国際ロ-タリ-第2750地区は約5000人弱の会員数です。クラブを超えて地区の仕事をすることがあります。先日一つのプログラムが無事終わって慰労会がありました。23区部、三多摩地区からの20名が、歌舞伎座前の「ちゃんこ玉海力」に集いました。内、女性3名。大相撲、元前頭の玉海力、すっかりスマ-トになられましたが、今、赤坂ロ-タリ-クラブ会員です。お料理、特に塩ちゃんこ鍋はとっても美味しいです。

   

 たまがわクラブ所属の狛江市在の、私の前の席の男性。2度目の面識。エツ!山口県は小郡、防府同郷!なになに・・・・何と同じ高校出身。どうしてこんな話しになったのかしら・・・???団塊の世代との事で、年齢は少々違いますけど。お酒好きそうなところまで同じみたい。また、どうして席が前になるの? 偶然では片付けられない不思議。

 こんな経験を何度かしています。イタリアベニスで、今は亡き岩井パストガバナ-に出くわして、お互いに吃驚りを超えて呆然と立ちすくんだこともあります。

 

後ろはオ-ナ-の玉海力さんです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビルに囲まれた都心のお墓  お彼岸

2017年03月22日 | 日記

 我が家の菩提寺、光明寺は、東京タワ-を望む港区、地下鉄神谷町駅1分の都心にあります。鎌倉時代から続く名刹です。オランダ大使館に隣接するビルに囲まれた一角に、お寺のお墓があります。その一隅へ、近い将来、私も必ず仲間入りすることは決まっています。

 お寺のテラスが開放されていて、近隣に勤務するサラリ-マンが、お弁当を食べたり、お茶を飲んだりとくつろぎの空間になっています。お墓を眺めながらの休憩時間って、実に風流ですね。若い方々がお寺に足を運んで下されば、私、あの世に行っても寂しくない事でしょう。

 お墓の見えるテラスが珍しいのか?「ありよし散歩」や「鉄道 ブラリ旅」と言う番組で、テレビ放映されました。

 

  

 20日は春のお彼岸、3連休で好天に恵まれ、本堂に入りきらないほどの参拝者でした。忙しない日常の営みの中、ひとしきり手を合わせ、仏様や人生について思いを巡らせるのは心の慰めになります。 

 

 お寺が終わって、夜はネオン煌く銀座へ向かいました。玩具のような自動車軍団に出くわしました。運転の若者たちの嬉しそうな様子、面白い景色に心惹かれました。このエネルギーも大切ですね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

温かく頼もしい枢機卿の手    広島珍道中その3

2017年03月20日 | 日記

 17日は、希望者のみの「原爆資料館」の見学と、平和記念公園原爆ド-ムを前での、ロッシ-ニ管弦楽団の演奏を聴いて、後は自由行動。

 資料館館長の説明つきとのことに、私たち夫婦も参加。館長の説明を通訳する若い日本女性は、原爆の悲惨さを目の当たりにして、泣きっ放し。私には失われし感性、彼女の涙に感動する。

 米国オバマ前大統領や安倍総理も記帳されている場所で、榛葉実行委員会委員長も。ちなみに彼はロ-タリ-財団奨学生のOBです。

 

 

 管弦楽団の理事長とペ-ザロの副市長、私と同じく瑞々しい感性を失った夫の三人のこの写真を載せたのは、理由があるのです。中央の背の高い理事長が、昨晩 「私を見たことがある」って、榛葉氏に仰しゃたそうです。と言うことは、昨年3月、日本からの数十人の合唱団と、「モツレク」を歌うためペ-ザロ市を訪れましたが、大勢の中で私が印象に残ったという事ですよね。

 都合よく解釈するのは、私の得意中の得意。「伊太利亜では私みたいなのが、通用するってこと・・・」私のつぶやきに、夫、呆れ顔で軽蔑の笑い。フン

 

 これは、館長の説明を聞かれている枢機卿の後ろに組まれた両手。身体に比べて、大きいはっきりした意思を、感じさせられる手でした。

 

 一足お先に、みなさんとお別れして、遅いお昼。二つ目の目的、こだわりの料亭「かなわ」で牡蠣料理を頂く。美味しい!メリハリをつけて、ここはケチらない!

 今回の節約旅行、二人併せて10万円で足りました。帰りの新幹線を2時間繰り上げて、自宅へ着いたのは8:00pm。

 それにしても草臥れたア。年齢は争えませんね・・・・。

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お腹すいた~  「ナンパ?」初体験  広島珍道中 その2

2017年03月19日 | 日記

 コンサ-トが終わって、ホットした途端、お腹がキュ-ツ。そう言えば、昼は新幹線でおにぎりひとつ食べただけ。時刻は9:00pmを過ぎている。傘寿の小父さん、喜寿近いおばさんと古稀のおばさん(理代子さん、ゴメンナサイ)三人。「ご飯食べよう!」と、取り敢えず、理代子さんの宿泊ホテルへ向かう。 「バ-しか空いていません」ホテルのスタッフの非情な一言。地方は夜が早い。ホテルを出てウロウロ、三人。

 向こうからやってくる二人連れの若者に「近くにご飯食べるところ、あります?」。私たち、三老人??を覚束なく思ったのか、地下道を通り抜け、横断歩道を渡り、信号を曲がったところの2階、お好み焼きやさんまで同行して頂いた。理代子さん、感激して「ビ-ル一杯、奢るから」。ところが、気の毒に、車とのことで、ノンアルコ-ル。

 すっかり意気投合して、名刺交換。外交郵便局員のお二人でした。仲良くして村田孝高氏の広島公演の時は、お客様を引っ張ってきていただこうと、虫の良い考えを巡らす私。二人共20代後半の独身男性。 

 そのうち、マエストロをはじめロッシ-に楽団員や榛葉氏、村田氏も合流。理代子さん、私を指して「おばさんが若い男性、二人をナンパしたの・・・・」(笑い)。私だってナンパぐらい・・・。(実際は理代子さんとの共同作業ですけどネ)。ラストオ-ダ-は9:30pm。クローズの10時を大幅に過ぎても、大いに盛り上がりを見せた一夜でした。お店も日伊の親善を配慮してか?閉店時間を過ぎてもOK。

 写真、理代子さんの手前の二人が親切な若者。広島のイメ-ジがグッとアップしました。彼らのとっても、印象に残るこの日になったことでしょう。

 傘寿と喜寿は一足早く、席を立ちました。地理、不案内なままに、夜道をANNホテル迄歩く。認知症、未だ大丈夫らしい。途中、セブンイレブンで明朝のカップヌ-ドル二個と夫用の大福ひとつ。私はサントリ-ウウスキ-500mlを仕込む。テレビを見ながら、ベットでグビグビ、至福のひと時。

 「アツ!枢機卿、村田氏、理代子さんの姿が・・・。」県庁表敬訪問の様子が放映されていました。時刻は1:00amを過ぎていました。そのうち

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広島珍道中   その1

2017年03月18日 | 日記

 急遽、夫婦して広島行きとなりました。16日、9:00am,シルバ-パスで都立大学から、東京駅へ向かう。改装後の東京駅を改めて観る。ナルホド。

11:03発の新幹線は「ひかり」、新神戸で乗り継ぎ、のんびりと目的地迄。ジパング利用で3割引きの交通費。宿泊はANA株主優待券利用。安上がりな一泊2日の小旅行、ケチケチ旅行を思い切り楽しむことにする。後期高齢者になって、何でも面白がることをモット-に生活しています。今回の目的はコンサ-トを聴くことと、広島の牡蠣を食べることの二つですが、これ以外の食事はセブンイレブンのカップヌ-ドルとおむすび、ビ-ルとウイスキ-。アルコ-ル類は、ケチらないのが私の信条。移動も路面電車とバス。街の景色が楽しめてGOOD!

 第5回東日本復興コンサ-トで、バチカンからモンテリ-ズ枢機卿やペ-ザロ副市長をはじめ、ロッシ-ニ歌劇場管弦楽団員50名余が来日され、15日の掛川に次いで、16日は、広島、上野学園ホ-ルでの公演です。

 ところが、今回の一連の公演準備を進めているうちに、予想だにしなかった某女性財界人の妨害が入り、その対応に追われて、PR,集客が後回しになり観客動員に不安が出てきまました。 

 広島は今回の出演者、村田孝高バリトン歌手の実家もあります。そんな事情で、私たち二人、大した力にはなれませんが、昨秋に次いで、広島入りとなった次第です。広島在住の高校時代の同級生を誘いました。結果、大勢の方々の熱い努力で、会場は何とか埋まりました。

 最後の6回目の東京は私たちも東急文化村オ-チャ-ドホ-ルで「モツレク」を合唱します。全工程、無事終えることができますようにと、今は祈るのみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 主催者の榛葉氏と理代子さん、さぞ安堵されたことでしょう。ふたりの表情から覗い知れます。記念撮影する余力も出ました。

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加