五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

【雑記】 2012年の終わり

2012年12月31日 | 【雑記】

2012年大晦日。

ふり返ろうとしても、何があったかほとんど覚えていない、ざるな脳みそ。

正直、今のスケジュールですと感想書くのがけっこう厳しいのですが、

来年もできるだけ頑張りたいと思っております・・・ が、どうなるかは未定ですね。

 

 

それはともかく、4コマオブザイヤーの結果が出たようですね。 (私のチョイスはこちら

 ・「世界よ、これが4コマだ。」" 4コマオブザイヤー2012 "新刊部門、結果発表!!

 ・「世界よ、これが4コマだ。」" 4コマオブザイヤー2012 "既刊部門、結果発表!!

 

 「素晴らしい日々」八戸氏の恒例企画。

 新刊部門の1位には納得。 どちらも好き作品ですね。

 3位の『ぱわーおぶすまいる。』も、連載を楽しませていただいている作品。

 いずれも今後の注目株ですね~。

 4位も人気作。 そして驚いたのは5位『月刊少女野崎くん』

 私もコミックス持ってますけど、ここまで支持を集めるとは思っていませんでした。

 ファミリー系では『父とヒゲゴリラと私』が、8位と大健闘! こちらもおススメの1作ですね。

 

 既刊部門の1位・2位は納得ですが、1位作品の根強い人気はさすが。

 3位『棺担ぎのクロ。~懐中旅話~』

 私も投票しましたが、これには再開を祝して、といった意味合いがありました。

 4位の作品は名前をよく見かけるので興味津々。 私は読んでないのですよね~。

 5位はアニメ化もひかえた人気作。 その後も評判の作品がつづきますが、

 9位の『恋愛ラボ』は私も選びたかった作品でした。 こちらもアニメ化をひかえています。

 あと、驚いたのは13位の『たまのこしかけ』! 最後まで迷った作品だったもので・・・

 

 などなど2012年も、新刊・既刊にかかわらず、良質な4コマ作品が豊富な年でありました。

 来年もオブザイヤー、楽しみにしております!

 

 

 

また今年は、小説で良い作品に出会えたことが多かったですね。

 ★ 最近読んだラノベとか色々

 で紹介した4作品は、いずれも楽しませていただきました。

 とくに『南極点のピアピア動画』『恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より-』

 は、傑作といっても過言ではないと思います。

 

 また、紹介しきれていないのですが、『レッドドラゴン』公式サイト)にはハマりましたよ!

 第1夜は世界観とキャラクターの把握に、若干もどかしいものを感じましたが、

 1夜のラストから一気にのめりこみました。 2夜、3夜と、燃えまくり。

 5名の有名クリエイターさんが、プレイヤーとなりつつ創りあげる物語はすさまじいです。

 他にも、森博嗣先生のGシリーズやXシリーズなど楽しみました。

 

 

 

マンガ作品については、「お気に入り」マンガをご参照いただければと思います。

アニメなどのことも色々語りたかったですね・・・

とくに『ガールズ&パンツァー』はBD買うくらいにハマりました。

 

最近は、4コマ誌の感想でいっぱいいっぱいになっていて、

いろいろ書けていませんが、機会があればもっと感想や企画記事など書きたいですね。

そんな感じではありますが、このような辺鄙なブログを訪ねて下さる方には、

まことに感謝しております。 来年も何卒よろしくお願いいたします!

 

 

コメント

◆ まんがタイムきららキャラット 感想②

2012年12月30日 | ◆4コマ誌⑨ 不定期 きららキャラット

2013年2月号 のつづきです。

 ①は、『ぱわーおぶすまいる。』 『くじらジュブナイル』

     『はたらけNGがーる』 『ハレハレハレルヤ!』 『フレラジ☆』です。

 

 次号より、『あまゆる。』連載スタート!

 ですが、『もこもこBOX』と『このはなさくや』が最終回!?

 

 

●ひだまりスケッチ (蒼樹うめ 先生)

 トビラのドット絵ゆのっちが凸凹可愛い。 そんな今回、皆でTVゲーム「スーパートリオ」!

 乃莉さんの提供ということですが、パッケージイメージと全然異なる内容に笑った(*゜´∀`゜)゜

 皆それぞれのゲームを楽しむ姿が楽しく、宮子さんの罰ゲームでとけるなずなさんが面白!

 

●ネガ→ポジ (森名尚 先生) 

 コミックス1巻、1月26日発売! そんな今回、調理実習でテンション高めのちーさん・・・

 でも、真白さんはエネルギー不足でキャラが違う! そんな様子が楽しい雰囲気でしたが、

 綾乃さんの三角巾のつけ方が可笑しい(´▽`;) 楽しい+美味しい感覚が伝わってきます。

 

●Aチャンネル (黒田bb 先生)

 コミックス4巻は来年2月発売! そんな今回、体育館で遊ぶトオルたちと、るんさんたちと。

 ユタカさんがトオルさんに飛びつこうとして、メール打つ間だけ止まっている絵がよかった!

 2年1年合同でのスポーツ風景が珍しくて楽しかったですね。 最後、アレはちとマズイ(^^;

 

●さいけん。 (シヴァ。 先生) 

 ゲスト3話目で、ついに漫研活動を始めるゆきのさん。 ということで、今回はお絵描き。

 1人1人の描く絵が個性的で面白いのはもちろん、ほなみさんの“自覚のなさ”に笑った!

 最後は、マンガに対するゆきのさんの想いを感じ取れるみごとなシメ。 つづき、期待です!

 

●セカイ魔王 (双見酔 先生)

 「本物の勇者」の名前を知り、戸惑う魔王さま。 彼が強くなったのか? コレは気になる・・・

 けれど今回は、マオさんが人間の魔物利用を知るお話で、そこからヒントを得た魔王さま。

 マオを妖精の姿に戻すべく、ニッカさんとお城に向かい・・・ ん? えっと、百合ですか(ォィ

 

●イキモノシステム (ユイザキカズヤ 先生) 

 ゲスト2話目ですが、今回はキリ&ミサキの仲良しっぷりを中心に、描かれていましたね。

 みさきさんって頼りになるお姉さんなのだけど、キリさんに抱きついて「湯たんぽ」にしたり、

 マジメなキリさんをからかい気味にスキンシップしたり、百合風味を醸し出すのが面白い!

 

●ぷらいまィずむ! (パルプピロシ 先生)

 カラーで登場! 町内会の遠足つづきです。 ニコさん、たけのこ汁づくりを手伝いますが、

 さすがな手際で感心されたり、大人たちの人気者。 でも後半、ニコさんが迷子になる展開。

 いつもしっかり者の彼女の、甘えん坊な一面をみせるラストが、ほんのり温かく微笑ましい。

 

●うぃーしぇあ! (かにたまころっけ 先生) 

 人見知りな瑚町さんと一緒にお風呂のあさひさん、何とか仲良くなろうと会話しますが・・・

 さすが人見知りといった感じですけど、向こうもあさひさんと仲良くしたいと思っているらしく、

 お互いの歩み寄り姿勢が面白かった。 頼りになる先輩対決からの、ラスト・オチもイイね!

 

●もこもこBOX (☆画野朗 先生)

 謎のお爺ちゃん登場! でも、しっぽがモコモコで、マメたちがもふもふしているのを見ると、

 誰のお爺ちゃんか丸わかりですね(^◇^;) そこへマメ母がやって来て、マメがワンパクに

 育っているのを感じてて笑った! 大人たちが次々集まってきて楽しいけど、次回最終回!

 

●先輩には頭が上がらない! (榊 先生) 

 深夜アニメをなかなか観れない迎さんですが、最終回くらいリアルタイムで観たいと・・・

 わかります! 私もリアルタイム視聴を重視しています。 でないと、観ないこと多くて(ォィ

 それはともかく、“ユカイプ”でオタ話に花を咲かせる迎&時任が面白かった! うらやま(ぇ

 

●あまゆる。 (マウンテンプクイチ 先生)

 次号より連載! ハルさんからお風呂入ろうと言われつつ、ユウ&マオも呼んでくると知り、

 なぜ落ち込んでるのアヤさん(^∀^;) 2人っきりでお風呂入りたかったのか・・・ 百合や。

 ユウ&マオもそれっぽい雰囲気出してますし、4人のお風呂シーンは、何だか気恥ずかし。

 

●このはなさくや (相瀬いづみ 先生) 

 唐突に「劇をやる」ことになった生徒会。 相変わらず暴走する会長ですが、ゆえに面白い。

 劇のための衣装が過激だったり可愛かったりと楽しいけれど、先生が気の毒すぎて(´▽`;)

 蒼さんはしっかり者だけど、こーゆーのダメな所が可愛げありますね。 次回、最終回!

 

 

コメント

◆ まんがタイムきららキャラット 感想①

2012年12月29日 | ◆4コマ誌⑨ 不定期 きららキャラット

2013年2月号

 Manga_time_kr_carat_2013_02_2  Manga_time_kr_carat_2013_02_shior_2

 表紙は、『ひだまりスケッチ』

 3年生コンビにはさまれる、ゆのっち可愛い。 パジャマ姿で、沙英&ヒロも可愛いです!

 アニメ「ハニカム」は終了しましたが、BD&DVD1巻、発売中です。

 

 また、3ヵ月連続付録のラストは、クリアしおり!

 ひだまり荘の6人が、それぞれ可愛くプリントされた一品。 これはもう1冊、買うべきか(ぇ

 さらに、新年号特大版・読者プレゼントとして、羽子板型の手描き色紙が!

 キャラット連載陣による、各作品の絵柄がイイ感じですよ!!

 

 

 今月の「やっぱりGは大変で賞」は、『ごきチャ』より、ちゃばちゃん!

 Manga_time_kr_carat_2013_02_p076

 ごきチャのお友達(?)・ちゃばさんですが、いつもごきチャの天然にふり回され気味(^^;

 そんなでも、付き合いの良いちゃばさんですが、今回もふり回されっぷりが面白おかしい。

 しかし同じGで、境遇も厳しいのだけど、ごきチャとちゃばさんの個性は正反対。

 ごきチャのけなげさに対して、ちゃばさんはたくましさで「不幸」をはねのけている点が

 それぞれのよさであり、楽しさを生み出していますよね~。

 

 

 

【今月のピックアップ!】

●ぱわーおぶすまいる。 (ウロ 先生)

 Manga_time_kr_carat_2013_02_p025 Manga_time_kr_carat_2013_02_p025a

 虎道さん別荘回つづき。

 みくさんのお好み焼きを食べて、ご満悦の宗馬くんにまゆさん。

 宗馬父のお好み焼きは酷いという話題に、耳を傾けるみくさんですが、何かあるのかな?

 

 そんな今回は、小さな滝を見に行ったり、お風呂に入ったり・・・

 しかし、滝を見に行く前に、虎道さんが『桃太郎』を知っているかと

 男子2人に聞いていたのは面白かったな(^◇^;) ドヤ顔で見事なオチつけてました。

 あとなにげに、まゆさんと手をつないで歩いているのが可愛らしかったですね~。

 

 それにしても宗馬くん、まゆさん以外の女性とあれこれありすぎですな!

 虎道さんには前回のことを口外しないよう念を押されてますが、

 その際、お胸の谷間に目が釘付けになっていたり、虫に驚いた虎道さんに抱きつかれたり、

 かと思えば、お風呂場では、みくさんとトンデモナイことに・・・!?

 これ、男子的には理性の限界への挑戦でしょーに! うらやま(ォィ

 

 などなど、虎道さんやみくさんとのギャルゲー的接触が多かった別荘編。

 それに対して、まゆさんがヤキモチ焼いてる的な行動をとっていたのは微笑ましいけど、

 ちょっぴり2人の仲に亀裂が生じちゃったかな・・・?

 まあ、この2人なら大丈夫だろうとは思いますけどね。

 ほかにも、上山くんの滝修行が面白かったり、みくさんと宗馬父との関係が気になったり、

 色々ありました別荘編。

 ここでの出来事が、これからどう関わって来るのか・・・ 今後も楽しみです!

 

 

 

【ゲスト作品】

●くじらジュブナイル (群青ピズ 先生)

 Manga_time_kr_carat_2013_02_p067_2 Manga_time_kr_carat_2013_02_p069

 幼なじみとの恋模様などを描く、パラレルワールド4コマ物語。

 まんがタイムきららミラク連載中! コミックス1巻、発売中!

 城戸枝里菜さんは、少女趣味にもかかわらず、それを隠して高校生活を送る少女。

 そこへ、幼なじみの大間歩くんが転校してきて・・・ と始まったお話。

 

 この歩くんは、枝里菜さんの内面をよく理解していて、

 そのため自分を偽ることに疲れていた枝里菜さんは、

 自分のことをわかってくれる歩くんにしだいに惹かれてゆくのですが、

 じつはこの歩くん、ホンモノとは微妙に違う人間だったから、話がややこしいことに!?

 

 じつは彼、パラレルワールドの住人で、

 しかも向こうの世界では、向こうの枝里菜さんと付き合っていたというから、色々複雑。

 そんなパラレルワールドをはさんだ恋と人間模様が楽しい作品となっています。

 あと、枝里菜さんを大人っぽいと思い込んでいる親友・玲奈さんなどは、

 2人をくっつけようと画策したり、今回もそうした言動で枝里菜さんを慌てさせていて面白い。

 

 タイミングよく気づかいを欠かさない歩くんの優しさも、なかなか微笑ましくて良いですね。

 連載では、さらに重要な登場人物も増えていて、混迷深める本作品。

 コミックス1巻が発売中とのことで、今後も楽しみです!

 

 

 

●はたらけNGがーる (kakao 先生)

 Manga_time_kr_carat_2013_02_p051 Manga_time_kr_carat_2013_02_p054

 ワケありでメイドしている少女と、そのご主人様のお話。

 明星ゆうひさんはドジッ娘さん。

 ドジが原因で凹ませた車の弁償代をかせぐため、いぶき様の家で働くことに・・・

 

 といった内容ですが、ゆうひさんにとっては憧れのクラスメイトだったいぶき様。

 彼女とお近づきになれて喜ぶのはいいけれど、ドジなものだから失敗ばかり。

 でも、いぶき様はそんな様子を愉しんでいるようで、問題なし?

 また、優秀な同僚メイドさんがいて、フォローしてくれるのも良い感じですね。

 

 ゆうひさんをからかういぶき様だけど、その裏には愛情も見え隠れしているかも?

 そうしたドジッ娘メイドと、その姿を眺めて愉しんでいるご主人様が面白い作品ですので、

 つづきに期待です!

 

 

 

●ハレハレハレルヤ! (つっつ 先生)

 Manga_time_kr_carat_2013_02_p109 Manga_time_kr_carat_2013_02_p110

 ヒミツの場所で、まったりすごす少女たち。

 2話連続スペシャルゲストの1回目!

 焼却炉を探して道に迷ったみずほさん。

 人を見つけて道を尋ねようとしたら、その人は立ち入り禁止の旧校舎の中へ。

 するとそこには、少女たちのヒミツの部屋がありまして・・・ と始まるお話。

 

 まず、みずほさんが追いかけたのは、泉さん。 人見知りで本好きな人。

 そこへやって来たのが皐月さんで、もう1人顔を出したのがしな乃さん。

 ヒミツの部屋が見つかってしまい、みずほさんを何とか遠ざけようとする様子が、

 なんとなく可笑しかったわけですが、いつの間にやら順応してしまうみずほさんも面白い。

 

 でも追い出せず、秘密を口外しないことを条件に、みずほさんを仲間に加える3人。

 2号連続ゲストとのことで、どうなることか・・・ 楽しみです!

 

 

 

●フレラジ☆ (種田優太 先生)

 Manga_time_kr_carat_2013_02_p133 Manga_time_kr_carat_2013_02_p133a

 新人声優の少女が、ラジオをすることに・・・

 朱木茜さんは、声優養成所に通う高校生。

 ところが、いきなりラジオをやることになってしまい、緊張しまくりで前途多難。

 友人や知らない人たちとのお仕事で、さてどうなりますか? ・・・というお話です。

 

 「こーゆーのって、自分にはずっと先の事だと思ってた」

 と考える茜さんですが、お仕事はお仕事。 なんとか頑張ろうとしますが、緊張しまくり。

 でも、養成所の友人・青柳葵さんがいっしょなことに、少しホッとしている様子。

 しっかりしていそうな茜さんの方は緊張しまくりで、

 自由人タイプの葵さんがのびのびしているのは、面白い対比。

 2人でラジオのことについて話をしつつ、そのやりとりが楽しい作品でした。

 

 そして、控室で迎える残り2人のメンバーが、これまた個性的でイイ感じ。

 小さな墨田さんは緊張している様子で、一言も発しないうえに、

 コミュニケーションの方法も独特で可笑しい少女(´▽`;)

 もう1人の山吹薫さんは、ラスト・オチにもなるくらいインパクトのありそうなキャラクター!

 

 メインの茜&葵は普通な感じですけども、墨田さんと山吹さんは超個性派という、

 この4人の組み合わせは良いバランスになってそうですね~。

 4コマ的にも読みやすい作品だと感じましたし、次号も掲載されそうですし、楽しみです!

 

 

②へつづきます。

 

コメント

◆ まんがタイムオリジナル 感想②

2012年12月28日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2013年2月号 のつづきです。

 ①は、『ラディカル・ホスピタル』 『おやすみ魔法使い』 『ろくなちゃいむ』です。

 

●オトメシュラン (王嶋環 先生)

 先代さんが女性を連れてやって来た! しかもギャル系、どうみてもナンパです・・・?

 そんな先代さんとギャルさん2人を眺めつつ、いつもの面々があれこれ邪推して、楽しい話。

 遺産目当て説が有力でしたが、ヨウさんは疑わず、心もイケメン。 「無駄打ち」は笑った!

 

●あねぐるみ (森繁拓真 先生) 

 錦さんが昇進して課長になった!? ・・・わけではなく、姉さんとケンカ別れで「独立」とか(^^;

 そんな錦さんを復帰させようと奮闘するタケローくんでしたが、なかなか手ごわくて面白い。

 あっさり復帰したのは笑ったけど、タケローくんは骨折り損でしたな(´▽`;) でも、頑張った。

 

●らいか・デイズ (むんこ 先生)

 らいかさん、来年の正月に親戚が集まれないという、珍しい状況で迎える年末の風景。

 いとこの一くんは、お正月は両親と温泉に行くと聞き、らいかさんも親孝行したいと考えて、

 あれこれ張り切る様子が微笑ましかった。 最後の【これが幸せ】への流れも、よかった~。

 

●おかん (小坂俊史 先生) 

 電気代がはね上がっていることで危機感を覚えるおかん、超・節電月間を提案することに。

 おかんを暖房器具扱いする子供たちが、「大人の言葉」でたしなめているのには笑った!

 そして最後、電気代高騰の理由がヒドすぎ!! さすがのサツキさんも、ツッコミが普通だ!

 

●よゆう酌々 (辻灯子 先生)

 コミックス2巻、2月7日発売! そんな今回、戸田くんが他店で腕をふるうことに!?

 調理学校の同窓・小宮山くんの頼みで、助っ人というカタチではありますが・・・ というお話。

 まあ、定休日で戸田くんいなくても困らない優さんでしたが、働いたら負け、でしたねえ(^^;

 

●社外秘!神田さん (大乃元初奈 先生) 

 お正月、帰省中のみなさん・・・でしたが、東くんは年始にすっ転んで足をけがするありさま。

 なのに、初出社で神田さんとバトルとか、やめい(^∀^;) おかげで大けがになったものの、

 王様気分で皆をこき使う東くん、図太いな! でも神田さんとの関係は、微笑ましいですね。

 

●わさんぼん (佐藤両々 先生)

 今回は、草太&咲良がメイン。 草太くんが牡丹さんの話題を出すたびに、凹む咲良さん。

 でも、彼と会話するときの彼女は、楽しそうだし嬉しそう。 和菓子の話は勉強にもなります。

 草太くんを諦めようと考える咲良さんの乙女心がつらいけど、最後の決意はたくましかった。

 

●小森さんは断れない! (クール教信者 先生) 

 進路調査でお困りの小森さんとめぐみさん。 「急に言われても希望の高校なんてない」

 というのは、普通でしょうね。 まさ子さんも、なりたいものは「何もないわ」と言ってますし・・・

 先生は、友達と一緒の高校に、という選び方を注意しますが、選ぶのは当人ですからね。

 

●鹿女子【バンビーナ】 (新山ハルキ 先生)

 連続ゲスト2回目! 鹿に好かれて(?)もみくちゃにされてしまう少女・琴子さんの戦い。

 今回は、ちひろさんの兄・幸助くんが鹿に嫌われるという情報を得て、その極意を学びます。

 まあ、幸助くんの場合、鹿に好かれたいのに嫌われる人で、そんな様子が可笑しかった!

 

●かでん屋さんの基礎知識 (風良まり 先生) 

 家電量販店、年末の大仕事にてんてこまいの巻。 でも、園宮さんのはつらつぶりが楽し。

 そして今回登場のバイト・草薙さんが、クール暴走系で面白い人。 園宮さんといいコンビ?

 福袋のつめこみ作業が、想像以上に大変そうでしたが、それでも楽しんじゃうのは好感触!

 

●オモテもウラも才俄センセイ! (かやっぺ 先生)

 1つ前でも書きましたが、不思議ちゃんが面白かったですね~。 今回、印象に残りました。

 それはともかく、秋山先生はアイドル声優がお好きらしく、ネットラジオにネタを投稿してる?

 コワモテ先生の意外な一面が楽しいお話でしたが、ハガキ読まれないのは最後で納得(^^;

 

 

コメント

◆ まんがタイムオリジナル 感想①

2012年12月27日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2013年2月号

 Manga_time_or_2013_02

 表紙は、新年スタイルの榊先生&山下さん! 榊先生が大きく載ってるのって珍しい?

 そのほか、『らいか・デイズ』のらいかさん、『ヒミツの家光』の光さんとおキヌさん、

 さらに、『社外秘!神田さん』の神田さん、『鹿女子【バンビーナ】』の桜井さんと鹿もいます!

 

 

 今月の「おもしろ不思議ちゃんで賞」は、『オモテもウラも才俄センセイ!』より不思議少女!

 Manga_time_or_2013_02_p159

 ふたたびゲスト登場の本作品ですが、チョイ役でしたけど、面白い娘が出てきましたよ~。

 生徒さんの中に、妙な発言をする娘がいるな~と思っていたら、不思議少女だった!

 とくに、コワモテな秋山先生に寄って行って、腕にぶら下がるネタが良い感じでしたね。

 戸惑う秋山先生と、喜ぶ少女の対比が可笑しかった! ぶら下がり方も可愛かったし(^^;

 

 

 

【1月7日、コミックス24巻発売!】

●ラディカル・ホスピタル (ひらのあゆ 先生)

 Manga_time_or_2013_02_p003_2 Manga_time_or_2013_02_p007

 今回は、巳年にちなんだものか、ヘビの話からイメージの話まで、広がる内容。

 退院が延長になってしまった患者さん、家に残してきたペットが気がかり。

 しかも、そのペットというのがヘビということですが・・・

 

 犬猫に比べて珍しいのは間違いないですね。

 ただペットとして、手間は少ないという点は魅力的で、麻生さんも興味を持ちますが、

 高いハードルが1つだけ越えられないという(´▽`;) あーこりゃ厳しいハードルですねえ。

 そんなこんなで、爬虫類やら小動物やら昆虫やら、ペット話に花が咲きますけども、

 患者さんの語っていた「自分が可愛いと思うものを可愛いと思わないのはおかしい」

 と言ってくる人が苦手という話は、わからんでもないです。

 

 ヘビはイメージが悪いけど、犬猫のイメージは一般的には良いものですからね。

 でも、そこで榊先生が例に出した、キリスト教とインドや日本でのヘビの違いなど、

 地域や宗教で異なるイメージの差についての話は興味深いものでした。

 人によっても、対象ごとにイメージが違っていて当たり前。

 犬猫が好きな人もいれば、ヘビが好きな人もいる・・・ ただ、それだけなんですよね~。

 

 「イメージって、人の都合や思惑で、結構勝手に作られているんだね」

 なんて山下さんの言葉が、まさにまさにといった感じでしたよ。

 榊先生のナースへのイメージも、これ以上ないくらいに“真実”を知っちゃっていますからね。

 勝手に作られたイメージではない・・・のかな?(^◇^;)

 などなど、巳年に向けたヘビ話は、ヘビのイメージ向上につながったでしょうか。

 なんて考えつつ、今後も楽しみです!

 

 

 

【今月のピックアップ!】

●おやすみ魔法使い (ふじのはるか 先生)

 Manga_time_or_2013_02_p150 Manga_time_or_2013_02_p152

 出張ほぐし、完結編!

 2日間で、脇坂さん母娘をほぐすことになった真弓先生と十和さん。

 これがなかなか手強いご婦人・・・ と思いきや、娘さんの方が何やらかたくな。

 それは母娘関係に原因がありそうですが・・・ なんてお話。

 

 ほぐしの技術では、抜群の腕をほこる真弓先生ですが、

 娘・サヨ子さんは真弓先生の施術を遠慮しているようで、十和さんがまずほぐすことに。

 その結果、イイ感じの小顔になったものの、母とのやりとりで再びこわばったお顔に(^^;

 でも、麻弓先生の施術を受けない理由は、母も知らない内容で、これには納得。

 十和さんがいてよかったですね~。

 

 真弓先生が語る、体のコリと感情のコリ。

 そして十和さんの指摘する、家族の思いが感情のコリとなるという話は、

 何となくわかるものでしたね・・・

 一緒にいる時間が長いほど、他人の思いを斟酌して重ねることって、ある気がします。

 サヨ子さんもそのケース。 母の考えを自分に重ねて、自分を縛りつけてしまう。

 だからこそ、そのコリをほぐすことができた彼女の笑顔は、穏やかに晴れやかでしたね。

 

 サヨ子さんが男性の施術を嫌がる本当の理由については、

 むしろ彼女のつつましさを感じさせるものだったかも? 自覚して遠慮してるわけですから。

 「すっきりしました」という彼女の言葉が、清々しいラスト。

 やはり身体と心双方の、ほぐしの爽快感が魅力ある作品ですね・・・ 今後も楽しみです!

 

 

 

【ゲスト作品】

●ろくなちゃいむ (はっとりずむ 先生)

 Manga_time_or_2013_02_p164 Manga_time_or_2013_02_p165

 道端で出逢った少女は大食いだった!?

 ますみさんとリョウくんが歩いていたら、草を食べている少女が現れた!

 お腹がすいているらしいその子に、食べ物を与えると美味しそうにたいらげますが・・・

 

 なんて始まった、はっとりずむ先生の新作4コマ。

 足りないからと催促して、ご馳走になっちゃう少女は、底なしの食いしん坊さん(・∀・;)

 ちょっと常識ないんじゃないの? と思わせてしまう面はありますが、

 「ろくな」と名乗ったワケあり少女の境遇を聞いて、リョウくんも豪快に世話を焼きます。

 あれだけ迷惑かけられてて、イイ人だな~リョウくん。

 まあ、ちょこちょこイヤミ言ったりするあたり、仕返ししてるんでしょうけど(^^;

 

 終始、元気で迷いのない「ろくな」さんの食べっぷり、はしゃぎっぷりが楽しい作品。

 最後は恩返ししたいと言い出して、なかなか良い子っぽいのも好感触。

 さらに彼女の明かされる境遇が、今後を期待したくなるシメでしたので、ぜひともつづきを!

 

 

 

【新人ギャグまんが展】

・(小夜鳴ウズ 先生)

 Manga_time_or_2013_02_p179

 ほのぼの家族の、ほのぼの風景が描かれた4コマ作品。

 ネオンさんのパパさんは学校の事務員さん。

 母娘との仲も良好で、この3人の創り出す家族空間が、とてつもないほのぼのムード。

 そんな様子が本当に心地よい作品です。 これ、好きですわ~。

 パパさんに向かって、「髪下ろすとかっこいいよね」なんて言っちゃう娘さん。

 それに乗っかるママさん。 さらに、ノリにノっちゃうパパさんと、この家族、面白すぎる!

 4ネタ全てで、ほのぼのしてしまいましたので、当然ゲスト登場に期待ですよー!!

 

 

②へつづきます。

 

コメント