五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

◆ まんがタイムきららキャラット 感想②

2014年01月31日 | ◆4コマ誌⑨ 不定期 きららキャラット

2014年3月号 のつづきです。

 ①は、『GA 芸術科アートデザインクラス』 『ブレンド・S』 『ばーどすとらいく!』

     『ラッキー・ブレイク』 『蒼と翡翠の不等号』 『コイカノ』です。

 

 

●キルミーベイベー (カヅホ 先生)

 先客のやすながコタツでくつろいでいる中、あぎりさんの部屋を訪れたソーニャですが・・・?

 コタツ=魔の巣をめぐって、争い始める2人が面白いのはいつも通りであるものの、今回は

 刺客が登場してのおバカ加減が愉快すぎでした!゜(*゜´∀`゜)゜ そして、あぎりさん、さすが。

 

●Aチャンネル (黒田bb 先生) 

 るんさんが小さくなってしまった!? はじめ疑うユー子さんも、色々たばかられて笑(´▽`;)

 実は親戚の子・リコちゃんを預かってるとのことで、そんなリコちゃんを中心にした話でした。

 4歳だけど、外見だけでなく、何となくるんさんに似ている彼女の、遠慮ない行動が面白い!

 

●NEW GAME! (得能正太郎 先生)

 コミックス1巻、2月27日発売! そんな今回、夏の暑さとダイエットに翻弄される人々(^^;

 会社の空調が利きすぎだと温度設定を上げるはじめさんに、暑いと感じて下げるコウさん。

 そんな2人のせめぎ合いに、やせたいゆんさんが加わって、仁義なきエアコン戦争が楽し?

 

●はるみねーしょん (大沖 先生) 

 1つ前に書いたように、「畳の上の格闘技」かるたの話題があれこれ。 短歌で啖呵をきる?

 「坊主めくり」なんて遊び方もあるんですね~。 はるみさんの失礼なギャグに笑゜(*゜´∀`゜)゜

 そこから花札、囲碁・将棋などでダジャレ炸裂しまくりでしたが、最後は百人一首でまとめ!

 

●ののかノ~ト (水乃ミナト 先生)

 「見えない所のオシャレ」について気にするののかさん、下着のことを気にしてますが・・・?

 ぴよさんがかなえさんの下着を見たがって、策を弄したため、お尻をたたかれてるのは笑!

 そして、ののかさんが天使だった頃、出会った少女の願い、叶うのかどうか気になります。

 

●とりあえず居合でも。 (秋野はも 先生) 

 花枝さん、居合の道にもなじんできたようで、精神が研ぎ澄まされてきて・・・ と思ってたら、

 お菓子であっという間に崩れてしまっているのは笑゜(*゜´∀`゜)゜ 小華さんのツッコミがクール。

 そんな今回、みうさん家で甘味タイム。 猫のかずおくんに翻弄される花枝さんが面白い!

 

●ぱわーおぶすまいる。 (ウロ 先生)

 雪が積もってはしゃぐまゆさん、そこで今回は雪遊び! 観久さんのソリに女子3人乗って、

 男子2人が引いているのが何とも(´▽`;) トナカイの苦労を知ることになる男たちに、笑!

 雪だるまのサミュエルも楽しかったし、何より、雪合戦での男子たちのやられっぷりが面白。

 

●セカイ魔王 (双見酔 先生) 

 魔王は勇者以上に選択肢がない、という話は、「やられ役」として存在していることの証し。

 神に会うのかどうか悩む魔王さまでしたが、まさかニャム様の言葉で背中を押されるとは!

 そして、ニッカさんへの戦力外通知が重かったですね。 予断を許さぬ展開が面白いです。

 

●ぷらいまりィずむ! (パルプピロシ 先生)

 ニコ姉が、風邪を引いてお休み。 そこで、お見舞いに向かう、いつもの面々でしたが・・・?

 りんごの皮むきすら誰もできない、と思いきや、ココさんが姉のマネして料理得意とは驚き!

 さゆらもめいふも、ニコ姉のために頑張って、そんな皆の努力が微笑まし。 しずのんは?

 

●あまゆる。 (マウンテンプクイチ 先生)

 カラーで浴衣姿なハルさんたちが可愛らしいトビラ絵です。 そんな今回、放生会が楽しい。

 放生会(ほうじょうえ)、つまりお祭りで遊ぶ面々でしたが、それぞれのコンビの仲良しぶりが

 一層きわだっていた気がしますね。 ハル&アヤ、ユウ&マオ、手つなぎが絆の証しかな?

 

●フレラジ☆ (種田優太 先生) 

 コミックス1巻は3月発売! そんな今回、マネージャーさんと2人で打ち合わせする茜さん。

 葵さんまで先に帰って、少し寂しそうな茜さんが可愛かった(´▽`;) 飲み物を買いに行き、

 出会った女性との会話で、ラジオの楽しさを語ったのが気持ち良い。 新しい仕事も楽しみ。

 

 

コメント

◆ まんがタイムきららキャラット 感想①

2014年01月30日 | ◆4コマ誌⑨ 不定期 きららキャラット

2014年3月号

 Manga_time_kr_carat_2014_03

 表紙は、『GA 芸術科アートデザインクラス』

 いかにも「寒い」と感じさせる“白さ”がむしろ美しく、

 キョージュの“黒さ”と見事なコントラストになっているのが、さすがですね~。

 

 

 今月の「その返し見事で賞」は、『はるみねーしょん』より、はるみさん!

 Manga_time_kr_carat_2014_03_p066

 競技かるたの世界は、その激しさから「畳の上の格闘技」と言われている・・・

 なんて話に、\すげえ/と驚いているはるみさんですが、そこへの返しの一言がお見事!

 大抵は、はるみさんのダジャレやボケがオチになったり、呆れられたりするのですけども、

 ここでは、1本とられたユキさんがオチになっていたのが、面白かった!

 

 

 

【コミックス6巻、発売中~!】

●GA 芸術科アートデザインクラス (きゆづきさとこ 先生)

 Manga_time_kr_carat_2014_03_p005 Manga_time_kr_carat_2014_03_p006

 秋も深まり・・・

 如月殿が物憂げに、秋の空をながめながら考え事をしております。

 みんな、いったい何ごとかと心配してますが・・・ まさか、恋わずらい!?

 

 ・・・ではないのですが、ノダちゃんとの会話を、そーゆー風に誤解するトモカネ殿には、笑!

 如月殿が思い出そうとしているのは、大好きだった絵。

 ぼんやりと特徴を覚えてはいるものの、はっきりとしたカタチでは思い出せない。

 そこで、みんなで協力して、図書室で資料を閲覧、目的の絵を見つけようとしますが・・・?

 

 ダウジングで探そうとするのも愉快でしたけども、

 覚えているイメージから、みんなであれこれ推測する会話が楽しかったですね~。

 知識を結集して、あたりをつけてゆく流れに、ワクワク感がありました。

 けれど、それだけしても見つからない。

 そんな絵とは何なのか? なんてことが気になったわけですが、まさかの灯台下暗し。

 如月殿が子供の頃にみた絵なのだから、なるほど、あの人なら知っているわけですね。

 

 そして、そのことがダウジングで判明していたのには笑いましたよ゜(*゜´∀`゜)゜ 役に立った!

 などなど、幼い頃の記憶をたよりに、大好きだった絵を探す如月殿のお話。

 たしかに、子供の頃に好きだったものって、何か格別なものがあったりしますよね。

 そうした遠い思い出に、少しだけひたれるような気がしました。

 なんてことを感じつつ・・・ 今後も楽しみです!

 

 

 

【新連載!】

●ブレンド・S (中山幸 先生)

 Manga_time_kr_carat_2014_03_p039 Manga_time_kr_carat_2014_03_p040

 心優しいのに、目つきが悪い少女の働く場所は・・・?

 ゲストを経ての新連載!

 「スティーレ」は、キャラを演じて接客をおこなう喫茶店。

 そこで働く桜ノ宮苺香(さくらのみや まいか)さんは、

 目つきの悪さから「ドS」担当になったものの、根は優しい性格なので一苦労・・・ という話。

 

 他にも、「ツンデレ」担当の日向夏帆さん、「妹キャラ」担当の星川麻冬さん、

 キッチン担当の秋月紅葉さんに、店長のディーノさんと、個性的なメンバーがそろってます。

 中でも、店長のディーノさんは変り者で、苺香さんとのやりとりが面白おかしい。

 一見、少女漫画にも出てきそうな美形なのに、

 苺香さんの“アメとムチ”プレイにしびれちゃったり、店長の威厳が感じられないお方(^^;

 

 また接客では、苺香さんはマジメにやってるつもりだけど、

 笑顔が緊張のあまり、さげすみの表情になったりして、

 むしろ一定のお客様に大好評というから、そのギャップが可笑しすぎます゜(*゜´∀`゜)゜

 この店の客、M男子が多いなオイ!

 

 かと思えば、素だと優しい苺香さん。

 店長の夜更かしを心配してたしなめたり、

 紅葉さんに言われて張り手をかまそうとしても、か弱かったりするから面白い。

 ってゆーか、張り手が可愛すぎました! そりゃ店長もKOだわ(ぇ

 などなど、おもしろ喫茶店「スティーレ」を舞台にした4コマ作品。

 期待してましたので、今後に注目です!

 

 

 

●ばーどすとらいく! (もず 先生)

 Manga_time_kr_carat_2014_03_p073 Manga_time_kr_carat_2014_03_p074

 地球侵略にやって来た宇宙人のお話。

 クル=ッポー・デーデーポッポーさんは、侵略の先兵として潜入調査を行うべく、

 地球人型の肉体を手に入れたものの、その正体は鳥型宇宙人!?

 そんな彼女が地球へやって来て、侵略を開始する・・・ のかどうなのか??

 

 相当閣下直々に命じられ、地球へ赴くことになったクルさん。

 母星・ダジョン星と似た地球を、移住先にしようと企んでいる様子。

 さらに、同類の鳥たちを地球人の手から救い出そうともしているようですが・・・

 

 と始まるお話でしたけど、

 なぜか、いきなり学校に行くことになっていて、慣れない生活で苦労しています(^^;

 友達とお弁当を食べるとき、鳥の卵を使った料理を食べてしまって錯乱したり、

 かと思えば、プリンを食べて気に入ったりと、侵略とは無関係な日常風景が面白い。

 プリンには鳥の卵が使われていると聞いて、ショックを受けつつも、

 その美味しさに負けてしまうとか、いいのか鳥型宇宙人!

 

 そんなわけで、プリンが大好きになってしまった宇宙人クルさん。

 はたして侵略はできるのか? 地球色に染まってしまうのか!?

 「鳥」という特徴をいかした内容に期待したいところ。

 なんて感じで新連載、今後も楽しみです!

 

 

 

【最終回!】

●ラッキー・ブレイク (平つくね 先生)

 Manga_time_kr_carat_2014_03_p047 Manga_time_kr_carat_2014_03_p053

 コミックス3巻は、3月27日発売! ・・・ですが、今回で最終回!!

 最後は、あれから3年後。

 藤沢産業の終わりの日が描かれてのラストとなりました。

 ・・・って、ええー!? 倒産でもしちゃったんですか!!!???

 

 なんて感じで始まりつつ、社長さんの視点で、

 会社の片付け、そこに携わる人々が描かれます。

 あの金さんが30分前に出社していたり、赤井さんは容赦なく物を処分したり、

 キシモンさんは海くんと一緒に来ていたり、いっくさんは着物姿だったり、

 Jr.ちゃんはだいぶ馴染んだ様子だったり、デイさんは相変わらずだったりと、

 それぞれの3年を感じさせたり、させなかったりする姿が、楽しいけれど、どこか寂しい。

 

 そして、そこに陸さんやちゃこさんの姿はない。

 あの後、陸さんが選んだ道は、あちらだったのですね・・・

 と思ったら、2人とも来ていて、「3年前の『約束』果たしにきました!」なんて言っています。

 さらに、なぜか兵藤さんまでいましたけど、いいのか!?(;´∀`)

 

 1つの終わりは、1つの始まり。

 陸さんの選んだ道も、新たな場所への一歩だったという事ですね。

 出て行った彼女たちが最後に選んだのは、やはり「この会社」だった・・・と。

 何だかんだで、ちょっと強引かなと思いつつも大団円。

 オチはつきましたけど、なかなか良いラストだったのではないでしょうか。

 

 本作品は、スタイリッシュ(?)に働く大人の女性たちを描いていた点で、

 私好みの4コマ作品であったことは間違いありません。

 途中、迷走しているかな~と感じ、そのあたりで失速したようにも思えましたが、

 それでも、じゅうぶんに楽しませていただいた作品です。

 キャラクターでは、キシモンさんが好きでした~。

 3月27日発売のコミックス3巻には描き下ろしもあるらしいので、

 そのあたりで最終回の補完があると良いですね。 新たな門出に、幸あらんことを!

 

 

 

【ゲスト作品】

●蒼と翡翠の不等号 (武内一真 先生)

 Manga_time_kr_carat_2014_03_p173 Manga_time_kr_carat_2014_03_p174

 久しぶりに会った幼なじみは・・・?

 蒼さんと翡翠さんは幼なじみ。

 しかし、6年前に翡翠さんが引っ越してしまってから会っておらず、

 久方ぶりに再会することになったのですが、6年たった幼なじみは変わってしまっていて・・・

 

 といった感じで始まるお話。

 ボーイッシュでそそっかしかった翡翠さんですが、

 6年たってみると、背は高く、女性らしくなっていたから、蒼さん驚いてます。

 そんな彼女を見て、自分が成長していないことを寂しがる蒼さんでしたけども、

 中身はそそっかしい翡翠さんのまま。 人懐っこい性格で、明るく楽しいのが救いでしたね。

 

 蒼さんの妹・朱さんも加えて、歓迎パーティを開き、愉快に過ごす様子がよかった。

 身体も大人っぽい翡翠さんの、裸Yシャツ姿も、なかなかのものでしたよ(ォィ

 しかも履いてないとか、ヤバすぎでしょー!

 蒼さんの下着を履いてましたけど、それにロマンを感じている朱さん、百合好き?(^^;

 などなど、幼なじみの再会は、変わったもの、変わらないもの入り乱れつつ、

 楽しいものでありました。 連続ゲストとのことで、次回にも注目です!

 

 

 

●コイカノ (右左もりもり 先生)

 Manga_time_kr_carat_2014_03_p181 Manga_time_kr_carat_2014_03_p182

 少女たちの交流物語。

 ミホさんとほのかさんは友達同士。

 ある日、ほのかさんから従姉妹のかのんさんを紹介されますが、

 かのんさんはミホさんのことを、なぜか警戒している様子で・・・?

 

 と始まるお話。

 実はかのんさん、ほのかさんのことを大好きで、

 ほのかさんと仲の良いミホさんのことをよく思っていないらしく、

 何かとキツイ態度で当たってきますが、子供っぽいのでイヤミにはなっていません。

 しかも、ミホさんの「(ほのかさんとは)幼稚園の頃から付き合ってる」という言葉を、

 友達付き合いでなく、交際していると思い込むほどなので、何かと可笑しかったり(´▽`;)

 

 そんな風にツンケンしながらも、憎めないかのんさんの可愛さが面白味となっていますね。

 ミホさんに優しくされて、「他人」から「知人」にランクアップさせてあげるあたりも、

 いじらしいというか、お子ちゃまな愛らしさを感じてしまいます。

 などなど、ほのかさんを加えた3人の関係が愉快だったり、可愛かったりする4コマ作品。

 最後に、かのんさんの意外な事実も明かされて、私も驚いちゃいましたけど、

 これは、つづきに期待しても良いという事ですかね? 楽しみにしておきます!

 

 

②へつづきます。

 

コメント

◆ まんがタイムオリジナル 感想②

2014年01月29日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2014年3月号 のつづきです。

 ①は、『らいか・デイズ』 『カフェぽぽのチノちゃん』です。

 

 『ラディカル・ホスピタル』ドラマCD2巻、発売中~。

 そして次号、『小森さんが断れない!』が2本立てです!

 

 

●ラディカル・ホスピタル (ひらのあゆ 先生)

 コミックス26巻は、3月発売! そんな今回、お医者先生のカンについて、お話色々でした。

 当直中のオペを予見した赤坂先生、対して榊先生も、自分のカンを誇りますが今一つ(^^;

 咲坂師長のおっしゃるように、神が降りるカンと、経験に裏打ちされたカンの違いですね~。

 

●小森さんは断れない! (クール教信者 先生) 

 1つ前でも書いたように、めぐみ父が可笑しかった今回、めぐみさんが自力でお勉強の巻?

 受験が迫り、小森さんもまさ子さんに教えてもらうのに、めぐみさんは迷惑だからと頼らず。

 頼られない小森さんの背中が寂しげでしたが、めぐみさんの友への想いの真剣さが、良い。

 

●よゆう酌々 (辻灯子 先生)

 女将・優さんは、つまみ食いなどしない? さすがに炒飯2人前を食べた後ではねえ(´▽`;)

 そんな今回、料理に挑戦する優さんでしたが、想像通りの料理べたで、そんな様子が面白。

 戸田くんから習うのに、少し恥ずかしげなのが可愛らしかった。 でも、やっぱりコミカルだ!

 

●かでん屋さんの基礎知識 (風良まり 先生) 

 【一家団欒】のかでん屋さん!? 陸奥さんがお母さんで、主任がお父さん、そして子供達。

 “お父さん”から“お母さん”と呼ばれて、照れ照れな陸奥さんが可愛かった! 赤面もじもじ。

 そんな今回、冬の家電いろいろでしたが、一花さんのこたつを使ったアイデア、イイですね。

 

●社外秘!神田さん (大乃元初奈 先生)

 もうすぐバレンタインデーということで、浮かれる東くん・・・でしたが、当日風邪ひくとは(^^;

 そこで神田さん、ドライに対応しつつも、何だかんだで世話を焼こうとする所が、微笑ましい。

 西薙くんが東くん家の合鍵を持っていたのは笑いましたけど、その逆は・・・確かに怖いか。

 

●おかん (小坂俊史 先生) 

 近所の子供アンナちゃんを預かることになったおかん、家の中を見て回るアンナちゃんが、

 自分の家との違いを遠慮なく語っているのを、怒るでもなく、むしろ有効活用してたのは笑!

 よその子を世話する大変さも、おかんの「面白主義」にかかれば、何と楽しいことか(^∇^;

 

●オトメシュラン (王嶋環 先生)

 バレンタインウィーク! まだヨウさんを女性だと信じきれない東海林さんも、来店してます。

 お客様へのサービスを、自分へのチョコだと勘違いしてドキッとしたり、意識してますね~。

 でも、ヨウさんの本命は一成くん。 なかなかチョコを渡せないもどかしさが、乙女可愛い!

 

●ゆらゆら薬局プラリネ (松田円 先生) 

 こちらもバレンタイン! みさきさんを手伝うのが例年の楽しみだったのに、今年はなし!?

 みさきさんは、友達の家で一緒に作るということでしたが、社長の家で、池田さんもいて・・・

 スパルタ池田さんに笑いつつも、みさきさんの兄への思いやりチョコが、微笑ましかった~。

 

●春雨平安日記 (松阪 先生)

 髪の毛を切るのにも、吉凶を占う平安貴族。 凶と出ても切りたい春雨くんの行動には笑!

 夏子さんも相変わらずですが、おとなしめの冬子さんが、彼を理解し始めていたのは面白。

 そして、烏帽子の中に物を仕込むブームを作ってましたけど、競い合っての肩こりに大笑!

 

●つばさワーク (小林かも 先生) 

 風邪ぎみの翼さんに、過保護なお世話をする桜さんが面白い(´▽`;) 瞬時に治ってるし!

 また、片付けられない翼さんのデスクを気にしたり、節分姿で遊んでいるのをとがめたりと、

 翼さんの自由っぷりと、桜さんの苦労する様子が楽しかった。 このコンビ、ズッ友ですね(ぇ

 

 

コメント

◆ まんがタイムオリジナル 感想①

2014年01月28日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2014年3月号

 Manga_time_or_2014_03_2

 表紙は、フィギュアスケートな山下さん!

 脚がこんなに上がっちゃうんですね~柔軟。

 らいかさんはカーリングやってます・・・ キラキラだ(^^;

 

 

 今月の「手で賞」は、『小森さんは断れない!』より、めぐみ父!

 Manga_time_or_2014_03_p013

 以前、登場しためぐみさんの父上ですが、その姿は「手」で表現されていました。

 今回も、手のまんまで登場しており、ふすまの向こうから手を伸ばしているのはともかく、

 食卓でまで「手」だけだったのは笑いましたよ! そこ、どう考えても不自然すぎでしょ!!

 マジメな話してるのに、手がしゃべっているみたいで可笑しかった(^∇^;

 そんな風に、コミカルなめぐみ父の姿ではあるのですけども、

 このごつい「手」の表現には、おそらく「父親」のイメージが込められているのでしょうね。

 

 

 

【今月のピックアップ!】

●らいか・デイズ (むんこ 先生)

 Manga_time_or_2014_03_p017 Manga_time_or_2014_03_p021

 母親ーズ、大ハッスルの巻!?

 マッキーの母上が帰ってくる!

 というので、さっそく家へ帰るマッキーですが、どことなく落ち着いた雰囲気。

 いつもなら喜び勇んで、飛び跳ねるように帰っていきそうなものですが・・・?

 

 むしろ、飛び跳ねて帰って来たのは母上の方で、テンション高め。

 それもそのはず、久方ぶりの長期滞在とのことで、

 これはマッキーも大喜び・・・ と思いきや、何だかドライに対応していて意外でしたね。

 さすがにマッキー母も、娘がもっと喜んでくれると思っていたようで、肩すかし。

 だけでなく、落ち込んでしまったようで、ちとお気の毒でありました。

 

 そこへ、らいか母や竹田母に遭遇したことで、

 娘に相手されない憂さを晴らそうと、カラオケだの、パフェを楽しむ姿が面白かった!

 実はマッキー、母が長期滞在するならば、休養をとらせようとしただけだったのですが、

 娘の心、母知らず(;´∀`) スネたり、いじけたりするマッキー母が可愛らしかったです。

 

 それに対して、子には徹底的にクールな竹田母。

 完全に子離れしているのが、マッキー母との対比となって、

 両極の母親像を見せてくれているようで、良かったですね~。

 【言っとけ】 竹田母の小芝居から、4コマ目のセリフへオチる落差が激しすぎて笑!

 などなど、マッキー母を中心に、母と子の関係を思わせる色々がありました。

 親心に子心、そうしたものを感じつつ・・・ 今後も楽しみです!

 

 

 

●カフェぽぽのチノちゃん (神馬耶樹 先生)

 Manga_time_or_2014_03_p078 Manga_time_or_2014_03_p079

 何やら、険しい顔した少女が来店しますが・・・

 やって来るなり、ツタバのメニューを注文する少女。

 もちろん、この店にはないもので、それどころか、あるのは抹茶か昆布茶(´▽`;)

 まったくオシャレではないカフェに、少女も呆れ果てています。

 

 そんな彼女は、店長ちゃんのイトコ・渋川茶子さん。

 チノさんと同級生にあたるとのことで、仲良くなれそう・・・と思いきや、

 東京から越してきたばかりで、田舎の生活に慣れていないらしく、ツンケンしてます。

 そうした茶子さんの都会センスを求める心情と、

 カフェののんびり田舎ムードとのコントラストが、何かと滑稽でありつつも、

 ゆったり気分で心地よかったですね~。

 

 カフェで椎茸パーティを始めるなど、都会では考えられない風情に、

 茶子さんはツンケン反発しつつも、椎茸の美味しさに感激していたのが面白かった!

 チノさんも、はじめはオシャレなカフェをめざしていたものの、

 地域の要求に応えることで喜びを提供できるようになった、という話には納得です。

 都会田舎関係なく、それぞれの場所にあったサービスが必要ということなのでしょう。

 

 などなど、都会っ子の茶子さんが登場したことで、

 田舎カフェに「外部」の価値観が入り込み、

 そのため一層、カフェの魅力を感じられるようになったのは面白い。

 チノさんとも仲良くなれるのかどうなのか、その価値観のぶつかり合いと融和が見たい・・・

 なんて感じつつ、今後も楽しみです!

 

 

②へつづきます。

 

コメント

◆ まんがくらぶオリジナル 感想②

2014年01月26日 | ◆4コマ誌⑥ まんがくらぶオリジナル

2014年3月号 のつづきです。

 ①は、『お姉ちゃんが来た』 『うしろのご先祖さま』 『ヒナ書房へ行こう』です。

 

 

●リコーダーとランドセル (東屋めめ 先生)

 タケ兄、女子高生に勉強教えるの巻。 あつみさんを通し、女子高生に囲まれる32歳(^^;

 沙夜さんもあつし君に会えるからと参加しますが、あつし君に構ってばかりで勉強しないし。

 そんな勉強会の様子が楽しかった今回。 でも、会社に縛られない自由人は、不人気か~。

 

●まほろばきっさ (tugeneko 先生) 

 連載2回目! けれど喫茶店のメニュー、「コーヒー」と「オレンジジュース」しかない(´▽`;)

 そこで軽食やお菓子などを増やそうとするのですが、それをできるのは、あんずさんだけ!

 人目が苦手な彼女には前途多難・・・ なんて話でしたけど、新メニュー「にぎり飯」には笑!

 

●たばたちゃん派 (みずしな孝之 先生)

 「雪が降る」 大人にとっては憂鬱なことでも、子供にとっては嬉しかったりするものですね。

 そんなたばたちゃんの喜びようが楽しい・・・と思いきや、雪を想像して怖がってます(;´∀`)

 雪を知らないがゆえの不安とワクワク感が、とても面白かった! 降雪シーン、良いです。

 

●安西信行の鋼鉄日記 (安西信行 先生) 

 今回、健康管理の話でしたが、30を過ぎたころから無理がきかなくなったという安西先生。

 規則正しい生活と、運動、食事制限が功を奏したという話は、私には耳が痛い内容で(^^;

 そこで「おも×こた」もダイエット話でしたけど、おもちさんがフビンですね~。 管理が大切!

 

●つくねちゃん+30 (ひらふみ 先生)

 勝負下着を身につける都さんが、社長夫人の座を狙っているのだと、つくねちゃんに宣言!

 大場先輩とのお付き合いを考え、浮かれてる彼女でしたが、自分の打算的な心に気づき、

 【恥を知る】のは女心の現実感あって興味深い。 それにしても、次回で最終回だとは!?

 

●はるまち・ダンス (佐藤両々 先生) 

 バレンタイン、トメさんはもらえる立場らしく、楽しみにしている様子。 さっちんは、トメ兄に!

 彼氏がいない女子高生たちも、何だかんだで【楽しんだ者勝ち】になっているのが、楽しい。

 日野さんのバレンタイン弁当に笑いましたけど、没収?したチョコに悩む先生は、気の毒!

 

●ラジ娘のひみつ (小坂俊史 先生)

 雪が降ってもラジオには無関係? いや、スタッフさんたちの交通事情が大変なようで(^^;

 そのため、現場は大混乱。 少ない人数を埋め合わせるべく、慣れない仕事をこなしたり、

 雪中へ突入して遭難する人間が続出(;´∀`) そんなライブ感覚の進行が、可笑しかった。

 

●路傍のミオ (小池恵子 先生) 

 今回は、受験に悩む学生さんがお客様! ミオさん、真剣に悩む彼に同情していたものの、

 テスト内容を占ってもらおうとするや、さすがに拒否。 占石さんは、なぜか占おうとしていて

 気になる展開でしたけど、ちゃんと理由があったのは納得(´▽`;) 先月のお客様には驚!

 

●龍女生徒会っす! (野広実由 先生)

 文化祭の出し物について、アンケートをとる直さんでしたが、龍女ではまともな案は皆無!

 さらに紅さんが呪い攻撃を仕掛けてくるものの、そこを黒虎さんが守っていたのは頼もしい。

 そして紅さんの特性が、書記にふさわしい能力であるのは面白かった! 霊能力っぽいし。

 

●のぶながちゃん公記 (くりきまる 先生) 

 今回は、信長ちゃん頭首としての初戦話。 あまり有名ではないですけどね、横山麓合戦。

 岩室さんは具体的な策を進言するも、信長ちゃんはラブ&ピースの精神で、お気楽ムード。

 そんな気軽さが不安を呼び込む展開でしたけど、この作品、どんどん時間が進んでますね。

 

 

コメント