五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

◆ 今月の恋愛ラボ

2018年08月25日 | ◆4コマ誌⑦ まんがタイムスペシャル

まんがタイムスペシャル 2018年9月号より
 

 (注)先月号の感想になります・・・遅れていて申し訳ないです。
 今月号は休載でしたので、ちょっと助かったかなと思ったり(ォィ
 
 
 

以下、ネタばれあります。 (未読の方はご注意ください)

 
 
 
 
 

●恋愛ラボ (宮原るり 先生)

 

 サヨの誕生日にサプライズ!?

 ということで、ケンカ中(?)のユウくんが待ち構えていたわけですが、
 そこは当然、エノたちが仕掛けたこと。

 サヨとしてはすぐに会いたくはなかったものの、話の流れで「話はする」なんて
 言ったものだから、こんなセッティングをされてしまったと・・・

 しかし、サヨが難色を示しても、意外と強気で押してくるユウくん、頼もしい。
 イヤな顔をされても気にせず、ポジティブに攻めてゆく所が良いですね。
 ・・・単に天然なだけでしょうけど(ォィ

 そんな今回、ケンカモードだったサヨとユウくんの和解となるのか?
 気になる内容となっていました。

 

 

 

 通常運行なユウくんと、イライラなサヨと・・・

 いつも通りな感じのユウくんに対して、「気にしてたのはこっちだけか」と
 ムカムカをつのらせるサヨは、やはりユウくんには特別な感情を抱いているのだな
 と感じさせますね。

 とはいえ、イライラが頂点に達したのか、改めて「別れる」と言い放つサヨ・・・
 ユウくんは「びっくりした」と言いつつも、「ちょっと嬉しい」なんて
 言い出していたのは笑゚(*゚´∀`゚)゚ ドMかい!

 要するに、他の女子と一緒にいたのを見て「別れよう」と言うくらい、
 サヨにとって自分は特別な存在なのだと思い知った、ということらしいのですが。

 あの時、ユウくんは怒って震えていただけではなく、悦びも含まれていたと(^^;
 そんな彼にさすがにドン引くサヨですが、彼女をこんな風に色んな顔にさせられるのは
 ユウくんくらいな気がします。

 

 

  

 「彼女がフツーじゃないと、彼氏もそうなるんだって」

 いよいよ、あの時の真相が明らかに!
 部活のコーチへのプレゼントを買いに来ていたというユウくん。
 その際、一緒に来ていた女子さんと話している所を誤解されたという流れ・・・

 まあ、このあたり理由は何にせよ、誤解だろうと思ってましたので納得ですが、
 女子さんとの会話で、サヨがサプライズ嫌いだと述べているユウくんは、
 彼女のことをよく理解していて、単純に天然でもないのだとわかりますね。

 そして、女子さんと会話内容(主にサヨのこと)について聞かされて、
 ようやくサヨの誤解がとけた瞬間、ユウくんが優位に立っていたのは面白かった。

 たしかに今回のことは、サヨの早合点+話もしない対応が問題だったわけで、
 いつもの彼女らしくない所が目立っていて、それだけに悔しかったのか、
 ぐぬぬとなるサヨの「レア顔」が拝めたのは、とても貴重でありました。

 そんな彼女に「もう観念しろ!」と、笑顔で語り掛けるユウくんの清々しさ。
 今回の誤解を長引かせたのは、コミュニケーションの拒絶が原因でしたから、
 「もっと話をしようぜ」と述べるユウくんの言葉は、重く響きます。

 何だかんだで、サヨを受け容れるユウくんの懐の深さもさすがだなと感じますし、
 いつもはサヨ優位に見えますけど、いざとなると真正面から向き合ってくれる
 肝の据わった、サヨにとってのベストパートナーなのだと思わせてくれました。

 

 

 

 「割れ鍋に綴じ蓋」

 いつもなら、他人を諭したり、助言したりなポジションのサヨが、
 ユウくんから諭されるような形になって、観念していたのは面白かった。

 2人の関係を「割れ鍋に綴じ蓋」なんて評した女子さんは、慧眼と言えるのでは。
 サヨは自分の価値を底上げしてはいましたけど、鍋と蓋については認めたようで、
 これすなわち、和解の言葉だったわけですね。

 どんな鍋にも、それに合った蓋がある・・・
 まさに、サヨとユウくんの関係を言い当てていると思えます。

 などなど、ケンカ中だった(?)サヨとユウくんが和解に至るエピソードでしたが、
 ラスト、生徒会の面々のあたたかい計らいが愉快すぎたので、大笑いしながら・・・
 今後も楽しみです!

 

◆ まんがタイムスペシャル 感想

 

コメント (4)

◆ まんがライフ 感想

2018年08月17日 | ◆4コマ誌⑤ まんがライフ

2018年9月号

 

 表紙は、海水浴するミカちゃん!
 ビーチを背に、浮き輪を抱えて、夏満喫中。
 他、ゲスト作品、コミックス発売作品などなど!

 (注)1ヵ月遅れの感想になっています。
    今月号の感想は、もっと後になってしまうので申し訳ありません。

 

 

 今月の「誰?で賞」は、『めんつゆひとり飯』より、保ケ辺さん!

 

 昔はすごく痩せていて、モテていたという保ケ辺さん・・・

 今はご存知、ふとましい体形になっているわけですが、それが突然、
 昔のような姿に戻ってしまったから、面堂さんがタイムスリップと思っても仕方ない。

 おかげで、女性陣にモテ始めた保ケ辺さんだったものの、本人はどこ吹く風。
 しかし、太っていても保ケ辺さんを好きだった舞さんは気が気でない様子で、面白かった。
 「私は(外見でなく)中身を好きになったんです」と涙目で語る舞さん、本物ですね。

 まあ、太っていた方がモテないので都合がいい、という本音がありましたけど(^^;
 それでも、その愛は本物・・・と思っていたら、ラストで単にフェチなのでは?
 なんて思わせる内容だったのが、可笑しかった!

 

 

【コミックス7巻、発売中!】

●スパロウズホテル (山東ユカ 先生)

  

 ホテルに怪談はつきものです・・・?

 スパロウズホテルにも、そんな話があるとかないとか。
 そこで、腕力で何とかしようとしている佐藤さんが、相変わらずで笑!

 その後、夜勤をしていた御園くんのもとへ、部屋を変えてほしいとの連絡が・・・
 一番奥の角部屋なのに、外から窓側の壁を叩く音が聴こえるというから、怖い。
 まさに怪談ともいえる話で、御園くんも驚いています。

 また、誰もいないはずの所から、女性が現れるなど、怖い話が次々と・・・
 といった感じでしたけど、実はそのすべてに佐藤さんが絡んでいたのは、さもありなん。
 「生きている人間がいちばん怖い」とは、よく言ったものですね(ぇ

 そして、市見さんの「怖いもの」については、市見さんが一番怖かったというオチで
 大笑いでありました・・・ツンデレ怖い、ツンデレ怖い。

 などなど、スパロウズホテルにまつわる怪談話でありましたが、
 だいたい佐藤さんのせいというあたり、怖いホテルなのもかもしれませんね。
 なので、夏も涼しく過ごせそう? と考えつつ、今後も楽しみです!

 

 

【コミックス2巻、発売中!】

●白衣さんとロボ (柴 先生)

  

 暑い夏を乗り切ろうとする白衣さん・・・

 届いたお中元=素麺に文句を言う白衣さんでしたけど、その贈り先がロボなのは笑!
 白衣さんにはお中元、届いてないの? というか、なぜロボに贈られてくるんだ。

 また、扇風機さんが張り切っているのを見て、皮肉を投げかけるロボが珍しい。
 でも、実は弱気な扇風機先輩をなだめるあたり、いつも通りなロボさんでした。

 そんな2人が、どうやって白衣さんを涼しくするかを語った所、
 白衣さんが静かに怒っていたのは笑! 屑鉄を見る目て(^^;

 そして、庭で水遊びする白衣さんでしたが、白衣は脱ぐようロボに言われ、
 水着姿になるも、白衣がないと恥ずかしいらしく、涙目になっていたのは珍し面白い。
 白衣こそが、彼女の心の防護壁なわけですね~。

 その後、白衣を着て水遊びしたり、花火を見たりと、夏を満喫する白衣さんたち。
 まあ、花火も白衣さんにとっては化学の分野として楽しんでいたようですが・・・

 などなど、夏をすごす白衣さんたちが描かれた今回。
 ラスト、白衣さんにお中元が届いてましたけど、一大事みたいに扱われていたのは、
 はたして家主としてどうなのか・・・と感じつつ、今後も楽しみです!

 

 

【最終回!】

●大神先生は鼻がキく (佐野妙 先生)

  

 コミックスは、8月27日発売! ・・・ですが、最終回!!

 最後は、イメチェンする大神先生!?
 メガネを外して、髪をほどいて、妖艶路線に変更か・・・
 と思いきや、先生には合わないようで(^^;

 というのも、鼻を積極的に利用するようになり、頼られることが増えたようで、
 今までとは違った立ち位置になっていたのは面白い所でしたね。

 結果、保健室の利用者も増えて、大盛況。
 匂いで好意をかぎ分けることが判明して、恋愛相談にこき使われるようですが(^^;
 それでも、有村さん、柴くんや阿武隈さんなどは、いつも通りで安心感。

 そして、最終回にして明らかとなる蜂谷先生の恋愛経験には、驚きでした!
 きっと良い漫画家先生になれますね(どーゆーこと)

 そんな感じに、鼻がキくことを知られて、それを積極活用するようになった大神先生。
 彼女の生活は大きく変わりましたけど、彼女自身は変わらず、いつも通りな所はよかった。

 本作は、匂いに敏感すぎて、人の心情までも把握してしまう保健室の先生のお話でしたが、
 嗅覚というポイントが地味ながらも、確かな個性を印象付けた点が大きな面白味でした。
 大神先生の地味さも、良い味になっていましたね。

 先生のキャラクターは好感を持てたので、早い終了は残念ですし、
 有村さんや柴くんとの関わりを、も少し見ていたかった気もしますが、これにて完結。
 コミックスは8月27日発売とのことで、楽しませていただきましたー!

 

 

【ゲスト作品】

●ゴク×ショタ (わたりさえ 先生)

  

 極道の娘JKと、王子様系ショタのお話。

 【主な登場人物】
 ・桜花実 : 極道・桜組組長の娘で16歳。 とつぜん現れた婚約者に困惑。
 ・茜夕貴 : 極道・茜組組長の息子で12歳。 花実さんの婚約者!?

 王蔵市で勢力を2分する極道・桜組と茜組。
 ある日、桜組の娘・花実さんが、父上から婚約者の話を聞かされ、紹介されたのが
 茜組の夕貴くんで戸惑うものの、彼の方は婚約にノリノリで・・・

 といった感じのお話。
 キラキラしながら、花実さんのことが好きだと、照れる事もなく言ってのける夕貴くん。
 そんな彼の落ち着きっぷりと、恋愛初心者ゆえに困惑する花実さんの対比が愉快です。

 じつは夢見る乙女な花実さんの可愛さや、腹黒な所もある夕貴くんの黒さも面白い。
 彼が彼女にこだわるのも、過去の出逢いが関係している様子。
 そんな2人の恋模様がどう展開するのか、つづきを読んでみたいですね!

 

 

●成仏するにはまだ早い! (飴色みそ 先生)

 

 人類が滅びた世界で、遊ぶ3人の少女たち・・・ですが?

 【主な登場人物】
 ・晴海小春 : 天然っぽく、お花畑とか言われちゃう。
 ・明知千秋 : 真面目っぽい性格で、ツッコミ役。
 ・月島夏希 : テンション低めでクールっぽいけど、お茶目。

 未知のウィルスにより、人類が滅びた後の世界で生き残ったという3人・・・
 と思いきや、それは嘘だと小春さんが指摘していて、世界は滅びていなかったのか
 と思ったら、「生き残った」のが嘘で、じつは3人とも幽霊だというから驚き。

 そんな風に、滅びた世界で幽霊3人が遊んだりするお話です。
 他にも、幽霊となった人たちはいるものの、どんどん数が減っているのだとか。
 といった深刻な状況にもかかわらず、ゆる~く過ごす少女たちが面白い4コマ作品。

 遊びの内容は、ポルターガイストサッカーなど、幽霊らしい(?)もので愉快ですし、
 人がいなくなった世界で生まれる命に、好奇心旺盛になるのも興味深い所。
 彼女たちの先行きを見てみたい気もするので、つづきに期待したい!

 

 

【コミックス10巻、発売中!】

●ななこまっしぐら! (小池恵子 先生)

  

 パワフル主婦ななこさんも、夏バテには勝てない!?

 いつも元気いっぱいのななこさんですが、様子がおかしい。
 タクさんに夏バテではと指摘されて、初めて自分がバテていることに気付くほど。
 といった感じに、ななこさんの夏バテ模様が描かれた今回。

 代わりに、タクさんが色々と買い出しに向かいますが、そこでやっくんに助言を受け、
 ななこさんが心配になって、一刻も早く帰ろうとする所は愛情を感じられてよかった。

 「大丈夫」と本人が言っていても、全然大丈夫ではないことがある。
 なんて考えていますけど、これは本当に気を付けなきゃいけないことですよね。
 「大丈夫」を細かく言語化しようとしていたのは、面白かったですけども(^^;

 一方、汐路さんも夏バテっぽいようですが、彼女の場合、ひとり暮らしなので
 重症になる前に休養をとっていたのは、さすがというべきでしょうか。

 などなど、夏バテをめぐるお話でしたが、本作の誰しもが賢明な判断をして
 対処できていたのは、見習いたい所でありました・・・なんて感じつつ、今後も楽しみです!

 

 

【『濃縮フリテンくん』発売中!】

●新フリテンくん (植田まさし 先生)

  

 無人島でWi-Fi無料でも・・・といったトビラ絵が面白い。

 【花】年配のご婦人が花に水をやっていますが、旦那さんが「それ造花だよ」と指摘。
 ビニールの花に一生懸命に水をやる姿が、真面目なだけに滑稽なオチかと思いきや、
 ご婦人が斜め上をゆくオチをつけてくれて笑!

 【心臓破り】走りやすいマラソンコースを走る男性2人。
 この先に心臓破りの坂があるとのことでしたが、比較的ゆるい坂で余裕だったものの、
 本当に心臓に悪い事態が起きていて納得。 油断大敵というやつですね。

 【電線】電線の上を飛ぶヘリコプター、上司さんが「下の電線に気をつけろ」と忠告。
 すると部下くんが「わかってますよ」と雑に返事して、上司さんを怒らせてしまいますが、
 さらにオチで愉快なシャレを披露して、火に油なのは笑! 人物絵がないのも面白かった。

 【ダイイングメッセージ】亡くなった人が残したメッセージ。
 そこに自分を殺した人間の名前が書いてあり、〇山△夫さんが疑われましたが、
 お医者先生も大変だな~と思わされるオチで、可笑しくも割と切実な内容でありました。

 【ムササビ】飛んでくるムササビ、夜の格納庫へ向かうムササビ・・・と来て、
 3コマ目でグライダーに乗り込み、さらなる飛距離を得ていたのは楽しい4コマでした。
 これも、ほぼ人物絵がなく、かつテンポ良い流れになっている所が秀逸でしたね。

 などなど、今回も面白ネタな4コマの数々が、さすがでありました。
 そんなこんなで、今後も楽しみです!

 

 

【その他】

 まんがライフWIN 『姫のためなら死ねる』(100話の方)は、威厳を気にする主上。
 そこで「暴君」になることをめざすのですが、お人が好過ぎて上手くできないのが愉快。
 定子様と彰子様の間で苦悩する様子が可愛かった(ぇ。 最後は安倍さんかあ・・・

 

●お姉ちゃんが来た (安西理晃 先生)

 暑い夏、自分の部屋では全裸な一香さん、母上にダメ出しされています(^^;
 そんな今回、美鶴くんに呼び出されて、水風船で遊ぶことになりますが、
 そこには、女性陣の服を透けさせようとする彼の下心があって、大変なことに!?
 下着をつけてない一香さんのピンチ、彼女を守ろうとする藤咲さんのピンチと、
 大混乱となりましたが、孝喜くんと村瀬さんのお陰で、収まっていたのはよかった。
 しかし、朋也くんが先を越されて、いいとこなしだったのは、お気の毒。

 

●マンドラさんとヒト科たち (ほずの都 先生) 

 実潮さんが大学へ入ってきましたが・・・
 早川くんと彼女が一緒にいるのを見て、関係を誤解してしまう花森さんが可愛い。
 実潮さんを彼の恋人だと勘違いしたようで、いちいち凹むのが気の毒ながらも愉快です。
 まあ、柏木くんが来たお陰で誤解は解けて、実潮さんのサークル探しを手伝いますが、
 まさかのオカルト系にハマっていたのは面白かった(´▽`;) 兄とは別の立場を行くのか。
 そんなこんなで、早川くんの妹・実潮さんも加わった大学生活、ますます楽しみです。

 

●アスクミ先生に聞いてみた (後藤羽矢子 先生)

 今回の相談者は、2-Bの伊代利加さんで、内容は生理痛を理解しない彼氏について。
 つまり、男にも生理痛の痛みを分からせる方法を求めているわけですが、昔の映画を例に、
 男女入れかわりを勧めるアスクミ先生が面白い。 『君の名は。』は生理なかったですね。
 そして、先生と2人して、どのような痛みか言語化しようと努める内容が興味深かった。
 安易に「他人の痛みをわかりましょう」ではなく、他人の痛みを想像することの難しさを
 感じさせつつ、思いやりを育ててゆくことが大事としていたのは、素晴らしいと思えます。

 

●わくわくワーキング (おーはしるい 先生) 

 アイドルにハマったみおさん、今も絶好調のようで・・・
 ライブチケットをとれなかったことで、本気で落ち込むあたり、どっぷりつかっている感。
 しかし、御局さんが2枚ゲットしてくれたことで、嬉しそうにしていたのは、よかった。
 そして「振り」と「かけ声」を仕込まれるのが愉快で、ハードな訓練を課せられつつも、
 嫌気さすこともなく頑張っていたのは、楽しかったですね。
 みおさん自身も楽しそうで、そのトランスっぷりに笑!

 

●キャバはじめました (忍田鳩子 先生)

 益子さんと轟くんに、強力なライバル出現!?
 やって来た大柄な男性はプロレスラーとのことですが、大らかな印象の力持ちさん。
 轟くんとはジム関連の話題で盛り上がるも、益子さんは「男は力だけじゃない」と

 負け惜しみ気味に述べていたのが可愛かった(ぇ。 しかし、2人がかりでも敵わない
 強い男性で、ひとみさん狙いとくれば強敵の予感・・・ひとみさんも惚れ惚れしてますし。
 まあ、惚れ惚れしている理由が「お米屋さん」に行きたいというのは愉快でしたけど(^^;

 

 

【新人4コマ杯 6月期月間賞】

・ダイナマイトボンバー (郁魅デストロイ 先生)

 

 いわゆる中二病な不登校児のもとに、家庭教師がやって来る!

 暗玄竜一くん(14)は、いわゆる中二病な不登校児。
 学校が嫌いで、何もかもを吹っ飛ばす爆弾をつくっているようですけど、
 そこへ母上がやって来て、家庭教師の先生を連れてきたと言って・・・

 なんて始まるお話。
 なのですが、この冒頭部分だけでは、暗玄くんのことしかわかりませんね(^^;

 「個性豊かな家庭教師たちが現る!?」とあるので、おそらくトビラ絵の女性陣が
 家庭教師として、暗玄くんに接してゆくことになるのでしょうが、はたして
 世界を壊す野望をもった少年とどのように交流してゆくのか・・・つづきに期待です!

 

コメント

◆ まんがライフオリジナル 感想

2018年08月09日 | ◆4コマ誌③ まんがライフオリジナル

2018年8月号

 

 表紙は、ビーチで料理(アート)するちぃちゃん!
 砂で作った船盛りが、完成度高くて凄まじいですねえ・・・
 他、ぼのちゃんが魚介類を運んだり、ゲスト作品も色々です!

 (注)1ヵ月遅れの感想になっています。
    今月号の感想は、もっと後になってしまうので申し訳ありません。

 

 

 今月の「人理修復で賞」は、『マンガ家ゲーム日記』

 

 第12回は、森繁拓真先生で「FGO」!

 『Fate/Grand Order(フェイト・グランドオーダー)』、大人気ですね。
 Twitter見ていても盛んに話題になっているゲームですが、森繁先生も楽しんでいる様子。

 Fateシリーズは昔から人気ですけども、様々な作品に登場するキャラクターが
 続々と出てきて、オールスターに近いものがありますよね。
 その多くが、神話や歴史上の人物であるのが面白い所。

 私も、シリーズに色々と触れてきましたが、実は「FGO」はやっていないのですよ。
 なぜなら、携帯がスマホじゃないからです(ぇ
 そろそろ換え時かなあ・・・人理修復したい。

 

  

【コミックス2巻、発売中!】

●ねこようかい (ぱんだにあ 先生)

  

 今回も、様々な「ねこようかい」が愛らしく面白い。

 【やまびこ】セミなどの鳴き声をマネするやまびこ。
 昼間から、夕方、そして夜となるに従い、鳴き声が変わってゆく流れが風流ですね。
 夏の趣がじんわり感じられる4コマが、秀逸でありました。

 【ぬりかべ】相変わらず、路上に立ちはだかるぬりかべですが・・・
 夜、夕方、深夜、早朝と、サラリーマンさんの出社・帰宅時間に合わせて居るのが
 なぜなのか? という点に納得のオチでした(^^;

 【さとり】「ダイエットしなきゃ…」と考える飼い主さんを見ているさとり。
 その後、飼い主さんがテレビを観ていると、美味しそうなアイスが映っていて、
 食べようかなと考えていますが、そこで先手を打つさとりが見事でしたし、可愛かった。

 【あずきあらい】ショキショキと、あずきを洗うあずきあらいでしたが・・・
 ぐらっと揺らしてしまって、そのままこぼしているのが、何だか愛らしい。
 「ようかい」としての沽券にかかわるのか、落ち込んでいたのも可愛かったですね。

 【ねこまた】ねこカフェのアルバイト募集の張り紙を見て、応募してきたねこまた。
 もう、それがそのままオチなわけですけども、これ以上の適材もない組み合わせが、
 ラストの一言と共に、しみじみ感じられる点が良い趣でありました。

 などなど、様々なねこようかい達の姿が面白おかしい。
 コミックス2巻も発売中とのことで、ますます今後も楽しみです!

 

 

【コミックス4巻、発売中!】

●銀子の窓口 (唐草ミチル 先生)

  

 「全力で頑張る人ばかり追い込まれる」

 お盆休みでも営業中・・・ですが、銀子さんと見城さんはいつも通りに火花(^^;
 しかし、上期のノルマ追加の話が来ていて、音々子さんたちのテンションはがた落ち。

 そこで、「銀子さんマジック」に頼るベテラン勢。
 どうも銀子さんへの負担が大きいようですが・・・

 なんてお話だったわけですけども、ここで活躍したのが見城さんだったのは面白い。
 かつての自分と重ねて「完璧に結果を出せる人ほど、知らない内にハードルが上がる」
 と考えていたのは、興味深い所。

 確かに、早めに仕事を終わらせた人には早めの終業ではなく、新しい仕事を押し付ける、
 なんて風潮はありがちですね。

 それでは士気も下がるし、優秀な人・努力する人をすり減らす結果にもつながります。
 まあ、大抵はどうせ負担が増すなら手を抜こうと考え、効率悪くなるでしょうけども。

 でもって、見城さんが“頑張った”結果、その負担を減らしていたのは、お見事。
 ラスト、銀子さんにかけていた言葉には、しみじみしちゃいましたね。
 仕事では数字にばかり目が行きがちですが、仕事していているのは人ですから・・・

 などなど、目標達成のため頑張る人ほど損をする風潮に、カツを入れる内容の今回。
 ぶつかり合いつつも、認め合う銀子さんと見城さんの関係に良さを感じながら、
 今後も楽しみです!

 

 

【ゲスト作品】

●青春ハイカロリーズ (きりきり舞 先生)

 

 青春は、カロリーである!

 【主な登場人物】
 ・かりん : 食いしん坊な女子高生。
 ・乃絵  : 健康的な食事に詳しい女子高生。

 乃絵さんに「一生のお願い」をするかりんさん。
 何事かと思えば、バイキング形式のお店に1人では行きづらいというので、
 乃絵さんに一緒に来てほしいということでしたが・・・

 と始まるお話で、食いしん坊なかりんさんと、食事に気を遣う乃絵さんのコンビが絶妙。
 サラダを先に食べることで血糖値の急な上昇を抑えるなどの知識が、興味深い内容です。

 かりんさんが美味しそうに食べる様子も、朗らかに楽しいですし、
 食の知識と楽しみの両立が面白味になっている作品ですので、3号連続ゲスト、期待です!

 

 

●おじいちゃんデコりました (中西 先生)

 

 おじいちゃんをデコったら、イケメンに!?

 【主な登場人物】
 ・マコ   : 女子高生。 おじいちゃんと2人暮らし。
 ・サブロー : マコさんの祖父。 孫を愛するよきおじいちゃん。
 ・シマムラ : ヘルパーさん。 デイサービスで来ている。

 「まんがライフ女子部」にて連載中
 コミックス1巻も、9月発売予定のようです。

 祖父以外の男性と縁のない人生を歩んできたマコさん。
 ある日、男に飢えたあまり、おじいちゃんにメイクを施した所、これがイケメン。
 それによって目の保養をしているようですが・・・

 なんて感じのお話。
 ヘルパーのシマムラさんが、半顔メイクに驚いていたのは愉快でしたけど、
 全顔メイクで老眼だと、睨まれるようになっていたのは、さらに可笑しかった。

 おじいちゃん、イケメンになっても行動はおじいちゃんだし、
 シマムラさんと絡むとBLな空気が漂うしで、そんな所も面白い内容ですね。
 9月にコミックス1巻も発売予定とのことで、注目です!

 

 

●おむすびより (須藤むら 先生)

  

 子猫の「おむすび」に癒される~。

 「おむすび」という名前の子猫の日常を描く4コマ作品。
 ヤンチャながらも愛らしい「おむすび」の姿に、癒され感のある内容ですね。

 パパさん、ママさん、お姉ちゃんのいる家庭で、それぞれとのふれあいが面白く、
 また、4コマ1本+大ゴマ1つの構成が、良い味を出している印象です。
 大ゴマで「おむすびのヒミツ」(たまに別テーマ)が描かれているのは楽しい。

 パパさんは「おむすび」に合わせた小物を作ってくれたり、
 ママさんはミニトマトを育てていたり、お姉ちゃんはヤドカリ飼っていたりと、
 家族の顔はほとんど見えないのに、その個性が伝わってくるのも良い感じ。

 愛され子猫「おむすび」の日々に、癒しを感じつつ、
 つづきに期待したい所です!

 

 

【『ぼのちゃんとやさしいラッコさん』発売中!】

●ぼのちゃん (いがらしみきお 先生)

  

 おとうさんたちのお話その2・・・

 アライグマちゃんを捜すぼの父たち。
 めぼしい所は捜したというアライグマ父ですが、そこで「めぼしい」という言葉の
 意味を知りたがるぼのに、真顔ででたらめを教える父が愉快でありました(^^;

 ぼの父も意味を間違えて覚えていただけのようですけども、「あらかた」まで
 間違えているのはどうなのか・・・

 それはともかく、シマリスさんの所に行ってみる一同。
 そこでは、シマリスくんを木にゆわえつけている光景が見られましたが、
 なぜ、そんなことをしているのかの理由には笑! 父親がやってるんじゃないのか。

 そして、どうもシマリスさんが手がかりを知っていそうなものの、
 なかなか思い出せず、だらだらと時を過ごしている様子が面白かった。
 ぼの父にしても、のんびりしていますよね。

 などなど、アライグマちゃんとその母上を捜す一同。
 まだまだ見つかりそうにありませんが、はたしてどこで何をしているのか・・・
 その事実が明らかになることを期待しつつ、今後も楽しみです!

 

 

【その他】

●ちぃちゃんのおしながき (大井昌和 先生)

 夏休み、ハメを外すのは生徒ばかりではない?
 酔いどれで、みづはへやって来た先生に酔い覚ましの「トマトとあさりのみそ汁」を
 出してましたけど、これは美味しそう+スッキリしそうで、食べてみたいものですね。
 そして、「有坂」と呼ばれると学校みたいだと、文句を言うちぃちゃんが面白かった。
 去り際に「ちぃちゃん」と呼ばれて、照れる所も(´▽`;)

 

●リコーダーとランドセル (東屋めめ 先生) 

 タケ兄に誘われて、海の家でバイトするあつみさん・・・について来るあつし君。
 そして、それについて来る沙夜さんと、にぎやかになっているのが面白かった。
 あつみさんがバイトしている間、遊ぼうとするあつし君でしたが、大人と思われ、
 子供に働かせていると言われていたのは気の毒だけど笑! おかげでお手伝いすることに。
 吉岡くんと小林くんも来てましたけど、何だかんだで皆で楽しむ様子がよかったですね。

 

●仮免サンタのサンディさん (器械 先生)

 夏真っ盛り、家に水着のサンタがいる日常!?
 ということで、勝手にしのぶさん家でくつろいでいるサンディさんに笑!
 しのぶさんが水着を欲しがっているので、「悪魔の布」をプレゼントしています。
 好きな服に変化するらしく、サンディさんが可愛い水着に変化させていましたけど、
 しのぶさんもまんざらでないほどに、可愛くなっていたのは面白かった・・・
 まあ、オチがありましたけども(^^;

 

●未亡人と魔女 (仙石寛子 先生) 

 異世界から異世界へ・・・
 リホさん、またも別の異世界へ飛ばされてしまい、途方に暮れています。
 でも、リリは一緒なので、心細さは若干低めになっているのでしょうかね。
 そこで出会った男性は、かつての夫・啓太くんにそっくりで、戸惑うリホさん。
 そんな様子に、微妙な切なさがただよう雰囲気が、しみじみ感じられました。
 一方、スカーレットさんはリホさんの不在をどう受け止めているのか、気になります。

 

●そのアパート、座敷童子付き物件につき… (小夏ゆーた 先生)

 まさかの元嫁・美咲さん登場!?
 そうそう、竜太郎くんはバツイチ設定なんですよねえ。
 彼女を部屋にあげている最中、陽さんが来て慌てていたのは愉快でしたけど、
 それにちょっとだけ妬いている美咲さんや、彼氏からの電話に出る彼女を見て、
 思う所のある竜太郎くんなど、元夫婦2人の関係が気になる内容でしたね・・・
 と思いつつ、ラストに衝撃の展開が! 嗚呼、陽さんが気の毒すぎますよよよよ。

 

コメント