五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

【『お父さんは年下』バナーキャンペーン】

2009年03月31日 | 【雑記】

 

 『お父さんは年下』2巻、発売中~!

 『はっぴぃママレード。』2巻も、発売中です!

090118_papabun_200200_1

 

 バナーキャンペーン実施中

 とのことで、

 使用させていただいております。

 

 ・・・乗り遅れてしまった!Σ( ̄Д ̄;)

 

 

 

28a45231

 

 作者は、北条晶先生。 (サイトは、こちら

 今、人気の作家先生です。

 

 

 

 

 

 

『お父さんは年下』は、「まんがライフ」「まんがライフMOMO」にて連載中。

 中川ナオさん(20歳)の母親・かをる子さん(37歳)が再婚した相手は、

 白金絹くん(18歳)だった! ・・・・というお話。

 

 ナオさんは、「年下のお父さん」を父親としては認めておらず、

 なにかとキツめに絹くんに当たりますが、

 がんばり屋で家族思いな彼の姿勢に、しだいに打ち解けてゆく・・・・

 ような感じであったりなかったり?

 

 そんな彼らと周囲の人々の、愉快な生活風景を楽しく描く4コマ漫画です。

 

 

『はっぴぃママレード。』は、「まんがタイムファミリー」「まんがタイムスペシャル」にて連載中。

 体が弱く、高校に通えなかった相羽さなえさん(人妻・36歳)が、

 長年の夢「女子高生になること!」をかなえるべく、

 息子が通う高校にいっしょに通学! ・・・というお話。

 

 見た目は高校生、中身はおばさ(略)。

 いや、30代はまだお若いのですけど、性格がたまに・・・

 

 そんな彼女の高校生活は、息子やその同級生もいっしょに明るく楽しい!

 そうした学生生活を描いた4コマ漫画です。

 

 

 『お父さんは年下』は最近、感想書けませんでした(T_T)以前のまんまです。

最近の連載感想

●『お父さんは年下』

 ・「お気に入り」プチ感想24 : 2巻プチ感想

 ・まんがライフ 感想 (2009年4月号)

 ・まんがライフオリジナル 感想 (2009年3月号)ゲスト

 

●『はっぴぃママレード。』

 ・まんがタイムオリジナル 感想 (2009年5月号)ゲスト

 

※本記事は3月末ごろまで、ちょくちょく移動したりするかもしれません。

 

コメント

◆ まんがタイムオリジナル 感想

2009年03月31日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2009年5月号

 ゲスト作品が多かったりで、感想書けていない作品がありますが、

 「らいかさんは子供の方がスーパーだな」とか「京橋くんはフツーにカッコ良くないか?」とか

 「ジゴロ2に感動」とか「〝腐道〟おもろ」などなど、この他の作品もいろいろ楽しみました!

 

●ラディカル・ホスピタル (ひらのあゆ先生)

 〝坂口さん〟帰って来ました! 所属でちょいと変化があったけれども、変わらぬ元気者!

 瀬尾先生の「初対面のトラウマ」(^◇^;)あ~、アレですねぇ。 私も間違えるかもしれない(ぇ

 蓮見師長は、まともそうな人でよかった! 何はともあれ、お帰りなさいませ!(^O^)

 

●ヤング松島喜久治 (ふじのはるか先生) 

 “コビト”さん、ピ~ンチ! 喜久治くんを待ち焦がれているけど、すれちがい。

 「オトナは嘘つきだ・・・」 ちがうよ、“コビト”さん!・・・大人は、忘れっぽいだけなんだよ(ぇ

 喜久治くんの「分身」が登場したりしたけど、やはり今後の“コビト”さんとの仲が気になる!

 

●はっぴぃママレード。 (北条晶先生)

 ゲスト! 相羽さなえさん(37歳)は女子高生?! 息子の同級生として通学中!

 病弱だった割には元気いっぱいの彼女が、主婦じみた行動でドジったりおもろかったり・・・

 球技大会でハッスルさなえさんもよかったけど、「みなぎる」女生徒たちが楽しかった(^∇^;

 

●おたママ (茶崎白湯先生)

 桜の下で、母・娘・息子がお花見ですが・・・無言で雑誌読んだり、ゲームしたり(=▽=;)

 私も知人たちが同じ状態になってしまって、とまどった経験があります。 娘さんと同じ(;´`)

 それにしても、弟くん「・・・乙ですぞ」て(;´Д`) オタク精神に関しては、弟くんがレベル高っ!

 

●ラブマニ (水知せり先生)

 ゲスト! 本作品は現在、「まんがタイムWeb」にて読めますね。

 早和さんの旦那さまは、小さくて丸っこい信くん。 マニアックだけど、明るくおだやかな人。

 夫婦仲良しほんわか空間。 愛情とマニアックさが面白味になっている感じで・・・つづき~。

 

●今日から寺バイト (春風道人先生)

 ゲスト! 会社が倒産して職探しなダンナさんと、つよい奥さんのお話。

 好条件の求人に、通勤時間の問題でクレームつける奥さんだけど“8時間”なら十分(^o^;)

 なんだかんだで、お寺でバイト? 奥さんの個性が、面白味になっている感じでしょうか。

 

●13歳のりとるママ (久保田順子先生)

 最終回! 不在がちなお母さんのかわりに、小さな弟・つばさ君の面倒をみる舞子さん。

 13歳にして「ママ」な貫録の彼女の、子守り奮闘記が楽しかった作品でした。

 ラストは楽しい「家庭」ですが、その過程が見たかったな~。 楽しませていただきました!

 

●アイスボーイズ! (ささきみき先生)

 ゲスト! ささき先生の作品は現在、「まんがタイムWeb」でも読めますね。

 夏あつし君は、自称「北国のイケてる男子高校生」。 そんな彼と友人たちの青春?物語。

 あつし君自身はお調子者だけど、その友人たちもちょっと変わり者が多いのが楽しい。

 

●本日休診 (作:桂武英先生  画:及川こうじ先生)

 最終回です!・・・の割には、いつもどーりなゆったり感。 患者さんの睡眠障害の原因

 となっている犬のお話で、先生のアドバイスは「犬のしつけを」ということで話は進み、

 いつもどーりに無事解決。 そんなゆったり安心感がウリだったのかな? のんびり~。

 

●SPさん (袖山リキ先生)

 袖山先生の新作ゲスト! 1人暮しの娘さんの所に「お手伝いさん」が送り込まれてきた!

 お父さんが心配して雇ったその人は、家事ができない「お手伝いさん」もといSPさん(^◇^;)

 黒服でしっかりしてそうなのに、オトボケなのが楽しい・・・ってゆーか、SP役立たず(ぁ

 

 

コメント

◇ アニメつれづれ・・・

2009年03月29日 | ◇アニメ 感想

2009年4月期の期待するアニメなど。

まだ、1月期の作品を観終わっていない(;´`)

・・・のみでなく、昨年10月期の作品も感想書けてないし・・・ 

 

 

●咲 -Saki-  サイト  バナーキャンペーン

 「美少女が麻雀でバトル!」な作品。 トンデモ麻雀バトルだけど、面白いです。楽しみ!

 

●蒼天航路  サイト

 「三国志演義」における“悪役”曹操を主人公にした作品。 三国志好きなので・・・楽しみ!

 

●けいおん!  サイト

 廃部寸前の軽音部を舞台にした作品。 原作は4コマ漫画なので、無条件に楽しみ!

 

●GUIN SAGA-グイン・サーガ  サイト

 豹頭の豪傑グインを主人公とする物語。 原作読むのは止まっていますが・・・楽しみ!

 

●リストランテ・パラディーゾ  サイト

 イタリアの老眼鏡紳士たちがもてなすリストランテを舞台とする物語。 紳士的に楽しみ!

 

●Phantom-ファントム  サイト

 組織の暗殺者「ファントム」をめぐる物語。 原作ゲームは積んでありますが・・・楽しみ!

 

●戦場のヴァルキュリア  サイト

 帝国と連邦の戦火の中で、戦う人々を描く物語。 原作ゲーム未プレイですが・・・楽しみ!

 

●戦国BASARA  サイト

 時は戦国!その時代の渦中で戦う武将たちの物語。 同じく未プレイですが・・・楽しみ!

 

 

このほかにも、いろいろ観てみたい作品がありますね。

とくに、『涼宮ハルヒの憂鬱』再放送は、以前観ていないので楽しみです。

「ハルヒちゃんの憂鬱」や、「にょろーん ちゅるやさん」が面白かったので(^_^;)

 

1月期の作品でも、『はじめの一歩』ではおそらく「鷹村 vs ホーク戦」が始まると思うので、

必見です。 試合前の“戦い”から緊張感満点! 屈指の名勝負!楽しみです。

 

そいえば、1月期作品の中で『ライドバック』が、他作品と時間帯がかぶってしまって

録画できずに観れませんでした(T_T)再放送とか・・・ないよなぁ。

 

また、昨年からの継続作品ですが『ONE OUTS(ワンナウツ)』 『とらドラ』も、

諸事情で観れずに泣いた作品です。

・・・今シーズン作品は、大丈夫かなぁ。

 

何はともあれ、今シーズンも視聴がんばらねば!

 

 

コメント

◆ まんがくらぶオリジナル 感想②

2009年03月27日 | ◆4コマ誌⑥ まんがくらぶオリジナル

2009年5月号 のつづきです。

 ①は、『リコーダーとランドセル』 『こうかふこうか』の感想です。

 

 関係ない話で恐縮ですが、アニメ『銀魂』の“最終回(?)”・・・マダオ司令に、腹よじれた。

 久方ぶりに、「笑い」でコロされるかと思いました。

 

●がんばれ!メメ子ちゃん (むんこ先生)

 「新人教育はむずかしい」 新人さんの表情の描き方が、さすがだな~と感じてしまった。

 そんなこんなで沢子さんお疲れ ⇒ 岸田夫婦の危機?! イエスノー枕は必須ですね(ぉぃ

 岸田 vs メメ子。 メメ子ちゃんの“本音”きっついな(;´Д`) でも、ラストは“天使”降臨!

 

●S.Aで会いましょう (胡桃ちの先生)

 トビラ。窓の外とか、ふつーに怖いんですけど(((( ;゜Д゜))) ・・・マスコットのスガちゃん。

 ゆるキャラ(?)なのにホラー風とは、これいかに? いや、可愛いんですけどね(^_^;)

 ゆるキャラ選手権で、どーなるスガちゃん! 中の人、すでに神の領域?!Σ(゜Д゜;)

 

●やまいだれ (小坂俊史先生)

 「コンプレックス撲滅症」 人は、大なり小なりコンプレックスを持つもの・・・

 しかし、コンプレックスの多い人間が“遺伝子レベル”でそれを克服! ・・・わ、私も(ぇ

 でも、『人間の壁を越えて』のオチで「さすがにないない」と、素でツッこんでしまいました。

 

●コーポブランコ (大富寺航先生)

 ゲスト! 「弟大好き」を公言してはばからないお姉さんと、常識人な弟くん。

 そして、そんな2人を「監視」するメガネ婦警さんを含めた3人の日常。

 姉のブラコンっぷりも楽しい上に、婦警さんの存在が面白味を増しているかも。 つづき~。

 

●オンラインで遊ぼう! (たぁぽん先生)

 ゲスト! 女子大生のまゆさんは、ネットゲームに夢中・・・ハマりすぎ?(^_^;)

 でも、健全なオンライン・ゲーマーで、ネトゲ仲間もよい人。 ともさん、いいなぁ~。

 「現実」にも影響が出ていますが、そのとばっちりは弟くんに(^◇^;) つづき期待です!

 

●ショーコさん主婦選業中! (松山花子先生)

 坂田さんのお母様、いすわってます(´▽`;) 坂田さんは、遠田くんと男同士で同居中。

 モメないわけはない・・・まあ、女性と同居していても変わらないか~。

 古風というよりは無茶苦茶なお姑さんタイプ(;´`) きっつい圧力に坂田さんの決意!Σ(゜Д゜;)

 

●カントリー教師 (ジュンコ先生)

 Y-1グランプリ月間賞作品! 山村マリコさんは田舎で家庭教師。

 いろいろな子供たちの家庭をまわって勉強教えていますが、4者4様の生徒たちが楽しい。

 先生の笑顔な教師ぶりも、穏やかにあたたかい。 こーゆー雰囲気、好きなのでつづき~。

 

●イチ老婆心ながら・・・ (中山ラマダ先生)

 ゲスト! パロディは・・・難しい分野ですよね。 風刺であれば、まだ許容できる部分も

 実在の人そのままの名前でキャラクターをつくってしまうと・・・好き嫌い別れそうな感じ。

 2つ目のネタには、微妙な感想もつ人も多いんじゃないかなぁ、と思ってしまいました。

 

 

コメント

◆ まんがくらぶオリジナル 感想①

2009年03月25日 | ◆4コマ誌⑥ まんがくらぶオリジナル

2009年5月号

 他社の4コマ漫画なのですが、明日発売されるのかな~。

 ウェブでは発売予定にないんですけど( ;゜Д゜)雑誌では26日とあったけれど・・・

 と思って、も1度見に行ったら・・・延期でした(T_T) 6日の時点で告知されてたのか~

 

 

以下、ネタばれあります。 (未読の方はご注意ください)

 

 

●リコーダーとランドセル (東屋めめ先生)

 さて、桜の下でのお花見。

 あつみさんあつし君の姉弟も、屋台で買い食い。

 

 屋台といえば、タケ兄・・・もう、基本(^∇^;

 タケ兄、30代ですよね? 高校生・小学生から、人生をツッこまれる30代。

 でも彼は、バイトの達人をたくましく貫いてますねぇ(^◇^;)意外と大物かも?

 

 私としては、「別れた裕子 ななみ けいこ」が気になります。

 いや、タケ兄って顔が出てこないけど、スタイルはあつし君並なのだから、

 モテ男系な可能性はありますよね~・・・ま、どーでもいーけど(ぉぃ

 

 

 そして、姉弟は遭遇する!

 “教師”という名の・・・酔っ払い集団に!!

 

 まあ、先生たちもストレス多いのでしょう( ;∀;)

 でも、盛山先生を酔わせようとたくらむ男性教師陣がおもろかった!(*゜´∀`゜)

 この男性教師たちは、地味におもしろキャラクターだと思う。

 

 しかし、あつし君は盛山先生にからまれて・・・うらやま(略)

 男性と接触することを避ける盛山先生も、酔うと積極的だな~(ちがう

 

 

 ラストは、輝く未来(あした)を夢見るタケ兄でしたが、

 それも盛山先生のおかげ・・・?(ぃゃぃゃ

 この2人、まさかの急接近だったり?? 年代的に近い???

 

 あつし君は、ヒナちゃん沙夜さん、そして盛山先生と

 幅広い年代の相手にモテモテ(?)ですね。

 ヒナちゃんはともかく、沙夜さんはいろいろ誤解している人なので、

 盛山先生とあつし君のからみを目撃してさらなる誤解・・・とかないかなぁ(コラコラ

 

 この3人の中では、誰があつし君と結ばれるんでしょうね?(

 私としては、いちばん可能性の低そうな先生を推しながら・・・

 今後も楽しみであります!

 

 

 

●こうかふこうか (佐藤両々先生)

 またも長文感想! 連続では書かないつもりなのですが・・・

 最近は長文書きたい内容がつづいているもので(^^ゞ

 

 『見てると少し辛いから』

 あー、やっぱり幸花さんでもそうなんですね・・・って、そりゃそうか(;´`)

 

 多少のことなら、「あははー」とか笑ってすませそうな彼女も

 ずいぶんと落ち込んでしまっている模様。

 “バカップル”の仲よしっぷりを目にすると、自然と逃げ出してしまうようで・・・

 

 

 そこで、鶴見さんですね~・・・さすが、私のホレた人(ぇ

 彼女は周囲をよく「見て」いて、幸花さんの異変にもきちんと気づいてる。

 そして、“オカン”な感じがいいですね・・・たまに暴走オカンになるけど(´▽`;)

 

 でも、鶴見さん曰く「どうかなーって思った時って大概ハマってるもんだよ」

 というのは、そういうものなんですか・・・ふむふむ。

 

 「ずっと好きでいてもらえると思ってたみたい・・・」

 そう言う幸花さん。 うーん・・・このセリフ、やるせない気分にさせられるなぁ。

 

 

 そして、「諦める」ということ。

 幸花さんは、その不幸体質ゆえに様々なものを失ったり

 手に入れられなかったりして、「諦め」つづけてきたのでしょうね。

 

 「諦観」という意味でいえば、肯定的にもとらえられるのかもしれませんが、

 そこはやはり鶴見さんの指摘する問題点もあるわけで・・・

 

 ここらへん、これから一新されそうな空気の中で

 どのように変化してゆくのでしょうかね。

 

 幸花さんが「教育・指導」とか・・・大丈夫なんでしょうか(・_・;)

 むしろ、ここらへんがきっかけで「成長」せざるをえなくなるのかも??

 実際、そうしたことは多々ありますよね。

 

 冒頭に登場した男性は・・・関係ないかな?

 まとまらない文章になってしまいましたが(いつものこと?)、

 今後も楽しみであります!

 

 

へつづきます。

 

コメント