五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

◆ まんがタイムオリジナル 感想②

2013年02月28日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2013年4月号 のつづきです。

 ①は、『オトメシュラン』 『電車のお姫様。』 『鹿女子[バンビーナ]』

     『大家さんは思春期』 『西園寺さんとメガネ委員長』です。

 

 次号、『花の任侠物語・しずか』がゲスト登場。

 しかし、『おやすみ魔法使い』が最終回とのこと!

 また、『らいか・デイズ』が、しばらくお休みになる模様

 

 

●ラディカル・ホスピタル (ひらのあゆ 先生)

 マッキー、患者さんに親しまれるナース・吉田さんとの違いに、ショックを受けちゃってます。

 自分が担当している患者さんすらも、吉田さんには親しそうに話しかけ・・・ なんてお話。

 でも、適材適所こそ重要だと理解できる内容が良い感じです。 最後、枠外の榊先生に笑!

 

●満開!Sister (東屋めめ 先生) 

 今回はひな祭りで、さくらちゃんが張り切ってますけども、お雛様が、うさぎのぬいぐるみ!

 なかなか可愛いですけどね(^◇^;) 武士くんも、別のお雛様・お内裏様に興味津々・・・

 と思いきや、「男の子」な興味の持ち方をしていて苦笑。 さくらちゃんの着物姿も良かった。

 

●あねぐるみ (森繁拓真 先生)

 コミックス1巻が4月発売! そんな今回、年度末の大掃除でしたが、総務課は大忙し!?

 というのも、他の課をチェックするためで、タケロー君は姉上のズボラさがたたって一苦労。

 そうした様子が楽しく、かつ姉上による、お片付けアイデアが見事でした! 社長も面白い。

 

●らいか・デイズ (むんこ 先生) 

 そいえば、お正月は親族で集まれなかったんですよね。 かのんちゃんはハワイ帰り・・・

 ですが、そこで衝撃発言=まさかの妊娠疑惑!? でも、何やらカン違いしているようで、

 「子供の作り方」についてモメる内容が面白かった。 お相手のトム君は、再登場するかな?

 

●よゆう酌々 (辻灯子 先生)

 気前の良いお客様・柴田さんに、女将・優さんもたかっていたのは、どうなのよ?(´▽`;)

 と思ったのも束の間、柴田さんが携帯片手に外に出たまま行方不明になり、混乱する一同。

 戸田くんはお冠ですけど、コートが置き去りなのは気になりますね。 さて、どーなるか!?

 

●おかん (小坂俊史 先生) 

 おかん、マラソン大会出場!? しかもフルマラソンですが、動機がアホらしくて脱力した!

 しかも、サツキさんを巻き込んでいるのが、おかんらしいというか、サツキさん哀れというか。

 エントリー変更のための手続きやら、父帰郷のすれ違いに笑ったけど、最後がヒドイ(;´∀`)

 

●小森さんは断れない! (クール教信者 先生)

 1つ前でも書きましたが、小森さんのオールラウンダーぶりが楽しい、三送会準備のお話。

 結局は雑用なのですが、それでも奮闘する小森さんが微笑まし。 宿題まで「まかせろ」て。

 にしても、小森さんの一発芸は驚異でしたね(´▽`;) あれ、三送会で披露しちゃうのか・・・

 

●トリセツなカテキョ (山東ユカ 先生) 

 トビラのチアコスなセンパイ&会長が、セクシー可愛い! そんな今回、夏休みに追々試!

 赤点ばかりの春吉くんに、今度は会長が勉強教えることに? 会長の方が、成績イイのか。

 あっさり承諾したセンパイに違和感あったけど、1人になって自覚するシーンは可愛かった。

 

●かでん屋さんの基礎知識 (風良まり 先生)

 「三種の神器」でイメージするものが、各人違っていたのは笑った゜(*゜´∀`゜)゜ 白黒TVて・・・

 今の時期の3種なら、電子レンジが入るんですね~。 冷蔵庫・洗濯機は従来通りですが。

 そして、お客様へのおススメ~本音トークが面白かったり、ラストが気になったり、楽しい!

 

●ゆらゆら薬局プラリネ (松田円 先生)

 忙しけれ忙しいほど、元気になっちゃう社長さん、いわゆるハイ状態? 頼りになりますね。

 そして山内兄は、池田くんからただよう匂いに「妹の香り」を感じて、ピリピリムードになり・・・

 なんてお話で、池田くんの疑惑も気になりますが、社長の“電池切れ”は、可愛かったです(ぇ

 

●おやすみ魔法使い (ふじのはるか 先生) 

 「癒し券」を他のお客様に知られてしまい、困る十和さん&真弓先生。 癒しを求める時代?

 超鈍感な生真面目男・真弓先生は、なぜ癒しが求められるのか、わかっていない様子(^^;

 痛いより癒しというのもあるけど、惚れられてる自覚もないですし。 そして次回、最終回!

 

 

コメント

◆ まんがタイムオリジナル 感想①

2013年02月28日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2013年4月号

 Manga_time_or_2013_04

 表紙は、なぜか指揮者な山下さん! それに合わせて、榊先生たちも楽器で演奏。

 『らいか・デイズ』のらいかさん、『ゆらゆら薬局プラリネ』の山内兄妹、

 そして今月号より新連載開始の『鹿女子[バンビーナ]』の琴子さんも、オーケストラ!(?)

 

 

 今月の「オールラウンダーで賞」は、『小森さんは断れない!』より、小森さん!

 Manga_time_or_2013_04_p066

 3年生を送る会で、手伝いをすることになった小森さんのクラス。

 それぞれ仕事を受け持ちますが、小森さんの担当は「オールラウンダー」!

 なんだそれー!? と思いつつ、ノリノリの小森さんが面白い今回。

 さすがなオールラウンダーぶりもですけど、積極的に動いているのが好印象ですよね。

 

 

 

【今月のピックアップ!】

●オトメシュラン (王嶋環 先生)

 Manga_time_or_2013_04_p023 Manga_time_or_2013_04_p024

 ついに、モテ「男」であることを自覚してしまったか、ヨウさん!?

 ホワイトデーフェアのことで悩みつつ、

 「モテる男は・・・辛いんだよ」なんて、輝きながらのたまっておられます。

 ギャグがギャグにならない人って、いますよね。(うんうん)

 

 それはさておき前回、一成くんに、愛の告白めいたメッセージを渡してしまったヨウさん。

 幸い、フランス語で書かれていたのでわからないはず・・・

 と思いきや、一成くんはフランス語がわかるんじゃないか? という疑惑が浮上しています。

 まあ、本人は「挨拶程度」と述べているので、一安心しながらも、

 なぜか哀しい想いをするヨウさん、まじ乙女。

 ハンサム系ですけども、哀しそうな表情も、赤面する表情も、可愛らしいですよね~。

 

 そして今回、東海林さんの試食会に呼ばれた一成くんが、

 ヨウさんも一緒にと誘いますが・・・ なんてお話でした。

 量産型の東海林さんには笑いましたけども、試食会での東海林さんとヨウさんの会話では、

 2人で意気投合していたり、さすがプロの料理人だと感じさせるやりとりをしていたりで、

 なんだかカッコよかったですね。

 

 さらに最後、一成くんからのホワイトデーのお返しに、

 赤面しちゃうヨウさんが可愛らしかったのですが、

 ここで一成くんのフランス語疑惑が再浮上して、思わず「えッ!?」。

 「挨拶程度」・・・なんですよね? たまたま? それとも、自覚的にやってる??

 などなど、気になりつつ、今後も楽しみです!

 

 

 

【新連載!】

●電車のお姫様。 (永吉たける 先生)

 Manga_time_or_2013_04_p071 Manga_time_or_2013_04_p075

 電車内で生活している美女を見かけたその日から・・・

 ゲストを経ての連載スタート!

 馬尺周くんは、通勤につかう電車で美女を見かけたものの、

 その美女さんは電車内で暮らしているという謎の人物だった!?

 そこから始まった、周くんの美女を追いつづける日々を描く4コマ作品。

 

 今回は、周くんが日曜日を使って、天甲しやさんと仲良くなろうと画策!

 目印はあるけれど、どの電車にいるのかわからないので、待つこと4時間。

 疲れ果てたその時に、ようやくしやさんを見つけましたが・・・ なんてお話。

 

 まあ、いつも通りに謎だらけではありますが、

 手土産のおかげで、ついに彼女の部屋へ入ることができた周くん。

 そこに広がる生活空間に驚きつつ、そのシュールさが可笑しさになっています。

 しやさんの言動も、その空間を自然なモノとしてふるまっているのが面白く、

 周くんの「常識」とのギャップが、妙に楽しい雰囲気をつくっていますね。

 

 私は、一発ネタ・出オチ的な作品だと思っていたので、

 連載スタートには正直びっくりしてますが、ここから話がどう展開するのか、楽しみです!

 

 

 

●鹿女子[バンビーナ] (新山ハルキ 先生)

 Manga_time_or_2013_04_p079 Manga_time_or_2013_04_p082

 鹿に好かれる(?)あまり、鹿の被害にあってしまう少女の運命やいかに!?

 こちらもゲストを経ての連載スタート!

 奈良県立第一女子高等学校、通称「鹿女」に転校してきた、桜井琴子さん。

 通学路に鹿がいて、なぜか鹿に群がられ、もみくちゃにされる日々。

 そんな琴子さんの受難を、面白おかしく描いた4コマ作品です。

 

 今日も今日とて、鹿に慕われる琴子さん。

 けれど、ちひろさんに助けられ・・・ と思ったら、やっぱり被害にあってて笑った!(酷)

 その後、大化の改新カフェのチラシを受け取る琴子さんですが、

 「中臣鎌足の謀反ランチ」に興味を持つあたり、もしや歴史好きなのか!?

 さらにチラシ配ってた、天平人コスの男性が面白いんですけど(´▽`;) 奈良だからなのか。

 

 また、学校では、もう1人の友人・愛子さんが、鹿対策のための服を作ってきてくれてます。

 でも彼女、おっとりしつつも天然というか、面白い人ですからね。

 その服も面白いことになってて、役に立たないじゃん!

 それと、先生も良い人なのだけど、善意が先走って妙な方向へ行っちゃうあたり、

 かなり楽しいです。 ラストのフォローは見事でしたけどね。

 

 などなど、鹿をめぐる騒動や、琴子さんを中心にした人々のやりとりが楽しい作品。

 絵柄も可愛らしくて読みやすいですし、4コマ・ネタの完成度も、なかなかのもの。

 連載スタートとのことで、今後も楽しみです!

 

 

 

【ゲスト作品】

●大家さんは思春期! (水瀬るるう 先生)

 Manga_time_or_2013_04_p058 Manga_time_or_2013_04_p060

 女子中学生が大家さんをしているアパートのお話。

 まんがタイムで連載中!

 里中チエさんは、女子中学生でアパートの大家さん!?

 可愛らしく天然無垢な彼女と、アパートの住人たちとの日々が楽しい4コマ作品です。

 

 朝、前田くんが目を覚ますと、そこにはコトコト料理を作る大家さんがいたー!?

 なんだこれ? 同棲でも始めたのか??

 ・・・なんてことはなく、善意で朝ごはんをつくってくれる女子中学生とか(^◇^;)

 成人男性の部屋へあがりこみ、勝手にお台所であれこれやっちゃう天然なチエさん。

 前田くんがイイ人だから良いですけどねえ・・・ うらやまし(ォィ

 

 さらにチエさん大好きな、お隣の美人・レイコさんも加えての食事は、

 何だかんだで家族的な温かさがあって、微笑ましい・・・

 のですが、チエさんがあまりに天然なものだから、会話が面白のなんのって!

 「また前田さんと寝たいなぁ~」なんて、誤解を招きすぎでしょー!! 笑った゜(*゜´∀`゜)゜

 以前、お泊りしてましたからね、チエさん。 人を疑わないというか、警戒心ないというか。

 

 そして、前田くんの出勤に、笑顔で「お仕事がんばってくださいね」。

 これが真心こもっていて、可愛い+けなげで、たまらない魅力がありますよね、チエさん。

 まんがタイムで連載中。 ワタシ的期待作でもありますので、再登場、待ってます!

 

 

 

●西園寺さんとメガネ委員長 (かすてら 先生)

 Manga_time_or_2013_04_p145 Manga_time_or_2013_04_p146

 キレイで目立つお嬢様と、地味なメガネ委員長のお話。

 お嬢様・西園寺まどかさんと、委員長・りなこさん。

 片や目立つタイプ、片や目立たないタイプ。

 と思ったら、まどかさんが委員長に「地味になる方法」を聞きに来て・・・

 

 といった感じの4コマ作品。

 ではあるのですが、ハッキリ言ってしまうと、

 これ、G3井田先生の『地味なコ、派手なコ』とほぼ内容が同じな気がするんですけど・・・

 まんがタイムファミリーに掲載中ですけど、いいのかな~なんて思ってしまいました(^^;

 

 互いに互いをうらやましいと感じてる。

 派手な方が地味な方に教えを請いに来る。

 やがて仲良くなる。 といった内容はまったく同一。

 かすてら先生は前作も面白かったので、偶然とは思いますけど、

 他作品と内容がかぶってしまうのはもったいない!

 できれば、新作登場を期待したいですね。

 

 

 

【新人ギャグまんが展】

・(町田すみ 先生)

 Manga_time_or_2013_04_p178

 不良っぽい少女と、世話焼き少女のお話・・・かな?

 篠津さんは転校生。

 そんな彼女に話しかける少女の視点で描かれる、篠津さんの姿が楽しい4コマ作品。

 情報不足なのでハッキリとはわかりませんけど、そういった感じですかね。

 篠津さんはちょっと怖い印象ですが、中身は可愛らしかったり、優しかったりの少女。

 外面で誤解されがちな彼女を、理解しようとするもう1人の少女でしたが、

 誤解が加速しちゃったり、または誤解が解けたりという面白さがあります。

 町田すみ先生の作品ということもありますが、篠津さんのキャラクターも良いので、

 つづきに期待です!

 

 

②へつづきます。

 

コメント

◆ まんがくらぶオリジナル 感想②

2013年02月26日 | ◆4コマ誌⑥ まんがくらぶオリジナル

2013年4月号 のつづきです。

 ①は、『リコーダーとランドセル』 『たばたちゃん派』 『おかえりあしたば寮』

     『純愛妄想ハヤカワさん』 『オタクな私が山に登る理由』 『漫才師の弟子』です。

 

 次号、みずなともみ先生の新作はじめ、ゲスト4作品!

 ・・・ですが、なんと『うちの姉様』、『あにメカ』、『病んカノ』と、3作品も最終回とのこと。

 なんてこったい。

 

 

●うちの姉様 (野広実由 先生)

 きょうだい3人、いきなりケンカして始まりましたが、姉様のうわの空が原因らしくて・・・?

 普段にもまして様子がおかしい姉様に、ふりまわされるきょうだい・友人が面白かった。

 堅葉見くんの“カノジョ”に動きがあったのは、彼自身の心の変化? ついに次回、最終回!

 

●つくねちゃん+30 (ひらふみ 先生) 

 先輩の送別会に、意地悪なプレゼントを企む都さん。 男同士いやらしいことするDVDて。

 実はその先輩、都さんに気があるようだけど、都さんは気づいておらず・・・ なんてお話。

 そんな人にとんでもない贈り物しちゃったのは笑ったけど、「餞別」は大人の味でしたね~。

 

●路傍のミオ (小池恵子 先生)

 今回は、失くしたモノの捜索占いがいろいろなお話でしたけど、依頼人が総じて自分勝手で

 苦笑せざるを得なかったですね(;´∀`) 真実を告げても、万事解決にならないとは厳しい。

 でも、最後のオジサンは己を省みて、失くしたモノを真の意味で見つけたのは、良かった!

 

●はるまち・ダンス (佐藤両々 先生) 

 卒業式ですが、トメさんたちは3年生のとの交流も少なく、とくに何事もなく・・・ と思いきや、

 わりと先輩方にモテるトメさん、大忙し!? そうした様子が卒業式っぽく、かつ楽しかった。

 それにしても、リアルタイムで進行する本作、人多くて把握が難しいので、まとめが欲しい。

 

●そんな毎日 (おーはしるい 先生)

 なんと、アシスタントのさすけさんが諸事情で離れてしまったそうで、先生が夜型モードに!

 そんなわけで今回は、夜の仕事風景が描かれていたのですが、夜中に物音がするのって、

 たしかに不気味ですよね。 【怖かった】のポパイが反応するドアガチャとか、怖すぎでしょ!

 

●ちぃちゃんのおしながき・繁盛記 (大井昌和 先生) 

 コミックス5巻、4月発売決定! そんな今回、卒業式でしみじみするちぃちゃんでしたが、

 常連さんの1人・上司さんも「みづは」を卒業する日がやって来た? 勤め人の運命、転勤。

 そこで三葉さん、とっておきのお酒で送別会。 ちぃちゃんの料理も素晴らしいけど、オチ!

 

●ラジ娘のひみつ (小坂俊史 先生)

 今回、非常時用の音源を録音するお話。 諸事情で生放送が出来ない場合、流すとか・・・

 お天気だけでも相当の音源が必要で、生放送以上に手間がかかっているのは、お疲れ様。

 そうした、あれこれの試行錯誤がいっぺんに水の泡となるラストに、諸行無常を感じちゃう。

 

●ハートウォーミング4コマ劇場 出会い・別れ編 

 伊藤黒介先生の描く、好きな先輩からもらう「第二なんか」に大笑い! 先輩、機転きく~!

 小池恵子先生の描く、友達いない男子高校生の卒業が味気ない別れ⇒イイ出会いで、笑!

 坂巻あきむ先生の「いってきます」とその返事や、野広実由先生の話は、心が温まります。

 

●あにメカ (よしむらなつき 先生) 

 きょうだい自慢で盛り上がる一悟くんのクラス。 決着をつけるため、アイドルオーディション

 に各人応募したことで、いきなり始まるアイドル道!? なんだか凄まじいジェットコースター

 展開でポカーンでしたが、最後に一悟くんの横顔が映ったシーンは驚き。 次回、最終回!

 

●病んカノ (唐草ミチル 先生)

 やたらと黒須さんを気にしてしまう八重樫くん。 ついに心が、彼女の方に向いたのか!?

 でも、彼女の性格や、今まで振り回されてきたことを気にするあまり、思わずキツイ一言を。

 そうした様子が、コメディながらも恋愛モノしていて楽しかったのですが・・・ 次回、最終回!

 

●のぶながちゃん公記 (くりきまる 先生) 

 竹千代くんによる信長ちゃん着替えのぞきも、これで見納めか・・・ ついに人質交換の時。

 竹千代くんの心を、平手さんが気付いていたのは面白かったけど、「替え玉はいつまで?」

 という言葉には色々考えてしまいましたね。 佐久間さんの気づかいが温かく、よき送別!

 

●しばいぬ子さん (うず 先生)

 ホワイトデーにやって来たケンくん、遊園地のフリーパス券を持ってきて、皆でお出かけ!

 子供向けのものにしか乗れないケンくんといぬ子さんがフビンでしたけど、仕方ないね(^^;

 いぬ子さんの指が開いたり、犬歯が見えたり、パンツが見えたりと、レアな休日でした!(ぇ

 

 

コメント

◆ まんがくらぶオリジナル 感想①

2013年02月25日 | ◆4コマ誌⑥ まんがくらぶオリジナル

2013年4月号

 Manga_club_or_2013_04

 表紙は、『リコーダーとランドセル』の姉弟ほか、

 新連載作品にゲスト4作品、そして『しばいぬ子さん』と大にぎわい。

 発売日変わって、誌面も変化しそうな気配ですね~。

 

 

 今月の「2月27日、コミックス2巻発売で賞」は、『みずなともみろっくおん!』

 Manga_club_or_2013_04_p074

 先月号にて最終回を迎えました『みもりろっくおん!』ですが、

 コミックス2巻が2月27日発売ということで、エッセイで登場しております。

 「みもりろっくおんができるまで」というので、作者のみずなともみ先生をストーキング(ォィ

 みずな先生のズボラな・・・ もとい、スピーディーな創作風景が楽しかったですね。

 2巻では描き下ろしも掲載されるとのことで、ちょっと気になっちゃいましたよ!

 

 

 

【今月のピックアップ!】

●リコーダーとランドセル (東屋めめ 先生)

 Manga_club_or_2013_04_p005 Manga_club_or_2013_04_p007

 今回、いつも通りに女性警察官のお世話になるあつし君でしたが・・・

 新人・青野さん、ご登場!

 女性警察官といえば、木島さんに三浦さんですが、この2人にもう1人加わるようです。

 

 この青野さん、明るく元気な後輩タイプ。

 天真爛漫だけど礼儀正しく、なかなかイイ人・・・ではあるものの、

 余計なことが口に出たり、頭の中が小学生並だったりするのが面白い。

 ただ、あつし君の境遇を本気で心配しているのは、かなり人柄が出ていて好感持てます。

 

 ところが、その心配があさっての方向に行っちゃって、

 やる気がアダになって誤解が広まっているのは、ご愛嬌というか、ご迷惑というか(´▽`;)

 純真なだけに、憎めないところが魅力ですね(ぇ

 木島さんと三浦さんに青野さんを加え、トリオとなった女性警察官。

 今後どのようなからみを見せてくれるのか・・・ 楽しみです!

 

 

 

【新連載!】

●たばたちゃん派 (みずしな孝之 先生)

 Manga_club_or_2013_04_p023 Manga_club_or_2013_04_p024

 無口だけど、心優しい少女を描く4コマ作品。

 千駄木たばたちゃんは、無口な娘さん。

 礼儀正しく、心優しく、だけどまだまだ拙い少女。

 そんな彼女の少し滑稽な、そして心温まる4コマネタがくりひろげられます。

 

 ひとりで歯を磨けるようになったとアピールしようとしてますが、

 うまく磨けていないのに大満足な笑みをうかべて、やさしく母上からツッコミ入れられたり、

 乗ってはいけないと言われたバランスボールに、母上のいないうちに乗っかって、

 案の定、落ちてしまった後の姿が可笑しかったりと、

 たばたちゃんの日常の所作・様子が面白おかしい4コマ作品になっています。

 

 後半、猫を拾ってきて、でも家では飼えないと言われ、

 泣く泣く元の場所に戻すたばたちゃんが、いじらしくて愛らしかったし、

 近所のお店のほさきさんも、きっぷが良くて親しみのあるキャラクターで、

 たばたちゃんとの関わりが気持ちのよい雰囲気をつくっているのは、好感触。

 

 みずしな先生の新作ということですが、

 にぎやかに登場人物たちがくりひろげるドタバタ・コメディとは少し異なっていて、

 無口な少女を主人公にすることで、穏やかな4コマ作品になっている印象。

 それだけに勢いに頼ったコメディではなく、4コマ・ネタ1つ1つが良い感じに描かれていて、

 私はかなり楽しむことができました。 新連載スタートということで、期待です!

 

 

 

【ゲスト作品】

●おかえりあしたば寮 (斎藤かよこ 先生)

 Manga_club_or_2013_04_p029 Manga_club_or_2013_04_p032

 方言キツイ女子大生が、都会になじめないまま出会ったのは・・・?

 芸術学部に入った大学1年生・苗場こむぎさん。

 方言が原因で合コンにも誘われず、友達もできない。

 そんな彼女が孤独の中で出会ったのは、変り者の先輩たちだった!

 

 といった感じのお話。

 方言がキツイために都会になじめないところから、

 孤独が演出されつつ、それに追い打ちをかける展開がけっこうツラかったですね。

 でも、そこから救いの手が差し伸べられて、孤独を脱する希望が見えたのは、

 とても心地よい物語になっていました。

 

 にしても、こむぎさんを救った雨飾あやめさんの登場シーンが、派手すぎて笑ったり、

 安心したこむぎさん自身のボケッぷりも、なかなか楽しかったりと、笑い要素もあり。

 まあ、方言を馬鹿にしている東京人も、東京弁をしゃべっているだけだったりしますけどね。

 私も言語について、くわしくは知らない東京人ですが(ォィ

 などなど、方言がプリティで、都会の生活に光がさしたこむぎさん。

 彼女と特殊工学部の先輩たちのキャンパスライフ、もっと覗いてみたいので、つづき~!

 

 

 

●純愛妄想ハヤカワさん (おりはらさちこ 先生)

 Manga_club_or_2013_04_p035 Manga_club_or_2013_04_p036

 異性からおムコを探しに来た少女は、同じクラスの娘だった!?

 とつぜん、広夢くんの部屋の天井を突きやぶって現れたリリアさん。

 「異星からおムコを探しに来た」なんて言ってますが・・・

 

 と始まるお話。

 ところが、このリリアさんをみて広夢くんが一言、「何やってんの?早川さん」

 じつは彼女、同じクラスの早川さん。

 妙な変装をして別人になりすまし、広夢くんに突撃告白しにきたらしいのですが、

 あっさり正体を見破られて混乱状態になっているから面白い(;´∀`)

 

 社長令嬢である早川さん、かなりムチャをする人ですが、ふだんはメガネで地味なタイプ。

 それが異星人のリリアなんて言ってやって来るんだから、そのギャップが相当可笑しい!

 本人は意地でも別人だと言い張って、でも、所々でヘマをやらかすのが、笑える楽しさ。

 Y-1ではおなじみ、おりはら先生の4コマ作品。

 これは、なかなか良いコメディになりそうですので、つづきに期待ですね!

 

 

 

●オタクな私が山に登る理由 (高透レイコ 先生)

 Manga_club_or_2013_04_p059_2 Manga_club_or_2013_04_p060_2

 山脈擬人化アニメ大好きのオタク少女が、山登りを志す!?

 苗場初花さん16歳、オタク歴4年。

 山脈擬人化アニメ「山彦は彼の声」に耽溺し、その登場人物・富士さんに憧れ、

 ゆえに富士山に登りたいと考えますが、彼女は自覚なき登山初心者だったのです!

 

 なんて感じのお話。

 富士さん大好きな初花さんの、富士山への情熱だけは本物。

 外見はクールっぽいのに、妄想やアニメ話では、とたんに態度がおかしくなる初花さん。

 なにかとアニメ・キャラクターの妄想をしては、1人盛り上がる姿が、かなり面白いです。

 いや、本当にこの個性、1回きりで終わりはもったいないですよ!

 

 そして、登山部の草津さんが、初花さんを登山経験者とカン違いし、2人で山へ登ることに。

 しかし当然、初花さんは初心者なので、上手くいくはずもなく・・・

 などなど、初花さんの言動と妄想が、面白おかしい4コマ作品。

 草津さんがイイ人なのは安心感ありますし、登山がテーマなのも興味を惹かれる所。

 ぜひとも、つづきに期待です!

 

 

 

●漫才師の弟子 (陽菜子 先生)

 Manga_club_or_2013_04_p127 Manga_club_or_2013_04_p127b

 タイトル通り、漫才師の弟子であるイケメンくんのお話。

 四つ橋まどか君は、「梅田でっせおまっせ」というコンビのお弟子さん。

 とても気が利く優秀なお弟子さんですが、肝心のお笑いはというと・・・?

 

 師匠たちのお世話はパーフェクト!

 舞台衣装のアイロンがけから、お子様の子守りまで、何でもこなすまどか君。

 そんな彼がお笑いをめざしたきっかけは、子供のころに師匠たちの漫才を見たこと。

 あまり笑わない子供だったまどか君が、師匠の漫才だけには反応していたのだとか。

 

 このまどか君、たしかにほとんど笑わない。

 それでいて、師匠のお世話だけではなく、うどんづくりから機械の整備までこなす姿は、

 とてつもない優秀さを感じさせながら、大きな面白味となっています。

 そんな風に生真面目で、イケメンで、それでいてパーフェクトなまどか君ですが、

 たった1点、笑いに関して残念なのは、バランスがとれているかも。

 優秀で残念なまどか君、彼のお笑いの道はどこへ向かうのか、つづきを楽しみにしてます!

 

 

②へつづきます。

 

コメント

◆ まんがタイムスペシャル 感想②

2013年02月24日 | ◆4コマ誌⑦ まんがタイムスペシャル

2013年4月号 のつづきです。

 ①は、『笑って!外村さん』 『メェ~探偵フワロ』 『教壇のポラリス』

     『ぱふぃん~中国的刺客美少女~』 『美味しいタノミゴト』です。 (『恋愛ラボ』感想

 

 

●どろんきゅー (吉村佳 先生)

 もうすぐひなまつりということで、佐倉さんのおひなさまのお話。 祖母様がくれた、お人形。

 これがまた、意思を持って怪奇現象を起こしちゃうのだけど、良いおひなさまなのが面白い。

 子供の悪口に“逆襲”するのはご愛嬌としても、佐倉さんを救っていたのはグッジョブでした。

 

●スーパーメイドちるみさん (師走冬子 先生) 

 演劇大会で忙しくなる大樹くん、ちるみさんが差し入れのお弁当をつくるとか、うらやましい。

 一方、吉田くんはちおりさんとの一件で落ち込んだままで、悩みを聞こうとする大樹くんとの

 やりとりには笑った゜(*゜´∀`゜)゜ でも問題は麗子様。 人間関係に区切りがついてきますね。

 

●銀河系女子高生ありすちゃん (サカザキ 先生/はなこ 先生)

 トビラの5人が躍動感あふれる今回、流星群を見るお話。 天体観測に、ノリノリありすさん。

 でも、星座を知らない宇宙組(ありす&ゆせ)のボケッぷりは面白い! 空に絵は描けない。

 あと、「流れ星が落ちてくる」って、本当に落ちたら大災害だよ(´▽`;) ゆせさん、引力強!

 

●ピンポン☆ブー (藤島じゅん 先生) 

 クイズ甲子園への出場申請のため、生徒会室を訪れる景二くんたち・・・でしたが、難関が!

 生徒会長の万理穴さんが、佐原くんを一方的にライバル視しているため、妨害してきます。

 まあ、万理穴さんは頭いいけどおバカなので、面白いことに(;´∀`) 景二くん、酷かった!

 

●先生のすみか (伊藤ハチ 先生)

 1つ前でも書きましたが、管理人さんの“娘”、いこまさん登場! まあ、おままごとでしたが、

 ヤマトくんがショック受けてて笑った゜(*゜´∀`゜)゜ いこまさん、とても頭がよいお子さんらしく、

 すごい肩書持ってますが、中身は子供。 そうした様子が楽しかった! もっと読みたい!

 

●エッセー企画「わたし、卒業します!」 

 いろんな「卒業」をテーマに、スペシャル作家先生陣が描くエッセー企画、新生活スタート!

 胡桃先生のスタイルは、なかなか卒業できないものでしょうね。 自分に合ったものですし。

 にしうら先生「うっかり」や、吉村先生「肥満」は卒業したいもの。 ナントカ先生、お気の毒!

 

●踊る!アントワネットさま (にしうら染 先生)

 カラー登場の今回、アントワネット様が体調不良で、半月たってもマリーさんに音沙汰なし。

 エリザベート様に聞けば「国家機密」とか言うし、何事と思えば、ご懐妊というおめでた話。

 祝福ムード満載で楽しいけれど、お子様たちの行く末を思うと・・・ いや、でも、めでたい!

 

●野菜畑でつかまえて (まつもと剛志 先生) 

 なんと今回、スズさんが不良になりたいと、桃くんにアドバイスを求めています。 何事!?

 東京へ連れ戻されそうなスズさんが、母上へ反抗したいらしいけど、妙な格好していて笑!

 小姫ちゃんのスズ母への「くらえ」攻撃も楽しかったし、母上もイイ人だったし、長閑だな~。

 

●趣味じゃない園芸 (駒倉葛尾 先生)

 春めいて繁盛記がやって来た! やる気の感じられない一同でしたが、蘭さんは元気。

 けれど取材が来るとわかるや、いきなりやる気を出し始めるのは、職員としてどーなの(^^;

 そして、人員整理の話を耳にする蘭さんたち。 いったいどーなってしまうのか、気になる!

 

●ゲキカラ文化交流 (沼江蛙 先生) 

 今回は、みゆきさんが皆に、ニックネームをつけるお話。 米倉先生へのあだ名はヒドイな。

 吉田勝利くんは「漆黒の堕天使」と自称してて笑ったけど、ラストへの伏線になるとは見事。

 林輝之くんは、いつも通りにフビンな子すぎ( ;∀;) にしても、みゆきさんの一発芸スゴッ!

 

●アイしてやえば (三宅あきた 先生)

 「甘い物ばかり食べる=虫歯になる」は、半分嘘だったのか! そんな今回、ホワイトデー。

 甘い物が苦手だからといって批判する愛さん、大人げない(´▽`;) でも、八重くんのために

 2月分のチョコを送ろうとする愛さんでしたが、とんでもない形のチョコに大笑い゜!(*゜´∀`゜)゜

 

●アテナの初恋 (縞はるひ 先生) 

 今回、注目の神様はヘルメス! 女性からケーキをもらっているのを、アテナ様が目撃。

 ところが、このケーキを捨ててしまったものだから怒り心頭! でも、ヘルメスは相当厄介。

 性格悪いけど頭脳明晰で、女神たちもタジタジですが、アテナの真心が少し通じたのは快!

 

 

コメント