五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

◆ まんがタイムきららキャラット 感想①

2011年08月31日 | ◆4コマ誌⑨ 不定期 きららキャラット

2011年10月号

 Manga_time_kr_carat_2011_10

 今後、定期的に感想書けなくなるかもですが、

 今の所は大丈夫なので、できるところまで何とか・・・

 

 今月の「ホレなおしちまったで賞」は、『Aチャンネル』より、ユー子さん!

 Manga_time_kr_carat_2011_10_p043

 るんさんの身に起きた出来事に、ちょっと本気で怒っちゃったユー子さん。

 いつもなら、あたふたするだけなのに、るんさんのため(そしてトオルさんのことも考え)、

 きっちり怒っています・・・まあ、早とちりなんですけど(;´∀`) そんなとこも魅力だね。

 

 

 

●GA 芸術科アートデザインクラス (きゆづきさとこ 先生)

 Manga_time_kr_carat_2011_10_p025 Manga_time_kr_carat_2011_10_p026

 コミックス4巻、10月27日発売決定!!

 そんな今回、みんなで花火大会へ行くのですが、ノダちゃんはわけあって(?)仮面姿。

 しかし、これがこの話のキモとなるんだから面白い!

 下駄に慣れないキサラギ殿というのも、ちょっとした伏線になってるし。

 

 そして迷子になった仮面の少女を引き取りに、キサラギ・トモカネ・ナミコさんが駆けつける。

 かき氷を買ったはいいが、お財布ないとかノダちゃんらしい(^◇^;)

 もうここで、大した疑いも持たずに読み進めてしまうのだから、見事な展開のさせ方です。

 その後は、わたあめや、かたぬきや、ヨーヨー釣りやらで、縁日を楽しむ面々。

 いずれも面白いのだけど、ヨーヨー釣りで少し「おかしい」と気づかされ、

 キサラギ殿と“ノダちゃん”の会話で、「あれ?」と感じさせらてしまう流れが絶妙。

 

 それから、決定的におかしいと気づかされる、キサラギ殿の下駄修理(^^;

 これらすべてが楽しい空気の中で進行して、しこたま笑わせられた後、

 キサラギ殿がもらった「お返し」で、あったかい気持ちにさせられてしまうのだから、スゴイ!

 

 「一夏一夜の不思議な出会い」。

 最後に、きちんとお礼を言いに来るキサラギ殿の誠実さが、

 なんとも心晴れやかで、微笑ましくて素晴らしかったです。 もう友達だよね~。

 などなど、10月発売のコミックス共々、今後も楽しみです!

 

 

 

●アクアリウム (博 先生)

 Manga_time_kr_carat_2011_10_p109_2

 コミックス2巻、9月27日発売・・・ですが最終回!!

 紆余曲折を経ながらも、仲良くなったゆうさんとさおりさん。

 なのに、ゆうさんを家に誘いたくても、ウマく声をかけられないさおりさん。

 ゆうさんから「行きたい」言われてようやく、ちょっともったいぶった様子でOKて・・・

 そんなさおりさんが可愛らしい(●^o^●) 素直にな~れ。

 

 

 Manga_time_kr_carat_2011_10_p110 Manga_time_kr_carat_2011_10_p112b

 しかしなぜか、ちほ&かよさんまでやって来て・・・

 ナチュラルに物色しようとする、ちほ&かよの遠慮ないこと!(*゜´∀`゜)

 でもこれって、さおりさんを「友達の輪」に加えたことの証明・・・ですよね。

 

 男友達はいるけれど、女友達がいないのが悩みだったさおりさん。

 周りからはクールとか思われていたみたいだけど、ここでの崩れ方が可愛らしい。

 ちほ&かよの冗談を真に受けて、ゆうさんのことを考えて絶叫しちゃったり、

 それを「まじめさん」とからかわれたり、そしたらゆうさんの胸に顔をうずめたり・・・面白ッ!

 でも、そんなやりとりが、さおりさんに女友達ができたことを感じさせてくれて微笑ましい。

 

 

 Manga_time_kr_carat_2011_10_p113b Manga_time_kr_carat_2011_10_p112

 一方、最終回だってのに、男どもは蚊帳の外!

 よしあきくんとゆうさんとの出会いからだいぶ経ちましたが、

 さおりさんを含めた3人の関係というものが軸にあった本作品。

 

 終盤の展開は、まさに「息がつまるほど青春」を感じさせてくれる素晴らしいもので、

 正直はじめのころはそれほど注目していなかった私も、物語が進むごとにぐいぐいと

 引き込まれていってしまうほどでした。 文化祭でのやりとりなんて、赤面モノでしたよッ!

 さおりおさんにとっては少しツライことではありましたが、それでもゆうさんとの関係は親密。

 それに、今後は苦労性のゆきおくんが何かと支えてくれるでしょうし・・・ねえ?

 

 しかし最後は、ゆうさんとさおりさんの関係に焦点を当てての完結。

 ゆうさんの純粋で一途でやさしい人柄と、さおりさんの素直でないけど可愛らしい性格、

 アクアリウムというものを介しての2人の出会いと交流が、やがて実を結び、

 親友としての関係を築いていく、そのような青春物語でした。 さおりさん、ツンツンしとった。

 

 おそらくアクアリウムは、多感な少年少女にとっての青春という時期に

 重なるメタファであったと私には感じられます。

 ゆったりとたゆたうように美しく・・・しかし、時には「息がつまる」ような空間。

 でも、楽しいんです。 そうした物語世界を、楽しく堪能させていただきましたー!

 

 

 

●もこもこBOX (☆画野朗 先生)

 Manga_time_kr_carat_2011_10_p151a Manga_time_kr_carat_2011_10_p155

 コミックス1巻、9月27日発売!!

 そんなわけで、トビラは可愛いルーさん・・・なのだけど、今回登場しておりませんよ?(^^;

 今回は、ラビ・カッチ・マメの3人が、なかなか起床できません・・・というお話。

 うん、いつものことだけどね!

 

 3人の中では一番しっかりしているラビが起きて、2人を起こそうとするものの、

 また寝そうになってしまい・・・という状況がくりかえされる面白さ。

 起きるのにも一苦労だな、この子たち(´▽`;)

 いちばん小さなマメを起こすのが大変でしたが、いっしょに遊んでしまったり、

 自由気ままなゆったり空気感が魅力で、なごまされながら楽しめてしまいます。

 

 こうしたゆったり感と、ぬくぬくもふもふしたモノがいっぱいのふわふわ感。

 そんなものが作品全体をやわらかく、そしてあたたかく彩っているのが魅力的ですね~。

 大きな話の流れもなく、爆笑4コマ・ネタがあるわけでもないのですが、

 そういった空気感にとらわれてしまうような作品。

 コミックス1巻の発売もありますし、今後も楽しみです!

 

 

 

●アライバルサバイバルリバイバル (IMO 先生)

 Manga_time_kr_carat_2011_10_p201 Manga_time_kr_carat_2011_10_p205

 フレッシュ☆ゲスト!

 以前、『びりけん。』でゲスト登場していたIMO先生ですね。

 今回は、南国リゾートを満喫する少女たちの話・・・と思いきや、遭難してしまったようで(^^;

 

 お金持ちのエリさん(ツインテール)のお誘いで、南の島へ向かいましたが、

 なぜか嵐の中をいかだで・・・って、君たち頭おかしいのん?(ォィ

 いや、アイさん(黒髪ロング)だけはまともな人なのだけど、他3名が楽観的すぎ!

 楽観的というか何も考えてないというか、そんな様子が安心感にはつながってる・・・かな?

 

 なので、他3名のボケに、アイさんがツッコミを入れるカタチが基本の4コマで、

 なかなか面白いのだけれども、1人苦労をしょい込むアイさんが少しカワイソウかも(;´∀`)

 最後はちょっとキレぎみに逃走してしまったけど、そんなこともうやむやになるような

 ラスト・オチに脱力! アイさんでなくとも、「なんじゃそりゃあああ」って言いたくなるわな!

 

 などなど、マジメなアイさんを中心に、悪くない感じの4コマ作品に仕上がっていますね。

 終始、深刻にならない他3名の明るさが楽しい雰囲気でした。

 1人1人のキャラクターを掘り下げていったら、さらに面白くなりそうなので、

 そのあたりに期待です!

 

 

②へつづきます。

 

コメント

◆ まんがタイムオリジナル 感想②

2011年08月30日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2011年10月号 のつづきです。

 ①は、『満開!Sister』 『よゆう酌々』 『トツファミ!』 『だぶるる!!』 『おゑど恋愛帳』です。

 

 

●ラディカル・ホスピタル (ひらのあゆ 先生)

 入院中の今川さん、世界遺産を見に行く予定だったという話から、遺す・残すモノの話へ。

 様々な「残る」が面白おかしく語られます。 でも、「残らない」ものに落ち込む今川さん。

 そこで師長の「楽しさが残る」話は響きました。 それが本当なら、もっと楽しまなきゃ損だ!

 

●らいか・デイズ (むんこ 先生)

 先生の夫・幸太さん、深夜アニメ『ラブリー花子』で小太郎くんにトラウマつくっちゃった?

 トラウマ克服のために、らいかさんが一肌脱ぐのはいいけれど、ノリノリですやん!(^∀^;)

 「グッバイよ(はぁと)」とか・・しかし、子供(小太郎くん)は容赦ない(^^; 竹田くん、さすが!!

 

●トリセツなカテキョ (山東ユカ 先生) 

 井原センパイ、中高同じクラス・桜川あざみさんの名前も憶えてないほどなのか!Σ(^∀^;)

 「対人関係に無頓着」な先パイを、桜川さん(他者)の投入でいっそう浮き彫りにする描写。

 春吉くんの心情と先パイのクールな対応とが、ウマいこと作用しあったお話で、面白かった!!

 

●そこぬけRPG (佐藤両々 先生)

 TGE(トーキョーゲームエキスポ)がやってきました。 ゲボ君のゲーム命に笑い゜(*゜´∀`゜)゜

 でも、それが真剣な想いにつながっていて、そこから話が広がる展開がお見事でした。

 開発志望のゲボ君はどうする!? 千花さんの「男なら惚れてる」はわかりますよ、本気で(ぇ

 

●そよ風そよさん (櫁屋涼 先生) 

 まんがホームから素敵なゲスト、うちわで空飛ぶそよ風そよさん。 あちこちでゲスト登場!

 今回は、猫のミーさんのお散歩コースに同行して、ほんわかゆったり珍道中。 楽しい~。

 ミーさんの日常を知るそよさん・・・ミーさん、ボス猫だったのね(^◇^;) 奥方にされとる!

 

●ぎんぶら (安堂友子 先生)

 次なる星は、砂漠の星アモオレ。 交易で栄える中堅星ですが、恋愛中心の人ばかり!?

 「恋の喜びや駆け引きが生き甲斐」、見習わねば(ぇ。 そして、お約束の権田原はともかく、

 そこで出会った星真・・・イケメンだけど変態だー!Σ(゜Д゜;) 最後のは「なにそれ?」でOK。

 

●ひよりすと (魔神ぐり子 先生) 

 スイカップとはよく言ったもんですが、ひよりさんも「スイカ」だと草介くん・・・確かに( ;∀;)

 今回、一郎太の嘘が輝いてましたね。 「友達じゃないだろ?」は怖! 幽霊ネタはウマい!

 相変わらず、ひよりさんには表向き紳士(内心変態)だし、護衛まで務めてるしで、笑った!!

 

●天使な小悪魔 (芳原のぞみ 先生)

 そね子さんのご両親が銀婚式! だけど、同じ日に幹くんからデートのお誘い!

 浮つくマリリン可愛いけど、そりゃ焦ります。 まるやめぐに手助けしてもらう展開がよいね。

 両親の25年を思って、本音を言い合える関係に憧れるマリリン。 【本当のこと】を告げる!?

 

●ハッピーエンドではじめよう (本山理咲 先生) 

 今回は、仕事にとらわれすぎて奥さんとは別れた男性のお話。 「そこそこ成功した人生」

 とは言うものの、旅行を趣味にしていた頃に出会った奥さんとの別れは、少し苦い思い出。

 「あいつのみじめな姿を見に」と言いつつ、取り戻すあの頃がまぶしい。 しかし終局近し?

 

●恋は地獄車 (瀬戸口みづき 先生)

 カズ君の「ちょっと太った?」に大ショックな万里子さん。 「ぽっちゃりもアリ」なんて言葉は

 焼け石に水で、ダイエット始めちゃいます。 後藤さんの「アンタッチャブル」とかわかる(^^;

 母・ユキさんの言葉に納得しつつ、父の愛の再確認に大笑い!! コングラッチュレーション!

 

●椿さん (楯山ヒロコ 先生) 

 タイオリ初登場ゲスト!! コミックス2巻が9月7日発売で、サイン会もあるようです!

 見事にお世話してます、スーパー家政婦・椿さん。 足ツボは私もやってもらいたいな~。

 でも年齢はタブーなのね・・・解なし問題て(;´∀`) あと、ドラマの影響受けてるのがお茶目。

 

 

コメント

◆ まんがタイムオリジナル 感想①

2011年08月29日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2011年10月号

 Manga_time_or_2011_10

 今後、定期的には感想書けなくなるかもですが、

 今の所は大丈夫なので、できる所まで何とか・・・

 

 今月の「ああ、納得しちゃったで賞」は、『恋は地獄車』より、ユキぴょんさん!

 Manga_time_or_2011_10_p171

 愛する男から「太った」と言われて傷つく女性の心情に、納得させられてしまったシーン。

 「どうでもいいじゃん」と今まで思っていてスミマセン! 反省いたしますッ!! (そこまで!?)

 しかし、早乙女くんの“模範解答”といい、男女の機微の勉強になるな~、この作品(えー

 

 

 

●満開!Sister (東屋めめ 先生)

 Manga_time_or_2011_10_p009_2 Manga_time_or_2011_10_p009b

 9月7日、コミックス1巻発売!!

 しかし、相も変わらず武士くんは、姉妹のスキンシップに困惑する日々。

 昔かたぎな硬派というか、「男らしい」ことを自らに求める武士くんには、

 この“攻撃”はキツイらしい。 なに贅沢言ってんだコノヤロー・・・なんて私は思ってないよ?

 

 ということで、今回はスキンシップから逃げまくる武士くん。

 なのだけど、妹・さくらさん(小学生)を膝の上に乗っけるくらいはできるのね・・・ロリ?(ォィ

 つまり苦手としているのは、姉・カンナさんの方。

 たしかに年頃の女子に抱きつかれりゃ、年頃の男子としては困りますわな、色々と。(?)

 

 そんなこんなで、逃げ回る武士くんと追い回すカンナさん。

 あの手この手で近づこうと画策するカンナさんが面白く、

 押してもだめなら引いてみな、とばかりに距離を置くところなんて可愛らしかったです(ぇ

 最終的には「家族らしい」カタチで落ち着きましたけど、

 武士くんの「らしさ」が笑いになっているところがよかったですね~。 いつも通りな安心感。

 などなど、うらやまスキンシップを堪能しつつ、今後も楽しみです!

 

 

 

●よゆう酌々 (辻灯子 先生)

 Manga_time_or_2011_10_p029 Manga_time_or_2011_10_p029b

 こちらも、9月7日にコミックス1巻が発売!!

 今回の主役は、戸田くん・・・というか、最近はだいたいそんな感じですかね。

 スカウト話は落ち着きましたが、兄嫁・皐月さんとの関係には、お悩み続行中。

 

 皐月さんに散髪してもらって上機嫌ともいかないのは、

 兄と皐月さんの仲の良さを間近で見なくてはならないから・・・

 だからって、不機嫌を「みもり」に持ち込むなよ(^^;

 でも、優さんから髪を切ったことを話題に出されると、

 「知人にやってもらった」と少しだけ嬉しそうにしているのが、何だかカワイイじゃないか!

 

 それだけ皐月さんのこと好きなんだな~とは思うけど、相手は兄嫁。

 「みもり」にやって来た兄夫婦にも心穏やかならず、優さんと粧子さんの遠慮ない会話に

 無言の闇オーラを放つところがおもろかった(^◇^;) 逃げる粧子さんに、ごまかす優さん。

 

 

 しかし最後、兄と皐月さんのそばから離れる道を考える戸田くん。

 ここで渡りに船のお話が・・・? いや、どーするどーなる??

 

 うん、でもまあ、この作品って、バツイチ女将・優さんが主役で、

 色恋に関しては大人というか落ち着きあるというか、グダグダな感じが魅力ですからね(^^;

 住み込み?住み込みなの?バツイチ女将と一つ屋根の下なの?? なんて思っても、

 あーそーなんだー、くらいにしか思えない自分の恋愛反応力のなさが憎い。

 なんて感じで、今後どうなるのか・・・コミックス発売ともども楽しみです!

 

 

 

●トツファミ! (鈴木まい 先生)

 Manga_time_or_2011_10_p065 Manga_time_or_2011_10_p066

 新人4コマまんが大賞最終選考者である鈴木先生が、フレッシュゲスト!!

 沢田ちなつさん12歳。 2年前に親が離婚したため、母・妹との3人暮らし・・・

 と思いきや、そこに謎の不審者が割り込んできたー!?

 

 なんて始まりましたが、不審者=母の恋人・田中リュージ26歳。 お母さんとは8歳差!

 突然の「未来のお父さん」登場に、ちなつちゃんは不信感もあらわに嫌いますが、

 リュージくんはがんばって認めてもらおうとするという流れ。

 関西弁でなくてはいけないと言われれば、関西弁を学ぶのですが・・・

 エセ関西弁は本場ではめっちゃ嫌われるんやで~(;´∀`)

 

 でも妹・こうめちゃん4歳児は、リュージくんになついているようで、

 なんともアットホームな空気感がただよっていて・・・悪くないですね。

 ちなつちゃんも、何だかんだで家族的な雰囲気に惹かれているようでもありますし、

 ちょっとツンデレ風味ではありますが、仲良くできそう?

 「突然ファミリー」、略して「トツファミ」。

 新しい父を迎えての家族モノっぽくなりそうで、ちょっとつづきを期待してみたい作品です!

 

 

 

●だぶるる!! (大石コウ 先生)

 Manga_time_or_2011_10_p113 Manga_time_or_2011_10_p114

 大石先生の新作ゲスト第1回!!!

 妹・るみさんの制服をながめて、ご機嫌な姉・瑠璃子さん。

 同じ学校に通えることが嬉しいとか、妹大好きな姉という感じがよろしい。

 ちょっと(だいぶ?)天然さんっぽいのもポイント高め(ぇ

 

 でも妹・るみさんは、そんな天然系の姉に手を焼いているようで(^^;

 「洋食ルル」の看板娘のような立場の瑠璃子さんだけど、男性のアプローチに無自覚で、

 そんな姉を心配して気の休まる暇がない妹・るみさんも、何だかんだで姉を気づかう。

 そうした姉妹の関係がなかなか良い感じですね。

 

 妹大好きの姉と、天然姉に手をやく妹、おいてけぼりのお父さん( ;∀;)

 なかなか楽しそうな姉妹モノで、前作の帰宅部モノと比較すると、

 キャラクターがしぼられている点で読みやすく入りやすい印象。

 つづき、期待してます!

 

 

 

●おゑど恋愛帳 (江茂タツキ 先生)

 Manga_time_or_2011_10_p163 Manga_time_or_2011_10_p167

 初登場ゲスト!!

 どこかで見た絵柄だと思ったら、ガンガンONLINEの半兵衛マンガの方でしたかー!

 ・・・あれ、知らぬ間に最終回?

 

 そ、それはともかく、こちらは徳川家光さん主役の江戸モノ4コマ!

 柳生十兵衛や春日局まで登場して、なかなか楽しませてくれそうな気配の作品です。

 上様、公務をさぼって江戸の町へとくり出しておりますが、春日局はお冠。

 さっそく十兵衛さんが捜索に・・・という展開。

 十兵衛さんがヘタレで胃が弱い苦労人というのが(^◇^;)

 

 そして上様、町で出会った江戸娘にドッキドキ?

 しびれ薬を盛られたのかとか考える家光さま、ウブなのん? いえ衆道です(マジでマジで)

 江戸娘の方は気立てがよいうえに、粋を愛しているところがイイ感じ。

 

 主要人物は、家光・十兵衛・春日局、そして江戸娘。

 最近多い、歴史上の人物を配した4コマ漫画になってます。

 家光の市中散策や衆道癖など、“史実”からの個性づけも興味深く、

 ぜひともつづきを読んでみたい作品です!

 

 

②へつづきます。

 

コメント

【お気に入り】 『アマガミサマ』

2011年08月28日 | ◆「お気に入り」  4コマ漫画

「お気に入り」4コマ漫画の単巻作品。

人気ゲームでアニメ化もされた『アマガミ』の世界を、コミカルに加工した4コマ漫画です。

特設サイトにて試し読みできます!

 

 

『アマガミサマ』 (オトウフ 先生)

 Amagamisama Amagamisama_p091

 「開発室に一番近い4コマ漫画。それがアマガミサマ。」 (オビ文より)

 人気ゲームでありアニメ化もされた作品『アマガミ』。

 その4コマ作品集からオトウフ先生の作品を抜粋し、かつ描き下ろしを加えた単行本。

 オトウフ先生の一風変わった作風と、魅力的なヒロインたちがつくり出す空間に、

 虜になること間違いなし!? ・・・な4コマ作品集です。

 

 

 Amagamisama_p008

 アマガミサマとは、『アマガミ』ヒロインたちをデフォルメした、アマガミの神様のこと。

 とはいえ、本作品には表紙に描かれている通常のヒロインたちも登場し、

 それぞれが面白4コマ・ネタをくりひろげ、ときには一緒の空間で遊んだりします。

 

 そんな様子が、オトウフ先生独特のセンスで描かれる面白さ。

 ヒロインたちの個性も、しっかり原作に沿いつつ、

 さらに可笑しさを加味したものになっています。

 このあたりは、ぜひとも特設サイトなどをのぞいていただき、堪能していただければと。

 

 私は原作ゲーム未プレイなので、わからないネタも多かったのですが、

 それでも楽しむことができたのは、作者先生による4コマ漫画そのものが

 秀逸であったためだと感じます。 人によりけりでしょうけど、ハマる人はハマる面白さです。

 

 

コメント

【お気に入り】 『えすえぬ家の人々』1巻

2011年08月28日 | ◆「お気に入り」  4コマ漫画

「お気に入り」4コマ漫画の1巻作品。

ゲーム系ネタ4コマ・・・と言いましょうか何と言いましょうか・・・・・・

ファミ通コミッククリアにて読めます。

 

 

『えすえぬ家の人々』1巻 (Ika 先生)

 Snk_01 Snk_01_p006

 「はおうしょうこうけんを使わざるを得ない!!」 (オビ文より)

 この台詞にピンと来た人なら楽しめる・・・かもしれない、SNKネタ満載の4コマ漫画。

 小さな大女優・ねおじおさんと、そのマネージャー・あて菜さんのやりとり中心に、

 「えすえぬけー」ゆかりのキャラクター(擬人化含む)たちが、ゆるく楽しくさわぎます。

 

 ちなみに「覇王翔吼拳(はおうしょうこうけん)」とは、『龍虎の拳』というゲームに登場する

 超必殺技のことで、通常の必殺技より強いワザなんですよ。

 

 

 Snk_01_p037 Snk_01_p005

 SNK系関連のゲームを知っていると、なお楽しめるかと思える作品ですが、

 とくに知らなくても、そのキャラクターたちのやりとりに妙な可笑しさを感じられる

 4コマ漫画になっています。 私も元ネタを知らないことが多かったです(^^;

 

 ねおじおさんの幼い子供のような性格(ゆえにやっかいでもある)と、

 あて菜さんの面倒見の良いマネージャーっぷりとが見事なコンビネーション。

 それだけでなく、ねおじおさんには4重人格という設定もあり、

 その面白さはもちろんのこと、ときに少しだけしっとり感をもたらす要素にもなっていて、

 なかなか味わい深かったりもするのです。

 

 とくに大きな話の流れはありませんが、多くのキャラクターがおりなすネタの数々が面白い、

 そんな4コマ作品です。

 

 

コメント