五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

◆ まんがライフ 感想

2018年11月17日 | ◆4コマ誌⑤ まんがライフ

2018年10月号&11月号

  

 遅れ対策として、2ヶ月分の感想を簡易に(新作・最終回のみ)
 書いてみたいと思います。 これで追いつけるかどうか・・・
 すでに2ヶ月遅れになっていて、まことに申し訳なしであります。

 まんがライフWIN 『姫のためなら死ねる』(103話の方)は、清少納言の二日酔い。
 飲まずにはいられねえ!といった状況(?)に陥りつつ、二日酔いに突入。
 二日酔いってキツイですよね~と実感を伴いつつ、定子様に癒されていたのは羨まし。

 

 

 今月の「新連載開始で賞」は、『成仏するにはまだ早い!』

 

 9月号にてゲスト登場した本作が、11月号より連載スタート!

 未知のウィルスによって人類が滅亡した世界で、遊ぶ3人組の少女・・・
 ですが、じつは全員が幽霊だというお話です。

 滅亡も死んだことも気にせずに、遊ぶ少女たちが面白おかしな内容で、
 今回も猫を見つけて、何かしら語り合っていましたが、そこへ1人の少女が現れ、
 にぎやかさを増していました。

 新たな少女は、美弓美冬さん。
 園芸部に未練があり、この世に残っている幽霊さんとのことで、
 その未練に関わる髪飾りを、みんなで探すことに・・・

 なんて感じでしたけど、幽霊ならではの身体を張った(?)ギャグや、
 ポルターガイスト現象など、愉快な時間が過ぎつつ、ついに美冬さんの未練が
 晴れる時が来たと思いきや・・・な展開に、大笑いでありました!

 滅びた世界で、ゆる~く遊ぶ幽霊少女たちの物語。
 ここからどのような遊びを繰り広げてゆくのか、また世界を拡げてゆくのか、
 連載スタートとのことで、注目です!

 

 

【10月号ゲスト作品】

●おすそわけハピネス☆ (桜ヒタミ 先生)

  

 立て続けの不幸に悩まされる女性のもとに、幸福を届ける使者が・・・?

 【主な登場人物】
 ・森川りいな : 転勤を機にフラれ、家を購入した直後にクビと、不幸続き。
 ・ほしぴぴ  : しあわせのおすそわけに来たという宇宙人?

 東京でOLしていた森川さんでしたが、転勤をきっかけに恋人にフラれ、
 ヤケになって古民家をローンで購入するも会社をクビになり、途方に暮れていた所、
 ほしぴぴと名乗る子供がやって来て、「しあわせをおすそわけ」すると言い出して…

 と始まる4コマ作品。
 愛らしい外見ながらも、セミの抜け殻をお土産に持って来たり、都合も聞かずに
 ぐいぐい来たり、家事もできず、大して役にも立たないほしぴぴが愉快です。

 そんな謎の宇宙人の相手をしつつ、田舎生活のちょっとした良い部分に触れたことで、
 微かな癒しを得る森川さんの様子が、しみじみ良い感じでありました。

 森川さんにとって、ほしぴぴの存在は、振り回され気味でむしろ迷惑っぽいものの、
 それでも、一緒にご飯を食べる相手になってくれたりしたことで、笑顔になれたことが
 何より楽しい雰囲気でしたね。

 ほしぴぴの持つ小瓶に、しあわせパワーがたまると、ほしぴぴは帰るらしいので、
 これからどのような「しあわせ」がもたらされるのか、もっと見てみたので、
 ぜひとも、つづきに期待であります!

 

 

●メルヘンナイツ (犬飼ビーノ 先生)

 

 赤ずきんは強い騎士!?

 【主な登場人物】
 ・赤ずきん : 顔の傷を気にして友達いない騎士のような女性。
 ・人狼   : 一匹狼な人喰い狼だけど、可愛い。

 4コマ杯 in COMITIA 大賞受賞作!
 ある日、母親に頼まれて、おじいさんの所へお菓子を届けに行く赤ずきん。
 といっても、外見は騎士のようにいかつく、実際に強いのだから面白い。

 そして道中、お菓子を狙った人喰い狼に遭遇するも、あっさり撃退。
 食い意地のはった人狼に対して、赤ずきんはケーキをエサに友達になってほしいと
 申し出ますが・・・

 なんてお話でしたけど、顔の傷を気にして友達を作れない赤ずきんが、
 人狼を友達にしようとする所に面白味がありましたし、なんとか食ってやろうと
 虎視眈々と機会をうかがう人狼さんも、愉快でありました。

 赤ずきんのおじいさんも良いキャラでしたし、素直でない人狼さんも楽しかったし、
 何より、ラストのお茶会風景がよかったので、つづきに期待したい所です!

 

 

【11月号ゲスト作品】

●推しが公認ストーカーになりました (瀬尾みいのすけ 先生)

  

 推しアイドルに告白された少年でしたが・・・

 【主な登場人物】
 ・空    : アイドル好きな少年。 ある日、押しアイドルに告白され・・・
 ・七海モコ : 空くんの推しアイドル・・・でしたが、実はストーカー!?

 突然、お付き合いして下さいと、押しアイドルのモコさんに言われた空くん。
 しかし、自分はあくまでファンであり、ガチ恋勢ではないからと断ろうとした所、
 モコさんが、やたらと自分のことに詳しいことを知って不審がることに。

 モコさんとしては、ライブで何度も見かける空くんのことが気になってしまい、
 どんな人か知ろうと努力していたら、行動がストーカーそのものになっていて、
 そんな所が怖いけれど、愉快な内容のお話になっていました。

 あくまで明るくポジティブなモコさんの様子が、ストーカー臭を薄めているものの、
 やっていることは完全にストーカーなので、その落差が面白味に(^^;

 そして、空くんが何を言っても、良い方向に解釈してしまう所が可愛かったり(ぇ
 何だかんだで、推しアイドルの真の姿を知っても、邪険に仕切れない空くん。

 そんなだから、付け込まれるんだよと思いつつも、2人の関係も気になりますので、
 つづきに期待であります!

 

 

【新人4コマ杯 8月期月間賞】(7月期月間賞はライオリ感想にて

・昼下がりのコイビト (せだか沙音 先生)

 

 子供姿を眺めるのが好きな女性と、彼女の視線が気になる少女と。

 ベンチに座って通りを眺める女性。
 彼女は、下校中の子供たちを見て、癒しを得ているのですが、
 そんな所に1人の少女が近づいて来て・・・と始まるお話。

 かなでと名乗った少女は、女性が自分を見ていると思っていたらしく、
 そのため「かなでのこと好きなら、はっきり言ってくれませんか?」と
 言ってきたのは、面白い所。

 まあ、女性の返事にクールに対応していたのも愉快でしたけど、
 選評では「キャラ」と「ネタ」の評価が高かったので、そのあたりを
 もっと堪能してみたい。 ので、つづきを期待しておきます!

 

コメント (2)

◆ まんがライフ 感想

2018年08月17日 | ◆4コマ誌⑤ まんがライフ

2018年9月号

 

 表紙は、海水浴するミカちゃん!
 ビーチを背に、浮き輪を抱えて、夏満喫中。
 他、ゲスト作品、コミックス発売作品などなど!

 (注)1ヵ月遅れの感想になっています。
    今月号の感想は、もっと後になってしまうので申し訳ありません。

 

 

 今月の「誰?で賞」は、『めんつゆひとり飯』より、保ケ辺さん!

 

 昔はすごく痩せていて、モテていたという保ケ辺さん・・・

 今はご存知、ふとましい体形になっているわけですが、それが突然、
 昔のような姿に戻ってしまったから、面堂さんがタイムスリップと思っても仕方ない。

 おかげで、女性陣にモテ始めた保ケ辺さんだったものの、本人はどこ吹く風。
 しかし、太っていても保ケ辺さんを好きだった舞さんは気が気でない様子で、面白かった。
 「私は(外見でなく)中身を好きになったんです」と涙目で語る舞さん、本物ですね。

 まあ、太っていた方がモテないので都合がいい、という本音がありましたけど(^^;
 それでも、その愛は本物・・・と思っていたら、ラストで単にフェチなのでは?
 なんて思わせる内容だったのが、可笑しかった!

 

 

【コミックス7巻、発売中!】

●スパロウズホテル (山東ユカ 先生)

  

 ホテルに怪談はつきものです・・・?

 スパロウズホテルにも、そんな話があるとかないとか。
 そこで、腕力で何とかしようとしている佐藤さんが、相変わらずで笑!

 その後、夜勤をしていた御園くんのもとへ、部屋を変えてほしいとの連絡が・・・
 一番奥の角部屋なのに、外から窓側の壁を叩く音が聴こえるというから、怖い。
 まさに怪談ともいえる話で、御園くんも驚いています。

 また、誰もいないはずの所から、女性が現れるなど、怖い話が次々と・・・
 といった感じでしたけど、実はそのすべてに佐藤さんが絡んでいたのは、さもありなん。
 「生きている人間がいちばん怖い」とは、よく言ったものですね(ぇ

 そして、市見さんの「怖いもの」については、市見さんが一番怖かったというオチで
 大笑いでありました・・・ツンデレ怖い、ツンデレ怖い。

 などなど、スパロウズホテルにまつわる怪談話でありましたが、
 だいたい佐藤さんのせいというあたり、怖いホテルなのもかもしれませんね。
 なので、夏も涼しく過ごせそう? と考えつつ、今後も楽しみです!

 

 

【コミックス2巻、発売中!】

●白衣さんとロボ (柴 先生)

  

 暑い夏を乗り切ろうとする白衣さん・・・

 届いたお中元=素麺に文句を言う白衣さんでしたけど、その贈り先がロボなのは笑!
 白衣さんにはお中元、届いてないの? というか、なぜロボに贈られてくるんだ。

 また、扇風機さんが張り切っているのを見て、皮肉を投げかけるロボが珍しい。
 でも、実は弱気な扇風機先輩をなだめるあたり、いつも通りなロボさんでした。

 そんな2人が、どうやって白衣さんを涼しくするかを語った所、
 白衣さんが静かに怒っていたのは笑! 屑鉄を見る目て(^^;

 そして、庭で水遊びする白衣さんでしたが、白衣は脱ぐようロボに言われ、
 水着姿になるも、白衣がないと恥ずかしいらしく、涙目になっていたのは珍し面白い。
 白衣こそが、彼女の心の防護壁なわけですね~。

 その後、白衣を着て水遊びしたり、花火を見たりと、夏を満喫する白衣さんたち。
 まあ、花火も白衣さんにとっては化学の分野として楽しんでいたようですが・・・

 などなど、夏をすごす白衣さんたちが描かれた今回。
 ラスト、白衣さんにお中元が届いてましたけど、一大事みたいに扱われていたのは、
 はたして家主としてどうなのか・・・と感じつつ、今後も楽しみです!

 

 

【最終回!】

●大神先生は鼻がキく (佐野妙 先生)

  

 コミックスは、8月27日発売! ・・・ですが、最終回!!

 最後は、イメチェンする大神先生!?
 メガネを外して、髪をほどいて、妖艶路線に変更か・・・
 と思いきや、先生には合わないようで(^^;

 というのも、鼻を積極的に利用するようになり、頼られることが増えたようで、
 今までとは違った立ち位置になっていたのは面白い所でしたね。

 結果、保健室の利用者も増えて、大盛況。
 匂いで好意をかぎ分けることが判明して、恋愛相談にこき使われるようですが(^^;
 それでも、有村さん、柴くんや阿武隈さんなどは、いつも通りで安心感。

 そして、最終回にして明らかとなる蜂谷先生の恋愛経験には、驚きでした!
 きっと良い漫画家先生になれますね(どーゆーこと)

 そんな感じに、鼻がキくことを知られて、それを積極活用するようになった大神先生。
 彼女の生活は大きく変わりましたけど、彼女自身は変わらず、いつも通りな所はよかった。

 本作は、匂いに敏感すぎて、人の心情までも把握してしまう保健室の先生のお話でしたが、
 嗅覚というポイントが地味ながらも、確かな個性を印象付けた点が大きな面白味でした。
 大神先生の地味さも、良い味になっていましたね。

 先生のキャラクターは好感を持てたので、早い終了は残念ですし、
 有村さんや柴くんとの関わりを、も少し見ていたかった気もしますが、これにて完結。
 コミックスは8月27日発売とのことで、楽しませていただきましたー!

 

 

【ゲスト作品】

●ゴク×ショタ (わたりさえ 先生)

  

 極道の娘JKと、王子様系ショタのお話。

 【主な登場人物】
 ・桜花実 : 極道・桜組組長の娘で16歳。 とつぜん現れた婚約者に困惑。
 ・茜夕貴 : 極道・茜組組長の息子で12歳。 花実さんの婚約者!?

 王蔵市で勢力を2分する極道・桜組と茜組。
 ある日、桜組の娘・花実さんが、父上から婚約者の話を聞かされ、紹介されたのが
 茜組の夕貴くんで戸惑うものの、彼の方は婚約にノリノリで・・・

 といった感じのお話。
 キラキラしながら、花実さんのことが好きだと、照れる事もなく言ってのける夕貴くん。
 そんな彼の落ち着きっぷりと、恋愛初心者ゆえに困惑する花実さんの対比が愉快です。

 じつは夢見る乙女な花実さんの可愛さや、腹黒な所もある夕貴くんの黒さも面白い。
 彼が彼女にこだわるのも、過去の出逢いが関係している様子。
 そんな2人の恋模様がどう展開するのか、つづきを読んでみたいですね!

 

 

●成仏するにはまだ早い! (飴色みそ 先生)

 

 人類が滅びた世界で、遊ぶ3人の少女たち・・・ですが?

 【主な登場人物】
 ・晴海小春 : 天然っぽく、お花畑とか言われちゃう。
 ・明知千秋 : 真面目っぽい性格で、ツッコミ役。
 ・月島夏希 : テンション低めでクールっぽいけど、お茶目。

 未知のウィルスにより、人類が滅びた後の世界で生き残ったという3人・・・
 と思いきや、それは嘘だと小春さんが指摘していて、世界は滅びていなかったのか
 と思ったら、「生き残った」のが嘘で、じつは3人とも幽霊だというから驚き。

 そんな風に、滅びた世界で幽霊3人が遊んだりするお話です。
 他にも、幽霊となった人たちはいるものの、どんどん数が減っているのだとか。
 といった深刻な状況にもかかわらず、ゆる~く過ごす少女たちが面白い4コマ作品。

 遊びの内容は、ポルターガイストサッカーなど、幽霊らしい(?)もので愉快ですし、
 人がいなくなった世界で生まれる命に、好奇心旺盛になるのも興味深い所。
 彼女たちの先行きを見てみたい気もするので、つづきに期待したい!

 

 

【コミックス10巻、発売中!】

●ななこまっしぐら! (小池恵子 先生)

  

 パワフル主婦ななこさんも、夏バテには勝てない!?

 いつも元気いっぱいのななこさんですが、様子がおかしい。
 タクさんに夏バテではと指摘されて、初めて自分がバテていることに気付くほど。
 といった感じに、ななこさんの夏バテ模様が描かれた今回。

 代わりに、タクさんが色々と買い出しに向かいますが、そこでやっくんに助言を受け、
 ななこさんが心配になって、一刻も早く帰ろうとする所は愛情を感じられてよかった。

 「大丈夫」と本人が言っていても、全然大丈夫ではないことがある。
 なんて考えていますけど、これは本当に気を付けなきゃいけないことですよね。
 「大丈夫」を細かく言語化しようとしていたのは、面白かったですけども(^^;

 一方、汐路さんも夏バテっぽいようですが、彼女の場合、ひとり暮らしなので
 重症になる前に休養をとっていたのは、さすがというべきでしょうか。

 などなど、夏バテをめぐるお話でしたが、本作の誰しもが賢明な判断をして
 対処できていたのは、見習いたい所でありました・・・なんて感じつつ、今後も楽しみです!

 

 

【『濃縮フリテンくん』発売中!】

●新フリテンくん (植田まさし 先生)

  

 無人島でWi-Fi無料でも・・・といったトビラ絵が面白い。

 【花】年配のご婦人が花に水をやっていますが、旦那さんが「それ造花だよ」と指摘。
 ビニールの花に一生懸命に水をやる姿が、真面目なだけに滑稽なオチかと思いきや、
 ご婦人が斜め上をゆくオチをつけてくれて笑!

 【心臓破り】走りやすいマラソンコースを走る男性2人。
 この先に心臓破りの坂があるとのことでしたが、比較的ゆるい坂で余裕だったものの、
 本当に心臓に悪い事態が起きていて納得。 油断大敵というやつですね。

 【電線】電線の上を飛ぶヘリコプター、上司さんが「下の電線に気をつけろ」と忠告。
 すると部下くんが「わかってますよ」と雑に返事して、上司さんを怒らせてしまいますが、
 さらにオチで愉快なシャレを披露して、火に油なのは笑! 人物絵がないのも面白かった。

 【ダイイングメッセージ】亡くなった人が残したメッセージ。
 そこに自分を殺した人間の名前が書いてあり、〇山△夫さんが疑われましたが、
 お医者先生も大変だな~と思わされるオチで、可笑しくも割と切実な内容でありました。

 【ムササビ】飛んでくるムササビ、夜の格納庫へ向かうムササビ・・・と来て、
 3コマ目でグライダーに乗り込み、さらなる飛距離を得ていたのは楽しい4コマでした。
 これも、ほぼ人物絵がなく、かつテンポ良い流れになっている所が秀逸でしたね。

 などなど、今回も面白ネタな4コマの数々が、さすがでありました。
 そんなこんなで、今後も楽しみです!

 

 

【その他】

 まんがライフWIN 『姫のためなら死ねる』(100話の方)は、威厳を気にする主上。
 そこで「暴君」になることをめざすのですが、お人が好過ぎて上手くできないのが愉快。
 定子様と彰子様の間で苦悩する様子が可愛かった(ぇ。 最後は安倍さんかあ・・・

 

●お姉ちゃんが来た (安西理晃 先生)

 暑い夏、自分の部屋では全裸な一香さん、母上にダメ出しされています(^^;
 そんな今回、美鶴くんに呼び出されて、水風船で遊ぶことになりますが、
 そこには、女性陣の服を透けさせようとする彼の下心があって、大変なことに!?
 下着をつけてない一香さんのピンチ、彼女を守ろうとする藤咲さんのピンチと、
 大混乱となりましたが、孝喜くんと村瀬さんのお陰で、収まっていたのはよかった。
 しかし、朋也くんが先を越されて、いいとこなしだったのは、お気の毒。

 

●マンドラさんとヒト科たち (ほずの都 先生) 

 実潮さんが大学へ入ってきましたが・・・
 早川くんと彼女が一緒にいるのを見て、関係を誤解してしまう花森さんが可愛い。
 実潮さんを彼の恋人だと勘違いしたようで、いちいち凹むのが気の毒ながらも愉快です。
 まあ、柏木くんが来たお陰で誤解は解けて、実潮さんのサークル探しを手伝いますが、
 まさかのオカルト系にハマっていたのは面白かった(´▽`;) 兄とは別の立場を行くのか。
 そんなこんなで、早川くんの妹・実潮さんも加わった大学生活、ますます楽しみです。

 

●アスクミ先生に聞いてみた (後藤羽矢子 先生)

 今回の相談者は、2-Bの伊代利加さんで、内容は生理痛を理解しない彼氏について。
 つまり、男にも生理痛の痛みを分からせる方法を求めているわけですが、昔の映画を例に、
 男女入れかわりを勧めるアスクミ先生が面白い。 『君の名は。』は生理なかったですね。
 そして、先生と2人して、どのような痛みか言語化しようと努める内容が興味深かった。
 安易に「他人の痛みをわかりましょう」ではなく、他人の痛みを想像することの難しさを
 感じさせつつ、思いやりを育ててゆくことが大事としていたのは、素晴らしいと思えます。

 

●わくわくワーキング (おーはしるい 先生) 

 アイドルにハマったみおさん、今も絶好調のようで・・・
 ライブチケットをとれなかったことで、本気で落ち込むあたり、どっぷりつかっている感。
 しかし、御局さんが2枚ゲットしてくれたことで、嬉しそうにしていたのは、よかった。
 そして「振り」と「かけ声」を仕込まれるのが愉快で、ハードな訓練を課せられつつも、
 嫌気さすこともなく頑張っていたのは、楽しかったですね。
 みおさん自身も楽しそうで、そのトランスっぷりに笑!

 

●キャバはじめました (忍田鳩子 先生)

 益子さんと轟くんに、強力なライバル出現!?
 やって来た大柄な男性はプロレスラーとのことですが、大らかな印象の力持ちさん。
 轟くんとはジム関連の話題で盛り上がるも、益子さんは「男は力だけじゃない」と

 負け惜しみ気味に述べていたのが可愛かった(ぇ。 しかし、2人がかりでも敵わない
 強い男性で、ひとみさん狙いとくれば強敵の予感・・・ひとみさんも惚れ惚れしてますし。
 まあ、惚れ惚れしている理由が「お米屋さん」に行きたいというのは愉快でしたけど(^^;

 

 

【新人4コマ杯 6月期月間賞】

・ダイナマイトボンバー (郁魅デストロイ 先生)

 

 いわゆる中二病な不登校児のもとに、家庭教師がやって来る!

 暗玄竜一くん(14)は、いわゆる中二病な不登校児。
 学校が嫌いで、何もかもを吹っ飛ばす爆弾をつくっているようですけど、
 そこへ母上がやって来て、家庭教師の先生を連れてきたと言って・・・

 なんて始まるお話。
 なのですが、この冒頭部分だけでは、暗玄くんのことしかわかりませんね(^^;

 「個性豊かな家庭教師たちが現る!?」とあるので、おそらくトビラ絵の女性陣が
 家庭教師として、暗玄くんに接してゆくことになるのでしょうが、はたして
 世界を壊す野望をもった少年とどのように交流してゆくのか・・・つづきに期待です!

 

コメント

◆ まんがライフ 感想

2018年06月30日 | ◆4コマ誌⑤ まんがライフ

2018年8月号

 

 表紙は、七夕のミカちゃん!
 浴衣に団扇、短冊と、夏を感じさせますが、もうそんな時期なのか・・・
 他、ゲスト作品やコミックス発売中作品などなど!

 

 

 今月の「いつもの無敵っぷりはどこへで賞」は、『ファーストクラスニートましろ』

 

 今回、ましろさんが社交パーティへ出席することに・・・

 銀崎さんにより、強引に連れ去られる様子が、もはや拉致(^^;
 しかも、銀崎さんは参加しないため、ひとりで挑まねばならない状況。

 コミュニケーション力が不足しているましろさんにとって、これは地獄です。
 英語で話しかけられても、まるで理解できず、30分後にはテーブルの下に隠れ、
 大きい動物がいると思われていたのは笑!

 そんな風に過ごしつつ、ましろさんの消耗しきる姿が、いつもの彼女と違って、
 面白かったですね・・・1度はコミュニケーションとろうと頑張ったりしたのも。
 まあ、最後はましろさんらしい行動をとり、銀崎さんに連れ去られて、一安心(?)。

 

 

【コミックス19巻、発売中!】

●動物のおしゃべり (神仙寺瑛 先生)

  

 今日も今日とて、動物たちと戯れつつ・・・

 タローくんが「アイツが来る!」と怯え、ミカちゃんに「早く隠れよう!!」と
 抱きついていますが、一体なにが? と思っていたら、それが“聴こえて”きて納得。
 これは確かに怖いですねえ・・・人間でも怖い人多いでしょうし。

 さくらが、おにいちゃんに近づいて、手をぎゅっと踏んでいますが、
 その後、そっぽを向いて知らん顔。 でも、おにいちゃんは「かまって欲しい」と
 わかっているようで、そんな様子が楽しい・・・のですが、傍観者ミカちゃんも面白かった。

 他にも、仔ハムスターのややちゃんは、あられもない姿で寝ていたり、
 洋鵡のTOMくんは、おにいちゃんの後頭部についている米粒をとったり、
 雨蛙の翁は、新しい傘を買ったミカちゃんに雨乞いを請われそうになったりと、愉快です。

 パパさんの御前様に、道路標識を真似た警告を残すミカちゃんには笑゚(*゚´∀`゚)゚
 また、日常のストレスを猫で癒されるも、その猫にストレスを科せられる
 おにいちゃんも、可笑しかったですね。

 などなど、動物たちのふれあいな日常が、面白おかしく繰り広げられる本作品。
 もうコミックスも19巻に来ているのですねえ・・・と感服しつつ、今後も楽しみです!

 

 

【コミックス11巻、発売中!】

●お姉ちゃんが来た (安西理晃 先生)

  

 夏服を買いに行こう!

 夏になっていないのに暑い時期、いつものように一香さんに抱き着かれる朋也くん
 でしたが、そこを華ちゃんに見られて、「えっちなことしてるよ!」と言われてて笑!

 そんな華ちゃん、母上と水着を買いに行く予定だったのに、仕事でダメになったらしく、
 すねているのが可愛いのですけど、そこで朋也くんが、一緒に夏服買いに行こうと誘うと、
 嬉しそうにする華ちゃんが、これまた可愛らしかったですね~。

 しかし、女性の水着売り場で、朋也くんは肩身が狭い(^^;
 それでも、華ちゃんと一香さんから、一緒に選ぼうなんて言われて、大変そう。

 そして、華ちゃんの試着に合流したがる一香さんが、うっとうしくて愉快でしたけど、
 華ちゃんの水着を、これでもかと褒める所は、喜ばれていて楽しかった。
 でも、朋也くんの褒め方は、一香さんと比べられて低評価なのが可哀想。

 さらに、華ちゃんが転びそうになった所、朋也くんが支えるものの、
 ボディタッチを恥ずかしがったのか、にらまれてしまい、女の子の気難しさを感じています。
 が、照れながらも、きちんとお礼を言われて「可愛い」と思っていたのは面白かった。

 などなど、華ちゃんと水着を買いに行くお話。
 一香さんと朋也くんの関係を「えっち」と表現する華ちゃんに笑いつつ、今後も楽しみです!

 

 

【ゲスト作品】

●星野宮学園 妄想遊戯部 (小宮山拓士 先生)

 

 知らないゲームを、妄想で遊ぶ部活動!

 【主な登場人物】
 ・栗栖野々花 : 2年女子。 威厳なき部長で、アホらしい。
 ・竹中隼人  : 1年男子。 真面目な顔して、えっちな妄想。
 ・遠藤京香  : 2年女子。 クール・メガネで、殺伐。

 どんな遊びか知らないゲームを、自分たちの想像力だけで遊んでしまう部活動、
 妄想遊戯部の部員たちが、アホなアイデアで遊び倒すお話です。

 今回の題材は、「ブラックジャック」!
 どんなゲームなのか知らない3人が、それぞれの想像で考案した方法で
 遊ぶ様子が面白おかしかったですね。

 ブラックジャック=医者のマンガという発想から、お医者さんごっこを連想する
 竹中くんが可笑しかったり、ブラックジャック=殴打武器であるから、デスゲームを
 想像する遠藤さんが怖かったりと、愉快でありました。

 さらに、部長の栗栖さんは、黒人ジャックさんの人生を妄想して、ひとり涙するなど、
 もはや何が何だかわからない所に、カオスな面白味が感じられます。

 そして、それぞれの意見を取り入れたゲームで、遊ぶまでが部活動。
 てんでバラバラで、ルールも適当な遊びを繰り広げる面々が、楽しかったですね。
 主に、竹中くんの不遇(幸運?)が(^^;

 などなど、破天荒な遊びっぷりの部員たちが、個性的すぎて面白かったので、
 これはぜひとも、つづきに期待です!

 

 

●宮ノ内雪子はお嬢である (真たなひ 先生)

  

 笑わないお嬢と、笑わせたいヤクザたち。

 【主な登場人物】
 ・宮ノ内雪子(10) : 指定暴力団「宮ノ内組」組長の娘。 表情に乏しい。
 ・獅子童光 (28) : 「鬼」と恐れられる男だが、お嬢の笑顔が見たい。
 ・鷹尾棗  (28) : 情報戦の得意なインテリヤクザだが、お嬢の笑顔が見たい。

 10歳の少女でありながら、一切笑わないという雪子さん。
 そんな彼女を笑わせたいと、2人のヤクザが挑む物語である(ぇ

 人形を買って来ても、甘さひかえめお菓子を作っても、笑顔を見せないお嬢に、
 悪戦苦闘する2人の様子が、面白おかしい内容になっていました。

 対して、お嬢はヤクザの構成員たちも「いい人で優しい」と思っていて、
 光&棗についても、よくかまってくれると嫌がってはいない様子。
 笑顔を見たいことも理解していて、笑顔を見せた所、おののかれていたのは笑!

 雪子さんを守るため、知力の棗、腕力の光が、役割分担で協力するのは面白いですし、
 そんな2人に感謝する雪子さんが、素敵な笑顔を見せていた(2人は見てなかったけど)
 のも微笑ましかったので、つづきに期待したい所です!

 

 

【その他】

 まんがライフWIN 『姫のためなら死ねる』は、「源氏物語」の写しを作らされる清少納言。
 紫さん曰く「異次元な発言」していて可笑しかったですが、シュラバの漫画家って大変(ォィ
 「源氏物語」のために仏像を彫る女も大活躍(?)で、面白かった!

 

●マンドラさんとヒト科たち (ほずの都 先生)

 早川くんの妹・実潮さんがやって来た!
 そこで、マンドラさんの存在を隠そうと、必死になる早川くんが面白かった(^^;
 何でも「兄の沽券に関わる」とのことですが、そういうの気にする方だったのですねえ。
 しかし、歯ブラシが2つあるとバレ、万事休すかと思いきや、彼女がいると思われて愉快。
 このまま見つかるかどうかというハラハラ展開が、面白かった今回でしたけど、
 実潮さんの人見知りっぷりや、味オンチなぽんこつぶりも、なかなか楽しかったですね。

 

●白衣さんとロボ (柴 先生) 

 コミックス2巻は7月発売! そんな今回、宇宙旅行する白衣さんたち!?
 家をそのまま飛ばして、宇宙へ行ってしまった白衣さん、まことに天才すぎますね。
 しかし、無重力下で素麺を食べると大変とか、白衣さんのちらかし癖が三次元になるとか、
 さらに月まで行ったはいいものの、宇宙用白衣に笑ったりとか、色々と可笑しかった!
 そして、築50年の家屋では、大気圏突入が負担過ぎて、まさかの星になって消失・・・?
 なんて展開が面白いのですが、枠外の宇宙関連マメ知識も、なかなか興味深かったです。

 

●めんつゆひとり飯 (瀬戸口みづき 先生)

 社長から、ハラスメントを受ける面堂さん!?
 といっても、お弁当を作ってほしいとお願いされたわけですが、キリッとした社長さんが
 もじもじ可愛くお願いしているのは、なかなかオツな姿でありましたね、ごちそう様!
 焼肉弁当との交換ということで、面堂さんも頑張ってましたが、庶民的なお弁当が
 むしろ社長に大いに喜ばれていたのは、面白かったですね(´▽`;) 笑顔がまぶしい。
 そして、そんな面堂さんのお弁当に、対抗意識を燃やす十越さんが、また楽しかった。

 

●アスクミ先生に聞いてみた (後藤羽矢子 先生) 

 今回の相談者は、2年C組の矢田流子さんで、相談内容は「流行」について。
 流行がいいと思えないのは、自分がダサいから? と気にしているようですが、
 アスクミ先生は、流行に関して2種類の人間がいると語っていて、興味深い所。
 人と同じでいたくない人と同じでいたい人、は納得ですが、流行に無関心な層もいますね。
 それはともかく、流行に関する話は、なかなか面白かったですし、矢田さんの悩みも
 宇津先生のおかげで解決していて、目先を変えることが必要なのだと感じさせられました。

 

●わくわくワーキング (おーはしるい 先生)

 智美さんが、みおさん家に泊まりに来る!?
 みおさんの知らないうちに話が決まっているあたり、智美さんらしいのですが、
 一体何しに来るのか、何を企んでいるのか、不安がって怪しむみおさんが面白かった。
 実際、泊まりに来ても、いつなにが起きるのかと、ハラハラするみおさんだったものの、
 DVD観たり、お酒飲んだり、笑ったりしているうちに、楽しいからどうでもいいかと
 考えていたのには、なごめましたね。 智美さんの真意もよかったと思いきや、オチに笑!

 

 

【新人4コマ杯 5月期月間賞】

・サイ子パス子のsai脳 (ネットザ・マリオネット 先生)

 

 サイコパスな友人をもつと大変だというお話。

 【主な登場人物】
 ・サイ子 : サイコパスな行動がチャームポイントな少女。
 ・パス子 : サイコパスな友人に振り回される少女。

 天気がいいからと、ブラインド・テイスティングをやろうと言うサイ子さん。
 それを快諾するパス子さんでしたが、とんでもないものを食べさせられて、
 いや、正直、笑えないッス!!!

 そんな風に、笑えないことをしでかすサイ子さんに、それでも友達続けるパス子さん、
 2人のやりとりが面白おかしい(?)4コマ作品になっています。
 選評では、ネタの評価が高いので、そのあたりに注目して、つづきに期待したい!

 

コメント

◆ まんがライフ 感想

2018年06月02日 | ◆4コマ誌⑤ まんがライフ

2018年7月号

 

 表紙は、傘をさしてもジャンプなミカちゃん!
 梅雨でも元気な雰囲気で、タローもさくらも溌剌です。
 他、佐藤さんと主任や、ましろさん、渡辺伊織先生も可愛い(?)

 なお、今月号では「新人4コマ杯」の年間大賞が発表されています。
 以前、ゲストにもなった作品も、準グランプリなどに選ばれていますね。
 読んでいない作品もあるので、読みたいものです。

 

 

 今月の「ハッピーバースデートゥーミーで賞」は、『眠り姫と起こさない王子』

 

 ラベンダー姫の誕生日、さぞにぎわうだろうと思いきや・・・

 アルカネット姫は父上の誕生日とかぶるわ、他も王子と2人きりにしようとするわで、
 誰も来てくれないのは、お気の毒ですが可笑しかった(´▽`;)

 そして、来てくれたのは招かざる客・魔女さんだけ。
 そのためラベンダー姫が、誰も来ないのは魔女さんの仕組んだことだと思い込んで
 非難した所、「え?」と反応が返ってきていたのは大笑いでした!

 落ち込んでしまったラベンダー姫でしたが、慌てた魔女さんが励まそうと(?)
 していたのが面白く、意外な感じでしたね。

 そこで語られた魔女さんの姫への「愛」。
 なぜ、魔女さんが彼女を狙うのか、その理由が述べられていたのは興味深かった。
 魔女さんもまた、寂しい人なのでしょうか・・・

 ラストの1コマ、魔女さんの後姿から、そんなことを感じてしまいましたけど、
 これから彼女の想いが、どう物語を動かしてゆくのか、楽しみです!

 

 

【コミックス1巻、発売中!】

●ファーストクラスニートましろ (えきあ 先生)

  

 お嬢様は引きこもりニート!

 お嬢様であるましろさんの、破天荒なニート生活を描く4コマ作品。
 今日も今日とて、メイドの銀崎さんにお世話されていますが・・・

 今回、銀崎さんが熱を出し、代わりに豆田くんが、ましろさんをお世話することに。
 ましろさんのゲームを片付けていると、懐かしいエロゲーが出てきてましたが、
 そのヒロインが銀崎さんに似ているとのことで、豆田くんが興味津々なのに笑!

 彼は銀崎さんに片想いしていますからね、似ていると言われたら気になっても仕方ない。
 ましろさんの世話を引き受けるのだって、銀崎さんのためと言っても過言ではないですし。

 それはともかく、ふだん世話してくれる銀崎さんのありがたさを、ましろさんは理解せず、
 掃除が行き届いているのも、食事が出てくるのも「自然の摂理」とか言っちゃう彼女に
 お説教する豆田くんでしたが・・・?

 おかげで、心を入れ替えたましろお嬢様・・・と思いきや、地味に仕返し(?)してきて
 銀崎さんの豆田くんへの心証を、悪化させていたのは可笑しかった(^^;

 などなど、お嬢様ニートのお世話な日々も相変わらずでしたが、
 銀崎さんに似ているヒロインのエロゲーは、豆田くんでなくても気になりますよね(ぇ
 なんて考えつつ、コミックス1巻も発売されたとのことで、今後も楽しみです!

 

 

【6月15日、コミックス5巻・発売!】

●がーでん姉妹 (竹本泉 先生)

  

 野球で大活躍(?)な池子さん!

 池子さんが野球の助っ人に誘われていますが、町内会の野球とのことで、絶賛大活躍。
 笑いながらピッチャーやるほど絶好調で、次々とストライクをとる様子は痛快です。

 相手チームからは、「プロはずるいぞ」とまで言われるし(^^;
 池子さんは元女子野球部というだけなのに、そこまで評価されるほどとは。

 さらに、変化球まで投げ始めますけど、もはや“魔球”となってしまったため、
 禁じられていたのは笑! コントロールは必ずしもよくないのかな?

 でも、「久ぶりに思いっきり試合ができて楽しいーっ」と嬉しそうな池子さん。
 そして、カナリさんも応援に来てくれて、ますます盛り上がる池子さん。
 そんな様子が、朗らかによかったですね~。

 などなど、野球の助っ人で、池子さん大活躍。
 野球できて身体を動かすのが楽しそうな姿に、読者の側も健康的な気分にさせられる。
 そんな風に感じながら・・・ 今後も楽しみです!

 

 

【その他】

 まんがライフWIN 『姫のためなら死ねる』は、式神定子様の大冒険?
 式神を干していたら、うち1人が風に飛ばされ、鳥に乗る姿が可愛らしい。
 その後、冒険を繰り広げて(?)いましたが、最後の晴明さんが無慈悲で笑!

 

●夜のメイドさん (あづま笙子 先生)

 キッチンで殺されかけた小夜子さん・・・って、ユーレイですがな。
 どうも、ハウスキーパーの暮波さんに気付かれて、不審者と思われたらしく、
 元ボディガードということもあって、「殺されかけた」のだとか(^^;
 しかし、ユーレイな小夜子さんに気付くということは、彼女が見えるのかも?
 と気になる内容になっていて、そのことを奈月くんと確かめに行く様子が面白かった。
 でも、そんなことより、弥宵さんのメイド姿の方に注目してしまったのは、やむなし(ぇ

 

●四ツ谷姉妹は相容れない (瀬川あべる 先生) 

 友達と遊園地へ行くことになった遥さんですが、絶叫系ニガテな彼女は困っていて・・・
 そこで、泉さんと予行演習することになるものの、実は和泉さんにもニガテなものが。
 なんてお話で、絶叫マシンの練習の際には頼もしく、余裕綽々だった泉さんも、
 そのニガテなものでは立場逆転、遥さんにすがりついたり、「もう帰るっ!」なんて
 言い出したりしていて可愛かったですね・・・珍しい姿が見れた(^^;
 そして、まさかの心霊写真の正体も、愉快でありました。

 

●アスクミ先生に聞いてみた (後藤羽矢子 先生)

 今回の相談は、疲れたアスクミ先生が「ゆるい質問」で息抜き!?
 質問を受け付けることでリフレッシュするとは、アスクミ先生、相談好きすぎます。
 そんな中、集まったのはハナクソの臭いに関するものや、相撲取りを「お相撲さん」と
 呼ぶ理由など、たしかに「ゆるい質問」のオンパレードで、興味深く面白かった!
 また、本能寺の本能は、理性・本能の本能なのか? という質問への答えは「へ~」
 でしたし、ここで『信長の忍び』(他社作品)の名前が出ていたのも可笑しかったですね。

 

●キャバはじめました (忍田鳩子 先生) 

 キャバクラに女子中学生!?
 おっさんに絡まれていた女子中学生を助けて、保護したアゲハさん。
 しかしこの少女、キャバクラに悪印象を持っているようで態度が悪く、お客に説教まで。
 
キャバクラには「お金のために男をだましてる」なんてイメージも、一部にはあるのかも。
 それでも、そこで楽しむ人、働く人たちには色々あるもので、そんなことを感じさせる
 内容がよかったですし、少女の問題解決を、モンローでなく家庭に求めていたのは
 見事だったと思えますね・・・面白かった!

  

●エッセイまんが不適合者 (渡辺伊織 先生)

 今回は、やたらとやさぐれている渡辺先生、一獲千金ねらいで競馬場へ!
 「ファミリー誌でギャンブルはいかが」なものかと言われ、出版社を持ち出したのは笑!
 竹書房さんといえば「近代〇〇」とかありますものね・・・倍プッシュとか言ってるし。
 そんなわけで、競馬を楽しむ(?)渡辺先生でしたけど、初めは良かったものの、
 調子に乗り始めてから崩れ始めるあたり、(ネタ的に)もってるな~と感じさせられます。
 それにしても、謎のシュラバを展開する男女には笑! 競馬場って面白いですね!

 

 

【新人4コマ杯 4月期月間賞】

・おすそわけハピネス☆ (桜ヒタミ 先生)

 

 順調な人生が一転してしまった女性のもとに訪ねてきたのは・・・?

 森川りいなさん(25)、東京都心に勤務するOLだったものの、
 田舎に転勤となり、恋人にはフラれ、仕事もクビになるなど、散々な転落人生に。
 そして失意の中、ニートとなって暮らしていた所、誰かが訪ねてきて・・・

 なんてお話でしたけど、いかんせん掲載されている分では、よくわからない。
 おそらく訪ねてきたのは、トビラ絵で、りいなさんの肩に乗っている妖精?
 なのでしょうが、この妖精さんが何をもたらすのか、気になる所です。

 採点では、ネタやオリジナリティに高得点がついてますし、
 そのあたりに注目しつつ、読んでみたいものですね!

 

コメント

◆ まんがライフ 感想

2018年05月03日 | ◆4コマ誌⑤ まんがライフ

2018年6月号

 

 表紙は、窓際のんびりミカちゃん!
 タロー&さくらと外を眺めている雰囲気が、ゆったり気分にさせてくれます。
 他、ランドセル背負いながら水産物を運ぶちぃちゃんや、新連載作品も!

 

 

 今月の「コミックス14巻・発売中ゲストで賞」は、『ちぃちゃんのおしながき』

 

 今回、ゲスト登場! いつも通りの「みづは」の風景。

 おススメ品はとんかつで、お酒と一緒に常連さんたちも楽しみます。
 が、そこで各人、ビールと日本酒とハイボールとで分かれてしまい、
 それぞれどれくらい、とんかつに合うのかを語っていたのは面白かった。

 そして、その話を聞きながら、互いに互いの話に思わず「ごくり」したのは愉快。
 どれも美味しそうな組み合わせで、全部試してみたくなる誘惑がありました。

 そんな風に、とんかつに合うお酒を語り合う面々でしたけど、お酒ではないものの、
 ちぃちゃんが出してきた組み合わせには、皆一致でご満悦なあたり、さすが。
 う~ん、とんかつ食べたい。

 

 

【連載スタート!】

●夜のメイドさん (あづま笙子 先生)

  

 夜だけ現れるメイドさんとの生活。

 ゲストを経ての連載スタート!
 一條奈月くん(14)が、とつぜん現れたメイド・小夜子さんと交流して始まるお話。
 じつは幽霊な彼女と、下宿の女子高生・五十嵐弥宵さんとの同居生活が描かれます。

 今回は、小夜子さんと話していると、話し声に気付いた弥宵さんがやって来て、
 奈月くんがハラハラ・・・なんて感じに、弥宵さんの来訪が気になる内容。

 奈月くんにとって弥宵さんは「大切なかた」なのだと、あらあら言いながら
 理解したつもりになってる小夜子さんが面白い(^^;
 奈月くんは「お姉さんみたいな」存在だと、赤面しながら言ってましたけど。

 弥宵さんは弥宵さんで、奈月くんの様子がおかしくなったことに気付きつつ、
 グレ始めているのでは?と考えていたのは、ズレていて愉快でした。

 などなど、小夜子さんのいる生活が始まった奈月くん。
 弥宵さんは小夜子さんが見えないけれど、様子が変なことはわかっていて、
 このあたり、どう誤魔化しながら暮らしてゆくのか・・・

 小夜子さんがなぜ幽霊になったのか、なども気になりつつ、
 連再スタートとのことで、今後も楽しみです!

 

 

【今月のピックアップ!】

●アスクミ先生に聞いてみた (後藤羽矢子 先生)

  

 女なんて・・・

 今回の相談者は、自称「二重人格」の二重仁くん。
 ということは、その二重人格が相談内容なのかと思いきや、問題はもう1つの人格が
 女性嫌いであるということで・・・

 ジキルと名付けられたもう1つの人格は、「女なんかクソだ!!」と凄んじゃうタイプ。
 そのため、女子と仲良くなろうとすると邪魔をするというから、面白…もとい厄介。
 わざわざジキルと名付けているのは、そちらが本心に近いからなのでしょうかね?

 それはともかく、ジキルの述べる所では、やさしい男が好きと言いながら
 壁ドンやちょいワル男が好かれることに納得いかないという話ですが、アスクミ先生が
 そこをパーソナルスペースと、知り合いか否かで違うと答えていたのは、見事でありました。

 しかし、そこでジキルくんは痴漢冤罪などの話を持ち出し、やはり女はダメだと
 論陣を張りますが、それに対して先生は、実際に女性にされたりしたことなのか、
 逆に女性が「男はみんなクソ」と偏見まみれで言ったらどうかと語っていたのは興味深い。

 身近にいる女性はどうなのか? クソと言えるほどなのか。
 噂や評判だけで物事を決めつけることの安直さは、余計な偏見を生みますからね。

 最近、「男は~」「女は~」という性差によって決めつける言説をよく見かけていたため、
 今回のテーマは、とても注目しながら読むことができました。

 「この世界に何十億もいる人たちを」「男と女のふたつだけに括ることなんてできない」
 女だから必ず痴漢冤罪をおこなう、男だから性犯罪ばかりする、なんてことはないわけで、
 大勢の人たちの中には、そんなことをしない女性・男性だって当然いるわけです。

 まず、そばにいる人がどんな人なのか、知ってゆくことから始めるべきだと述べる
 アスクミ先生の言葉には、説得力がありましたね。

 当たり前のことなのだけど、ネガティブな情報があふれる中では見失いがち。
 なので、それを指摘してくれる先生の存在はありがたい・・・
 なんて感じつつ、今後も楽しみです!

 

 

【その他】

 まんがライフWIN 『姫のためなら死ねる』は、コミックス8巻が5月7日発売!
 そんな今回、オウムがやって来た! ということで、主上と定子様が大はしゃぎ。
 彰子様も巻き込んで、子供たちの喜ぶ様子が楽しかった…けど、大人組は大変(^^;

 

●スパロウズホテル (山東ユカ 先生)

 忙しいGWのはずなのに・・・?
 オシャレな恰好で市見さんがやって来て、塩川兄を捜してきたのは危険な兆候。
 そんな彼女の様子を見ながら「ドン引きレベルのメスの顔」とか言う古城さんヒドッ!
 さらに臼田さんも来て、女子力の高さがさすがな印象だったものの、それすら古城さんは
 ネガティブ評価するなど、彼女のやさぐれ具合が面白すぎでありました(´▽`;)
 しかし、その上から目線に、報いがあったのは爽快でしたね(ぇ

 

●お姉ちゃんが来た (安西理晃 先生) 

 GWにお出かけする一香さんと朋也くんでしたが・・・
 そこで出会った少女・華さん(11)に話しかけられ、誰なのかわからないまま、
 交流していたのが面白かった。 華さんの方は朋也くんを知っているのもミステリアス。
 そして、誘われるまま彼女の言うお店へ行くと、そこにはおばあちゃんが・・・
 といった感じのお話でしたけど、そこで華さんの正体も判明して、一件落着。
 少し気難しい子ですが、朋也くんを気に入ったようで、今後どんな関係になるのか楽しみ。

 

●めんつゆひとり飯 (瀬戸口みづき 先生)

 十越さんのお弁当は、なぜハイクオリティを維持し続けられるのか?
 自分が料理をしたいことと、それがリフレッシュになると述べる十越さんでしたけど、
 周囲の女性にとっては耳に痛いようで(´▽`;) ただ、それでも疲れているようで、
 面堂さんが彼女を少しでも休ませようと、「新しい調味料」を贈っていたのは面白い。

 しかし、時短のために渡したはずなのに、それすら幅広い調理法で時間をかけてしまう
 十越さんがさすがでありました。 それでもリフレッシュできる所も、スゴイなあ。

 

●わくわくワーキング (おーはしるい 先生) 

 兄が眺めていた水着グラビアを、見てしまった高沢くん・・・
 ですが、「きれいな人だね」と笑顔で答えていたのが健全すぎて面白い。
 しかし、兄がその写真の顔をみおさんにしたものだから、唐突に反応してしまい、
 みおさん本人に会っても赤面して逃げ出してしまうほど。 極端だなあ(^^;
 罪悪感とモヤモヤがあると語っていたのは純情ですが、中野くんの一言で一件落着。
 そこはさすが中野くんですけど、妙な気分になるかどうかを隠していたのは大笑いでした!

 

●だめっこどうぶつ (桑田乃梨子 先生)

 連載200回達成! そんな今回、ゆーたいりだつーーー。
 うる野くんがぼんやりしていた所、眠ってしまい、そこで唐突に幽体離脱!
 魂が抜けた状態で、空を飛んで色んな動物に会いに行ったりしてますけど、
 時間をかけてしまうと戻れなくなるのでは? という可能性があってハラハラでした。
 しかし、ちー子ちゃんに触れられないからという理由で、即行戻ろうとするのは
 うる野くんらしかった(´▽`;) でもって、やっぱり戻れなくなるあたりも。

 

 

【新人4コマ杯 3月期月間賞】

・O-EKAMI (堂本ド門 先生)

 

 隠れオタクがバレて、連れられて行ったのは・・・?

 【主な登場人物】
 ・内海テツロウ : オタクを隠していたのものの、バレてしまい・・・
 ・備前リュウト : フォロワー1万人超えの人気絵師。
 ・高橋ヨウセイ : えっちな絵描きで、その方面では有名人。
 ・????   : ????

 テストの裏に美少女ゲームのキャラを描いていた内海くん。
 それを備前くんに見つかってしまい、オタバレしたと思ったのも束の間、
 手を引かれて連れて行かれた部屋には、絵描きな男子たちがいて・・・

 といった感じに、絵描きを共通点にする少年たちのお話になっていました。
 有名絵師の備前くんや、そちら方面では有名なえっちな絵描きの高橋くん。
 そんな人たちと絵を描くことでつながる内容は、なかなか面白そうです。

 もう1人がどのような絵描きさんなのか、ここではわかりませんし、
 つづきに期待したい所です!

 

コメント