五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

◆ まんがタイムきららキャラット 感想②

2014年10月31日 | ◆4コマ誌⑨ 不定期 きららキャラット

2014年12月号 のつづきです。

 ①は、『カスタムメイド!』 『へんてこバスと飴玉くるり』 『たびだより』

     『社会人から始める異次元ライフ』 『P.S.リスタート』です。

 

 

NEW GAME! (得能正太郎 先生)

 ゲームも完成、ついにマスターアップを迎えることになった青葉さんたちですが、その前に?

 製作チームは平和そのものなのに、ねねっちのいるデバッグ・チームには、黒い空気(^^;

 バイトがバグを見つけるとムードが悪くなるって本当なのですね・・・ ねねっち、お疲れ様!

 

●ひだまりスケッチ (蒼樹うめ 先生) 

 お風呂で温泉気分を味わうゆのっち&宮子さんでしたが、唐突に卓球をしたがってて、笑!

 そこで、スポーツセンターで卓球! 得意組と苦手組は予想通りでしたけど、茉莉さんは?

 ゆのっち&なずなに和みつつ、宮子さんがゆのっちに合わせた打ち方してるのが良かった。

 

●Aチャンネル (黒田bb 先生)

 ユタカさん、頭に大けが!? 心配するトオルさんたちですが、実は髪の毛斬り過ぎただけ。

 前髪を切り過ぎたユタカさん、(目を開けてれば)わりと可愛いような? でも、気にしてます。

 美容室での「遠慮」な様子が、あるあるで楽しかったり、最後のるんさんとの共演で、大笑!

 

●GA 芸術科アートデザインクラス (きゆづきさとこ 先生) 

 1つ前でも書いた通り、受験の迫った美術部で、独りのときを思い出すあーさんでしたけど、

 肌寒い季節が、心に沁みる空気感をもたらしていて、より一層その寂しさを演出しています。

 だからこそ、彼の存在と、一緒のひとときが、彼女にとっていかに特別か、わかりますよね。

 

●ぱわーおぶすまいる。 (ウロ 先生)

 今回の主役は、真白さん! 宗馬くんに片想いしていて、その自覚もあるけど、諦めてない。

 そんな彼女のラッキーデイ、彼との急接近に期待しちゃう姿が可愛かったり、2人きりで会話

 する様子が楽しかったり、観久さんの乱入に笑いつつも、彼女の積極性と謙虚さが好感触。

 

●すわっぷ⇒すわっぷ (とめきち 先生) 

 ゲスト3話目! 一之瀬さんのおかげで、テスト赤点をまぬがれた二階堂さん、お礼は何?

 そこで一之瀬さん、バイキングをおごってもらうことになりますが、食べる服装にするため、

 2人で入れ替わってのファッションチェックが面白かった! キスで仲良くなる女子2人、か。

 

●ホワイトサンドに手をふって (イチゼン 先生)

 ゲスト3話目! 冒頭、ホワイトサンドの説明が入りつつ、お魚たちとの交流ライフが楽しい。

 今回は、先輩の稲川さんが来たため、プラちゃんが人見知りを発揮して、水槽内は大騒ぎ。

 でも、ごはんでご機嫌になるプラちゃんや、“カッパ”が楽しかったり、アクアリウム面白い!

 

あまゆる。 (マウンテンプクイチ 先生) 

 今回、野球するハルさんたちでしたが、アヤさんをライバル視するレイカさん登場で、波乱?

 典型的なツンデレ少女っぽい所が、憎めないし可愛いし、野球も得意でないのに勝負とか、

 良いキャラクターでしたし、野球も楽しかったのですが、次回で最終回とか、もったいない!

 

●ののかノート (水乃ミナト 先生)

 ののかさんが天使に戻りたい理由は、あの少女の願いを叶えるためというから、納得です。

 ひよこさんとの会話が色々と面白かったりもしましたが、少女の3つ目の願いの話になると、

 何やらシリアスムード・・・ と思ったら、なるほどそういうことだったのか! つながり、素敵。

 

●フレラジ☆ (種田優太 先生) 

 進路に悩む薫さん、父上とのやりとりでは、大学へ行くと言っていますが、では演劇は・・・?

 「安全な道」を望むのは親心ですが、揺れる薫さんの姿は危う過ぎて、父上もため息ムード。

 そこで薫さん、悩みをラジオ投稿しますが、茜さんたちの「答え」が響く、言葉の流れが良い。

 

 

コメント

◆ まんがタイムきららキャラット 感想①

2014年10月30日 | ◆4コマ誌⑨ 不定期 きららキャラット

2014年12月号

 Manga_time_kr_carat_2014_12

 表紙は、『NEW GAME!』より、「がんばるぞい」な青葉さん!

 コミックス感想まで書いた作品ですけど、まさかこのフレーズが、

 ネットで大流行するとは想像もしておりませんでした(^^;

 表紙デザインも、ゲーム的な雰囲気で面白い!

 

 

 今月の「終わりが始まりとなるで賞」は、『GA 芸術科アートデザインクラス』より、あーさん!

 Manga_time_kr_carat_2014_12_p048

 12月になり、美術部の3年生も受験へ向けて、美術室から足が遠のく季節。

 それでもやって来る部長・あーさんでしたが、夕方1人の時間となってから、

 かつて部室に独りだったときのことを思い出しています。

 そこで、「最後まで付き合うから」と言ってくれた人物。

 彼への感謝、そして【感謝より上の言葉】、2人の間に流れる少しだけ甘いひと時。

 思わず、おーそうなんですか~なんて口に出してしまうほど、しみじみ微笑ましかったです。

 

 

 

【新連載!】

●カスタムメイド! (たちつてつこ 先生)

 Manga_time_kr_carat_2014_12_p039 Manga_time_kr_carat_2014_12_p040

 猫かぶりなお嬢様と、何もできないはずなのにスーパーなメイドさんのお話。

 ゲストを経ての連載スタート!

 鳳凰路ユウさんは、隠れオタクなお嬢様。

 そんな彼女の専属メイドとなったマサキさんですが、何もできないというから意味不明・・・

 と思いきや、じつは一夜づけで何でもできるようになってしまうスーパーメイドだった!?

 

 しかも、オタクなお嬢様の大好きな同人作家「絶対正義」先生=マサキさんなものだから、

 メイドなんかいらないと思っていたユウさんも、次第にマサキさんになつき始めている様子。

 といった感じのお話で、ユウさんの隠れオタクっぷりと、マサキさんのスーパーぶり、

 そして、そんな2人のやりとりが面白味となっている4コマ作品です。

 

 今回は、ものもらいができてしまい、眼帯をするマサキさん。

 なのですが、ユウさんが“中二”的精神を発揮して、眼帯に憧れ始めたから面白い!

 高校生にもなって眼帯したがるのも、ふだん猫かぶりしすぎているためなんですかね(^^;

 そして、何とか眼帯をゲットしようとする、ユウさんの苦闘ぶりが可笑しかった!

 おかげで、マサキさんにはプラスになったようでしたけど、

 ユウさんの思い通りにいかなかったのは、お気の毒でありました(´▽`;)

 

 などなど、隠れオタクなお嬢様と、少し抜けた所もあるスーパーメイドさんの物語。

 このコンビ、なかなか侮れませんし、ここからどう2人の世界を広げてゆくのか期待しつつ、

 連載スタートということで、今後も楽しみです!

 

 

 

●へんてこバスと飴玉くるり (笛 先生)

 Manga_time_kr_carat_2014_12_p107_2  Manga_time_kr_carat_2014_12_p108

 へんてこバス・月光号に乗り込んだ少女たち!

 ゲストを経ての連載スタート!

 父を捜す少女・くるりさんが乗り込んだバス・月光号には、不思議がいっぱい。

 建物のような車体の中は未知の領域で、どこに何があるのかよくわからない魔窟状態。

 悩める詩人少女・ビー玉さんを加え、そんな月光号で旅をする、幻想的な4コマ作品です。

 

 今回、父親を捜すヒントとなる絵を求め、屋根裏部屋へ向かうくるりさんたち。

 なのですが、月光号の中は広大な不思議空間になっていて、行き方がわからない!?

 運転手のアオイさんは当てにならなかったものの、猫の車掌さんから協力を得つつ、

 吉野櫻さんが行き方を指南して、屋根裏部屋へ到着するまでの大冒険が面白かった!

 いや、もう、ハチャメチャで(^^;

 

 そんな風に、バス内なのに冒険譚になってしまってましたけど、

 最後トラブルが発生していたのはともかく、ヒント絵の「正体」がミステリアスだったのは、

 ちょっと気になってしまうポイントでしたね~。 くるりさんの父親っていったい・・・?

 なんて感じに、連載スタートの本作品。

 幻想的な不思議ワールドに魅力がありますので、そのあたりに注目しつつ、楽しみです!

 

 

 

●たびだより (まだら 先生)

 Manga_time_kr_carat_2014_12_p141 Manga_time_kr_carat_2014_12_p142

 世界を股にかける郵便配達人「クロバト」と、本好き少女の旅物語。

 『いつか四つ葉のシャムロック』のまだら先生が、新作での連載スタート!

 郵便配達人のマトさんと、本好きのアイさん。

 そんな2人の旅する様子が描かれる4コマ作品です。

 

 アイさんは、村を出てまだ1ヵ月で、大きな街が珍しいらしく、

 “おのぼりさん”な態度でいますが、マトさんの方は郵便配達人だけあって、慣れたもの。

 しかし、アイさんがスリにあってしまうと、なぜかアイさん自身は落ち着いていて、

 マトさんが大慌てだったから面白い(;´∀`)

 

 なんとかスリを捕まえて、お説教・・・ といった感じのお話でしたが、

 その会話の中で、郵便配達人「クロバト」の説明や、「手紙」に対する想い・考え方が

 語られていたのは、なかなか興味を引かれるところでした。

 「クロバト」は腕利きで、許可が必要な国境を自由に渡れるだとか、

 「手紙」は紙クズだけど、だからこそ配達人が必要といった話に、納得感ありましたね。

 

 などなど、「クロバト」と呼ばれる配達人と、本好き少女の旅話。

 最後に、ちょっとした驚きがあったりしたのも良かったですし、

 これからどのような旅が繰り広げられるのか、そこにどのような想いが込められるのか、

 期待しつつ、今後も楽しみです!

 

 

 

【ゲスト作品】

●社会人から始める異次元ライフ (榊 先生)

 Manga_time_kr_carat_2014_12_p073 Manga_time_kr_carat_2014_12_p074

 くたびれた社会人くんが迷い込んだのは、異次元!?

 何やら「管理人さん」と呼ばれる長い耳の女性・ポラリスさん。

 よくわからない機械を扱ってますが、トラブル発生?

 一方、2014年の東京では、後輩の仕事をかわってあげた鈴木くんが、1人悩みの中・・・

 

 といった感じに始まった本作品。

 鈴木くんの後輩が仕事をかわってもらった理由は、彼女の誕生日。

 そこで、彼女いない歴=年齢の鈴木くんは、ため息ついて、

 わが身の寂しさをかみしめちゃったりしていたわけですが、

 帰り道に、空間に妙なゆがみを発見して、近づいてしまったのが運の尽き?

 もしくは、幸運の始まりなのか・・・?

 

 といった感じのお話で、異次元へ迷い込んだ鈴木くんの苦闘(幸運)が始まります。

 言葉が通じなかったり、そこを通じるよう「言葉をインストール」したりと、

 SFファンタジー的な要素にワクワクしてしまいますが、

 管理人のポラリスさん、褐色のフェイエルさん、そしてもう1人、

 3人の女性の囲まれた鈴木くんの運命やいかに!?

 と気になりますので、次号も登場のようですし、楽しみです!

 

 

 

【最終回!】

●P.S.リスタート (桑島黎音 先生)

 Manga_time_kr_carat_2014_12_p205 Manga_time_kr_carat_2014_12_p208

 コミックス2巻、12月25日発売! ・・・ですが、最終回!!

 没落お嬢様の白鷺千華さんも、今の生活に慣れて来ていましたが、

 ここにきて、何やら大きな変化が到来しそうな予感・・・?

 

 姫乃さんのヤな予感。

 千華さんが理事長室に呼び出され、なつきさんは留年報告かと気にする程度でしたけど、

 千華さんの父母が訪問してきているという、より深刻な事態だったりします。

 そこで、姫乃さんを先頭に、理事長室に乗り込んで・・・ という展開。

 

 想像通り、千華さんを引き取りに来たご両親。

 それに反対する友人たちという構図でしたが、

 何と言うか、親父さんの言い分がずいぶんと勝手なもので、ちょいと呆れちゃいましたね。

 わりとシリアスムードではありましたが、理事長の「目の黒線」には笑った゜(*゜´∀`゜)゜

 

 けれど、千華さんの選んだ道は、当然と言えば当然の道で、安心感。

 はじめは右も左もわからない、何もできないお嬢様くずれだった彼女。

 そんな危うさは残ってますけど、それでも、昔の彼女なら父親の意向を拒絶など

 できなかったはずで、迷うことなく自分の道を選べた彼女は、

 めぐみさん、なつきさん、姫乃さんらとの交流の中で、大きく成長できたのだな~

 と、しみじみ感じてしまいました。

 

 本作は、没落お嬢様だった千華さんの、日常生活で自分では何もできない様子が、

 面白おかしく描かれつつ、友人たちのサポートを得ながら、なんとか頑張る姿が、

 見守り気分で微笑ましかったお話でありました。

 友人たちが皆イイ人だったのも、心地よかったですね。

 私は、姫乃さんのメイド・サキさんが好きでした(^^;

 コミックス2巻は、12月25日発売とのことで、楽しませていただきました!

 

 

②へつづきます。

 

コメント (2)

◆ まんがタイムオリジナル 感想②

2014年10月29日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2014年12月号 のつづきです。

 ①は、『ラディカル・ホスピタル』 『たよスポ!』です。

 

 

●小森さんは断れない! (クール教信者 先生)

 1月下旬、推薦入試! 小森さんや、まさ子さんも推薦枠のため、めぐみさんが面接練習?

 自分の長所や短所を聞かれたとき、どう答えるかって難しいですよね。 小森さんも同様で、

 舌足らずなのはともかく、自分にどう向き合うか考える所は、わりと共感・・・ さて、どうなる。

 

●らいか・デイズ (むんこ 先生) 

 コミックス5巻は12月発売! そんな今回、連休に自転車で田舎へ行きたかった小西君・・・

 ですが、祖母さまが旅行のため、らいかさんの田舎へ行くという発想の飛躍が面白すぎる!

 らいかさんのデパートでの苦闘ぶりも楽しく、最後のコマには、妙な安心感がありますね~。

 

みつめるっ!上野さん (中邑天 先生)

 展示場に不審者あらわる!? お客様から知らせを受けて、駆けつけると、根津さん(^^;

 イカ蔵さまの舞台を特等席で観れるため浮かれていたようですが、なぜか上野さんと一緒。

 上野さんへの疑念に振り回される根津さんに笑いましたけど、最後の感謝には、ほのぼの。

 

●春雨平安日記 (松 阪 先生) 

 牛の足に魚の目、ことわざみたいですが、おかげで出仕に苦労する方向オンチ・春雨くん。

 冬子さん家にたどり着くも、夏子さん家に行く途中とか、正直に申告しなくて良いし(´▽`;)

 夏子さんと春雨くん、独りの冬子さんとの対比が切なくも、「春雨は来ないけど」に、笑った!

 

●トリセツなカテキョ (山東ユカ 先生)

 会長と顔を合わせると、ギクシャクしてしまう春吉くん・・・ 彼女の方が落ち着いてるし(^^;

 「あったことは消えない」 春吉くんにとっては無視できないことですからね、やむなしな気も。

 あざみさんの一言は、気づかいであると同時に、吹っ切るための言葉。 後ろ姿が切ない。

 

●どす恋!りきしー女 (銅代きいろ 先生) 

 トビラの男子2人は誰!? ・・・と気になった今回、源じいさんがやって来て、厳しい指導!

 相撲部OBでもあり、女子相撲部になっていると知ったら怒られると、一計を案じることに・・・

 そこで男装する女子3名でしたが、源じいの強さの前に、化けの皮はがれる流れが、面白!

 

●ゆらゆら薬局プラリネ (松田円 先生)

 肌寒くなり、風邪とインフルの季節ですが、池田さんだけは「春」の到来を実感しています?

 みさきさんにカミングアウトしてスッキリしたと思ったら、社長と山内くんの仲の良さにモヤッ。

 「のどあめを食べさせる」ことに反応しつつ、【二人の時間】で落ち着きを取り戻すのが良い。

 

●かでん屋さんの基礎知識 (風良まり 先生) 

 1つ前でも書いた通り、「PC組立工房」のヘルプに入る草薙さん、マイスター特A級とは(^^;

 そんな彼女が組立する様子が、てきぱき素早く爽快感! 一花さんもお手伝いしてますが、

 相談受付なら、さすがの仕事ぶり! 女子2人の仕事ぶりが、気持ちの良い面白さでした!

 

●ぎんぶら (安堂友子 先生)

 今回は、フルーツ惑星タワワ! 秋の味覚の果物狩りが最盛期ということで、喜ぶ一同・・・

 でしたが、まあ普通の果物狩りなわけもなく、フルーツに襲われるという、珍し体験が愉快!

 まさに「狩り」といった趣でしたが、困難なだけに達成感ひとしお、と思いきやなラストに笑!

 

●あまかす*あくとれす (オオトリキノト 先生) 

 今回、劇団の団長さんや、後輩の歳内くるめさんとの交流を深める甘糟さんでしたが・・・?

 やたらと甘糟さんを尊敬しているくるめさんの、持ち上げ方が過剰すぎて面白かったり(^^;

 葛城さんをめぐって複雑な想いを抱く甘糟さんでしたけど、優秀な後輩って怖いですよね(ぇ

 

 

コメント

◆ まんがタイムオリジナル 感想①

2014年10月28日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2014年12月号

 Manga_time_or_2014_12

 表紙は、昇進試験(?)のお勉強な山下さん!

 メガネかけている姿が知的に見えなくもないような、そうでもないような・・・

 榊先生は、きっちりした格好で、似合わない雰囲気なのが、むしろ面白い所。

 他、お料理をお勉強のらいかさん、本に付箋をつけまくるたよりさんと、勉強三昧です!

 

 

 今月の「それはできる人の考え方で賞」は、『かでん屋さんの基礎知識』

 Manga_time_or_2014_12_p108

 今回、「PC組立工房」で、ソフト入れたり、周辺機器をつなげる仕事をする草薙さん。

 そこで、「メモリー挿すくらい簡単だと思うんだけどなぁ」と言う一花さんに、

 草薙さんは、「それはできる人の考え方」だと、くぎを刺しています。

 自分だと簡単にできることだから、他人もすぐできると勘違いしてしまいがちなのですよね。

 けれど、自分ができることでも、他人には困難なこと(またはその逆)もあるわけで、

 そのあたり、きちんと配慮しておかないと、無理を押し付けてしまうことになりかねません。

 草薙さんに例を出されて、逆に自分が無理を押し付けられたときの気持ちを、

 一花さんが理解させられてましたけど、それで「軽く殺意湧く」とか言っていたのは、納得(ぇ

 

 

 

【今月のピックアップ!】

●ラディカル・ホスピタル (ひらのあゆ 先生)

 Manga_time_or_2014_12_p003 Manga_time_or_2014_12_p004

 大門先生の悩みは・・・ 恋愛!?

 最近、榊先生の所に来ない大門先生、精神科・二郷先生の方へ相談に訪れている様子。

 ちょっと寂しい榊先生・・・ と思いきや、大門先生の悩みは「恋愛」に関することで、

 そりゃあ榊先生には無理だよな、と。(酷)

 

 けれど大門先生の悩みは、小児科医らしく、患児に関する話。

 患児から大門先生あてのラブレターというまでは、榊先生のおっしゃるように

 「ほのぼの」ですませられそうなのですが、それが捨てられていただけでなく、

 晒されてしまったことで、問題が大きくなってしまっているとのこと。

 子供の間では、こういった話は深刻になりがちですからね~。

 大門先生はナイーブすぎるところありますけど、悩むのもわからなくはないです。

 

 でも、榊先生の意見として出した【対策】。

 本人は自分の力不足だと申し訳なさそうにしてましたけど、これって良案ですよね。

 マッキーの言う「医師と患者の適切な距離感」を保つためには、榊先生の案は最適でしょう。

 この距離感について、榊先生は患者さんとの距離を詰めて、相談してもらいたい人ですが、

 ヤスじいからも「ユルすぎ」と評されてしまうくらいですから、適切な距離感かどうかは(^^;

 

 ただ、そこが榊先生の魅力でもありますから、何が正解かなんて一概には言えませんよ。

 大門先生のおっしゃる「小児科医は意識して、子供に嫌われないよう努力している」

 という言葉は、プロフェッショナルのそれですし、納得のものですけども、

 榊先生の場合、自然体で患者さんとの距離を縮めてしまうのだから、

 大門先生が努力の意味を考えてしまうのも、やむなしですよねえ(;´∀`)

 

 などなど、大門先生の悩みと、榊先生の自然体から考える「医師と患者の距離感」の話。

 なかなか興味深い内容だったと思いますけど、最後ぜんぶ持って行ってしまったのが、

 服部くんというのには笑ってしまいました! ホンモノのプロやで、彼!

 医師と患者のみならず、人と人との距離の取り方というのは、難しいものですから・・・

 なんて感じつつ、今後も楽しみです!

 

 

 

●たよスポ! (王嶋環 先生)

 Manga_time_or_2014_12_p071 Manga_time_or_2014_12_p077

 たよりさん、入社早々、デスクにケンカを売ってしまうの巻!?

 これは、デスク激怒⇒たよりさん縮こまるの流れか~・・・

 と思いきや、完全にド天然な返しで、丸く収めてしまうたよりさんがスゴイ(^∇^;

 

 なんて感じに始まった今回、たよりさんと職場の人々との交流が面白かった!

 小川デスク、言葉は汚く、ちょっと怖そうなタイプではあるものの、イイ人なのが好印象。

 けれど、それとは無関係に、たよりさんの天然さというか、物怖じしない態度と心で、

 職場にあっさりなじんでゆく様子が、なかなか気持ちの良いところでした。

 

 直接、たよりさんに仕事を教えてくれるのは、早織さん。

 落ち着いた美人さんですけども、笑顔でびしっと、シメるところはシメてくるお方(^^;

 マイルドではあるものの、けっこう厳しいことを言ってきたりして、

 たよりさんも大変だな~・・・ と思ったら、天然すぎてわかってないのは、むしろ強みかも。

 まあ、早織さんも厳しいだけで、決して攻撃的な人でないのは、安心感。

 

 そんな職場の人々と、たよりさんとのやりとりが楽しかったお話でしたが、

 最後に、小川デスクがたよりさんを「本番で学ぶタイプ」と評価していたのはもちろん、

 彼女が陸上やっていたことを知っていて、その際、「余計なこと」を言わないよう

 配慮していたことが明かされていたのには、感服してしまいましたよ!

 めっさ良い上司さんじゃないですか~、あーこんな上司がほしかった・・・

 と思う前に、自分がこうありたい、と感じてしまいましたね~、素敵でした。

 なんて風に始まった、たよりさんのお仕事。 もちろん今後も、楽しみです!

 

 

 

【新人ギャグまんが展】

・ (ぴりか 先生)

 Manga_time_or_2014_12_p162

 がんばり屋なドジっ娘さんに、なごむ4コマ作品。

 ゆゆさんはがんばり屋・・・ ではあるものの、やたらとドジ!

 なので、バイト(?)では失敗の連続ですが、がんばり屋が目立って、

 叱るに叱れない店主さんという構図が、可笑しかったり(^^;

 店主の娘・リコさんも、ゆゆさんになごんでいたりすることから、

 ドジなのだけど、周囲にふんわり気分をもたらす魅力がありそうです。

 

 

②へつづきます。

 

コメント

◆ まんがくらぶオリジナル 休刊号 感想②

2014年10月27日 | ◆4コマ誌⑥ まんがくらぶオリジナル

2014年12月号 のつづきです

 ①は、『酸いも甘いもシッタカ姐さん』 『メリー3と疾風堂コロラチュラ』 『龍女生徒会っす!』

     『いとをかし』 『ヒジキのお仕事』 『ヒナ書房へ行こう』 『ぼくとことりちゃん』

     『路傍のミオ』 『ラジ娘のひみつ』 『げぇ~むプレイ日記』 『のぶながちゃん公記』

     『もしもしぐま』 『ヲタママ』 『オニワーク』 『レキシズル流 歴史はポップが面白い』

 

 最終号ということで、①では最終回作品を、ここでは、移籍・継続作品の感想を簡単に・・・

 それにしても、私にとって「まんがくらぶオリジナル」は、毎月買おうと決めた4コマ誌では、

 2つ目にあたるため、終了には、いっそう寂しいものがありますね。

 

 あちこちで語られているとは思いますけど、意欲作・挑戦作を掲載することでは、

 他誌に比べて特筆すべきものがあった4コマ誌でしたので、

 今後そうした「セオリーを外した作品」が出てくる土壌が、なくなるのではないか?

 と不安もあります。 とはいえ、15年半にわたって、

 様々な4コマ漫画を、世に送り出してくれた本誌に感謝を・・・ お疲れ様でした!

 

 

 今月の「絵心達者で賞」は、『うしろのご先祖さま』より、菜々緒さん!

 Manga_club_or_2014_12_p036

 町内会のお祭りで、お手伝いを頼まれた菜々緒さんと静さん。

 2人して、カフェでメイドさんをやっていましたが、梅さんの要望から

 メイド喫茶のメイドさんのように働くことに・・・ 

 そこで、オムライスに絵を描いてますけど、めっさ上手いじゃないですか~!

 しかも、どこかで見たことあるような騎士王さまで、一部の層から絶賛されていたのは、笑!

 

 

 

【コミックス1巻、ほやほや発売中~!】

●銀子の窓口 (唐草ミチル 先生)

 Manga_club_or_2014_12_p059 Manga_club_or_2014_12_p061

 機械のように冷徹な銀行窓口係さん!

 東雲銀子さんは、銀行の窓口係。

 まったく笑顔を見せない女性ですが、仕事は完璧、お客様へのサービスは満点!

 新人の音々子さんから見た、彼女の仕事っぷりが、面白おかしく描かれる4コマ作品です。

 

 今回は、ノー残業デーにもかかわらず、仕事が終わりそうにない音々子さん。

 見城主任はお冠ですが、そこを銀子さんが可笑しなフォロー(?)してます(´▽`;)

 そんなことがあって、己の半人前っぷりを省みる音々子さん。

 と、そこへ高校時の友人・きよえさんが現れて、銀行の仕事を知りもしないのに

 小馬鹿にした態度をとり始め・・・ といったお話でした。

 

 銀行の窓口仕事、その後ろで何しているのかわからない人々。

 「後方係」という仕事のようですが、そのことを、おウチバージョンの銀子さんが

 説明してくれていたのは、わかりやすく痛快でありました!

 そして、そのことで音々子さんを評価していたのも、よかったですね~。

 

 クールな外見とは裏腹に内面はホット、それでいて優秀だから、頼りになる銀子さん。

 彼女を中心に、音々子さんや見城主任などの後輩・上司を加えつつ、

 銀行の仕事について、様々に描かれるのも興味深い4コマ作品。

 ついに、コミックス1巻が発売となり、「まんがライフオリジナル」12月号にて

 連載継続とのことですので、ますます今後も楽しみです!

 

 

 

【連載終了】

●そんな毎日 (おーはしるい 先生)

 Manga_club_or_2014_12_p093 Manga_club_or_2014_12_p093b

 おーはしるい先生の飼っている猫2匹との日々。

 今回は、13歳となったポパイを愛でるおーはし先生・・・

 なのですが、猫の13歳といったら「じーさん」ということで、

 そんな様子が面白おかしくも、どことなく心配になってくる感覚で、

 ちょっとしみじみしたものがありましたね~。

 

 本作、「最終回」表記がないため、最終回枠には入れなかったのですが、

 今後の予定が「まんがライフMOMO」3月号に掲載予定とのことで、連載継続ではなさそう?

 と思っていたら、作者先生のブログによりますと、

 連載は終了で、コミックス分たまるまで、あちこちにゲスト登場するようです。

 情報をつかめていなかったため、最終回枠に入れられずに申し訳ありませんでした。

 そんなこんなではありますが、ポパイ&オリーブとの「そんな毎日」・・・  

 楽しませていただきました!

 

 

その他、継続作品についても感想を書くところでしたが、

記事後半部分が消失してしまったため、移籍先などについてのみの記述とします。

あと1作品描けば終わりという所で消えてしまったのは、痛恨でした(;;)

 

 

●リコーダーとランドセル

 「まんがライフオリジナル」連載中! 「まんがくらぶ」2月号より連載開始!

 

●まほろばきっさ

 「まんがライフMOMO」2月号より、連載継続!

 

●はるまち・ダンス

 「まんがライフオリジナル」にて連載中!

 

●たばたちゃん派

 「まんがライフ」にて連載中! 「まんがライフオリジナル」12月号より、連載開始!

 

●うしろのご先祖さま

 「まんがライフ」2月号より、連載継続!

 

●安西信行の鋼鉄日記

 「まんがライフMOMO」1月号より、タイトルを変更して連載開始!

 

●ボク恋コンダクター

 「まんがライフMOMO」1月号より、連載継続!

 

●ちぃちゃんのおしながき・繁盛期

 「まんがライフSTORIA」Vol.9より、連載継続!

 

●まちこう!

 「まんがくらぶ」2月号より、連載継続!

 

●猫系彼女と草食男子

 「まんがくらぶ」2月号より、連載継続!

 

●ベルとふたりで

 「まんがライフオリジナル」にて連載中!

 

●しばいぬ子さん

 「まんがライフオリジナル」にて連載中!

 

 

コメント