五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

◆ まんがタイムきららキャラット 感想①

2011年09月30日 | ◆4コマ誌⑨ 不定期 きららキャラット

2011年11月号

 Manga_time_kr_carat_2011_11

 いつ定期的に書けなくなるか不明ですが、出来るところまで何とか・・・

 

 今月の「新たな道を往くで賞」は、『CIRCLE さーくる』より、小金井さん!?

 Manga_time_kr_carat_2011_11_p091

 とんでもない展開になりましたね~。 これが終了フラグなのか、さらなる物語の幕開けか?

 いずれにせよ、どうなることかと楽しみです・・・ あっ、ちなみに画像は関係ありません(ォィ

 

 

●けいおん! (かきふらい 先生)

 Manga_time_kr_carat_2011_11_p025 Manga_time_kr_carat_2011_11_p026

 今回、修学旅行な3人と、居残り1年生組2人、それぞれのお話でした。

 修学旅行トリオの重要シーンは・・・お風呂ー! 思ったよりも、憂さんのおっぱ(以下略)

 

 それはともかく、就寝時に1年生から送られてきたメールをめぐって、

 梓さんに他2人が「部長」攻勢をかけていたのは面白かった!

 1年生2人が梓さんにだけメールしてきたことに、不満げだったり、うらやましがったり

 しながらも、梓さんを「部長」と呼ぶことでそれを肯定して、なおかつ梓さんへの好意も

 示しているというのが見事だし、気持ちがよかったですね~。

 

 起床後、純さんの頭が爆発していたり、憂さんの「何もしないで朝ごはんが・・・」発言など、

 いろいろ楽しい修学旅行でありました。 純さんの頭ネタは定番になりそう(^^;

 もっといろんな場所を巡ってほしかった気もしますけど、1年生と別行動になりますからね。

 

 

 そして、1年生コンビ。

 菫さんと奥田さんの会話は間がもたない・・・ おもに奥田さんが原因ですが(´▽`;)

 そこで、菫さんが提案したことは「名前呼び」!

 「直」と恥ずかしそうに呼ぶ菫さんに対しての、奥田さんの一言には笑った!゜(*゜´∀`゜)゜

 

 まあ、でも何だかんだで「菫」「直」と呼び合うような仲になった1年生コンビ。

 菫さんの嬉しそうな顔がよろしい(●^o^●)

 沢ちゃん先生の株が急下降してますが、軽音部それぞれの絆も深まりつつある様子。

 最後の、“思い出のお土産”からも、梓さんの先輩への敬愛の念が感じられてニヤニヤ。

 そんな感じで、ますます今後も楽しみです!

 

 

 

●ラッキー・ブレイク (平つくね 先生)

 Manga_time_kr_carat_2011_11_p033 Manga_time_kr_carat_2011_11_p039

 居残りちゃこさんのお話。

 社員旅行でみんなは海外。 1人残ったちゃこさん、そのワケは・・・猫がいたから?

 その名も「タマちん」 ・・・ふむ、卑猥だ(ォィ

 

 そんなちゃこさんのお昼寝ドリーミン。

 なぜかみんなと一緒に海辺でバカンスしてますが、これは夢。

 砂に埋まって「巨乳」にされるのはお約束ですけど、「これが真の姿」て、お茶目(^◇^;)

 途中からは、いわゆる明晰夢なのに自分の思い通りに動かせず、

 陸さんやデイさんにいじられまくって、ウフン・アハン。

 「おっぱい」だの「裸」だのの言葉が飛び交ってて、面白かったです(ぇ

 

 そこに兵頭さんがやって来たりしてましたけど、彼女の述べた一言が、

 ちゃこさんに「変化」を自覚させる流れと、その後の「さんぽ」への出発シーンが良い感じ。

 みんなを出迎えに行ったのも、「早く顔を見たかったから」でしょうからね~。

 陸さんとおんなじです(●^o^●)

 

 しかし、猫に「恥ずかしい名前」つけたり、ちゃこさんデレすぎ~。

 素直になれないところが可愛らしいやね。 ツンデレや、ツンデレ。

 そんなちゃこさんと、帰ってきたみんなの今後、ますます楽しみです!

 『けいおん!』同様、居残り組が「名前呼び」するという点が、重要ポイントでしたね。

 

 

 

●ねこのひたいであそぶ (なんにゃか 先生)

 Manga_time_kr_carat_2011_11_p083

 嗚呼、最終回~。

 最後は、神社で遊ぶチビッ子たちのお話・・・って、子供のころの4人ですね(^^;

 かくれんぼをしていましたけど、苗さんだけはまだ知り合いでなかったようで。

 いつも家にいる苗さんが、「外から聞こえてくる楽しそうな声」にひかれて外へ出てみた

 という行動が、出会いのきっかけになっているのは、なんだかよかったですね。

 

 最後に見つけた羊子さんの困りごとを、苗さん得意の“科学”が解決するという流れ。

 今まで家にこもって友達少なかっただろう苗さんが、こうしたきっかけで3人の友達を得る

 という展開が、幸せ感あふれていて微笑ましかったです。

 

 

 Manga_time_kr_carat_2011_11_p089 Manga_time_kr_carat_2011_11_p090

 ここでも重要だった「名前呼び」。

 自己紹介しあう4人ですが、ここで実紀さんが「呼び捨て」でよいと言っているのに対して、

 苗さんは「呼び捨て」にはいたらず、「ちゃん」付けで呼ぶことになりました。

 

 普通なら「呼び捨て」で友達関係が深まったと描かれることが多いと思うのですが、

 そこまで踏み込めずに「ちゃん」呼びだった苗さん。

 でも、これは決して友達としてダメかというとそうではなく、これが苗さんなりの友達呼びで、

 しかもこの「ちゃん」付けを喜んでくれる友達(綾音さん)もいると描かれていることで、

 この「ちゃん」呼びが特別なモノであることを感じさせる要素になっているのですね。

 それに、この「ちゃん」付けからは、苗さんの優しさを感じたりもします。

 

 

 そんなこんなで、昔の夢から覚める苗さん。

 でも、目覚めても変わらない日々。 あしたはなにしてあそぶ?

 本作品では、中学生になったばかりの少女4人の遊ぶ日常を通じて、

 その童心あふれる楽しい世界観が描かれてきました。

 

 私などは、まぶたを閉じ、少女4人の姿に自分の子供の頃を重ねて、

 この作品を楽しんでいたように思います。

 童心にかえるというだけでなく、その世界観に何か大きな安心感を覚えながら、

 今でも、あんな風にあそんでみたい・・・なんて思ってしまえる、そんな作品でありました。

 私にとっては大好き作品。 楽しませていただきましたー!!

 

 

 

●セカイ魔王 (双見酔 先生)

 Manga_time_kr_carat_2011_11_p133 Manga_time_kr_carat_2011_11_p137

 コミックス1巻が、10月27日発売!!

 そんなめでたい時期なのに、傷ついて包帯まきの勇者様。

 前回、マモノに襲われた人を助けようとして、自分もやられてしまった勇者・アルシャ。

 この物語は、そんな最弱の勇者・アルシャと、彼のお供をする妖精マオの旅を描きますが、

 じつはこの妖精さん、最強の魔王様の分身なのだから面白い!

 

 そんなお話の今回は、魔物について知ろうとする魔王様。

 ニッカさんに話を聞こうと言っただけで、超絶“百合”妄想に至るお付きの人がスゴイ。

 ・・・お付きの人、名前なんて言うんでしたっけ?(素で忘れた)

 それはともかく、ニッカさんにマオ=魔王であると思い知らせて話を聞いた魔王様。

 何やら某「魔王と勇者」の物語のような方向性になってきましたが・・・はたして?

 

 一方、置いてけぼりの勇者・アルシャ。

 前回ケガしていたおじさんが、無事だったのはよかったのですけども、

 ちょっと「見捨てられた感」が強いアルシャくんの立場が・・・悲し(;;)

 これは、孤独な勇者がどのような道を歩むのかという流れになりそうな・・・?

 さてさてどーなる、最強魔王と最弱勇者の物語。

 コミックス1巻も10月27日発売とのことで・・・ 今後も楽しみです!

 

 

 

●かためで! (shige 先生)

 Manga_time_kr_carat_2011_11_p143 Manga_time_kr_carat_2011_11_p147

 女子高生+刀の日常化4コマ!

 今回は、調理実習ないつもの3人。

 おっとりしたさやかさんは卵を忘れてくるし、暴走娘まのさんは暴走するし、

 3人のまとめ役な立場のみづきさん、苦労が尽きません(^^;

 

 そして、調理でも「刀」ネタは健在で、「二刀流」を意識するさやかさん。

 いつもなら剣豪、いや剣聖レベルな彼女も、こと料理となるとてんでダメなようです(;´∀`)

 そんなところが愛嬌あってイイですね~。

 あと、まのさんが迷惑かけたクラスメイトに、きちんと誠意あふれる詫びを入れていたのも、

 なかなか楽しい気分にさせてくれました(●^o^●) いいね、あのお好み焼き。

 

 最後も、しっかり者のみづきさんが、おだてられて舞い上がったり、

 でもお好み焼きは大好評だったり、そのおかげで採点不可能だったりと、

 楽しい内容のお話でした。

 「刀」がある女子高生の日常という奇異な世界観に、この3人の個性が加わって、

 独特の面白さがある4コマ作品ですね。 今後も楽しみです!

 

 

②へつづきます。

 

コメント

◆ まんがタイムオリジナル 感想②

2011年09月29日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2011年11月号 のつづきです。

 ①は、『夏生ナウプリンティング!』 『ハルコの晴れの日』 『さくらこRule』です。

 

 次号、『あねぐるみ』と『おかん』連載スタートに加えて、『トリセツなカテキョ』が毎月連載!

 さらにゲストも盛りだくさんで、楽しみです。

 

 

●ラディカル・ホスピタル (ひらのあゆ 先生)

 今回のテーマは、バイキング形式。 デザート・ブッフェは、山下さんや景山先生に大好評。

 景山先生をからかう榊先生でしたが、「自分に置き換えて考え」、駄々る姿が可愛いね(ぇ

 一長一短、好みも人それぞれ、色々と興味深い内容でしたが、「食べ放題」じゃないは驚き!!

 

●よゆう酌々 (辻灯子 先生) 

 優さんのとりえは強運? 宝くじにつづいて懸賞あてたり、今回も何やら臨時収入が・・・?

 「みもり」を訪れた男性を「女将さんの元ダンナ!?」と考える戸田くん、も少し動揺しろよ(ォィ

 その男性から手渡される金銭への対応に、優さんのマジメな人柄が感じられてよかった~。

 

●らいか・デイズ (むんこ 先生)

 おじさんから幸せなお手紙届いた・・・と思ったら、ご本人たちもやって来たー! もう夫婦。

 なんというか終始、おじさん夫妻にふり回されるらいか母が面白い(´▽`;) ツッコミも見事。

 何だか「イイ話」な流れが、オチで断ち切られて笑えるネタ多し。 最後の父の言葉は祝福。

 

●そこぬけRPG (佐藤両々 先生) 

 今までも何度かありましたけど、ゲボ君の志望は「開発」で、異動するかどうかに悩む話。

 しかし広報も忙しくなるし、カナさんはいるし、踏ん切りがつかない・・・なんてマジメな流れが

 保間さんによって一気に可笑しな方向へ!!゜(*゜´∀`゜)゜ でも、カナさんの“照れ”はよかった!

 

●明日もひまわり荘 (松田円 先生)

 秋になり、学祭のフリーマーケットへ向けて大忙しのみずきさん・・・のはずが大家さん(^^;

 みずきさんは「女子大生の肩もみ」で稼ごうと考えていたようですが、笹井さんがストップ!

 「触って揉んで・・・」や“笹井さんの人形”にゃ笑いましたが、心配してるゆえです・・・好意も?

 

●ひよりすと (魔神ぐり子 先生) 

 なんと今回、重大な秘密が明らかにー!! ひよりさんと、草介くん・なつめさん兄妹との関係。

 まあしかし、さほど変化があるわけでもないと思いきや、草介くんが意識しすぎて挙動不審。

 彼がおかしなキャラクターになっとる(^◇^;) 一郎太との“共同戦線”には笑った゜(*゜´∀`゜)゜

 

●天使な小悪魔 (芳原のぞみ 先生)

 ありのままの自分を知って、かつ受け入れてほしい・・・と、マリリンは考えているのかな?

 幹くんに対して素直になれない彼女が、一歩踏み出すきっかけを見つけたけど、妄想過多。

 そんなにウマくいくかよ~と思っていたら、その前に幹くんの方が真実に迫ってきたー!?

 

●いえめし (もりちか 先生) 

 ゲスト3回目~! 相変わらず、カルビさん(犬)に話しかけながら、1人芝居風の進行。

 今回は、楽しく天ぷらづくり。 サクサクにするため、ビール入れたりするんですね~。

 「1人暮らしで揚げものはあかん」の言葉とポーズに納得! 美味しく楽しく、連載化希望!

 

●うわさのユーレイちゃん (平井ケンジロウ 先生)

 重い荷物を運ばされている女子生徒たち。 重い重いとぼやいていたら、なぜか軽くなり・・・

 ということで、ユーレイちゃんのやさしい手助けが心温まる・・・と思ったら、妖怪扱い(^◇^;)

 落ち込むユーレイちゃんでしたが、先生の励ましで元気に・・・と思ったら、あらららら(^∇^;

 

●ぎんぶら (安堂友子 先生)

 ついに極秘ミッションの内容が明らかに!? 誤魔化せない若竹くん、悪い人じゃないな(^^;

 そう考えた時期が私にもありました・・・ だって、権田原をみる濁った瞳とか、悪人だろ~。

 もうね、権田原の扱いがひど過ぎて、極秘ミッションとかどうでもよくなっちゃったよ(ォィ

 

●恋は地獄車 (瀬戸口みづき 先生)

 今回も、「片想い」に関する万里子さんのモノローグと、後藤さんへの仕打ちは見事でした。

 まあ後藤さんにしたら、身に覚えのない仕打ちなんだけどさ(^◇^;) 千歳さん、切ない・・・

 それに比例して、高橋くんネタが面白い! 「競りに出した」とかラストとか大笑い゜(*゜´∀`゜)゜

 

●おやすみ魔法使い (ふじのはるか 先生) 

 今回は、編集の谷田部さんがお客様~。 顔のむくみを気にするけど、真弓先生がニガテ。

 やっぱり厳しいところが避けられる要因でしょうけど、そのぶん十和さんがフォローの形。

 最近、私も生活不規則で食事偏ってるし、「ほぐし」てもらいたいという気分になったり(^^;

 

 

コメント

◆ まんがタイムオリジナル 感想①

2011年09月29日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2011年11月号

 Manga_time_or_2011_11

 いつ定期的に書けなくなるか不明ですが、出来るところまでは何とか・・・

 

 今月の「素晴らしき先輩で賞」は、『そこぬけRPG』より、カナさん!

 Manga_time_or_2011_11_p026

 本当は、ゲボ君とヒトミさんのショットで「ちょっと本気で艶めかしいで賞」にしようかと(ォィ

 しかし、「画バレ」しすぎてもアレかな~と考えて、こちらに・・・・・・

 いや真面目な話、ゲボ君が先行きに悩むところへ、ビシッときめてくる所などさすがでした。

 

 

●夏生ナウプリンティング! (大乃元初奈 先生)

 Manga_time_or_2011_11_p036 Manga_time_or_2011_11_p039

 ハロウィン・ネタで始まったので、そーゆー話かと思いきや・・・ 伊藤さんモテモテ話!

 モテる女の自覚というやつでしょうかね~、伊藤さん。

 林くんと田中製紙さんが出会うとイヤとか、「私のために争わないで」状態(^^;

 

 ついに出会ってしまった恋のライバル、林 vs 田中製紙(以下、田中)!

 伊藤さんと仲良さげに話をする林くん。 それをみて【ふーん】な田中くん。

 林くんをけん制するため、露骨に伊藤さんと仲良さげな姿を見せつけたり、

 逆に林くんも、積極的に伊藤さんにアプローチかけたりと、

 伊藤さんをはさんだライバル関係が、めっちゃ面白ー!!

 

 すげえ、1人の女性をめぐる男の闘いだよッ! 面白いよー!(面白がるなよ)

 いや、この緊張感、いいですよ。 しかも、それが楽しく描かれているのが好感触。

 そこへ夏生さんの天然さく裂でオチているのが、これまたよろしい(^◇^;)

 などなど、伊藤さんをめぐる男2人の闘いが面白かった今回。

 林くんと田中くん、どちらが栄冠を手にするのか?

 それは伊藤さんの心の動き次第・・・なのかな? 今後も楽しみです!

 

 

 

●ハルコの晴れの日 (星里もちる 先生)

 Manga_time_or_2011_11_p140 Manga_time_or_2011_11_p141

 コミックス1巻、10月7日発売!!

 派遣秘書・ハルコさん、仕事に恋にがんばったり落ち込んだり・・・ な物語。

 基本的には、派遣先などで出会った男性にホレてしまい、ドタバタいろいろありまして、

 結局ウマくいかないんです、といった感じで展開する作品。

 

 そんなホレっぽいハルコさんの女性視点での物語ゆえ、

 男性側に問題があってウマくいかないということが多く、

 なので男性視点でみると、ややモヤモヤ感があったりするかもな~と感じていたのですが、

 最近は少し内容も変化しているような、そうでもないような・・・?

 

 

 今回は、ひきつづき大企業の秘書課でがんばっているハルコさん。

 仕事のことで怒られてばかりで落ち込んでいた彼女が、室長とのやりとりから、

 ま~たホレちまったよ的展開・・・ なのですが、秘書課の室長は「みんなの室長」という

 暗黙の了解があるようでして、ハルコさんへの風当たりも強くなってきましたよ。

 

 しかし、仕事でトラブル発生したことで、その風向きが少しずつ変わってきたようで・・・

 というお話が、立ち込めた暗雲を、スッキリ晴れにしてくれたような心地よさでありました。

 

 そんな風でしたけど、今回の話は長丁場。

 いつもなら「ばかな恋に走るな」と止めようとする先輩も、忙しかったり女性の影があったり。

 そして、普段の話なら問題を抱えている男性側(今回は室長)が、

 秘書課でも尊敬される紳士である点が、いつもと違う展開で、なかなか楽しませてくれます。

 コミックス1巻も、10月7日発売とのことで・・・ 今後も楽しみです!

 

 

 

●さくらこRule (日下さつき 先生)

 Manga_time_or_2011_11_p163 Manga_time_or_2011_11_p164

 錦秋★実りのインドアゲスト!!

 不動ひかるさんの朝の仕事は、居候先の大家である塩谷桜子さんを起こすこと(^^;

 おおよそ「ひきこもり」のイメージとはかけ離れた「ひきこもり」である大家さんの自由さと、

 それに振り回されたりツッコミ入れたりする、ひかるさんとのやりとりが面白味でしょうか。

 

 やたらとアクティブで、はしゃいで元気いっぱいな大家さん。

 株やって、事業起こして、OLやめて・・・ と述べているので、「若隠居」的といいますか、

 望んで円満引退の末の「ひきこもり」という感じですね~、うらやましい(ぇ

 「やりたくないことはしない」なんて言ってますけど、

 ひかるさんの負担が増えているのは、ご愛嬌・・・なのかな(^◇^;)

 

 水着姿で踊ったり、ひかるさんにケータイ買ってあげて喜んだりと、楽しい大家さん。

 浪人・受験生のひかるさんは大変だけど、なんだかんだと楽しそうだし、いいな~。

 この個性的な大家さんを軸に、ほかの住人を巻き込んだインドアものになると、

 面白い作品かもしれませんね・・・ なので、つづき期待です!

 

 

 

●新人ギャグまんが展 (おちR 先生)

 Manga_time_or_2011_11_p186

 運動部に入ろうとしている少年・・・もとい少女と、その友人のメガネさん。

 元気いっぱいで暴走気味な少女に、理知的なメガネさんが振り回されるカタチが基本。

 既存の部活じゃ満足できず、新しい部を作ろうとするという意欲あふれる展開はイイ感じ。

 ただ、どこかで見たことありそうな内容に感じられて、埋没してしまう感はありました。

 でも、絵はしっかりしていますし、勢いもあるので、パワーアップ期待ですね。

 

 

②へつづきます。

 

コメント

【お気に入り】 『ちびミクさん・いち』

2011年09月28日 | ◆「お気に入り」  4コマ漫画

「お気に入り」4コマ漫画の・・・1巻作品?

大人の事情満載な“初音ミク”を主体とする、“2次創作”サイレント4コマ漫画になっています。

一応、私はボーカロイド曲もそこそこ聴く方ですが、ボカロを知らない方でも楽しめそうです。

作者様ページにて読めますよ~。

 

 追記 : にゅーあきば.こむ さんより、リンクいただいたようです。ありがとうございます~!

 

 

『ちびミクさん・いち』 (みなみ 先生)

 Chibi_miku_san_01 Chibi_miku_san_01_p027_2

 「歩家路町からお送りする ほのぼの日常4コマ」 (オビ文より)

 明るく元気な女の子・ちびミクさんは、かの有名な「はつねミク」さんの妹さん。

 そんなちびミクさんの楽しい日常を、ほのぼのサイレントに描く4コマ作品です。

 

 

 Chibi_miku_san_01_p096 Chibi_miku_san_01_p031

 Chibi_miku_san_01_p044 Chibi_miku_san_01_p054

 「ボーカロイド」を知らずとも楽しめる、個性的で魅力的なキャラクターが大勢。

 初音ミクをはじめ、様々なキャラクターを生み出している「ボーカロイド」の世界ですが、

 私も詳しくは知りません。 でも、そんな私でもじゅうぶん楽しめる作品になっています。

 

 忙しいミク(姉)さんのかわりに、ちびミクさんの面倒をみているのが「かがみね家」の双子。

 おもにリンさんの方が、ちびミクさんの相手をよくしています・・・ ドSな性格ですが(^^;

 レンくんの方は優しい紳士という感じなのですけど、そのため損な役回りが多いという。

 また、ミク(姉)と幼なじみな駄菓子屋の店主・よわねハクさんや、

 ちびミクさんのお友達になる、ちびネルさんや、ちびテトさんなども登場。

 ちびミクさんを中心に、彼らのすごす日常が描かれていて、微笑ましく楽しめます。

 

 

 正直はじめはさほど期待せずに手に取ったコミックスだったのですが・・・

 これが予想以上に面白かった!

 基本、ちびミクさん達の「愛らしさ」を愛でるタイプの作品なのですけども、

 サイレントで描かれているためなのか、次第次第に引き込まれて、

 やがて作品世界に埋没してしまう感覚を味わってしまいました。

 ちびミクさんが可愛らしくて、なおかつ楽しいんですよ~。

 

 サイレント・ネタが主体なので、物語などがあるわけではないのですが、

 それでも登場するキャラクターたちが織り成す日々の風景の楽しさが、

 しっかり伝わってくる面白さがあります。

 webでも読めますが、コミックスでまとめて読めると、なおよいですね。

 つづき期待です!

 

 

コメント

【お気に入り】 『よゆう酌々』1巻

2011年09月28日 | ◆「お気に入り」  4コマ漫画

「お気に入り」4コマ漫画の1巻作品。

バツイチ女将が切り盛りする小料理屋を舞台にした、大人のグダグダ・コメディです。

まんがタイムweb  9月の新刊にて試し読み可。

 

 

『よゆう酌々』1巻 (辻灯子 先生)

 Yoyu_shakushaku_01 Yoyu_shakushaku_01_p024

 「毎日がしんどい!明日が見えない!そんなアナタにこそ読んでほしい!!」 (オビ文より)

 なぜならグダグダになって、どーでもよくなるほどノーテンキだから・・・でしょうか?

 

 離婚して、さらに不況のあおりで失職と、いろいろ大変な三森優さん。

 実家に帰ってみたところ、あれよあれよと、なぜか小料理屋の女将になってしまった!

 しかし、ここも経営難で大変だし、女将としてできることなんて何もないし・・・

 それでも、なんとな~くグダグダに日々を生きている、そんなバツイチ女将の姿を描く作品。

 

 

 Yoyu_shakushaku_01_p009 Yoyu_shakushaku_01_p010

 そんな頼りない新米女将・優さんを支える2人。

 出入りの酒屋さんというだけでなく、何だかんだとお世話してくれる先輩・粧子さん。

 小料理屋の要ともいえる板前の戸田篤志くん・・・ ワケありイケメンです。

 

 何と言うか、この2人がいなければ、小料理屋「みもり」は始まらないというくらい、

 優さんの存在は女将としてテキトーな立ち位置だったりします(^^;

 そんなところが、グダグダな“ゆるさ”を感じさせてくれる要素になっていて面白いのですが。

 しかし戸田くんには、兄嫁との関係や、女性関係?やら、他店からの引き抜き話やらと、

 いろいろな問題がつきまとっていて、そのあたりは気になってしまうことも・・・

 

 とはいえ、作品全体を包むのは「大人のグダグダ感」。

 主人公の優さんにしたって、バツイチ・ヒロインという立場であり、

 いまさら色恋沙汰に熱を上げるというタイプでもなく、気だるくかったるくノーテンキ。

 そんな様子が、「まーいっか~」といったファジーな心地よさを与えてくれて、

 いつの間にやら、ひたってしまうよさがあります。

 そんな感じに気軽に読める4コマ作品。 グダグダ加減を楽しみましょう!

 

 

コメント