五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【雑記】 お久しぶりです

2019年04月01日 | 【雑記】

あけましておめでとう記事から、もう4月になってしまいましたが、生きてます・・・

やめてませんからーとか言っておいて、このブランクはヒドイですね、我ながら。
忙しいだけでなく、身体が疲れやすくなってしまって、どうしようもない感じで
更新再開のめどが立ちません・・・申し訳なし。

ひとまず、最近ハマったものでも書いて、記事を埋めておきたいと思います。
広告が出たままなのも気持ち悪いので・・・

 

 

●『本好きの下剋上』が面白い!

 特設サイト

 アニメ化も決定した本作品、私はアニメ化発表前に読み始めましたが、とても面白かった。
 本好きの女性が亡くなって、気付いたら異世界の少女になっていた所から物語は始まります。

 そこは、だいたい中~近世レベルのファンタジー世界で、主人公は生活の違いに戸惑いつつ、
 大好きな本が身近に存在しないことに衝撃を受けます。

 本はお貴族様が読むもので、庶民には手の届かない高価な品。
 主人公の家は庶民の中でも下町の貧民層であるため、本なんて読むことは考えられない。
 それでも諦めきれない主人公は、「本を作る」ことを目標に突っ走ってゆきます。

 なんて感じのお話で、異世界モノのお約束である現代知識チートで
 爽快な成功をおさめたりもするのですけども、肝心の本づくりは、失敗の連続。
 さらに主人公の体は虚弱で、他人の力を借りないと何もできないあたり、主人公無双ではないですね。

 また、現代知識によるアドバンテージはあるものの、異世界には魔術も存在しているので、
 主人公の方も驚くことが多かったりと、バランスがとれている感はあります。
 (それでも主人公のチートっぷりは結構なものになってゆきますが)

 そして、最初は他人だった異世界の家族(父母姉)が、だんだん本当の家族になってゆくのも楽しい。
 いつの間にか、主人公にとって彼らが「帰りたい場所」になるのは、心に響くよさがあります。

 さらに、下剋上のタイトル通り、どんどん向上してゆく主人公。
 多くの人たちとの交流が広がり、本づくりに邁進する物語は、山あり谷あり、痛快で面白いです。

 

 アニメPV

 こちらでは、第1部の終盤に登場する人気キャラクターのフェルディナンドさんが出てますが、
 彼が主に関わってくるのは2部以降なので、まずは、きちんと第1部を描いていただきたい所。

 家族や、ご近所の少年ルッツ、商人ベンノとの関係は、主人公にとって重要なものになりますし、
 ここがしっかり描かれないと、物語の軸がブレてしまうと思うので、本当にお頼み申し上げたい。
 フェルディナンドさんも、2部以降、かなり重要な存在になってゆきますが。

 そして、PVのラストに描かれている場面は、原作でも大好きなシーンなので、
 あそこを観るのが楽しみで仕方ないですね・・・感動的でしたから。
 やはり、2部の中盤か終わりまでアニメでやるのかな?

 何はともあれ、アニメも楽しみですが、原作も面白いのでつづきが早く読みたい。
 現在、書籍版は4部の6巻まで出ていますけど、次巻は6月発売とのことで待ち遠しいです。

 

 

●『彼方のアストラ』アニメ化

 アニメ公式サイト

 マンガ大賞などをとった作品ですが、こちらもアニメ化決定前に読み始めました。
 年始休みにまとめて読もうと、5巻完結だったので気楽に読んだのですが、面白かった。

 言ってみれば、少年少女が宇宙で漂流するお話ですが、SF的サバイバル要素の他、
 彼らを宇宙で漂流させるきっかけとなった犯人や、事件の真相、さらに大きな秘密といった
 様々な謎が、物語に引き込んでくれる面白味がありました。

 漂流することになる9人の中に犯人がいる!?
 そんな緊張感が漂いつつ、最初はウザがられていた主人公のカナタが、
 リーダーシップを発揮して困難を乗り越えてゆく様子が、熱く描かれるお話です。

 個人的には、終盤における人間社会の描き方に不満があって、その点が残念なのですが、
 全体的にエンタメ性も高く、楽しめた作品だったので、アニメも大いに期待したいですね。

 

 

●『ソウナンですか?』アニメ化

 アニメ公式サイト。 (原作試し読み可

 こちらは1巻発売時から読んでいる作品ですが、アニメ化とは驚きました。
 女子高生4人組が遭難して、無人島でサバイバル生活というお話ですが、
 内容は本格的ながらも明るいもので、コメディとして楽しめます。

 4人の少女のうち、1人がサバイバル経験のある玄人なため、
 彼女を頼りに生活する様子が面白い。

 現代の生活に慣れきった女子高生が、食べ物や水を確保するのにも苦労しつつ、
 何でも食べたり、何でもしないと生きてゆけない環境で、面白おかしく過ごすのですが、
 サバイバル経験のある少女の思い切りの良さに、翻弄される3人が愉快ですね。

 お尻から水分補給とか、「大」を手にとって投げるとか、人間の尊厳ギリギリの戦いが
 繰り広げられますけども、このあたりは原作でも後の方の話なので、アニメではやらないかな?
 いずれにせよ、楽しみです。

 

 

●『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿-魔眼蒐集列車』アニメ化

 アニメPV

 こちらは、アニメ化決定してから原作を読み始めました作品。
 『Fate/Zero』『Fate/stay night』に触れていれば、やはり気になります。

 詳細は省きますが、「Zero」の登場人物だったウェイバーという少年が、
 色々あって魔術師の大家「エルメロイ」の名を継ぎ、一級講師となって過ごす中、
 様々な事件に遭遇し、それを解決する物語となっています。

 アニメ化されるのは「魔眼蒐集列車」というエピソードで、原作でいえば3番目のお話になります。
 個人的には「剥離城アドラ」や「双貌塔イゼルマ」も観たいのですけども、
 なぜこのエピソードが選ばれたのかは、何となくわかる気もします。

 魔眼と呼ばれる力を持った目玉を蒐集する列車を舞台に、殺人事件が起こりつつ、
 その真相や、エルメロイⅡ世の因縁に関わる物語が展開するのですが、
 Fateシリーズに触れていると、かなり興味深い内容になっていますね。

 以前放送された0話もよかったので、本作のアニメ化にも期待が高まります。
 この他の話も、いずれアニメ化するのでしょうかね?

 

 

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』アニメ、もうすぐ開始

 アニメ公式サイト

 以前、ブログで紹介した作品がアニメ化とのことで、期待値高し。
 もうすぐ放送になりますね。

 私としては、推しヒロインである亜由美さんや美月さんがどう描かれるか気になりますが、
 並行世界を行き来する物語が、どのように描写されるのかにも注目したい所です。
 基本ヒロイン5名の各ルートが、きちんと破綻なく描き切れるのか、楽しみです。

 

 

●他いろいろ

 もう色々と書き切れませんが、
 まちカドまぞく恋する小惑星『おちこぼれフルーツタルト』と、
 きらら系作品が続々アニメ化決定して驚きました・・・私が休んでいる間に。

 また、冴えない彼女の育て方も劇場版アニメになるとのことで、楽しみですね。
 本当は3期やってほしかったのですけども。

 他にもマンガの話などしたかったのですが、時間がないのでここまで。
 ブログ再開は難しい所ですが、小ネタをちょこちょこ更新してはいきたいですね。
 では、またいずれ・・・

 

コメント

【謹賀新年】あけおめことよろでございます

2019年01月02日 | 【雑記】

あけまして、おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします・・・

 

って、もはや更新停止中となっている当ブログではありますが、やめてませんからーーー!!!

多忙なのはともかく、夏場に体調崩して以来、
無理がきかない体になってしまった様子で、色々と困り果てております。

ひとまず、今年はブログ再開を目標に、リハビリがてら記事を書きつつ、
どのようにやってゆくか思案したい所。

なにせ、数ヶ月号分の感想遅れですから、
追いつくために極力記事を短縮しなければならないかも。

そんなわけで、まだまだどうなるかわかりませんけども、
今年もよろしくお願いいたします。

 

そういえば、4コマオブザイヤーの結果が出たようですね

新刊部門1位は、この作品が来るのかと驚きましたが、納得でもあります。
一方、既刊部門1位は強すぎでしょう、この作品・・・アニメ化まで行けそう?

今年の4コマ漫画の動向にも、注目です。

 

コメント

◆ 4コマオブザイヤー2018 参加

2018年12月17日 | ◆4コマ漫画 感想

今年もやって来ました4コマオブザイヤー!

もちろん投票させていただきました

なお、〆切は18日なので、投票したい方はこちらから

 

今年はまだ『恋愛ラボ』新刊感想を書けていないのが痛恨。
毎年、書いてから投票しているのですけどね、今年は忙しくて無理でした。

投票できなかった他の作品も、色々と面白いのですが、
今年はあまり新規開拓できなかったこともあり、おなじみの作品が並んでしまいましたね。
それでも良い作品ばかりですが・・・

また、この記事もおよそ1ヵ月ぶりの更新という体たらく。
まだまだ忙しいので、今後どうなるのかわかりませんけども、なるべく頑張りたい所。
とはいえ、遅れた分、どうしようか迷っている最中でもあります。

どうなるか不明ですが、なるべく追いつけるよう努めるつもりですので、
よろしくお願いいたします。

 

そういえば、昨年の投票作品をブログに載せていなかったような・・・
一応、昨年の選出作品はこちらになります

なんで忘れたかなあ・・・忙しかったのかな。

 

コメント (2)

◆ まんがライフ 感想

2018年11月17日 | ◆4コマ誌⑤ まんがライフ

2018年10月号&11月号

  

 遅れ対策として、2ヶ月分の感想を簡易に(新作・最終回のみ)
 書いてみたいと思います。 これで追いつけるかどうか・・・
 すでに2ヶ月遅れになっていて、まことに申し訳なしであります。

 まんがライフWIN 『姫のためなら死ねる』(103話の方)は、清少納言の二日酔い。
 飲まずにはいられねえ!といった状況(?)に陥りつつ、二日酔いに突入。
 二日酔いってキツイですよね~と実感を伴いつつ、定子様に癒されていたのは羨まし。

 

 

 今月の「新連載開始で賞」は、『成仏するにはまだ早い!』

 

 9月号にてゲスト登場した本作が、11月号より連載スタート!

 未知のウィルスによって人類が滅亡した世界で、遊ぶ3人組の少女・・・
 ですが、じつは全員が幽霊だというお話です。

 滅亡も死んだことも気にせずに、遊ぶ少女たちが面白おかしな内容で、
 今回も猫を見つけて、何かしら語り合っていましたが、そこへ1人の少女が現れ、
 にぎやかさを増していました。

 新たな少女は、美弓美冬さん。
 園芸部に未練があり、この世に残っている幽霊さんとのことで、
 その未練に関わる髪飾りを、みんなで探すことに・・・

 なんて感じでしたけど、幽霊ならではの身体を張った(?)ギャグや、
 ポルターガイスト現象など、愉快な時間が過ぎつつ、ついに美冬さんの未練が
 晴れる時が来たと思いきや・・・な展開に、大笑いでありました!

 滅びた世界で、ゆる~く遊ぶ幽霊少女たちの物語。
 ここからどのような遊びを繰り広げてゆくのか、また世界を拡げてゆくのか、
 連載スタートとのことで、注目です!

 

 

【10月号ゲスト作品】

●おすそわけハピネス☆ (桜ヒタミ 先生)

  

 立て続けの不幸に悩まされる女性のもとに、幸福を届ける使者が・・・?

 【主な登場人物】
 ・森川りいな : 転勤を機にフラれ、家を購入した直後にクビと、不幸続き。
 ・ほしぴぴ  : しあわせのおすそわけに来たという宇宙人?

 東京でOLしていた森川さんでしたが、転勤をきっかけに恋人にフラれ、
 ヤケになって古民家をローンで購入するも会社をクビになり、途方に暮れていた所、
 ほしぴぴと名乗る子供がやって来て、「しあわせをおすそわけ」すると言い出して…

 と始まる4コマ作品。
 愛らしい外見ながらも、セミの抜け殻をお土産に持って来たり、都合も聞かずに
 ぐいぐい来たり、家事もできず、大して役にも立たないほしぴぴが愉快です。

 そんな謎の宇宙人の相手をしつつ、田舎生活のちょっとした良い部分に触れたことで、
 微かな癒しを得る森川さんの様子が、しみじみ良い感じでありました。

 森川さんにとって、ほしぴぴの存在は、振り回され気味でむしろ迷惑っぽいものの、
 それでも、一緒にご飯を食べる相手になってくれたりしたことで、笑顔になれたことが
 何より楽しい雰囲気でしたね。

 ほしぴぴの持つ小瓶に、しあわせパワーがたまると、ほしぴぴは帰るらしいので、
 これからどのような「しあわせ」がもたらされるのか、もっと見てみたので、
 ぜひとも、つづきに期待であります!

 

 

●メルヘンナイツ (犬飼ビーノ 先生)

 

 赤ずきんは強い騎士!?

 【主な登場人物】
 ・赤ずきん : 顔の傷を気にして友達いない騎士のような女性。
 ・人狼   : 一匹狼な人喰い狼だけど、可愛い。

 4コマ杯 in COMITIA 大賞受賞作!
 ある日、母親に頼まれて、おじいさんの所へお菓子を届けに行く赤ずきん。
 といっても、外見は騎士のようにいかつく、実際に強いのだから面白い。

 そして道中、お菓子を狙った人喰い狼に遭遇するも、あっさり撃退。
 食い意地のはった人狼に対して、赤ずきんはケーキをエサに友達になってほしいと
 申し出ますが・・・

 なんてお話でしたけど、顔の傷を気にして友達を作れない赤ずきんが、
 人狼を友達にしようとする所に面白味がありましたし、なんとか食ってやろうと
 虎視眈々と機会をうかがう人狼さんも、愉快でありました。

 赤ずきんのおじいさんも良いキャラでしたし、素直でない人狼さんも楽しかったし、
 何より、ラストのお茶会風景がよかったので、つづきに期待したい所です!

 

 

【11月号ゲスト作品】

●推しが公認ストーカーになりました (瀬尾みいのすけ 先生)

  

 推しアイドルに告白された少年でしたが・・・

 【主な登場人物】
 ・空    : アイドル好きな少年。 ある日、押しアイドルに告白され・・・
 ・七海モコ : 空くんの推しアイドル・・・でしたが、実はストーカー!?

 突然、お付き合いして下さいと、押しアイドルのモコさんに言われた空くん。
 しかし、自分はあくまでファンであり、ガチ恋勢ではないからと断ろうとした所、
 モコさんが、やたらと自分のことに詳しいことを知って不審がることに。

 モコさんとしては、ライブで何度も見かける空くんのことが気になってしまい、
 どんな人か知ろうと努力していたら、行動がストーカーそのものになっていて、
 そんな所が怖いけれど、愉快な内容のお話になっていました。

 あくまで明るくポジティブなモコさんの様子が、ストーカー臭を薄めているものの、
 やっていることは完全にストーカーなので、その落差が面白味に(^^;

 そして、空くんが何を言っても、良い方向に解釈してしまう所が可愛かったり(ぇ
 何だかんだで、推しアイドルの真の姿を知っても、邪険に仕切れない空くん。

 そんなだから、付け込まれるんだよと思いつつも、2人の関係も気になりますので、
 つづきに期待であります!

 

 

【新人4コマ杯 8月期月間賞】(7月期月間賞はライオリ感想にて

・昼下がりのコイビト (せだか沙音 先生)

 

 子供姿を眺めるのが好きな女性と、彼女の視線が気になる少女と。

 ベンチに座って通りを眺める女性。
 彼女は、下校中の子供たちを見て、癒しを得ているのですが、
 そんな所に1人の少女が近づいて来て・・・と始まるお話。

 かなでと名乗った少女は、女性が自分を見ていると思っていたらしく、
 そのため「かなでのこと好きなら、はっきり言ってくれませんか?」と
 言ってきたのは、面白い所。

 まあ、女性の返事にクールに対応していたのも愉快でしたけど、
 選評では「キャラ」と「ネタ」の評価が高かったので、そのあたりを
 もっと堪能してみたい。 ので、つづきを期待しておきます!

 

コメント (2)

◆ まんがライフオリジナル 感想

2018年11月03日 | ◆4コマ誌③ まんがライフオリジナル

2018年9月号&10月号

  

 遅れ対策として、2ヶ月分の感想を簡易に(新作・最終回のみ)
 書いてみたいと思います。 これで追いつけるかどうか・・・
 すでに11月号まで出てますけど、さすがに3ヶ月分は厳しひ。

 

 

 今月の「大家(代理)は見たで賞」は、『そのアパート、座敷童子付き物件につき…』

 

 陽さん、竜太郎くんの部屋から朝帰りする女性を目撃・・・

 という所から、10月号まで気になる展開となっていました。
 あの女性は誰なのか、何があったのか、竜太郎くんに聞きたいけれど、
 なかなか聞けない・・・

 そんな苦悩が息苦しい中、見えない沙和さんの応援に背中を押され、
 女性のことについて尋ねる陽さんが、いじらしくてよかったですね~。

 まあ、彼女は竜太郎くんの元妻・美咲さんなわけですが、
 竜太郎くんのバツイチ設定というのは、登場時から気になっていました。
 それが、ここで陽さんの気持ちを揺さぶる要素となったのは、面白い所。

 誤解はすぐ解けて、陽さんに笑顔が戻っていたのが微笑ましい。
 2人の気持ちと関係が、どうなってゆくのか楽しみです。

 

 

【9月号ゲスト作品】

●ギャル医者あやっぺ (長イキアキヒコ 先生)

  

 ギャルなお医者先生が、ノリのよさで治療!?

 医者のあやっぺ先生は、黒ギャル。
 レントゲンに自分の水着写真を重ねて、患者さんに見せたり、
 黒ギャル選ぶ患者さんを優遇したりと、その破天荒な行動が面白い4コマ作品です。

 骨折したかもしれない患者さんを診ている最中、雷が鳴り、
 おびえた先生が布団かぶって引き込もったり、看護師さんにおへそ隠すよう言われ、
 患者さんそっちのけで色々やっていたのは可笑しかった・・・というか、いいのかこれ(^^;

 そして、手術を嫌がるみゆきちゃんを励まそうと、くまの着ぐるみを着ますが泣き止まず、
 看護師さんがあやっぺ先生のすっぴん写真を見せて、あやしていたのは大笑!
 手術中も、医療行為ではない行動してましたし、とんでもない医者ですねえ。

 などなど、そんなあやっぺ先生が愉快なお話ですが、
 笑顔でドライな感じの看護師さんとのコンビも良い感じですし、つづきに期待したい所です!

 

 

【第6回・新人4コマ杯12月期月間賞、受賞作品】

●特技はイオ〇ズンです! (ひめき 先生)

  

 新入社員は勇者!?

 【主な登場人物】
 ・布津乙子 : 就職面接に来た男性ですが、そこで謎の女性に出逢い・・・
 ・堂本久子 : 就職面接で、特技は「イオ〇ズン」と豪語した女性。

 「イオ〇ズン」とは魔法であり、それを使えると言う堂本さん。
 面接官も「使えるものなら」使ってくださいと信じてない様子でしたが、
 本当に魔法でダメージを受けてしまって笑!

 そんな特技をもつ堂本さんと、布津くんのやりとりが面白い4コマ作品です。
 某ゲーム的なネタが愉快ですが、これ、大丈夫なんですかね(^^;

 堂本さんに地元はどこかと尋ねた所、「魔王に滅ぼされました」とか
 笑顔でヘヴィなことを語る堂本さんが笑えないッス!

 また、会心の一撃を放って机を壊してしまったり、
 宝石よりも「メタル系」が好きだったり、「…ホー」と眠りの呪文を唱えたり、
 ピンとくる人にはピンとくるネタの数々が、面白味になっていました。

 いつか魔王的な存在も現れるのかとか、許可とれているのかなど気になりつつ、
 つづきに期待したい所です!

 

 

【コミックス1巻、発売中!】

●出没!アダチック天国 (吉沢緑時 先生)

  

 コミックス1巻は、先月に発売! そんな今回、荒川で生きものさがし!

 足立区河川敷にて、生きものさがしのイベントに参加する緑時先生と、編集I島さん。
 「荒川区が在るから、足立区の荒川って何か変な響き」とは(^^;

 高い草が生えてますけど、それが足立区の名の由来だという話には「へえ~」でした。
 そんな自然の中を歩くのですが、I島さんは虫など苦手らしく、カニマンションと
 呼ばれる場所の光景におびえていたのが、お気の毒。

 それでも頑張って干潟まで辿り着くも、「海に散骨する遺族みたいに」なっていて笑!
 子供たちや、その対応をするスタッフさんたちは、せわしなく動き回っていますが。

 それから、水生生物を顕微鏡で観たり、ゴカイの潜り方を観察したりするものの、
 I島さんの精神がピークに達してしまい、放心状態になってしまっていたのは、
 もう何と言えばよいのやら(´▽`;) お疲れ様です。

 などなど、足立区の生きものさがしイベントが面白かった今回。
 結局、カニは飛んだのか気になりつつ・・・今後も楽しみです!

 

  

【第7回・新人4コマ杯 7月期月間賞】

・とろける彼女とあったかタイム (恋池りも 先生)

 

 海水浴に来ている男女ですが、様子がおかしい・・・?

 氷山雪華さん(21)と、南井日向太くん(24)が海水浴に来てますが、
 雪華さんはやたらと暑そうで、何やらキツそう。
 しかし、彼女が海に入ると海が凍ってしまい・・・

 という風に、じつは雪女である雪華さんが、苦手に挑もうと暑い中、
 海へ来ていたのだから面白い。

 そんな彼女に付き合いつつ、熱々ラブコメを展開するらしい日向太くん。
 2人のやりとりが楽しい4コマ作品のようですね。
 どのようなラブコメ模様なのか、もっと読んでみたい所です!

 

コメント (2)