五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

◆ まんがタイムオリジナル 感想

2010年05月29日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2010年7月号

 「むんこコレクション」購読しました! 6月上旬の予定が立てられず、むんこ先生の

 サイン会に行けそうもないのですが、もし今からでも、申し込んだら大丈夫ですかね・・・?

 ・・・にしても、感想書きたい作品多すぎて、書ききれません「タイオリ」は!!

 

●ラディカル・ホスピタル (ひらのあゆ 先生)

 あー、愛がほしい・・・間違えました(;´`)ほしいのは愛padです! 景山先生は当然ゲット?

 愛padにブログにtwitter、情報革命時代のネタ満載。HNリサリサは、よかったな~(^∇^;

 しかし、「景山先生に嫁来ない理由」・・・え~っと、こーゆーのNGなの? ・・・私、同類(ぇ

 

●球場のシンデレラ (小坂俊史 先生)

 あれ?女子プロ野球って、実際に開幕しているんですか??・・・し、知らなかった!!

 50年代にも存在していたようですけど、いや私、監督さんを笑えないッス(;´`)

 ついに開幕戦、相手は関西ウィッチーズ! バカバカしいけど、バカにできない面白さ!!

 

●らいか・デイズ (むんこ 先生)

 らいかさんの誕生日、親父さんが連れて行ってくれたのは、プロポーズの場所・レストラン。

 ギャルソンがよい人+面白っ! そして、両親のノロケ話を楽しむらいかさん、いいね。

 さらに、お好み焼屋さんもよい人だし、らいか父&竹田母がおもろいし、ラスト大笑いだし!

 

●ひよりすと (魔神ぐり子 先生)

 なつめさんの「一生姉のコバンザメ宣言」はどうかと思いますが・・・わからんでもない(ぉぃ

 同級生との女子高生トークがおもろいな~。 男子の反応も、草介くん狙いの友人も(;゜ー゜)

 そして、ひよりさんの同僚OLさん、いい“キャラ”だよな~と思ったら、部長は上行ってたよ。

 

●マダム・パープル (安堂友子 先生)

 『オカルト学園あやめちゃん』は、ぜひレギュラー企画として読んでみたいものですね(ぇ

 しかし、山田さん・・・疲れているのはともかく、「疲れ」の原因が(´▽`;) 腐道を往かれるか。

 それにしてもマダム、も少し山田さんに優しくしたげて! ラストの彼女が・・泣ける(つд`)

 

●お茶の間クエスト (まがりひろあき 先生)

 ワクワク新連載★ ゲーム好きの予備校生・横井遊さんがゲームをしていると、画面から

 勇者アリサが飛び出してキター!! だけど、遊さんの反応薄いです・・・これが現代っ子?!

 ゲーム世界のままな勇者と、マイペース・ゲーマー遊さんの物語「ゆうゆう」スタート!(違う)

 

●タマさん (森ゆきなつ 先生)

 ゲストでカムバック!! 暑さにぐったりタマさんが、涼むために行く場所は学校の図書館。

 みっちり猫らしいけど、そこは天敵・楓さんに見つかり、つまみ出される予定調和(^^;)

 それから杏さんの役に立ってましたけど、いつもどーりに安定した夏の日常ここちよし!

 

●恋は地獄車 (瀬戸口みづき 先生)

 「6月の花嫁」シーズンにギスギスしちゃう万里子さん。 形だけ、それでもほしい、愛の枷。

 そんな万里子さんの揺れ動く心情が、白(本音)・黒(強がり)でせめぎ合う。

 千歳さんの先生コワイけど、そのおかげでカズ君が万里子さんの心をほぐせたのはよろし。

 

●そこぬけRPG (佐藤両々 先生)

 広報に、新人・橘鈴生くんがやって来た! タイツ禅譲?に悩むゲボ君、もはや犬(ぉぃ

 育ちのよさそな天然タイプですけど、カナさんを気にしてる? ゲボ君、「妨害」してますね?

 本質を見抜く「目」が鋭く、侮れない人物かも。 さらに千花さんも参戦で、どーなるのコレ?!

  

●ハッピーエンドではじめよう (本山理咲 先生)

 今回、ちょっと変わった感じで始まりました。 猫の魂なのに人型イリコさんが出てきたり、

 さらに猫神様がイリコさんに「助手になる試練」を与えたり・・・と、常道から外れた展開。

 それでも、息子を想う母心の描き方、イリコさんの存在のワケ、そして助手誕生と面白い!

 

●先生のたまご (みなづき忍 先生)

 実習生・大山リカさん登場!後輩ができてたまご先生が張り切るけれど、可愛がられとる!!

 しかもこの大山さん、化野先生や校長先生に恐れられてる元生徒会長という設定(^◇^;)

 ちょい黒くて、きちきち場を仕切る人物の登場で、本作品がどう回転してゆくか・・・楽しみ!

 

●(仮)アイドル! (北条晶 先生)

 ついに発覚した社長の正体=かつての超人気アイドル・白井さくらさん!

 小日向さんにとって憧れの存在、真っ直ぐな尊敬の念が社長に打撃与えてる(^∀^;)

 なんだろう、この小日向さん⇒社長への尊敬が、小日向さんの存在感をアップした印象。

 

 

コメント

◆ 「お気に入り」 プチ感想66

2010年05月27日 | ◆「お気に入り」 (旧プチ感想)

端っこの「お気に入り」プチ感想です。 (前回

 

・『一緒にかえろう』1巻

・『プレミアム天子様

 

 どちらも「まんがタイムweb」今月の新刊にて、試し読みできます。

 それにしても、なんだか最近「プチ」感想じゃなくなってきたなあ・・・

 

 関係ないんですけど、『コミック大河』今月号が近所の書店で見当たらない(T_T)

 人気薄なのかな~・・・でも私ゃ好きなのさ。(コンビニで購入できました)

 あと、『マンガでわかる心療内科』1巻も見つからない~。早く読みた~い!

 

 

『一緒にかえろう』1巻

(矢直ちなみ 先生)

 小学4年生の夏休みに出逢った「初恋」が、6年後に破れて始まる4コマ物語。

 ガサツだけど思いやりのある時沢春と、どんくさ泣き虫な近藤詩緒。

 そんな少女2人を中心とした学園生活、周囲の人々との日常が描かれます。

 

 コミックス化、待っておりました!・・・な期待作。

 本作品の特徴は、少女(や少年)たちの荒削りながらも繊細な心情の描き方でしょうか。

 そうした要素がとても良い具合に、物語のメリハリをつけています。

 

 まず主軸となるのは、転校してきたばかりの詩緒の心情。

 転校が多かったためか、同級生との距離感をはかることが苦手な詩緒は、

 内心はビクビクしながらも表向きポーカーフェイスな態度で、自分を「守って」います。

 そんな彼女を、幼なじみで「ムードメーカーだけど口が脳と直結型」な春が、

 ガサツな天然ぶりで引っ張ってゆくやりとりが、安心感あふれる感覚。

 

 ポーカーフェイスの「仮面」をかぶっている詩緒が心を許しているのは、はじめは春1人

 なのですが、それがしだいに春の友人である真名、そして男子2人も含めた交流の中で

 ひろがりを見せ、「仮面」が外れてゆく様子は見ていて楽しく、緊張とける心地よさ。

 そして、詩緒にやたらイジワルな態度で接してくる女子・杉山。

 彼女の存在が、作品を単純な仲良し空間にはしない味わいになっていたり、

 杉山本人の心情にも、いろいろ複雑なものがあったりするのが面白いです。

 

 そうした風に、登場人物たちが内心いろいろ抱えながらも、とても真っ直ぐな心情で

 笑いあったり、時にぶつかり合ったり、そして泣いたり、泣いたり、泣いたり・・・

 そんな感情の純粋さがストレートに響いてくる魅力が、本作品にはあります。

 

 以前、4コマ誌の別作品感想でも書きましたけど、やはり矢直ちなみ先生は、

 人と人の間の“距離感”と、それを飛び越えた“ふれあい”の描き方がとても秀逸な作家先生

 だと、本作を読んであらためて感じさせられましたね~。

 基本おもしろ4コマ漫画ですけど、そんなところも趣深い良い作品だと思います。

 

 

『プレミアム天子様

(安堂友子 先生)

 天子様が、人々の願いを叶えます!・・・な笑える4コマ漫画。

 天子様はカップ麺をあけると、ごくまれに出てくる妖精さんであり、願いを叶えてくれる存在。

 とはいえ、そこは4コマ漫画。面白オチがつき、笑える楽しさあふれる作品になっています。

 

 基本的に、天子様をはじめとするフェアリーズが人の願いを聞き、それが予想とは

 ハズれた状況にオチる・・・というネタの連続なのですが、これが不思議と飽きない作り。

 

 そこには、フェアリーズの個性の違いがネタに多くのバリエーションを生み出していること

 もありますが、なんというか「願いの叶え方」にも、「ズレた叶え方」「願った当人のおかしさ」

 「周囲の反応・状況のおかしさ」といった違いがあって、そのあたりに様々な面白味が

 醸し出されている印象。

 

 フェアリーズには天子様のほか、

 ・福美  : ふわふわなスナック菓子の精。「見てみたい」シリーズ・ネタの担当。

 ・三千華 : 「みちか」と読む炭酸飲料の精。 爪がコワイ。けっこう強引。 

 ・小夢  : 乳製品の精。 願いの叶え方がハンパな、自称未熟者のフェアリーズ。

 ・ユキジ : 値引きシールを貼られた菓子パンの精。 幸薄くフビン。単独で行動中。

 といった個性的なメンバーがそろっていて、それぞれがそれぞれに楽しませてくれます。

 

 さらに本作品は、フェアリーズ以外にも準レギュラー的な人々がおり、

 そうした登場人物たちの定番ネタも、飽きさせない魅力となっていると感じます。

 

 本作品は1巻が出ていたはずですけど、今回は「永久保存版」という形でコミックス化。

 この売り上げ次第で続刊の行方が左右される・・・・・・のかどうかはわかりませんが、

 4コマ漫画としての楽しさは、高水準で安定したレベルにある作品かと思いますので、

 ぜひぜひ続いてほしいものであります。

 

 

コメント

【雑記】 つれづれ・・・

2010年05月25日 | 【雑記】

風邪気味なのに、ハッキリ風邪とは言いきれない体調のまま、日々過ごしております(;;)

 

〈音泉〉で配信されている「遠近孝一のスキモノ!戦国RADIO」のラジオCDが、

6月2日に発売されますね~。(情報

気軽な面白歴史トークで、歴史好きなら結構楽しめる内容かと思います。

値段もお手軽。 私は買います!

 

あと来月発売されるコミックス、いろいろ楽しみなんですけど、

安倍吉俊先生の『リューシカ・リューシカ』1巻が出ます・・・絶対買う!読む!!

「ガンガンONLINE」で連載されている作品。(読めます

 

そいえば、『猫びより!ヒルネちゃん』も出るんですけど、1巻完結なんですよね・・・(T_T)

猫大好きなヒルネちゃんの猫ラブな日常4コマ漫画。

定期的に購読していない4コマ誌の作品では、かなり楽しみにしていたもので、

終わってしまうのが残念無念・・・です!

『ヤング松島喜久治』も2巻で終わりだしな~。

 

『ONE PIECE(ワンピース)』58巻は、頂上決戦のつづきですね。

楽しみなのはもちろんですけど、海軍本部と〈四皇〉の戦力比較とか考えてみたかった・・・

んですけど、時期を逸してしまいました(-_-;)

他にもいろいろ楽しみな作品、出ますね。

 

・・・って、いろいろ書けていない記事があるんですよね。

回復したら、もっといろいろ書きたいです。

とくにイラストとか描きたいけど・・・

 

コメント

◆ まんがくらぶオリジナル 感想

2010年05月22日 | ◆4コマ誌⑥ まんがくらぶオリジナル

2010年7月号

 現在、頭がボーッとして回転がニブっています・・・え?もとから??

 

●うちの姉様 (野広実由 先生)

 今回、再びバイトする遠野くん。「肉食男子」のノリに乗れない彼は「追跡系男子」?

 ラブ・グラスは相変わらず変な店だ(^◇^;) 姉様の花嫁姿、似合ってるけどモッタイナイ。

 遠野くんの「略奪愛」を喜ぶ姉様に、そこまで彼のことを・・・と思ったのに、このオチ(´▽`;)

 

●リコーダーとランドセル (東屋めめ 先生)

 あつみさん、学校では「一番小さい人」で通っているようです・・・ドンマイっ(^-^;)

 でももう1人、小さい男子・小林マコト君が登場! いつも「お姉ちゃん」なあつみさんが、

 年相応なやりとりをする男子というのは面白いかも。 しかし「踏み絵」は色々スゴすぎる!

 

●いとをかし (楠見らんま 先生)

 あおい君は、男とか女とかそーゆーのを超えた存在らしいです・・・性別:あおいちゃん、か。

 みどりさんてクールっぽいのに、あおい君に対して「女性化」を促したり、何が狙いなの?!

 あおい君は、献身的ながんばり屋だし、よい娘・・・あ、いや、よい人なんですよね~(^^;

 

●私の隣のオトコの娘

 エッセイ企画。「オトコの娘」って、どれだけのムーブメントなのだろう・・・予想以上っぽい。

 このあたりの嗜好が、どこらへんから発生するのか興味深いけど、考察されているのかな。

 あと、「オトコの娘」に関係ないんですけど、航本先生の自画像にホレてしまいそうでした(ぇ

 

●こうかふこうか (佐藤両々 先生)

 口から血を流して出社する・・・それが幸花さんクオリティ! まあ、デフォルトというか(^^;

 暴力・亀山さん(誤解)に狼狽する富山くんがおもろいけど、1コマ目と比べると・・・ねえ。

 でもほら、やっぱりつーさんとフラグ立ちそうじゃん(`Д´) 心配したとーりだよっ!!(おちつけ

 

●あにメカ (よしむらなつき 先生)

 鏡見ネネさんの弟くん登場! ネネさんが一悟くんにご執心になってから、寂しい境遇。

 そんな彼はホレっぽかったり、「M」だったり、ヌーディスト(?)だったり、面白キャラクター。

 ネネさんだけでなく、彼と一悟兄妹との関わりもまた、作品を盛り上げてくれそうな気配。

 

●おかあさまといっしょ (小池恵子 先生)

 お義母サマの地雷は「6月の花嫁」なご自分の式。 「思い出し怒り」とは厄介なもの(^^;

 「結婚に夢を持ち過ぎた」「現実との落差にがっかりした」・・・でも、「幸せを願ってた」。

 まさかの嫁サマ地雷に驚いたけど、その反応をお義母サマがフォローする姿勢は好きだ。

 

●はなむら酒店 (青木光恵 先生)

 新連載スタート! 昭和54年の大阪、酒店を切り盛りする花村雪さんは、女子高生!

 今回、そんな彼女を気にする岸本渡くんの視点で、雪さんの境遇・個性がわかる話。

 ゲスト時エピソードを雪さんの口から語らせて、ここから連載開始!たくましイイよ~(^o^)

 

●凹日記 (千花 先生)

 こちらも新連載! 「ほんのり哀しいショートストーリー」だけど、どこか可笑しい面白さ。

 連載にあたって自己紹介とのことですが・・・「おわり。」のコマの存在感が際立ちすぎ!

 「律儀に100%ノンフィクション」で、凹(ペコ)む千花先生のご活躍、期待しております(ぉぃ

 

●シュレディンガーの妻は元気か (中島沙帆子 先生)

 「ちかちゃんは論理的じゃないね」が修平さん最強攻撃って・・・攻撃になってないし!

 でも旅行のために、妻のニーズを把握しようとする修平さんは、いい夫だと思うんだな(ぇ

 そして今回のラスト・オチ「現実の前に理論はいつも弱い」は、なにげに深い真理ですよね。

 

●みもりろっくおん! (みずなともみ 先生)

 雨の日に、相合傘を夢見るみもりさんだけど、彼女は絶対逃げると思うんだ(;゜ー゜)

 でも美月さんの熱い友情を受けて、今野くんを追いかけるみもりさん!変だけど、がんば!!

 やっぱり、いざとなると逃げ腰だけど、箱に入るみもりさんは可愛かったな。逃げ方も(ぇ

 

 

コメント

◆ まんがライフ 感想

2010年05月19日 | ◆4コマ誌⑤ まんがライフ

2010年7月号

 風邪気味で熱っぽい・・・です(;´`)

 それにしても「Y-1グランプリ」なんですけど、グランプリ不在はやむなしと思いますが、

 全体的には面白そうな作品がいろいろある気がします。 いずれも期待ですね。

 

●スパロウズホテル (山東ユカ 先生)

 コミックス1巻、5月27日発売! 雨の中、電光石火の早業で、務めて魅せます用心棒。

 いや、ホテルで働いているんですよね佐藤さん(;´`) 美女がビジョビジョですけど(あー

 ところで、「営業部長」という肩書きを聞いて、「偉くない」と思う人はそんなにいないかと・・・

 

●ギンダラとキンメダイ (渡辺伊織 先生)

 新連載! 似てない姉妹・百萌さん&菜々葉さん。明暗分かれる2人の個性が面白い。

 「百冠王」とまで呼ばれる百萌さん、愛すべき“アホっぷり”がイヤミを感じさせないバランス。

 【一張羅まで120分】かかるとか、「G」相手に見せ場作るとか・・・本当に優秀なのか?!

 

●わく・わくワーキング (おーはしるい 先生)

 体調万全なら、長文書きたかったですね。 相合傘の思い出にひたるみおさんだけど、

 今回は思い出の高沢くんとちがい、中野くんとの相合傘! 【ぎくしゃく】な感じが逆にイイ!!

 クールにふるまいつつ、配慮を怠らない中野くんが素晴らしい。 彼、いいよね~。

 

●ポヨポヨ観察日記 (樹るう 先生)

 増刊号が6月21日に出るんですね~。 そんな今回、動物飼いさん達の特徴いろいろ。

 それを見ながら、「なるほどね~」なんて表情ほころばせましたが、中でも新聞紙に戯れる

 ポヨがとても可愛かったです! そして、「こらこら」言いながらも嬉しそうな佐藤父も!!(ぇ

 

●かてきょん (あづま笙子 先生)

 カムイ君、「先生業」に悩む姿がシブすぎる! 担任・澄川先生に誤解されてるし(^^;

 でもやはり小学生。高校生のらいらさんと2人きりで、ちょっぴり動揺する姿が可愛いね~。

 元素記号の勉強も楽しかったけど、ななかさんの語る【バカ2人】に本作の特徴を感じた。

 

●キャバはじめました (忍田鳩子 先生)

 連載2話目にして、借金増えたひとみさん。 指名とるべくがんばるけれど、空回り(^^;)

 彼女の課題「お客様の顔を覚えること」が、なかなか上手くいかない・・・という展開の末、

 ひとみさんらしい解決法を見つける【自分さがし】が楽しかった!表情見えないのはウマい。

 

●プアプアLIPS (後藤羽矢子 先生)

 雨漏りすごいナコさん家。 その貧しさに疑問を感じたレンさん、ついにそこに踏み込んだ!

 2千万円の借金の経緯は、小悪党っぽい人物の存在を浮かび上がらせてきましたよ~。

 “動けない”ナコさんの力になるため、行動を起こすレンさんの決意と覚悟。今後が楽しみ!

 

●野獣女子高生 (吉田仲良 先生)

 文化祭。クラスでやるのは「映画制作」! 監督に立候補する冬美さんの姿が威風堂々・・・

 と思いきや、誤解が誤解を招くおもしろ4コマの流れ(^◇^;) このネタの流れ、好きだな~。

 そして、ぼやく冬美監督が観客の笑顔にほころぶ姿は、「作り手」の喜びにシンクロしてる?

 

●てけてけマイハート (竹本泉 先生)

 予定はまだ2週間先という状況に、まだまだ余裕の吉田くんだったけど、事態は急展開?!

 お仕事中のそわそわする吉田くんが、少し珍しくてイイね(^O^) そして、ついに父となる!

 おめでとうございます!! のぞみさんも大変だったようで・・・笑っちゃったけど(´▽`;)

 

●ハレハレなおくん (ナカタニ.D 先生)

 駄菓子屋の前でうろうろするナオ君が欲しがっているモノは、子供にとって夢のアイテム!

 「変身ヒーローになれる」オモチャに子供がリアルな興奮を覚えるという情景に、あたたかい

 時代性を感じます。 ショーちゃんの言葉は、「変身ヒーロー」の先にある「大人」への道筋。

 

 

コメント