五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

◆ まんがくらぶオリジナル 感想②

2009年01月30日 | ◆4コマ誌⑥ まんがくらぶオリジナル

2009年3月号 のつづきです。

 ①は、『こうかふこうか』 『ちぃちゃんのおしながき・繁盛記』 『ベルとふたりで』

 の感想です。

 

●がんばれ!メメ子ちゃん (むんこ先生)

 取引先の事情にもビジネスライクな岸田くん。 でも、これって大事なことなんですよね。

 メメ子ちゃんはそうできずに抱え込んで修羅場ですが・・・・『若者の判断に』がいい感じ。

 それにしても、最近いろいろな進展があるようですけど、この先には何があるのかな?

 

●幼獣マメシバ (青木光恵先生)

 ドラマや劇場版で展開される作品のマンガ版。 マメシバ=生まれたばかりの豆柴犬?

 父親の遺産(家・土地)があるため、ニート生活をしている30男の話。

 そんな彼が豆柴犬をつれて、失踪(?)した母を探して三千里。 一歩踏み出す物語!

 

●うちの姉様 (野広実由先生)

 コミックス1巻発売中! くつ下=姉様というのは、もう基本ですか(;゜ー゜)

 うっ、姉様がブリッ子しとる! でも、それ以上に『かたづけ』の姉様が・・・危険だー!

 それにしても、遠野くんが自分の行動にいちいち〝理由づけ〟しているのが面白い(´▽`;)

 

●クロジとマーブル (富永ゆかり先生)

 富永先生のサイン会が告知されています! トビラのクロジ&マーブル、誇らしげ(^∇^;

 みやさんのシュークリームの選び方は、とても正しいのだと思います・・・美味そ~。

 今回のベストショットは、すごいジャンプ力を見せつけながら弾んだクロジでした(o^∇^o)

 

●そんな毎日 (おーはしるい先生)

 旅行の準備をする家族の中で、ポパイがとっている行動が(^◇^;) 役立たずだけど、イイ!

 ポパイはお留守番。 でも、ご家族は「浮気」! 帰宅した後のポパイの反応も、イイ!

 でも、この反応は『アクシデント』があったから、帰宅を心待ちにしていたのかも?(^_^;)

 

●Good Morningティーチャー (重野なおき先生)

 沖田先生、「原形が忘れられつつある」て(´-`;) 今回、一念発起するのかな~?

 栗子さん、ネコ耳の覚悟。健気だね~(つд`) ネコ好き=ネコ耳好きとは限らないけど・・・

 番長は気に入ったようです。 でも、4コマ目がスゴすぎ( ;゜Д゜)こりゃ、トラウマものだよ!

 

●ナチュラル×バイオレンス (かのか先生)

 ナチュラル×バイオレンス!それは不動さん。 「悪・即・斬!」な女子学生。

 気弱な友人・古都乃さんがからまれていれば、バイオレンスにお助け。

 最後の古都乃さんエピソードなど、さわやか感もあるのがよい感じ。 ぜひ、つづきを~!

 

●ほんわかぱっぱ (古川紀子先生)

 『ばあちゃんの手編み』 ニット帽、マフラー、手袋、そして・・・・(゜゜;) ざわざわざわ・・・・

 ばあちゃんの温かみを感じる手編みも、いろいろ役立つようですね(^∀^;)宣伝とか

 温かみといえば、湯たんぽ。 ばあちゃんのいい話・・・・で終わらない所が、さすがだ!

 

●世話焼き娘の083 (ぼに~M先生)

 「たまには担任らしい所 見せないと・・・・」 私、担任からお年玉もらったことない~( ;゜Д゜)

 それにしても、清き風紀委員が面白すぎなんですが(^_^;) すずっぺも、いいね~。

 でも、今回で「お休み」とのこと。 先生のサイトに詳細あり! 復活に期待しております。

 

●エコエコパンドラ (山田玲司先生)

 最終回です!・・・が、感想書くのが難しいタイプの作品でした。

 温暖化・エコには様々な考え方・説があるので、問題意識の「入口」になるといいのかな?

 パンドラ博士の秘密とか・・・あまり私の心には響かなかったのも残念だったかな・・・・

 

●さかな&ねこ (森井ケンシロウ先生)

 相変わらず、食べられたり食べられたり食べたられたりしているわけですが、それが味!

 ・・・と、ようやく分かってきたところに、『さかねこファンタジーゲームブック』が登場!

 これは面白い!! ・・・・・・・え~っと、「6」に行きたいんですけど???(=▽=;)

 

●おかんとみっぴー (るうの先生)

 新連載! 以前、ゲストだった母娘作品ですね~。

 みっぴーちゃん(9才)の元気娘っぷりが、ちょっとした「ボケ風味」で楽しい。

 おかんさんはひきこもり気味ながらも、きちんと「母親」してますからね~。 脱力ツッコミ!

 

 

コメント

◆ まんがくらぶオリジナル 感想①

2009年01月29日 | ◆4コマ誌⑥ まんがくらぶオリジナル

2009年3月号

 長文3つは、ゴチャゴチャしてしまいますね。

 

以下、ネタばれあります。 (未読の方はご注意ください)

 

 

●こうかふこうか (佐藤両々先生) 

 最近、亀山さんが主役ポジションを奪わんとする勢いですね~。

 3巻出たら、表紙は彼女かな?

 昨年のバレンタインも、いろいろありましたからね。

 

 

 幸花さんの「可愛らしさ」をうらやむ亀山さん。

 でも、チョコを贈るかどうするかを悩んだり、

 岩井くんの一言に“早まる”彼女は、なかなかに可愛いですよ。

 

 うーん、でも照れて行動がズレてしまう亀山さんは、

 財前くんに誤解されてしまうのでは?(^_^;) 彼、ややナルシストっぽいし。

 

 

 そして、ポロっと幸花さんへの本音が出てしまう亀山さん。

 でも、それが本音ではあっても適切ではないことを自覚している彼女。

 『固』 1コマ目のセリフは、心地よくまっすぐに伝わってきますね。

 

 ラストの亀山さんに対する鶴見さんの言葉には同感です。 

 

 『嫌い』 4コマ目の鶴見さん、微笑んでいるんですよね。

 亀山さんが幸花さんのことを友人として好きだということも分かっているし、

 その上で亀山さんの葛藤も理解している。

 そして何より、亀山さん自身のまっすぐな性格のことを

 とても好ましいと感じている様子がうかがえます。

 

 

 亀山さんの心境は、やはり複雑模様。

 それでも幸花さんへの悪意になっていないのは、彼女の人間性なのでしょう。

 鶴見さん「・・・岩井くんは酷だなー」 まったくだー!

 

 幸花さんの周囲では、彼女の意思とはあまり関係なく

 様々な人間ドラマが展開されてしまっていますが、

 彼女自身がその渦中へ踏み込んでゆくことはあるのでしょうか?

 幸花さんとしては、波風立たない状況を望んでいそうでもありますが・・・・

 

 まだまだ、ひと波乱ありそうな本作品。

 今後も楽しみであります!

 

 

 

●ちぃちゃんのおしながき・繁盛記 (大井昌和先生) 

 春は別れの季節・・・・そのとーりなのです!

 わかる!わかりますよ、三葉さん!!

 

 しかし、春は出会いの季節でもあるのです!

 そう!そのとーりです、上司さんのおっしゃる通り!!

 三葉さん同様、私もホレてしまいそうな勢いです。

 

 

 ま、それはどーでもいいとしてー(ぉぃ)、

 「酒の〆」の話ですが、私は3種(甘いモノ・ごはん・麺類)

 どれでもOKです・・・・・・・ただし麺類は、そば系かな?

 

 この3種、いずれが人気なんでしょうか?

 私の仲間内では、「ごはん」かな・・・・世間的には、どうなんでしょうね。

 

 しかし、なんだかんだで、ちぃちゃんのつくる料理は

 どれも美味しそうなんですよね~。

 空腹でもないのに、食欲わいてくるのには困ってしまう。

 

 こんな小料理屋あったら、常連の仲間入りしたいな~。

 そんな夢を見つつ・・・・・今後も楽しみであります!

 

 

 

●ベルとふたりで (伊藤黒介先生) 

 だいたい主要な登場人物が出そろった感のある本作品。

 学校でのドタバタも、みんなでワイワイ。

 

 すずのバレンタインに関する言い訳がスゴイんだけど、

 川越先生も丸め込まれなさんな。 鉛筆の噛み跡とか、ないない(^∀^;)笑った

 そこらへん、兵藤先生はさすが・・・・でも、ベル&すずにゃかなわんな~。

 

 ひかる君、小学生ながらもモテ男です。

 そんなひかる君へ熱い視線を向けるのは、すずとレイコちゃん

 意に介さず男子に人気なのは、ののかちゃん

 そして、傍観者の立場であるアキちゃん

 

 

 それぞれに面白いのだけど、色々かっさらっていったのはアキちゃんでした。

 傍観する哲学者な彼女も、謀反を企てていたんですね~(ちがう

 

 彼女が語るひかる君についてのセリフ、

 「この人はまだ恋を知らなさそうだけど・・・」につづく言葉が見事だな~。

 でも、今回すずとの友情に亀裂が?!(^◇^;)

 

 さらに、そんなこと関係なしに「ハイヨー」と走り去って行くひかる君。

 彼はきっと大物になるよ(;´Д`) 大人というのは「走る無責任」なのだから・・・・

 と、カン違い哲学者を気取りつつ(?)・・・・今後も楽しみであります!

 

 

へつづきます。

 

コメント

◆ 『お気に入り』 プチ感想20

2009年01月27日 | ◆「お気に入り」 (旧プチ感想)

端っこの「お気に入り」プチ感想です。 (前回

・『BAKUMAN〔バクマン。〕』1巻

・『それでも町は廻っている』5巻

・『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』18巻

・『大奥』4巻

・『侍たちの宴』1巻

 

話の内容にふれる部分があります。

 

 

『BAKUMAN〔バクマン。〕』1巻 

 (原作:大場つぐみ先生  漫画:小畑健先生)

 絵の才能をもつ真城最高(サイコー)と、文才あふれる高木秋人(シュージン)の2人が

 タッグを組んでマンガ家をめざす!・・・・・というお話。 かなりの期待作です!

 彼らの〝尖った感〟はキャラクターなのか、ガモ・・・大場先生の考え方なのか。

 それでも〝マンガに対する真剣さ〟はホンモノだな~、と感じさせられる。

 「こんなに時間がもったいないって思った事ない こんなに何かに真剣に打ち込んだ事も」

 

 

『それでも町は廻っている』5巻 (石黒正数先生)

 〝メイド喫茶〟でアルバイトにいそしむ女子高生・嵐山歩鳥。

 彼女を中心とする「おバカ」でなんともない日常と、そこにひそむ非日常が描かれる作品。

 森秋王国の出現、紺先輩のピンチ、メダカ池のメッシーなどなどの話が展開。

 この作品のキモは、4巻あとがきで書かれているようなことなのかな・・・とか、

 その中での「おバカさ」は人生のスパイスとなるのかな、などいろいろ考えなくとも楽しい。

 

 

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 』18巻 

 (安彦良和先生)

 ララァ編・後。 名作アニメ『ガンダム』のマンガ版。 名匠・安彦先生が描くガンダム!

 話は、ララァが無垢少女系ですな~とか、ブラウ・ブロ出現ですな~など楽しい。

 アニメはリアルタイムで観ていないのですが、それでも心に残る名作でしたね。

 マンガ版はアニメをなぞるだけ?と思いきや、シャアの過去編あたりから面白度急上昇!

 この巻では色々語りたいのですが、これだけは言っておきたい・・・・・ゲルググ大好きー。

 

 

『大奥』4巻 (よしながふみ先生)

 大奥とは江戸時代における将軍の私邸をさしますが、この作品では将軍が女!

 大奥にはより抜きの男たちが集められている・・・という設定。 でも、耽美さはひかえ目。

 「男女が逆転してしまった江戸時代」という一見ファンタジー風ながらも、大真面目に

 その世界観を創出している点が秀逸。 歴史好きにも楽しめる内容かと思われます。

 ああっ!4巻の感想いろいろ書きたいのにスペースがなーい! ・・・柳沢吉保めっ!

 

 

『侍たちの宴』1巻 

 (原作:山手樹一郎先生  作画:神江里見先生)

 一言で言ってしまえば、「時代劇」です。 侍たちの生き様が描かれる珠玉の短編集。

 君命によりその主君の弟を討たねばならない侍の話や、女スリに印籠をねらわれる

 ワケありな侍の話、心を寄せた女性が想う色男との「勝負」の話、などなど楽しめます。

 個人的には、仇討ちをめぐる話がおもしろかった! この経緯と結末は・・・・好きだな~。

 〝侍〟という生き様は、忍耐・苦悩・誠心・研鑽・爽快、そして真剣。 そんなことを感じる。

 

 

コメント

◆ まんがライフ 感想②

2009年01月24日 | ◆4コマ誌⑤ まんがライフ

2009年3月号 のつづきです。

 ①は、『わくわくワーキング』 『ハレハレなおくん』の感想です。

 

●動物のおしゃべり (神仙寺瑛先生)

 このシーズン、各誌にて「だっちゃ」率高し! 正直、私はよく知らないのです(・_・;)不勉強

 でもまあ、ミカちゃんは可愛らしいのでよいですね・・・・って、お母様!!Σ(゜Д゜;)やられたぁ~

 いや、今回は田崎さんのことを語りたかったんですけどね・・・お母様に持ってかれた(;´`)

 

●お父さんは年下 (北条晶先生)

 27日に2巻発売! バレンタイン・ラブな絹くん(18歳)・かをる子さん(37歳)ご夫妻。

 娘・ナオさん(20歳)は手作りチョコ・・・でも、手渡しに躊躇。 その一歩が踏み出せない。

 そんな娘に、“お父さん”のナイスアシスト! 恩をあだで返しちゃイカンよ、ナオさん(^∇^;

 

●ななこまっしぐら (小池恵子先生)

 大家さんの差し入れは柚子。 しかし、その背景には大量の余った柚子の山が(^∇^;

 私は柚子といえば〝湯〟くらいしか思いつかないのですが、色々あるんですね活用法。

 大家さんご夫婦のイイ話。「ズケズケ」だって良いんです。 「料理番組」は笑った(*゜´∀`゜)

 

●ポヨポヨ観察日記 (樹るう先生)

 うぉ!今回もグッズ系のアイデアが走っていますね~。 商品化とか、ないんですかね?

 マキさんのアイデア・チョコが、私のハートを直撃! ・・・英くんに訴えるマキさんが(^◇^;)

 それに、萌さんの新ポヨ・グッズ・・・・欲しい! ラストの3段オチには、私も涙!(。´Д⊂)

 

●裸眼でGO! (吉田美紀子先生)

 みずきさん、『くもり防止に』あることを始めたようですが・・・ちゃんと役に立ってるし(°◇°;)

 辻本さんについては遠視どうこうより、どうやってその場所に行ったのか問いただしたい!

 ラストの『手助け』では、目の疲れを周囲がフォロー。 小手川さんが見事でしたね(^o^)

 

●野獣女子高生 (吉田仲良先生)

 宿題の発表に緊張する千夏ちゃんに、級友からのアドバイスはデンジャラス!

 いや、デンジャラスなのは千夏ちゃんか(;´Д`) 春子先生は、別の意味でデンジャラス!

 「オトナの女」を説いたり、30万円のコートを買うべく策略をめぐらす先生は恐ろし(;=д=.)

 

●こけももさん (なかしまゆみこ先生)

 小鉄くんが忘れたお弁当を届けるべく、こけももさんはメカ番犬・クズに乗って飛ぶ!

 「よし 行くぞー 吉幾三~♪」 ・・・・・・・・・・(果てしない距離)・・・・・・・・・・Σ( ̄Д ̄;)エエ~

 小鉄くんは赤っ恥かいてしまったものの、お弁当を受け取ってきちんとお礼。いいねぇ(^o^)

 

●課長と呼ばないで (ちはやいくら先生)

 冒頭、エリさんが可愛すぎるぞ!Σ(^∀^;) ツンデレ練習中・・・って、どんな状況だ。

 トビラのムサシくん・オノっちの間に、赤くなったエリさんという画は、なかなか面白い!

 オノっちは自分の気持ちに気付いていない状態。 でも、今回変化が・・・今後が楽しみ。

 

●PaPaPaパラダイス (胡桃ちの先生)

 2月14日はバレンタイン・・・・はて、バレンタインて(以下略~)。 ここでは娘への贈り物。

 「あずみに姫級のもてなしを」と、ご両親。 サエちゃんのアドバイスは的確・・・か?(^_^;)

 彼女もスゴイのだけど、いい話を“利益”につなげたあずみちゃんが、したたかだよ(^∀^;)

 

●てけてけマイハート (竹本泉先生)

 年末年始、食っちゃ寝していたのぞみさん。 「だらごろ最高~」て(;´`)わからんでもない

 でも、なみこさんの一言に戦慄しています。 ・・・じつは、私も(-_-;)おそるべし正月!

 吉田くんがのぞみさんの質問に、目を合わせられないのが面白い。 のんびり~。

 

 

コメント

◆ まんがライフ 感想①

2009年01月23日 | ◆4コマ誌⑤ まんがライフ

2009年3月号

 

以下、ネタばれあります。 (未読の方はご注意ください)

 

 

●わくわくワーキング (おーはしるい先生) 

 トビラの主任、お背中セクシー! ・・・・ん?なんか付いてますな??

 「ヲトメのピンチ!?(笑)」 (笑)てΣ( ̄Д ̄;)

 

 主任、肩こりがヒドイとのこと。

 ともみさんに原因をストレートに指摘されそうになって、

 必死にさえぎってますが・・・・ともみさん、ひでぇよ(;´Д`)

 いや、『ナイショ』とか・・・・ホントひでぇよ( ;゜Д゜)

 

 でも、おかげで高沢くんに肩をもんでもらえることに!

 ・・・・「もんでもらえる」って、なんだか妙な気分になりますね(ぉぃ

 

 

 主任、「ヲトメ」ですな~( ̄o ̄;)

 高沢くんのマッサージは、主任が緊張してうまくいかない模様。

 やはり、緊張するものなのでしょうか。

 

 そう、高沢くん相手だと緊張してしまうみおさん。

 けれど中野くん相手だと、逆に緊張がほぐれる様子。

 ・・・ん?これって、パートナーとしてはどっちの方がよいのでしょうかね。

 「パートナー」の内容による・・・かな。

 

 みおさんが素顔をさらけ出しているという面でみれば、

 中野くんの方が圧倒的だとは思うのですが、

 彼女が満面の笑みで話をするのは高沢くん、なんですよね~。

 

 

 中野くんは、ともみさんに冷やかされてますが、

 それでも「いーんだよ別に」と言っている中野くんが、

 私としては立派に見えて仕方ない(^◇^;)

 ヘタレか紳士か、見る人でちがうものなのかな~。

 

 そういったわけで、応援はしないのだけど

 そんな日陰の男・中野くんを、さらなる陰から見守っていこう

 とか考えつつ・・・今後も楽しみであります!

 

 

 

●ハレハレなおくん (ナカタニD.先生) 

 すっかり、「焼き鳥屋のオヤジ」が板についたショーちゃん

 いや、“店主”は前川くんでしょうに( ̄Д ̄;)

 

 その前川くん、ショーちゃんから〝お金〟のことで指導を受けておりますが・・・

 はじめ、「何言っとんの?ショーちゃん??」と、

 前川くん同様に「?」「?」「?」だった私。

 

 さらに「妙チクリンなこと言っとりますな~(^∀^;)」と思っていたら、

 〝ショーバイする人間としての心構え〟話だったことを知って、

 一気に「ショーちゃんスゲェ!Σ(゜Д゜;)」となってしまいました。

 

 

 マジメな話、こうした〝心構え〟がしっかりしている人は

 とても好ましく思えます。

 なんというか、ショーちゃん見直してしまった。(今までどー見てたんだ?)

 

 おそらく、前川くんも感じるところがあったのだろうな~。

 「開店祝い」もあったし(^O^)

 ここらへんが、今後どう影響してくるのか?

 

 

 そして、ナオくんが「ショーちゃんて おカネのこと くわしいなあ」

 と言うのに対して、「そーでもないけどな」とショーちゃん。

 

 おそらくは、「学問的な経済の話に詳しいわけではない」

 という意だと思うのですが、それでも〝現場の人〟とでもいうのか、

 ショーちゃんにはそうした感覚での「おカネにくわしい」ところがあるな~、

 と思えます。

 

 いや、今回はショーちゃんに男ボレ! いよっ!アニキぃ~!!

 でも最後は、ナオくんの「お金に関する疑問」に笑った!

 ・・・なんて感じで、今後も楽しみであります!

 

 

へつづきます。

 

コメント