五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

◆ まんがタイムきららキャラット 感想②

2014年09月30日 | ◆4コマ誌⑨ 不定期 きららキャラット

2014年11月号 のつづきです。

 ①は、『まちカドまぞく』 『オトとこのこ。』 『天罰デス!』 『セカイ魔王』 『ぷらいまりィずむ!』

 

 

●Aチャンネル (黒田bb 先生)

 出不精(デブ症ではない断じて)のナギ、引きこもって連休を満喫中でしたが、そこへ・・・?

 トオルさんからの電話で、誘導尋問に引っかかり、アニメの限定カフェへ一緒に行くことに!

 大いにはしゃぐトオルさんが珍しいけど、ナギの前でも元気な姿をみせて、可愛かったかも。

 

●癒さレクチャー! (みにまる 先生) 

 再登場ゲスト! クシャミ連発なのに、花粉症を認めようとしない麗さん、モヤシス上昇中?

 ついに始まった部活では、それぞれ「癒される瞬間」が披露されてましたけど、風呂や食事、

 文具店めぐりやお寿司など、各々個性が面白い! しかし七瀬さん、「女の子眺め」て(^^;

 

●NEW GAME! (得能正太郎 先生)

 1つ前でも書いた通り、社会人=青葉さんと、大学生=ねねっちの立場の違いが興味深い

 と思ったら、それが原因でケンカに・・・ というお話。 ねねっちの「ツンうる」が可愛かった。

 互いに意固地になりつつも、相手の気持ちを察する機会を得ての仲直りは、格別でした!

 

●ブレンド・S (中山幸 先生) 

 苺香さんが風邪でお休み、お見舞いに行く一同でしたが、そこには苺香さんの姉・兄が・・・

 愛香さんと香一くん、2人して、苺香さんに友達がいることに驚いているのがフビン( ;∀;)

 店長を彼氏と勘違いして、「ドS」でもてなす様子が可笑しい! でも、最強は苺香さんか~。

 

●ぱわーおぶすまいる。 (ウロ 先生) 

 宗馬母より、バイトのお誘い! まゆさん、制服が似合っていて可愛いのですが、宗馬くんも

 女子制服を着せられて、宗子さんに!? さらにもう1人、優くんまで加わっていますけど、

 彼も女装になっていて意外と可愛かった(´▽`;) 照れる宗子とは逆に、堂々として良いぞ。

 

●ホワイトサンドに手をふって (イチゼン 先生)

 お魚鑑賞ライフ、ゲスト2話目ですが、相変わらず、よく食べるプラちゃんが面白かった(^^;

 元気よく食べている所、おねえさんが「それ〇〇だよ」と指摘する⇒驚く・・・の流れが愉快!

 また、コケだらけの水槽をきれいにする「三傑将」は興味深かった! お魚が面白いです!

 

●すわっぷ⇔すわっぷ (とめきち 先生) 

 キスすることで入れ替わってしまう2人、一之瀬さんと二階堂さんですが、もう入れ替わりは

 しないかと思いきや、入れ替わってから、頭の良い一之瀬さんに追試を受けてもらおうと・・・

 なんて考えた二階堂さん、キス現場を目撃されて、何だか公認の関係っぽくなってて、笑!

 

●カスタムメイド! (たちつてつこ 先生)

 ゲスト3話目! そんな今回、「魔女っこまちこ」のフィギュア目当てに、バーガーランドへ!

 しかし、お嬢さまのユウさんは、ジャンクフードが初めてで、そうした様子が面白かった(^^;

 マサキさんのおかげでフィギュアもゲットできて、めでたし! しかも次号より、連載開始!!

 

●あまゆる。 (マウンテンプクイチ 先生) 

 今回、バレンタイン! そこで、友達に配るお菓子を作るマオさんですが、本命はもちろん?

 アヤさんがバレンタインを知らなかったのも面白かったですけど、アヤ⇒ハル、マオ⇒ユウ

 という「あげる」「もらう」の関係って、百合的に興味深いですよね。 その一喜一憂が良い!

 

●P.S.リスタート (桑島黎音 先生)

 千華さん、正直すぎてババ抜き向いてない(;´∀`) 夏希さんにすら簡単に負けてますが、

 何だかんだで学生としての時間を楽しんでいて、姫乃さんを加えての日常感が心地よい・・・

 のですが、何やら最後に理事長に呼ばれてから急展開? そして次号、最終回ですと!?

 

 

コメント

◆ まんがタイムきららキャラット 感想①

2014年09月29日 | ◆4コマ誌⑨ 不定期 きららキャラット

2014年11月号

 Manga_time_kr_carat_2014_11

 表紙は、『Aチャンネル』より、トオルさん!

 買い物なのか、紙袋をたくさんぶら下げていますけど、

 小物や柄や色合いがファッショナブルで、イイ感じですね~。

 

 

 今月の「社会人と大学生で賞」は、『NEW GAME!』より、青葉&ねねっち!

 Manga_time_kr_carat_2014_11_p058

 青葉さんとねねっち、電車内で会話する2人でしたが、

 青葉さんが寝不足という話を聞いて、心配しながらも会社批判をするねねっち。

 それにカチンときたのか、大学生は毎日暇なのか? といった風に言い返す青葉さん。

 まあ、青葉さんとしては、自分の頑張りを否定されたような気分になったのでしょうし、

 ねねっちの方は、純粋に青葉さんの身体を案じてのことでしょうけども、

 こういった社会人と学生の立場の違いで、かみ合わない意識ってありますよねえ。

 自分にも覚えがあるといいますか、言ったり言われたりしたことを思い出す一幕でした。

 

 

 

【連載スタート!】

●まちカドまぞく (伊藤いづも 先生)

 Manga_time_kr_carat_2014_11_p039 Manga_time_kr_carat_2014_11_p040

 魔族として覚醒した少女は、魔法少女の生き血を求める・・・?

 ゲストを経ての連載スタート!

 ある日、角と尻尾が生えてきた少女・吉田優子さん。

 「闇の一族」である彼女の家庭は貧乏で、「光の一族」の封印を解くことができれば、

 貧乏脱出できるのだとか・・・ そこで必要となるのは、魔法少女の生き血!?

 

 なんて感じに、「闇の一族」である吉田さんが、魔法少女を倒すべく奮闘する話・・・

 ではあるのですけども、魔族であるはずの吉田さんが弱すぎて、勝負にならないから愉快!

 敵であるはずの「桃色魔法少女」千代田桃さんから、優しくされてばかりという(;´∀`)

 今回、そんな桃さんも、自分は魔法少女としては「弱い方」と言っているから驚きです。

 となると、強い魔法少女って、どんだけなのよ・・・ と絶望する吉田さんが面白い(酷)

 

 そんな風に、一生懸命に魔法少女を倒そうとする吉田さんですが、

 桃さんにはまるで歯が立たないという力関係に、安心感がありますね(^^;

 何度も突っかかってくる吉田さんを、邪険にせず相手しつつも、簡単にあしらう桃さん。

 そうした様子が面白いわけですが、いつも平静を保っている桃さんも、

 運動系(というか筋肉系?)の話題となると、目を輝かせていたのは、もしや趣味?

 

 などなど、挑んでも挑んでも、どこか抜けていて、勝負にならない吉田さんが面白い!

 魔族でありながらも、普通に友達から受け入れられていたり、

 敵対しながらも、桃さんのペースに巻き込まれて仲良くしていたりと、

 そうした姿に愛嬌があって、憎めないところが良いですね。

 はたして吉田さんは貧乏脱出のため、魔法少女に勝つことができるのか・・・?

 連載開始ということで、今後も楽しみです!

 

 

 

【ゲスト作品】

●オトとこのこ。 (芦の木あい 先生)

 Manga_time_kr_carat_2014_11_p047 Manga_time_kr_carat_2014_11_p048

 男のコと男のコ。

 このこさんは、ごく普通の男子高校生・・・

 ではあるものの、「女の子に憧れて、女の子の服を着ている」のだとか。

 そんな彼が、街中で出会ったオトさんも、また女装している男子中学生で・・・

 

 と始まるお話。

 このこさんもオトさんも、女装した男子であり、この2人を中心に物語は進みます。

 女装の動機が、このこさんは「女の子に憧れて」なら、オトさんは「格闘家の父に反発」と、

 異なっている点は、2人の違いになりそうですね。

 オトさんは、このこさんが男であることに気付いており、

 そんな倒錯した空気の中で繰り広げられる交流に、不思議な面白味がありました。

 

 互いに互いを可愛いと思っている2人ですが、

 オトさんが気付いているとは知らず、このこさんは自分が男であると

 隠しているのを気にしていて、そのあたりの葛藤も見所でしたね。

 女装男子の交流は、やがてもっと深い所へたどり着くことになるのですが、

 これって、わりと思い切った内容ですよね・・・ なんて気になりますので、つづきに期待!

 

 

 

●天罰デス! (柊タイガー 先生)

 Manga_time_kr_carat_2014_11_p171_2 Manga_time_kr_carat_2014_11_p171a

 天使によって罰を受ける少女お話。

 ある日、起きると頭上に「10」の数字がついていた少女・京極ちえみさん。

 そこへ、死を司る天使アズラエルと名乗る少女が現れて、

 ちえみさんを更生すると宣言しますが・・・?

 

 ちえみさんの頭上の「10」は、ある条件で減ってゆき、

 「0」になると、ちえみさんは死ぬ(ほど恐ろしい目に遭う)というもの!

 数字が減る条件とは、アズラエルの感情が刺激されることで、

 驚いたり、動揺したり、怖がってしまうと、数字は減るようです。

 

 そこで、アズラエルを刺激しないよう配慮するちえみさん・・・

 と思いきや、ヘンタイな彼女は、アズラエルにちょっかい出しまくりで、

 数字が減る一方なのだから面白い! しかも、そのことに怖気づく気配なしという(´▽`;)

 そして、ついに「0」になってしまい、死ぬほどひどい目に遭うのですが、

 それでもめげないメンタルの強さには、ホレボレしてしまいました(ぇ

 

 そんな感じで、ヘンタイのちえみさんと、天使アズラエルの交流が面白い4コマ作品。

 頭上の数字という設定はもちろん、死ぬほどひどい目に遭ってもめげない

 ちえみさんのキャラクターが、かなり愉快で楽しかったです。

 これはぜひとも、つづきに期待であります!

 

 

 

【最終回!】

●セカイ魔王 (双見酔 先生)

 Manga_time_kr_carat_2014_11_p107 Manga_time_kr_carat_2014_11_p114

 コミックス4巻、11月27日発売! ・・・ですが、最終回!!

 ついに、セカイの秘密に決着が?

 魔王城にてフィナーレを迎えることとなった本作品。

 神と会見した魔王さま、そして勇者、2人の帰還は世界に何をもたらすのか・・・

 

 といった感じの最終回。

 神との会話の回想で、ほとんどのけ者にされているアルシャさん、気の毒(^^;

 まあ、会話の要領を得なかった点が、除外の理由でしょうけども、それでも勇者か!

 そうして、主に魔王と神との話し合いが進みますが、

 目的である世界の構造の改変は、魔力の横溢との関連から困難であり、

 神自身も試行錯誤してきた末のシステムである以上、簡単には変えられない

 (変えれば異変が起きてしまう)というのは、現実世界のシビアさにも通じます。

 

 そんなこんなで、小難しいことになるかと思いきや、

 ここで勇者が“活躍”していたのは、小気味良かったですね~。

 勇者が神に許されていたのは、大笑いでしたけど゜(*゜´∀`゜)゜

 そして、魔王と勇者の帰還、変わるセカイ。

 それは、世界そのものの前進というだけでなく、

 魔王さま自身にとっての進展でもあったのだと、感じさせるラストでありました!

 

 などなど、ファンタジー世界で繰り広げられてきた大冒険も、これにて完結。

 魔王と勇者の物語は、世界の理不尽への挑戦であり、

 これまで世界に挑んできた人々や、今を生きる人々の、

 想いが重なり積もることで、成果を得ることができたということは、

 忘れるべきではないのかもしれませんね・・・ なんて考えつつ、楽しませていただきました!

 

 

 

●ぷらいまりィずむ! (パルプピロシ 先生)

 Manga_time_kr_carat_2014_11_p141 Manga_time_kr_carat_2014_11_p145

 コミックス2巻は、10月27日発売! ・・・ですが、最終回!!

 最後は、海水浴にて母を思い出すニコさん。

 みんなで海を満喫していたところ、亀池さんとめいふ&さゆらが遊ぶ姿を見て、

 ニコさん、自分の母親のことを思い浮かべています。

 

 そこで、トイレに行くと偽って、1人でしんみりしてしまうニコさん。

 そんな彼女を、父上とココさんたち家族が追って来て、

 母上の思い出を中心に語り合い、あたたかい空気に包まれる姿が、ほのぼのでした。

 というか、思い出の中の母上が、けっこうお茶目で面白かった(^∇^;

 

 そして、みんなと合流してから、日常へと帰ってゆく様子でシメとなりました本作品。

 しっかり者のニコさんを筆頭に、変り者の双子・さゆら&めいふ、

 ニコさん大好きなしずのさん、ニコさんの妹で元気っ子のココさんなど、

 可愛らしく個性的な小学生たちの通学風景から日常まで、

 様々な様子が面白味となっていました。

 

 全体的に、キャラクターに躍動感があって、

 そのリズムが作品のノリを、いい具合に形作っていたと思います。

 そうした点に、私は魅力を感じていましたし、魅力ある4コマ作品でした。

 コミックス完結2巻は、10月27日発売! 楽しませていただきましたー!!

 

 

②へつづきます。

 

コメント

◆ まんがタイムオリジナル 感想②

2014年09月28日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2014年11月号 のつづきです。

 ①は、『小森さんは断れない!』 『社外秘!神田さん』です。

 

 

●ラディカル・ホスピタル (ひらのあゆ 先生)

 榊先生の甥っ子・智也くん登場! ナースの方々に大モテなのも、榊先生の情報目当てか。

 高校2年、進路が気になるお年頃のため、智也くんの母上から探るように頼まれる榊先生。

 医の道へ進むか否か・・・ ということも気になりましたが、最後、榊先生へのスパイに、笑!

 

●らいか・デイズ (むんこ 先生) 

 1つ前でも書いた通り、来太くん・かのんちゃん・小太郎くんの世話をする、らいかさんの巻。

 かのん&小太郎のケンカに悩まされつつも、何だかんだで仲良くすごす様子が面白かった。

 そして、この“苦労”を苦労とも思っていない、むしろ物足りないと感じるらいかさんに感服!

 

●満開!Sister (東屋めめ 先生)

 サツキさん、勉強をみてもらっているお礼に、カンナさんに焼き芋を食べさせるという話に!

 でも、芋を焼いたり食べたりするサツキさんを見て、武士くんが彼女の本性に気付くことに?

 大和撫子でないワイルドな彼女にショックを受けていますが、今後どうなるか気になります。

 

●よゆう酌々 (辻灯子 先生) 

 前回、有名店を視察に行った戸田くん、森永さんと一緒だったらしく、何やら2人イイ感じ?

 そんな空気に、珍しく優さんが反応していて、何やらアヤシイ雰囲気が漂ってきましたよ~。

 今までこうした感情は出てなかったのに、大きな変化ですけど、「バツ1」の重みは大きそう。

 

●放課後すずなり倶楽部! (みなづき忍 先生)

 鈴鳴さんが所属する「ねこら部」に、興味津々なクラスメイト・犬房千弦さんが登場しますが、

 なぜか彼女と一緒に部室へ行くと、部屋が空っぽ状態で、何があったかわからない展開に。

 何やら、ミステリアス要素が加わってきましたね~。 もしかして、先輩方って、猫だったり?

 

●トリセツなカテキョ (山東ユカ 先生) 

 今回、春吉くんと会長さんが急接近!? ケガした会長を家まで送ったは良かったものの、

 そこで転んで、覆いかぶさる形になった春吉くんに、会長がかけた言葉は・・・ 愛と後悔・・・

 会長の真剣な心の内に、春吉くんが誠実に応える様子が爽やか。 そんな青春の1ページ。

 

●ゆらゆら薬局プラリネ (松田円 先生) 

 カラーで登場の今回、ついに池田さんの秘密が、みさきさんに明かされることになりますが、

 思ったよりもショックを受けてないというか、むしろ喜んでいるみさきさんに少し驚いたかも。

 社長さんと付き合ってると誤解したままなのは可笑しかったですが、これで何かが動く・・・?

 

●どす恋!りきしー女 (銅代きいろ 先生)

 いよいよ試合にのぞむ相撲部! 結構立派な会場での団体戦で、3人の個性が光ります。

 先鋒・茜さんは身軽さを活かした相撲、中堅・ターニャさんは手足の長さが利点となる相撲、

 大将・加奈子さんは見た目通りのパワー系と、女子3人の相撲が予想以上に面白かった!

 

●あまかす*あくとれす (オオトリキノト 先生)

 今回、甘糟姉の到来で、ひと悶着!? 妊娠5か月な姉さんは、妹の婚期も心配の様子で、

 三浦さんに目を付けたから、ややこしいことに(;´∀`) 女優をあきらめさせようとしたり、

 いかにも家族っぽい所がよかったですけど、瑠璃さんの登場で、態度一変なのは面白い!

 

●春雨平安日記 (松 阪 先生) 

 暑くて寝苦しい夜、同僚の奥様は団扇であおぐのに、春雨くんの妻たちはきつい2択で笑!

 そんな今回、彼の浮気で夏子さん激怒! 冬子さんは余裕を見せますけど、その理由(^^;

 2人の“会議”も面白かったですが、浮気相手の正体には驚きつつ、いいキャラで楽しすぎ!

 

 

コメント

◆ まんがタイムオリジナル 感想①

2014年09月27日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2014年11月号

 Manga_time_or_2014_11

 表紙は、ガチャガチャ山下さん!

 カプセルから飛び出すラディカルのちびキャラたちが楽しい!

 他、らいかさんや小森さんたちも!

 

 

 今月の「さすがだぜベイビーで賞」は、『らいか・デイズ』より、来太くん!

 Manga_time_or_2014_11_p020

 今回、来太くんをはじめ、かのんちゃんや小太郎くんを預かることになったらいかさん。

 ですが、子供ざかりな2人(来太くん除く)がケンカを始めてしまい・・・ なんて展開に。

 そこで、来太くんの与えたアドバイスが「やらせとけ」で、これが適切だったのが面白い!

 さすが天才児ですね、ベイビー!

 

 

 

【10月7日、コミックス3巻・発売!】

●小森さんは断れない! (クール教信者 先生)

 Manga_time_or_2014_11_p010 Manga_time_or_2014_11_p014

 年末年始は、友達と初詣な小森さん。

 大掃除に年越しそばと大忙しな小森さんですが、初詣をド忘れしています(^^;

 そこへ、めぐみさんとまさ子さんがやって来て、3人で出かけることに・・・

 

 道中、恋バナめいた話をする3人。

 小森さんには大谷くんがいますけど、他の2人はどうなのよ?

 という話題は気になるところですが、めぐみさんは山中くんとの関係を

 「男女的」なものとは捉えていないようで、わりとシリアスなこと考えていたのが意外でした。

 このあたり、「まんがタイムスペシャル」での短期集中連載の話を読むと、認識深まります。

 

 そして気になったのが、まさ子さん。

 浮いた話がないな~と思っていた彼女ですけど、

 好みのタイプを聞かれて、“そばにいる人”の特徴が語られていたのは興味深い。

 いや、彼女が小森さんを好きなことは知ってましたけど、どこまでのレベルでなのでしょうね。

 小森さん本人は、全く気付いてないのが面白かったですけども(^∇^;

 

 さらに、初詣での合格祈願。

 そこで会った大谷くんとの会話では、小森さんが女っ気ないと指摘する彼でしたけど、

 つまりそれだけ、彼は彼女のことを気にかけているということなんでしょうね~。

 小森さんは、その指摘を気にしてしまってますが、互いに互いを意識し合っていると・・・

 まったく、お熱いことで! そりゃ、めぐみ&まさ子さんも投げやりになるってもんです。

 

 などなど、初詣をめぐる女子3人の恋バナが面白かった今回ですが、

 最後、初日の出を眺め続ける小森さんからは、中3という新たな出発への時期の

 心の揺れを感じられて、何ともしみじみしてしまいました。

 足元のおぼつかない今このときを、ただ踏みしめるような感覚・・・

 そうしたことを感じつつ、今後も楽しみです!

 

 

 

【10月7日、コミックス2巻・発売!】

●社外秘!神田さん (大乃元初奈 先生)

 Manga_time_or_2014_11_p064 Manga_time_or_2014_11_p067

 神田さんと東くんが急接近・・・?

 冒頭、秋の訪れを感じる神田さん。

 でしたが、めぐってくる季節を感じるごとに、自分も年をとったと思い知っているようで、

 でも、その感じ方に、ロマンがなかったのは笑! 仕方ないよね、人間だもの。

 

 会社では、それぞれアイスの食べ方が異なることに感心する神田さん。

 朝倉さんたちはオーソドックスな食べ方ですけど、東くんのは、なかなかなさそう(´▽`;)

 豪快で無頓着な彼らしいといえば、らしいのですかね。

 しかし今回、そんな彼と神田さんに関係に、大きな進展が・・・?

 神田さんの新しい浴衣に、けっこう反応する東くん。

 まあ、「中身」に対しての反応が一番でしたが(ォィ

 

 すると今度は、神田さんが東くんに、ウィンクを飛ばしたり、どうなってるんだー!?

 ・・・と思ったら、目にゴミが入っただけとか、なんじゃそらー!

 でも、このときの東くんの反応って、悪くない感じでしたよねえ。

 その後の、ごみを取ろうとするシーンでは、神田さんが少しドキドキしてたっぽいですし、

 最後のやりとりも、おもに神田さんが意識しちゃってる風だったのが、微笑ましかったりも。

 などなど、ちょっと気になる2人の関係といった感じでありました。

 コミックス2巻は、10月7日発売とのことで、今後も楽しみです!

 

 

 

【新人ギャグまんが展】

・ (うやままさし 先生)

 Manga_time_or_2014_11_p162

 洋風キャラクターたちの洋風(?)コメディ4コマ。

 パパの作ったパスタを食べるメアリーちゃん。

 感想を聞かれてますが、味は良いものの、他でダメ出し、けっこう手厳しい(^^;

 オムライスも美味しそうに食べますけど、食べながら他のことを考えていたり、

 メアリーちゃんを中心にした日常生活が、面白おかしい4コマ作品になっています。

 吹き出しのセリフが横書きであることから、「横文字」で会話していることを

 表現していると思われ、そのあたりが欧米っぽさを感じさせますね。

 

 

②へつづきます。

 

コメント

◆ まんがくらぶオリジナル 感想②

2014年09月26日 | ◆4コマ誌⑥ まんがくらぶオリジナル

2014年11月号 のつづきです。

 ①は、『ハチさんは今日も生きています。』 『酸いも甘いもシッタカ姐さん』です。

 次号が最終号とのことで、今月号はたくさん感想書きたかったのですが、時間的に難しく・・・

 次回、色々書くことができればよいのですけども、どうなることか。

 

 

●リコーダーとランドセル (東屋めめ 先生)

 1つ前でも書いた通り、今回、あつし君の修学旅行で、“ワルい男”あつし君が面白い(^^;

 盛山先生が、あつし君に班長を任せた理由が、目立つからだけではない点に涙しました(ぇ

 通報は杞憂でしたけど、行く先々でモテまくりな彼と、本当の彼のギャップは可笑しかった!

 

安西信行の鋼鉄日記 (安西信行 先生) 

 麻雀って楽しいね! そう、本誌は竹書房から出ているので、麻雀の話でもおかしくない(ぇ

 今回、安西先生の青春の1ページ=麻雀話でしたけど、私も大学時代ハマってました(^^;

 安西先生による鉄拳さんとの闘牌、面白かった! 麻雀はもっと多くの人に広まるべき(ォィ

 

●銀子の窓口 (唐草ミチル 先生)

 コミックス1巻、10月27日発売! そんな今回、いきなり銀行強盗が現れ、混乱の渦・・・?

 それでも冷静な銀子さんと・・・ 思いきや、訓練で一安心。 見城主任との見事なコンビで、

 訓練を成功させる様子が面白かった! 幽霊さんの無念は、悲劇を感じてしまいましたね。

 

●ちぃちゃんのおしながき・繁盛期 (大井昌和 先生) 

 夏から秋へというこの季節、飲むのはビールか熱燗か? で悩む、男たちの姿が面白い!

 ユウ爺は、あっさり決めちゃってましたけど、タク爺はなかなか決まらずに悩み続けますが、

 学生さんも決めて、ますます追いつめられる感がありつつの、ラストのガッツポーズが最高。

 

●まちこう! (浦地コナツ 先生)

 大きな変化が訪れようとしている有見鉄工所! なんと、ひな子さんが社長に就任する!?

 それに伴い銅本さんがリーダーになってしまうため、草太くんだけで溶接を担当することに。

 そうした変化に戸惑いつつも、前進する人々の姿が面白くも頼もしくでしたが、何やら不穏?

 

●ぼくとことりちゃん (野々原ちき 先生) 

 文化祭で演劇をする博巳くんのクラスですが、陽菜さんがシンデレラ役に選ばれたものの、

 王子役をどうするかでひと悶着? 博巳くん以外に、大路くんというライバルが立候補して、

 博巳くんの心に揺らぎが見えていたのが良いですね~。 次回、ドキドキの最終回とのこと。

 

●いとをかし (楠見らんま 先生)

 スーさんがあおいくんに告白!? そんな冒頭に驚いてしまいましたけど、彼、男ですよね?

 男と男、禁断の愛かと思いきや、告白の練習だったそうで(´▽`;) 相手は、モエモエさん。

 なりきるあおいくんが面白かったけど、その涙はどっちへの? みどりさんじゃないのか~。

 

●ボク恋コンダクター (坂巻あきむ 先生) 

 【恋する時間】の終わりは寂しいもの。 歌恋さんも、その時を迎えてしまったものの、笑顔。

 好きな人の恋を「応援したい」と言う彼女ではありますが、その心が深く傷ついていることは

 確実ですよね・・・ だからこそ、コウタくんは走り出す。 そうした青春模様が、良いですね!

 

●ラジ娘のひみつ (小坂俊史 先生)

 秋晴れのおだやかな日、異変が訪れる・・・? 本番で、あいりさんが裏モードにならず!?

 いつもと違って「表」の顔でお送りするラジオ放送が、毒もなく平和すぎて、苦情の嵐に(^^;

 そんな騒動が可笑しかったり、郵便局員が面白かったりでしたが、最終回はどうなるのか?

 

●のぶながちゃん公記 (くりきまる 先生) 

 今回は、尾張の守護・斯波氏のお話。 つまり、織田家にとっては上司にあたる人々です。

 だが世は下剋上、織田家の勢力が増し、斯波氏は没落。 その事情がわかる内容でした。

 そして、尾張の内紛に恋路の成就と、色々楽しかったですが、岩室さんの狙いが気になる。

 

  

コメント