五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

◆ 最近読んだ完結4コマ漫画など

2011年03月31日 | ◆「お気に入り」  4コマ漫画

完結作品2つに、単巻作品2つです。

 

本来なら全て、きちんと感想書きたい・語りたい作品・・・というのは大抵いつものことですが、

とくに上記2作品については、終了が残念という以上に「もったいない」気がしていますし、

3つ目の作品については毎月(3行だけど)感想書くくらい好きな作品でありましたし、

4つ目の作品だってコミックスで通して読んでみて、予想以上によかったと感じました!

 

『ひよぴよえにっき。』2巻・作品紹介ページ

『境界線上のリンボ』2巻・作品紹介ページ

『美大道!』は、まんがタイムwebの「今月の新刊・2011年3月」で試し読みできます。

 

 

『ひよぴよえにっき。』2巻 (琴久花央 先生)

なかよし姉妹の愛らしき日々。 Hiyopiyopicture_diary_02

1巻プチ感想

姉・ちあきと、妹・はる。そんな2人のほのぼの日常風景をつづる4コマ漫画。

おもに、まだ手のかかる妹の世話を姉が一生懸命がんばっている姿が描かれており、そんな様子に心あたたまる笑いを感じさせてくれる作品です。

 

この最終巻では、はるの成長が描かれていますが、それでも2人のなかよしな日々は続いてゆくことになるわけで、それを感じさせるタイトル通りの絵日記ネタが、本当に愛おしい気持ちにさせてくれました!

「微笑ましさ」から生じる笑いが満載。こんなにも優しい視点から提供される素晴らしい作品、もっと世間に知られなきゃイカンですよ!と、世界の片隅で叫んでおきたいものです。それくらい素敵な作品でした。

 

 

 

『境界線上のリンボ』2巻 (鳥取砂丘 先生)

大空に浮かぶ“辺土”にて・・・ Limbo_on_the_border_line_02

1巻プチ感想

人間社会になじめず、リンボと呼ばれる街へと逃げ込んだ少女フゥが、そこで“再生”の道をたどる、穏やかで楽しく優しい物語。

 

「社会からつまはじきにされた者」が平穏の地を見つけ、あたたかい人々に囲まれながら、そこで生きてゆく道を見つけるというテーマには、感じ入るものがありました。

そこは“辺土”(天国でも地獄でもない場所)ゆえ、決して楽園ではないのだけど、それでも優しくたくましく歩んでゆけるフゥという少女の素晴らしさ。

そんな彼女と支え合う、周囲の人たちとの関係の集大成ともいえるラストエピソードの晴れやかな景色。はぐれ者だって生きている、皆で生きている、そんな感覚に私は「希望」を感じてしまうのでした。

 

 

 

『パパ★Lv1』 (小笠原朋子 先生)

新米パパさん、レベル1スタート! Papalevel_one

 

主夫となった青年の、年上奥様&娘との日常4コマ。

年上の千代子さん(34歳)と結婚することになった青年・景樹くん(23歳)。千代子さんの娘・つぐみちゃん(5歳)のお世話しながら、主夫としての生活をこなしてゆきます!

 

仕事上の上司であった奥様はツンデレ。そして、その娘は景樹くんにぞっこんという状況。

このぐみちゃんの景樹くんへの想いや、千代子さんの素直になれない愛情や年上を気にする心情が、面白おかしく、時にちょっとだけ切ない風味で、味わい深く楽しませてくれる4コマ作品になっています。

様々な決着がつくエピローグや、ゲスト先生方のエロチック(!)なおまけも必見です!!

 

 

 

『美大道!』 (さと 先生)

絵を描くことが好きだから!! Bidaimichi

 

美大浪人3人娘による美術予備校の日々。

第1志望の美大に落ちた彩さんが予備校で出会った2人、元同級生の絵美さんと、浪人2年目の洋子さん。そんな3人の美大への道を、面白おかしく描いた4コマ作品です。

 

ドジっ娘、しっかり者、お調子者とそろった面々によってくりひろげられるコメディ空間が楽しいのはもちろん、「絵を描くことが好き」という所から発せられる情熱空間も、これまたステキで心地よい。

すばらしい技術を持ちながらも、「絵が好き」ということに自信を持てない絵美さんが、拙いながらも迷いのない彩さんをうらやましがったり、そんな2人のお姉さん的存在でありつつ、明るい性格で“対等”に接する洋子さんといった3人の関係性も見所です。

 

 

コメント

◆ 不定期購読4コマ誌 プチ感想

2011年03月30日 | ◆4コマ誌⑩ 不定期購読誌

「まんがタイムファミリー」2011年5月号

「まんがライフMOMO」2011年5月号

 

 

【まんがタイムファミリー 2011年5月号】

 

●うのはな3姉妹 (水谷フーカ 先生)

 ついに、お父さん・お母さんの関係になった南田くんと桜さん! 南田、至福と無常の物語。

 子供を預かったんですけどね、彼の照れップリが面白すぎます。 桃姉の冷やかしも(^^;

 そして、前戸くんへのライバル宣言カッコイー!「桜はやらない(キッ」・・・でも、前途多難!

 

●ぽちゃぽちゃ水泳部 (遠山えま 先生)

 コミックス1巻、5月7日発売! ますます重くなったカツ代さん、見られてやせろ作戦決行!!

 ビキニ姿も太ましいのだけど、それでも可愛いところが彼女の魅力・・・魅力です(なぜ2回)

 それにしても、先輩って意外と「S」なんじゃね・・・? 今後もビキニ標準ならいーのにな(ォィ

 

●+1サプライズ (大乃元初奈 先生)

 知らないあいだに最終回! 千鶴さんと万鈴さんの関係も、ついに円満解決・・・か?

 授業参観へ来てもらうことも、そこでの千鶴さんの態度も、今までの積み重ねの成果かな。

 私は万鈴さんの“キャラ”が好きでした。 最後は唐突な気もしましたけど、これにて終幕!

 

●はなとふたば (由多ちゆ 先生)

 ファミリー初登場ゲスト。 女子高に通うユキさんと、男子高へ通うタキくんは双子。

 様子がおかしい弟のバイト先を見に行くと、可愛らしい女の子がおりまして・・・という話。

 クールな姉の弟に対する感情や、弟くんのサクラソウへの想い、その交錯が面白そうです。

 

●キラキラ☆アキラ (曙はる 先生)

 4月7日に3巻発売ですが・・・最終回!? 2年生になって桃くんと別々になったアキラさん。

 でも、その生活はいつもどーりで、2人の関係はますます深まったようにも思える雰囲気。

 そんな感じで終了でしたが、私は曙先生作品の「男性キャラのカッコよさ」を語りたかった!

 

●一緒にかえろう (矢直ちなみ 先生)

 ハルジオンとヒメジオンの違いの講釈のあと、ヒメジオンに例えられて呆然とする詩緒さん。

 落ち込んでいる所を伊藤くんに励まされるけど、やはり春さんの言葉で回復するあたり、

 2人の結びつきの強さを感じる展開でした。 杉山さん可愛かったけど、次回で最終回!?

 

 

 

【まんがライフMOMO 2011年5月号】

 

●せんせいのお時間 (ももせたまみ 先生)

 みか先生がお見合いー!? お相手は丸井さん・・・結婚したら、丸井みか=まるいみか(!!) 

 北川さんの「見」の余裕は、お見合い失敗を見越してのものなのか?(^◇^;) 想定内か。

 うーん、予定調和といえばそうなんだけど、もちょっと盛り上がってもらいたい気持ちも?

 

●ポヨポヨ観察日記 (樹るう 先生)

 あの動物苦手なユカさんが、動物育てることに・・・しかも、こんな展開になっていたとわッ!!

 ユカ夫の猛獣使いっぷりに頼もしさを感じると共に、今後のユカさんと動物の触れ合いにも

 安心感が生じます。 しかし、萌さんの会社時代の壮絶さに唖然! ゆえに今が幸せ感!!

 

●崖っぷち天使マジカルハンナちゃん (佐藤両々 先生)

 私は「魔法少女」と「魔女っ子」って少し違ったものと認識してましたけど、同じ扱いなのね。

 恵南ちゃんは「魔法少女」になりたいのか・・・その契約は、やめといたほうがいーよ?(ぉぃ

 でも、ハンナさんを「カワイイ」と評する恵南ちゃんの純な心は清涼感。 再登場に期待!

 

●まぐ・ばぐ (東屋めめ 先生)

 コミックスが4月27日発売ですけど、最終回! 虫たちが元いた国へ帰ってしまって・・・?

 ヒロシ君にとっては迷惑な虫たちだったけど、「共に暮らす」という事が「迷惑」を伴いつつ

 愛着を育てていくものである事を感じさせる良い物語でありました。 美月さんとも・・・ね?

 

●めがもの! (永井道紀 先生)

 謎の美少女現れたー!と思ったら、ひとみさん・・・だと!? 部活勧誘で大ハッスルの巻。

 チョコレートボンボンで目覚めているけど、これって目力がない分、パワーアップしてるの?

 MAX状態2コマ目のひとみさんが美しひ~ヽ(*´∀`)ノ この無敵感とラストの友情がイイ!

 

●パパLv1 (小笠原朋子 先生)

 単行本発売SPゲスト! コミックス収録の描き下ろしエピローグ、その手前の話ですね。

 ぐみちゃんの気持ちに気付けぬ景樹くん、「ウンチうんぬん」とか女の子に言うなー!(;´`)

 ラストのぐみちゃんのダウン⇒アップが面白すぎ! この後のステキなシメは、コミックスで!! 

 

 

コメント (2)

◆ まんがタイムきららキャラット 感想

2011年03月29日 | ◆4コマ誌⑨ 不定期 きららキャラット

2011年5月号

 次号より『けいおん!(在校生編)』と、真田一輝先生の新作が連載スタート!!

 今のところ、きらら系で毎月読んでいるのは「キャラット」だけなので、

 『けいおん!』新作を読めるのはありがたいです。 「きらら」本誌も、次号読まなきゃ。

 

 そして、アニメ『ひだまりスケッチ』特別編の製作決定とか、嬉しすぎるー!

 いつか4期をと望んでおりますが、今はこれだけでも心の支えに・・・・・・GAもいつか(ぁ

 

 

●Aチャンネル (黒田bb 先生)

 今回、白衣脱いだ姿とか「ポエム」とか、鬼頭先生の色んな姿が見れて楽しかった( ´∀`)

 そして、炭酸を学校につれてきてしまったトオルさん。 自慢したくなるのもわかります(^^;

 子供無視してボールを譲り合うトオル&ユー子も楽しかったけど、OPピンチでしたね(ォィ

 

●GA 芸術科アートデザインクラス (きゆづきさとこ 先生)

 トモカネ殿が、ノダ殿の猫を預かることに。 「にょき」とのぞく姿が、めっちゃ可愛いらしい!

 キサラギ殿と一緒になって、猫の奔放さに振り回されつつ、その愛らしさの虜となる面白さ。

 そして、「描くほど・・・似なくなってる気がする」という言葉に、美術系の“魂”を感じますね。

 

●CIRCLEさーくる (榊 先生)

 コミックス4巻、4月27日発売! そんな今回、夏合宿の終わり「漫研部員、跡を濁さず!」

 きちんとお掃除するのはさすがなのだけど、かなたさんの余計なひと言が(^◇^;) 会長ォ

 そして、「かなちゃん」「綾ちゃん」のハグが、少しだけ力の入ったものなのが、何だかよい。

 

●ひだまりスケッチ (蒼樹うめ 先生)

 やまぶき祭で配布するパンフレットの表紙絵に採用=世界デビュー!? ゆのっち夢広がる。

 カラス口の「美術あるある」や、ヒロさんの見事なラリアットゥには大笑いでしたけど、

 作品の完成をめざすゆのっちの真剣な姿に、彼女の成長を感じます。 でもパパさん(^^;

 

●ウォーターガールズ (なぐも。 先生)

 連載開始!! 泳げないのに水泳部に入ったはるなさん&ずみさん、今日も仲良く練習です!

 “かなづちシスターズ”と揶揄されながらも「一緒にされちゃった」と喜ぶはるなさん、いいね。

 小さな部長に、アヤシイ視線のメガネ先輩を加えての楽しいスイミング、今後が楽しみ!

 

●ラッキー・ブレイク (平つくね 先生)

 お金が欲しいキシモンさん、まさかの赤井さんの助けを得て、コスプレ衣装を売却だー!

 社長の物なのに( ;∀;) でも、「自作の物が売れる」ことに興味があるちゃこさんも参加!

 皆でワイワイやる雰囲気や、「社員vs社長」のやりとりが面白かったうえに、オチが(*゜´∀`゜)

 

●九十九神いりませんか? (高遠のね 先生)

 桜の下で九十九神・・・というトビラ絵がイイ感じ。 そんな今回、和紗さんの学校へ潜入!

 キョウさんの行動範囲が狭そうなのが心配な点でしたが、鏡を通って移動できるとか便利。

 留守を守るネズ坊の律儀さには泣いたけど、何か不思議な存在も登場して、今後楽しみ! 

 

●Felice (門瀬粗 先生)

 ベタな少女漫画的展開に憧れる玲亜さん、凛さんのおかげで憧れの「閉じ込められ」体験!!

 ケータイの電池切れで連絡取れない状況だけど、灯里さんを人外設定する余裕に笑った!

 大地くんを「王子様」に見立てたりと、乙女心が柔らかい。 でも、灯里さんのマンガが(;;)

 

●セカイ魔王 (双見酔 先生)

 「勇者だけに見える扉」の向こうに消えたアルシャ。 もし城に来たらと考えて、身だしなみを

 整える魔王様がおもろくて可愛いな~(^◇^;) 帰って来たアルシャが手にするのは聖剣?

 これは・・・薄刀・針!!(違います) しかし、淡々と勇者の道を進みますけど・・・どーなるの?

 

●inote! -アイノテ!- (夕仁 先生)

 お風呂壊れて臭いちえさん(臭くなーい!)、カヤさんの旅館風呂に招待。 宣伝、面白ッ!

 「胸が大きく」の効能に惹かれる先生が可愛いわ~(^∀^;) やさしいし、よい先生だな~。

 しかし、3人の前で裸身をさらすお姉ちゃん(中3)が、おそるべし!!Σ(゜Д゜;)  先生ファイト!!

 

●かためで! (shige 先生)

 今回は、まのさん無双! 黒魔術な格好が似合いすぎたり、ロッカーに妙なカギかけたり、

 おかしな行動でみづきさんを振り回す彼女は、本作品の面白味を動かす重要な役回り。

 さやかさんまで振り回されてて笑ったけれど、ラストのみづき&こゆりは何なんだ!?(^◇^;)

 

●アクアリウム (博 先生)

 青春真っ盛り!・・・な感じの文化祭準備の風景。 さおりさんのメイド長ぶりがさすがです。

 そして、ちほ&かよの男装がキマッていて、ゆうさん相手の「接客」が耽美ズムでよいよ~。

 でも、ゆうさんが成宮くんに責められてイヤな空気が漂って・・・からの展開が素晴らしい!!

 

●ねこのひたいであそぶ (なんにゃか 先生)

 コミックス1巻、4月27日発売! そんな今回、休日の皆のちょっと違った過ごし方。

 苗さんと羊子さんは、街中の「まだまだ見知らぬ所」を求めて探検し、実紀さんと綾音さんは

 小学生の野球に混じる。 そんな両輪の風景がほのぼのゆったりと、私の好きな雰囲気。

 

●リア充撲滅委員会 (コバシコ 先生)

 パペット使った「これまでのあらすじ」が、あまりにスゴくて震えちまったぜ! ・・・怖いよぅ。

 今回、岡部氏の調査をおこなうREC一同だけど、いちいち挙動不審で面白い奴らです。

 しかし岡部氏をふり回す側であるRECの面々が、逆にふり回され一撃くらう展開は笑った!!

 

●モコモコニンニン (ホリ 先生)

 キャラット初登場ゲスト! 「きらら」の方で何度かお見かけしました、忍者のモコさん。

 女子高生になりたいけど、テストが何かも分からない!? カンニング方法を考えてるし(^^;

 まやさんの背後をとったりするのが忍者らしくて面白かった! あと、ツバメさんがイイね(ぇ

 

 

コメント

◆ まんがタイムオリジナル 感想

2011年03月28日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2011年5月号

 次号、『ふたりぽっぽ』最終回なんですか? 次号予告には何も書いてませんけど・・・

 それにしても今月号は、「ホーム」並に「楽しい気分にさせてくれる」作品が多かったです!

 

 

●ラディカル・ホスピタル (ひらのあゆ 先生)

 今回は「左利き」のお話。 患者の伊勢さんが「左利き」を非常に気にしているお方。

 泣き泣き矯正されたトラウマが原因で過剰反応してしまうのだけど、右腕マヒの梶さんとの

 交流で色んな事がふっきれた!な展開が、素晴らしく面白かったー!! ラストの笑顔、イイ。

 

●そこぬけRPG (佐藤両々 先生)

 企画に困ったらタイツをいじめればいーじゃない・・・そんな広報の裏ミーティング(お花見)!!

 先輩ゲボ君から後輩リンリンへの気づかいを受けて、リンリンがふと思う一言がよい。

 そして、千花さんのゲボ君への接し方が、清々しくて好感。 で、ラストのスルーに大笑い!

 

●らいか・デイズ (むんこ 先生)

 伯父さんがやって来た! 相談事があるらしいけど、らいか母のせっかくの気づかいを

 ことごとく無にしてしまう伯父さん、おもろ(^◇^;) 「断る勇気か引き受ける覚悟」の選択。

 真剣に・・・と思っても笑ってしまうのは、伯父さんの“キャラ”のおとぼけ具合のせいだよね。

 

●天使な小悪魔 (芳原のぞみ 先生)

 コミックス7巻、4月7日発売!の今回、昔お嬢で今キャバ嬢な蘭子さんに幸せが訪れた!?

 やたら【ピカキラ】にキメているのは彼氏のため・・・だけど、その彼はホストなのという展開。

 想定内でしたが、“ライバル”めぐさん含め、皆とのキズナを感じられる痛快さがありました!

 

●恋は地獄車 (瀬戸口みづ 先生)

 お花見での女性陣トークが面白すぎた!!(*゜´∀`゜) 滝くんの小さな望みメッタ打ちだったり、

 万里子さんを励ましたり、「痛い過去自慢」したり、はるなさん=「地引き網女」もウマい! 

 千歳さんに「ダメ出し」する後藤さんがさすがだけど、今回は女性陣がもっていったな~。

 

●ハッピーエンドではじめよう (本山理咲 先生)

 不動産屋で働くご婦人は、いつか「理想」のものに出会うまでと、いろいろ吟味しすぎる人。

 「よく考えて大切に生きる」といえば聞こえはいいけど、「理想」以外を「仮」と考えムダに。

 そのことに気づけた7日目、“感謝の念”を取り戻す表現がイイ。 人生は選択なのですね。

 

●ハルコの晴れの日 (星里もちる 先生)

 今回、特別4コマバージョン! ハルコさん、派遣秘書のお仕事奮闘記になっています。

 やたら元気が空回りするハルコさんの様子がオチになっていて楽しいけど、ボスの方も

 力の抜けたツッコミ役として良い味出してます(^^; 色恋なしだけど、面白かったー!!

 

●夏生ナウプリンティング (大乃元初奈 先生)

 再利用のための紙が余って仕方ないので、カードやハガキにしようと企画を立案!

 そんな夏生さん達の仕事っぷりが、ウキウキするほど楽しい話でした。 活気あるな~。

 都合よすぎ感はあるけど、個人客=大したことないの流れを覆すラストなど、爽快すぎる!!

 

●オトメシュラン (王嶋環 先生)

 いや、正直申しますけど、美空さん・・・ステキです(ぇ。 ハンサム系女性、イイですね(ぇぇ

 そして、ホール長の雪村ルミ子さんもいい“キャラ”してる! 「的確」な指摘が鋭くて楽しい。

 あと、調理アシスタントの葉山槙太くんはエリちゃん狙い? ツッコミ役としてがんばれ~!

 

●ぎんぶら (安堂友子 先生)

 惑星チャラインに到達したはよいものの、そこはリア充うずまくアゲアゲな星だったー!

 若竹くんにとっての苦手ゾーン、「よるな女豹!」には笑った! しかしあることに気付き、

 ちょっとしんみりシリアスムードでイイ感じ・・・と思っていたら、楽しいオチがついてお見事!

 

●先生のたまご (みなづき忍 先生)

 たまこ先生、ついに担任となりました! 初心に帰るような化野先生とのやりとりが楽しい。

 そして、生徒キャラクター・宮澤よだかくんと夏目こころさんは、たまこ先生のクラス!

 たまこ先生の愛らしさがどこまで通用するのか? 生徒を交えた新展開、今後が楽しみ!

 

●ひよりすと (魔神ぐり子 先生)

 母上様がスゴイなあ・・・「おやすみのチュー」笑った! 家族を愛する執念がハンパない。

 しかし、ひよりさんの「あーん」は可愛い+艶かしいですな~・・・バナナ持ってこーい!(ぉぃ

 でもって、隠し事をする草介くんを問い詰めるメガネが、あまりに非情すぎて泣いた(ToT)

 

●チア☆リカ (神楽つな 先生)

 3回連続掲載第3回! ついにチア部と軽音部の戦いが始まりましたが、負けた後が怖ッ!!

 「クーデター中の某国で反政府ゲリラを応援」て( ;゜Д゜) きちんと勉強してるリカさん、おもろ。

 この作品、やや読みづらい所はあるけど、細かい部分で面白いと感じます。 つづき期待!

 

●となりの原始人 (ばんめし 先生)

 新人4コマ大賞上半期最終候補者、初登場!とのこと。 フリーのSEさんは原始人!?

 ヒゲ面によれよれのシャツで過ごしていたら、お隣さんに「原始人」と間違われたという話。

 大ボケすぎだろ、お隣の女子高生(^◇^;) そんな彼女の視点が面白味になっています。

 

 

コメント

◆ 最近読んだマンガ1巻など

2011年03月27日 | ◆「お気に入り」  マンガ

1巻作品3つ。

ほかにも2~3作品ありますが、まだ読んでいないので次回以降に・・・

 

 

『ネクログ』1巻 (熊倉隆敏 先生)

チャイナなキョンシー大活躍!? Necrog_01

 

「中華な近代都市」を舞台として、いわゆるキョンシーが登場する屍術・仙術物語?

道士・胡(フー)のもとに弟子入りすることになった青年・宋(ソン)。彼の狙いは、幼馴染みの薛姐(シユエねえちゃん)を蘇らせること・・・なのだけど、彼女は胡のキョンシーだったのです!?

 

『もっけ』の熊倉先生が、今度は道術系物語を描かれるとのことで期待せざるを得ない!「三国志」好きの私に道術系はピンポイントヒットなのです!!

物語は、様々な屍術的怪異が起きる中で、胡の命令で色々やらされる宋の姿と、薛姐の活躍(?)が描かれています。これが本格仙術物語となっていて非常に面白い!個人的・超期待作品です!!

 

 

 

『群緑の時雨』1巻 (柳沼行 先生)

武家の少年少女、誇りの行方。 Gunryokunojiu_01

 

江戸時代初期の地方にある士々国を舞台に、武家の少年少女が出会い、子供ながらに自らの道を探します。

中谷霖太郎は、不名誉なあだ名をつけられている武家の少年。ある日、家老の息女・差床伊都と剣道の試合をすることになったのだが・・・

 

と始まる作品は、霖太郎と親友・府介、伊都の3人を中心に、地方での生活をゆるやかに淡々とつむいでゆきます。

不名誉なあだ名をつけられている霖太郎が、それでも府介の言葉などに救われながら、やがて「誇り」を取り戻してゆく過程は、自信喪失しがちな人間にとっての拠り所となる心構えを感じられて、私などは穏やかな気持ちにさせられたりしました。

 

 

 

『修羅の門 第弐門』1巻 (川原正敏 先生)

陸奥九十九、帰還・・・!? Syuranomon2_01

 

無敗をほこる格闘術「陸奥圓明流」の使い手・陸奥九十九の戦いを描いた作品の“第弐門”!

前作からおよそ2年、伝説となり姿を消していた陸奥が帰って来た!?

突如現れた謎のマスクマンが使う技が、陸奥のそれに似ていると話題になるのだが、陸奥を知る者たちは半信半疑。はたして、マスクマンは陸奥なのか?伝説が再び始まるのか!?

 

前作を知らずとも、それなりに読めるはずだと思いますが、前作を読んでおけば楽しさ倍増疑いなし・・・?

あまり多くを語るは無粋と感じる作品。ここで描かれる男たちの闘いに、静かに燃えるべし。

 

 

 

コメント