五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

◆ まんがタイムきららキャラット 感想①

2013年06月30日 | ◆4コマ誌⑨ 不定期 きららキャラット

2013年8月号

 Manga_time_kr_carat_2013_08

 表紙は、『Aチャンネル』より、ユー子&るんさん!

 ポップな風景をバックに、水まきをする様子が涼しげです。

 

 

 今月の「くちゅーで賞」は、『Aチャンネル』より、るん&ナギ!

 Manga_time_kr_carat_2013_08_p008

 体調不良を訴えるナギさんに、おでこをくっつけるるんさん。

 ナギさんのくしゃみを聞き違えて面白いこと言ってましたけど、

 これ、ツッコミが入らなかったら、ホントにちゅーしてたんじゃないの・・・?

 な~んて考えてしまいましたよ(´▽`;) るんさんなら、やりかねん。

 

 

 

【コミックス1巻、発売中!】

●P.S.リスタート (桑島黎音 先生)

 Manga_time_kr_carat_2013_08_p041 Manga_time_kr_carat_2013_08_p042

 没落した天然お嬢様の物語。

 白鷺千華さん、元は大財閥のお嬢様でしたが、今は没落した身。

 そんな彼女の世間知らず過ぎる様子が面白い作品ですが、

 周囲にイイ人が多くて、それゆえに楽しい日々を送っているのが好感触です。

 

 今回は、海!

 千華さんのことが大好きなお嬢様・姫乃さんのお誘いで、海水浴を楽しむ一同。

 いきなり、めぐみさんの水着上を脱がす千華さん、グッジョブΣd(゜∀゜d)(ォィ

 浮き輪で遊ぶ千華さん、可愛い! ひっくりかえっても、可愛い!(ぇ

 などなど、皆してはしゃぐ姿が面白かった。

 

 姫乃さんは千華さんだけを呼びたかったのに、

 千華さんの友人2人・めぐみさんと夏希さんも一緒に来てしまったため、

 ちょっとだけ不満な様子でしたが、2人のおかげで助かったこともあり、

 少しずつ仲良くなってきているのが、とても気持ち良いお話でしたね。

 2人も誘った姫乃さんのメイド・サキさんの「いろいろありまして」が、

 実は何もなかったのには笑いましたけど゜(*゜´∀`゜)゜

 

 没落して以来、困窮した生活を送ることになった千華さん。

 しかし、そんな彼女が今も笑って過ごすことができるのは、

 2人の友人や、姫乃さんのような人たちとの交流あってこそ。

 わりとボケボケな千華さんが面白味になりつつも、

 そうした友達関係の中での、優しさのようなものも感じられるのが素敵ですよね。

 コミックス1巻、発売中! もちろん今後も、楽しみです!

 

 

 

【連載開始!】

●ののかノ~ト (水乃ミナト 先生)

 Manga_time_kr_carat_2013_08_p075 Manga_time_kr_carat_2013_08_p083

 元・天使の少女が、天界復帰のために、人としての成長をめざすお話。

 ゲストを経ての連載スタート!

 ノノカさんは元・天使ですが、人間をやり直している最中。

 1人じゃ何もできないノノカさんですが、過保護な姉・あやかさん、幼なじみの叶恵さん、

 そして新しい友達・月村玲緒奈さんに囲まれて、楽しく過ごしています。

 

 今回は、身体測定で、お着替えしてますが、

 ノノカさん、着替えも1人じゃできないとは、一応高校生だろうに(^^;

 叶恵さんは、いつものことなので手伝っていますが、

 月村さんは驚いていて、自分が更生させなくては、と考えています・・・ 更生て。

 さっそく服の着方や、リボンの結び方を教えてあげているのが微笑ましい。

 

 やさしくも厳しく指摘してくれる月村さんに、感謝を述べるノノカさん。

 ところが、その現場を過保護な姉・あやかさんに見つかったから、ややこしいことに(´▽`;)

 そこで、愛ゆえに暴走するあやかさんが相当おもしろかった!

 月村さん、完全に“敵”として認識されましたねえ。

 これは、過保護な姉と、更生させたがる友人との間で、

 ノノカさんを取り合う展開が待っているかも・・・?

 

 ノノカさんが天使に戻るための条件=ノートに描かれた木に花を咲かせるためには、

 彼女自身の人としての成長が必要ということで、そのあたりがどう描かれてゆくのか・・・

 連載スタートということで、今後も楽しみです!

 

 

 

【ゲスト作品】

●いろはステーション (アルデヒド 先生)

 Manga_time_kr_carat_2013_08_p143 Manga_time_kr_carat_2013_08_p144

 広報部の少女たちの活動を描いたお話。

 広報部「お昼の放送」で、スピーチをするりんさんですが、

 2年生だというのに、うまく出来なくて落ち込んでしまいます。

 けれど、先輩・まりさんや、部の仲間たちに支えられつつ、がんばる姿が微笑ましい。

 

 【気遣い】での、まりさんの励まし方が面白いですね。

 自分の口で直接言いながらも、それを他人の言葉として伝えているのは、

 高圧的にならないワンクッション置いた優しさを感じさせます。

 そうした適切な指導はもちろん、りん&まりの間接キスをめぐる関係や、

 天然まじりで明るいよしのさんや、仮入部の1年生・れいさんの個性なども、面白味。

 

 優しくふんわりとしながらも、楽しく騒ぐ広報部の様子が、良い感じに楽しい4コマ作品。

 最後、お昼の放送の“聴取率”についての話は、まあ、そんなもんですよね(^^;

 がんばれ、りんさん! ということで、後編にも期待です!

 

 

 

【最終回!】

●インプロ! (真田一輝 先生)

 Manga_time_kr_carat_2013_08_p151 Manga_time_kr_carat_2013_08_p156

 コミックス2巻が7月27日に発売ですが・・・ 最終回!

 最後は、部活動の説明会でのインプロ劇。

 部活アピールのための即興劇に、演劇部の面々が挑みます。

 

 なんか、裏方でイチャつく教師2人が面白かったですけども、

 演劇部の説明という体裁を保ちながら、それを演劇にしてしまうのは、

 なかなか観ていて楽しく、かつ興味深いものでしたね。

 どのように即興で演じてゆくのか、どのような内容で進行してゆくのか・・・

 

 演劇部の面々が、会話しながら「演じる」劇。

 セリフの1つ1つがセリフでありながらも、演者本人の言葉としてつむがれてゆく様子に、

 妙な可笑しさと、微笑ましさを感じてしまいました。 所々にオチもつきましたし(´▽`;)

 優希さんの「こんなに素晴らしい仲間に恵まれていますっ!」の言葉が良かったですね。

 

 などなど、タイトルにある「インプロ」にてシメとなった本作品。

 演劇部という場所で、少女たちが織り成す物語。

 はじめ、帷さんのわだかまりから、優希さんとの関係に不安もありましたが、

 今では大の仲良しで、この最終回でも睦まじい所(百合?)を見せつけてくれて一安心。

 今後も彼女たちの演劇部での活動はつづいてゆくわけですが、これにて最終回。

 楽しませていただきました!

 

 

②へつづきます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがタイムオリジナル 感想②

2013年06月29日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2013年8月号 のつづきです。

 ①は、『小森さんは断れない!』 『ぎんぶら』 『機動教師アルファさん』です。

 

 

●ラディカル・ホスピタル (ひらのあゆ 先生)

 コミックス25巻、8月発売! そんな今回、鼻歌まじりでお仕事している山下さん&榊先生。

 ということで、歌や音楽をテーマにしていますが、病院でかける音楽の定番は、クラシック!

 手術中にかける所もあるんですね。 陽気な病棟が楽しいけれど、ボンバイエには驚いた!

 

●らいか・デイズ (むんこ 先生) 

 父倒れるの報せにショックを受ける竹田くん、申し訳ないけど4コマ目には大笑い゜(*゜´∀`゜)゜

 幸い大事なかったようですが、竹田くんは心配しまくりで、母上との温度差が可笑しさに!

 けれど、母上も心配していたことが分かる【お手本】からは、「親」としての姿勢を感じます。

 

●よゆう酌々 (辻灯子 先生)

 カットモデルをした優さん、あまり知られたくないようですが、さっそく粧子さんがかぎつけ・・・

 なんて始まりました今回、カットモデルの話が終盤、曲解されて町の噂になってたのは笑!

 そして戸田くんを訪ねてきた少女は、何をもたらすのか? ラストの税理士さんに、大笑い!

 

●トリセツなカテキョ (山東ユカ 先生) 

 文化祭にわく学校。 2-Aの出し物は「カテキョきっさ」!? わざわざ勉強する人間なんて

 と思ったら、井原センパイが大人気! いや、たしかにパーフェクトなカテキョだけど(^∇^;

 一方、春吉くんは会長とお話してますが、珍しく彼女が弱さを見せているのは可愛かった!

 

●おかん (小坂俊史 先生)

 1つ前でも書きましたが、家電が次々に壊れてしまい、困ったことに。 文明って大事よね。

 洗濯機とテレビ、どちらを先に買うかでモメますが、それを解決する「センタク☆TV」に笑!

 買うなよ! と思わずツッコミ入れつつ、最後の洗濯する姿から、昔の人の大変さを知った。

 

●ゆらゆら薬局プラリネ (松田円 先生) 

 高校の頃、演劇部だったみさきさん。 理由が、悪い意味で兄がらみなのは、やむなし(^^;

 そのとき出会った異世界の王子様・藤吉さんが、とても気になりますね~。 あの人かも?

 女性だけど、肩幅広くて胸がない美形さん。 そして、池田くんの顔が赤いワケ・・・ ふむ。

 

●ちまりエンプティ (佐藤両々 先生)

 千鞠さん、初搭乗の巻。 背の高い運転士・木村さんとの凸凹コンビが目立っています。

 常時お腹をすかす千鞠さんに困惑しつつ、やさしく見守り、かつ厳しく指摘する木村さん。

 お客様もあたたかい方々で、そんな周囲のふるまいが、初仕事を支えてるのは心地よい。

 

●オトメシュラン (王嶋環 先生) 

 ヨウさんのお料理教室! といっても、お相手は一成くんだけなのだから面白い(^∇^;

 緊張しまくりのヨウさん、赤面しまくりで可愛いけれど、一成くんは気づかないからフビンや。

 けれど、料理に関して妥協を許さないのは、さすがです。 この2人、どうなってしまうのか。

 

●あねぐるみ (森繁拓真 先生)

 錦さんが風邪でお休み。 そこで、姉上から看病を頼まれたタケローくんですが、さて・・・?

 看病に来てくれた彼に、錦さんが送った感謝のメールが、なんだか可愛くてギャップ(^◇^;)

 彼女に仕事をさせることに成功はしたものの、総務の仕事の範囲が広がりそうで気の毒!

 

●あかるい夫婦計画 (井上トモコ 先生) 

 眠れないダンナさんに、安眠グッズを買ってくる奥さんですが、逆に寝れなくなりそうで笑!

 【ハッキリして下さい】は、プロポーズのシーンが出てきて興味深い。 ダンナさんらしい(^^;

 「吊り橋効果」や恋愛ドラマも面白かったのですが、次号より、しばらくお休みとのことです!

 

●かでん屋さんの基礎知識 (風良まり 先生)

 トビラの水着姿でくつろぐ女性陣2人がセクシー・・・と思ったら、さんちゃんまでスカートて!

 そんな今回、暑くなってきたということで、クーラーの機能についての話が興味深いですね。

 一花さんのクーラー服は良いアイデアだけど、使いどころが難しい(^◇^;) 家電バンザイ。

 

●ヒミツの家光 (江茂タツキ 先生) 

 とつぜん現れた謎の女性の正体は、鷹司の姫様! 家光さんの奥方になるお方の登場で、

 おキヌさんも沈みがちで、一波乱ありそうな展開に・・・ おもに光さんが被害者ですが(^^;

 市井の娘か、由緒正しき姫か、光さんの漢気に期待したいものの、おキヌさんの涙が(;;)

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがタイムオリジナル 感想①

2013年06月28日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2013年8月号

 Manga_time_or_2013_08_2

 表紙は、織姫=山下さんに、彦星=榊先生!

 七夕のイメージで、笹に願いをこめる人たちも、ちらほら。

 もう7月になるんですね~・・・ 早いなあ。

 

 

 今月の「文明の利器はありがたいで賞」は、『おかん』

 Manga_time_or_2013_08_p049

 今回、家の中の家電が次々に故障してしまい、困り果てるおかんの巻でした。

 1つ壊れると次々に壊れる法則でもあるのか、ありとあらゆる家電が使えなくなってしまい、

 生活面に支障をきたす様子が、面白おかしく描かれます。

 家電て当たり前のように使ってますけど、これがないと生活って成り立たないですよねえ。

 そんなありがたみが、わかるような気がするお話でした(^^;

 

 

 

【7月4日、コミックス1巻発売!】

●小森さんは断れない! (クール教信者 先生)

 Manga_time_or_2013_08_p029 Manga_time_or_2013_08_p032

 人からの頼みを断れない(断らない)少女のお話。

 小森しゅりさん(14)は、よく人から頼まれごとをされるうえに、それを断れないタチ。

 けれど彼女は、それを嫌がっているわけでもなく、進んで引き受けているのが面白い所。

 そんな優しくてたくましい少女の、頼まれごとライフを描いた4コマ作品です。

 

 今回は、夏祭りを前に、その準備の手伝いを頼まれる小森さん。

 しかし周囲には大人ばかりで、つまらないと感じてしまう小森さんでしたが、

 そこで見つけたのは大谷くん。 小さいけれど、頼られたい男の子。

 頼られる男になりたい彼としては、よく人から頼られる小森さんは、ある意味ライバル。

 ちょっぴり複雑な想いを抱えつつ、一緒に準備することになりますが・・・

 

 なんてお話でしたけど、祭り本番で困ったことになってしまった小森さんを、

 救ったのが大谷くんだったのは面白い!

 いつも頼られるスーパーウーマン的存在の小森さんが、

 珍しく弱気になって、大谷くんを頼る構図が、なんとも微笑ましいものでありました。

 大谷くんは役得だったようですけども(´▽`;) うらやましいぞ(ォィ

 

 ふだんは人から頼まれごとをして、その作業の様子や、

 便利屋のように扱われないか心配する友人たちとのやりとりが

 楽しかったりするわけですが、ここ最近、大谷くんとの関係が気になりつつもあります。

 そんな本作品のコミックス1巻は、7月4日発売ということで、今後も楽しみです!

 

 

 

【今月のピックアップ!】

●ぎんぶら (安堂友子 先生)

 Manga_time_or_2013_08_p098 Manga_time_or_2013_08_p098b

 次なる惑星は、ケンゴウ!

 ところが、いきなり巨大な生物に追い詰められて、ピンチの一行。

 そこへ駆けつけたのが、剣豪のおじいさん。

 ヤマトラネコを峰打ちで撃退し、一行を救うことになりますが・・・

 

 と始まりました今回。

 老剣豪・シマダカンヴェーさんの家へ、お邪魔する一行。

 修行の日々を送る彼の生き方が、ストイックでカッコイイのは良いけれど、

 そのストイックさが、可笑しさにつながっているのは面白かった!

 まあ、楽しくはなさそうですものね、ストイックな生き方って(^∇^;

 

 そんな老剣豪の前に、まだ小さな子供たちが「かたき討ち」と称して現れますが、

 なんかカタキとる必要あるのか? といった感じのコミカルなやりとりにも笑いましたよ!

 100ページ2本目のネタ【あー】をはじめ、本来のオチではないコマで

 笑いを誘う要素が組み込まれていたりするのは、ストーリー4コマらしい構成ですね。

 安堂先生の他作品『天子様が来る!』は、1本のネタとして完結したカタチが多いのですが、

 こちらでは、全体の流れの中でギャグをはさんでくるネタが目立つ印象。

 

 どちらも、それぞれの枠組みで、面白味を醸し出しているのが良いですよね。

 ラストの【ようしゃなし】も、4コマ目は老剣豪のカッコよさを際立たせますが、

 それは最後のオチへの布石であることがうかがえ、

 効果的に笑いを増幅している気がします。

 などなど、ストーリー・コメディ・4コマとしての面白さを感じる本作品、今後も楽しみです!

 

 

 

【ゲスト作品】

●機動教師アルファさん (ユーキ 先生)

 Manga_time_or_2013_08_p143 Manga_time_or_2013_08_p145

 機械じかけの教師は、少年の初恋の人!?

 森部有葉さん(29)は教師。

 彼女が楽をするためにつくったのが、自分の代理となるロボット教師・アルファさん!

 そんなアルファさんと、有葉さん、そして彼女の弟であり生徒でもある米太くんの物語。

 

 楽をするためにつくったロボットなのに、大して役に立っていないのが面白い。

 授業がなかなか進まないことを、米太くんが怒りますが、

 アルファさんも有葉さんも、まるで気にしていていないのが、しょーもない(^◇^;)

 そんな様子が、米太くんのマジメさを軸に面白味となっていますが、

 ここでもう1つ、アルファさんの「正体」が、米太くんの初恋の人というのは興味深い所。

 

 まあ、本当に初恋なのかどうなのか、よくわからんのですが、

 このあたり姉弟の関係にも注目する要素となっていて、がぜん楽しくなりそうです。

 初恋の人(?)に似ているアルファさんの世話をすることになった米太くん。

 ロボット教師と姉と弟のお話、つづきを読んでみたので、期待しておきます!

 

 

 

【新人ギャグまんが展】

・(ゆげ 先生)

 Manga_time_or_2013_08_p178

 少年と座敷童子のお話。

 祖父の家へ越してきたコータ君が見つけた謎の少女。

 脚がない彼女は、自らを「座敷童子」と称していて、何だかんだで一緒に暮らすことに。

 そんな幽霊みたいな座敷童子トウコちゃんと、わりとクールにあしらう少年コータ君のお話。

 絵柄が独特で、まずそのあたりに目を引かれる作品ですね。

 トウコちゃんが可愛らしいうえに、彼女のズレた感覚が面白味になりつつ、

 コータ君のクールさが、“ツッコミ”的に作用するのが良い塩梅の4コマ漫画。

 つづきに期待です!

 

 

②へつづきます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがくらぶオリジナル 感想②

2013年06月27日 | ◆4コマ誌⑥ まんがくらぶオリジナル

2013年8月号 のつづきです。

 ①は、『リコーダーとランドセル』 『うしろのご先祖さま』 『猫系彼女と草食男子』 『まちこう!』

     『ラジ娘のひみつ』 『ペンギンのお散歩』 『伊月家のトーコさん』 『しばいぬ子さん』

 

 次号、以前ゲスト登場した野々原ちき先生の『ぼくのことりちゃん』が新連載。

 さらに、兵庫県尼崎市の非公式ご当地キャラ「ちっちゃいおっさん」の4コマが連載開始!

 ・・・非公式って、どーゆーことなんでしょね。

 

 

●龍女生徒会っす! (野広実由 先生)

 生徒会室は不良のたまり場。 そこで、階段の下のスペースを生徒会室にする直さん(^^;

 黒虎さんは寝室にするわ、不良が襲来してくるわと大変なのに、めげない直さんが面白い。

 さらに、学園に男性が乗り込んできて、ひと騒動。 立ち向かう直さん、無謀だけど強いな!

 

●たばたちゃん派 (みずしな孝之 先生) 

 たばたちゃんのペットボトルつぶしにメチャメチャ笑った゜(*゜´∀`゜)゜ 精神的につぶすのかい。

 お皿を割っったことを誤魔化そうとするけれど、【ざいあくかん】で実行できないのも面白い。

 そんなたばたちゃんが、可笑しかったり微笑ましかったり。 でも最後、母上の表情ヤバい。

 

●銀子の窓口 (唐草ミチル 先生)

 新人の音々子さん、先輩を見ながら仕事を覚えようとしますが、銀子さんじゃ参考にならず。

 完璧すぎて真似できないのね(´▽`;) そんな銀子さんの機械のような動き・行動が面白い。

 そして「終業事故」で、1円に泣く音々子さんへの、銀子さんの励まし(?)が良かったです。

 

●つくねちゃん+30 (ひらふみ 先生) 

 つくねちゃんのひみつノートを発見した都さん。 そこには、何やら設定画らしきものが・・・

 さすがのつくねちゃんも怒ってしまい、「恥豚」と罵っていたのは笑いましたが「恥豚」て(^^;

 けれど、創作意欲に燃えていた姿からは、作家魂を感じたかも。 笑われても、描くべし!

 

●アイドル≒アニオタ (天津・向清太郎 先生/ワタマツ 先生)

 オタクなアイドル・匠くん、再登場! またも彼の言動に、相棒・燕くんが振り回されてます。

 自分たちの大事なコンサートと、声優のコンサートをはかりにかける匠くん、真のオタクや!

 相変わらず天然にオタクしながらも、それを感じさせずにアイドル業こなす匠くんが面白い。

 

●はるまち・ダンス (佐藤両々 先生)

 夏休み前のテスト返却・・・ そこで赤点をとった者は補習! トメさんは頭いいのでスルー。

 「バカなのにカシコ」という、おテルさんの評価は的確(^◇^;) 補習を受けたがってるし。

 けれど、それを止める先生は良識的ですね。 学校に行きたがるトメさん、幸せそうだな~。

 

●ちぃちゃんのおしながき・繁盛記 (大井昌和 先生) 

 暑くなってきた季節、冷凍みかんの発案者を褒めたたえるちぃちゃん、気持ちはわかるよ。

 そんな今回、シャーベット焼酎の作り方を、ちぃちゃんが指南! これは夏に最適ですね~。

 そこへアツアツのおつまみとか、もう最高! だけど、「シャリキン」というのは知らなかった。

 

●園児様のゆーとおりっ (ミキマキ 先生)

 珍しく、仲良し女子グループがケンカ! 「男の取り合いによる痴情のもつれが原因」とか、

 柊くんメチャクチャ言ってますな(´▽`;) なんとか仲直りさせようと、奔走する先生はさすが。

 女子3人の個性もわかって楽しかったけれど、「女の友情」を力説する先生は哀れでした(ぇ

 

●ベルとふたりで (伊藤黒介 先生)

 1つ前で書きましたが、夏休みにレイコさんの家族と一緒に、旅行へ行くことになった一同。

 はじめ、すずがレイコさんにタカっていたものの、中盤に立場が逆転していたのは面白い。

 すずも自分ちの旅行を優先するんだな~と。 だけど、レイコさんの押しが強力なのに笑!

 

●ボク恋コンダクター (坂巻あきむ 先生) 

 歌恋さんの励ましで、元気になれたコウタくん。 これで彼も、自分の気持ちに正直に・・・

 と思ったら、なんか彼女の恋を本気で応援し始めるとか、どーなっとんじゃーい!Σ(゜Д゜;)

 亮介&みのりも、さすがに衝撃受けてます。 まあでも、応援するうちに仲が良く・・・なる?

 

●路傍のミオ (小池恵子 先生)

 除霊のお店とカン違いされた路傍亭。 なぜか恐怖写真の判定をしてくれると評判に(^^;

 そのため疲れ果てるミオさんですが、占師さんの助言で、安心させられていたのは面白い。

 これぞ占師の本領。 偽物の写真でも、人間の心しだいで恐ろしいものに・・・ 占石さんも?

 

●のぶながちゃん公記 (くりきまる 先生) 

 恒例のお風呂ネタは、まさかの帰蝶様との混浴!? ・・・にはならずに残念でした(ォィ

 そんな今回、信行くんを後継者にかつぐ計画が始動! 柴田勝家も信行派なわけですが、

 彼をどーゆー風に動かすのか気になっていて、このあたり、なかなか面白い描き方でした。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがくらぶオリジナル 感想①

2013年06月26日 | ◆4コマ誌⑥ まんがくらぶオリジナル

2013年8月号

 Manga_club_or_2013_08

 表紙は、7月よりアニメ第3期が始まる『リコーダーとランドセル』

 他に、新連載2作品にゲスト作品、『たばたちゃん派』『しばいぬ子さん』も。

 なお、今月号には描き下ろしのピンナップ付で、プールで遊ぶ水着姿の面々が拝めます。

 

 

 今月の「おっさんコンビ最高で賞」は、『ベルとふたりで』より、すず父とレイコ父!

 Manga_club_or_2013_08_p146

 夏休み、いろいろあって、一緒にお出かけすることになった一同。

 そんな中にあって、異色の親父コンビ(すず父&レイコ父)が面白かった!

 すず父も相当の自由人ですが、そのファンだというレイコ父も、なかなか熱いおっさんで、

 すず父の豪快さにも快く応じる態度が、大物っぷりを示しています。 イイわ~この2人。

 4コマ漫画界にもそろそろ、おっさんパワー復権の時が来てほしいもんですね!(ぇ

 

 

 

【7月17日、コミックス6巻発売!】

●リコーダーとランドセル (東屋めめ 先生)

 Manga_club_or_2013_08_p009a Manga_club_or_2013_08_p009b

 アニメ3期が7月より放映開始!

 そんな今回、好みのタイプで盛り上がる女子高生たちでしたが、

 沙夜さんの好みは、あつみさんの前で言えるわけもなし(^^;

 

 そこで、「背が高い人」などと誤魔化していたら、沙夜さんの前に高身長の男性が現れた!

 沙夜さんのことを、「好み」なんて言ってくるイケメン男性に、

 「小学生が成長するまで・・・待つよりは」と、心揺れる沙夜さん。

 おおっと、これは~!? なんて気にしてしまいましたが、このイケメン男性、

 実は吉岡【ロリコン】くんの兄で、しかも弟は正反対の人物だったというから(´▽`;) アカン

 

 んーでも、弟よりは恋愛の可能性が高そうではありますよね(ぇ

 まあ、沙夜さんの心が一瞬だけでも揺れていたのは、なかなか興味深い所でしたが、

 結局、吉岡兄も面白いキャラクターだったということで、笑わせていただきました゜(*゜´∀`゜)゜

 コミックス6巻、7月17日発売! アニメ3期にも期待しつつ・・・ 今後も楽しみです!

 

 

 

【新連載2作品!】

●うしろのご先祖さま (勇人 先生)

 Manga_club_or_2013_08_p027 Manga_club_or_2013_08_p031

 可愛いご先祖さまたちとの暮らしを描く4コマ作品。

 ゲストを経ての連載スタート!

 遊佐菜々緒さん(23)が、お盆に用意したナスを食べてしまったため、

 帰れなくなった3人のご先祖さまたちが居残ることに・・・

 

 そこから、ご先祖さまたちとの楽しい生活が始まったわけですが、

 3人ともなぜか子供の姿で現れて、ほとんど菜々緒さんのお世話になってばかり。

 まるで子供をあやすように、ご先祖さまたちとのひとときをすごす姿が微笑ましいです。

 菜々緒さんのおじいちゃんである正宗さん。 明治生まれのクリスティーナこと、梅さん。

 3人の中で一番偉い(古い)石器時代のハナさんと、個性派ぞろいなのも面白いところ。

 

 今回は、そんな3人と海へ行くことになりますが、

 普通の人にはご先祖さまは見えないため、菜々緒さんがあやしい人に(^◇^;)

 でも、水着姿はビューティホーでしたし、3人とのやりとりは可愛いし楽しいしで、

 とにかく癒され気分にひたれるお話でした。

 

 菜々緒さんは素敵な女性で、3人のご先祖さまは可愛らしくて、

 たまらんくらいに愛らしさあふれる4コマ作品。

 他社作品ですが、勇人先生の『はなまる幼稚園』は好きでしたからね~。

 あの純粋さを4コマ漫画で描いてくれることに期待しつつ・・・ 新連載、楽しみです!

 

 

 

●猫系彼女と草食男子 (こいずみまり 先生)

 Manga_club_or_2013_08_p063 Manga_club_or_2013_08_p065

 不本意な“草食男子”と、彼の家に住みつく“猫系彼女”のお話。

 オシャレな雰囲気のお店で、ディナーとしゃれ込む日下部明宏くん(26)。

 お相手の女性から「草食系」と言われてイラッときている様子。

 

 女性の方は、3回目のデートだというのに、彼が何もしてこないことへの評価でしたが、

 明宏くんの方は、彼女に何の興味も持っていないということで、ままならんものであります。

 しかし彼の家には、ひょんなことをきっかけに住みついた

 根古田真緒さんという高校の同級生がいて、彼女との関係も気になる所。

 

 「恋愛したい」と思えなくなってきている青年。

 そんな彼の家にいる自由奔放なタイプの女性。

 遠慮なんてお構いなしにふるまう根古田さんの個性と、

 草食系っぽいのに「草食系」と言われると、心ざわつく明宏くんの心情とが

 かみ合わないままに、共同生活を送る様子が面白そう。

 さて、どのような物語になるのか・・・ 新連載、楽しみです!

 

 

 

【6月27日、コミックス1巻発売!】

●まちこう! (浦地コナツ 先生)

 Manga_club_or_2013_08_p093_2 Manga_club_or_2013_08_p093b

 鉄工所で働く人々を描いた4コマ作品。

 有見鉄工所ではたらくことになった新人・金森草太くん。

 小さな先輩・ひな子さんのことが気になりつつも、

 厳しい銅本先輩に指導されながら、しっかり仕事をがんばっています。

 

 今回は、OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)のお話。

 「上司から部下へ仕事を通じて技術を伝える」ことですね。

 ということで、草太くんは銅本さんから、銅本さんはひな子さんから教わっています。

 ひな子さんのアドバイスは的確らしく、銅本さんも練習に熱が入っている模様。

 おかげで、彼女さんを2時間もほったらかしにしてしまうとは・・・

 でも、彼女さんも変わった人で、怒ることもなく、平然と眺めていたのは面白かった(^^;

 

 他にも、鉄工所内の様々な人々が、先輩から教わるというカタチで、

 OJTをしている様子が楽しかったですね~。 ひな子さんも銀さんから教わってました。

 まあ、肝心の草太くんは、まだまだでしたけどね。

 そんな新人くんの奮闘する姿を中心に、鉄工所という仕事場をのぞかせてくれる作品。

 コミックス1巻が、6月27日発売とのことで、今後も楽しみです!

 

 

 

【7月17日、コミックス1巻発売!】

●ラジ娘のひみつ (小坂俊史 先生)

 Manga_club_or_2013_08_p111 Manga_club_or_2013_08_p111b

 性格が豹変するパーソナリティのラジオ番組は一味違う!?

 恩田あいりさんはふだんは内気なのですが、ラジオ本番になると性格が激変。

 切れ味するどい毒舌がウリのパーソナリティとして、活躍することになりますが・・・

 

 今回、その毒舌がヌルいと評価されることに。

 そこで、なんとか彼女を“復活”させようと、スタッフたちがあれこれ手を打ちます。

 暴言の練習をしていて、部屋の外の人たちに誤解されていたのは笑いましたが、

 そんなことくらいでは復活しないあたり、ある意味、深刻なのかな(^^;

 

 AD羽尻くんの不遇さも、相当可笑しかったのですが、

 何より今回は、こわもて俳優である任侠映画一筋30年・熊刺源三郎さんが白眉!

 恐ろしい外見ながらも、中身は純朴でイイ人っぽいキャラクターが、

 あいりさんの毒舌との相乗効果を生み出していたのは、最高に面白かったですね。

 こーゆー人、好きですわ~。

 

 などなど、毒舌パーソナリティ復活をかけた奮闘が楽しかった今回。

 レギュラーであるハガキ職人たちのやりとりはもちろん、ラストも侮れない面白さ。

 本作品におけるラジオという舞台が、4コマ漫画の言葉のリズムや、ネタ的なやりとりに、

 うまく融合することによって、面白味につながっているのだと感じますね。

 コミックス1巻は、7月17日発売! 最近の小坂先生(連載)作品の中では一番好きかも。

 ということで、今後も楽しみです!

 

 

 

【ゲスト作品】

●ペンギンのお散歩 (奥はるか 先生)

 Manga_club_or_2013_08_p047 Manga_club_or_2013_08_p047b

 かわいいペンギンたちによる、癒し系4コマ!

 動物園(?)のペンギンコーナーにいる、4匹のペンギンたち。

 ショーの衣装を身にまとい、意気揚々とよちよち歩き。

 そんなペンギンたちの愛らしい姿を楽しむ作品ですね。

 

 丸っこいペンギン姿も可愛いのですが、イメージとしての人型も、なかなかのもの。

 4匹それぞれの個性がよくわかるキャラクター付がされています。

 ごほうびのごはんを食べたがる食いしん坊の「まなつちゃん」、

 ツンツンしつつも首をなでられると喜んじゃう「ゆきちゃん」、

 一番小さな身体の「ちゅりちゃん」、和服姿でしとやか(?)な「れいちゃん」と、

 愛らしいペンギンたちの様子が、とても良い感じに描かれています。

 

 いや~、難しいこと考えずに、愛でることを楽しめる内容ですね。

 丸々としてペンギンたちが、ほんわり心地よい雰囲気を醸し出していて、まさに癒し系!

 もっと癒されたいので、つづきに期待です!

 

 

 

●伊月家のトーコさん (冴木スミ 先生)

 Manga_club_or_2013_08_p099 Manga_club_or_2013_08_p100

 娘にとって、久々に帰って来たお母さんは、もはや他人!?

 海外出張から5年ぶりの帰省をすることになった、伊月トーコさん(28)。

 夫のヒデヨシさんはもちろん、ほったらかしにした娘さんとの再会も楽しみにしてましたが・・・

 

 と始まる物語。

 帰ってみれば娘のリコちゃんは、母親のことを「トーコさん」と、さん付けで呼ぶ始末。

 どうも、母親として認識できておらず、戸惑っているようで悪気はないようですが、

 さらに、お客さんをもてなすように応対するものだから、トーコさんは困惑ムード。

 そうした母娘の他人行儀なギクシャクしたやりとりが、面白味になっていますね。

 

 リコちゃんが作った料理を、トーコさんが美味しそうに食べるのを見て、

 リコちゃんがホッとしているのは、なんとなく微笑ましかったですけどね。

 そんな母娘の距離感が、どう縮まってゆくのか・・・ 2号連続掲載とのことで、楽しみです!

 

 

 

【7月19日、コミックス2巻発売!】

●しばいぬ子さん (うず 先生)

 Manga_club_or_2013_08_p187 Manga_club_or_2013_08_p190

 夏休み!

 ということで、黙々と宿題をする茶子さんといぬ子さん。

 遊ぶより先に宿題とか、真面目だな~。

 

 そんな今回、夏休みの宿題風景。

 なぽりんは自由研究として、川の微生物を調べることにしますが、

 遊ぶ気満々で、ザリガニを見つけて喜ぶ様子が面白い。

 そこで、ケンくんにも出会い、みごとなザリガニ釣りを見せてくれたのは笑ってしまった。

 

 何だかんだで、茶子さん以外の面々が、川で遊び始めてしまったのは予想通りでしたけど、

 最後の【大の字】に、茶子さんがしばいぬ子さんを加えていたのはお見事でした!

 ここは今回、最高に良かったですね~。

 などなど、まだまだつづく、いぬ子さんたちの日常。

 コミックス2巻が7月19日発売とのことで、今後も楽しみです!

 

 

②へつづきます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加