五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

◆ まんがタイムきららキャラット 感想②

2013年03月31日 | ◆4コマ誌⑨ 不定期 きららキャラット

2013年5月号 のつづきです。

 ①は、『キルミーベイベー』 『ぱわーおぶすまいる。』

     『すぷりんと!』 『だいたいこんなンで?』 『ののかノ~ト』です。

 

 次号、『フレラジ☆』が新連載! 期待していたのでうれしいですね~。

 さらに、ミラクから『幸腹グラフィティ』が、MAXから『彼氏ってどこに行ったら買えますの!?』

 がゲスト登場です!

 

 

●Aチャンネル (黒田bb 先生)

 今回、トオルと仲良くなりたいミホさんの、がんばる姿が面白かった! 珍しく空回りしてて。

 ユタカのアドバイスは不安だったけど、意外とマトモ。 るんさんの助言はアバウトだし(^^;

 でも、ユタカの直球な一言から、トオル&ミホ(&ユタカ?)の絆が深まったのはよかった!

 

●ラッキー・ブレイク (平つくね 先生) 

 日曜の夜に、弟くんの服をつくる陸さん、燃えてます! でも、出来上がった物は(^∇^;

 もっこりセクシー・スタイルなのに、陸さんが作ってくれたのが嬉しい弟くん、誇らしげで笑!

 そんな今回、月曜の朝はダルいよねの巻でしたが、みんな遅刻する会社とか大丈夫か!?

 

●GA 芸術科アートデザインクラス (きゆづきさとこ 先生)

 今回、如月&キョージュ、ノダ&ナミコ、そしてトモカネ、それぞれ別々な放課後の風景。

 栗どら焼きを買いに行く如月殿たちは、のんびり雰囲気で、他のお菓子も買って、ご満悦。

 ノダちゃんたちはバスで帰りつつ、トモカネが自転車で追う姿が面白い。 饅頭の数が、絆。

 

●ごきチャ (るい・たまち 先生) 

 人間さんの落し物。 人間には小さな物でも、ごきチャには大岩クラスで、お気の毒(;´∀`)

 そんな今回、落し物を届けようとするごきチャですが、道中、アクシデントの数々が面白い。

 最大のピンチに現れた再登場の猫さんが良かった! トビラの「人間」ごきチャも可愛いね。

 

●P.Sリスタート (桑島黎音 先生)

 お嬢様・姫乃さん、再登場! 相変わらずツンデレまくってますが、そんな所が面白可愛い。

 そんな今回、夏希さんの誕生日。 そこに姫乃さんから電話が来て、盛大に誕生パーティ!

 豪華なプレゼントも、そうでないプレゼントも、等しくありがたがる夏希さん、イイ人ですね。

 

●あまゆる。 (マウンテンプクイチ 先生) 

 新規入寮生歓迎で、遠足する一同。 しかも登山ということで、ジャージ姿なのが可愛らし。

 山菜に詳しいアヤさんが、草花を珍しがる他3人を「都会っ子」と表現していたのが面白い。

 ハル&アヤ、ユウ&マオの仲良しぶりはもちろん、先輩たちの温かい心づかいが微笑まし。

 

●まこころアシスト (モフ 先生)

 今回、モーレツ運動少女・千明さん登場! そのあまりの元気っぷりが、楽しい人ですね。

 気絶したまこさんを保健室に運んでくれたはいいけれど、そこには、おたすけ部の面々が。

 相変わらず、佳世先輩のまこさん愛が激しいし、千明さんは素早いしで、にぎやかだな~。

 

●先輩には頭が上がらない! (榊 先生) 

 とつぜんの雨の中、苦労して出勤してきた時任くんと迎先輩なのに、外出のお仕事が(^^;

 2人いっしょなので「デート」とか言っちゃう迎先輩ですが、仕事残っている時任くん、フビン。

 そんな2人のお仕事は、さすがにマジメでしたけど、お店の人は茶化し気味で楽しかった!

 

●はるみねーしょん (大沖 先生)

 勉強するとき、部屋のものが気になっちゃうユキさんと、気が散っちゃうかじゅさんですが、

 それを「落ち葉」につなげるはるみさんがお見事! このボケによく気づいたな、ユキさん。

 そして今回、ユキさんの妹・アキさんが出てきて、はるみ=宇宙人を気にする姿が面白い!

 

●インプロ! (真田一輝 先生) 

 1つ前にも書きましたが、演劇部各人のロールプレイが楽しかった! 人格の入れ替わり。

 帷さんが、菜桜さんに対抗するために、優希さんにベタベタする姿が、とんでもなく可愛い!

 優希さんが、そんな帷さんに困惑してるし(^◇^;) 菜桜さんも菜桜さんで、のろけだし~。

 

●NEW GAME! (得能正太郎 先生)

 仕事部屋の外に座り込む青葉さん、社員証がないと外から入れないということでしたが・・・

 八神さんが説教モードでしたけど、自分のミスじゃないですか(´▽`;) 社会人あるあるだ。

 そして今回、職場の人たちとの会話もはずんで楽しい雰囲気。 最後の青葉さん、可愛い。

 

●ぷらいまりぃィずむ! (パルプピロシ 先生) 

 今回、さゆらクーデター!? なぜニコ姉が班長なのかと疑問をもち、自分がやると発言!

 はじめノリノリだったさゆらが可愛かったけど、実際にやってみると大変さもわかったらしく、

 ニコ姉のすごさも身に染みた模様。 一生懸命がんばる姿と、そんな謙虚さが良いですね。

 

 

コメント

◆ まんがタイムきららキャラット 感想①

2013年03月30日 | ◆4コマ誌⑨ 不定期 きららキャラット

2013年5月号

 Manga_time_kr_carat_2013_05

 表紙は、コミックス5巻発売中の『キルミーベイベー』

 サーカスをイメージしたような3人が、ポップにイイ感じですね~。

 

 

 今月の「ロールプレイング楽しそうで賞」は、『インプロ!』

 Manga_time_kr_carat_2013_05_p180

 ロールプレイング、すなわち役割演技をすることになった演劇部の面々。

 今回は、それぞれ他の部員を演じていて、これがなかなか面白かった!

 菜桜さん演じる「帷」さんが、やたらと積極的に「優希」さんにくっついてゆき、

 それに帷さんが過剰反応して、むしろドツボにハマってゆく様子には、大笑いでしたよ。

 

 

 

【コミックス5巻、ほやほや発売中~!】

●キルミーベイベー (カヅホ 先生)

 Manga_time_kr_carat_2013_05_p007 Manga_time_kr_carat_2013_05_p007a

 トビラは、着ぐるみをまとったソーニャ&やすな!

 そんな今回、敵は着ぐるみ!?の巻。

 商店街のフェスティバルで集まっている、着ぐるみキャラクターたち。

 しかしソーニャは、着ぐるみで油断させる刺客がいることを思い出し・・・ なんてお話。

 

 やすなのお気に入り「のっぽっぽくん」が、威圧感ありすぎ。

 「現実」を認めたがらないやすなもだけど、思わず攻撃してしまうソーニャにも笑った!

 倒してしまった「のっぽっぽくん」に入り込んで、イベントに参加する2人でしたけど、

 刺客よりも、子供や着ぐるみたちの方が厄介というのは(^∇^;

 子供たちにリンチくらってボコボコにされた後、もごもごしてから復活するシーンは好き。

 

 それにしても、いつ刺客が現れるのか? と、ヒヤヒヤしながら読んでいたら、

 一般人相手に戦っただけというのが、なんとも滑稽で面白かったですね。

 ソーニャの必殺技とかヒドイし!゜(*゜´∀`゜)゜

 などなど、着ぐるみでナイスコンビなソーニャ&やすな。 やっぱり仲良しだわ、この2人。

 といった感じで、今後も楽しみです!

 

 

 

【今月のピックアップ!】

●ぱわーおぶすまいる。 (ウロ 先生)

 Manga_time_kr_carat_2013_05_p083_2 Manga_time_kr_carat_2013_05_p092_2

 コミックス2巻、5月発売!

 ですが、まだまだつづいている、まゆさんと宗馬くんのケンカ!

 ここまで引っ張るか~というだけでなく、まゆさんには佐々島くん、宗馬くんにも豊塚さんと、

 このタイミングでそれぞれ接近してくる人たちがいて、なんだか大変なことに・・・

 

 そんな状況での体育祭となりました。

 冒頭の校長スピーチが、変態すぎて面白かったけど、

 まゆさんと宗馬くんは、顔を合わせればケンカ中といった態度で、やきもきさせますね~。

 それでも、パン喰い競争や障害物競走、仮装リレーと楽しく時間は過ぎつつ、

 上山くんの仮装と、騎馬戦での「作戦」には笑った笑った゜(*゜´∀`゜)゜

 

 まゆさんにしろ、宗馬くんにしろ、互いに意地を張り合う状態なんですよね。

 こじれたまま修復不能という可能性は、この2人では考えられませんでしたので、

 あとはどのように解きほぐされてゆくか、という点に注目でした。

 ここで、まゆさんには観久さんが、宗馬くんには虎道さんが、

 それぞれ仲直りへ背中を押すように行動していたのが、とてもよかった!

 さらに、いつも3枚目な上山くんが、まさかのカッコよさ! これぞ親友だぜ!!

 

 そうしたお膳立てがありつつ、仲直りとなるのかどうか・・・

 男を見せた宗馬くん、それに応えたまゆさん。 最高の笑顔でしたよ!

 いつもは、まゆさんが宗馬くんにくっついていってばかりでしたけど、

 今回は彼の方から彼女にアプローチしていっていたのが、爽快でしたね。

 

 あと、佐々島くん&豊塚さんも悪くはないんですよね、2人とも本気なのですから。

 でも、今回の展開で、面白い方向に進むかも?

 などなど、ちょっと沈み気味な話がつづいてましたが、これにて一件落着。

 ようやくいつもの5人が戻ってくるということで、今後も楽しみです!

 

 

 

【ゲスト作品】

●すぷりんと! (未来電機 先生)

 Manga_time_kr_carat_2013_05_p095 Manga_time_kr_carat_2013_05_p096

 陸上部のマネージャーをする少女のお話。

 えとさんは、陸上部の新人マネージャー!

 同じくマネージャーのすずめさんと共に、放課後は部室へひとっ走り。

 憧れのすい先輩をサポートしながら、楽しく部活動。 そんな楽しい時間をすごします。

 

 主人公がマネージャーという立場なのは、面白いですね。

 今回登場した人物では、すい先輩が実際に走っているのですけども、

 えと&すずめさんは、それをマネージャーとしてサポートする立場。

 これで面白くできるのかな~と思っていましたが、

 楽しくマネージャーしている姿が、なかなか良い感じの4コマ作品になっていました。

 

 スポーツドリンクを作る2人のノリノリな所とか、

 まいる先輩のお胸の大きさに動揺したりとか、

 えとさん憧れのカッコイイすい先輩も、お茶目だったり、可愛いパンツだったり、

 いろいろ面白かったので、つづきに期待です!

 

 

 

●だいたいこんなンで? (永深ゆう 先生)

 Manga_time_kr_carat_2013_05_p109 Manga_time_kr_carat_2013_05_p110

 腹黒少女と部活動?

 ほのりさんがめい子さんに誘われて、入った部活動。

 そこにいたのは、ホラーな趣味をもつ、こかげさん。

 どうにも腹黒い彼女のペースにのせられて、ほのりさん大迷惑ですが・・・

 

 といった感じのお話。

 ほのりさんとめい子さんは幼なじみの関係で、

 めい子さんが部長をつとめる部の部員が、こかげさんというカタチ。

 でも実際に部を動かしているのは、こかげさんっぽいし、

 ほのりさんとしては逃げ出したいけど、弱みを握られ、さあ大変。

 

 そんな3人のやりとりが楽しい内容でありました。

 とくに、最後のこかげさんの態度が、どういった意味を持つのか。

 猫かぶりなのか、それとも・・・?

 などなど気になりますし、永深先生の新作ということで、つづきに期待です!

 

 

 

●ののかノ~ト (水乃ミナト 先生)

 Manga_time_kr_carat_2013_05_p143 Manga_time_kr_carat_2013_05_p144

 ふたたび天使になるべく、がんばる(?)少女のお話。

 だめ天使・ノノカさん、神様に呼び出しくらって告げられたのは、

 人間になってやり直しをしなければならないということだった!

 そこから始まる、人間になった天使少女の奮闘記・・・?

 

 入学式の朝、起こされるノノカさん。

 姉・あやさんはノノカさんにベタ惚れで、やたらと甘やかしています。

 登校のときに、背負ってくれるほどとは・・・ よだれがついても喜んでるし(´▽`;)

 途中会った友人・かなさんも呆れるシスコンぶり。

 怠惰なノノカさんと、シスコンなあやさんの組み合わせが、面白味になってますね。

 ぐーたらさが可愛かったり、溺愛ぶりが可笑しかったり。

 

 そして、ノノカさんが天使に戻るためには、

 神様にもらったノートに記される証を満たすことが必要で、

 その証は、人間的に成長しないと増えないという点が、話を盛り上げてくれそうです。

 ぐーたらなノノカさんが「成長」しなければならない。 けれど、具体的にはどーするのか?

 などなど、面白くなりそうな要素がいろいろありますし、ぜひともつづき、読みたいです!

 

 

②へつづきます。

 

コメント

◆ まんがタイムオリジナル 感想②

2013年03月29日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2013年5月号 のつづきです。

 ①は、『あねぐるみ』 『花の任侠物語しずか』 『おやすみ魔法使い』です。

 

 次号、佐藤両々先生の新作スタート!

 そして、『よゆう酌々』と『かでん屋さんの基礎知識』が巻中カラーのようです。

 

 

●ラディカル・ホスピタル (ひらのあゆ 先生)

 肺炎で入院した青年、実家には連絡したくないとか・・・ そんな今回、「実家」がテーマ。

 人によって安らぎの場だったり、針のむしろだったり。 榊先生は「逃げてきた」という意識が

 強そうですが、景山先生の一言がナイスでした。 最後、榊先生の「巡り巡る」も良い言葉。

 

●よゆう酌々 (辻灯子 先生) 

 子育て誌を一心不乱に読んでいる戸田くん、粧子さんから「キモい」と言われてて笑った!

 生まれてくるのは兄(と兄嫁)の子ですからねえ、自分の子じゃない。 そこまで熱心か(^^;

 あまりに熱心すぎて、あやしすぎる戸田くんが面白かった! 皐月さんも、たくましいなあ。

 

●満開!Sister ( 先生)

 今回、さくらちゃんの誕生日! そこで、プレゼントを贈ることにする武士くんでしたが・・・?

 素っ頓狂な贈り物を考える武士くんを、うまく誘導するさくらちゃん、子供ながらに策士(^^;

 姉に勧めた服も、いずれ自分の物にという計算高さ。 可愛さと黒さが、同居してますね~。

 

●オトメシュラン (王嶋環 先生) 

 春休みで休んでいたエリさんが、久しぶりに出てきたのはいいけれど、何だか様子が変?

 いつもの元気さがなく、しっとり落ち着いた雰囲気で、大人の階段のぼっちゃった疑惑が・・・

 実は違うのに、誤解して気をつかうヨウさんたちが楽しい! ヨウさんハグ、破壊力あるね。

 

●おかん (小坂俊史 先生)

 4月生まれなのにサツキさん。 そんな彼女の誕生日でしたが、もちろん平穏なわけがなし。

 何が欲しいかと娘に聞きつつ、一言目で先読みした挙句、ダメ出しするおかん、最強すぎ!

 サツキさんの友人2人も「使えなく」て笑ったし、最後のイイ話風味⇒オチの流れも、最高!

 

●かでん屋さんの基礎知識 (風良まり 先生) 

 「6番体制」とは何なのか? 今回、そうしたお店の人にだけ伝わる“暗号”のお話でした。

 6番は、商品が濡れないようビニールカバーを用意することで、他にも様々な番号があって

 面白かったのですが、「10番」宣言は確かに恥ずかしい(´▽`;) 一花さんの赤面、可愛い。

 

●小森さんは断れない! (クール教信者 先生)

 カラーで登場の今回、小森さんにライバル登場!? 小森さんにぶつかった男子・大谷くん。

 背が低くて、誰かに頼られたいと思っている彼ですが、小森さんとは違って頼られない(^^;

 そこで対抗意識を燃やす大谷くんが面白かった。 小森さんを認めているのも好感ですね。

 

●先生のたまご (みなづき忍 先生) 

 たまこ先生、小学6年の同窓会! 旧友に再会しても、変わっていてわからない人ばかり。

 と思いきや、たまこ先生だけはすぐに認識されていて笑った゜(*゜´∀`゜)゜ 変わってないのね。

 友人たちの変わりようが楽しかったり、恩田先生からの助言が優しかったりと、よき同窓会。

 

●西園寺さんとメガネ委員長 (かすてら 先生) 

 ゲスト2回目! 1回目よりも独自色が出てきていて好感触でした。 面白かったですね。

 普通になりたい人気者のお嬢さまが、普通でない会話レベルやお弁当を持ち出していたり、

 目立ちたい委員長が、目立とうとしても「普通」でしかなかったり、それぞれの特徴が楽し!

 

●ひよすた! (松嶋でぇご 先生)

 とつぜんの初仕事! 代役のためにデパートの屋上へ参上した3人だったものの・・・?

 アイドルなのに、ヒーローショーの悪役(^◇^;) ヒーロー役・緋色さんも困った人でしたが、

 正義感が本物だったことは良かったかな。 空さんのアイデアもお見事で、祝・初仕事です。

 

●ろくなちゃいむ (はっとりずむ 先生)

 いきなり、ろくなさんのご両親が登場してましたが、重大な事実が明かされて驚愕でしたよ。

 ご両親が歳の差夫婦なわけ、ろくなさんの言動が幼い理由、そのすべてに答えが・・・って、

 なんなのこれーΣ(゜Д゜;) 唐突に作品の方向性が変わってしまった気するけど、面白い!

 

●ぎんぶら (安堂友子 先生) 

 1つ前にも書きましたが、ドラゴンそっくりの生物がいる星にやって来た一行だったものの、

 所帯じみたり人間臭かったりするドラゴンたちに、ショック受ける若竹くんの動揺ぶりが(^^;

 「ドラゴンのイメージ」をウマく崩して、笑いにつなげるネタの数々、笑いまくりでありました!

 

 

コメント

◆ まんがタイムオリジナル 感想①

2013年03月28日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2013年5月号

 Manga_time_or_2013_05

 表紙は、パワーチャージな山下さん! ファイト一発な榊&里見先生に笑った゜(*゜´∀`゜)゜

 『小森さんは断れない』の小森さんも、ヤキトリ食べてパワー全開だし、

 『電車のお姫様。』の雨甲さんも、例のおまんじゅうを食べて元気はつらつ!?

 さらに、4月6日コミックス1巻発売の『あねぐるみ』姉弟も載っています!

 

 

 今月の「ドラゴンだって人間で賞(違)」は、『ぎんぶら』より、ドラゴンさん!

 Manga_time_or_2013_05_p164

 今回訪れた星は、ドラゴンにそっくりな生物がいるということで、トビラ絵など壮観でした。

 が、このドラゴンさんたち、人がイメージする「ドラゴン」とはちがって、なんとも人間臭い!

 そんな様子が、めっさ楽しいお話でした。 中でも、ドリーマーなシルバースカイさんが(^^;

 

 

 

【4月6日、コミックス1巻発売!】

●あねぐるみ (森繁拓真 先生)

 Manga_time_or_2013_05_p031 Manga_time_or_2013_05_p034

 おもちゃメーカーで働く姉と弟、その騒がしい日々を描いた4コマ作品です。

 楠木タケローくんと、その姉・暦さん。

 姉は企画部の課長で、業界では有名人ですが、弟にとってはただの“暴君”。

 そんな姉にふりまわされる弟くんの姿が、面白おかしいお話になっています。

 

 今回は、北見課長が親戚の子にあげる入学祝いを悩んでいたことを、

 タケローくんが他の人たちに話したところ、みんなで色んなアイデアを出していたのが

 面白かった・・・ まあ、とんでもない案が次々に出てきて、笑えましたが(´▽`;)

 

 からんさんの一風変わったランドセルは、実際にあったら困りそうだけど、

 発想としては悪くないものばかりでしたね~。 あくまで発想のみですけども。

 姉上も、そのアイデアを評価して男の子にウケそうなものを発案してましたが、

 可笑しいながらも、イイ所ついている気はしますね。 「ワルに憧れる」というのは、納得。

 

 そこから、タケローくんの黒歴史発掘になっていたのも楽しかったけど、

 子供の頃のそういった話は、まあ、笑い話ですまられせるから良いじゃないですか!

 そして姉上、「子供が喜ぶもの」を提案していたのは、さすがでしたね。

 これには、姉上をライバル視する北見課長も複雑。

 ラストのタケローくんへの苦情が、上手くいったのに悔しそうなのが、もう(^◇^;)

 

 そんな姉弟の、おもちゃメーカーでの日々を描く4コマ作品。

 自由人だけど優秀な姉の“暴君”ぶりと、弟くんの苦労人ぶりがよいバランス。

 コミックス1巻が4月6日発売とのことで、今後も楽しみです!

 

 

 

【ゲスト作品】

●花の任侠物語しずか (火ノ鹿たもん 先生)

 Manga_time_or_2013_05_p087 Manga_time_or_2013_05_p089

 組長の1人娘、その任侠の日々(?)と学校生活が楽しい4コマ物語。

 まんがタイムジャンボからゲスト登場!

 静花さん、いきなり不機嫌そうにしていて、組員たちも戦々恐々・・・

 でしたが、じつはテスト勉強で覚えたことを、忘れないようにとしていただけとか(´▽`;)

 

 今回、そんな静花さんのテストへの挑戦!

 話しかけられただけでも、暗記したことが吹き飛んでしまいそうというので、

 かなり緊張している様子の静花さんでしたが、そこへ他の組の“鉄砲玉”がやって来て、

 派手にやらかしたものだから、頭が真っ白になってしまって大変なことに!

 

 落とし前をつけさせようと“鉄砲玉”にすごむ静花さん、さすが組長の娘。

 思わず息をのむほど迫力ある2~3コマ目でしたが、

 4コマ目では可愛い少女の顔になっていて、その落差がオチとして面白かった!

 この任侠の顔と、少女の顔のギャップが、たまりませんね~。

 あと、女の子に接すると緊張してしまう性格も可愛らしい。

 

 学校では、なんとか緊張をほぐすおまじないを使っていましたけど、

 友人たちに誤解されるような言動していたのは笑った笑った!

 ドキドキ緊張するときの静花さんも可愛かったですし、ぜひとも再登場に期待したいですね。

 

 

 

【最終回!】

●おやすみ魔法使い (ふじのはるか 先生)

 Manga_time_or_2013_05_p126 Manga_time_or_2013_05_p127

 極上のマッサージでリラックスさせてくれる、ほぐし屋・天花粉の物語も・・・ 最終回!

 最後は、これまで自分流を貫いてきた真弓先生が、

 ちょっと変化を見せ始めたというお話で、シメとなりました。

 

 これまでは、力強くマッサージすることで、

 最大限にお客様の身体をほぐす方法をとってきましたけど、

 助手・十和さんの協力を得ながら、やさしい施術を取り入れることに。

 これが常連さんにも大好評で、みんな「癒し」を求めていたんだな~とは思うのですが、

 真弓先生は「癒し」を否定していて、驚きましたね。 でも、理由を聞いて納得。

 

 なるほど、ほぐし屋はあくまでほぐし屋であって、「癒し屋」になってはいけない。

 真弓先生は施術も厳しい方だけど、こうした一線を引く姿勢も厳格で、

 そこにプロフェッショナル精神を感じることができました。

 癒しを与えるのは、家族や恋人の役目。 友人その他も加えて良いとは思いますけど、

 そうした姿勢でのぞむストイックさは嫌いじゃないですね~。

 

 まあ、でもだいぶ、お客様に知らぬうちに「癒し」を与えちゃってるんじゃないの?

 なんて所に気づいていないのも、真弓先生の魅力ですかね(^∇^;

 などなど、最後は真弓先生の、そして「天花粉」の変化が描かれつつの最終回。

 桃花さんや剣士郎くんはじめ、多くの常連さんや、今までのお客様をほぐしてきた内容は、

 読者にとっても「ほぐし」の爽快感を得られる作品になっていたと思います。

 ふじの先生の作品ですし、もっと読んでいたかったですけどね・・・ これにて完結。

 楽しませていただきましたー!

 

 

 

【新人ギャグまんが展】

・ (伊藤彩夏 先生)

 Manga_time_or_2013_05_p178

 食生活って大事だよね! ・・・と思えるかもしれない男女のお話。

 辻井くんに呼び出された佐藤さん。

 彼からいきなり、「佐藤のことが気になっていた」なんて言われてます。

 読者的には「もしかして告白?」と思ったところに、飛び出したのはお弁当???

 どうやら辻井くん、佐藤さんの偏食っぷりを気にしていたというから面白い。

 そんな彼と彼女の、食生活を見つめ直すコメディ・・・かな?

 何と言うか、食生活という発想がよかったですね。

 佐藤さんの食生活、改善できるのかどうか気になるので、つづきに期待です!

 

 

②へつづきます。

 

コメント

◆ 『城下町のダンデライオン』1巻 監視される“お姫様”とその家族!?

2013年03月27日 | ◆4コマ漫画 感想

『城下町のダンデライオン』1巻 (春日歩 先生)

 Castle_town_dandelion_01

 公式紹介ページ (試し読みアリ)

 「監視カメラ200台以上!! 私生活をTV放送!!

 王家9人きょうだいを巡る、異色の大家族バラエティ!?」 (オビ文より)

 まんがタイムきららミラクで連載中。

 特殊能力をもった王家の人々、その日常を追った4コマ物語です。

 

 

【主人公・櫻田茜】

 Castle_town_dandelion_01_p002

 櫻田家の三女・茜さん。

 極度の人見知りで、恥ずかしがり屋。

 慣れている人とは普通に接することができるのに、

 知らない人の前だと緊張しすぎて、言動がおかしなことに!

 

 そうした様子が可愛かったり、面白かったりするのですが、

 じつは櫻田家は王家であり、茜さんも一応「お姫様」ということになります。

 王家とはいえ、生活は一般人と大差ないのですけども、彼らにはある特徴がありまして、

 1) 王族は、監視される立場。

 2) 王族は、特殊能力の持ち主。

 という2点が、大きな面白味となっています。

 

 ちなみに、茜さんの特殊能力は、重力を操る力=グラビティコア

 自分を浮かせたり、壁に引っ付いてビルをのぼったりと、

 なかなか便利な能力で、作中でも大活躍するので必見です。

 

 

 

【監視される王家の人々】

 Castle_town_dandelion_01_p010a Castle_town_dandelion_01_p010b

 街中に設置された監視カメラ。

 これによって、王族の生活は追いかけられています。

 恥ずかしがり屋の茜さんは、カメラに映ることを避けようと、

 あれこれ考えて奮闘するわけですが、うまくいかないどころか、

 時折パンチラショットを撮影されるなど、散々な目に遭ってしまうのがフビン(´▽`;)

 

 さすがにプライベート空間(家・学校など)にはありませんが、外を歩けば監視対象。

 その目的は、王族の安全確保のためと、もう1つ、重大な理由があります。

 それは、時期国王にふさわしい人物を、国民が見定めるということ!

 監視カメラで撮影された映像は、全国民がTV番組で視聴することになり、

 その後、人気投票をへて、やがて次期国王選挙へとつながるというから重大。

 茜さん、そして他8人のきょうだいが、国王候補となるのです。

 

 

 

【特殊能力をもつ、きょうだい】

 Castle_town_dandelion_01_p097 Castle_town_dandelion_01_p081

 頼りになる長女と、茜さん大好き長男。

 ● 葵(17歳・長女) : 王位への意欲なし。 その力は、まさに王者の資質。

 落ち着いていて優しい葵さんは、国民からの人気も抜群・・・

 ですが、本人は王位に興味がなく、なんとか当選しないようにと考えている様子。

 

 ● 修(16歳・長男) : 王位への意欲なし(条件付)。 瞬間移動できるお兄ちゃん。

 長男・修くんはやる気が感じられず、とうぜん国民からの人気も低くなっています。

 茜さんのこと以外はどうでもよさげで、とにかく妹大好き!

 

 

 Castle_town_dandelion_01_p104 Castle_town_dandelion_01_p024

 腹黒い次女と、可愛い5女。

 ● 奏(16歳・次女) : 王位への意欲アリ。 物を創り出す能力。

 生徒会の副会長をつとめる一方、お金をためることに執着する策士タイプ。

 外面はよいけれど、きょうだいには厳しい。 でも、ワケありだったり、良い姉だったり?

 

 ● 光(10歳・五女)  : 王位への意欲アリ。 生物の成長を操る変身少女。

 人気を得ることに積極的で、目立ちたがるわりには、うまくいかない姿に愛嬌あります。

 やる気はあるけど報われない。 猫が好きな可愛らしい女の子。

 

 

 Castle_town_dandelion_01_p032 Castle_town_dandelion_01_p071

 双子な4女&次男と、末っ子コンビな3男&6女。

 ● 岬(13歳・四女 : 王位への意欲なし。 それぞれ個性のある分身を生み出す能力。

 ● 遥(13歳・次男) : 王位への意欲なし。 確率で予知をする能力。

 2人は双子。 岬さんは遥くんが好きで、かまってほしがるものの、遥くんはそっけない。

 彼が茜さんとくっつくと、ヤキモチやいたりする岬さんが可愛いぞ!

 

 ● 輝(6歳・三男) : 王位への意欲アリ。 スーパーパワーの持ち主。

 ● 栞(4歳・六女) : 王位への意欲なし。 いろんなものと会話できる。

 いちばん下のきょうだい2人。 元気いっぱいながらも、幼い言動が可笑しい輝くんと、

 おとなしめながらも、そんな兄をフォローする栞ちゃんのコンビは、微笑ましいです。

 

 

 

【王家一家の日々と義務と】

 Castle_town_dandelion_01_p009

 「人気投票」があり、「特殊能力」をもつ、王家の日々が描かれる4コマ物語。

 3女・茜さんを中心としながらも、きょうだい9人それぞれが“主役”のような内容で、

 家庭や学校での生活風景が楽しいお話になっています。

 トラブルあったり、イベントあったり、様々な出来事がありつつ、

 人気投票の行方や、能力バトル(?)、王家の日常などなど、

 見所たくさんの本作品、注目です!

 

 

コメント