五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

◆ まんがタイムきららキャラット 感想

2009年06月30日 | ◆4コマ誌⑩ 不定期購読誌

2009年8月号

 不定期購読4コマ誌の感想です。

 

 もーすぐアニメが始まる『GA 芸術科アートデザインクラス』のアフレコレポート漫画を

 『チェルシー』連載中のシバユウスケ先生が描いております。

 きゆづき先生=メガネ。 これは誰しも想像する基本設定でしょう!(基本?設定??)

 

●GA 芸術科アートデザインクラス (きゆづきさとこ先生)

 こつこつ内職が似合うのは如月殿(^^;) 私も如月センセーに学びたいな、ほわほわん。

 それにしても、〝ラ・ヴィ・アン・キョージュ〟は語呂がいい! ちょっ、キョージュ、モヒカン?

 そして、宇佐美先生・・・可愛いねえ(●^o^●) 外間先生ぇ、気づいてあげなよ~(^o^;)

 

●ひだまりスケッチ (蒼樹うめ先生)

 上級生不在の中、「先輩らしく」しようとカラ回りぎみな、ゆのっちが楽しい(^◇^;)

 でも、彼女の純粋ながんばりは、それだけで場の空気をあったかにしますね。 伝わった?

 しかし、なずなさん「おっぱいがすごかった・・・」って! まあ、“ぱよんぱよん”だし(^∇^;

 

●はるみねーしょん (大沖先生)

 花火大会!・・・なのは、ラストだけ!! あとはいつもどーりの、ゆる~いギャグ空間(;´`)

 花火と屋台に関するダジャレや、シュール・ギャグが \やべえ/ ほどに連発です。

 私には「お面をかぶる」ネタがよかったかな。 あと、あれだよ・・・あれ・・・ほら、あれ?

 

●せいなるめぐみ (荒井チェリー先生)

 刑部のお嬢様・聖さん、じつはドMさんでしたか。 でも、強いドMさん!(なんたる矛盾?)

 そして、老舗旅館のお嬢様・椿乙女さんが、聖さんをひそかにライバル視(^^;)

 ぽややんとした外面に隠れた、けっこう黒い内面のモノローグが不吉におもろい(^◇^;)

 

●チェルシー (シバユウスケ先生)

 1分コントに向けて、ネタ出し中のユキさん! 今回は、彼女の苦悩と努力の回でしたね。

 「絶対負けられない奴らがいる」と意気込んだり、ユキさん燃えてます(^O^)珍しい。

 『前夜』での星空に向かっての一言とかすんごいキレイだけど、ラストはやっぱユキさんだ!

 

●ふら・ふろ (カネコマサル先生)

 コミックス2巻発売中~! ハナ&ナツの貧乏だけどゆるい日々をつづる何でもないお話。

 縁日だけど、不満が残ったハナさん。 ナツさんと冷戦状態? 980円のアレも活躍だ!

 2人を心配するアオさんだけど、コントな仲直りにはもはや感心するしかない?(^∇^;

 

●ひよぴよえにっき。 (琴久花央先生)

 お姉ちゃん・ちあきさんと小っこいはるちゃんの、ほのぼのふわふわワールド~。

 虫に興味津々なはるちゃんだけど、ちあきさんは虫苦手! でも、虫相手にがんばります!

 そんな一生懸命ぶりが健気で微笑ましく、無垢なはるちゃんがこれまた可愛いんだわ~。

 

●キルミーベイベー (カヅホ先生)

 1巻プチ感想。 なんだかんだで、2人で帰宅しているソーニャ&やすなは仲いいよな~。

 公園で2人でアイス! ・・・だけど、アイスをめぐって暴走するやすなは、相変わらず(^o^;)

 そして、やっぱ忍者がいい味だしてますねえ・・・ボケ倒しながらもスゴイ人! さすがだ!!

 

●かんぱけ (らいな先生)

 声優の星をめざす娘さんたち、ダンスレッスンにも力が入る? 乾さんは大変そう(^^;)

 バレエ習っていた辻守さん、経験豊富な高島さんはけっこう踊れる方らしい。 先生おもろ!

 上岡さんは元放送部でしたか・・・考えてるなあ。 にしても彼女、アニメ系に詳しいぞ?(゜д゜)

 

●ねこみみぴんぐす (まりも先生)

 休日に買い物な卓球部1年生3人組! ねこみみ・ひよりさんと、葵さん、花さんトリオ!

 ねこみみ・ヘッドホン・ウサギのぬいぐるみと、わかりやすい“キャラ”付けが楽しいですね。

 ライバル穂咲さんも登場! 相棒・シュペルカイザーの雄姿?に笑った!。゜(*゜´∀`゜)゜

 

 

コメント

◇ アニメつれづれ・・・

2009年06月30日 | ◇アニメ 感想

2009年7月期の期待作など。

4月期作品が録画たまりまくりなのは、もはや避けられぬ運命ですね(-_-;)

 

●うみものがたり  サイト

 南の島を舞台とする不思議な少女たちのファンタジー? よくわからないけど、楽しみ!

 

●大正野球娘。  サイト

 大正時代、女子だけの野球チームを作り奮闘する少女たち! デモクラシー風に、楽しみ!

 

●懺・さよなら絶望先生  サイト

 1期は観ていないのだけど2期がおもしろかったので、絶望しながら楽しみ!

 

●かなめも  サイト

  新聞専売所に住み込みで働く少女と周囲の人々のお話。 4コマ原作なので、楽しみ!

 

●GA 芸術科アートデザインクラス  サイト

 芸術系の学園を舞台とするドタバタ・アーティスティックなお話。 個人的期待大で、楽しみ!

 

●狼と香辛料2  サイト

 行商人ロレンスと〈賢狼〉ホロの、商売・騒動・珍道中な第2期! 待ってましたと、楽しみ!

 

●東京マグニチュード8.0  サイト

 お台場で大地震に遭遇してしまった少女の家路やいかに? 興味をひかれて、楽しみ!

 

そのほか、『化物語』 『宙のまにまに』 『CANNAN』などが

内容をよく知らないものの、期待できそうな雰囲気?

 

 

【4月期作品つれづれ・・・】

4月期で終了した作品では、

『初恋限定。』 『東のエデン』の最終回までを視聴しました。

どの作品も、よい最終回をむかえていましたね。

「エデン」のみ、消化不良ではありますが(^^;)

 

『初恋限定。』に関しては、「つづきが観たい」ほど気に入ってしまった作品です。

原作は終了しているので、その願いはかなうことないのでしょうが・・・もったいない!

 

『咲-saki-』って、2クールなんですね・・・原作部分終了したら、オリジナル?

『蒼天航路』は、本来なら毎週の感想書きたい作品! いずれ三国志話はしたいです(-_-;)

『けいおん!』はBSでの視聴なので、私にとってはまだ終わっていない作品です(^o^)

 

『グイン・サーガ』 『戦場のヴァルキュリア』 『リストランテ・パラディーゾ』 『戦国BASARA』

は、録画たまってますが楽しんでいます。

 

『Phantom-ファントム』は、私好みということではトップクラス作品!

『涼宮ハルヒの憂鬱』は、「再放送」ではない編成なのですね・・・楽しんでおります。

『はじめの一歩 New Challenger』は、一歩vs“海人”や“尾張の龍”を観たいので、

いつか続編を~!

 

 

そして、ノーマークだった『クロスゲーム』 『夏のあらし!』 『忘念のザムド』

『花咲ける青少年』 『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』なども楽しめそうです。

 

あと、最近1~2話を観てみた『クィーンズ・ブレイド』も、

単なるお色気だけではなさげかも?・・・と、ちょっぴり期待??

『獣の奏者エリン』 『ティアーズ・トゥ・ティアラ』も、楽しんでいます。

『クロスゲーム』以外は、録画たまりまくりですが(^^;)

 

そいえば、『エヴァンゲリオン』の再放送が深夜やってますね。

他番組とかぶって録画できなさそうなのが残念!

前にBS11で放送していたものは、録画してありますけども(^∇^;

 

あと、『ふたつのスピカ』も再放送してますね。

私としては、心静かに感じ入ることの多い作品だと思います。

ドラマに合わせたのかな? コミックス最新15巻では・・・くぅ(≧ヘ≦)

 

さて、なにはともあれ・・・今シーズンも素敵な作品に出会えることを期待しております。

昨シーズン『初恋限定。』クラスの「出会い」がほしいな~。

・・・などと思いをめぐらせつつ、楽しみです!

 

 

コメント

◆ まんがタイムオリジナル 感想

2009年06月29日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2009年8月号

 ゲスト作品が多く、どれも楽しめるのは良いことなのだけど、

 終了作品もちらほら・・・そして、新連載攻勢ですね!

 

●ラディカル・ホスピタル (ひらのあゆ先生)

 関口さんは心配性? 麻生さんの息子・拓斗くんのことを心配・・・て、気にしすぎ(^◇^;)

 ナース陣の「派」なのですが、マッキー=ロココはいいとして、ルネサンスは「復帰」の意?

 そして、心配したりされたりの関口さん。 ラストの彼女の一言には、思わず元気になるね!

 

●ヤング松島喜久治 (ふじのはるか先生)

 喜久治くん、相変わらず仕事がはかどらない・・・けど機嫌よし(^^;) そんなに嬉しいのか。

 でも沙絵さんが喜久治くんに理解を示しているのは興味深いですね。「大事な存在」か・・・

 「つまんないこと気にしてると 大事なもの見失う・・・」 これ真理(^_^;) 沙絵さん、がんば!

 

●らいか・デイズ (むんこ先生)

 かのんちゃん、マッキーと遭遇するの巻。 マッキーの「おねえさん」ぶりが見事なものです。

 「恋のレッスン・・・」には笑った! しかし、「大蔵省」て(^◇^;) 年いくつだ、かのんちゃん。

 マッキー家の「にぎやか化」は楽しかったけど、彼女の今後は・・・どーなるのでしょうか。

 

●タマさん (森ゆきなつ先生)

 3回連続ゲストの3回目! 夏だ、プールだ、水着回!! 堂々と着こなす楓さんにホレそ(^^;

 しかし、まさかの生物部部長、大活躍!・・・「ダイジェスト」だったけど(^∇^;

 そして、“愛”はホンモノ! ふみかさんへの好感度もアップ・・・て、今月号最笑ヒットでした。

 

●先生のたまご (みなづき忍先生)

 こちらも、水着回! 保取先生の水着姿に悩殺されつつ、たまご先生の愛らしさに和む!

 化野先生はズルしたので、ホメてあげません!(なにそれ) ・・・英先生、見たかった(ボソ

 体地先生や数木先生ら男性教師陣も加えた、教師ワイワイ空間が楽しく心地よし(o^∇^o)

 

●そこぬけRPG (佐藤両々先生)

 女の子会議は踊る、されど進まず!・・・な状況の中、寺端さんのため息が印象深い。

 にしても、〝元凶〟は志村さんでしたか(´Д`;)あの人は! でも、カナさんの助言と助力。

 55cmさんも巻き込んで、会議は踊り進むかどうか? 長文感想書きたいくらい、面白い!

 

●明日もひまわり荘! (松田円先生)

 3回連続ゲスト! 大学1年生の吉田みずきさんは、ちょいとワケあり状況で物件探し。

 大学事務課の人に紹介されたのは、条件付き(管理人さんのお手伝い)の格安物件!

 いろいろナゾな管理人さんなど、不思議がたくさんの建物で何が待つのか? 楽しみ~。

 

●ミラクル☆書店 (吉川景都先生)

 あれ?たしか先月号で、西田くんが紺野さんに告白したはずなのに、いつもどーりの風景。

 と思いきや、そのつづき。 キョドりまくりな人々が、それぞれの想いをぶつけて・・・いる?

 なんだか妙な勢いで西田くん玉砕だけど、めでたしめでたし?(^◇^;) 最終回でしたー!

 

●まるビ・プリンセス園華サマ (美月李予先生)

 こちらも最終回! 正太サマと園華サマの関係やいかに?

 自分に自信を持ち切れない正太サマだけど、園華サマとの絆は離れていても・・・(*゜ー゜)

 できれば他の人々の話も読みたかったものですが、最後まで楽しませていただきました!

 

●Oh!トラブル小町 (新田朋子先生)

 新田先生の新連載! ソムリエールになるために上京した娘さんが、夜のお店で奮闘?

 でも、「ソムリエール」の雰囲気とはほど遠い(^^;) おかみさんも、「したたか」タイプ!

 板さんも、ちょっと個性的(^o^;) そして、主役の娘さんも一筋縄でいかない人物だ~!

 

●ご近所コネクション (岡田がる先生)

 あれ?「乙女組」は??とか思った私は、先月最終回と気づいてませんでした(゜Д゜;)アホや

 そんなわけで岡田先生の新連載! マンション入居の川田さんご一家!夫と娘と久美さん。

 久美さんのご近所づきあいは、天然で乗り切っている?(´▽`;) 娘さんがおもろいな~。

 

●毎週火曜はチューズデイ! (OYSTER先生)

 コミックス、7月7日(チューズデイ)発売!・・・ということで、記念ゲスト! お久しぶりです!!

 チューっす!! と、いつもどーりの勢いでチーズ食べたり遊んだり、笑わせてもらえます!

 「四角いから・・・体調がいい」(個人的な感想)に笑った! 面白い!※個人的な感想です。

 

 

コメント

◆ まんがくらぶオリジナル 感想②

2009年06月26日 | ◆4コマ誌⑥ まんがくらぶオリジナル

2009年8月号 のつづきです。

 ①は、『こうかふこうか』 『シュレディンガーの妻は元気か』の感想です。

 

 エッセイ企画「恐怖の心霊体験」ということですが、私は〝金縛り〟にあったことあります。

 でも、それが「心霊体験」ではないことを知っていた私は、「おもしれー」と楽しみました。

 けどしばらくしたら、わかっていても意外と恐ろしくなったり(^◇^;)だって動けないんだもの

 

●がんばれ!メメ子ちゃん (むんこ先生)

 同棲・・・といっても、ちっとも色気がない2人の生活は、山あり谷あり共同作業?(^_^;)

 家電売り場の熱気・勢いは、そのまま祭りの熱気・勢いにつながっている感じですが、

 最近のむんこ先生の作品全体にも同様のものを感じます。 最後のしっとり感も、良質。

 

●つくねちゃん+30 (ひらふみ先生)

 結婚については先日の雑記でも書きましたが・・・私も結婚してーなー、相手は「2」の(略)

 しかし今回は、水着かかえて雄叫びをあげながら転げまわる30女性に・・・萌えた(ぇ

 そして、その水着を『着てみた』ということですが、私はアリだと思いますよ?(まにあー

 

●ももかすいっち (田川ちょこ先生)

 スペシャルゲスト!! 三木桃花さんは、クールに無表情だけど“Mっ気”ありなOLさん。

 同僚の小柴理沙さんが彼女を観察! おもしろOLライフがくり広げられます(^^;)

 さらに〝サワヤカ好青年〟椎名くんの存在が、スパイスになっている感じ? つづき~。

 

●リコーダーとランドセル (東屋めめ先生)

 今回は、あつみさんが小学生に間違われまくり。 女性警官は、あつみさんにも“天敵”?

 誤解を避けるべく、沙夜さんをつれているものの、やっぱり誤解されるて(^◇^;)

 そして、誤解といえば沙夜さん・・・あつし君をさらに誤解! けど健気(。´Д⊂)いー嫁だ(ぉぃ

 

●ちぃちゃんのおしながき・繁盛記 (大井昌和先生)

 そーいえば、ちぃちゃんは泳げないんでしたねえ(^o^;) 三葉さんとプールで特訓!

 三葉さんならずとも、「いつもとちがった」ちぃちゃんには“親心”を刺激されそう?(^∇^;

 それでも、焼きそば屋を繁盛させたりと、「いつもの」ちぃちゃんも見れて楽しさ満点!

 

●ヒジキのお仕事 (山野りんりん先生)

 梅雨時のじめじめ感。 ボス猫・ヒジキの一言に、一斉にツッこむ猫ーズが面白っ!

 そして、『センゲツ洗ワレました』とのことですが、これって「現れ」とかけてたり?(ぃゃぃゃ

 「こないだ来たおねーさん」金古曽さんも加わって、鰐石さん・猫ーズと大賑わいが楽しい!

 

●そんな毎日 (おーはしるい先生)

 何やら不穏なトビラ絵でございますが、お外に興味を持ったような雰囲気のポパイ。

 そして、そのまま不穏な空気に包まれてしまった終盤の展開! これはどーなる?

 つづきは次号! うーん、でもどこかにいるというオチなのかな? ちと予想がつかないです。

 

●いけどん三世帯 (黒金魚先生)

 三世帯同居、考えただけで疲れます(´Д`;) 「孤独好きでしょ?」とか言われる人間だし(ぇ

 それにしても、『女体化』とかして妄想したり、何だかんだで楽しんでますね~(?)

 でも、やはり同居はキツイ! このストレス感覚の共有(?)が、シンクロ率高いのかな?

 

●マユネロ (うえだやまと先生)

 2号連続ゲスト! 漫画家志望の川田浩くん・・・シャレにならない状況の35歳独身!

 彼が助けた犬のマユネロが、恩返しにお仕えします!  ・・・・・・いやいや?ヾノ ̄Д ̄;)

 いろいろおかしいけれど、厳格な人(犬)格のマユネロの存在がいい味に! 次回も必犬!

 

●ハニカミ三昧 (畠山コンツェルン先生)

 スペシャルゲスト! なんというか・・・シュール系?(^_^;) 私はけっこう好きなのですが、

 ちと〝古さ〟を感じさせてしまう点は、読者のウケがどのようになるのか気になるところ。

 警察官ネタやダルマ刑事など面白ネタは多いので、私としてはもっと読んでみたいかも。

 

 

コメント

◆ まんがくらぶオリジナル 感想①

2009年06月25日 | ◆4コマ誌⑥ まんがくらぶオリジナル

2009年8月号

 

以下、ネタばれあります。 (未読の方はご注意ください)

 

 

●こうかふこうか (佐藤両々先生)

 慶喜 vs 富山

 今ここに、幸花さんをめぐる一大決戦の幕がうんぬん。

 

 幸花さんが、あまりに富山くんをかまいすぎるためか、

 慶喜さんがヤキモチやいております。(ちがいます)

 

 富山くんにネック・ハンギング・ツリーとか、スゴすぎますよ慶喜さん。

 そのまま息の根(コラコラ

 

 

 しかし、やっぱり慶喜さんって「乙女チックな男らしい」人ですよね~。

 そんな慶喜さんが、富山くんにプレゼント!

 ついでに、岩井くんにもプレゼント!! ・・・・・・ふたまた?(ぉぃ

 

 そのせいであらぬ誤解がひろまって、ショックショックな慶喜さん。

 気持ちはわかるけど、ちと亀山さんに失礼ぎみかも?(^^;)

 

 でも、幸花さんに対する慶喜さんの言葉「・・・甘やかすのは指導じゃない・・・」

 というのは、まったくもってそのとーり!ですね。

 

 時には〝悪モノ〟になってでも、厳しく当たらねばならないのは

 ツライことでございます。

 むやみやたらに、理不尽なだけの人もたまにいるけど。

 

 

 岩井くんが出てきたことで、厳しい空気にはならずでしたが、

 ここらへんが今後、幸花さんの課題だったりするんですかね。

 富山くんが何か失敗やらかして、指導責任を問われる・・・みたいな方向に?

 

 それにしても、ラストの『ちょっと前進』。

 2コマ目を見て、「岩井くんと富山くんの仲が“前進”するのん?」

 とか思っちゃった私は、ちと頭が腐りかけているのでしょうか。

 いや、亀山さんもBLネタに反応してましたし・・・・・・

 

 絶望したっ!

 かつて、「は、BLなにそれ?マジ意味わかんね」とか言っていた私が、

 そんな思考回路に陥っていることに対して、絶望したー!!!

 ・・・慣れってコワイね。

 

 なんて絶叫しながら、今後も楽しみであります!

 

 

 

●シュレディンガーの妻は元気か (中島沙帆子先生)

 たとえば、自分の配偶者なり付き合っている人なんかの

 昔の恋人の写真なんかが出てきたとして、どのような反応をするだろう?

 

 ・・・と考えてみても、まったくその情景を想像できない私(ToT)ダメだあ~

 

 それはともかく、修平さんの反応はまあ想定内。

 ところが想定外だったのは・・・中学・高校・大学・会社と

 修平さんに付き合った人(?)がいたということだったー!!!Σ(゜Д゜;)ホント驚き

 

 

 まあ、4つの時期とも「お付き合い」が長続きしていないことは、

 さすが修平さんだと感心するところなのですが(ぇ

 大学編に関してだけは、「あれ?この状況なら、私も多分こーするけど・・・」

 と思った私は、やはりNGなのでしょうか(・・;)

 

 それにしても修平さんのオトボケっぷりは、

 もはや「理系男」という枠では測りきれないレベルですね。

 

 ここらへんが、この作品の面白味の基本ではありますが、

 もう1つの要素は、修平さんのベストパートナー・ちかさん

 ツッコミ役という以上に、やはり〝妻〟であることが大きいのかな。

 

 

 ちかさん、自分は「昔の恋人」のことでヤキモチを誘おうとしておいて、

 修平さんの「過去」を知るやショックを受けるとか、なんて理不尽な(^◇^;)

 

 修平さんの「理性」に対する、ちかさんの「感情」。

 または「道理」に対する「理不尽」。

 ここらへんの関わり方が、何とも絶妙! そこが楽しい。

 

 そして、もう1点・・・それは「愛情」。

 

 修平さんの昔話を聞いて、泣いて酔って叫んでしまう彼女は、

 修平さんには理解不能な道理を外れた存在かもしれないけれど、

 そこには、夫の不遇(?)をなげく妻の「愛情」があるのだろうと思いますよ。

 ・・・とか言ってみる。

 

 私は、こうしたオトボケ感覚すれちがい夫婦の

 時折みられる関係性の根っこのようなものに、

 けっこう嬉しくなったりしてしまうのでした(o^∇^o)

 

 正反対のようでいて、修平さんにはちかさんが

 いちばんお似合いだというこの関係。

 そんな夫婦のきずなを感じつつ・・・今後も楽しみであります!

 

 

へつづきます。

 

コメント