あきしの風~波多之國めぐり

四国西南端に位置する幡多周辺の情報を発信&日記など
都会生活に慣れた人達にはものすご~く退屈な場所です

土佐清水のサンショウウオ見れず~海洋館

2018年06月24日 | 竜串・足摺海洋館

先日、6月15日TV放送にて「土佐清水のサンショウウオは新種だった」との事

その日の放送内で「海洋館で展示」との事だったので行ってみた

海洋館入口は夏バージョン?の飾りつけがなされていて

「さて、どこで展示しているのか?」と1階~2階と見たが見当たらず??

放送は嘘だったのか?と思い、受付に戻り聞いてみると

「バックヤードで飼育しています」との事(展示準備中なのか?)

「見る事は出来ますか?」と聞くと「できない」との事

6月15日の放送画面を撮影したものはこちら

折角のタイムリーな事をうまく活用したら入館客も増えるのに・・

個体の数も少なく学術研究的に貴重なのもわからないでもないが、勿体無い気がする

新種を見れず、仕方なく今日は「オトヒメエビ」を紹介(笑)

今日は朝から陽射しが強烈でちょっと歩くだけで汗が噴き出す

セミの鳴き声が暑さを一層感じさせて初夏の陽気

竜串市営駐車場の真っ赤なポストと白いハマユウ

「海のギャラリー」への歩道も綺麗です

7月1日は桜浜海水浴場の海開きの予定

竜串の夏が少しずつ本番を迎えつつあるようですね

午後からは日陰か、エアコンの効いた施設で過ごした方がいいみたいですよ(笑)

コメント

元気すぎる鯉のぼり~海洋館

2018年05月03日 | 竜串・足摺海洋館

昨日の雨で快晴ならば空気も澄んで綺麗な日となるはずだが

雲が分厚く陽射しが届かないGW後半スタートの幡多路

ぶらり散歩の途中での「海洋館」に飾られているミニ鯉のぼり

風が強くて鯉のぼりが元気すぎるほどに泳いでいます(笑)

「海洋館」の駐車場も、このエリアまで車で溢れることはないのだが

さすがGW期間中で県外ナンバーの車も多くてありがたい事です

楽しい思い出をいっぱい持って帰ってください

 撮影:2018/05/03(THU) GW後半スタートの幡多路の風景

コメント

何でこんな所から桜が?~海洋館

2018年03月17日 | 竜串・足摺海洋館

15日に4年ぶりに全国トップで桜が開花した高知

周辺でも桜が咲き始めて、春本番を感じられるように

「海洋館」で見つけた桜の花

「今年も咲いたねぇ」って言いたいけれど「何でこんな所から?」とびっくり

誰かが挿し木? 桜の種を見たことはないが、鳥が種を落とした?

種から育った実生桜だったら凄いね

この珍しい風景も「新海洋館」が出来れば撤去されてしまうんだろうね・・

来年も見る事が出来るか? 微妙な感じです

まだ数日は「奇跡の桜」を見る事が出来そうです

 撮影:2018/3/16(FRI) 海洋館で咲く不思議な桜

コメント

リョウマエビ~海洋館

2017年11月15日 | 竜串・足摺海洋館

今日、11月15日は高知の有名人「坂本龍馬」の誕生日で命日

特に今年は確か?没後150年で記念の年

「海洋館」に龍馬の名前の付いたエビが居たはずと行ってきた

和名の「リョマエビ」は土佐湾沖で発見されたことに由来しているようです

入口前の植え込みで「ノジギク」「ツワブキ」の花が咲き始めています

陽射しがあるけれど風が冷たい一日です 風が止めば・・ ぽかぽか陽気なんですが・・

コメント (2)

ソメンヤドカリ~海洋館

2017年11月11日 | 竜串・足摺海洋館

数日前は傘マークも出ていた週末だったけれど

晴天となった土曜日 昼前のひと時、海洋館の駐車場にも10台ほどの車があり

お客さんが「カラッパ」くん目当てかどうかは定かでないが・・

今日の「マルソデカラッパ」くんは、ミニ水槽の端っこで横を向いていて 残念・・

で、今日の一押しは大型のヤドカリくん 1階のミニ水槽コーナーにいます

貝殻に「ベニヒモイソギンチャク」などを付着させ

貝殻を引越しの際にもイソギンチャクを付け替える律義者

名前は「ソメンヤドカリ」

相模湾以南で見る事が出来る大型のヤドカリのようです

時間があるなら「にらめっこ」してみるのも面白いかも・・ (o^―^o)ニコ

海洋館入口前の植え込みで「ノジギク」が咲き始めました

今日、明日と天気も良さそうなので、少しでも多くの人が来てくれて賑わうといいのにね

コメント

うふふ~海洋館

2017年10月13日 | 竜串・足摺海洋館

暫く「海洋館」に行ってないなぁと思い、年間パスポートを見ると

何と、発行年月日がH23.10.20で「えぇ~、6年も更新していない」と

今日「チャリ散歩」がてらに年間パスポートの更新を兼ねて入館してみた

入館して右側すぐにあった案内

これはいいアイテムですね 6年前にもあったのかもしれないが記憶にない(笑)

年間パスポートのデザインにもなっているマンボウくん(撮影時、フラッシュ厳禁です

照明に映えるミズクラゲ(少し、画像処理しています)

お腹がすいたのか?眠いのか? 大きな口を開けたカサゴくん

入館前にある多目的水槽にいるゴマフアザラシの「モモちゃん」 だったと思うけど

食事後なのか?まったりとした姿を見せて(くつろぎ過ぎ

で、タイトルが何で「うふふ」なのかと言うと・・

これを見れば納得してもらえるでしょうか

両手?で口をふさいで恥じらいポーズをしているマルソデカラッパ

カラッパくん 人気者になりそうな予感もします 

入館して1F左側にあるミニ水槽でお待ちいたしております 見に来てねぇ~

 撮影:2017/10/13(FRI) 海洋館にて~カラッパです、次の人気者候補です

*** *** *** *** *** *** *** *** *** ***

22:00現在 四国の水瓶・早明浦ダムの貯水率 89.3%

コメント

海洋館のイルミネーション2016

2016年12月28日 | 竜串・足摺海洋館

竜串にある「海洋館」でも今年もイルミネーションが輝いています

スタンダードというか?

今年もまた見る事が出来たと感じられるイルミネーションです

周りには何もない所なので目立っています

「今年も一年無事に過ごせてよかったなぁ」って、一年の過ぎる速さを感じてます

*** *** *** *** *** *** *** ***

本当なら明日(29日)が、年内最後の休日の予定だったけれど・・

25日に機械が機嫌を悪くしてストライキに突入

明日、メーカーの人が正月休みを返上して調べに来てくれるとの事で出勤となりました

「今年は何事もなく年を越せそう」と思っていた矢先の出来事で・・

「形あるものはいつか壊れる」のはわかっているけど、年末の不具合は勘弁して~

コメント

海洋館の藤の花

2016年04月14日 | 竜串・足摺海洋館

昨夜の雷交じりの雨とはがらりと変わって朝から快晴

夏日を記録しそうな昼下がり 周辺を散策中に藤の花を発見

竜串にある海洋館の園地にある藤棚

見ると「もう終わりかけ?」と思えるくらいに花が少ない

今年は花の咲いている間隔が長いのもあれば短いのも・・

これも異常気象の一つなのかもと思ったりして

 撮影:2016/04/14(THU) 海洋館の藤の花 終わりかけ?

コメント (2)

ぶらり散歩~海洋館

2012年10月09日 | 竜串・足摺海洋館

爽やかな秋晴れとなった今日 ちょっと時間ができたので海洋館にぶらり散歩

年間パスポートで各イベントの際や時間があれば海洋館に

入館して右側にある階段下の私のお気に入りのオブジェ

Pho121009a3

一階の小水槽の中でカンムリベラが優雅な舞を見せて

Pho121009a1

そして、ハマクマノミもイソギンチャクの中に出たり入ったりして

Pho121009a2_2

入館しようとした所にちょうどしまんと・あしずり号が海洋館に

偶然にもガイドさんが知り合いの人でびっくり

あしずり温泉郷を8:00に出発 足摺岬の観光を済ませ(約一時間)海洋館に立ち寄り

Pho121009a4

各施設への入館料はオプションで有料(特典割引あり)となる所もあるけれど

最近はこの周遊バスを利用する人が増えてきました

土佐くろしお鉄道の中村駅を起点に、あしずり温泉郷に宿泊プランや日帰りプランもあり

多少、時間の制限はあるけれど・・

公共交通機関を使用して足摺岬に来られる時は便利だと思います

コメント

涼しげな海の生きものたち~海洋館

2012年08月02日 | 竜串・足摺海洋館

足摺海洋館では夏のイベントとして『涼しげな海の生きものたち』を開催中!

Pho120802a1

スダレやユカタなど夏を連想させる名前の魚たちを展示

Pho120802a2

Pho120802a3

イベントとは直接は関係ないだろうけれど・・

ミズクラゲ、タコクラゲもゆらりゆらりと

Pho120802a4

Pho120802a5

そして、今日の桜浜海水浴場

台風の余波で少しうねりがあり、赤旗が掲げられていて遊泳は禁止

本当ならば、沖で浮かんでいるブイも、今日は砂浜でお休み

Pho120802a6

Pho120802a7

足摺海洋館では、すでに予約が定員に達して

募集を締め切った催し物もあるけれど、足摺海洋館を要チェックです

コメント

藤の花~海洋館

2012年04月20日 | 竜串・足摺海洋館

竜串にある海洋館の園地内で、藤の花が咲いています

Pho120419k1

今年、初めて見る藤の花

季節は廻りて・・ やがてサンサンと輝く太陽の季節がやってきます

Pho120419k2

Pho120419k3

朝方は少し青空も見えたけれど・・ 昼過ぎから雨になりこの先も雨模様の予報が

梅雨の走り? 迎え梅雨? でも少し早いしなぁ・・

 撮影:2012/04/19(THU) 竜串・海洋館にて~R321サニーロード沿い

コメント (2)

海洋館の仲間たち

2012年03月06日 | 竜串・足摺海洋館

今日は数日来の雨もあがり、初夏を思わすような気候となり

南国・高知に陽ざしが戻ってきました

夜勤明けの休日

(と言っても明日の昼勤務8:00出勤までの空き時間が休みだけれど・・)で海洋館まで

先日、足摺海洋館のブログでK課長が育てていた『ミズグラゲ』を展示しているとの事で

Pho120306a1

Pho120306a2

隣の展示ブースでは『タコクラゲ』も流れに任せて、ゆらりゆらりと

Pho120306a3

他の展示ブースの『ハマクマノミ』はイソギンチャクのベッドでのんびりと・・

Pho120306a4

館内には冷房が入っていて、束の間の休日(空き時間)をのんびりと過すことが出来ました

久々に車の窓を全開で走れたし、家の窓も開けて風通し

雨には飽きていたのでちょうどいい休日に

 撮影:2012/03/06(TUE) 竜串・足摺海洋館にて

コメント

夜の水族館~大盛況

2011年12月23日 | 竜串・足摺海洋館

天皇誕生日で祝日でもあり、海洋館のイベント・夜の水族館には多くの人々で溢れていました

Pho111223a1

駐車場も満杯でやっと隣のレスト竜串さん側に駐車することが出来たほど盛況で(18:30頃)

Pho111223a2

19:00から大水槽にサンタさんが二人現れて、餌やりが始まりその周辺には魚達が群れて

Pho111223a3

Pho111223a4

子供達の「サンタさん~」の声が館内に響いていました

Pho111223a5

餌やりの後、じゃんけん大会が始まりましたが、その前には多くの人々(家族連れ)が集まりスタート

Pho111223a6

Pho111223a7

入場して一階の左側には休憩場も用意されていて、温かい飲み物も販売されていました

じゃんけん大会の終了前に館内をあとにしましたが・・(19:30頃に)

館内の熱気と違って外は冷え冷えとしていて、明日のX'masイブも一段と寒波が強まりそう

Pho111223a8

温かくしてお出かけ下さい

もし海洋館前の駐車場が満杯なら隣のレスト竜串さんの駐車場に停めて歩いてもOKかな?

 撮影:2011/12/23(FRI) 海洋館のイベント・夜の水族館

コメント

夜の水族館

2011年12月20日 | 竜串・足摺海洋館

竜串にある海洋館で恒例の夜の水族館が行われます

Pho111220a1

12/22(THU)~12/25(SUN)までの4日間

夜の開館時間は18:00~21:00まで(入場券販売は20:30まで)

ちょっと早いけれど

多分?セットは完了してイルミネーションが点灯されていると思い、に帰る前に寄ってみると

Pho111220a2

Pho111220a3

足摺岬から車で約40分 早めに夕食を済ませて竜串に直行すれば

ゆっくりと楽しみたい方は竜串の宿泊施設をご利用してみては

Pho111220a4

Pho111220a5

期間中にはサンタさんが水槽の中で

「サンタの餌やりタイム」や「じゃんけん会」など(詳しくは海洋館にお問合せ下さい)

Pho111220a6

Pho111220a7

また新年の1月2、3日は「餅つき会」も行われ

搗きたてのお餅のお雑煮おしるこの無料配布もあるようですよ

「夜の水族館」の開催中に見に行く事が出来たら、館内の様子をアップします

 撮影:2011/12/20(TUE) 海洋館のイルミネーション

コメント

足摺海洋館~夏休みのひと時

2011年08月16日 | 竜串・足摺海洋館

午前中は時折、スコールに見舞われるあいにくの天気でしたが・・ 午後からはいい天気に

足摺海洋館には夏休みでもあり、家族連れやカップルで賑わっていました

Pho110816a1

この夏休みの期間中(8/31(WED)まで)の限定展示で

「助け合う海の生き物たち~共生する生物展~」も開催中

Pho110816a2

Pho110816a3

「クダゴンベ」や小生物など

展示ブースの中でも「ミズクラゲ」の前には多くの人が集まっていました

Pho110816a4

自由に生き物に触れることの出来る「タッチングプール」では

子供達が賑やかな歓声をあげて、楽しんでいました

Pho110816a5

なかなか見ることのない生き物たちを、身近に見る事ができる水族館

でも出来れば自然に生きている中に、人間がお邪魔して見る事ができれば一番良いのだけれど・・

水族館には展望トンネルのような施設があるのだから

海に海底レストランなどを造る技術も可能ではないかと・・

台風など自然災害にも対応できる施設が

コメント