あきしの風~波多之國めぐり

四国西南端に位置する幡多周辺の情報を発信&日記など
都会生活に慣れた人達にはものすご~く退屈な場所です

花紀行~ルコウソウ

2018年10月16日 | 幡多の草花たち

ぶらり散歩の途中で見つけた花径1㎝ほどの可愛い赤い花

帰宅してネットで調べていたら「ルコウソウ(縷紅草)」という名前にたどり着いた

ル(縷)とは細い糸の事で、糸のように細い葉と真紅の花からついた名前らしい

ヒルガオ科とあったのでアサガオなどの仲間かな?

朝方は分厚い雲に陽射しが遮られ寒く感じたけれど

昼過ぎて陽射しも少し地上に届くようになってきました

15日(月曜日)は晴れたり曇ったりの一日となりそうです

 撮影:2018/10/15(MON) ぶらり散歩の途中で見つけた花

コメント

秋祭り~六竿神社

2018年10月16日 | イベント情報

爽やかな青空の広がった14日(日曜日)

地元の秋祭りが六竿神社で行われ、参加させてもらった

仕事をしている時は寄付(¥500)するだけで一度も見る事がなかったが・・

9:00過ぎから神事が厳かに進み、御神輿を台車にのせて10:00過ぎに神社前を出発

担ぎ手がいなくて押していく所が多いと聞く(軽トラにのせていく所もあるらしい)

子供達が前で御神輿を引っ張り、地区を一周する

私は御神輿が国道を行くので交通整理をしたり、国道以外では御神輿を押したりと

戻ってきてからの神事が終わりになるにつれて人々が集まりだして

みんなが楽しみにしている「餅ばい」(一般には「餅投げ」というかな?)

地区の総人口211名だが、50名ほど集まってお祭りを楽しんでました

後ろでおこぼれを期待してお餅、お菓子をひらった(笑)

少し遠慮しながらでも、今年は去年の2倍くらいのおすそ分けをもらった \(^o^)/

私が子供の頃には楽しみといえばお祭りなどしかなかったが

今の子供たちはどうなんだろうねぇ・・ 楽しんでくれているんだろうか?

この様な季節ごとのお祭りは幼児の地域のみんなに顔見世の場でもある

昭和時代には当たり前だった地域の誰もが子供達を知っていて

「誰々さんちの坊ちゃん、お嬢ちゃん」と呼ばれた頃のようになれば一番いいと思うのだが

 撮影:2018/10/14(SUN) 地域の秋祭りで~六竿神社

コメント

いい休日~大岐の浜

2018年10月15日 | 土佐清水市・大岐海岸

久々に秋らしい青空の広がった土曜日

大岐海岸・「大岐の浜」にもサーファーの姿がちらほらと

「大岐海岸(大岐の浜)」は1.6Kmの緩やかな曲線美の海岸線

まっすぐな水平線が綺麗

綺麗な海だが離岸流もあって、原則的には海水浴は禁止となっている

海辺で水遊びは心配ないと思うけれど・・

たどり着いた流木もある意味でオブジェ?

木材や木くずがたくさん打ち上げられているが、清掃が追いついていないみたいで・・

回収して粗大ごみで出すよりは、一か所に集めて焼却するのが早いかな?

「パパ、頑張って」と海を見つめるママと姉妹の姿

ママは子育て中でサーフィンはお休みかな?

家族のいい休日ですね

いつの日か、パパとママと姉妹が「大岐の浜」で一緒にサーフィン🏄が出来るといいね

 撮影:2018/10/13(SAT) 「大岐の浜」の土曜日

コメント

海を渡る蝶「アサギマダラ」~今年も飛来

2018年10月14日 | 幡多の昆虫たち

北川村「モネの庭」で「アサギマダラ」の飛来を確認したとの情報を得て

「ヒヨドリバナ」が多く咲いている「椿の道」へ行ってみる

足摺岬へ行く約12Kmの山越えの「椿の道」

今はバイパスが出来て大浜経由で行く車も増えてきたので

途中で路肩に車を停めて撮影がしやすくなって嬉しい限り(笑)

何年か前に、ヒヨドリバナが咲く頃に

草刈り作業が入って、見事に刈り取られて蝶を見る事が出来なかった時があったけれど・・

13日(土)は「椿の道」で9頭の「アサギマダラ」を確認

花ではない所にとまって休憩中の珍しい風景

これから少しずつ増えてくると思います(昨年は一日でMax50頭を確認)

大分県・姫島では何千ものアサギマダラの群舞を見る事が出来るらしい(羨ましい~)

「椿の道」を走行中に目の前をゆらりゆらりと優雅に舞う蝶を見かけたら

それは海を渡る不思議な蝶「アサギマダラ」です

台湾辺りまで2,000Kmもの距離を飛ぶ不思議な蝶です

 撮影:2018/10/13(SAT) 「椿の道」にて

コメント

シルバー「ボランティア清掃活動」~大岐の浜

2018年10月13日 | 日記・エッセイ・コラム

(公社)土佐清水市シルバー人材センターの会員が集まって

13日(土)「大岐の浜」のボランティア清掃活動を実施

9:00に中央駐車場に集合して、漂着した海辺の不燃物ゴミを回収

「大岐の浜」の中央にある監視塔

ここから、土佐清水市側の海辺の漂流物・不燃物ゴミを収集

「大岐の浜」は1.6Kmの緩やかな海岸線を描く美しい海岸

真っ白な砂浜は足摺岬の花崗岩が浸食運搬されたもの

最近はサーファーの聖地的な扱いをされていると聞いたことがある

20名ほどの会員が集まり、不燃物ゴミを集めたが

ペットボトルの流れ着いたものが目立った

海を漂うプラスチック製品をTV番組で見たことがあるがこんな所にも影響が

5番の看板のある所に一旦、ゴミ袋を集めて軽トラで搬送

10:00過ぎに休憩(飲み物もらって)して、ゴミ収集活動を再開

11:00過ぎにボランティア清掃活動は終了  その後、集合写真を撮って解散

少し、暑く感じたけれど脱水症状とか気にならず

8月のあの暑さはすごかったんだなぁと改めて気づかされる

反対側(四万十市側)の清掃は違う業者が行うらしい

海辺には木材や木屑がたくさん流れ着いていて、集めて燃やすなどしないと

「ゴミ一つない綺麗な海岸線に戻すのは大変だぁ」と感じた次第です

 撮影:2018/10/13(SAT) シルバー人材センター会員でボランティア清掃活動

コメント

おでん~独り者には有難い

2018年10月12日 | 日記・エッセイ・コラム

独り者にはありがたい「おでん」のパック

少し寒くなってきて、ちょっと温かいものが欲しい時に重宝する一品

一袋¥204也(126Kcal) 一人で食べるにはこれで十分

ぶらり散歩にて時々見かけるトラ猫ちゃん

見る時はほとんど寝ていて、夜遊びがお得意のようです(笑)

今日(12日)は「シルバー人材センター」の仕事で市道?の草刈り作業

3日間の作業で最終日のピンチヒッターで仕事に

一日のみで日当¥8,000也(草刈機自前&燃料他は個人負担)

前回(8月)の草刈り作業に比べたら、暑くもなく楽勝で作業も終わった(笑)

明日(13日)は「大岐の浜」の一斉清掃でボランティア活動を2時間ほどの予定

その後、椿の道に「アサギマダラ」が飛んできていないか? チェックに行ってきます

朝の最低気温が20℃を下回るようになってきて、季節は晩秋、初冬へと移ってゆきます

*** *** *** *** *** *** *** *** *** ***

北川村「モネの庭」で渡りをする蝶「アサギマダラ」の飛来が今年も確認された

数日後には足摺岬への「椿の道」でも確認できるかもしれませんね

コメント

「幸齢者ふれあい俱楽部」の集い~四地区スポーツ交流会

2018年10月11日 | 日記・エッセイ・コラム

隔週(水)で行われている「幸齢者ふれあい俱楽部」

10日(水)は「四地区スポーツ交流会」で土佐清水市・市立体育館にて開催

「布」「大岐」「松崎」「竜串」の四地区から約60名ほどが集まってのスポーツ親睦会

スポーツは「卓球バレー」という球技

初めて聞く名前で「ふれあい俱楽部」で2回ほど練習したけど・・(笑)

1チーム6名の10チームでA組、B組に分かれての総当たり戦となった

A組、B組の上位2チームが決勝トーナメントに出られる

チームはくじで決まったので、誰とメンバーになるかはわからない

我チームはA組2位となり、決勝トーナメントでB組1位に勝って決勝戦へ

決勝戦はA組1位との再戦となり、一時リードしていたのだが・・

追いつかれ惜しくも負けたけれど(13-15)総合2位に \(^o^)/

予選で4試合、決勝トーナメントで2試合して疲れたけれど心地よい疲労感

10:00から始まり、昼食をはさんで終わったのが14:00頃

集まった人は女性がほとんどで、男性は10名ほどだった

みんな70~80代の人たちだと思うけれど元気ですね

「元気があれば何でもできる!」って事ですね

NPO法人「そよ風」他のスタッフの方々、お疲れさまでした

 撮影:2018/10/10(WED) 四地区スポーツ交流会~市立体育館にて

コメント

海の秘境~足摺岬

2018年10月10日 | 足摺岬

「足摺きらり」オープニングイベントを見た後

キャンドルの映える日没までの時間にぶらり散歩

首都圏から一番遠い観光地?で「海の秘境」とも言われる

田宮虎彦さんの小説「足摺岬」(昭和24年)で全国的に有名となって70年ほど

自然が残る地域で客を呼ぶ時代は過ぎて、そろそろ転換期を迎えている気もするが・・

一度は足摺岬へ、いつかは足摺岬へ

昭和初期と比べたら飛躍的に交通の便は良くなっているのだが

訪れた人は必ず言葉にする 「想像以上に遠かった~」って(笑)

展望台からの「白亜の灯台」

「地球が丸い」って実感できる視界270度の水平線

そして、展望台の左側にある「天狗の鼻」

十津川警部シリーズ31「四国連絡特急殺人事件」でのラストシーンのロケ地

三連休の中日で「亀呼場」には多くの人がいて「亀が2匹いる~」って騒いでました

新しくできた「足摺岬東側駐車場」まで歩いて行ってみた

ジョン万次郎銅像から窪津方向へ550mほど行くとあり徒歩10分ほど

バス停は足摺岬東口だったと・・

歩くのが嫌じゃなければ市営駐車場(900mほど)よりは近いが

途中に何もなく、歩道もない道幅の狭い道を車に注意しながらの歩きで遠く感じた

駐車場をつくったから岬までは「車道を歩け」ではなくて

何で歩道も一緒に整備しないのか? 中途半端な対応をいっつも不思議に思う

「予算がない」で済ますのは、来てくれる人に対しては失礼なことだと・・

灯台の近くで「ハマカンゾウ」の花も少し残っていました

この花が終わると、やがてヤブツバキの季節へと

 撮影:2018/10/07(SUN) 足摺岬の今

コメント

ありえない10月の夏景色~柏島

2018年10月09日 | 幡多郡大月町

先日、フェイスブックだったと思うけれど・・

大月町の文字と三日月がイラストになったTシャツを見て

いいなぁと思い、道の駅「ふれぱ」で販売していないか?と行ってみた

聞いてみると「置いていない」との事で隣にある観光案内所で聞いてみると

「町の商工観光係?で製作していて一般には販売していない」と・・ 残念!

で・・

折角、行ったのだから柏島の様子を見てこようと車を走らせる

二ツ石から柏島迄の道程はまだ2個所で信号機による片側交互通行のままだったが

待ち時間を気にすることもなく、すんなりと柏島到着

道路から「白浜ビーチ」を覗いてみると、なんと海水浴をしている家族が

8日(月)は二十四節気の一つ「寒露」

晩夏から初秋にかけて野草に宿る冷たい露のつく頃

最高気温28℃くらいだったとはいえ、10月やでぇ~

ここはハワイか?と いくら南国・高知が暖かいからといっても10月に夏景色はないやろう

柏島橋まで行ってみると、ここでも数家族が海水浴を楽しんでた

これほど綺麗な海を見たら、入ってみたいと思うのもわからないでもないが・・

「風邪をひかないでね」とつぶやいて、その場を離れ帰路に

海水温が下がる冬の季節は、海が澄んで透明度もアップして更に海の色が綺麗に見えます

でも今のままでも十分・・ これ以上、綺麗になる必要もないな(笑)

帰り道にある良心市で5個入りの次郎柿を¥100で売っていたので購入

今年初の柿です  初物を食べる時は東を向いて笑ってと(自然の恵みに感謝して)

 撮影:2018/10/08(MON) ありえない10月・柏島の夏景色

コメント (2)

第12回「足摺きらり」2018

2018年10月08日 | イベント情報

台風25号の影響で開催が一日遅れとなった第12回「足摺きらり」

7日(日)16:00より第12回「足摺きらり」2018のイベントが始まりました

「SSD38&Jr」のパフォーマンスでオープニングイベントがスタート

その後、日没までの時間調整で出店の「うどん¥100」「つわ寿司¥300」を購入(笑)

金剛福寺内池の竹灯籠も少しずつ輝きを増してきて

ジョン万広場前の園地にも多くの人が集まりだして

今年、初お目見えの五重塔

ジョン万次郎銅像の下には生徒たちの作ったグラスキャンドルが輝いて

風もなくキャンドルの灯りも消える心配もなくて

8日(月・祝)も16:00から「SSD38&Jr」のパフォーマンスでイベントがスタートします

灯篭は18:00過ぎ頃から見頃となってきます

金剛福寺内の灯りは8日で終了だと思います

お気をつけてお越しください

常設展示作品(ジョン万広場前他)は11月4日まで点灯の予定です

 撮影:2018/10/7(SUN) 第12回「足摺きらり」にて

コメント (2)

第12回「足摺きらり」2018~「SSD38&Jr」でイベントスタート

2018年10月08日 | イベント情報

台風25号の影響で一日遅れのスタートとなった第12回「足摺きらり」

7日(日)16:00から地元アイドルグループ「SSD38&Jr」のパフォーマンスでイベントスタート

もしかしたら、首都圏から一番遠いかもしれない四国の端っこ・幡多路

少しでも元気を届けられたらと楽しんで頑張っています

前回、熱を出していたうーちゃんも元気に参加

けど、みゆちゃんが休んでた??

うーちゃんは踊り終えて、お父さんにぴったりと寄り添って

8日(月・祝)も16:00からオープニングイベントを「SSD38&Jr」が行う予定です

是非、応援してあげてください

私は反対側(ふれぱ&大月町柏島)に車を走らせる予定があって見に行けませんが・・(苦笑)

 撮影:2018/10/07(SUN) 第12回「足摺きらり」2018にて

コメント

彼岸花~「まだ咲いてるよ」って

2018年10月07日 | 幡多の草花たち

「レスト竜串」さん園地で咲いていた彼岸花

満開だった時は多くの人が来てくれて賑わっていたけれど

「栄枯盛衰」じゃないけれど、ほとんど萎れてわずかに残るだけ

水溜まりに映える彼岸花

台風25号の余波で吹き返しの風が強くて、綺麗な水鏡とはならなかったけれど・・

いい感じで目に飛び込んできて、シャッターを

アゲハも残り少なくなった花を探して

切り取られた花にもアゲハが

数日もすればきれいに刈り取られると思うけれど

「まだ、咲いてるよ~」って

 撮影:2018/10/06(SAT) 「レスト竜串」~残り少なくなった彼岸花

コメント

「台風25号」日本海を~強風域からは抜けて

2018年10月06日 | 竜串海岸(桜浜)&見残し

台風25号が日本海を進行中で強風域からも抜けたけれど

風が強く、うねりも高い竜串・桜浜の14:00過ぎの様子

観光客らしい人とすれ違ったけれど、この風景もいい思い出となるでしょう

砂浜で餌を探しているシギらしき鳥を見つけた 夫婦みたいですね

先日、流れ着いていた船止めのような塊があったが・・

今日は砂の中に隠れたか?流されたか? 姿を消していた

波の力って今更ながらにすごいと思ってしまう

台風24号の時は日本列島を縦断するコースでもあり

台風情報を特別報道番組的に通常番組をキャンセルしてTVで放送していたけれど

今回、日本海通過だから?TVは通常番組のままで「台風なんて来ているの?」って感じ

「結局、首都圏以外はどうでもいいんだよなぁ」と感じるのは、いじけた発想だろうか(笑)

コメント

「土佐の一枚」放送1005~別れの握手

2018年10月05日 | テレビ番組

NHK松山放送局 11:30から放送されている「四国おひるのクローバー

NHK高知放送局が担当している金曜コーナー「土佐の一枚」

久々に投稿写真が採用されて10月5日(金)放送されました

NHK高知放送局が担当するのは11:40から

今日の担当はキャスター「橋本 雛」さん

紹介してくれた写真は、9月27日に寄港した「ぱしふぃっく びいなす」の出港風景

タイトルは「別れの握手」

紙テープを通じ、心を通わせる「別れの握手」

放送内で船名は言わなかったようだが、NHKは特定名称を言ったらいけないのかな?

そして、番組内で高知の名産「新高梨(にいたかなし)」の情報が

よく見る梨の3倍?くらいの「新高梨」

安くて?一玉¥500ほど? 相場は一玉¥1,000くらいかなぁ??

成生梨ー新高ジャンボ梨4個入り(3Kg)で¥10,000ほどする

美味だがちょっと高くて貧乏人には手が出ない(笑)

台風25号の情報も

5日の深夜には強風域が高知県にもかかりそうです(暴風域からは外れそう)

5日、13:00過ぎの予報はだが、陽射しが降り注ぐいい天気で気温も28.5℃まで上昇

台風が接近しているとは思えないくらいの天気ですが、海は荒れているようです

※写真はTV画面を撮影させていただきました

コメント

花紀行~クサギ

2018年10月05日 | 幡多の草花たち

ぶらり散歩の途中で見つけた実が藍色に熟していたクサギ(臭木)

名前の由来は「葉を揉むと独特の臭気がある」との事らしいが・・(諸説あり?)

北海道から沖縄まで分布して広くみられるクマツヅラ科クサギ属の落葉低木

実は見たことがあったが、花を見たのは初めてで割と綺麗な花でビックリ

俳句では「臭木の花」「臭木の実」は秋の季語

 柔らかな 香りを放つ 臭木の実  愚作にて失礼

実は染料になるらしいので、いい藍色が出そうですね

台風25号が三連休にかけて日本海を通過しそうです

日本海側は要注意ですね

こちらは雨と少し風は吹くかもしれないが・・ 大丈夫だと思います

今の所は6日・雨時々曇り、7日・曇りのち晴れ、8日・晴れ時々曇りの予報です

秋の行楽日和とはいえないかもしれませんが・・

コメント