あきしの風~波多之國めぐり

四国西南端に位置する幡多周辺の情報を発信&日記など
都会生活に慣れた人達にはものすご~く退屈な場所です

旅に出てみようか?

2011年07月26日 | 日記・エッセイ・コラム

「最近、高知から離れていないなぁ~」と思って考えると、旅に出かけたのがもう3年前のことになる

Pho110726a1

掲載写真はその時の帰りの在来線・岡山駅8番線ホーム  車両は松山行きの「しおかぜ」 2109 しょくぱんまん号

Pho110726a2

たまには外の空気を吸う事も、気分転換には必要なことのように思う

ゴムも伸びっぱなしでは切れてしまう  伸びたり縮んだりするからゴムなんだし

連休を取得出来れば、ぶらっと旅に出かけてみますか?

こんなことを考えるのも「お疲れモード」に入っているのかもしれないな

 心も洗うことが出来るといいね  シャボンをたっぷりつけてスニーカーをゴシゴシ洗うみたいに

年を重ねると「心の洗濯」ってなかなか難しい  良いも悪いも含めて捨てきれないものを沢山背負っているから

コメント

波紋~美しき自然のアート

2011年07月25日 | 日記・エッセイ・コラム

潮が満ちてきて岩にぶつかった波が美しい波紋を作り出す  自然界の織り成す芸術

Pho110725a01

一瞬のアートで同じ模様にはならない

Pho110725a02

Pho110725a03

Pho110725a04

Pho110725a05

Pho110725a06

Pho110725a07

Pho110725a08

Pho110725a09

Pho110725a10

Pho110725a11

Pho110725a12

Pho110725a13

やがて満ちていた潮も少しずつ引き始め、穏やかな波に戻っていく

「潮の満ち引きが人間の生死に関わりがある」と聞いたことがある

満ち潮の時に人は誕生して、引き潮の時に息を引き取る

波紋を見ていて「オギャ~」と生まれて、穏やかに死んでゆく

波紋の一つ一つが今までの泣き笑いした人生のように思えて こんな事を感じている自分がそこに・・・

 撮影:2011/07/21(THU) 足摺岬にて

コメント (4)

台風一過

2011年07月20日 | 足摺岬

台風6号の通過した20日の17:30頃の空の様子です

Pho110720a1

お陰様で足摺岬沖を通過したので風は強かったもののそれほどの被害もなく

Pho110720a2

久々の台風接近で一時はどうなることかと・・・

 撮影:2011/07/20(WED) 足摺岬・椿の道から

* * * * * * * * * * * * * * * * * * *

中学時代の同級生が帰省しており、顔を見に行くと「今から同級生が集まり飲み会が」との事で

急遽、私も参加させてもらうことに みんなと会うのは数年前に40人ほどが集まった同窓会以来の事

みんなおじさんになり(人のことは言えないが・・) 昔話で盛り上がり、時はあっという間に過ぎて楽しい一時となりました

話を聞いていると既になくなった人もいて、また元気で再会できる出来ることを願って別れました

コメント (2)

夏ですねぇ~竜串散策

2011年07月12日 | 竜串海岸(桜浜)&見残し

夏ですねぇ~ 真昼はとてもじゃないけれど外に出る勇気がない

Pho110712a1

Pho110712a2

日射しのやわらいだ頃に竜串周辺をぶらり散歩に  それでもちょっと歩くと汗が滴り海洋館を一時避暑地に

平日でもあり、館内には一組だけの家族が見物していて、子供に「こんにちは~」と声をかけると「ニコッ」と笑顔を返してくれて

水槽の中の小宇宙では、魚たちがゆらりゆらりと (涼しそうだなぁと感じながら)

Pho110712a3

海辺の近くでは浜木綿

Pho110712a4

過ぎ行く時を惜しむかのように まだ紫陽花も咲いていて

Pho110712a5

名前は忘れたけれど・・・ 強い日射しを浴びながら、力強く咲いている草花

Pho110712a6

日本で、また世界でいろいろなことが起こっていて、マヤ歴最終日の2012年冬至頃、地球滅亡など・・

この先が読み難くなっているけど、そして・・・ いつかは終焉を迎える時はくるのだろうけれど

今を生きていることには変わりなく、自分らしく(一番難しいかな?)時を刻んでいければ幸せかも

コメント (2)

光柱~椿の道

2011年07月11日 | 足摺岬・椿の道から

7月8日(FRI)に四国地方も梅雨明けの発表があったけれど

7/5(TUE)に梅雨明けを予感されるような光柱(サンピラー)を見ることが出来ました

Pho110711a1

極寒の北海道でのサンピラーという現象には到底及ばないけれど、南国のサンピラーとでも言いますか???

Pho110711a2

真っ赤に染まった雲を貫くように空に伸びる光の柱  自然界はいつもびっくりさせるような光景を見せてくれます

Pho110711a3

やがてその光柱も薄らいでいき 静かに暮れていきます  空には三日月もクッキリと顔を出して

三日月がまるで一番星にも見える雄大な景色に ただただ感動

Pho110711a4

Pho110711a5

撮影:2011/07/05(TUE) 土佐清水市足摺岬・「椿の道」からの光柱

**************************

 梅雨明けの発表があってから、猛暑で身体にはこたえる気候となっています

今日は時々雷雨があり、多少は凌ぎやすい一日でしたが・・・  

コメント

鉄の芸術~うつろう

2011年07月05日 | 四万十市(旧中村市)

四万十市(旧・中村市)に用事があり

その帰り道で時間に余裕があったので、久々にその勇姿を見てきました

Pho110705a1

鉄の芸術家・溶接オブジェを得意とする事で知られるクマさんこと

篠原勝之(しのはらかつゆき)さんの作品「うつろう」

平成8年(1996)に完成したもの

Pho110705a2

場所は四万十市下田にある土佐西南大規模公園のさんさんパーク(とまろっとの近く)

Pho110705a3

塔の先端は北極星を指し、七つのステンドグラスは北斗七星を表しています

Pho110705a4

Pho110705a6

この塔の先端の反対側(南側)方向が足摺岬となります

Pho110705a5

Pho110705a7

そのオブジェの大きさは身長172cmの私が横に立つとこのような感じです

Pho110705a8

帰りに寄った大岐の浜は穏やかに波が打ち寄せていました

これではサーファーもお手上げかな

Pho110705a9

今日は気持ちのいい初夏を感じさせる天気ですが、雲はまるで秋の気配のような雲がたなびいて・・

 は~やくこいこい夏模様~

猛暑はご遠慮くださいませ

コメント (2)

梅雨明けまでもう少し?

2011年07月04日 | 日記・エッセイ・コラム
七夕様の日の予報は今の所は曇り空  今年は誰にも観られることなくデートを楽しめそうです
すぐに梅雨も明けるかと思っていたけど、なかなかしぶとく居座っています
スッキリとしない日々が続いていて、身体も体調を維持するのに悲鳴をあげています
みんなも無理せずに、疲れたらちょっと休憩する時間を作って   のんびりと・・ ゆっくりと・・
コメント