たまにはぼそっと

ふと思いついたことをボソッと書いてみます。

交渉人その5

2010-11-11 09:20:27 | Weblog
流出させた人、わかっちゃいましたね。

おいらの予想外れました。へへ;


APECの直前という凄まじい時期に、流出したのは偶然か?

どちらにしても、どんどんと中国を追い詰めています

もしも、戦略というならば、やはりあっぱれです。


「モリでつく」のうわさはやはりうわさだけかもしれません

意図的に流したのかもしれません

そのビデオがあるぞということを、匂わすだけで、武器になります。


少し、引用します

三橋貴明氏のブログからです。氏のブログは、かなり以前から拝見しています
なかなか、するどい指摘で、最近どんどん指示する人が増えてます。

おいらも、毎日見てます。

******************************


目からウロコ、である。

尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件以来、マスコミが繰り返し報じてきた

「日本経済は中国なしでは成り立たない」論や「レアアース禁輸で国内産業は窮地に陥る」

論が、根拠薄弱な“まやかし”だったなんて-。

東アジア経済に詳しい経済評論家の三橋貴明氏が、最新のデータをもとに日中両国の経済状況を分析した結果、日本の輸出入の対中国依存度が予想外に低いことが明らかになったのだ。

 三橋氏によれば、仮に中国や香港との貿易が途絶した場合、日本の輸出は対GDP比で2・79%減少するだけで、「依存」というほどではない。

中国政府が日本の直接投資を没収したとしても、失われる対外資産は対GDP比で1%強にすぎないという。

 「そもそも日本の対中輸出の過半は中国での生産活動に必要な資本財。

日中貿易が滞れば中国の工場がストップし、最も困るのは中国の製造業自身だ」と三橋氏。

レアアース禁輸も、悪影響はむしろ中国側に大きいと、データに基づき強調している。』

**************

誰かが、言っておられましたが、この、尖閣問題でも、ぶつかるのは言葉だけにしてほしいと。

他国との、交渉の道具としての軍備増強はわからないでもないけど、なんか、時代が逆戻りする感じはいやな気がする。
コメント

交渉人その4

2010-11-07 14:09:06 | Weblog
流出画像に含まれていないものに、日本人乗組員がモリでつかれたという物があるとか無いとか言う話がある。

以前、ネットのニュースで見つけて、驚いて記事を見ようとしたら、つながらなかった

がせねたかなと思っていたら、またこの話。

ひょっとすると、ガセではないかもしれない

もし、その画像があれば、それも公開してほしいですね。

話の中心がどんどん変わっていきます

情報でも、中国漁船の船長は、飲んだくれのどうしようもない人物だという話と

あれは、漁船の乗組員ではないという話とがある。



おいらは、別に民主党を応援しているわけではありませんよ

そういう、政治的なことをまったく度外視して眺めています



ただ、今までの流れが、なんか不自然だなと思うんですよ

情報が小出しにしか出てこないし、入り乱れてる

流れにストーリーの要素があるだろうか?

そんなことを考えて見ることにしてます

さて、今後どうなるだろう?





コメント

交渉人その3

2010-11-06 06:01:33 | Weblog
流失しちゃいましたね

まさかその方法で来るとは。

おいらには、どうしてもその道のスペシャリストがいるように見えます。

違ってるだろうか?

まあ、頭の体操ぐらいに考えていろいろ推測して楽しんでみよう。

流失させた本人はおそらくわからないだろうね。



画像は、こちら

コメント