新聞

2008-04-30 16:42:56 | 日常
「学校で新聞記事を拡大してパウチしてくれた」と言ってEMIが持って帰ってきた。ぽいぽいさんからの切り抜きも届いた。こちらはカラー写真だった。ありがとうございました。記事を何度も読み返す。「母は負けると『負けたのは弱いからよ』と言って傷口に塩をぬりこむタイプです」とか「私は負けても慰めず交通安全のために付いてきています」などの発言はほどよくカットされて、母子のいい話になっている。よかった。EMIは女流プロと言っていたが、文ではプロになっていた。EMIに確かめたら、やはり取材のときは私はよく笑っていたそうだ。宮日がせっかく創設してくれた女流のタイトル。これからますます女流もさかんになってほしい。EMIの今朝のボード(毎日言葉が変わる)には「初心」と書いてあった。
コメント

トロフィーの重み

2008-04-30 10:38:40 | 日常
きょうの宮日新聞のひとという欄でEMIが紹介されたようだ。

宮日新聞 ひと

文中、娘よりうれしさを爆発させた母として私も載っている。実は私の笑顔はうれしさではなくて、「これで帰りははらはらしなくてすむ」という安堵からであった。EMIは大会中、いつも一喜一憂する。だから、序盤でもしや攻めつぶされるのか、と思ったときに頭に浮かんだのは、帰りが大変だ、ということだった。TABOもあの場面で同じ思いだったそうだ。誰にも言っていなかったが、負けたら気分転換のためにバスを乗り継いでシーガイア動物園に行くことにしていた。どーんと落ち込んだEMIを連れて動物園か~~、やけ食いもするだろうから食費もかさむわ~~。ところが一転勝ったので、本当にほっとした。EMIはやっと新聞に笑顔の写真が載った。対局後も会食中もEMIにはほとんど笑顔がなかった。夢の中の出来事のようだ、と会場で王位戦の大盤解説を見ながら何度も繰り返していた。取材でやっと実感が沸いたのかもしれない。宮崎の将棋界の女流はそう多くない。多くない中で、3連覇した川野三段は飛びぬけて強かった。EMIが将棋を始めた頃すでにタイトルを持っていて、勉強が忙しくてあまり大会には出てきていなかったが、その存在はあこがれだった。穴熊の戦型を見たときに、きっとこの日のために研究したのだろうと、心中を思った。負けても崩れず乱れず、きちっと対応していた川野三段。あんな風に静かに強い人に、EMIもなれるだろうか。
コメント (2)

写真第2弾

2008-04-29 17:04:15 | 日常
※西九条駅そばの店で食べた串かつ(串あげ?)

最近珍しく1日だけの休日。午前中は近くに買い物に行き、ついでにもしかしてとナガヤマに寄ってみたら、私の分の写真ができていた。いつものように撮りきりカメラの写真だが、まあまあよくできていた。フィルムからPCに取り込んでもらって、EMIの大会のブログ記事につけた。最後にフィルムがなくなり、表彰式が撮れなかったので、デジカメで庭に出てEMIがトロフィーを持っているところも撮影してもらった。それにしてもトロフィーが大きい。この大きさに負けない将棋を、とEMI。午後から道場に来て、今みんなで指しているところ。そうそう、串あげの写真があったから、きょうはそれをアップしようとPCに向かったら、これは道場のPCなので写真が入ってない。大阪の串あげは帰宅してから。
コメント (2)

表彰式と

2008-04-28 10:32:11 | 大会
※ 大盤解説は宮日王位挑戦の大迫六段と佐藤四段 盛況だった

会食後表彰式だった。EMIは大きなトロフィーを受け取り、小さなトロフィーも受け取らなくちゃいけなくて手が足りなくなり、TABOが介添えでもらいに行った。もらったとき、EMIが少し涙ぐんだのがわかった。悲願の勝利だ。将棋を始めて丸3年。最初の挑戦は挑戦決定戦で半分勝ち半分負けて残れなかった。去年は全勝で勝ち上がったが敗れた。そして今年。常にこのタイトルが頭にあり、「まずこれを取ってから」そして「三股道場にタイトルを持って帰ろう」と合言葉にがんばっていた。きのうEMIは胸にお守りを7つも入れていて、そして深浦王位の扇子をバッグに潜ませていた。「九州にタイトルを持って帰る」と公言していた深浦王位をお守りにしたそうだ。バスに乗り、停留所で夫に待っていてもらって、すぐその足で車に乗り換え道場に向かった。「私なんて強くなれっこないよ」と叫びながら道場を飛び出たのが3年前の夏だったか。後ろから追いかけたあの日のことを、きっとあと何回も思い出すだろう。だって、こうして勝つ度に思い出すに決まっているんだから。明日はお休みなのでEMIもゆっくり道場で話せることだろう。ここ何日も神経が高ぶって眠れなかったEMI。まずは少し眠って。
コメント

宮日王位戦

2008-04-28 10:16:21 | 大会
※ 手前から時計係りのM三段、H三段、奥が記録のTABO

結構長く取材を受け、戻ると大盤解説真っ只中だった。大迫六段は穴熊で、いや、今まで指したのを見たことがなかったので、これも驚いた。会食のとき聞いたら、昨年の鍛練会で奨励会の人が指すのを見て、習ってからどこかで使おうとあたためていたそうだ。大迫六段も常に挑戦の人である。TABOは記録アンド配達(大盤の解説者に棋譜を届ける)係になっていて、真剣なおももちで大役を務めていた。先日行われた第1局では大迫六段が勝っているので、星子王位はカド番。対局室は緊迫していた。1時を回って、128手で星子王位が投了。大熱戦だった。その後感想戦、会食が行われたが、会食中もずっと感想戦の続きのようで、延々と対局の内容について熱く語られた。

宮日王位戦の記事はこちら

宮日新聞 ひと
コメント

今年は勝った

2008-04-28 10:03:12 | 大会
※立派な対局室で 相手は川野宮日女流王位 大学2年生

念のため2本早いバスで宮崎観光ホテルへ。昨年と違って中学の制服も気慣れているし、道も覚えていた。TABOは記録係で登録されていた。対局室も去年と同じ。対局者も去年と同じ。違うのは大盤解説会が用意されていたことで、かなり活気があった。10時に対局開始。四間飛車でくると思っていたら穴熊だったので驚いた。序盤かなり攻められ、「ああ、今年も準どまりかな。なかなか勝つのも楽じゃないんだな」と思ったが、EMIが今年は落ち着いて出されたグラスのウーロン茶を飲んだあたりから少し良くなった。あとで聞いたら、お茶を飲み全く頭の中をリセットして盤に向かったそうだ。双方秒読みに入り、最後の最後までわからなかったが、川野宮日女流王位が投了。その瞬間、観戦者の人が「これで新女流王位の誕生だ」とつぶやいた。大盤解説はこの後行われた宮日王位戦挑戦者の大迫六段と都城支部の佐藤四段がしてくれたそうだ。これがとても好評で、ビデオに撮っておいてほしかった。感想戦の間も大盤で感想戦解説が行われており、それを少し見ることができたが、本当におもしろかった。感想戦のあと、すぐ宮日王位戦が行われた。EMIと私は宮日の取材のため、別所に移った。
コメント

宮日女流王位戦

2008-04-27 21:17:29 | EMIの将棋な毎日
(EMI)
 今日は、県内のタイトル戦、宮日女流王位戦でした。朝7:45発の高速バスに乗り、対局会場の宮崎観光ホテルへと行きました。1時間ほどで着き、10分ほど歩いてホテルへ行きました。会場へと近づくたびに緊張が高まり、心臓が飛び出すんじゃないかと心配になるくらいにドキドキしていました。会場へと着き、対局開始まで1時間ほどの余裕があったので、ホテル内を探検した後にTABOと母は先に対局場へ、私は20分ほど詰め将棋を解いてから向かいました。
 10:00~対局開始で、私の先手番で相振り飛車となりました。
 序盤は、主導権を握られてしまい、苦しい戦いでしたが、中盤~終盤も疑問手は多数指してしまったものの、勝つことが出来ました。とてもうれしいですが、その喜びを努力の原動力として自分に厳しく、辛くさせるように日々を大切にしていこうと思います。
 帰りも同じ高速バスへと乗り、5:11につき、父が道場まで送ってくれて、先生へ報告をしました。
コメント (10)

速報!

2008-04-27 11:25:43 | 大会
宮日女流王位戦対局でEMIが勝ったとの電話連絡が入りました。(代筆です。)
コメント

自然な姿

2008-04-26 16:55:21 | 三股子ども教室
先週支部名人戦お休みだったので、ひさしぶりの子ども教室だった。アマ竜王戦支部予選、小学生名人戦西日本大会、宮日女流王位挑決戦の報告、それから支部名人、支部団体とまずたくさんの結果報告があった。それから5月の予定で、女流王将戦関連のイベントや綾の大会などの案内など盛りだくさん。先生の話が終わった後で今回は将棋マナー教室があった。それというのも今回のアマ竜王支部予選で、小学校低学年の子が勝ち残って出場することになったからで、それを記念しての特別講座だった。振り駒はどちらがするか、玉をとるのはどちらか、など。最近低学年の成長が著しく、あっという間に三段になりそうな勢いの子が何人もいる。みんなに共通して言えるのは、強くなるときは自然と姿勢も良くなり、自然と空き時間に詰め将棋の本に向かうことだ。背筋が伸びて対局する姿は本当に気持ちがいい。
コメント

フリーパス券

2008-04-25 15:00:32 | 日常
日曜日に宮崎観光ホテルでEMIがタイトル戦。ここからだと宮交バスで行き、橘通り1丁目で降りて徒歩5分くらい。一日乗り放題のフリーパス券を今年も購入しようと、宮交のHPを見にいったら、4月19日からコンビニで買えるようになっていた。よかった~~とさっそく一番近いファミリーマートに行った。てっきり切手のように買えるものと思っていたら、レジではわからなくて端末で探してくれたがわからない。並んでいる人がいたので、先を譲ったら「松田聖子を買うんですか?」と聞かれた。宮崎に来るんだろうか。店員さん全員動員してもわからなかったので、ひょっとしてコンビニ違いかと、一応帰ることにした。帰宅後すぐHPを見直したが、ファミマで買えると書いてある。それで宮交に電話したら「店頭の端末で買えますよ」という。再び店に行き、同じ質問をした。今度は店員さんが問いあわせをしている間に自分で端末をいじったら、あった! バスチケットではなくてイベントのところに! 見つけてこんなにうれしかったのも珍しい。全員分購入してほっとした。それにしても今は全国のチケットが買えるのだ。今話題の姫路城お菓子博覧会の券も売っていた。(入っても行列に入場制限でほとんど見られないらしい) 今度ゆっくり見てみよう。
コメント

母からも写真届く

2008-04-24 20:26:05 | 日常
※1局目 仲間を応援




※真剣に読む



※ 最後の対局 これで勝てば上がりだった 根性のEMI


※ 宮崎の3人衆  来年にかける!

写真が母から届いた。母は大会の朝会場に忽然と現れ、大会中にそっと去っていった。この後で異人館や姫路城などに行ったそうだ。対局の写真は貴重。私は気持ちが落ち着かないのでなかなか撮れない。ありがとう!
コメント

写真できてくる

2008-04-24 09:32:12 | 日常
きのうはYOUが高校の登山で、雨予報で心配したが2時には帰ってきた。途中まで登って降りてきたそうだ。「上まで登りたかった(」雨なら全学年で綾体育館でバレーだった)とYOU。土曜日の参観振り替えできょうはお休み。朝から勉強している。TABOたちも家庭訪問期間で早く帰宅する予定。なかば休日のような木曜日だ。EMIの撮った写真ができてきたので、ブログにアップ。私のはあと9枚残っているので来週以降になりそう。写真を見ながらいろいろ思い出す。前夜祭で、「TABOがフライドポテトだけください」とホテルの人に言って山盛りもらったので、その後ローストビーフのつけあわせが足りなくなり、ビーフだけ!の皿がずっと並んでいた。せっかくいろんな方が話にきてくれたのに、当のTABOはケーキに夢中で、しかも最後の方はトイレにこもる、というお決まりのコース。そのほか某三段本館から新館の間で行方不明になるの巻、某先生モンダミン事件、TABO大浴場で水かけ疑惑、宿で走り回って注意され即就寝、TABO枕さえあればどこでも寝られるを立証、など。やっぱり旅は楽しい。また来年!
コメント

要綱届く

2008-04-23 09:54:35 | 日常
TABOに西久留米王位本戦の要綱が届いた。今年の審判長は斎田女流四段とのこと。西久留米まで、福岡行きの高速バスに乗り、途中の高速基山で乗り換えるのが一番早いようだ。TABOがどこか1つは見たいというので、早めに行き石橋美術館か博物館系か、とにかくそういうところを見たいらしい。昨年倉敷の大会のときに寄ったピカソ展のことを、きのうもYOUといろいろ話していた。この二人はこういう話で盛り上がる。大阪に行ったときも宿泊の西九条はユニバーサルスタジオにすごく近かったので、行きたいというかと思ったが、TABOは「博物館や美術館のようなところ」を希望。気がついたら将棋をしていたので、家族の中でTABOだけは動物園にも行ったことがない。大会先で将棋以外のところにも連れていってやらないと。夕べは疲れが出たのか、珍しく頭が痛いと言ってあっと言う間に寝てしまった。今朝は復活。元気に登校したが、しばらく九時半には寝かすことにしよう。
コメント

通常営業で

2008-04-22 09:00:10 | 日常
きのうは普通の月曜日なので、私は午後から自分の教室。疲れは残っているのだが、日常を普通に過ごす方が回復が早い。振り替え休日などで高校がお休みだったので、早くからみんな揃ってにぎわった。「神戸のおみやげないの?」と生徒に聞かれたが、家族にメダルを買っただけ。「次回久留米で何かいいものがあったらね」と一応約束。私はどこか行くときには、みんなに努めて詳しく言うようにしている。なぜかというと、前回の高校入試の社会の問題は山形と長野が出題になり、私が余談で実家の長野とEMIが大会で行った山形の話を聞いていた生徒たちは、記憶があり、解答していた。さりげなく観光ガイドブックなど置いておくと、生徒が読んでいるのもわかっているので、よく積んでおく。正攻法より裏道から、か。そうそう、西日本大会で岐阜と対局したのだが、小学生名人戦では岐阜は東日本じゃなかったろうか? 記憶違いか。TABOもEMIも元気に登校していった。きょう明日は全国学力テスト。そしてまた家庭訪問期間でゴールデンウイークまで午前授業。
コメント

前夜祭

2008-04-22 09:00:08 | EMIの将棋な毎日
(EMI)
 18日金曜日7:00~前夜祭がありました。
 多くのプロ棋士の方がいらっしゃっており、谷川さんもいらっしゃっていてすごいと感じました。オーラがすごかったです。
 免状授与式が行われ、内藤先生のお話のあとに、乾杯がありました。
 面白い(?)ごちそうがたくさん並んでいました。自分の食べ物の好みは昨年と変わっていないような気もしましたが・・。
 デザートもたくさんあって、たくさんたべてしまいました。(笑)
 ケーキなどのデザートの写真は後日アップします。
 前夜祭のあとは大浴場でお風呂に入り、棋譜並べをして床につきました。
 なかなか寝付けませんでしたが、明日の大会のイメージを描いていたらいつの間にか朝になっていました。
コメント