連休前の奨励会

2012-01-06 21:33:16 | EMIの将棋な毎日
きょうは午前に自分の教室。昼はきのうの夜のカレーの残り。午後3時半くらいの飛行機でYOUとTABOが大阪に行くので、家を出るまでの間、用意に忙しかった。毎回出ようとすると、時計がない、奨励会のときのベルトがない、道中に読む本がない、となるのだが、きょうも全く同じ進行。空港に無事ついたと思ったら、飛行機が来なくて90分待ちとなった。やっと飛んだと思ったら今度は混雑などで手荷物が届くのに時間がかかり、5時半に師匠の家に着く予定が7時過ぎになってしまった。YOUとふたりだったとはいえ、いつもに増して遠い大阪だったようだ。朝は3人いた子どもが夜は1人になった。急にがらんとして妙な気分。
コメント

遅くなりましたが

2011-02-06 08:26:00 | EMIの将棋な毎日
(EMI)
 新年を迎えてはや2ヶ月が経ちましたが、あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

 まずはお礼から。サンタさん、詰め将棋の本をくださりありがとうございました。頂いた日から解き始めて、先日やっとすべて解き終わりました。一般図式から、清涼図式、曲詰めまであり、手数もだんだんと長くなるのでとても勉強になりました。学校にも、どこにでも、持ち歩いています。本当にありがとうございます。

 次は、結果報告。先日栃木にて行われました新人戦の女子の部で、準優勝でした。またしても、という気もしますが、この大会を通して自分にとって将棋はどのようなものなのかということを悟ることができました。
 今後も多くの大会に出る機会があり、それにはすべてなにかしらの結果が出ます。しかし、本当に好きなのは結果を伴うことではなく、どれほど自分が面白いと思える将棋を指すか、楽しめるかということだと思います。勝負の世界なので、このような考えはまだまだ私が甘い証拠なのかもしれませんが、結果により生活を左右されない今こそ、将棋だけを見ていきたいです。今回決勝では、いい将棋だったと言える自信はありません。結果を意識するあまり、将棋だけを見ていなかったのだと思います。実力不足も原因だとは思いますが、これから日々積み重ねていきたいと思います。

 今後の目標は、将棋にきちんと向き合うこと。目標を近くに設定しないこと。日々強くなること。
 今年はこの三つを軸に、日々精進していきたいです。今年よろしくお願いします。
コメント (4)

高校1年通信

2010-10-29 20:17:07 | EMIの将棋な毎日

高校1年通信に載ったEMIの報告文

 今回また、全国大会へと出場する機会を得ることができ、今は嬉しいというより、ほっとしています。大会では、16局という長丁場で、2日間にわたる大会ということで、体力的にはとても厳しい条件でしたが、無事終えることができてよかったです。
 全国大会は、栃木で行われます。初めて訪れる県で、気候風土は宮崎とはまったく異なると思いますが、どんな状態においても自分の持ち味をしっかりと生かすことのできるよう、今のうちに地力をつけたいと思います。前回は、優勝を目前に将棋を心から楽しむことができず、苦しく辛い思いをしたので、今回はあくまでも0からのスタートということで、「失うものは何もない」という気持ちを常に忘れず、全力を尽くしたいと思います。
 両親をはじめ、先生方やクラスの方々には、いつも応援していただいているので、その気持ちにこたえられるよう頑張りますので、今後ともよろしくお願いいたします。

(全国大会 栃木大会出場)
コメント (2)

都泉祭

2010-09-04 20:19:56 | EMIの将棋な毎日
(EMI)
 こんばんは。今日は都泉祭でした。10時前に将棋のコーナーへ行ったのですが、人でぎっしりだったので、びっくりしました。誰も来なかったらどうしようかと思っていたのですが、将棋人気のすごさを再確認しました。
 盛況のため用意していただいた盤はどれも埋まっていたのですが、その中の一面で対局をすることになりました。同学年から先輩をはじめ、多くの方々に来ていただき、同好会に入ってくださった方もいて、感謝感謝の一日でした。(どうやら同好会が出来たようです。)
 また来年も、このコーナーをしていただけるように、私も精いっぱい頑張ろうと思います。

コメント (4)

お知らせ

2010-08-29 10:13:24 | EMIの将棋な毎日
(EMI)
 お久しぶりです。今週末に私の通っている都城泉ヶ丘高校で「都泉祭」という文化祭が行われます。その中で、将棋大会が行われることになりました。

 日時  9月4日(土)  9:20~12:00ごろ
 場所  都城泉ヶ丘高校 1階総合教室(中庭に面している教室)
 参加費 無料
 交通機関 都城駅から徒歩10分(高校付近に駐車可能な場所は少ないです)
 
 です。生徒会の主催で、10時ごろに私も行きます。大会というよりは、自由対局に近いと思います。また、囲碁大会も行われますので、ぜひいらしてください。
 
コメント (4)

これから(EMI)

2010-04-26 21:10:26 | EMIの将棋な毎日
(EMI)
今年もまた、宮日女流王位のタイトルを預かることができ、めまぐるしくめぐる日々の中で、ひしひしと喜びを感じている。
一日のうち、将棋にかけられる時間は限られているから、どの将棋においても何をするにおいても私は何かを学び取っていける人になりたい。
私にしかできないことが、広い宇宙の中で必ずあるから、一生きらめきを探し続けていこう。
           私の一歩は、私にしか歩めないのだから。


コメント (2)

明日の対戦相手

2010-04-16 21:07:13 | EMIの将棋な毎日
(EMI)
 こんばんは。旅先の母からの明日の都城三股支部の対戦相手・同じリーグの支部をお知らせします。 
 都城三股支部の一回目の対戦相手は倉敷支部(招待)だそうです。このパートは3支部一組なので、勝った方の支部は北大阪支部(招待)と対戦します。
コメント (2)

2010-03-22 21:02:04 | EMIの将棋な毎日
(EMI) 
 校庭の桜が満開になり、私は中学校を卒業した。もうすぐそこには夏が待っている。
 卒業とは、一つの節目だと思う。出会いと別れの季節の春に、私は新しい自分に出会いたいと思っている。
 明日は今日の続きじゃない。今日できなかったことでも、明日は出来るようになりたい。そのために、私は絶対自分自身に満足しないようする。満足とは一つのゴールだ。それによって時間は無情にも過ぎ去ってしまい、そして自分は自分に甘くなる。完璧主義になろうとは思っていないが、常に向上心は持ち続けてきたい。限界を決めるのは自分だから、うまく自分をコントロールしていきたい。上へ向かって・・・
コメント (1)

県下四段登竜戦

2010-02-21 19:25:20 | EMIの将棋な毎日
(EMI)
 今日は県下四段登竜戦があった。今回で5回目の挑戦となる今日、平静でいられるはずもなく、一週間前から体調がすぐれなかった。どうしても優勝したくて、パソコンも一切触らず、受験生らしくない将棋中心の生活を送っていた。そして迎えた今日。予選の1局目・2局目もともに悪い内容で、なぜ勝てたのか分からない内容だった。そして決勝トーナメントへ。一回戦は初めて指す方。相手の陣形をとがめにいったつもりだったが、いつの間にか自玉は銀冠のあとかたもないような状態に。だが終盤で逆転勝ち。準決勝は、大学一年生の方。最後の最後まで悪く、負けも覚悟したが、逆転勝ち。そしてむかえた決勝。相手は初めて指す方。中飛車対右玉で、相手の攻めをもろに受ける形になり、焦って無理攻めをしてしまった。終盤で何とか差を縮めて、勝つことができた。
 いまだに実感がわかないが、これで終わりたくない。人生は通過点の繰り返しだと思うから、これからする様々な経験を生かして自分だけの将棋を創っていきたい。
コメント (6)

ハノイの塔

2010-01-25 21:09:21 | EMIの将棋な毎日
(EMI)
 受験シーズンとなっても、なかなか実感がわかず、いつもと変わらぬ毎日を過ごしています。今週は私立受験があるみたいです。中学校生活も残り2カ月もないのかと思うと、うれしいような、悲しいような、複雑な気持ちです。
 昨日ハノイの塔を父から貰いました。私が子供のころも作ってもらったそうなのですが、ほとんど記憶が無かったのでもう一度作ってくれました。少しずつ完成に近づく中で、ある規則性があることに気付きました。クリアするためには、一度完成した塔をまたバラバラにして、新たな輪を加えてもう一度立て直し、また崩して繰り返します。10回以上失敗し、途中途中何をしようとしてるのか忘れてしまうこともありました。完成に至るまで、何時間もかかりました。将棋も、同じことだと思います。ルールを覚え、戦法を覚え、自分の棋風を作ってゆく。創り上げたものをまた崩して新たな戦法を覚え、勝ち方を身につけてゆく…。自分が前進しているのか、何をしているのかさえ分からなくなってしまうけど、冷静になってもう一度見つめ直せば、目標がはっきりとわかる。基本的なことの積み重ねを繰り返し、あと一歩のところでそれに及ばない。また崩して一段上へ進むことだけを考えて立て直す。大切なことは目に見えないというけれど、なんでもない、ありきたりな日々の中に、自分の人生を創ってゆく何かがあるのだと思います。大切なのは現在だけじゃないし、未来だけでもないから、人生という名のハノイの塔の天辺に何が待っているのかを、何をもたらしてくれるのかを想いながら過ごしていきたいです。
コメント

プレゼントありがとうございました

2009-12-29 20:13:01 | EMIの将棋な毎日
(EMI)
 先日(27日に)以前から読みたいと思っていた1994年の7月号と、8月臨時増刊号をくださり、ありがとうございました。
 ソリが壊れてしまったので、なおるまで出発できないと母から聞いていたので、いつ来るのかとずっと楽しみにしていました。実際に郵便ポストに届いていて、本と、暖かな気持ちをいただきました。ありがとうございました。
 
振り返ってみれば、今年はあまり努力を継続できていませんでした。それは、将棋を自分のためだけにしていたからだと思います。しかし、一人で将棋をしているわけではありません。自分と指してくれる相手がいて、教えてくれる先生、師匠がいて、支えてくださる皆さんがいます。目に見えるものでお礼が出来ない分、目に見えない力、実力でみなさんにお返しがしたいです。「自分に厳しく、他人に優しく」をモットーに日々頑張ります。まだまだ若輩者の私ですが、どうかこれからもよろしくお願いします。
コメント (2)

支部団体戦支部予選

2009-11-01 20:13:58 | EMIの将棋な毎日
(EMI)
 きょうは支部団体戦支部予選でした。級位・初段の部、二段の部、三段の部、無差別の部で代表を争いました。私は三段の部に参加し、三段の代表になることが出来ました 文化祭も終わり、特に気がかりなこともなくなって、残りの中学生生活は将棋一色となりそうです。。これからの抱負、今までのことをちょっと振り返ってみようと思います。
 ~今までの将棋人生は、たとえてみれば50メートル走。走ることだけで精いっぱいで、前を走る人や、後ろから追いかけてくるライバルたちのことまでは、とても見えていなかった。過ぎてゆく景色さえ、心に映らない。
 しかしこれからは、マラソンのような道のりかもしれない。ライバルとの差を詰めるのに無茶をすれば、小石につまづいてしまいそうな。自分が一番自分を知っていなくちゃいけないし、自分をコントロールするのも自分。前を行く人影に、いつか追いつき、そして追い越せる日を夢見て、ただ自分を信じるしか、方法はないこの道。勝つことで得られる喜びもひとしおだが、完走できたことで得られるものも多い。苦しむことも、迷うことも多いけれど、走り切ったら何かが待っているはずだから。ただ前を向いて走っていこう。目標は一つじゃない。信じる道を、ただ歩んでゆこう。
コメント (2)

努力の継続

2009-09-27 20:01:06 | EMIの将棋な毎日
(EMI)
 中三になり、受験生になり、そして2学期になってますます行事が増えてきました。それとともに、なかなか努力を継続しようという「やる気」が減少していました。何もしないわけではなく、朝の棋譜並べや、夜の詰め将棋など、それなりにノルマはこなしてきました。しかし、体育大会の練習で疲れたからとか、自分で自分に言い訳して早く寝たり、遅く起きたりという、悪い習慣が付いてきました。
 強くなりたい、あんな将棋が指したい、もっと勝てるようになりたい、絶対負けたくないと思って一生懸命努力しても、それが持続しなければ何の意味もありません。一日一日をだんだん無駄に過ごすようになり、心の中ではこのままじゃいけないと思っていたのに、なかなか悪習慣の輪から抜けられずにいました。こんな生活をしていて勝てるはずがありません。勝ちにも負けにも、将棋の内容にも執着できなくなりそうで、なのに体は付いていかなくて、今の自分を本当に嫌ってしまいそうな気がします。はっきりした文章を書けなくなっている自分にも不安を感じます。このままじゃいけません。どんな状況になっても、自分にだけは嘘はつきたくありません。自分は明日のためではなく、その向こうにある夢の為に生きているのだから、努力しなくてはなりません。夢をあきらめたくはない。自分の道を、自分の手で切り拓くためにも、もう一度初心に帰って一歩一歩大切に努力していこうと思います。限りある時間だから、努力の継続を、夢の継続を、これからしていかねばなりません。
コメント (8)

結果報告

2009-08-05 18:36:41 | EMIの将棋な毎日
(EMI)
 きのう天童から帰宅しました。最後の天童でしたが、優勝したNちゃんに負けてしまい、ベスト8に終わりました。もう、悔いはありません。この大会を通して得たこと、かけがえのない経験は、きっと将来役に立つと思います。
 
 予選一回戦、群馬代表とあたり、途中で角の両取りを掛けるチャンスを逃し負け。
 予選二回戦、東京代表にあたり、厳しい将棋を逃げ切り勝ち。
 三回戦も勝利し、決勝トーナメントに進出。
 トーナメントはシードで、二回戦に、北海道代表とで勝ち。
 準々決勝では、優勝者とで、ガンガン攻められて序盤から悪く、逆転できず、負け。
 優勝したいという気持ちは強かったですが、本当に実力があればどんな困難なトーナメントでも勝ち上がれたはずです。受験勉強も大変ですが、将棋を指す時間をもっと取って強くなりたいです。
コメント (8)

努力

2009-07-13 20:43:18 | EMIの将棋な毎日
(EMI)
 努力するということは、とても難しいことだと、最近すごく思うようになりました。単なる「努力」ではなく、努力を「継続する」ということが、本当に大切だとも思います。
 たった一日だけ10時間以上勉強しても、棋力にはほとんど影響しないでしょう。一日3時間でも4時間でも、毎日それを続ければ、それは自信となり結果はそれについてきます。しかし、2~3日努力を継続したからといって、すぐ強くなるわけでもありません。棋力は、自分の目にははっきりと見えません。私は、不安になることがありますが、自分は努力と言えるような勉強の量や、質も不十分なので、自分の限界を見つけるまでは、ひとの可能性は無限だと考えるようにしています。自分の弱さと正面から向き合えないうちは、私はまだまだ未熟者です。
 人生単位で自分の歩んできた道を、そしてこれから歩んでいくであろう未来の道を見つめてこそ、今日の努力を積み重ねる勇気が出ます。自分を信じられるのは、自分しかいないので、これからの毎日を一歩一歩確実に積み重ねていこうと思います。
コメント (2)