休みなし

2008-10-31 09:19:00 | 日常
きのうきょうと日差しが少なくて肌寒い。それなのにYOUは自転車で20分走って帰るので、家では暑いと半そで半ズボン。EMIも筋トレで暑いと薄着。TABOは持久走練習でぽかぽからしく半そで半ズボン。仕方ないので私も家で筋トレで暖をとる。自家発電・・。竜王戦の映像は北海道なので寒そう。明日は県統一模試で、うちの教室はテスト(中3が3人予定)。あさっては都城三股支部団体戦予選(段位ごと)、大会、と続く。
コメント

充実の水曜日

2008-10-30 09:28:23 | 日常
水曜日は学校が早く終わる。だからうちの教室も3時半にはみんな来て、7時まで勉強をする。それぞれの課題に取り組むので、7時までしたら最後はしゃべる気力がないくらい頭が疲れるようだ。私自身も水曜は結構疲労する。朝から夕方まで勤務している学校の先生は本当に大変と思う。TABOはきのうは棋譜並べまでたどりついたが、詰め将棋は睡眠学習だった。EMIも棋譜つけ、棋譜並べと進み、詰め将棋をねばってから寝たようだ。中間テストは今回も基準をクリア。来年受験なので、TABOよりも切実な進路である。きょうはいつもの木曜より少し早く帰れそうなことを言って登校した。
コメント   トラックバック (1)

きょうの予定

2008-10-29 09:07:16 | 日常
きのうは棋譜並べ前にTABO就寝。あっという間に寝た。私が帰ったあとも1粒1粒お米を拾ったらしく、TABOは担任の先生に「そのお米はうちに持って帰っていいよ」と言われたそうだ。「ぼくともう1人だけ続けてたから~~」と言っていた。150人くらいの学年。ちょうどいい田んぼの広さだった。きょうは5時限なので授業は3時15分頃終了。EMIが選挙管理委員会でやや遅くなるようだが、5時前には道場に行けるだろう。YOUはきょうで実力テストが終わり、あとは土曜日の模試。
コメント

脱穀

2008-10-28 14:35:32 | 日常
TABOの学年行事、脱穀。足踏み式の昔のやり方と機械と両方させてもらった。TABOは最初から最後まで作業に熱中。最後は田んぼに落ちている米を1粒ずつ手で拾って、脱穀機に入れる根気のいる仕事だった。きっとおいしい米になっているだろう。持久走の練習も始っているので、きょうの夜もバタンキューに違いない。寝る時間が早いので、宿題をどう早く終わらすかが課題。先日夫に叱られていたので、何かと思ったら漢字のドリルを道場移動の車の中でする。するのはいいが、最近暗くなるのが早くなって、車の中は真っ暗。それでもやめずになんと、後続車のライトの明かりで書いているらしい。「目が悪くなる」と夫。気持ちがわかるので叱れなかった。
コメント

やる気

2008-10-28 08:37:30 | 日常
うちの教室には時々本人にその気はなく、親から無理やり送り込まれてくる小学生がいる。当然やる気がなく、お金をかけてまで来るくらいだから当然勉強ができない。15分もてばいい方で、あとはなだめすかしてなんとかやらせる状態。「学校ではどうしてるの?」と聞くと「外見たり、なんか書くふりして待つ」と言う。じゃあ勉強以外に何をしたいかと聞くと、「止められてるけど隠れてゲーム」と即答。やる気というのはどこから育てればいいのか。ここ数日EMIの四段登竜戦の棋譜が宮日に出ていたようだ。日曜に図書館で読もうと思ったら、読んでいる雑誌の下にしっかり新聞を抱えているご婦人がいて、とうとう読めなかった。きょうはTABOの学年行事で脱穀。これからマスクしていく予定。
コメント (2)

割り切る

2008-10-27 09:52:57 | 日常
きのうの文化祭。私が退出した後の3年の歌はすてきで、涙が出たとEMIが言っていた。聞きたかった。毎年3年は本当に素晴らしい。来年はEMIが3年だから聞けるだろう。きょうは代休でEMIがお休み。のんびりと朝ごはんを食べ、大好きな銀アートに取り組んでいる。あとでGパンを買いにいくつもり。さきほど韓国のネット事情について放送していた。日本だってネットの中は似たようなものだ。たまによそのコメントや掲示板を見て、なんだこれ??と驚くことがある。利用するのはいいが、日常を支配されてはたまらない。うちは子どもがほとんどしないので(YOUとEMIは英語で使う)読んだほうがいい記事をたまに教えるくらい。時々スイッチオフも必要かも。
コメント

EMI文化祭

2008-10-26 14:21:38 | 日常
きょうはEMIの中学の文化祭。だいたい毎年同じ進行なので、2年の修学旅行発表から見に行った。最初に立ち寄った長崎原爆資料館が主で、最後に原爆の詩の群読があった。USJや宿泊の写真などを想像していたので、胸を衝かれた。よかった。合唱コンクールは保護者の私語がうるさくて、腹が立ったので最後の方は聞かずに休憩のところで退席した。途中「保護者の方は演奏中は私語をやめてください」と生徒のアナウンスが入ったくらいだ。どんな思いで休み時間、朝、放課後に集まって音をあわせてきたか、考えてもらいたい。EMIはとても楽しそうだった。緊張して歌ったのだろう。帰ったら午後の様子を聞いてみよう。午後からTABOと私は道場。今TABOは駒落ちで指しているところ。日曜らしい道場だ。
コメント (4)

おおいに賑わう

2008-10-25 14:48:06 | 三股子ども教室
きょうは市内中学は文化祭のところもあるのだが、2時前にすでに30人を越えて集合している盛況ぶり。きょうはまずみんなで10年分の将棋世界を順序に並べる整頓の作業。それからいつもの棋譜並べではなく、対局にはいった。有段者と級位者を部屋を分かれて、5局指す。きょうは大人の部屋も満員。文化の秋満開といったところだろうか。一番注意されているのは、対局姿勢で盤にかぶさらないこと。ななめに構えないこと。振り駒をする方や、玉をとる方なども注意。覚えたての頃からいい盤で正座で指せるのは、本当に恵まれているといつも思う。
コメント (2)

源さんの話

2008-10-25 08:50:26 | 日常
きのうは予定と違って、EMIの方が5時限で早く帰宅。TABOは6時限で2.5キロを徒歩で帰ってきたので5時ぎりぎりだった。すでに私の方の教室が始まっていて、TABOと話す時間がなく、源さんのことは道場の先生から聞いたようだ。EMIが「すごい驚いてたよ」と言っていた。TABOはほとんどPCをしないので、病院に行っていたことも知らなかったから、「え~~~なんで~~」と全く予期せぬ出来事だった。道場から帰って、しばらくYOUと源さんのことを話していた。EMIでなく、YOUの方。YOUは夏に大阪に行ったときに小1時間、森先生のお宅で過ごしており、「対局のときにしきりを乗り越えて入っていったよね」「話しかけるように鳴くんだよね」とTABOと語っていた。不思議な源さんだった。この話になるとTABOがとても悲しそうになるので、しばらくできなくなりそう。
コメント

いない部屋

2008-10-24 09:40:07 | 日常
きのうは門限の4時半にぎりぎりで間に合い、TABOは道場へ。EMIは合唱練習で道場には行けなかった。きょうは金曜日なので門限はふたりとも5時。(1分でも過ぎたら道場には行けない) こういうときに私が運転免許をとっておけばよかったと思うが、機会がないままきょうまできてしまった。今朝ブログで森先生の源さんが亡くなったことを知り、え~~・・と言葉を失う。ほらほら、とゲージから出してTABOに触らせてもらった光景を、帰ってきてからもよく思い出していた。TABOがうれしそうにしていたので、(あんなうれしそうなTABOの顔を見たのは初めてだ)写真に撮りたかった。TABOも知ったら驚き悲しむだろう。まだ信じられない思い。
コメント

仕事多忙

2008-10-23 09:17:09 | 日常
きのうは結局10時半くらいに行き、受付で名前を書いていたらちょうど移動中のEMIが来た。次は体育館で体育だったらしい。とりあえず3年を回り2年を回ったところで、元の位置に戻ってきたので首にかけたゲストカード?を返却して退出。どの教室も生徒は元気よくあいさつしてくれたが、先生たちから教室に入らないでねオーラが出ていたのは気のせい・・。なかなか見る方も緊張するものだ。EMIは生徒会長の推薦人になったそうだ。来月からたすきをかけて朝校門で選挙活動をする。TABOはきょうクラブ(ドッジボール)があり6時限、EMIはコンクール練習で帰宅が5時。道場に行けないかもしれない。2学期から特に夫の仕事が忙しく、短時間内の道場往復が難しくなっている。運動会の準備日も当日も、本当はなんとか行ける時間(子ども教室が残りあと1時間くらい)に終わっていたらしいが、おとうさんが大変だから、とTABOが気を使って家で過ごしていた。
コメント (2)

初企画

2008-10-22 09:13:10 | 日常
EMIの中学がきのうからオープン参観。初めての試みで、3日間学校の授業を公開するそうだ。EMIは合唱コンクールの練習のため、きのうは道場に行けなくて教室に来て勉強していた。「おかあさん、いつ来るの?」とみんなの前で言ったら、「心の準備がいるから何時に来るか教えて」と生徒たちも言うので、きょうの10時くらいということで手をうった。「午後は寝てるからだめ」とか「数学は自信がないから」など、大騒ぎだった。いろいろ聞いたら行く方が緊張するじゃないか。TABOは体育の授業でがんばって走ったそうで、夜はバタンキューで寝た。きょうは2人とも5時限なので道場に行ける。
コメント (2)

笑顔

2008-10-21 09:02:51 | 日常
きのうは道場がお休みだったので、TABOは髪を切ってもらい、あとはずっと読書をしていた。五段戦の余波はまったくなく、底抜けに明るい。以前四段登竜戦の決勝で負けて、盤の前で泣いたTABOとは違うのだ。あのとき欲しかったのは四段だったけれど、今欲しいのは棋力ということかも。私だけ置いて行かれたような気持ちだ。生徒さんの身内が36歳で突然亡くなり、私もよく知っていたのでいろいろ考えて悲しい。TABOの笑顔に救われる。
コメント

指すべくして

2008-10-20 09:08:02 | 日常
負けてひきずるかと思ったら、TABO本人は切り替えが早くて、きのうはすぐ読書にふけり、きょうも元気に笑顔で登校していった。二歩の後で、大人の方から声をかけてもらっていた。一番効いたのはたぶん「負けていちいちへこんでたら、奨励会に行ってどうする。これからいくらでも負けるのに。そんな場合じゃないだろう」という言葉。それまでうつむいていたが、ぴっと顔を見て「はい」と言ってからはもう大丈夫だった。私が思うに、これは指すべくして指した二歩。本人にそんな怪しさがあった。落とした星はもう拾えないので、これからの星を拾うしかない。きちんとした将棋を指そうとすると、まだ読みきれなくて時間がかかり、20分切れの中で大変な思いで指していたようだ。本当に力がつけば20分で指せるのだろうが、まだまだ足らず。途中で名誉会長が来られて、盤を見て回り「こりゃどれも子どものけんかだ。五段はまだまだ」と言われていた。昔宮崎は、県タイトルを3回とってやっと四段がもらえたそうだ。中身で五段にならないと。TABOはまだまだ!
コメント

がまんがまんの五段戦

2008-10-19 20:13:52 | 大会
9人参加で20分切れ負けの総あたり戦だった。TABOは●○○○○●●○で終了。
同率3位だったので五段昇段できなかった。一局目は、あとは勝つだけの将棋をまさかの二歩で落とした。あまりのことに本人たちが一番びっくり。ショックが大きくて、あとの将棋が将棋にならないのでは、と心配した。私はもう帰ろうかと思ったくらい。しかしこれで対局が続けられないようではそこまでだ。二局目は途中怪しかったがなんとか持ち直し、その後もあきらめずにしっかり挑戦の内容で全局を終えることができた。目先の勝ちだけを目指さずに、当初からの目標をまっとうしたのは偉かった。がまんがまんの五段戦。当分がまんが続くが必ず実に(身に)なるがまん。
コメント (2)