STEP BY STEP

リウマチでも一歩一歩ゆっくりでもいいんじゃない?アクテムラ再開。ビオラなりに感じたことを発信しています。

お餅つき

2005年12月28日 | 料理・お菓子
今日は我が家恒例のお餅つきでした。
蒸すこと40分、その後は、餅つき機が、せっせと働いてくれ
つくこと10分ぐらいでしょうか~

つきたてのお餅の熱さは、それこそ半端じゃない熱さで
私は丸めるだけで、手出ししていない割りに、騒ぐのは
人一倍うるさくて、餅つき機から、取り出したり、ちぎったり
する作業をずっとしていた母の手は、しばらく真っ赤

ちなみに、この白いお餅と餡子入りお餅、お雑煮餅、お鏡餅
あわせて、この4倍ほど作りましたよε- (^。^;)>ふぅ
餡子を入れる動作は、本当に熱くて、今にも投げそうなくらいに
熱かったし・・・(けれど、手放すまいと必死で^^)

お餅つくりはスピードが勝負(丸めないと変な形で固まって
しまうから)、”猫の手も借りたい”お餅つきは、ビオラの手でも
何とか、役立った(・・・・かなぁ)ってことで、証拠写真をUPして
おきまーす。
コメント

やっぱりリウマチ

2005年12月27日 | リウマチ・通院
どうも、昨日の午後あたりから何をやっても集中できないし
だるさ、疲れ、眠気があったので、嫌~~~な予感は
見事に今朝、的中しました
こんな勘だけは、鋭くて困ったものです(・・。)ゞ テヘ

最近そう言えば、寒さも少しばかり緩んだせいか・・・・
自分でも調子は良いと思っていたのに、やはり、何を
どうしたわけでもないのに、無理をしなくても、体調に
波があるのは、仕方ないんですよね~。
そこが、やっぱり、リウマチらしさってことでしょうか

そんなわけで、今日は昼間にも関わらず、朝飲んだ
痛み止め&風邪薬のためか(痛み止めを常用していない
こともあってか・・もちろん、プレドニンは飲んでますよ~
師走の慌しさをよそに、泥のように眠りについてしまい、
心配してくれた友達の電話も、朝かと思うほどに寝込んで
しまいました~(@_@;)

長年付き合っているリュータだけど、なだめ、すかし、
おだて、時には褒めてあげて、付き合っていくしかない
ですよね~。
リュータも時には、何も考えず休養が欲しかったのかもね
休むだけ休んだから、明日はお餅つくり丸めるぐらいは
ビオラの手でも、使ってもらわなくてはねp(*^-^*)q
コメント (4)

サンタ遅れる!?

2005年12月26日 | 日記など

一昨日から待ち続けてるサンタからのプレゼント、昨日は
とうとう届かなくて、ひたすら待ち続けています。
この寒さと大雪で、迷っているのかもしれない・・などと
思ったりして自分をなだめながら(苦笑)

荷物検索サービス(いつかも紹介しましたね^^;)は、やはり
こんな時、送った人送られた人双方にとって、便利ですね
このまま待ち続けて来ないなら、電話で問い合わせようと
思いながら、今朝検索すると、もう家のエリアの営業所に
届いて「配達中」だと分かりました
間違いなく今日は届くと・・・・たぶん、・・・きっと

 

コメント (4)

とりあえずクリスマス

2005年12月25日 | 日記など

行き当たりばったりの私は、何につけても計画性が
まるでない・・・
それでも、きのうはお昼過ぎから何となくクリスマス
楽しんでみたくなってしまって、急遽ローストチキン
準備p(*^-^*)q 本当なら、前日から漬け込んでおけば
味が沁み込んだのだろうけれど。
仕方ないので・・・PCの側に、調味液に漬け込んだチキン
を置いて合い間合い間にもみこむこと、目標200回
後は、オーブンが勝手に焼いてくれるから、これぞ
手抜きのビオラにはぴったりの料理だと思った(*≧m≦*)ププッ

そんなわけで、ケーキも予約もなしでして、とりあえずは
こんなハート型のケーキで、ささやかな、にわかクリスマスは
終り・・・・、夜は友達とゆっくりたっぷりおしゃべり。

当たり前のことが毎年のように変わりなく出来ることが、
何でもないことのようであっても、ありがたいことなんだな~と
思える夜でした。

 

 

コメント (2)

クリスマスの約束

2005年12月24日 | 日記など
きのうは、友達から教わって初めて知った「クリスマスの約束」
録画しておいたものを見て、久しぶりに小田さんのあの透き通る声に
魅了されてしまいました~

オフコース時代は、中学生だったので、「さよなら」はほろ苦い
若かりし頃を思い出させたり、懐かしんだり、またドラマで
使われた「ラブストーリーは突然に」は、イントロを聴いただけでも、
こみ上げてくるものがある。好きだった人のことを思い出したり、
歩けるようになろうと必死の思いで臨んだ人工手術の入院中で、
消灯後にこっそり隠れて、ドラマを見たこととか瞬時に蘇ってしまうから、
やっぱり、歌はその時代へすぐに飛んで行けるのだな~と改めて
思えます。

今一番好きな曲は、「キラキラ」。
せつない想い出は、ふたり重ねていくもの~
また来る哀しみは 越えてゆくもの~
今はただ目の前の 君を抱きしめていたい
明日の涙は 明日流せばいい
気負わずに自分らしく生きていけば、それでいいんじゃない
って気持ちになるから、そこが好きなんだと思う。

小田さんの曲は、「言葉に出来ない」くらいに、伝わるものが
ありますね。
みなさんは、どの曲が印象に残りましたか
コメント (6)

シクラメン

2005年12月22日 | 日記など

今年は、春先まで頑張って咲いてくれたシクラメンが
どうも、姿を消してしまったみたい。
それも、そのはず、咲くときだけ眺めてばかりで、オイシイとこどり
の私。
普段の管理は母任せだし、秋に種まきしたパンジーのその後の
様子さえも、見ていない横着者です・・・ハイ

季節外れの時期まで咲いてくれて、頑張りすぎて、
力尽きてしまったのかもしれないね。

毎年必ず、我が家にシクラメンがあるこの時期に
お目見えしないので、手書きで咲かせてみました。
真綿色した~シクラメンもいいけれど、やっぱり
ピンクが好き

コメント (8)

手編み

2005年12月20日 | 日記など

今年も、今日で母の毎月の通院の最後、そして、今日は
私も、母を送った後、待ち時間にエンブレルだけもらう
ため通院を済ませて、ようやくこの1年の通院が終わった。

母の病院まで車で50分そこから私の病院まで20分ぐらい
かかるんだけど、それでも、母の病院で居眠りして無駄に
待ちくたびれるよりは、待ち時間を利用して済ませてこれたの
は、またそれだけのためにわざわざ行かなくて済むので
一回分は、得した気分もするし、助かった。

病院を出るといつもの買い物へε=ε=┏(;”0”)┛
いつもHPで見せてもらうことが多い好影響で^^ビーズ☆彡のキット
を見たり(製作時間を見ていたら、手も足も出ず)して
ちょっと最近寒さのせいで、また手編みの暖かさに惹かれ
はじめ、ふわふわループのベージュの毛糸を買ってしまった。
以前はセーターやベストを曲がりなりにも編んでいたけど
肩こりでどうしても無理はきかないし、やりたいことも、やらな
ければならないこともたくさんあるから、とりあえずは
この毛糸玉で手遊び程度に、ハマらない程度に(自分に念押し
しつつ(@_@;))マフラーでも編んでみようと思う!p(*^-^*)q
「誰かにあげるん(・・?!んっ??」と母がつっこむ。
最近、手編みのマフラーを中学生のM君が彼女に贈った話を
聞いてしまった(*゜□゜*)ぎょぉぉ(逆はあるのに、男の子から
は珍しいですよね~)
「M君に習うのも~いいかもよ~。(⌒▽⌒)アハハ 」ビオラ・・
冗談じゃなくても、遠ざかるとどうやっていたのかさえも
忘れてしまっている気がする。

コメント

今年の漢字

2005年12月18日 | リウマチ・通院

気が付けば、もう「今年の漢字」が発表される時期になって
しまったのですね~。
ここ数年、震、倒、毒、災など暗い世相を表したものが多く
今年も、連鎖は続きそうな予感、今の日本いったいどうなっている
のだろうと思うほど、残忍な事件や信頼が崩れ落ちる事件
ばかり。

それでも、希望を込めた思いもあってか・・・「愛」と発表された
ことを知り、何かしら、明るい気持ちになれて来た気持ちがします。

私の今年の漢字は、色々考えてみて、やっぱり「結」でしょうか。
ネットで通じて皆さんとも出会えたこと、気持ちをつなぐ通わせる、
支えてくれる人たちとの縁=結ぶ。
(くれぐれも、訓読みでお願いしますっ。
そんなイメージの「結」。
みなさんの、今年の漢字はどんな一字ですか~(*∂_∂)?
コメント (9)

歌から伝わるもの

2005年12月17日 | 日記など

ゆうべは、本田美奈子.さんの闘病の特番見てました。

再起をかけての白血病との闘いを見ながら、こんな過酷な
病状にありながらも、歌のメッセージを贈ったり、また、退院の
時に、ナースステーションの前で、「アメージンググレイス」を魂で
歌い、そこから訴えるものが胸を打ち、私にはステージや舞台とは
別の声からの生きる気力が伝わった気がしてなりません。

これほどまでに、歌を通じてやりたいってことを貫いて行こうと
しながらも、病魔に阻まれ、闘い続けた彼女の精神力の強さは、
本当に衝撃でもあり、自分自身もう一度考えさせられたりもしました。

昨日は、ちょうど友達とRAのつらさ、やりきれなさ、どんなに
頑張ったところでも、これが現実だって言う開き直りで生きて
いくしかないってことも話したりした後だけに、彼女の歌から
彼女が大好きだった太陽の光のような暖かさと勇気と優しさを
もらえた気がします。
天使になった彼女に、心に明るい太陽のような光をそそがれた
ような気持ちが、今もしています。

コメント (4)

外来にて

2005年12月15日 | リウマチ・通院

今日は、診察日。
この時期は、混雑しているかと思いきや、意外といつもに
比べると空いている方にも見えた。
短期の入院だったのに、その時の知人に最近、よく出会う。
今日も、同室だった方(70代)とも出会ったし、「友達の友達は、みな
友達^^」ではないけれど、その時に、知り合って違う整形病棟に
入院されていた方(40代)とも出会えた。

普段、ネットで毎日こうしてみなさんとお話させてもらうことは
とても、リウマチには精神的にいいことだと思っている。
けれど、こうして実際、お話するとまた、それはそれで、
雰囲気や声、顔の表情で、ダイレクトに伝わってくるものがある。

入退院を繰り返したり、来年にまたOPを控えていたり・・とも
聞いたし、帰ってからは、また友達と電話で話したりして、
本当にリウマチは、一筋縄では行かない手ごわい厄介な病気
だと感じる。

それでも、今日お話した方々、ともにリウマチのつらさを口に
しつつも、気遣いの言葉をかけてくれたり、また、ちょっとした
苦笑いもありながらも(これは、リウマチの方なら、分かると
思うけど・・ここが痛いんだけどねって、ぼやく時の顔)
笑顔で声を掛け合うことは、本当にちょっとした暖かさを
もらった気がする。
体調はさまざまだから、そうは気安く笑顔にはなれないことも
多いのがリウマチ。
それでも、笑顔でいられる時を見つけていかなければp(*^-^*)q
笑うに笑えない時もあるけれど、笑顔をもらったり、あげたり
して行くのだな~これからも。

追伸:遅くなってしまったので、掲示板のレスは改めて
明日させてもらいますね<m(__)m>


コメント (2)