STEP BY STEP

リウマチでも一歩一歩ゆっくりでもいいんじゃない?アクテムラ再開。ビオラなりに感じたことを発信しています。

右膝再置換から1年目の受診

2016年08月06日 | 右膝再置換
あっという間です!
今日は、右膝再置換してから1年目を迎えられました。
去年の今日、今頃、手術室から出てきた頃ですね。

昨日は、右膝再置換から1年目の整形受診。

レントゲンも沢山あって、両膝、両足首と足指と撮影したので、40分ぐらいかかったでしょうか。
足首の状態を撮影するときに、冷房の効いたレントゲン室で片足立ちは、大変。

大学病院は歩くだけで痛い時は、堪えます。
しかも、改造中でトイレがとんでもなく遠いところにしかない。

レントゲンの所見では、右膝の状態は良好で、次回はまた半年後に経過観察で大丈夫だそうです。
1年たったばかりで、何か問題が起こってしまう方がおかしいですよね(^_^;)

◆右膝再置換の人工関節
状態も良い。

◆左膝人工関節
まだまだ25年経過しても、隙間が残っているので今すぐ再置換が必要ではない。
しかし、ややお皿の部分に水がたまっている様子。

◆左足首
偏平足傾向あり。

◆右足首
甲の痛みは、その部分の骨が隙間がなくくっついていることが、原因。
足指の外反母趾・内反小趾、立ち指変形などの問題は、手術が必要なレベル。
入院期間は、一般的には3週間、その後、必要に応じて転院して4週間の入院となるらしい。
状況を見てしましょうと、しかし、骨が丈夫なうちに手術をした方が良いでしょう・・・とも。

比較的早く進んで終わったのが10時半。
さてこれから行くリウマチ科までの待ち時間、4時間あまりをどう過ごす?って思ったのだけど、コーヒー飲んで1時間近くしゃべってそれからお昼と済ませているうちに、結構時間が経ってしまい、予約時間前になったのでリウマチ科へ。

にほんブログ村 病気ブログ リウマチへ 
アクセス、読者登録も有難うございます。
リウマチのブロガーさんが、こちらで発信されています。
クリックしてくださると、励みにもなります!(^^)


コメント

右膝再置換から3か月目の受診

2015年11月10日 | 右膝再置換
9月末から帯状疱疹、母の通院・入院と引き続きあったので
あっという間に右膝再置換から3か月目の受診が
やって来たと言う感じ。

3か月前のことなのに、何故か!?懐かしさすら
覚える感じを持ちながら診察室へ。

いきなり主治医からは、「おおっ~~~!!
良いじゃないですか!さっと歩けて、杖もなしで。」
と言われて、自分でもいつの間にかこうなって
居たので(笑)返って主治医の反応に驚いてしまったくらい。

レントゲンは、立って下肢全体を1枚、寝て上からと横から
重りをつけてそれぞれ1枚の計4枚。

右膝は、内側の痛み、裏側の鈍痛がたまにある感じだけど、
まだ、術後3か月なので当然らしい。

問題の左膝。
今回は、レントゲンは撮影していないけれど、まだ、再置換前の
右膝のレベルまで悪化していなくて、経過観察で大丈夫だと。
痛みや不自由さとレントゲン所見で、いい時期を見計らって
と言う感じかな?

前回の診察の時には、右股関節が痛くてそれがかなり
心身のダメージにもなっていたけれど、9月末あたりから
痛みがなくなったので、それもプラス思考になれた。

褒め上手の主治医?だからか、「初回の膝人工関節が24年持って
いるのは、体重ももちろんあるけれどやはり若さですよ!」だって。
「はい!若いんです(^^)」って答えたけれど。

近い将来、左膝の再置換がやってくること、再置換後の良い状態を
保てるようにすることを目指すなら、やはり筋力アップが欠かせない。
がむしゃらにしなくても、普通の暮らしを維持することがリハビリにも
つながるらしい。

次回は、術後半年になる2月に診察の予定。
コメント (10)

退院後初の整形受診

2015年09月14日 | 右膝再置換
今日は、退院後初の整形受診でした。

杖は、いったん持って出掛けたものの、持つことが
肩や上肢に負担で面倒くさくなったので、置きに帰って
独歩で

入院中の記録をアップしようと思いながらなかなか
進んでいないのだけど、今現在のことを先に
アップして行きますね!
ちょっとややこしいかもしれませんが、お付き合い下さいね。

今回は、退院後の状態がどうなのかを診てもらうため
の受診だったけど、気になっている右股関節も
レントゲンを撮って診てもらいました。

レントゲン上、股関節は、軟骨があって問題があるものでは
ないけれど、左右が同じような角度じゃなくて、
左股関節が内向き?に
なっているので、そのバランスのためかもしれないとのこと。
その他、足の指や足首の変形などが原因かも?

肝心の右膝ですが、痛みが内側にあるものの
順調だと言われました(^_^)/
角度も計測はしないけれど、115度はすんなり曲がっているので
術前よりも曲がってます。
後は、筋力!

そして、旧の膝人工関節の画像をパソコンで見せて
もらえると言うので、撮影してもいいか?と伺うと、
さらに、モニターには、手術時の画像が現れてたので
仰天

でも、自分が受けた手術なので、怖さはそれほどなかった
けれど、先生から「モニターからちょっと身を引いて
見てましたね」って言われてしまった(笑)

さすがに、今晩は焼き肉食べられん~って
感じになったけど(・・;)

旧人工関節のパーツが定規と一緒に撮影されていたので、
この関節が24年間頑張って歩かせてくれたのだと、
しみじみ、見たりして。

次回は、術後3か月の受診なので11月の予約になりました。

朝晩、思いがけず温度が下がる日もあるので、
みなさんも、着るものや寝具の調節をこまめに
して下さいね。
コメント (6)

手術前日(8月5日)の記録

2015年09月08日 | 右膝再置換
右膝再置換手術を受けた入院時の記録です。
あまり、詳しくは覚えていないこともあるんですけど、
メモをしたことと記憶を頼りに。

そのために、投稿日時は随時更新になっているので、
タイトルでいつの記録かが分かるようにしています。
--------------------------------------------------

早朝 6:30から採血。
ソーシャルワーカーが来てくれて、介護保険を利用している
ので、有効期限が8月末までであり、入院中に更新申請をする
必要があり、ケアマネと直接連絡を取ってくれるとのこと。

11:00から術前の入浴(シャワー&シャンプー)
手術を控えてふらついて転倒してはいけないので、看護師が
見守り。
これが入院なんだよなぁ~っていうのを実感。

13:00から麻酔科へ車椅子で連れて行ってもらった。
頸椎の障害があるので、首を曲げなくて済む挿管を選ぶそうだ。
麻酔科の看護師が、床ずれが出来る可能性があるかどうか?
腰の辺りを見に来た。(これは大丈夫だった。)

15:30からリハビリ。
たまたまだったけれど、母と面識があるPTだったので
気軽に話せてよかった。
この時は、今の状態を確認するために、足の太さや角度を
計測したり、歩く速さを普通、速足で計測した。
「じゃあ、また、明後日からリハビリしましょう!」
・・・本当にそんなにすぐにリハビリが出来るのだろうか?
なんて思ってしまった

19:00頃から、友達が仕事先から顔を見に来てくれた
お土産のふりかけなど冷蔵庫にキープ

夜から朝にかけて飲む脱水対策の補水液が3本が出た。
喉も乾いているし、結構、飲みやすくてスポーツドリンクみたい
だったので抵抗なし。

手術前夜なので、安定剤をもらって眠る。
コメント (4)

入院当日(8月4日)の記録

2015年09月06日 | 右膝再置換
右膝再置換手術を受けた入院時の記録をアップして
行こうと思っています。
あまり、詳しくは覚えていないこともあるんですけど、
メモをしたことと記憶を頼りに。

そのために、投稿日時は随時更新になっているので、
タイトルでいつの記録かが分かるようにしています。
--------------------------------------------------

いよいよ入院。
頻繁には家族が来れないので、その分、下着やタオルを
たくさん持っていたので、まず、その荷物が入るかどうかが
気になっていたけど、意外にも収まった。

手術した人や手術をする人が入っているのは、4人部屋。
電話連絡があった時には6人部屋だと言われていたので、
これは助かった!と思ったら、個室希望している人以外は、
みんなこの部屋に入るのだって

午後から、手術の説明を家族、親せきにも聞いてもらう。

 膝の人工関節を取り外すのに、1時間程度はかかる。
 骨の移植が必要になる。
 概ね、朝、8:00に手術室へ向かい、麻酔や処置などを
含めて、終了して部屋に戻るのが、15:00から16:00の予定。
 これまでの人工関節と違って、すべて再置換をするので
心棒がある形状のものに今度は再置換する。
この話をする時には、何だかすごく緊張したし、やや不安にもなった。
 新しい膝の人工関節は、登録される。

同意書などにすべて署名をして渡す。

同室の方が、昨日、膝の人工関節手術を終えたばかりと言う。
荷物をしまうのでうるさかったかもしれない!?
けれど、意外にも話が出来たので驚いた。
もちろん、リウマチではなかったけれど。

15:00から膝のレントゲンがあった。
コメント