STEP BY STEP

リウマチでも一歩一歩ゆっくりでもいいんじゃない?アクテムラ再開。ビオラなりに感じたことを発信しています。

おばんざいまでついてくるランチ

2016年11月28日 | おでかけ
社会福祉法人が運営している「日乃出食堂」。
蔵造りの外観に興味津々。
まだ、行くタイミングを逃していたので、急きょ、寄ってみることに。


定食を注文すると、おばんざいが自由に食べられるシステム。
この安さ!でですよ~。

しかも、社会福祉法人が所有している福祉農場直営の新鮮な野菜ばかりなので、安心して食べられます。
野菜の煮物、おから、きんぴら、じゃがいもやかぼちゃの煮っ転がしなどの他に、サラダにはドレッシングが4種類も!
残念ながら、デザートは今日は出されていなかった



オーダーした「ふわふわ手捏ねハンバーグ」が来る頃には、お腹もだいぶ満たされている感じ。
ボリュームたっぷりだけど、しつこくないので食べやすい。

スタッフの中には、若い障害者もいるように見受けられた。
一生懸命さが伝わってくるので、あれこれ質問をしてみると、誠実な答えが返ってきた。

がんばっている人を見ていると、家の問題も、納品が上手くいかなかったことも、何だか思うようにいかないことばかり続いているので、撃沈しそうになった自分がバカみたいにも思えてしまう。

それなりに頑張って行かなくちゃ!!
コメント (2)

自力で整形受診(膝)

2016年11月20日 | リウマチ・通院
すっきりと晴れないにしても、ここ最近、暖かく過ごせるのは助かります。
寒いよりもましですよね。

左膝の悲鳴はなんだったのか!という記事にも書きましたが、先週金曜日は、左膝人工関節の報告と相談で診察に行って来ました。

しかも、1週間ほど前から右肘痛が続いて、ただでさえ長距離運転が苦になるのに、今回は自力でいかなければならくて((/ヘ ̄、)、堪えました




最寄りの病院にかかった時の(主治医は同じ)CTのデータを持参して、取りこんでもらってからの診察。

先々週が主治医が休診だったせいか、いつもより待たされました。
それでも、直接、主治医が予約を入れてくれてたおかげなので、おとなしく待つことに。
・・・というか、運転で骨折ったので。

今回は、10月末の最寄りの病院でかかった時から同じように左膝の異変があったかどうかの報告がメイン。

おかげさまで、そんなことにもならずに多少の違和感はあるけれど、何とか普通に過ごせていると伝えると、主治医も「安心しました!」と。

逆にあまり生活に支障が出るようであれば、再置換へ動き出す計画だったと思いますね
今回は、主治医だけではなく教授にも診てもらえて、安堵感がありましたね。
と、同時に再置換もいずれ来る!という緊張感が出てしまいました。
たまたま、待ち時間が長くなったおかげで(笑)ちょうど教授が診察を始める時間になったから、返って有難かったですね。


滅多になく自力で行くと言うので、母もそれなりに張り切ってついて来てくれて。
良く聞こえないのに、必死で聴く姿勢は見受けられました(笑)

とりあえず、今現在は、左膝、まだがんばってくれているのは確かです。
コメント (2)

インフルエンザ予防接種の還付申請

2016年11月16日 | 日記など
早くも、大分県内ではインフルエンザでの学級閉鎖があるらしいです。
少人数のクラスというのもあるでしょうけれど、11月からとは、早いですね。

先日、リウマチ科の診察と同時に済ませたインフルエンザの予防接種ですが、私は市外で受けたので接種費用の直接的な助成は受けられません。

でも!全額支払ってから、後で還付申請をすれば、今年は1000円が戻って来ます。

『やむをえず市外で受ける方』という立場になるので、還付申請って何だか煩わしい手間をかけているような気がしていたけれど、ここ数年、市内で受けたり市外で受けたりしているので、意外と簡単なのが分かりました。

還付申請書には、予防接種の受けた日付、金額、氏名、住所、後は還付してもらう銀行口座の情報と印鑑、それから、医療機関の領収書が必要。

リウマチ科では、別に領収を再発行してもらうようにお願いしているので、提出しやすいですよ。
普通の医療費と合わせて『保険適用外』で予防接種の金額がかかれているだけでは、何のために払ったかが分からないと思って、還付する時はこうしてます。

だんだんと慣れて来ました

たかが1000円、されど1000円
大分県の最低賃金時給は、715円程度だしね
コメント

アクテムラ再開後5回目

2016年11月11日 | リウマチ・通院
こんにちは、この時期らしい寒さになりましたね。
昨日は、リウマチ科でアクテムラをいつも通り点滴してもらってきました。

左膝人工の不調を報告。
この5週間、まずまず、左膝以外は変化なしでしたね。

今回は、白血球も確か…4.0だったのでいつも通りの量で点滴。
その後に、インフルエンザの予防接種を受けたのは、良かったけれど…
今朝から、左胸上部が痛くて、予防接種の影響ではないとおっしゃるけれどそれしか思い当たりません(-_-;)
こんな経験は初めてで、打った左腕は赤くなってるだけで、痛みは無し。
何なんでしょうね(・・?!別の場所が痛むなんて。

11時過ぎには、リウマチ科が終わったので買い物を済ませて、今回も物件下見を予定していたので、その前にランチ。

なりゆきで(笑)通常のサイズを注文したので、結構、食べごたえあって、時計を見ながら間に合うように噛んで飲み込む!!時間がこうもかかるとは思ってなかったけれど、久しぶりだったので美味しかった~!!
シシカバブーって意外と辛くもなかったです。
ネパール人?のスタッフと話すのも、分かったような分からないような!?結構、面白いものです。



物件下見で、またさらにあれこれと頭を悩ませることが浮上
今日は今日で、また、業者との打ち合わせがあったのでひとつ前に進んだかなって感じですね~~;;
コメント

左膝の悲鳴はなんだったのか!

2016年11月09日 | リウマチ・通院
ご無沙汰しているうちに、立冬を過ぎていよいよ冬へ突入ですね。

先月の22日、25日と、左膝人工関節に突然の強い痛みが出て家の中で歩く時も、恐る恐るというような状態になってしまって、曲げ伸ばしも痛くて。

さすがに、『来る時が来たのか』って思ったけれど。

もしかすると、人工関節に異変が起こったのなら、再置換もいずれは必要な時期は来ているしと思って、最寄りの病院に主治医が週一回来てくれているので、早速、予約を入れてかかりました。

レントゲンとCTの結果では、確かに、大たい骨の部分は金属で出来ている人工関節なので、いまだに緩み無くしっかりとしている。(このために、右膝再置換でも先生方にはお骨折り頂いた!私の骨は折れないように慎重に(笑))

ただ、脛の部分はプラスティックで出来ているので、26年経過して徐々に徐々に薄くなっているのは確か。これは、定期観察してもらっているので把握しているけれど。

しかし、今すぐ再置換というレベルではないとおっしゃる。
今回、CTでわかったのは、4つ止めているねじのような部分の一部に骨折が起こっているらしい。
来週の診察で過去のデータと比べて見ないといつ起こったのか?分からないけれど。

そういえば、車から出る時にサッと立とうと自然にしてしまう時やキッチンで向きを変える時、椅子から立ち上がる時に、ガクッとする感じがありそれからというもの体重をかけるたびに痛みが出てしまうので、「上手く人工関節がかみあっていない」ような状態だった。

11月初めぐらいまでは、どこへ行くにも何かのはずみでまた左膝に痛みがでたら?といつもに増してゆっくりとしか歩けなかった。

しかも、11月1日は、車の免許更新で3階で講習を受けなければならなくて、その時はすでに痛みは消えていたけど、階段という負荷がかかれば、どこで;;゚o゚) ギクッ!となるかもしれないので、それが不安で。

こんな風にこれまでにない痛みを感じてみると、どれほど人工関節が動きを支えてくれていたのか改めて実感させられました~(o^-^o)

本格的な寒さもやって来ますね。
冷えないように皆さんも注意してくださいね~♪
おかげさまで、今現在は、以前の状態に戻っています。
コメント