STEP BY STEP

リウマチでも一歩一歩ゆっくりでもいいんじゃない?アクテムラ再開。ビオラなりに感じたことを発信しています。

在宅でアクテムラ皮下注射始まる

2018年12月08日 | リウマチ・通院
こんにちは~♪この時期らしい寒さになっていますね。



リウマチ科の今年最後の受診が終わりました。
これまで、2回、アクテムラ皮下注射を院内で行ったので、意を決して(笑)在宅に切り替えることにしました。

白血球数 先月5.7→今月3.4↓
血小板数 先月132→今月111↓

白血球数は、これまでもこのくらいに下がることがあったので、よりいっそう感染には注意です!!
血小板数は、点滴(200で5週)から皮下注射(162で4週)に10月から変更したので、上がるかと思っていたんですけどね~。
ぬか喜びで下がってました。
先生は、「体質的なものかな?アクテムラ皮下注は、2週で抜けきるから。」と。
まあ、それほど気にしなくても良いかと思うようにしました。



「エンブレル自己注射をしたことがあるんですよね?」と看護師さんからも聞かれるけれど、ずっと覚えているわけでもないですよね。
何でも、継続していなければ体はすぐ忘れるものだから(^_^;)

①アクテムラスターターセットに入っていたタイマーをセット。
アクテムラオートインジェクターを冷蔵庫から出しておく。

ここで、パッケージからオートインジェクターを出しておくと思っていたら、DVDでは30分後に開けると書いてました。

②手をしっかりと洗ってスタンバイ。

③オートインジェクターの窓から注射液に異変がないか?確認。

④お腹左側をアルコール綿で広めに拭く。

⑤右手でお腹に直角にオートインジェクターを当てて、先端の紫部分が見えなくなるのを確認。

⑥左手で緑のボタンを押す。押せたら、手を放す。

⑦窓の中が紫に変わるのを確認。

⑧15秒待つ。これ、待つのを忘れて注射器をはずしてしまう人もいるらしいです。(薬剤師談)

私の場合、片手で行うのは不安定なので両手でこれまで院内でもやっていました。
注意するのは、お腹に直角に当てている時に、肘の障害でぐらつく感じがあるため、意識をしておくことかなぁ?
あと、院内で打った時は、緑のボタンから指を放すのを意識していなかったので、今回は、それも注意。

とりあえず、オートインジェクターで始めて見たけれど、注射液が入るのを自分で確認しやすいシリンジタイプが合う人もいるそうなので、状況をみて変更もありうるかな?と思っています。

今回、廃棄ケースが1本毎入れるものが在庫切れだそうで、10本ぐらい入る大きめのケースを持ち帰ることに。
まあ、車なので大きくてもいいけれど。
車以外だと、持つにもストレスを感じるかもしれません。

保冷バッグは、エンブレルの初期は自分で用意したものですが(百均の・・・(笑))、配布してくれました。
もしも?保冷剤を忘れたら、薬局が貸してくれると。

何だか、点滴から皮下注射に変えて、さらに在宅で自己注射になったら、ものすごく通院が早くなって拍子抜けする感じもありました。


コメント