STEP BY STEP

リウマチでも一歩一歩ゆっくりでもいいんじゃない?アクテムラ再開。ビオラなりに感じたことを発信しています。

おひなさま

2005年02月28日 | 日記など
今日はかなりきのうよりも穏やかなだった。
早いもので今日で2月も終わり。今年も考えてみれば・・
6分の1は終わったってことなんだ・・(*゜.゜)ゞ

ひな祭りと言ってもチラシ寿司と白酒があるくらいで(白酒
は怠りなく用意完了(*^^)v)別に普段と変わりないけれど
何となく心が浮かれるのは、私も一応おひなさまの一員!?
だからかな???

伯母の家の孫がまだ小さい頃のこと。張り切りモードいっぱ
いの伯母「ユキちゃんとお母さんとおばあちゃんとで、おひ
なさまだから女どうしで食べようね」と孫娘
(当時5~6歳だったかな?)に言ったところ「おばあちゃん
も、おひなさまなの(*_*;」と子供心に素朴な疑問を
返したのだろうけれど、これには伯母も撃沈するやら・・・
おひなさま圏外にはずされて大笑いするやらだったとか(爆)

子供の目から見たおひなさま上限ラインは、果たしてどこま
でなのだろう???
コメント

口は出さずに・・・

2005年02月27日 | 料理・お菓子
きのうは、で光の加減は春の感じはした
ものの時折の舞う空気は冬の冷たさ
そのものだった。

母はここ数年また自家製みそ作りを再開した。2~3月の
この季節がみそ作りには最適なのらしい。
朝から大豆を炊くこと8時間、それをつぶして団子状に
まるめ、麦麹、塩を混ぜ合わせタッパウェアに隙間なく
つめる・・これが大まかな作業なのだけど、私が手伝った
のは、大豆が吹きこぼれないか時々覗くことと、後は
混ぜる段階で団子状の大豆をポンポンとほおりこむこと
ぐらいしかやってない

・・・と言うのも、去年のことだけれど、升、合をgに
換算して塩の量を測る時に大間違いをしてしまったから。
もう少しで、減塩とはかけ離れた塩分摂りすぎみそに
なるところだった(すべて私のせい(>_<))
分からないことでもついつい余計な口出ししてしまう
性格を見直して、今年は言われたことを素直にハイハイ!
と健気な娘に徹したヾ(〃^∇^)ノ
みその訪問販売が来ても堂々と「家は手づくりなのですよ
」といかにも自分が作ったように言うに決まってる
コメント (2)

有効活用

2005年02月26日 | パソコン
きのうは、かなり風邪から回復してきて、かじり始めた
ばかりのワードのテキストも進めらた気がする。
PC講師をされているののさんにも教えてもらった
「よくわかる」シリーズを片手にやってみてるのだけど

文書作成って、そのまま指示通りにタイプしていくだけ
では、HP作成のような楽しさや満足感はあまり得られ
ない。どうしたら、楽しみながら作成出来るだろうか?
はじめて1週間なのに、すでに遊び感覚を取り入れたく
なってしまった私は、友達へお遊びで文書作成して
メールすることをひらめいてしまった
仕事帰りで疲れ果てた友達にしばらくは、お遊びの文書
が続きそうな予感(*∂_∂)?
有効活用させてもらっている友達へのお返しはスキル
アップで我慢してもらえたらいいな~と思う
コメント (2)

素直に聞こう!

2005年02月24日 | 日記など
昨日は、外は春の暖かさで
・・・なのに、数日前から風邪気味だった状態が本格化してしまい
そうな予感。
インフルエンザのような高熱ではないから、起きていても多少頭の
回転の悪さ(風邪でなくても・・そうなんだけど・・・)
と関節の重さ、喉のイガイガを感じる程度だから、寝込まなくても
大丈夫!風邪薬飲んでいるんだし~って思ってた。
(結構、頑固なところがあって・・自分では感じなくてもこれが
無理をしてるってことなのかも知れない!?)
この状態を知った友達には「とにかくすぐに休んでくれないと
絶対に治りそうでもまたもらってしまうから、何が何でも休ん
で!」と何度も心配してくれた。
どうしても熱でもない限り休まない!って意地を張ってお昼ま
では、PCに向かっていたけれど、思い切って午後は素直に
従って見ることにした(始めからそうすれば良いものを^^;)
眠ること3時間もやはり、自分では大丈夫と過信し
ていてもこれだけ眠ってしまったのだから、疲れや微熱も多少
はあったのかもしれない。
RAになって長年打たれ強くなってしまって自分のことはよく
知っていると思い込んでいるけれど、思いやってくれる人の
言葉を素直に受けなければいけないものだと反省。
おかげで、今日は少しは喉や関節の重さも楽に感じてる。
BBSでも励ましやお見舞いの言葉にも、元気をもらえた
おかげで、今日はPCに向かえる時間がこうして持てるの
だから~
コメント (3)

今出来ること

2005年02月22日 | 日記など
昨日は、父の知人の方のお別れの日だった。
47歳あまりにも早すぎる訃報に、耳を疑うばかりで、信じられ
ない気持ちだった。
がん検診からわずか1年ほどの月日で、命を奪うなんて誰が想像
しただろうか?弔辞では、その方が職場でのIT関連に熟知して
おり、ウイルス被害から救ったのとのことだった。
お子さんもまだ小学生と中学生で、これからの成長が期待され
るところだったのに、本当にどれほどの想いを残して旅立った
だろうか?心ならずも親よりも先に旅立たなければならなかっ
た気持ちも察するに余りある。
リウマチはすぐに命に直結する病気としての認識は少ないだろ
う。けれど、これまでの付き合いの中で、同世代でお別れして
しまった友達もいるのは事実だ。
今出来ること、今ある自分を大事にしなければ、生身ゆえにい
つなんどき誰の身に起こりうるかもしれないことだろうと思う。
それは、分かりながらも決して無理は出来ないもどかしさと
焦りや不安はないといったらウソになる。
けれど、そこで立ち止まって考えていたって仕方のないことだ
と最近つくづく思い知らされる。
病気だけに限らず誰にだって悩みや不安はぬぐいきれない毎日
の暮らしの中で生きているのだし。



コメント (2)

図書館

2005年02月19日 | 読書
昨日は、雨の中図書館の返却日だったので出かけた。
近いうちに、館内の整理のために約1ヶ月間は休館するらしいこと
と最近PCに向かう時間が長くなり小説をじっくり時間をかけて読
めなくなったことで、今回は借りないつもりで、出かけたものの
・・雨の中でかけたのに、そのまま帰るのは忍びない。

短時間でどこのページでも開いても読めそうな「つい誰かに話し
たくなる雑学の本」これは、日常当たり前と思われていることに
ついての疑問の答えが書かれているみたいだ(まだめくったのは
数ページ^^;)たとえば、何故電話でもしもし?と言うかだった
り、カニ缶の身は何故?紙でくるんであるかだったり、知らなく
ても別にどうでもいいことだけれど(苦笑)

もう1冊は「職場の悩みをその場で解消 ため息健康法」と言う本
、普段体のストレスにはさらされることはあっても仕事でのスト
レスは、もうかなり遠くの記憶でしかない私には、働く人の心理
を少しでも垣間見ることが出来ればいいな~って思う(ただの
好奇心かも^^)

いつもお世話になってる職員さんには、パッチワーク関連のオス
スメ本2冊も眺めるだけでもどうかしら~?と親切にも教えてい
ただき、それらも追加(眺めてはため息の連続だけど^^;)

図書館前は転げるような坂道で、本当に行きはまだ
しも帰りの下りはかなりの怖さだ。足元への注意と本の重さで
必死に下っている時にも学生さんの多いこの時期、元気よく声
をかけてくれるのに、私は目を合わせることもなくただ挨拶を
返すのに精一杯^^;の私。(不機嫌なのではないから許してね
<m(__)m>母校の学生さんたち~^^)
それでも行ってしまうのは、何か本から出会えることを求めて
いるのかもしれない。そう思っているのに読めなくてそ~っと
返却してしまうことばかり増えてしまってる
コメント (6)

進行状況

2005年02月17日 | パッチワーク・手芸
前回の「天使のハート」からようやくココまで進められた。
(決して忘れているのではないのです(*^.^*)エヘッ)
・・って言うかこの状況になるまでにもしばらくの間があるのだが。
トップにキルト芯、そして裏布を重ねてしつけをかけた後に
いよいよキルティング段階になる。
画像の丸い輪が「キルティングフープ」直径は35cmほどだろうか
・・・これを使うことによってキルティングがキレイに出来るもの
だとキルターでは欠かせないもの(私もキルターと思ってるところが
あつかましいかもね^^;)
真ん中の黒い物体は、右手中指にはめてキルティングする時に
針を押す皮製の「シンブル」これら無くしては一針さえも進まない。
以前のような大作(サイズだけって意味だけど)も凝ったものも
出来なくなってしまったけれど、これが私流なのだからあともう
少しで贈れる日も近いかもしれません。

コメント (2)

サイン

2005年02月16日 | リウマチ・通院
バレンタインも過ぎ、そろそろこのチョコレートのテンプレートから
変更しなければいけない時期(父には、「なんだ~!?この梅干は」
などと言われてしまったが(@_@;))

普段の生活では母とどちらかが掃除、洗濯などの家事をやっている
ために、いざ母の居ない日には、結構時間がかかってしまうもので
、それらを済ませて、さ~お出かけと思いきや・・・ここでふいの
お客様が見えて、またお茶を出したりちょっと足止め状態。
ようやく出かけられたのがお昼前、ふだんお世話になっている方々
へ気持ちばかりの感謝チョコを贈るべく郵便局へ。
またここでも知り合いに出くわしてしまい立ち話すること数分。
それから、ようやく買い物へ。本屋、ホームセンター、スーパー
めぐりで1時間半は立ち尽くして居たためだろうか?これでも計画
的に無駄なく動いたつもりでも、夕方近くになって、お天気が下り
坂ってことも加わってか・・・右足首の痛み出現

リウマチの数値はほとんど落ち着いてはいても、足関節の破壊は
元には戻らない。体は本当に正直にサインを発してくるものだと
思う。5年前には右足首を踏み出すたびに痛みが出て、かなりの
ストレスになっていたのも確かだけど、試行錯誤で何とか痛みは
消えて今ではほとんど立ち上がると同時に歩けるようになってく
れた。足関節は全体重がかかるだけに、悩んでいる人も多いので
はないだろうか?
でも、物は考えよう、両膝人工を長く持たせるためには時折サイ
ンを出してくれる足首の痛みがなければ、もっと長時間歩いて
しまい酷使してしまうだろう(多分、きっと・・・)
昨日一日普段の薬に加え痛み止めを飲んで、階段も控えめにして
過ごしていたら痛みは消えてくれた。時折悲鳴をあげてくれるこ
とが油断しがちな私にサインを送ってくれたと救われる気持ち
コメント (2)

Oちゃん&Sちゃん

2005年02月11日 | 日記など
昨日は、思いがけない可愛い二人のお客さんを招いての晩ご飯になった。
彼女らは、中国から働きに来ていて家の近くで寮生活をしている。
はじめに知り合ったSちゃん(23才)とは、何度かお話したことがあった
が、今回親友でもあるOちゃん(25才)とは、初めての対面だった。
Oちゃんは、日本語の勉強をして最近試験にも合格しただけあって、さす
がに日本語がかなり通じる。
「つまらないものですが・・」なんて言う日本人独特の言葉も使って
お土産まで頂いた。
好奇心いっぱいで、瞳はキラキラ輝いているOちゃんの話には、本当に
前向きで何でも吸収したい!思いが伝わってきた。
昨日は、中国では新年にあたるらしく、ご両親や家族のお話も聞かせて
もらった。若い時に、こうして遠く離れた日本での暮らしは、想像以上に
大変だろうとも思われる。
来月ひな祭りの日には、帰国して日本語の勉強をするために、1年ばかり
専門学校に通うとのこと。
Sちゃんは、少し恥ずかしがり屋で、言葉が思うように出ないこともあるの
も影響しているのかもしれないけれど、とっても可愛い笑顔の女の子。
日本語が上手なOちゃんから、ゆうべ初めて聞いたことなのだが・・・・
(聞き出したのは、紛れもなく私なんだけど(*゜.゜)ゞポリポリ)
Sちゃんは帰国したら結婚を控えているそうだ
(半端じゃない遠距離恋愛で、寂しいだろうね~)
恥ずかしがっているSちゃんは、包み隠しなく話すOちゃんにハラハラ
ドキドキって感じだったけれど、おめでたいニュースを聞けたから本当に
良かった。
「お姉さん」で呼んでもらえるのをいいことに(「お母さん」世代に
近いのに)若い二人の前向きな姿と純粋なところは、
本当に輝いてうらやましく思えたりしてしまった。
日本を離れても何らかの思い出として残ってくれたら素敵なことだと
思う。
私も、彼女たちのガンバリに元気をおすそ分けしてもらった気がする。
コメント (2)

爆笑の渦!

2005年02月07日 | 日記など
最近欠かせなくなった音声チャット。文字だけのチャット
を始めて覚えた時にも便利さを実感したけれど、音声で
チャット出来るようになって、ますます使い勝手のよさを
感じている。
今のお気に入りはヤフーのメッセンジャー。
お絵かきを同時に出来たり、IMテーマ(壁紙みたいなもの)
を変えられたり、IMキャラクターはいろんなキャラの声で
メッセージが伝えられる。
昨日の、チャットで友人の新しい特技を発見!
まだ使い方に慣れていない私は、IMキャラクターの1つに
猫の声があるのだろうと思った。それくらい、猫まねの
上手さには驚くやら笑えるやら
(本当なんです!涙が出るほどに笑えてしまったくらい)

人には思いもかけない隠された一芸があるものだな~って
思える。猫ちゃん大好きなRAサイトのみなさんもこういった
モノマネは普段から愛情かけて可愛がっている家族の一員だから
得意なのかな!?

そんなこんなで、パッチワークの進みは遅々として進んでいない
けれど、とりあえずは4枚までつなげられトップの段階は
完了~
パッチワーク用のミニアイロンなので軽くて使いやすいけれど、
この状態で早くも3日ぐらいは放置している
コメント (8)