占い師の日記

お客さんの鑑定の話や業界の裏話などを紹介♪
風水/パワースポット/富学占などお役立ち情報も(^O^)/

◯二◯二・パニック!・32

2021年03月30日 08時00分00秒 | 禊のお話~♪
◯二◯二パニック32


 怜「眠るのは分かったけど、能力向上は

 円「あとは動く 

   正直、身体を動かすのは好きじゃないけど

   ある程度、心拍数を上げる運動をしてから

   呼吸法で能力向上である能力持久力を上げる

   必要があるからね

 怜「・・・ふ~ん・・・。」



火炎属性能力向上

円の話にもあるように、火炎属性は能力から

熱を発すだけでなく、自ら起こした熱を吸収し

能力を向上させることができます

ということで、実際に能力を向上させるために

以下のことをおこなってみてください


向上方法

まず、自分にとって軽い運動をしてください

運動の目安はこの時期に少し汗が出るか出ないか

程度で良いと思います

心拍数が少し上がったところで、

息が落ち着く前に、呼吸法をおこないます

呼吸は少し浅い呼吸を早く長くおこなうので

眼が回らないように注意してくださいね

呼吸の仕方は、少し苦しいですが、

鼻から空気を短く取り入れ、

口から出すときも早く吐きます


呼吸中に意識するのは、自分の呼吸の温度です。

息が熱く感じるようであれば成功

それを心拍数が正常に戻るまでおこない

熱量を身体に蓄えてゆきましょう

これで火炎属性の能力を向上させ、能力の

持久力もついてくるので、本来持っている

才能が開花しやすくなる
と思います


 怜「・・・今の円が息があがる運動

 円「まあ、能力向上は日頃からやってるから

   軽い運動程度じゃ、もう息上がらないから

   怜との戦闘で上げるしか無いわね

 怜「・・・面倒い・・・

 円「変革期対応には、私達の能力向上は急務でしょ

   文句言わないで、付き合いなさいよ

 怜「・・・・・・

 円「ところで怜はどうするの

 怜「・・・いつも通り・・・。」

 円「いつも通りがわかんないから

   聞いてるんでしょうが~


水氷属性

水氷属性は、大気の冷性を取り入れ、

操作することができる能力
と言われ、一説には

相手の感情や体温すら奪うことができる

能力もあるらしいです

基本、水でできている人間の人体に

大きな影響を及ぼす力
とも言えます

時には、ヒートアップした相手の感情を

抑え込むこともできるこの能力は、

まだまだ、謎の多い能力

そんな水氷属性は、火炎属性とは違い、

エネルギーの枯渇はありません

そのかわり火炎属性と同じで、属性が人の感情に

影響を及ぼしやすく、常にクールで情熱を

何かに傾けるのが難しい側面もあります


・・・熱しやすく冷めやすい・・・

水氷属性の人の特徴とも言えるでしょう

(怜の移り気も、こういった属性が強く反映されているのかも・・・。)

ということで、水氷属性の能力を向上させる

方法をご紹介したいと思います


水氷属性能力向上

水氷属性は熱を抑える(コントロールする)か、

冷気を自ら取り入れることで、能力の幅が生まれ

能力を向上させることができます

ここでは書けませんが

怜のような無理な修行をすれば、普段から能力を

鍛えていない人は身体を壊してしまうので、

今回は簡単な冷気の取り入れと熱コントロール

同時におこなえる練習法をお教えしたいと思います

方法

まず、水氷属性さんに用意してもらいたいのは、です

氷は、手のひらサイズの氷塊を用意するか

製氷機の氷を10個ほど用意いただければOKです

その氷をボウルなどの容器に入れていただいたら

それに左手をかざします

その時の呼吸は、鼻から空気をしっかり取り入れ、

口から吐くときは、鼻から空気を取り込んだ時間よりも

長く吐く感じでそれを繰り返してゆきます


次に、呼吸を続けながら頭の中で次の呪文を唱えましょう


我、水氷司りし縁者なり、流々令・留理礼・澪無

(われ、すいひょうつかさどりしえんじゃなり、

           ルルレ・ルリレ・レイム
)

一度呪文を唱えたら、後は氷を溶かしていきます

これは自分の手からでる温度で溶かす感覚ではなく、

氷の冷気を自分に取り入れてゆき、氷の冷気が

失われて氷が溶けてゆくというイメージ


おこなってください

この方法なら、冷気を自分に取り入れ、

温度操作も身についてゆくので、是非

試してみてくださいね

慣れてくると、氷の溶け方も早くなり、

自分の身体の中に冷気を感じることが

できるようになります



 円「あ、あんた、そんな危険なこと

 怜「・・・普通・・・。」

 円「はぁ~~

   やっぱりあんたの普通はわからんわ

   それじゃあ取りあえず、各々

   やることやったら、弱点強化の組手

 怜「んっ・・・じぁ


そう言うと、二人は修行を開始

一方、他の場所では
・・・。


         続く・・・。




昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
コメント (8)

◯二◯二・パニック!・31

2021年03月28日 08時00分00秒 | 禊のお話~♪
◯二◯二パニック31


 円「はぁ~・・・そう言えば、相手はあんたか

 怜「・・・・・・。」

 円「あんたの属性、今一掴みきれないのよねぇ~

 怜「・・・円は単純・・・。」

 円「ムキ~~ッ

 怜「・・・ほら・・・。」

 円「くっ・・・それよりも、

   お互いの属性のこと、少し整理しない

 怜「・・・まあ・・・良いけど

 円「まず、私の火炎属性は、極限まで鍛えれば

   炎すら操ることができる

   炎で空気中に魔法陣も描けるし、結構

   便利な属性だけど、扱いが一番難しい

   とも言われている

 怜「くくくっ確かに、扱いにくい・・・」

 円「性格のこと言ってるんじゃないわよ~

 怜「・・・・暑苦しい

 円「ムカッ話の腰を折らないでよ

 怜「・・・御意・・・。」

 円「とにかく、能力が扱いにくい原因は

   火炎属性が性格に反映しやすいからなの

   つまり、冷静に能力を使わなければならないのに、

   能力は感情や身体がヒートアップしたときにしか

   発動できないってわけ

   そういう意味でも、常にクールな怜の

   水氷属性とは相性が悪い
ってことね

 怜「まあ、私は円の暑苦しさに流されないけどね

 円「だ~か~ら~一言多いわよ

 怜「・・・御意・・・。」

 円「御意、御意うるさ~い~

 怜「・・・・・・・。」

 円「・・・・・・。

   はぁ~もう良いわ

   でも、あんたみたいに煽ってくれた方が

   私としたら力が出せるから、水氷にも

   相性が悪いとも言われてるんだよね

 怜「う~ん・・・切れた円は手に負えない

 円「まあ、滅多にキレたりしないけどね

 怜「・・・・・・。」

 円「何か言え~~~~っ

 怜「・・・・わがまま

 円「ちゃうわい

   はぁ~どんどん話がそれる・・・。

   とにかく、私の属性の強化は、

   能力の持久力を上げることになるわね

   もともと、能力としてエネルギーの

   消耗が激しいから、エネルギーを蓄積して

   持久力上げないと、すぐ参っちゃうから

   肉体とは違う持久力を鍛えなきゃ


円の言うように、火炎属性は性格的にも激しい

感情が出やすい属性
です

イメージとしては、元気一杯なイメージですが

その反面、直ぐにエネルギー切れを起こしてしまい

なかなか活動的になれなくなる側面もあります

そういう意味でも、火炎属性の人は、常に

エネルギーの蓄えと持久力が大切となるため

以下のことを心がけてみてください


 怜「・・・どうするの

 円「・・・寝る

 怜「・・・・・。」

 円「だから~何か言いなさいよ~

 怜「・・・お昼寝・・・朝寝

 円「とにかく、1時間だけ寝るから

   私の火炎属性は眠ることでエネルギーを

   大きく回復することができるの


   昨日みたいに、寝ないでいると

   エネルギーの枯渇が早いのよ

 怜「・・・一時間で足りるの

 円「それは、眠り方次第ね

 怜「


火炎属性の睡眠法


火炎属性のエネルギーを回復・補充するには

効率の良い眠り方があります

眠る姿勢はどのような姿勢でもOKなのですが

睡眠導入時に少し通常と異なった方法を用います

その方法は

まず、どのような姿勢でも良いのでリラックスし、

自分の両手の指を同じ指同士でくっつけ円を作ります

(自分の目の前で、手で円を作る)

その円を作った手をひっくり返し、

自分のみぞおち付近に置き、こう唱えましょう



円は炎にして、連環す

   宝玉の御霊、廻り巡り糧とせん



(えんはえんにして、れんかんす

   ほうぎょくのみたま、めぐりめぐりかてとせん
)


ここまで終わったら、意識的に呼吸を深くして

眠りにつきます

眠ってからは、姿勢が変わっても手が解けても

問題ないので、是非覚えておいてくださいね

ちなみに、この方法で眠ると、大体2時間程度

火炎属性のエネルギーは満タンになると思います

まあ、何事も慣れるまでは難しく感じるかも

しれませんが、頑張ってやってみてくださいね


次回は、火炎属性の能力上げ方法と水氷属性です


      続く・・・。




昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
コメント (5)

◯二◯二・パニック!・30

2021年03月26日 08時00分00秒 | 禊のお話~♪
◯二◯二パニック30


さ~て、お待たせしました

識別水は完成しましたか

まだの人は、是非作って試してみてくださいね

それでは、属性鑑定を始めて行きたいと思います


属性は全部で7つ


火炎属性・・・熱さ、火、炎を司る属性


水氷属性・・・冷たさ、水、氷を司る属性


地母属性・・・硬さ、土、岩を司る属性


自然属性・・・おおらかさ、色、植物を司る属性


天空属性・・・軽さ、光、雷を司る属性


龍風属性・・・しなやかさ、音、竜巻を司る属性


夜影属性・・・重さ、夜、月を司る属性


これらの属性は、一般的には知られていませんが

五行とは違い、皆さんが生まれたときに

影響を受けた属性気質
で、どんな人でも、

どれかの属性の加護を持っています



まあ、詳しいことは後で、ということで、

まずは、自分の属性が何なのか

調べて行きましょう


識別方法


まず、皆さんにご用意いただいた識別水を

両手で包みこみ持ってください

(このときコップの底に塩が沈殿していても

 そのままでお使いください
)

次に、コップの中に入っている識別水を意識して

眼をつむり、一度深呼吸をしましょう

深呼吸したら、イメージとして、頭の中(脳)の

中心からエネルギーを両手に流し、コップの中に

エネルギーが溶け込むように想像します

そのエネルギーがコップの中の識別水に

移るイメージまでできたら終了です


最後に、この識別水を一口飲んで味を確かめましょう

確かめた水の変化を下の属性特徴から選んでいただき、

自分の属性を見つけてみてくださいね



属性特徴


火炎属性・・・水が思った以上に温かい、辛い


水氷属性・・・水が思った以上に冷たい、甘い


地母属性・・・水の口当たりが硬い、塩っぱい


自然属性・・・水にほのかな香りがついている、

       ミントのようにスッとする


天空属性・・・静電気のような衝撃がある、

       舌がしびれる


龍風属性・・・水の口当たりが軽い、すっぱい


夜影属性・・・水自体が重く感じる、苦い




皆さん、どうでしたか

最初は中々イメージが上手くいかないこともありますし、

味や感じの変化が薄い場合もありますが、

何度か挑戦しても良いですし、最初に使った

ミネラルウォーターと飲み比べてみても

わかりやすいと思います
ので、是非ぜひ

自分の属性を理解してみてくださいね


ちなみに、水道水はミネラルウォーターに比べて

ミネラル成分が少なく、殺菌の為の塩素が

含まれるので、塩素量やカルキ臭によって

識別水の変化(味や香り)に気づきにくかったり

エネルギーが移りにくかったりするので

ダメというわけではないのですが、できれば

なるべくナチュラルでクセのない一般的な

ミネラルウォーターを用意した方が良いと

思います

(冷蔵庫に製氷機パーツが付いていない場合は

冷凍庫に直接製氷皿や、冷凍対応の器に入れて

氷を作ってもらって大丈夫ですよ~)



各属性は、人間の根本的なポテンシャルとも

言えるものなので、向上させることで

自分の才能の開花や生き方をより良く

変えてくれると思います



次回は、キョウダイ達が各々その属性を

引き上げる方法や、属性に合わせた

アドバイスを教えてくれますよ




            続く・・・。




昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
コメント (28)

◯二◯二・パニック!・29

2021年03月24日 08時00分00秒 | 禊のお話~♪
◯二◯二パニック29


瞑想の場所に戻った私達は・・・。

流奈「さて、何からやる

透明「う~ん・・・

   さっき昴が言ったように、確かに私は

   修行となると限度を知らないから

   もしよければ、ここで皆の意見を

   聞きたいんだけど

 円「え~っ完全に人任せにしてたから

   何も考えてないわよ~


いや、それも問題だと思うぞ


 昴「どうだろう自分の能力に合わせて

   修行をするというのは

 陣「んっどういうこと

 昴「例えば、円なら熱や炎といった属性で

   能力を発揮するわけだから、その能力を

   発展、向上を目指す方が効率が良い
と思うんだ

   もちろん、透明の考えていた肉体と精神の

   純粋な強化は必要
だと思うから、

   その方法と能力向上の2つの方向から

   修行を組み立てる
のもいいんじゃないか

美莉「それ、良いねぇ~

 怜「・・・・弱点強化・・・。」

瑠璃「あっそっか

   キョウダイ全員各々能力属性違うし

   ちょうど、お互い苦手な属性同士で

   高め合う
のもできるね

 円「それって瑠璃 苦手属性と闘う

   ってことよね

瑠璃「えっあっちょ、ちょっと待って

   い、今の無し

流奈「良いわねぇ~それで行こうよ

   能力の向上弱点強化肉体精神強化

   何か、らしくなってきたじゃない

透明「よしそれじゃぁ~昴の案でいこう

美莉「まずは、組分けかな

 昴「最初は、お互いの能力向上

   夕方からは弱点強化

   夜は肉体精神の強化でいいか

 陣「良いけど・・・飯は

流奈「さ~っ始めよう~

ALL「おお~~~~っ

 陣「・・・飯は・・・・。」


そんなわけで、組分け開始


皆さんには、ここで皆さんの属性を見極める

簡易的な方法をお教えしたいと思います


人間は生まれて直ぐに各自然元素の恩恵を受け

その時に受けた恩恵の力を大なり小なり持っています

本来この属性は、皆さんの才能にも大きく関係し、

属性を知ることは、今後の生活の中で色々と

役立つこともありますので、まずは皆さんが

どの属性の庇護下にいるのか

を調べる方法を試していただこうと思います


鑑定結果は、次回にお話しますが、

まずは鑑定用に用意して欲しいものがあるので

そちらを作っておいてください



属性鑑定


用意するもの

◆ガラスのコップ
 (透明なもの・なるべく厚さの薄いもの)

◆ミネラルウォーター

◆お塩 (粗塩でも食塩でもOK!)

◆ラップ



識別水の作り方

市販のミネラルウォーター(300ml程度)に

お塩を本当にひとつまみ程度入れて

溶けるまで混ぜましょう

(全く味がしない程度でOKです)

お塩が溶けたら冷蔵庫の製氷機などに入れ、

氷を作っておいてください

氷ができたら、その氷をガラスのコップに入れ、

ラップをかけて、自然解凍するまで待ちます

以上で識別水は完成です

ここまでの工程を、次回の記事までに

おこなっていただければと思います

ということで、次回を楽しみにしていてくださいね


          続く・・・




昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
コメント (8)

◯二◯二・パニック!・28

2021年03月22日 08時00分00秒 | 禊のお話~♪
◯二◯二パニック28


揚羽「・・・・・

透明「・・・揚羽さん何か言いたいことは

揚羽「わ、私は、黒揚羽で~す

透明「いやさっき、そんなことはどうでもいいって

揚羽「い、言ってませ~~~~ん

透明「はいはい分かったよ

   (まあ、今回は昴の方が

   一枚上手だったから仕方ない…)」

六羽「ご主人たまぁ~ごめんなさい

透明「六羽は何も悪くないよ

   それよりも怪我が無くて良かった

六羽「うん六羽元気~

透明「しかし・・・よくここまで・・・」

 昴「どうだちょっとは俺らを見直したか

透明「いつの間に、封印なんて

 昴「ま、まあ、なんだ・・・ついでだついで

   俺にかかれば、こんなことぐらい

 円「よく言うわよかなり成功率低いって

   言ってたじゃん

 昴「なっ

瑠璃「でもでも、これで観似手使えないんでしょ

美莉「身体の感覚とかは大丈夫

透明「う~ん・・・多分、大丈夫だと思う

   変な感じはあるけど、一時的とはいえ、

   ちゃんと封印されてるからビックリだよ

揚羽「で、でも・・・。」

透明「揚羽良いんだよ

揚羽「

透明「まあ、お前たちが俺の身体のこと考えてくれたんだ

   ここはひとつちゃんと身体を癒やしますか

 昴「感謝しろよ頑固者

透明「へいへい

流奈「はぁ~それで、修行は続けるの

   まあ、これはこれで久しぶりに

   良い運動
になったけどね

 怜「・・・・・。」

美莉「怜

 怜「なんか・・・釈然としない・・・」

 昴「い、いや別にお前を除け者にしたわけじゃなく

   今回の作戦では、怜の能力はいらなかったというか

   お、お前が透明をひきつけてくれたおかげというか

 怜「・・・・ゴーレム・・・。」

 昴「えっ

 怜「小型のゴーレム一体で手を打つ・・・。」

 昴「えっあれは、かなり呪力が・・・。」

 怜「・・・・手を打つ・・・・

 昴「わ、わかった・・・善処します・・・

透明「さてと・・・戻ろうか

 円「そうだねはぁ~おもろかった~

美莉「私はちょっと、怖かったよ

瑠璃「わ、私も・・・

流奈「まったくあんた達、鈍りすぎよ

 陣「はぁ~普段と違う事すると疲れる

   あっめ、飯は

 昴「今日は飯抜きだな

 陣「ええ~~~~っ

 怜「ゴ~レムご~れむ

 円「何か、上機嫌なんですけど・・・

美莉「くすくすっよかったね

 怜「・・・うん・・・。」


皆が、最初の場所へ戻って行く・・・。


揚羽「よろしかったんですか

透明「あああいつらの気持ちが嬉しかったから

揚羽「多分、3日もすれば解けてしまいますよね

透明「そうだね・・・でも、ここでちゃんと

   身体治さないと、あいつらの気持ちを

   踏みにじっちゃうから、ちゃんと治療するよ

揚羽「それは、確かに大切なことです

   私もそうして欲しいです

六羽「六羽も~~~

透明「くすくす・・・


次回からお役立ち情報満載の修行再開です




          続く・・・。




昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
コメント (17)

◯二◯二・パニック!・27

2021年03月20日 08時00分00秒 | 禊のお話~♪
◯二◯二パニック27


 陣「どうするつもり

 昴「透明の観似手・・・◯◯眼を封印する

瑠璃「ええ~~~~っ

 昴「アイツの観似手は別名・破眼とも言われている

   使う者に対価を払わせ、見合う対価がなければ

   寿命をも奪って行く
・・・。」

瑠璃「それは、知ってる・・・

 陣「全ての理(ことわり)を術式と捉え、

   その術式の構成自体破壊、変化、

   書き換えができるんだったよね

   とんでもない能力だけど

   透明が木人図を視て読み解くことができるのも

   その力の一端だったよね


瑠璃「でもでも、それって、先生でも

   できなかったんだよね


 昴「ああでも俺は、先生に透明の能力のこと

   任せられていたからな今ならなんとか

   まあ、封印といっても全ては無理だけど、

   半年くらいなら、観似手を発動させられない

   程度は抑えることができると思う
んだ

   その間、嫌でもボロボロの身体を

   癒やすことはできるだろう

 陣「でも透明、仕事できなくなっちゃうんじゃない

   困らない

 昴「それは大丈夫木人図を視て

   読み解くのも、術式を使うことも、

   観似手が消えるわけじゃないから

   使うことはできるし、アイツの観似手は

   1つじゃない

 陣「そっか確かそうだったよね

   もう1つの能力は視たことないから

   よくわからないけど・・・
 
   要するに、透明の身体を蝕む部分を

   抑え込むってことであってる


 昴「まあ、そういうことになる

瑠璃「わかった

   透明の為になるなら怖いけどやる

 陣「何すればいい

 昴「この封印には、条件が2つ

   ひとつは、キョウダイ達の能力が

   それぞれ必要になる


   だから、今から言う奴は、仲間に

      引き入れなくちゃならない

   そのためには、俺たちを探しにくる

   あいつらを引き離す必要があるんだ


   それと、もうひとつ

   透明の能力を封じるためには、

   アイツに能力を発動させる必要がある


 陣「ひぇ~~っ

 昴「だから・・・・・・。」


作戦を詳細に説明する昴・・・。


 陣「OKわかった

瑠璃「で、できるかなぁ~

   ・・・で、でも、頑張る


ここから私は、昴の策略にハマってゆくことになる・・・。



          続く・・・。




昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
コメント (7)

◯二◯二・パニック!・26

2021年03月18日 08時00分00秒 | 禊のお話~♪
◯二◯二パニック26


(瑠璃から詳しく聞いた話・・・。)


 昴「・・・何で、お前が付いてくるんだ

揚羽「ご主人が、皆様の健康状態を見てこい

 昴「くっ



昴&陣&瑠璃が食事を取りに行った時・・・。

後ろから付いてくる黒揚羽にわからないように

昴が瑠璃に耳打ちをしていた・・・。


 昴「おい瑠璃

瑠璃「

 昴「ちょっと、お前達に話があるんだが、

   黒揚羽に聞かれたくないんだ

   すまないが、黒揚羽に自分の都合の良い

   形で幻覚みせてくれないか


瑠璃「・・・い、良いけど・・・。」



そう言うと、瑠璃は揚羽に気づかれないように

術を行使する・・・。

ここからは、○二○二・パニック!・8&9

と見比べると面白いですよ~



揚羽「

 昴「・・・・・。」

瑠璃「もう大丈夫だよ

 昴「サンキュー

   ちょっと、良いか

   おい立ち寝するな聞け

   お前達、このままで良いのか

瑠璃「えっ

 陣「ふがっ

 昴「お前たちは知らないと思うが、

   アイツこのままだと、死ぬぞ

瑠璃「ええ~っ透明がってこと

 陣「ふがっな、な、何だよ急に

 昴「透明は、お前たちが思っているよりも

   自分に厳しい・・・このまま、甘い修行を

   するワケはないんだよ

瑠璃「えっでも、今回はあまり疲れないようにって・・・

 陣「言ってた言ってた

 昴「瑠璃・・・お前、前回リタイアしただろ

   あの後、俺たちがどんな修行をしたのか

   知っているのか

瑠璃「えっし、知らない・・・

 昴「アイツ、限度を知らないから、修行の後、

   何度も意識を失っていたんだよ


瑠璃「ええ~っ

 昴「このままだと確実に、

   前回の二の舞になると思う

 陣「何が言いたいんだよ

 昴「つまりだ

   ここから透明の素の目算では、確実に

   寝ない食べない動き続ける

   という、自虐的な地獄が待っているはず

   流石に、それを俺たちに強要はしないと思うが、

   今の透明はキョウダイが揃ったことで

   テンションあがってるから、あいつ自身は

   それ以上のこともするかもしれん

 陣「ま、まさか

 昴「いや確実にやると思う

瑠璃「そ、そんな・・・

 昴「ということで、少し作戦を練らないか

 陣「えっなにするんだ

瑠璃「なんで昴は分かってるんだから、

   ちゃんと言って止めれば良いんじゃないの

 昴「いや俺1人で言ったところで、

   頑固なアイツは止まらない

瑠璃「えっそ、そうなの

 陣「で、でも、透明がせっかく乗り気なんだから

   俺達が付き合って、ヤバそうなら止めるから

   やらせてあげれば・・・。」

 昴「そんな悠長なこと言っていられるもの今も内だ

   あいつ去年、観似手を何回使ったと思う

   実際に、あいつの観似手は使えば使うほど

   自分を傷つける・・・変革期に入ってから

   無茶も多いし、今も、まだ傷は癒えて

   いないんだよ


   そんな中、アイツは単純バカだから

   自らを鍛えれば、観似手の反動を

   抑えることができる
と信じているんだ

   観似手の制御を考えるのであれば、

   まずは全ての傷を治してから考えればいい

   なのにアイツは、自分を鍛えることばかりに本気だ

瑠璃「な、なんか、昴・・・普段クールなのに

   キャラ変わってない

 昴「いやちょっとだけ、ムキになっているだけだ

   人に心配ばかりかけて・・・アイツ・・・」

瑠璃「そ、そう・・・

 昴「お前、さっき寝てたろ

 陣「・・・そ、そんなこと、あ、あるわけ

 昴「いや、寝ていた

   今日くらいで、寝てしまうようであれば、

   お前が透明を止めることなんで出来ないぞ

   そんな状態での監視じゃ、あいつは確実に死ぬ

 陣「いやいやいやいや流石にそこまでは

 昴「とにかく、一度真剣に話し合わないか

瑠璃&陣「う、うん

揚羽「あの~っ・・・私、このこと

   ご主人に報告するんですけど

 昴「

揚羽「

 陣「

 昴「揚羽お前は、とりあえず透明の所に帰って

   俺たちが逃げたとでも言っておいてくれ

揚羽「きゃぁ~っ

瑠璃&陣&昴「びくっ

 陣「ナニナニ

瑠璃「あ、あれ揚羽ちゃん、一人で倒れて

 昴「まあ、揚羽のことだから、

   自分に都合の良い幻覚を見てるんだろ

揚羽「くっな、何のこれしき

   わ、私は、ご主人様のもとへ

   死んでも帰るんだ~~~~っ


昴&瑠璃&陣「・・・・・

 陣「あっ飛んでいった・・・

 昴「ま、まあ好都合だ

瑠璃「たははっちょっとやりすぎたかな~

 昴「まあいい俺に考えがある

   聞いてくれるか



           続く・・・。




昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
コメント (19)

◯二◯二・パニック!・25

2021年03月16日 08時00分00秒 | 禊のお話~♪
◯二◯二パニック25



物凄い土煙が辺りを埋め尽くす

キョウダイタチの放った術式は、

確実に辺りを抉っていた・・・。



 昴「ゴホッゴホッ

 円「ど、どうなったの

瑠璃「六羽ちゃ~~~~ん

美莉「ちょっと待って

流奈「・・・ホント、つくづく規格外

 陣「

 怜「・・・あのスペックの方がどうかしてる


土煙がだんだんと薄れ、キョウダイタチの目の前には

六羽を抱きしめ、瞳を赤く染めた透明が立っている


 怜「・・・でた・・・。」

 円「あれを全て・・・

 陣「う、打ち消したのか

美莉「さ、さすがというか、なんというか・・・

 昴「何している能力を制御している今しかない



キョウダイ達は容赦なく私に飛びかかってくる



透明「お前たち~~~~っ


私も無理やり能力を覚醒させた反動で、

能力を抑えることに気を取られていた


透明「


何故か羽交い締めにされる透明・・・。



 昴「円魔法陣

 円「OK

 陣「流奈放電

流奈「今やってる

瑠璃「わ、私は、目を

 昴「美莉透明の深層を落ち着かせて

   暴走させるな

美莉「大丈夫今やってる

 怜「・・・・休憩・・・・

 陣「おい

 怜「陣は、やることないの

 陣「あっ呪符呪符

透明「お前ら、何をやって・・・


身体から、力が抜けてゆく

覚醒したはずの能力が引いてゆくのを感じる


 昴「よしこれで・・・。」

美莉「はぁ~~~~疲れた~~~

流奈「こっちが死ぬかと思ったわよ

瑠璃「え~ん怖かった~~~っ

 陣「ホント、ヒヤヒヤしたよ

 怜「・・・全然わからん・・・

 円「まあ、あんたは知らなくて正解

   余計なことされると困るから

 怜「・・・はて・・・。」

透明「どういうことだよ

 昴「くくくっお前、これでしばらく

   観似手、使えないからな


透明「えっ

 陣「封印だよ

透明「封印

瑠璃「透明いつも無理するから・・・

透明「・・・・・もしかして

 昴「ま、まあな・・・。」

 円「中々、役者だったでしょ

   私、女優デビューでもしようかしら

流奈「いや、円のは完全に素が出てた

美莉「うんうん

 円「な、何でよ~

透明「円・・・お前、後で覚えておけよ

 円「ほら~~~っそうなるじゃ~~~ん

六羽「

瑠璃「六羽ちゃんが無事でよかった~

 昴「まあ、六羽のおかげで、結果オーライだったな

揚羽「ちょ、ちょ、ちょっ、ちょっと待ってください

   何がどうなってるんですか

透明「はぁ~・・・揚羽・・・お前が

   一番に騙されたってことだよ

揚羽「ええ~~~~っど、どういう


数時間前

昴と陣と瑠璃が食事をとりに行った時

揚羽の報告とは違う真実が・・・。



          続く・・・。




昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
コメント (18)

◯二◯二・パニック!・24

2021年03月14日 08時00分00秒 | 禊のお話~♪
◯二◯二パニック24


透明「さあ、やろうか


一気にキョウダイタチの本気度が増してゆく



 円「・・・・グード・・・。

美莉「わが声に・・・応え・・・。

 陣「・・・異塔の門・・・魂振・・・。

 昴「・・・カース・・・メーヤ・・・。

流奈「オン・・・・ライテイ・・・。

 怜「・・・・蝕・・・・・。

瑠璃「トレース・・・リン・・・。


場の空気が一転する



透明「ありゃちょっと、煽りすぎたかな

   いきなり最大火力とか・・・マジか

揚羽「ご主人流石にマズイのでは


私の身体の中から声がする・・・。


透明「う~ん・・・かなりかな

揚羽「そ、そんな落ち着いてて~

   ど、ど、ど、どうするんですか

透明「まったく・・・もう少し戦闘を

   楽しめると思ったのに

   さすがに、これは逃げられん・・・。

   取り敢えず、一番弱い攻撃だけ選んで

   受けて耐える
しか無いかな

揚羽「いやそれでも病院送りじゃないですか

透明「まあ、何とかなるだろう

   あいつらも、私を殺そうとまでは

   思っていないだろう
からね

揚羽「いやいやいやいや

   あれは、そういう感じでもなさそうですよ

透明「お前も、そう思う

揚羽「はい

透明「う~ん・・・まっ腹くくるべ

揚羽「いや軽いです


準備が整ったのか

私を取り囲む輪は、確実に私を逃さない布陣になっていた



六羽「ご主人たま~~~~っ

透明「

 円「

 昴「

 陣「ム、六羽ちゃん

美莉「ちゃんと、眠らせてたのに

瑠璃「六羽ちゃんきちゃ駄目~~~

流奈「くっ

 怜「・・・間に合わない・・・


一度、術式を開放したものは、それがなるまで

やめることができない


こいつらは、私ならなんとかすると思って

いたのだろうが、六羽が入ってきてしまえば

六羽は消滅してしまう


透明「六羽こっちに来るな逃げろ

六羽「・・・な~に~聞こえないよ~

透明「くっ


揚羽を外に出して、六羽を止めさせようとしても

揚羽が輪から出る前に、六羽も輪に入ってきて

しまうそうなれば、六羽も揚羽も・・・。



 昴「駄目だ止まらん

 円「それならいっそ、早く打ち出すしか

美莉「六羽ちゃんに当たらないで


キョウダイタチの攻撃が放たれる

急いで放った攻撃だったが、

六羽の輪に入るスピードの方が早い


透明「六羽~~~っ

瑠璃「きゃ~~~~っ




        続く・・・。




昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
コメント (8)

◯二◯二・パニック!・23

2021年03月12日 08時00分00秒 | 禊のお話~♪
◯二◯二パニック23



キョウダイタチが私を囲んでいる

流奈「怜輪になってない

 昴「死角を作るな

瑠璃「輪に、輪にっと

美莉「へぇ~キレイな輪になったね


透明「・・・・。

   (ワニワニ、うるさい

   ワニワニ・パニックか

   しかし、こいつら何考えてるんだ

   これだけ能力者が揃うと、逆に

   不利だろうに・・・
。)」


実際に、能力の高いもの同士が集まって

能力を使えば、共倒れになる可能性が高くなる

複数の能力者が能力を使う場合は、

仲間のことを考えなければならなくなり、

逆に闘いづらい
ものなのだが・・・。



 怜「・・・・私からで良い

透明「

 昴「ああ任せた

透明「し、しまったそういうことか


私を輪の中に閉じ込めた理由・・・。

昴達の考えは、基本一対一に持ち込み、

スキがあれば、私の後ろにいる者が

そのスキをついて攻撃してくる


つまり、死角になるところから、いつでも

攻撃が加えられる陣形というわけだ


 怜「・・・いくよ~ど~ん


怜がゆっくりとした動きで、私に攻撃してくる


透明「なめるなよ


怜の攻撃を受け止め、後ろに気を使いながら

反撃しようとする


ボンッ


透明「くっ


怜のか細い腕から放たれた拳を受け止めた腕が

凄い衝撃で弾かれる



透明「ちっなんだ今の

 怜「・・・・


珍しく、怜が本気になっている


透明「ハァ~~~ッ・・・少し侮った・・・。

   危うく腕を持っていかれるとこだった

   さてと・・・目も覚めたところで、行きますか


突然、透明先生が昴に向かって飛びかかる


 昴「


意表をつかれた昴が、その場から飛び退く


 怜「どこ見てるの


それに反応した怜が、私の後ろから襲いかかる

それを見越していた私の蹴りが、怜の肩口に

突き刺さり、怜を瑠璃のいる場所まで吹き飛ばす


瑠璃「キャッ

 怜「・・・めんご・・・

 円「ちっ


その予想をしていた円が、魔法発動

私に飛ばした炎弾を美莉の方向へ弾き飛ばす


 円「なっ

透明「あまい


スキのできた円を空中へ放り投げ

炎弾を避けた美莉に一瞬で近づき、

後ろから追撃してきた陣の攻撃の盾とする



 陣「うっ

美莉「きゃっ

透明「かかった


拳を下げて美莉にぶつかった陣めがけ、

美莉越しに通背拳

美莉の身体を通り衝撃が、陣の身体に流れて行く


 陣「ぐはっ

透明「おっと

流奈「くっちょこまかと

透明「おいおいそれは無いだろう


一連の流れを見ていた流奈が、私のスキを

突こうと拳を伸ばしたが、これを左手で掴む



透明「お前たち、弱くなった

流奈「ムカッ



流奈のケリが予想を反した場所から飛んでくる


一瞬、顔が吹き飛ぶかと思ったが、

頬をかすめる程度で避けることができた。

しかし、私の頬からは、血が滴る・・・。


透明「おお~っ今のは予想外


そう言うと、掴んだ流奈の腕をひねり

回転させ、地面へ軽く放りなげる


 昴「獲った

透明「そうくると思ったよ


昴の攻撃に身をかわしながら、

膝を腹にめり込ませる


 昴「ぐはっ

透明「ハァ~・・・・お前ら本気出せよ

   何考えてるかわからんが、お前らの

   したいことをするのなら、力を示してみろ



その言葉に煽られ、キョウダイタチの気が上昇して行く


透明「・・・・

   (やばいな・・・楽しくなってきた)」



普段はナリを潜めていた

  武道家としての血が騒ぎ出す


        続く・・・。




昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
コメント (16)

◯二◯二・パニック!・22

2021年03月10日 08時00分00秒 | 禊のお話~♪
◯二◯二パニック22


透明「おいおいお前、本当に殺す気か~

 円「ゴ~トゥ~ヘル~


くっ足が


円の魔法力が一気に開放され、

私めがけて飛んでくる


何やってるんですか~~~っ


突然、私の目の前に黒い影が・・・。

一気に魔法力が分散されてゆく


透明「あ、揚羽

揚羽「黒揚羽ですって、そんなことより


そんなことって言っちゃったよ


揚羽「どういうことですか

   なんで皆さんとご主人が闘ってるんですか

透明「はぁ~・・・こっちが聞きたいよ

揚羽「あっ瑠璃さんやっと見つけましたよ

   覚悟してください

瑠璃「ひっ

 円「・・・・ブツブツブツブツ・・・」

揚羽「

 円「何で・・・式神程度に・・・

透明「やばい揚羽私の中に戻れ

揚羽「えっ

 円「くくくくくくっこれで、もろとも

   消し炭にしてやる~~~

   ルルド・ゲーへ・ルバイン・・・」

透明「や、やばい

流奈「ちょ、ちょっと

 円「逝け~~~~~っ

 昴「ストップ


円の後ろから突然現れた昴が、円を羽交い締めにする



 円「な、なにするのよ~

 昴「落ち着け

   術式を理解されているものは

   透明に相殺される


 円「


おいおい、本当にどうなってるんだ



 昴「全員でやるぞ

流奈「OK

 陣「おう

 円「いいわやってやる

美莉「仕方ないか

瑠璃「わ、わかった

 怜「了解

透明「ちょ、ちょっ、ちょっと

   なんで怜まで入ってるんだよ

 怜「・・・面白いから

透明「・・・・



私の周りをぐるりと最強の刺客が取り囲んでいる

透明先生絶体絶命のピンチです



       続く・・・。




昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
コメント (7)

◯二◯二・パニック!・21

2021年03月08日 08時00分00秒 | 禊のお話~♪
◯二◯二パニック21


透明「お前ら、一対多数とか卑怯じゃないか

 陣「・・・・。」

流奈「・・・・。」


何も言わない・・・もしかしてコイツら

洗脳でもされているのか


透明「流奈揚羽はどうした

   一緒だっただろうまさか

流奈「・・・・。」

あれ少し、感情が動いた


透明「・・・いくら式神といえど・・・お前

流奈「ち、ちが・・・

 陣「流奈

流奈「あっ・・・。」

透明「な~んだ、喋れるじゃん

   それで・・・揚羽は

流奈「・・・どっか、いった・・・

透明「・・・はぁ~・・・何となく理解した。

   んで何でお前達組んでんだ

瑠璃「透明・・・。」


私の後ろから、瑠璃の声がする・・・。


透明「瑠璃まで・・・一体どうしたんだよ

瑠璃「あ、あのね・・・

透明「


突然、空から何かが降ってくる


透明「と、鳥


次々と、私にめがけて急降下してくる鳥を

避ける


透明「な、何だこれ

   これも瑠璃の・・・いや、こいつら本物

   ということは

美莉「やっほ~っ透明

透明「み、美莉お前まで

美莉「ごめ~ん


 円「死ね~~~~~~っ


突然、超高温の熱波が襲ってくる


美莉「やりすぎ~っ

瑠璃「ま、周りの枯葉に引火しちゃうよ~

 円「ダイジョブダイジョブ

   透明だけが丸焦げになるように

   コントロールできてるから~

透明「・・・・・お前ら~・・・・」

 円「あれ無傷

透明「お前程度の術式なんて、

   かき消せないとでも思ったか

 円「あ~ん言ってくれるわねぇ~

   手加減してやったこと理解してないみたいね

   ・・・

透明「


足元に蔓

し、しまった昴のやついつの間に


 円「くくくっ日頃の~~~う~ら~み~っ

透明「お、おいちょ、ちょっと待てそれは


円の魔法力が異常に高まって行く・・・




        続く・・・。




昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
コメント (9)

◯二◯二・パニック!・20

2021年03月06日 08時00分00秒 | 禊のお話~♪
◯二◯二パニック20



 陣「・・・・・・。」

透明「なんで

 怜「よっこらしょ


怜も立ち上がらなければならないと

判断するほどの殺気が陣から感じられる・・・。


透明「あれほど修行楽しみにしていたのに

   なんで、逃げ出したんだ

   修行が嫌なら、来なければ良かっただろう

 陣「・・・フルベ・・フルベ・・・・魂振・・陰形・・・。」


陣が、呪符を投げてくる


呪符を咄嗟に避けたは良いが、呪符が地面に憑くや

衝撃波が、私達を襲う



透明「くっ陣・・・本気だな

 怜「ケホケホ・・・埃っぽい・・・・

 陣「・・・御霊・・尊王・・・。」


衝撃波で目くらましされた私に

呪術で強化した陣が襲いかかる


透明「へぇ~っやるじゃんでも

 陣「


陣の攻撃に合わせ、腕を取り

容赦なく地面に叩きつける透明先生



 陣「ぐはっ

透明「甘い甘い

   ちょっとナマッてるんじゃないか

 陣「くっ


すぐに身を翻し、足払いを仕掛けてくる

陣に対して軽く空中へ飛ぶ透明先生


ジジッ


透明「


空中へ飛んだ私に、何かが飛んでくる

それを腕で受けてはいけないと、直感が告げる

私は身を翻し何とかそれを避けることができたが


透明「あぶなっな、なんだ雷撃

 怜「・・・・ふ~ん・・・・なるほど


陣が体制を整え、構え直している後ろに、誰かいる


透明「おいおいどういうことだ

   ミイラ取りがミイラになったってか流奈


右手に電流を溜め込み、流奈が近づいてくる

次の瞬間

稲妻が走ったように、加速して飛び込んでくる流奈

その攻撃を触れたが最後こちらがやられる

そう考えた私は、流奈の軌道から外れるために

瞬時に横に飛ぶ



透明「げっ


横に飛んだ私の目の前には

下が見えないほど深い谷が


透明「くっ瑠璃か


こいつら、一体・・・・。


         続く・・・。




昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
コメント (8)

◯二◯二・パニック!・19

2021年03月04日 08時00分00秒 | 禊のお話~♪
◯二◯二パニック19



ザザッ


何かが動いた

咄嗟に、そちらに意識を傾ける

っと、次の瞬間

意識の後ろから、何かが飛んでくる


 怜「・・・・あぶな~い

透明「あだっ


後ろから飛んできたものに、頭を叩かれる


透明「ちょ、ちょっと、怜

   今、危ないって言ったじゃん

 怜「・・・言った・・・

透明「いや、言った以上、私を守ろうと

   すると思うじゃん


   今の、確実に怜の目の前通り過ぎてたでしょ

   確実に怜が落としてくれると思って、

   油断したじゃないか~~~~

 怜「・・・・守ろうと・・・何故

透明「いや、普通は・・・いや、普通と考えていた

   私が悪かったです

 怜「・・・・分かればいい・・・

透明「ううっ

   (何だろうこの敗北感・・・)」

 怜「それに、当たっても対してダメージない・・・。」

透明「それはそうだけど・・・何で私だけ

 怜「・・・直接聞いてみれば


私の後方には、無数の光の塊が浮遊している。


透明「こら~っなんで私だけ攻撃するんだ~

妖精「▲◯@;+>0

透明「く~っ昴がいないと、何ってるかわからん

 怜「・・・・・・

透明「怜さん

 怜「・・・足止め

透明「えっも、もしかして、妖精の言葉わかるの

 怜「・・・わかんない・・・。」

透明「・・・・・。」

 怜「・・・ニュアンス

透明「そうですか

   本当にわかっていそうで怖いんですけど

 怜「


怜のスペックが掴みきれないでいると

一斉に襲ってくる妖精さん達


透明「おっとあぶよっと

 怜「・・・・よっこいしょ

透明「うわっこ、これ、何人いるんだ

 怜「・・・1・2・3・・・374

透明「そ、そんなに

 怜「・・・適当・・・・。」

透明「・・・・・・

   どうでも良いけど何で怜は座ってるんだよ

   っていうか何で私だけ襲われてるんだ~

 怜「・・・さあ・・・日頃の行い

透明「絶対ちが~~~~~~う

 怜「あっ

透明「


妖精に気を取られていた私に、かなり強い波動が

襲いかかる



透明「くっ


両手で、波動を相殺する透明先生


透明「いちちちちちっこ、これって

 怜「ネガティブキャンセラー・・・」

透明「陣そこにいるのか


ズンッ

陣が、木の上から降りてくる

その様子は、明らかにいつもの陣の様子とは

違っていた




        続く・・・。




昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
コメント (7)

◯二◯二・パニック!・18

2021年03月02日 08時00分00秒 | 禊のお話~♪
◯二◯二パニック18



美莉「えっ

 円「美莉

六羽「美莉ねぇ~ちゃ~ん


先ほどとは、段違いな大きさの衝撃波が

美莉を襲う



美莉「・・・・・。」

 円「美莉~~~っ

六羽「美莉ねぇ~ちゃ~~ん


円と六羽が、別々の場所に駆け寄る


美莉「はい


美莉がポツンと立ち尽くしている・・・


美莉「ちょ、ちょっと、円六羽ちゃん

   な、なんで、別々のところで

   騒いでるの

   ・・・・・・・・あれ

   これって・・・・・・あっ

   そういうこと


美莉は、陣の気配がしていた場所に駆け寄る


美莉「人形・・・やられたわね

   それにしても、この術式・・・・。

   瑠璃いるんでしょ

瑠璃「・・・・怒らない


美莉の向いている反対の方向から、瑠璃の声がする


美莉「ふっ瑠璃は、隠れるの上手いわね

   はぁ~・・・一人に手玉に取られるとか

   私達もまだまだね

   今ならまだ、円も術中だから大丈夫よ

   怒らないから、出てきなさい


瑠璃が、大きな木の下から出てくる。



美莉「どうしてこんなこと

瑠璃「うっ・・・昴に言われて・・・でも

美莉「

瑠璃「・・・・美莉・・・聞いてくれる

美莉「もちろんどうしたの

瑠璃「実は・・・・。」




透明&怜班・・・・。


 怜「どったの

透明「これ、私達を分断するために

   仕掛けられた罠
だよ

 怜「

透明「ゴーレムや妖精は単独で行動できるように

   設定されている・・・つまり、昴が

   ここにいる必要がないんだよ


 怜「・・・・おお

透明「これは、ちょっと厄介だぞ

   各班、追っている相手を間違えている

   可能性が高い 術者にとって、

   相手を勝手に想定しているということは

   相手が違えば、相手の術式に備えていない

   ということでもある

   そういう油断があると、何の抵抗もなく

   術中にハマってしまうものなんだ

 怜「う~ん円の失態を見逃したということ

透明「いや、何で円の失態だけをピックアップ

 怜「・・・・面白いから

透明「・・・・・

 怜「・・・・・

透明「ま、まあ、確かに私も見たい気もするけど

   今は、こっちも注意しないといけない

   ここには、昴以外のどちらかが潜んでいる

   ということでもあるからね

 怜「瑠璃と陣・・・・どっちも厄介

透明「気を引き締めるぞ

 怜「おお~っ


         続く・・・。




昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
コメント (3)