占い師の日記

お客さんの鑑定の話や業界の裏話などを紹介♪
風水/パワースポット/富学占などお役立ち情報も(^O^)/

呪 VS 呪符師・鑑定122ー20

2020年02月27日 08時00分00秒 | 鑑定122(呪符師)
  VS  呪符師 20 




権化「迷いし鬼よ・・・何故吠える・・・。

隠形鬼「オオオオ~~~~~ッッッ  

権化「ほう・・・泣くか・・・。


私の体を通じて、隠形鬼の苦しみ、悲しみを

理解した秋葉大権現は、隠形鬼が巣食う柱に

近づいてゆく
・・・。


隠形鬼「グググッ・・・グギイイイイイイ  

権化「


これは・・・恐れ

隠形鬼から放たれる鬼気が、今までのものとは異なり、

濃厚な恐怖に変わってゆく・・・。

場を包む恐怖は、発する隠形鬼以外の者を

飲み込み、恐怖を伝染させてゆく・・・。


多々羅「くっ・・・こ、これは・・・

キキッ  」  「グルルルル  


辺りに振りまかれた恐怖は、負の感情を増幅させ、

新たな子鬼を呼び出す


多々羅「子鬼が

   くっ・・・体が震えて・・・

   指先に力が入らない・・・

権化「呪符師よ  

多々羅「

権化「今少し、時を稼げるか

多々羅「・・・・・・お任せを


多々羅さんが呪符師として、初めて真剣な顔を見せる

権化はその顔を見て、この場を多々羅さんに預ける

素振りをする・・・。


権化「鬼よ今、その呪縛から解き放ってやろう  


秋葉大権現は、鬼の体を固定いている柱に触れる

それと同時に、念体である鬼が私の身体に噛み付く

身体に激しい痛みが走る

秋葉大権現が身体に乗り移っているとはいえ、

生身の身体である以上は、痛みも苦しみも感じる

それでも、秋葉大権現に身体を任せ、鬼を任せた以上、

私は耐える選択をする


権化「術者よ・・・お主もしばらく耐えておくれ・・・

隠形鬼「グルルルルルッッッ  


身体に瘴気が入ってくる・・・。

火傷のような皮膚が焼かれる痛みが全身に走る 



          続く ・・・。






昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

コメント (8)

呪 VS 呪符師・鑑定122ー19

2020年02月25日 08時00分00秒 | 鑑定122(呪符師)
  VS  呪符師 18 




空気が揺れている・・・。

振動する空気が熱を宿し、空間から

神々しいまでの気の塊が召喚される


透明「おいでませ秋葉大権現様

   神の社となりて、今、化現されたし

   御身に捧げましょう


鬼子母神「口寄せか・・・・。」


私は、鬼子母神様の神気を使わせていただき、

神の御威光で秋葉権現様を口寄せすることに成功した

鬼子母神様は、それをわかっていて来てくださったのか

それともただの偶然だったのかはわからないが、

こんなチャンスを見過ごすわけはない


鬼子母神「はぁ~・・・・また、おんしとの盟約は

     交わせんかったか

     まあ、おんしが自ら盟約を申し込んでくるまで、

     もうしばらく、待つとするかの~


透明「盟約はご勘弁いただきたいのですが

   後日、お酒を持ってお礼に参ります

鬼子母神「ふっ・・・何のことかわからんが、

     まあ、楽しみに待っておるぞ・・・・
。」


そう言うと、鬼子母神様の気配が消える

それと同時に、子鬼達が動き出す


多々羅「い、いきなり、動き出したぞ

    透明一体、何が

透明「詳しい話は後

   もう少しの辛抱だから

多々羅「・・・よし呪符の補充もバッチリだ

    もう少しだけ、粘ってやるか


私もすぐに取り掛かる


透明「ふるきけんぞく・・・・ごーげん・・・

   ・・・・・にて・・・・・・・・・・・

   ・・・・・・たのみたてまつる



ものすごい勢いで、気が身体に入り込む

身体を預ける憑依術は苦手なのだが、

今はこれしかない・・・

(後で身体が痛いんだよなぁ~)


透明「はぁ~~~~~~~~~~~  


凄い熱気が辺りを包み込む・・・。


多々羅「と、透明


私の右腕が左から右へ横一文字に振るわれる


バッ  

キッ」 「ギッ


一瞬にして、子鬼達が消滅する

多々羅「

権化「誰ぞ・・・はぁ~・・・また鬼か

   我は護りしものなるぞ
 
 



物凄い空気の振動

高級霊として存在する古き神は、

通常の神界に御わす神々と違い、

確かな身体を保たない方が多い・・・。

そのため、現世に化現するためには、

器となる依代が必要となる・・・。


多々羅「あ、秋葉権現

    (透明憑依させたのか

    生身の状態で大丈夫なのか
)」

権化「うむ・・・よう耐えた

   後は任せい・・・
 
 


多々羅「ははぁ~~~~~っ 


多々羅さん、全力土下座の図


権化「さて  ・・・。」



        続く ・・・。








昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

コメント (10)

呪 VS 呪符師・鑑定122ー18

2020年02月23日 08時00分00秒 | 鑑定122(呪符師)
  VS  呪符師 18 




透明「ま、まさか

どれてつどうてやろうか

透明「い、いいえ、大丈夫です

   鬼子母神様


鬼のいるところに鬼神あり・・・。

隠形鬼の波長が、まさかとんでもない人を


多々羅「(透明のやつ・・・一体誰と話しているんだ)」

キキーーーーッ

多々羅「くっもう、呪符が・・・。」


鬼子母神「何じゃ妾がてつどうてやろうと

     言っているのだぞ



キキッ」 「ギャ~ッ


透明「し、しかし・・・


くっオン・・・」 「ギャギャ


鬼子母神「透明危機的状況なのであろう

     おんしの仲間もそろそろ、保たぬのでは



グガガッ  」 「キーーーッ  


透明「うっ・・・で、ですが


ギャギャ  」 「おりゃ~~~っ 


鬼子母神&透明「うるさ~~~~~い~~~~ 


子鬼「ピタッ

多々羅「うっ


さすが、鬼神・・・子鬼が萎縮して止まった

ついでに何故か、固まる多々羅さん・・・


透明「(よし今なら・・・・。)」

鬼子母神「透明今であれば、簡単な約束程度で

     力を貸してやるぞ


透明「いえこの程度自力で解決できなければ、

   (鬼神との約束は侮れない・・・。)

   修行になりません

   (特に鬼子母神様には目をつけられている・・・。)

   ここは、仲間と共闘し解決してみせます


隠形鬼「オオオオオ~~~~~ッ  


鬼子母神「・・・ほう隠形鬼か・・・。

     あやつは、厄介だぞ


透明「重々承知しております

   ・・・多々羅

鬼子母神「


私は、この隙きに呪符を作り、多々羅さんに投げ渡す


多々羅「おう助かった


鬼子母神「ふむ・・・・まあ、よい・・・。

     お前たちがいくらあがいても、

     人間ではあやつは消せんからのぉ~


透明「心得ております

   ・・・・・・くすっ

鬼子母神「・・・何を笑うておる

透明「いいえ、鬼子母神様はお優しいと思いまして・・・

鬼子母神「ふっ・・・なんのことかのぉ・・・

透明「おいでませ秋葉大権現様 



           続く ・・・。



昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

コメント (11)

呪 VS 呪符師・鑑定122ー17

2020年02月21日 08時00分00秒 | 鑑定122(呪符師)
  VS  呪符師 17 




キキッ」 「キーッ

ブツブツ」  「ケヘヘヘッ

多々羅「まじかよ

    どんだけ・・・・くっ

    オンバザラ・・・


多々羅さんと子鬼の攻防が始まっている

私は、古き神に交信する為に、意識を集中していた

通常、神との交信は八百万(やおよろず)の神々の中から

正式な名をもち交信対象を絞ることで繋がることが

できる


しかし、神仏習合の神は、高級霊として神格化した

元人間であるため、交信する対象が絞れず、

一億人の中から一人を探すようなもの・・・。

時間がなく、多々羅さんの体力と呪力も限りがある中で

見つけられるかが勝負の分かれ目になってくる・・・。



多々羅「透明まだか 

透明「すまん集中させてくれ

多々羅「くっわかったよ>」


たったの10分が長く感じる・・・


多々羅「ぐっ

透明「・・・・・。」

多々羅「オン・・・ダ・・・急急如律令

透明「・・・・・。」

多々羅「ぐはっ 

透明「・・・・・。」

多々羅「よっはっ 

透明「・・・・多々羅~うるさ~い~~ 

多々羅「ええ~~~っ

    そ、そんなこと言ったって


ダメだダメだ集中集中

多々羅さんへの心配と、呪符結界の呪力への

侵食が気になり集中が途切れる


透明「(ちくしょう~このままじゃ・・・。

    いっそのこと、私も戦いに出て、

    脱出を試みるか
   
    いやいや逃げ切れる気がしない・・・

    揚羽や六羽を出すと召喚に使う呪力が

    足りなくなる・・・くっ

    焦るな透明
)」


クスクス


透明「


なんや、困っているようじゃなぁ~


透明「えっ



       続く ・・・。



昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

コメント (7)

呪 VS 呪符師・鑑定122ー16

2020年02月19日 08時00分00秒 | 鑑定122(呪符師)
  VS  呪符師 16 




多々羅「秋葉権現って

   神仏習合時代の神じゃねぇ~かよ


神仏習合の時代、通常の神や仏を複合した

新たな神が誕生した
・・・。

その神達は、神格化された修験者にその身を宿し、

人々の想いから生まれた神として

今でもこの地を守ってくれている

正に、負の感情から生まれた鬼とは

真逆に存在する高級霊


ちなみに秋葉権現は防火の神として祀られ、

祀られている場所を秋葉ノ原といい、

現在では秋葉原という地名で呼ばれている・・・。

(注・決してオタクの神という訳ではありません)


多々羅「そんな古い神呼べるのか

透明「やらなくちゃ、こちらがやられるだけ

   その呪符は高級霊を呼び出す為のモノ

   しくじるなよ

多々羅「あ~~~ん誰に物を言ってるんだ

   呪符のことなら、お前よりも長けている

透明「それと

   さっき作った呪符フル回転よろしく

多々羅「はい

透明「隠形鬼は暗剣の鬼

   暗剣殺の方位から、分身たる子鬼

   ワラワラ出てくるから、浄化よろしく

多々羅「ふ、ふざけるな~~~

透明「始めるぞ

多々羅「く~~~~っやってやんよ

    ちくしょ~~~~っ


多々羅さんが結界から出てすぐに、

暗剣殺の方から凄い瘴気が立ちのぼる


多々羅「マジか

   と、とにかく

   ジン・ト・シャ・・あまねく神々に申す

   ・・・・・・・・・・我、修験の者なり

   ジジジ・・・・急急如律令


多々羅さんが投げた呪符が結界に触れる


透明「きた

パンッパンッパンッ

柏手を三度叩き、場を浄化する

透明「あまねく神々に重ねて申す 


子鬼と対峙する多々羅さん

難しい召喚術を行う透明

鬼の侵攻が早いか我々の術が早いか

 VS 呪術師の闘いが始まる



       続く ・・・。



昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

コメント (9)

呪 VS 呪符師・鑑定122ー15

2020年02月17日 08時00分00秒 | 鑑定122(呪符師)
  VS  呪符師 15 


師匠によく言われた・・・。

危険な時ほど、冷静に感情に振り回されるな

 外界を捨て、身に入り自分に問いかけてみろ

 そこには、必ず見落とした答えがあるはず

 結果には原因が、原因には意味がある

 決して見落としてはいけないよ


先生の言う通りだ

私は深い自己の海から抜け出す


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


多々羅「とうめい~~~~~っ 

透明「わかった

多々羅「 何がわかったんだよ

透明「多々羅よく聞いて

   この鬼は、恐れている 

多々羅「はぁ~何を

透明「黙って聞け

   あの子を思い出してわかったんだ

   救うという言葉に、過剰に反応した

   あの子を

多々羅「

透明「あの子は、救いを求めていた

   しかし、長い年月救われることはなく

   救いという言葉にすら嫌悪感を抱いて

   しまっていたんだ


   裏を返せば、救われないことに恐れている

   この鬼は、救われなかった教祖や信者の

   想いから産み落とされた鬼なんだ

多々羅「だ、だとしたら、どうする

透明「私が救い出す 

多々羅「はぁ~お前、何言って

透明「今から、私が呪符を書く

   多々羅は二重に結界を張って

   その後は準備ができるまで、私を守ってくれ

多々羅「

透明「いいか行くぞ

多々羅「はぁ~~~~っ

    ちょ、ちょっと待て

    守るって


私は、すぐに結界用の呪符を書く

これほどまでに時間の無い状態の時には

呪符が一番効果が早い


透明「はい多々羅早く

多々羅「わ、わかったよ

   オン・マカ・・・ギ・・・急急如律令


パンッ 


私は出来上がった呪符を多々羅さんに渡し、

二重に魔法陣を張らせる


多々羅「よし次は

透明「結界から出て

多々羅「はぁ~~~~~

    俺に死ねってか~~~

透明「そうじゃない

   今からやることは、結界内に

   多々羅がいたら出来ないんだ

   だからこれを使って、自分に結界を張って

多々羅「お、お前、いつのまに

透明「ついでに書いておいた

多々羅「く~~~っなんて速さだよ

    オン・マカ・・・ギ・・・急急如律令

自分にも魔法陣を展開する多々羅さん


透明「次に、この呪符を外からこちらにかけて

   秋葉権現を召喚する

多々羅「


         続く ・・・。








昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

コメント (9)

呪 VS 呪符師・鑑定122ー14

2020年02月15日 08時00分00秒 | 鑑定122(呪符師)
  VS  呪符師 14 


多々羅「こ、これは・・・>」


呪符が弾けた柱から、無数の顔

浮かび上がる


多々羅「お、怨霊いや、そんな

   生易しいものじゃない

透明「・・・マジか
 
   怨霊から生まれた鬼

   隠形鬼(おんぎょうき) 

多々羅「隠形鬼って

    藤原千方(ふじわらのちかた)の四鬼じゃねぇか

透明「ああ・・・だけど、この鬼は

   人工的に作り出すことができる


   千方も、呪術に長けた呪術師だったから・・・。」

多々羅「嘘だろ~

   こんなのどうしようもないだろう

透明「いややり方はある・・・だけど

多々羅「だけど、なんだよ

透明「これを作りだした、理由がわからない

多々羅「理由

透明「この鬼を鎮めるにも、理由がわからないと

   鎮められない

多々羅「そんなのわかるわけ無いだろう~


考えろ透明・・・

隠形鬼は藤原千方が朝廷に対して

強い恨みをもったからこそ産み出された鬼・・・。

この廃社の主は、何に対して恨みを抱いた

考えろ


多々羅「うおっ

透明「

多々羅「だ、ダメだ

   呪符が持たない

   本体が出てきたことで、呪符の呪力が

   すごい勢いで削がれている


透明「・・・・。」

多々羅「透明黙っていないで何とかしろ

   何か言ってくれ

   このまま、結界が壊れたら、

   あいつの呪力に喰われるぞ

透明「・・・・・。」

多々羅「透明~~~~~っ 


~・~・~・~・~・~・~・~・~

暗い・・暗い・・・ここは

・・・森の中・・・水の中

・・・息が・・・出来ない・・・

・・・・・・ここは・・・・・・。

そうか、私は今、自分の意識の中に

いるんだ・・・

・・・・静かだ・・・・。

全ての外界を捨て、自分の意識に問いかける

この呪いの源は・・・悲しみ・・苦しみ・・・。

いや、違う・・・この感情は・・・




       続く ・・・。




昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
  ↓        ↓
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 人気ブログランキングへ 
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑ 
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
コメント (6)

呪 VS 呪符師・鑑定122ー13

2020年02月13日 08時00分00秒 | 鑑定122(呪符師)
  VS  呪符師 13 


ピキッ


透明「これ・・・本当に終わるのか

多々羅「はぁ呪いなんてもんは、

   呪力が尽きれば終わるもんだろう

   立て続けに呪力を供給している

   わけじゃぁ~あるまいし

   いつか、終わるだろうよ

透明「もし・・・もしだよ

   呪力の供給が終わらなかったら

多々羅「えっ

透明「呪力を注いでいる者が、ここにいたら

多々羅「そんな・・・バカなこと・・・

透明「無いと、言い切れるか

多々羅「・・・・


嫌な予感が止まらない・・・。


呪い(のろい)呪い(まじない)

呪符呪術といわれる呪(しゅ)とつく

理りには、一定のルールが存在する

呪は

呪を発する呪力(属性気質)の供給が必要

それを溜め込める媒体が必要

呪を化現させる指示(文字・行動)が必要

最低でもこの三つがなければ呪は発動しない

つまり、ハッキリ言えるのは、

ここは媒体が廃社指示も何らかの指示が

どこかに配されている
ことは明確

後は、呪を維持できる呪力がどこから来ているのか

が判かっていない・・・

もし、呪力が永久的に供給されているのであれば、

その大元がどこかにあるもしくは・・・いる 

ということになる・・・。


多々羅「嘘だろ・・・だって、この廃社・・・。」

透明「長い年月を維持してきた呪いだから、

   通常は、属性気質の供給を未だにしているとは

   考えにくいと思うのはわかるけど

   私は知っている

   ありえないと思うことはありえる と・・・。」


多々羅「くっ


多々羅さんが、呪符を二本の指で挟み立てる

多々羅「オン・バザラ・ギニ・・・急急如律令

多々羅さんの指から放たれた呪符が

呪いの呪力に乗り辿って飛んでゆく


バチッ  


透明「

多々羅「


一瞬、雷のような衝撃が空間に広がる

それと同時に、呪符が消滅した


透明「いる・・・。」

多々羅「ああ・・・いるな・・・。」


ううううううぅぅぅぅおおおおおっっっっ~  


呪符が当たった本堂の柱

そこから、何かが現れる ・・・・。





     続く ・・・。






昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
  ↓        ↓
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 人気ブログランキングへ 
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑ 
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
コメント (11)

呪 VS 呪符師・鑑定122ー12

2020年02月11日 08時00分00秒 | 鑑定122(呪符師)
  VS  呪符師 12 




多々羅さんが、本堂の中心に立ち、

呪符を行使する



多々羅「オン・マカ・・・ギ・・・急急如律令


パンッ  


床に叩きつけられた呪符から、魔法陣が展開

呪いが存在できないフィールドを作り出す

これで、私達に呪いが感染することは無い


多々羅「オン・・・ギニヤ・・・ド・・・急急如律令


パンッ  


次に先程と同じ聖属性の呪符で、呪いを呪解

これで先程の媒体を通して、呪いは全て

呪符に封じ込まれる


パキッ


透明「

多々羅「・・・・。」


ピキッパキッ


呪符に吸い込まれた呪いとは別に、何らかの

呪いが発動し、私達に呪いをかけようと、

魔法陣に侵入してくるが、魔法陣の抵抗にあい

呪いが呪解されている


パキッピシッ


透明「おいおいこの結界で大丈夫なんだよなぁ

多々羅「これだけ強い魔法陣を展開しているんだ、

   もし、これでも駄目なら、それこそ

   俺達では対応できない案件
ってことだ

   とにかく感染呪いが全て呪解されるまで

   待つしか無い・・・。」


ピキッパキッ


透明「・・・・。」

多々羅「・・・・。」


パキキッピシッパキン  


しばらくして・・・・。


ピシッ  


透明「し、しつこい

多々羅「かれこれ30分くらい経ってるぞ

   一体、どれだけ強い呪いなんだよ


呪いの侵入が止まらない

通常であれば、呪いの効果がここまで

持続することは無いのだが・・・


私達は、嫌な予感が止まらなかった ・・・



          続く・・・ 




昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります


応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
コメント (4)

呪 VS 呪符師・鑑定122ー11

2020年02月09日 08時00分00秒 | 鑑定122(呪符師)
  VS  呪符師 11 



呪符作りは、けっこう大変だ

一枚一枚に行使する事柄、効果、範囲

そして、その力の源となる陰陽五行の

気質を練り込む
 
必要がある

陰陽五行には、それぞれ得意事項があり、

陽の聖属性であれば、浄化や再生

陰の闇属性であれば、破壊や衰退

得意とし、それぞれ呪符に書かれた

指示文字に属性気質を練り込み

行使できるように作り上げる

ここまでくれば、紙が媒体となり、

そこに書かれた呪文をキッカケに

術が発動するが、紙媒体のものは、

一時的な効果と、呪符自体の寿命が

早い
ため、3日くらいしか属性気質を

溜めておくことができない弱点があり、

作り置きができないのが特徴

まあ、プロの呪符師ともなれば、

呪符だけ書いておいて、行使する時に

属性気質を練り込み使う
のが普通なので

多々羅が特殊なのかもしれない

こういった形で一見弱点の多い呪符だが、

他の御札やお守りとは違う強みもある

それは、呪符の効力が一時的ではあるが、

どんなものよりも強く即効性がある

ということだ そのため私も仕事柄

呪符に頼ることも多い


ちなみに念のため法具の呪符は、

 属性気質の供給を核石にし、媒体を銀に

 しているので、呪符の強みはそのままで

 こういった弱点を克服して使えるように

 してありますので、安心してね
 





透明「15、16、17・・・・。」

多々羅「カキカキ・・・。」

透明「35、36・・・うおい 

多々羅「えっ

透明「こんなにいるか~

   お前、次の仕事用にも作らせて

   いるだろう~~


多々羅「うっ・・・ち、ちがう

   念のため作ってるだけだよ~

   も~ぅ信用ないんだから~

透明「その言い方ぜったい嘘だ

多々羅「そ、そんなことないぞ

   ささっこれで終わりだから、

   ちゃっちゃと属性入れちゃって

透明「ううっ・・・干上がっちゃうよ~


そんなこんなで、40枚の呪符が完成

いよいよ、呪VS呪術師のバトルが始まる 



        続く・・・ 




昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

コメント (8)

呪 VS 呪符師・鑑定122ー10

2020年02月07日 08時00分00秒 | 鑑定122(呪符師)
  VS  呪符師 10 



私達は急いで廃社に戻ることに・・・


透明「はぁはぁ

多々羅「はぁはぁ・・・やっぱりこの呪い

    廃社から離れるほどに強くなるように

    出来ている・・・


実際、呪いが発動した瞬間から身体の力が抜け、

呼吸ができなくなり、かなりヤバかった


廃社に近づくに連れて呼吸が楽になっていく

ことを思うと、多々羅さんの言っていることは

正しいのかもしれない・・・。


しかし、そう考えると、この呪いは廃社から

呪いが離れないように組み立てられている


ということになる・・・なぜ

そんなことを考えながらも、なんとか廃社に

戻ってこれた


透明「はぁはぁはぁはぁ

   ・・・こ、これから、どうするの・・・

多々羅「はぁはぁ・・・き、決まってるだろう

    はぁはぁはぁはぁ・・・呪いを戻す



そう言うと、懐から二枚の呪符を取り出し、

私の額と多々羅さんの額に叩きつける


多々羅「オン・・ロシャ・・・シ・・・急急如律令


呪いが呪符に吸収されてゆく・・・しかし、

紙である呪符では、一時的な拠り所にしかならない

多々羅さんは、その呪符をすぐさま燃やしつくす



多々羅「はぁはぁ・・・ふ~~~っ

    やっぱりな・・・。」

透明「呪いが、建物に吸収された・・・

多々羅「透明・・・こいつは、かなり厄介だぞ

透明「わかってる・・・この建物は、

   呪いを受け取る器になっている

   いや、それどころか、呪いを自ら 

   受け入れているようにも視える
・・・。」

多々羅「仕方がない・・・帰ろう

透明「いやいやいやいやなんでそ~なるの

   この呪いは、思っていたよりも強力だし、

   この廃社が本格的に崩れでもしたら、

   確実に周囲に感染するよ

多々羅「そんなのわかってるよ

    ただ、俺にはできない

透明「何で諦めるの諦めるの早すぎだろ

多々羅「呪符が無い 

透明「へっ

多々羅「だ~か~ら~用意してきた呪符が

    もう無いんだよ

    わかるか俺は呪符師だ

    呪符がなければ、ただの人 

    わかったら、もう帰るぞ

透明「ちょ、ちょっと待て何で呪符を・・・。

   って、ちょっと、少なくない

多々羅「仕方ないだろこんな大変な事態を

    想定なんて出来ないだろうが

透明「・・・・作ればいいじゃないか

多々羅「はぁ~作るっていっても、

    何十種類も作らないと太刀打ち出来ないぞ

    どうやって作るんだよ

透明「私が作って、多々羅が行使すれば済むだろう

多々羅「えっお、おまえ、本気で言ってるのか

透明「私は、全属性の呪符に気を入れられる

   ただ、何に何を使えば良いかは、

   多々羅の方が詳しいでしょ


   だったら、ここは役割分担して、

   何とか出来ないか

   最後までもがかないと

多々羅「・・・・ふ~っ

    ・・・まあ、解決までできれば、

    ボーナスもでるか

    ・・・よしその話のった

透明「まったく・・・



多々羅さんはこんなんだが、仕事に適当な人間ではない

多分、私を連れてきたことで、責任を感じている

部分もあるのかもしれない

・・・私に危険が及ぶと・・・。


多々羅「とにかく、やるからには完全解決するぞ

    ただ、どうなっても知らねぇ~からな

透明「望むところ



私達は、呪符を作る準備にはいる・・・



         続く ・・・。






昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
コメント (5)

呪 VS 呪符師・鑑定122ー9

2020年02月05日 08時00分00秒 | 鑑定122(呪符師)
  VS  呪符師  



廃社を後にした私達は、またまた

バス停までの長い道のりを帰ってゆく
・・・。



透明「はぁ~・・・何もしてないのに

   なんだか疲れた~

多々羅「う~ん・・・

透明「どうしたの

多々羅「いや・・・。」

透明「やっぱり、気になるよね

   あの程度で、呪いが呪解できて

   根本的に解決するなら、なんで今まで

   解決できなかったんだろう
って・・・。」


多々羅「いや、そうじゃない

透明「えっ多々羅ちんは、他に原因が

   あると思っている
ってこと

多々羅「違うんだ

透明「


緊張感が走る


多々羅「割りに合わないんだ~~

透明「・・・・はぁ

多々羅「だってそうだろ

    あの程度で、辻利のパフェと十徳

    梅園の粟ぜんざいとか、ありえないだろう

    大損だよ~~~



透明「そっちか~~~~っ

多々羅「だって、そうだろ

   あの程度だったら、大してもらえないだろ

透明「知らないよそんなこと~~~

   仕事を受ける時に、色々と考えるのが

   プロだろうが

   大体、多々羅は楽しようとしすぎなんだよ

多々羅「くそ~~~っ

透明「まったく



ドクンッ



多々羅&透明「


なんだいきなり身体が・・・。


透明「多々羅

多々羅「ああ・・・呪いが発動した

    それも、俺達に・・・


この呪い・・・


透明「これって・・・。」

多々羅「よしもどるぞ

透明「おいなんで嬉しそうなんだよ~

多々羅「だって、この呪いが感染するなら、

    確実に仕事料取れるじゃん

透明「そうじゃないだろう


私達に起こったのは、呪いの感染

皆さんにわかりやすいように説明すると、

呪いが風邪のように感染したということ

風邪は、昔から人に移せば治る

言われているが、本当の風邪は治らない

しかし、呪いは人に移せば発生源からは消え、

発生源は治ったことになる

(一般的な呪いの場合)

昔は風邪なども、呪いと思われていたので、

「人に移せば治る」なんて言われていた

のかもしれないが・・・


透明「おいおい・・・もしかして・・・

多々羅「ああ結局、今まで呪解できなかった

    理由は、呪いの感染が起こり、

    やむなく、発生源に呪いを返すしか

    なかったってことだろう


    要は、移し返すしか手がなかった

    ってことだ

    簡単に言えば、この呪いは元の場所に

    移せば俺たちの呪解はできる
って

    ことになる

透明「ちょっと待てよそれじゃぁ~

   根本解決にならないだろう

多々羅「バカ感染する呪いは、厄介なんだ

    俺たちで簡単に呪解することなんて

    できないんだよ


くっ本当にそれでいいのか



                      続く ・・・。









昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

コメント (11)

呪 VS 呪符師・鑑定122ー8

2020年02月03日 08時00分00秒 | 鑑定122(呪符師)
  VS  呪符師  




廃社の敷地を全て回った頃には、

陽が傾き始めていた



多々羅「そろそろ、頃合いかもな

透明「うん結構、呪いの効果が

   強くなってきている

   ・・・これから、どうするの

多々羅「まずは、呪いを呪解してみるか・・・。」

透明「なるほどね呪いの元を特定するには、

   この呪いを一度呪解するってわけね


私達は、ただ見回りをしていた訳ではなかった

この敷地全てに影響を与える呪符

土地の脈に配置していた・・・・。

これは先程、多々羅さんに

穏田さんが渡したものだった



透明「どこでやる

多々羅「さっきの本堂が良いかもな

透明「了解


私達は、先程の本堂に戻ってみる


多々羅「ちゃんと、帰れたみたいだな・・・。」

透明「そうだね

   ・・・さてやろうか

多々羅「ああ


多々羅さんは、照れくさそうに本堂の中央に立ち

八坂神社で作っていた呪符を取り出す



多々羅「オン・・・ギニヤ・・・ド・・・ 急急如律令


呪符に火をつけ呪符に溜まった

神聖属性の気が放たれる

神聖なる気は、配置した呪符に呼応し、

全ての場所に満遍なく届けられる



透明「お見事

多々羅「まあ、この程度はな

    本番は、ここからだぞ


私達は、周囲の気配を慎重に伺う



透明「・・・・。」

多々羅「・・・・。」


しばらく時間が経過する・・・


透明「・・・・あれ

   何の反応もないけど・・・。」

多々羅「・・・・おかしいなぁ~

    呪が剥がれたら、すぐに回復するって

    聞いていたんだけど・・・・。」

透明&多々羅「ま、まさか 

透明「この呪いの発生源って、

   あの子だったってこと

多々羅「ま、まじかよ

    そう考えると、辻褄が合うけど・・・。

    こんな程度のことだったのか

透明「ええ~~~~っ

多々羅「ま、まあ、仕事が完了したのは

    良かったんだが・・・なんか、

    拍子抜けだ・・・


念の為、もうしばらく様子を見ていたが、

全く反応なし・・・


多々羅「と、とりあえず、帰ろうか・・・

透明「そ、そうだね・・・


拍子抜けの二人は、結局廃社を後にすることに


でも・・・こんな程度のことで、

 今まで誰も 呪解できなかった
 
 

というのは、どうしてなんだ 




   
          続く ・・・。









昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

コメント (5)

呪 VS 呪符師・鑑定122ー7

2020年02月01日 08時00分00秒 | 鑑定122(呪符師)
  VS  呪符師  



本堂に到着した私達は、周囲を探る 



透明「・・・・。」

多々羅「ブツブツブツブツ ・・・急急如律令


パン  



多々羅さんが、呪符を場に叩きつける


え~~~んえ~~~~ん

透明「


隠れていた者が姿を現す


透明「こ、子供

子供「グスッグスッ怖いよ~

多々羅「・・・・。」


多々羅さんの呪符で、場が固まり、

 隠れていた隙間が崩れた
 
ため、

隠れることができなくなったみたいだ・・・

しかし・・・。


目の前にいる子供は、片腕が無く、

 浴衣姿で、ただ泣きじゃくっていた
 



透明「君・・・。」

子供「びくっ 

多々羅「透明

透明「大丈夫

   怖がらなくて良いよ

   君、名前は

子供「・・・・順平・・・。」

透明「順平くんか~いい名前だね

子供「・・・お兄ちゃん達・・・誰

透明「私達は、君を救いに来たんだよ

子供「救い ・・・う、嘘だ  

透明「

子供「救いなんて・・・救い・・・なんて・・  

多々羅「透明離れろ怨霊化するぞ

透明「ブツブツブツブツ ・・・。」


ふわっ 



私は、優しく順平を抱きしめる・・・。



順平「

透明「怖かったね・・・もう大丈夫・・・

   ゆっくり眼をあけてごらん・・・


順平はギュッとつむった眼を徐々にひらく・・・。


順平「か・・・母ちゃん 


私は、順平くんを想う思念をたどって、

その人を呼び出していた・・・。


母「・・・順やっと、見つけた

順平「かあちゃんかあちゃ~んああ~~~っ

透明「後は、よろしくお願いしますね

母「ありがとうございます



順平くんのお母さんは、何度も頭を下げていた


多々羅「・・・・。」

透明「多々羅行こう


私達は、場所を変えることに・・・。


本堂が見えなくなったところで、

 多々羅さんが私を壁に押し付ける
 


透明「うっい、痛いなぁ~

多々羅「お前何を考えている 

    あの子は、怨霊になりかけていたんだ

    下手をすると、お前が瘴気に侵されて

     いたかもしれないんだぞ

透明「わかってるよでも、放っておけない

   怨霊になれば、強制的に祓わなければ

    ならなくなる

   そうなる前に、救えるものは救うのが

    私のスタイルだ

   お前こそ、私に強要するなよ

多々羅「くっ勝手にしろ


多々羅さんは、掴んだ手を振りほどき、

スタスタと歩き出した・・・。



しばらく、気まずい雰囲気が流れる



多々羅「・・・・。」

透明「・・・・。」

多々羅「ああ~~~もう 

    俺は、守らないからな

透明「くすっ自分の身ぐらい自分で守れるよ

   心配してくれて、ありがとう

多々羅「べ、別に、心配なんてしてねぇ~よ

    ・・・・あいつ・・・

     ちゃんと帰れたかなぁ~
 
・・・。」

透明「大丈夫だと思うよ

   母の想いっていうのは、こんな程度の

    呪縛には負けない
からね

多々羅「そんなもんか

透明「そんなもんだよ


張り詰めた空気が和んでゆくと同時に、

肌寒い風が流れ、日が沈んできているのが

 感じられていた
 
・・・。




        続く ・・・。





昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

コメント (14)

呪 VS 呪符師・鑑定122ー6

2020年01月30日 08時00分00秒 | 鑑定122(呪符師)
  VS  呪符師  


私と多々羅さんは、早速周囲を調べ始める


透明「しかし・・・本当に古いね

多々羅「まあ、誰も寄り付かないから、

    手入れもされていないんだろう

透明「でも、なんで今になって、この廃社を

   どうにかしようと思ったわけ

多々羅「それも、知らんよ

    俺は、あくまでも指示されたことを

     こなすだけ
だからな

透明「相変わらず、我関せず

多々羅「お前みたいに、全てを理解しようと

    していたら、身が持たないからな

    っていうか、それが普通なんだと

    思うがね

透明「う~ん・・・そんなもんかなぁ~

   なんか、それって仕事に責任を

   もってなくない

多々羅「はぁ~・・・それが普通なの

    俺らの仕事なんて、叩けばホコリが

     出る
ようなものも多いし、

    いちいち全てに首突っ込んでたら、

    それこそ雁字搦めになるし、

    相手に付けこまれるだけだろ

透明「付けこまれる

多々羅「ああこいつは、自分の代わりに

     責任を持ってくれる

    利用しやすいって思われて、

    良いように使われるってこと

    そういう奴に限って、上手く行かないと

     人のせいにして逃げる
だろ

    そんな損な役回り・・・俺はゴメンだね

透明「・・・・。」



まあ、多々羅さんの言っていることも

理解できるけど・・・


多々羅「納得いかないって顔だな

    まあ、お前がお人好しなのは、

    お前の特質なんだろうから、否定は

    しないが、俺に強要はしないでくれ

    それに、幼馴染として言うが、

    お前のお人好しは、良いことも悪いことも

     お前に返ってくる
から、お前が傷つくんじゃ

     ないかと周りはヒヤヒヤするんだよ

透明「うっ・・・それは、昴にもよく言われる・・・

多々羅「俺は、昴でもお人好しだと思っているからさ

    まあ、お前が傷ついても自業自得だと

    思っているし、それだけの覚悟を持って

    仕事をしているんだと認識しているけど、

    あまり、周りを心配させることはしない

    方が良いぞ

透明「う~ん・・・わかったよ

   じゃあ、帰るね

多々羅「ああ・・・ってちょっと待て 

    なんで、帰るんだよ

透明「えっだって、多々羅ちん、私を利用して・・・。」

多々羅「い、いやそ、そうじゃなくて・・・。」



あたふたしている多々羅くん

でも、何だかんだ言っても、

 彼も私を心配してくれているんだよなぁ~
 

少しは、肝に銘じるようにするか



透明「

多々羅「



突然、廃社の奥に気配を感じる



多々羅「透明

透明「うん


私達は、昔の本堂があった場所へ走り出す 




      
         続く ・・・。



昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

コメント (29)