読書日記

いろいろな本のレビュー

反知性主義 森本あんり 新潮選書

2016-01-25 08:52:20 | Weblog
 最近「反知性主義」を脱却しようと言って、読書の効用を謳って、本の宣伝をしているのを見かける。これは本を読まない大学生を意識しているものと思われる。また政治家に教養が無く、テレビが品のないお笑番組ばかりであることを指して「反知性」と言っているようだが、著者によると、そうではないらしい。「反知性主義」とは、知性が知らぬ間に越権行為を働いていないか、自分の権威を不当に拡大使用していないか、そのことを敏感にチェックしようとするものだと述べている。
 著者によれば、「反知性主義」が生まれたのは、ニューイングランドにピューリタンが入植したことから始まる。入植者の中の牧師の多くはケンブリッジ大学やオックスフオード大学出身で、大卒でなければ牧師になれないという風潮があった。これは何故かというと、ピューリタリズムはもともと説教運動として出発し、教会では一般信徒に自分で聖書を読むことを奨励する。「教会の教えではなく聖書の教えに立ち返れ」というルターの宗教改革の先鋭がピューリタリズムである。その影響で、牧師には聖書の解釈と解説の高い能力が求められた。ハーバード、イェール、プリンストンといったアメリカを代表する大学は、こうした任務に就くピュ-リタン牧師を養成することを第一の目的として設立された大学である。これらの牧師が高度に知性的な社会の頂点に立ってリゴリスティックな日常を支配するのだが、老若男女を含む社会全体がそういう知的統制に服したままでいるということはありえず、そこに「反知性主義」の芽生えがある。
 「神の前では万人が平等だ」という極めてラディカルな宗教的原理が頭をもたげて来て、これが信仰復興運動に繋がり、メガチャーチの隆盛へと繋がっていく。その代表として1935年に72歳で亡くなったビリー・サンデーをあげている。彼は大リーガーとして8年プレーした後、キリスト教の伝道士になった。極貧の生まれで学校教育はほとんど受けていなかったが、知性を笠に着た権威主義に対抗する型破りな説教で絶大な人気を博し、「反知性主義」の旗手として歴史に名を残した。
 この権威主義からの脱却はアメリカにおいてさまざまな影響をもたらしている。それは、宗教とは困難に打ち勝ってこの世における成功をもたらす手段であり、有用な自己啓発の道具であるというもの。かくして、宗教的訓練はビジネスの手段となる。ビジネスで成功したければ、しっかりした信仰を持つ。それが自身を道徳的・人格的に高め、そして金持ちにしてくれる。信仰がこの世の成功を保証してくれるというレトリックである。これが「ポジティブ思考」隆盛のもとになった。宗教国家アメリカの実態はこうだったのかと腑に落ちた。
 この「反知性主義」の歴史を読むと、今のアメリカが大変よくわかる。是非一読されることを願う。
コメント

ヒトラーランド アンドリュー・ナゴルスキ 作品社

2016-01-18 08:31:02 | Weblog
 本書はヒトラー台頭期にベルリンに滞在したアメリカ人たちのインタビューによる証言、個人の手紙、未公開資料によって、彼らのナチスドイツ観を描いたものである。以前取り上げた『第三帝国の愛人』(エリック・ラーソン・岩波書店)はルーズベルト大統領によってドイツ大使に任命されたシカゴ大学の歴史学教授、ウイリアム・トッドと娘のマーサを中心にしてナチスドイツの状況を描いたものだったが、今回はさらに多くの人々(ほとんどがジャーナリスト)の証言が列挙されている。
 彼らに共通するのはドイツが非常に秩序立った国で、ドイツ人も親切だという印象を持ったということである。その中でヒトラーは超人的な弁舌で、第一次大戦後の疲弊したドイツを復興する救世主という位置付けで、その危険性を察知する者は少なかった。それというのも、アメリカ国内では、自動車王のヘンリー・フオードは反ユダヤ主義者で、ユダヤ人に対する偏見が一定の幅を利かせていたことや、飛行機王のチャールズ・リンドバーグは親ヒトラーでナチスを肯定する演説を繰り返していたことで、1940年時点でアメリカは親ドイツという状況であったからだ。
 そのためにナチスドイツの擁護者もでる始末であった。その目くらましの代表的なものがベルリンオリンピックである。作家のトーマス・ウルフはヒトラーがオリンピック会場に現れたときの様子を次のように述べている。「ついに彼は来た。草原を吹き渡る風のような何かが、集まった群衆の間を震えながら駆け抜けると、はるかかなたから、彼とともに潮流が押し寄せ、その中には声が、希望が、この国の祈りが込められていた。ヒトラーは到着するとピカピカに磨かれた車に直立不動で立ったまま、片腕の手の平を上に向けて、ナチ式敬礼のようにではなく、まっすぐ上に伸ばしたが、それはブッダや救世主が祝福を授けるときの動きにも似ていた」と。大衆を酔わせるこの戦術に多くの人が嵌められてしまった。ナチの暴力性が見えなくなった所以である。
その中にあって、ジャーナリストのウイリアム・シャイラーはいち早くヒトラーの危険性を見抜き、ナチズムの暴力性の本質を見抜いていた。後に『第三帝国の興亡』でその名を広く知らしめた。しかしヒトラー支配下のドイツにいた多くのアメリカ人は、ユダヤ人に対する弾圧が行なわれている最中にも、ことの本質を見抜けず表面的な現象しか見ていなかった。
 とは言え、最終的には大半のアメリカ人は何が起こっているのかを理解した。しかしその意味するところを完全に理解するのは容易なことではなかった。その理由として著者は「何しろ彼らは、民主主義的かつ実利的な国からやってきて、狂気のイデオロギーのもとでおぞましい変貌を遂げつつある社会に投げ込まれたのだから無理はない」と述べている。
 ここからいろんな教訓を学ぶことができる。歴史に学ぶというのが第一点。想像力を働かせるというのが第二点。その他いろいろありそうだ。
コメント

ヒトラーに抵抗した人々 對馬達雄 中公新書

2016-01-05 09:37:09 | Weblog
 最近ヒトラーとナチスドイツに関する本が多く出版されている。狂気の独裁者に民衆が取り込まれていく中で、レイシズムによる民族撲滅が起こり、未曾有の犠牲者を出したことの反省を踏まえ、現代の政治の鑑としたいという思いがあるのだろう。逆に言うと、それほど昨今の国内外の政治状況が危惧されているということだろう。
 ヒトラーは合法的に権力を掌握したと言われるが、戦後、ナチ犯罪人の裁判の中で、反ナチ抵抗の問題を正面から受け止めた検事長のフリッツ・バウアーは犯罪人の論告の中で次のように述べる、曰く、「第三帝国」はその形式からすると、権力を不法に手中にした合法性を欠く権力であった。その権力を正当化する授権法には全投票の三分の二が必要であったが、違憲的手段で共産党の議席を無効と宣言し、それを可能にしただけである。しかも43年には失効するはずのものが、総統命令で延長された。だが、ヒトラーにその権限はなかった。ヒトラーとその政府は法的根拠もなくドイツに存在していたのであると。そうであるならば、ナチに対する反逆罪は存在せず、反ナチ抵抗運動は当然のこととして正当化されるという論法である。
 ヒトラーこそは非合法に権力を掌握し、ドイツを破滅に追い込むサタンであるという認識はドイツ人の中にも湧きおこって、これを亡きものにしない限りドイツ並びに世界に明日はないと考え暗殺計画が立てられた。しかしどれも失敗に終わり、関係者は厳罰に処せられた。特に1944年7月20日に行なわれたヒトラー暗殺の軍事クーデターは映画にもなって有名だが、軍人の家族に対しても連座制が実行され悲劇になった。しかしこの状況の中で命を賭して立ちあがった勇気ある人々の存在は、人間の尊厳を実証するものとして称賛に値する。
 暗殺計画の首謀者を裁く民族法廷で被告のハンス=ベルント・フオン・ヘフテン(H)と裁判官のローラント・フライスラー(F)のやりとりの一部をあげる。
 F ところで、国民が苦労し軍の幾多の指揮官たちが命がけで闘っている中で、総統への忠誠を逸脱することを、裏切りというのではないかね、貴殿はそうは思わないのか?
 H ご指摘の忠誠の義務を私はもうとっくに感じてはいません。
 F なんと!貴殿が忠誠を感じないとはっきり言うのであれば、裏切りではないか。
 H いいえ、違います。総統の世界史的な役割についてですが、要するに総統は巨大な悪の実行者だというのが、私の考えてきたことです。
                          (以下略)
 ヘフテンの言葉に我々は勇気づけられる。また反ナチ市民グループ「クライザウ・サークル」のメンバーのアドルフ・ライヒバインが処刑前に11歳の娘に宛てた手紙は「いつでも人には親切にしなさい。助けたり与えたりする必要のある人たちにそうすることが、人生でいちばん大事なことです。だんだん自分が強くなり、楽しいこともどんどん増えてきて、いっぱい勉強するようになると、それだけ人々を助けることができるようになるのです。これから頑張ってね、さようなら。お父さんより」涙なくしては読めない手紙である。
 ヒトラーの巨悪とはこれら市民一人一人の人生を奪ったことを指すのだ。政治は個人を無化するから怖ろしい。
コメント