東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

小麦の種まき準備

2019年11月13日 | 麦,穀類,雑穀

 10月まで枝豆と小豆を栽培していた畑の残渣を綺麗に片付けてから耕耘機で丁寧に耕しました。小麦の種まき準備のためです。去年とほぼ同じ11月中旬の種まきになりそうです。去年はたまたまですが隣町の子供に種まきを体験してもらいましたが、今年は成器塾の子供に小麦の種をまいてもらおうかと思っています。来年の5月中旬頃に刈り取って収穫して製粉機で小麦粉にして、パスタ,うどん,またはパンに加工します。

          明日の小麦の種まきに備えて丁寧に耕耘


 現在栽培している綿の間にも、小麦の種をまきます。そのため、綿を倒さないように注意しながら、綿と綿の間を耕耘しました。なお、少な目1kgの小麦を蒔くため、種と種の間が空くように種まき器の調整をします。以前は手でばらまいていましたが、ここ10年位は手押し機械で種をまいています。来年は何kgの小麦を収穫できるでしょうか。

   綿と綿の間も丁寧に耕耘        何度も往復してふかふかの畑に
 

コメント