嶋津隆文オフィシャルブログ

嶋津隆文オフィシャルブログ

早稲田大学バリケード内の山下洋輔ライブ

2022年08月04日 | Weblog

 突然であるが先月の7月12日、早稲田大学の大隈講堂で「村上春樹 presents 山下洋輔トリオ再乱入ライブ」が開催された。ご存じだろうか。
 えっ「再乱入」? このタイトルに思わず半世紀前にタイムスリップしたのは私だけではないだろう。山下は全国で全共闘運動が広がっていた1969年、早稲田のバリケード内に突入し、ライブ演奏する。ピアノは大隈講堂から当時の「反戦連合」メンバーらが運び出した。
 しかし山下のピアノ力と半世紀という時間はでっかい。このイベントをすっかり伝説に変えてしまった。
先月の早大でのイベント企画を担った村上春樹はこうメッセージを寄せる。
「1969年に早稲田大学四号館でおこなわれた山下洋輔トリオの「乱入ライブ」は、今では伝説の語り草となっています。オリジナルの乱入から既に半世紀以上が経過してしまったわけですが、大丈夫。ご安心ください。乱暴な精神はまだしっかり生きて、引き継がれています」(ライブ開催HP)。
 満員の大隈講堂の最後に山下洋輔は、「当時、権威あるものはぶち壊したい、単純にそう思った」と語り、村上春樹『ノルウエーの森』に出てくる「Memory is a funny thing」をソロ演奏した。
 しかしこの後の早稲田のキャンパスは悲惨だ。いやどこのキャンパスの同様であったかもしれない。セクトによる粛清テロが日常的になり、多くの友人や知人が命を失い傷ついた。ジャズの音色では消せない、酷い時代はほんの昨日のことである。



この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 何ということ、安倍さんが凶... | トップ | 『中央線沿線物語』、なかな... »
最新の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事