嶋津隆文オフィシャルブログ

嶋津隆文オフィシャルブログ

全米女子優勝の映像で思い出す鈴木知事とのゴルフ

2021年06月14日 | Weblog

1990年米国にて

全米女子オープンで笹生優花が優勝しました。しかもプレイオフを戦ったのが畑岡奈紗。日本人快挙の何とも明るいニュースです。それにしても会場となったサンフランシスコのゴルフ場の18番ホール。バンカーの多さと深さに圧倒されるその映像を見ながら、30年ほど前に、鈴木俊一都知事と回った米国のゴルフ場の「事件」をふと思い出しました。

1990年の晩秋のこと、日米知事会議が終わった後、州知事たちにゴルフに招かれた都知事は、ゴルフ好きであるだけにとても嬉しそうにクラブを握ったものです。「嶋津くん、君も一緒にどうか?」。当時ニューヨークに駐在していた私はその一言に小踊りして同行しました。しかし米国のコースは優しくなどありません。いつしか知事は無口になり、ついに深いバンカーで2度ほど叩いた揚げ句に、「もうアンプレアブルだよ」と一言。こうなるとお供の立場は頗る困難に。幇間の芸などない私であれば、最後の18ホールを上がった時はグッタリというものでした。

その鈴木知事が逝かれたのがもう10年も前のこと。今日の米国での優勝のニュースを聞いて、「おっ嶋津くん、一度一緒にあのコースへ行こう」と声を掛けられそうで、ふっと胸が締め付けらます。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする