嶋津隆文オフィシャルブログ

嶋津隆文オフィシャルブログ

憧れの宇和島城、登城のしんどいことしんどいこと

2016年01月21日 | Weblog

【宇和島城】

この数日は四国に出張です。主は土佐の牧野富太郎記念館へ、植物画家の太田洋愛についてのヒアリングです。しかし全国的なあの大雪。南国土佐も例外ではなく、あせり続けた行程でした。にも拘らず二日目も佐川町へ向かい、牧野富太郎の生家をしっかり訪問したのです。

思いのほか調査研究の収穫の多く、気持ちが大きくなったこともあり、最終日の昨日は宇和島に足を運びました。伊達家の威光と高野長英の隠れ家を目の当たりにしたいとも思ったからです。

いやいや松平春嶽らとともに幕末の四賢侯の一人とされる伊達宗城もさることながら、宇和島伊達家の、仙台伊達家との本家争いを巡る400年来の相克など、歴史の醍醐味をいっぱい堪能しようと考えたのです。

あいにくの大雪です。しかし宇和島の趣のある城下町の風情にそそのかされて、意を決し早朝に天守閣を目指しました。昨年巡った備中の松山城、津山城、天空の城(朝来の竹田城)のなどとの横並び意識もありました。

しかし積もった雪のせいか、一年たった加齢のせいか、宇和島天守の高いこと高いこと。20分もかからなかったものの、つくづく往時の登城のしんどさを思い知らされたものでした。

江戸時代、侍は週3日の勤務といわれ、かつまた天守まで集まる機会はほとんどなかったと言われます。老若問わず幾段もの階段を登り下りするのは大変です。天守閣の稼働率はどんなものか。後で博物館でじっくり調べてやろう。そう愚痴っぽく呟きながら宇和島城を後にしたものです


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

台湾の総統選挙に思う、台湾語を禁じた国民党政府

2016年01月18日 | Weblog

【旧台湾総督府】

正月明けから「廃校活用」の原稿の仕上げ作業に集中し、簡単なブログも書けずに半月が過ぎてしまいました。一昨日、やっと1次原稿を出版社へ送付しました。200枚の原稿整理に精も根も尽き果て、朝起きあがれない日が続きます。

ふと気がつけば今日は台湾の総統の選挙です。口直しにその台湾に旅した折の出来事を記しておくこととしましょう。

総統選は予想では与党の国民党でなく、野党の民進党が確実に勝利するといわれています。中国に急接近した現政権への不満から、台湾「独立」志向の野党候補に民意が向かっているようです。

何年前だったでしょうか、台湾の田舎町を家人と歩いていた時のことです。一人に年配の女性が近づいてきて、突然に日本語で話し掛けてきたのです。「あのう、日本人ですよね。私は日本が好きです。しかし中国人は嫌いです」と。

突然の出来事に驚くのですが、彼女は歩きをとめず、私らに語り掛け続けます。
「たしかに日本人は台湾を植民地化しました。日本人は学校で日本語を義務付けましたが、しかし台湾語の授業もそのまま認めてくれていました。でも大陸から来た蒋介石は、国民党は台湾語の授業を禁止したのです。ひどいことです」。

今回の台湾選挙での、国民党の落ち込みが確実視されていることを聞くと、この台湾の人たちにしみ込んだ歴史を知らされるというものです。

失政の多かった日本の朝鮮統治下でも、講義は日本語でであったもののハングル語の授業があったと聞きます。民族からその言語を奪う。もっとも過酷で屈辱的な支配形態と言ってよいかも知れません。

その後も幾度か訪れる台湾ですが、この年配の女性の言葉が、私にはもっとも強く記憶に残っているのです。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

謹んで新春のお慶びを申し上げます

2016年01月01日 | Weblog

松山城・松山ひめだるま   

昨年は地域活性化調査で全国各地を巡る機会を持ちました。その一つ、四国は松山で楽しい話を聞きました。

「松山市は米国のカリフォルニア州の州都サクラメントと久しく姉妹都市となっています。松とサクラで結びつくとは何ともめでたい限りでしょう」と。

人生100年時代となりました。しかし今後この間、幾つこうした楽しい話にでくわすことでしょう。そんな小さな出会いにこそ大きく期待してしまう、60代後半の新春の朝というものです。

平成28年 元旦
(年賀状より転載)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする