嶋津隆文オフィシャルブログ

嶋津隆文オフィシャルブログ

謹んで新春のお慶びを申し上げます

2021年01月14日 | Weblog

 

小さきは小さきままに 折れたるは折れたるままに コスモスの花咲く


よく知られた、明治生まれの教育学者の作です。その一句を呟きながら昨今、人口減少に悩む全国の小さな町村に足を運んでいます。雑誌の執筆取材を兼ねての旅すがらですが、小さきは小さきままに工夫して暮らす、人々のしたたかさには屡々感服するばかりです。日本は捨てたものではない。ときにそう大きく納得しています。
齢70を幾つか超えました。しかしなお国の未来に対し、相も変わらず一家言を吐かねばと気負ってしまう自分に、思わず苦笑する丑年新春の朝というものです。

令和3年元旦

ps:写真は二人の孫。新年とはいえ、この笑顔に無限の期待を寄せてしまうのは、やはり老醜というものでしょうか(笑)。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする