Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Supernaturalシーズン4/第22話「堕天使の復活」

2012年04月20日 00時22分57秒 | スーパーナチュラル/シーズン4
supernaturalシーズン4/「堕天使の復活」の感想です~!ついにシーズン4も最終話に到達しましたね。長かったような短かったような複雑な気持ちです。
以下ネタバレの恐れありますので、ご注意くださいませ~!!


*「堕天使の復活」Lucifer Rising

ディーンと決別したサムはクリスティと共にリリスの側近を尋問しリリスが今夜、聖母マリア修道院で最後の封印を破ることを聞きだす。サムは側近の血を飲み、リリスを倒そうと考えていたが…。一方ディーンはサムに殺されかけたショックから立ち直れずにいた。


シーズン4の最終話となる今回のお話。すっごく楽しみにしていたのですが、シーズン1の時と同じような感じで、なんと今回だけでは完結しておりません。
アメリカのドラマ特有の、「クリフハンガー」状態というものですね。肝心な部分は次シーズンに持ち越して、視聴者の気を惹こうという作戦です(^^;)

決着はつかなかったけれども、今回はディーンとサムの対決の構図が露わになったお話でした。きっと、いつかはこうなるだろうなーと薄々気づいていたことだったので、この成り行きは分かる気がしましたけど、ルビーはやっぱり!!!そういう考えだったのね・・・と思わされました。

これまで何だかんだのいきさつはありましたが、結局は悪魔もサムの底知れぬ力をアテにしていたんですよね。周りくどい方法だったので、思わず騙されそうになりましたけど・・・(苦笑)。ま、そこが制作者側の意図だったのなら、大成功ですよね、

しかし、ディーンの存在がここまでクローズアップされてくるとは、ディーンファンの私でもさすがに想像の上を行き過ぎていて、考えつきませんでした(笑)。
シーズン4の扱いを見ると、下手するとサムよりもディーンの方がずっと重要な存在なのかも???と思えてくるシーンがいくつもありましたからねー。
シーズン5では、ディーンの力(?)がさらに重要視される可能性もありますねー。ごくごく普通の人間だと思っていたディーンこそが、この騒動の重要な役割を担っていたなんて、ホントすごい展開ですよー!早く続きがみたいですね。
コメント

Supernaturalシーズン4/第21話「境界線を越える時」

2012年04月16日 23時25分03秒 | スーパーナチュラル/シーズン4
SUPERNATURALシーズン4/第21話「境界線を越える時」の感想です!ついにあと1話で、シーズン4もラストなんですね。長かったような短かったような・・・。
いつも通り、ネタバレしていますので、未見の方はどうぞご注意くださいね。


*第21話「境界線を越える時」When The Levee Breaks

悪魔の血を抜くためにサムをパニックルーム(緊急避難室)に閉じ込めたディーンとボビー。禁断症状によりサムは幻覚に襲われる。サムが見たいもの、見たくないもの、心の葛藤が様々な幻覚となって現れた。そんなサムを見てボビーは「サムに悪魔の血を与えリリスを殺させるべきではないか」と言う。しかしディーンは頑として拒否、カスティエルに助けを求める。


いよいよ物語も佳境に入ってきたなーという感じ。今回は今シーズンの中で一番面白く見ごたえがありました!!ストーリー自体は、兄弟間の争いとなり、二人が大好きな私としては、切なくて苦しかったのですが、この緊迫感はたまりませんでした!

ディーンがサムに立ち向かっていく悲壮な顔とか、ボビーに「弟のためなら、いつでも死ねる」と言いきったところなんて、ホント男前!!サムを愛するが故に、何よりも辛い決断を迫られているというのが余計にツボ。普段からジェンセンはイケメンだけど、今回ほどイケメンぶりが際立っていたことはないような気がしました。ジェンセン&ディーンファンは必見ですよ。

対するサムの方は、ジャレッドの演技力に目を見張りました。悪魔の血が切れてきた時の禁断症状(?)の演技は、もう本当にスゴイの一言です。目つきからして、イっちゃってましたしねぇ・・・。禁断症状になった人を見たことはありませんが、きっとこんな風になっちゃうんじゃないかなと思ったくらい、ド迫力の演技でした。

しかし、ディーンとサムは今後どうなっちゃうのかな。普通だったら、ケンカになってもそこは兄弟。またすぐに仲直りできるんだけど、今回のはかなり溝が深そう・・・。個人的な不満が原因というよりも、自分達ではどうにもならない事からきているので、単なる兄弟喧嘩の域を超えてますからね。

とにかく次回は最終話なので、何らかの決着はつくかなと期待して見てみようと思います。



コメント

Supernaturalシーズン4/第20話「憑依された男」

2012年04月13日 01時54分35秒 | スーパーナチュラル/シーズン4
スーパーナチュラル シーズン4/第20話「憑依された男」の感想です~。いつも通り、ネタバレの恐れがありますので、未見の方はどうぞご注意くださいませ~。


*第20話「憑依された男」The Rapture

カスティエルがディーンの夢に現れ「大事な話がある」と言った。カスティエルが指定した工場に行くと、まるで戦いがあったように破壊されており、壁には血で書かれた図形があった。サムとディーンは瓦礫の下で気絶しているカスティエルを発見するが、彼の魂はすでに抜けており、男はジミーと名乗った。ジミーは妻アメリアと娘クレアが待つ家に帰りたいと言い出す。


今回はカスティエルの話が中心でした。彼にもごく普通の人生があり、家族もいたんですね。超絶した雰囲気を醸し出していたので、何故かそういうことは、これまで考え付きませんでした。

カスティエルに身体を貸していたジミーという男は、家族想いのごく普通の男だったのに、天使に身体を貸してしまったが為に、家族までもが危ない目に遭うというのが、すごく切なかったです。

普通は天使といったら、良いイメージがありますが、スーパーナチュラルでは天使といえども、悪魔とはそう変わらない自分勝手で傲慢なところがあるなと感じます。
特に今回の話で思い知ったというか、こんなことになると分かっていたら、ジミーは天使に身体なんて貸さなかっただろうに・・・(T_T)

ひたすらカスティエル関係の話で今回は終わるのかなと思ったら、最後の最後でドカンと大きくやってくれましたね~。まさかボビーまでもが・・・なんて!!
これは次回がすごーく楽しみですv



コメント

Supernaturalシーズン4/第19話「もうひとつの家族」

2012年04月08日 23時18分39秒 | スーパーナチュラル/シーズン4
SUPERNATURAL/シーズン4 第19話「もうひとつの家族」を見終わりました!今回もスパナチュファンなら、絶対に見ておくべきお話ですよ~♪
以下、ネタバレご注意くださいませ~。


*第19話「もうひとつの家族」Jump the Shark

サムとディーンの父、ジョンの携帯にジョンの息子と名乗る青年が連絡してきた。青年の名前はアダム・ミリガン。身元を調べると母ケイトと2人暮らし、出生証明書に父親の記載はなく、ウィスコンシン大学に通う医学生だった。ディーンは悪魔の罠だと考え、待ち合わせ場所の食堂で水を聖水に入れ替え、ナイフとフォークを銀製に取り換えて万全の準備でアダムを待つ。


シーズン4の前半は、いまいちノレなかったのですが、終盤に来て、ツボにはまるようなストーリーが一気に増えて面白くなってきたような気がします。

今回はなんと、ディーンとサムの兄弟に異母弟がいた!!という衝撃の事実が発覚するのです。あのジョンパパは、てっきりディーン達のママひとすじだと思っていただけに、私も内心かなりショックを受けたのですが、ディーンやサムにとってはそれどころではなかったはず。まさに青天の霹靂といったところでしょう。

最初は敵の策略かと疑っていたのですが、ジョンの日記や写真などを見て、ディーンたちも最終的には納得していました。実際、アダムというその異母弟は、なかなか人の良さそうな青年でしたし、なんだかんだいっても、血のつながりがあるから、だんだんと打ち解けていっていました。この辺は、見ていて、なんだか微笑ましかったんですけどねー。

ところがところが。そんなに簡単にはいかないのがこのお話。結局は大どんでん返しがあり、アダムはすでに死んでしまっていたんですよ・・・(T_T)。私はよく分からなかったんですが、アダムってディーン達に会う前にすでに命を落としていたってことなのかな?
つまりディーン達が最初に会った時から、すでに魔物が成り済ましていたってことだとしたら、兄弟とのやり取りを考えるとなんだか切ないですね。

そして、ジョンの気持ちもちょっと複雑。ディーンたちにはハンターであることを強要していたのに、アダムには普通の生活を送らせていたなんてねー。
父親と普通の野球観戦に行くなんて、ディーン達にはありえなかった現実を、アダムは普通にやっていたと知って、すごく複雑そうな表情をしていたディーンが印象的でした。
同じ父親の子供なのに、こんなに扱いが違うなんてね・・・。どっちが幸せとは言えないかもしれないけど、やはりディーン達が気の毒でなりません。

今回のお話は、書きだすとキリがないほど色々と書きたいことが山盛りだし、本当に考えさせられることが多かったです。
コメント

Supernaturalシーズン4/第18話「神の預言者」

2012年04月05日 00時33分00秒 | スーパーナチュラル/シーズン4
SUPERNATURALシーズン4/第18話「神の預言者」の感想です~。シーズン4も18話目まできたんですね。いよいよ佳境に入ってきたかな。


*第18話「神の預言者」The Monster at the End of This Book

調査のために立ち寄った書店でサムとディーンは自分たちを主人公にした「スーパーナチュラル」というシリーズ本の存在を知る。しかもその本に書かれていることは細部に至るまで事実だった。出版社が倒産したため、物語はディーンが地獄に堕ちたところで終っていた。サムとディーンは発行者のセラから「スーパーナチュラル」の作家チャックの住所を聞き出し訪ねに行く。


今回も話の設定がすごく面白かったです。なんたって、自分たちの話が小説になっているんだからー(笑)。しかもスラッシュまであると知った時の二人のやり取りがめちゃくちゃ笑えました。二人のファンの方には是非見て欲しいお話です。

しかし、ついに「預言者」まで出てくるなんて、ホントこの話も壮大になってきましたよね~。シーズン3くらいまでは、あくまでも家族のストーリーという感じで、良くも悪くも、身近な問題ばかりで小さくまとまっていた感があったんですけど、シーズン4に入ってからは、天使だの悪魔だの、果ては預言者まで出てきて、もはやウィンチェスター兄弟二人だけの問題では済まなくなってきていますもんね。

しかし、最後に預言者チャックが見たものとは何なんでしょう・・・。あの雰囲気からして、兄弟にとっても世界にとっても、ものすごく重いものなんでしょうね。ああ、悲しいことにならなければいいんですけど。


コメント

Supernaturalシーズン4/第17話「ハンター・ライフ」

2012年04月02日 23時17分30秒 | スーパーナチュラル/シーズン4
SUPERNATURALシーズン4/第17話「ハンター・ライフ」を見終わりました~!シリアスな展開が続いた後は、ちょっと息抜きっぽい話をやるのが、スパナチュ流♪なんですよね(^^) 今回はちょっと軽めで気楽に見れるお話でした。


*第17話「ハンター・ライフ」It's a Terrible Life

バリっとしたスーツ姿で高層ビルのオフィスに入るディーン。オフィスのプレートには「営業部長ディーン・スミス」と書かれてあった。一方サムは「サム・ウェッソン」という名前で技術サポート部のオペレーターとして働いていた。会社のエレベーターに乗り合わせたサムとディーン。しかしなぜか2人はまったく面識がないようだ。兄弟であることもハンターであることも忘れて別の人生を送っている。一体何が起こっているのか…?


これはなかなか面白かったー!何といっても設定が秀逸。普段は絶対に見れない、ディーンのエリートサラリーマン姿(笑)。パリっとしたスーツを着て、髪もちゃんとセットしたら、ホントにイケメンですよね~。普段の姿もワイルドでカッコイイけど、身なりを整えたら、ガラリと雰囲気が変わって気品さえ感じるほど・・・。
しかもエリートサラリーマンらしく、難しそうな顔をしてパソコンとにらめっこしてるところなんて、普段のディーンからは想像つかないので、そのギャップがまた面白かったです。
逆にサムの方は冴えないオペレーター役で、いつもとは役割が逆になっているんですよね。こんな姿も一度は見てみたいなと思っていたので、すごく嬉しいv
スパナチュの脚本家って、ファン心理をちゃんと考えてくれてるんですねー。

と、こんな感じで、お遊び的な息抜きストーリーなのかなと思っていたら、最後の最後で、かなり重要なことを言ってましたよね。ディーンって一体何者なのー!?
コメント

Supenraturalシーズン4/第16話「第一の封印」

2012年03月31日 01時38分24秒 | スーパーナチュラル/シーズン4
SUPERNATURALシーズン4/第16話「第一の封印」の感想です~。まだ見終わっていない方は、ネタバレしてると思うので、ご注意くださいませ。


*第16話「第一の封印」On the Head of a Pin

ディーンはパメラの死に責任を感じ、つくづくこの戦争に嫌気が差していた。そんなディーンの態度を弱気と受け取るサム。モーテルに着いた2人を待っていたのはカスティエルとウリエルだった。カスティエルの部隊の天使が7人殺され、悪魔の仕業と考えたウリエルは、捕虜にしたアラステアから犯人の名前を聞き出すためディーンを尋問官に選ぶ。


今回あたりから、天使と悪魔の戦いも佳境に入ってきたようで、色んな新事実が分かってきて、面白くなってきました。
実を言うと、シーズン4に入って、神と悪魔の戦いとか、人類が滅亡するとか、テーマがあまりにも壮大になりすぎて、面白くないわけではないけど、若干ついていけないところがあったんですよね。
初期の頃が家族愛や兄弟愛が主体のわりと分かりやすいストーリー展開で、そういうのが好みだったこともあり、あまりにも急激かつ話が大き過ぎくなりすぎて、違和感を感じていたのも事実です。

でも今回は、無表情で冷酷そうに見えた天使のカスティエルにも親近感が湧いてきたし、サムのあの力の源がアレだったなんて!!とビックリしたり、ディーンが地獄でやってきたことが垣間見れたりと、盛りだくさんの内容で、なかなか面白く思えました。
いよいよ大きくストーリーが動き出すという感じなんですかね~。
ルシファーなんて人も名前だけですが出てきたりして、今後の展開は期待できそうですね~(^^)

しかし、ディーンのことは本当に泣けてきます・・・。ディーンって口は悪いけど、心根はとても優しくていつだって人の為に生きているような人ですから、地獄であんなことをやらされていたなんて、本当に信じられません!!
ジョンパパのことまで引きあいに出されていましたが、これまでずっと見続けていた人には分かると思いますが、それがディーンにとってはどれほどの屈辱・哀しみ・苦しみになるんでしょう・・・。こうなってくると、これまでディーンが正気を保っていたのが不思議なくらいです(T_T) 
ディーンファンの私は、拷問の時の無表情な姿を見て、もう泣けて泣けて仕方なかったです・・・。今後、天使が勝利して、全てが平和に丸く収まる日が来たとしても、そんな自分が絶対に許せない人だと思うし、ディーンの心の傷がいえることはないんだろうなぁ。辛すぎる・・・。

コメント

Supernaturalシーズン4/第15話「奇跡の町」

2012年03月28日 00時09分39秒 | スーパーナチュラル/シーズン4
SUPERNATURALシーズン4/第15話「奇跡の町」の感想です。まだ見ていない方は、ネタバレにご注意くださいませ~。


*第15話「奇跡の町」Death Takes a Holiday

ある町で、いつ死んでもおかしくない人たちが奇跡的に命を取りとめていた。聞き込みの結果、悪魔と取引をした人は皆無。サムは死神が何らかの事情でこの町から消えてしまったと推理する。すると再びボビーから連絡が入り、封印を破るために悪魔が死神を拉致していることが明らかになった。


今回も切ないお話でした。特にコールとそのお母さん。後はパメラのことも・・・。
家族と死に別れるって、誰でも辛いけど、子供を喪った悲しみって、多分計り知れないと思います。そしてその母を残して一人であの世へ行けない息子の苦しみも・・・。またその子がまだ小学生(?)くらいなのが、余計に辛いですよね。なんて理不尽な世の中なんだろうと思います。

またパメラが再登場するとは思ってなかったです。前回、この兄弟と関わったせいで、目が見えなくなってしまったのに、案外元気になってて良かったなーと思ったのもつかの間。あんな風に、あっさりと逝ってしまうなんて・・・。こちらも理不尽だなーと思わざるを得ませんでしたよ・・・。
あれだけの目にあわされたのに再登場となったんだから、今度からはきっと良い目(準主役とか)に遭うんじゃないかなと期待していたので!霊能者という役割も面白かったし、生かしておいても良かったんじゃないのかなぁ。

再登場と言えば、テッサも!出てきた時、何となく見覚えがあるなーと思ったけど、誰だか思いだせなかったんですが、シーズン2の第1話に出てきたあの人だったんですね。まさか、ここにきての再登場とは思わず、ビックリしました(笑)。

しかし、シーズン4に入ってから、心が痛くなるような辛い話が多くて、なんだか気分が沈みます。最期にパメラがサムに言い残した言葉。すごく曰くありげでした。気になります。

コメント

Supernaturalシーズン4/第14話「セイレーンの呪い」

2012年03月21日 00時22分51秒 | スーパーナチュラル/シーズン4
SUPERNATURALシーズン4/第14話「セイレーンの呪い」を見終わりました~!前回に引き続いて、今回も兄弟間のイロイロが見れて満足です♪


*第14話「セイレーンの呪い」Sex and Violence

男を惑わせ愛する者を殺させた後、忽然と姿を消す謎のストリッパー。同様の事件が立て続けに4件も起き、サムとディーンがボビーにアドバイスを求めると「セイレーン」の仕業だと言う。それはギリシア神話に登場する妖怪で、船乗りたちを美しい歌声で惑わし船を沈没させるのだ。しかし現代のセイレーンは歌声ではなく毒物を使って男たちを惑わせているらしい。


タイトルを見て、歌声で人を惑わす悪霊(?)のようなものが出てくるのかなーと思っていたのですが、残念ながら「歌声」は全く出てきませんでしたねー。あれれ。

原題を見ると、どこにも「セイレーン」なんて出てこないので、邦題のつけ方のせいかもしれませんが、私は「セイレーン」というタイトルにすっかりしてやられました^^;
そのおかげで、最後はあっと驚く展開になったので、楽しめて良かったというべきなのかなぁ・・・。

今回はボビーも大活躍で、久しぶりに存在感を出していましたねー。ウィンチェスター兄弟のお父さん代わりですからねー。最近の兄弟の重い苦しみを考えると、もっとちょくちょく顔を見せて、勇気づけてあげて欲しいです。

ちなみに、今回も兄弟の本音が表れて、ドキッとしてしまいました。やっぱりお互いにそういう風に思っているんだよねぇ・・・。しかも、それを相手に知られてしまって、この先どうするんだろ。二人の間に亀裂が入らないといいんだけどな・・・。すごく心配です。



コメント

Supernaturalシーズン4/第13話「アフター・スクール・スペシャル」

2012年03月18日 00時46分12秒 | スーパーナチュラル/シーズン4
SUPERNATURALシーズン4/第13話「アフター・スクール・スペシャル」の感想です~!今回は、学生時代のディーンとサムが見れますよ♪ウィンチェスター兄弟のファンの方にはオススメのお話です。


*第13話「アフター・スクール・スペシャル」After School Special

学校の女子トイレで同級生を殺した高校生エイプリル。彼女の証言からサムは悪魔の憑依を疑うが、エイプリルは硫黄や黒煙を見ていなかった。サムは事件が起きた高校を調べようと言い出す。そこは奇しくもサムとディーンが幼い頃1か月だけ通った学校だった。サムは清掃員、ディーンは体育の臨時教師として潜入する。


導入部で、ディーンとサムの子供の頃の映像や、ジョンパパが出てきたので、何だか期待できそうーーー!と思っていたら、やっぱり!!
シーズン4にして初めて、二人のスクールライフが垣間見れることになりました。

父の悪霊退治に付き合って、子供の頃からアメリカ中を転々として過ごしていて、まともに学校へも行っていなかったようなことを、以前のストーリーの中で言ってたように思うのですが、どんな生活をしていたのかが、実際に描かれようとは思っていなかったので、すごく嬉しかったですv

若かりし頃の二人は初々しくて、なかなか良かったですよー。ディーンは当時から、ふてぶてしくて、女好きで、今と全然変わってない感じ。
サムの方は、家業が嫌いで、普通の子供と同じように生活したかったみたいですね。あまり学校へ行ってないのに、なかなか頭もいいし、正義感が強くて、とても良い子だったのねー。

悪霊退治の方はこれと言った目新しさがあるわけではないけど、ウィンチェスター兄弟の学校生活が見れただけで、私は大満足でしたvv

そうそう、ディーンもサムも子役を使っていましたが、ディーン役の子は、別にジェンセンが演じても良かったんじゃないかなー。髪の色や目の色、全体的な雰囲気はジェンセンとよく似ているけど、やっぱりジェンセンの方が男前だし(爆)。
サム役の子は可愛くて、イメージピッタリですね。ディーンと歳の差がありすぎるように感じたけど、成長期の4歳はあれくらい差があるものなのかな・・・。

コメント

Supernaturalシーズン4/第12話「伝説のマジシャン」

2012年03月15日 00時20分06秒 | スーパーナチュラル/シーズン4
SUPERNATURALシーズン4/第12話「伝説のマジシャン」を見終わりました!以下、ネタバレしてるかもしれないので、ご注意くださいねー。


*第12話「伝説のマジシャン」Criss Angel Is A Douchebag

マジック・フェスティバルで賑わう街中でマジシャンのバンスが変死した。胸に10本の剣が突き刺さったような傷跡があるのにバンスのシャツは破れていなかった。この事件を追って聞き込みをするサムとディーン。バンスが持っていたタロットカードの線を追い、3人の老マジシャン、ジェイとチャーリー、バーノンのショーを見た2人はジェイの神業とも言えるテクニックに舌を巻く。


最近、やり切れない展開が続いていたけど、今回は哀愁漂うストーリー展開でしたねぇ・・・。何といっても「老い」との戦いですから^^;

マジシャンを題材にしているせいか、どこか現実感がなく、飄々とした雰囲気で、最近のストーリーの中では、わりと気楽に見ることができたし、なかなか面白かったんですが、ラストはやっぱりやり切れない気分に・・・(T_T)

でも、今回の事件がきっかけで、いよいよサムが「決心」したみたいですよー!!恐らくは、本気で悪魔と戦うことを決めたんじゃないかな。老いてなお、悪魔と戦い続けるなんてゾッとしませんからねぇ。
その為には封印していた力を使うことになり、またしてもディーンとは険悪になるかもしれませんが、ここは避けては通れないところだと思うので、次回以降、心して見ていきたいと思います。
コメント

Sueprnaturalシーズン4/第11話「家族の絆」

2012年03月09日 00時34分02秒 | スーパーナチュラル/シーズン4
SUPERNATURALシーズン4/第11話「家族の絆」の感想です!!ネタバレ、ご注意くださいませー。


*第11話「家族の絆」Family Remains

ネブラスカ州のとある農家で独り暮らしの男性ビルが惨殺された。しかも密室殺人。幽霊の仕業と考えたサムとディーンは農家に向かう。この1か月、ディーンはまるでみそぎのように狩りを続けていた。ろくに寝ていないディーンを心配するサム。しかしディーンは地獄のことに触れないようにしているサムの気遣いにイライラしていた。


ロクに眠らず、まるで贖罪のように狩りを続けるディーンの姿が、ものすごく辛そうで、この先どうなってしまうのか心配です・・・(T_T)
今回のストーリーでも、あえて危ないところは自分で行ったり、きっと贖罪のつもりなんだろうな~と思い、見ていて苦しかったです。でもそれは、まだ序の口だったんですよねぇ・・・。
一番ラストの告白は、本当に衝撃でした!!もう、何と言っていいか言葉が浮かびません。いつも人のことばかりを考えて生きていたディーンが、あの地獄で行わされた拷問を「快楽」だったと言うなんて!!!

ディーンがどんな人か、シリーズをずっと見ている人なら分かると思いますが、口は悪いけど誰よりも人の為に生きている人ですよね。そんな彼が例え悪魔にやらされた事とは言え、一瞬でも拷問を快楽だと思ってしまったのなら、誰よりも自分が許せないと思います。
こういう事は、誰かが慰めてくれたとしても、どうしようもないんですよね。それが分かっているから、サムも本当に苦しそうで・・・。こんなに救いようのない展開になるなんて、思ってもみませんでしたよ。

今後、ディーンがその過去をどうやって乗り越えていくのか・・・。そこが見どころになっていくのかな。
でもそれを見ている私達視聴者の方は、辛くて辛くて、たまりませんよんぇ・・・。
コメント

Supernaturalシーズン4/第10話「天国と地獄」

2012年03月05日 23時16分58秒 | スーパーナチュラル/シーズン4
SUPERNATURALシーズン4/第10話「天国と地獄」を見終わりました。今回の話はもう涙なくしては見れなかったです・・・(T_T) まだ見ていない方は、心して見た方が良いですよ~。以下、ネタバレにご注意くださいね!!


*第10話「天国と地獄」Heaven and Hell

「アンナを殺さねばならない」と言うカスティエルに驚くサムとディーン。アンナを「罪深い」とだけ言ってウリエルが武力行使に出た。すると光線が発射されウリエルとカスティエルはどこかに消えてしまう。アンナが無意識のうちにまじないで天使たちを追い払ったのだ。アンナは一体何者なのか。


今回のストーリーは、前回から続いておりますので、ここは順番通りに見た方が良いです。アンナですが、こんなに重要な人物だとは思っていなかったです。てっきり、ちょっと特殊な能力を持ってはいるものの、悪魔に狙われる一般人だと思っていたので・・・。

さて今回、これまで謎だったことが色々と明かされましたね。色々とありすぎて何から書けばいいのか分からないほど、内容が詰まったストーリーでした。

結局、最後の兄弟のシーンが衝撃的すぎて、他のことはすっ飛んでしまったのですが、それらについては、またおいおい書くこともあるだろうから、今回はディーンの「地獄での出来事」だけにします。

もうこの辺りは切なくて悲しくて仕方なかったです。特にディーンが涙を流すシーンで
は、普段は映画やドラマで泣いたりしない私でさえも、思わず貰い泣きしてしまうくらい辛くて切ない・・・。なぜ、ディーンだけがいつもこんな辛い目に遭うんだろう。いうだって、自分の為には生きていない人なのに。

アンナの時だって、アンナを殺すくらいなら自分は地獄に戻されてもいいって言ってた程だし、ディーンって、人に苦痛を与えるくらいなら、自分が犠牲になるタイプですよね。
そんな人が誰かを傷つける側に回るなんていうのは、どんなに苦痛だったでしょう・・・。それを思うと、こちらまで胸が苦しくなってしまいました。

この先、何があろうとも、ディーンはこの苦痛から逃れることはできないんでしょう。なんでこんな苦しみを味わわないといけないのか・・・。ああ、今後のストーリーを見るのが苦しくなりそうです・・・。



コメント

Supernaturalシーズン4/第9話「命の恩人」

2012年02月29日 00時05分08秒 | スーパーナチュラル/シーズン4
SUPERNATURALシーズン4/第9話「命の恩人」を見終わりました!今回もまた「TO BE CONTINUED・・・」で終わりました・・・。最近、1話限りで終わらない話が増えてきたなぁ・・・。
あ、以下、ネタバレにご注意くださいませ。


*第9話「命の恩人」I Know What You Did Last Summer

悪魔たちが血眼になって捜している女性アンナ・ミルトンの家に向かったディーン兄弟。そこにアンナの姿はなく両親の遺体と硫黄が見つかった。悪魔の目的は何か。アンナのスケッチから手がかりを得て教会に行くと、怯えた様子のアンナが出てきて「サムとディーンのことを天使たちが話している」と言った。彼女は天使の会話が聞こえる超能力者だった。


今回はサムが中心のお話でした。これまで明かされなかった、ディーン亡き後のサムの様子が詳しく描かれているので、今シリーズの中でも貴重なストーリーかも・・・。
何故サムが悪魔のルビーと行動を共にしていたのかも明かされます。

しかし、ルビーとそういう関係になっていたとはねぇ。聞いていたディーンも唖然とした様子(苦笑)。ディーンは悪魔のルビーをものすごく嫌って警戒していたしねー。
でも、そんなことになったのは、サムがそれだけ追いつめられていたということだし、そんなサムを救ったルビーにも好感をもったようです。

でも、ルビーって、何故そこまでしてサムに肩入れするんだろ・・・。リリスの横暴に耐えられないから?悪魔って、そんな単純なものなのかなぁ・・・。

あと、天使の行動もさらに謎めいてきました。「悪魔=悪、天使=善」という図式だけでは測れないものがありそうですね。


コメント

Supernaturalシーズン4/第8話「願いの井戸」

2012年02月25日 00時32分59秒 | スーパーナチュラル/シーズン4
SUPERNATURALシーズン4/第8話「願いの井戸」感想です! 以下、ネタバレしてると思いますので、未見の方はご注意くださいね!!


*第8話「願いの井戸」Wishful Thinking

「ディーンには地獄の記憶がある」とウリエルに言われて、ディーンに問いただすサム。ディーンは否定し、納得しないサムの関心を狩りに向けようとする。女性専用フィットネス・クラブのシャワールームで幽霊が出たという事件を調べにワシントン州へ向かう兄弟。しかし幽霊の目撃者はあやふやな証言をしておりシャワールームに霊が出た形跡もない。見切りをつけて町を去ろうとするとビッグフットの目撃者が現れた。ビッグフットらしき足跡をたどって行くと正体は巨大なテディベアのぬいぐるみで…。


今回のストーリーは、スパナチュにしては可愛らしいというか邪気がない幽霊のお話で、誰かが殺されるような怖いシーンはほとんどなく、思わずクスっと笑ってしまうような、どこかほのぼのとしたところがありました。いつも殺伐としているので、こういうのもたまにはいいですねー。

幽霊は案外のんびりしていて良かったのですが、ウィンチェスター兄弟は、心が痛むシーンが増えてきました。特にディーン。やっぱり地獄での出来事を覚えているんですよね。普段は思いださないよう、考えないようにしてるけど、寝ている時はそういう自制が効かないので、悪夢ばかり見ているようだし、それを打ち消すために酒量がどんどん増えていくという・・・。
そんなディーンを見るサムも辛そうで・・・。久しぶりに二人の切ない気持ちが伝わってきて、見ているこちらも胸が痛くなりました。

天使のことと言い、地獄のことと言い、このシーズンは不可思議なことが多いですよね。シーズンの最後にはちゃんと解決するのかなー。こんな辛い状態を何シーズンも引っ張られると、こっちもしんどいんだけどなぁ・・・。
コメント