Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブラザーズ・グリム

2013年04月29日 10時11分18秒 | 映画(は行)
グリム童話の誕生秘話を、斬新な発想のもとに映像化した大人のファンタジー作品。監督はテリー・ギリアム、キャストはマット・デイモン、ヒース・レジャー、モニカ・ベルッチ他。

<あらすじ>
19世紀、フランス占領下のドイツで、兄ウィル(マット・デイモン)と弟ジェイコブ(ヒース・レジャー)のグリム兄弟は、魔物退治をすることで生計を立てていた。
(シネマトゥデイ)


以前、「本当は怖いグリム童話」という本が流行っていましたよね~。そういうタイプの映画かなと思って気になっていました。
ところが、見始めてみると、ビックリ!怖いどころか、かなりコミカル???しかも、兄弟で魔物退治だなんて、まるで「スーパーナチュラル」みたいな話じゃないですかー^^;
なんか、想像していたものと随分違っていて、ちょっと面食らってしまいました。

ストーリーは、さすがにグリム童話に沿った話を冒険ものっぽく仕上げてあって、なるほどなーと思わせられるものがありましたが、上にも書いたように、もっとおどろおどろしい展開を期待していたので、ファンタジックな世界観にはまり切れなかったのが残念。

マット・デイモンとヒース・レジャーの兄弟のやり取りは、なかなか面白かったし、モニカ・ベルッチの美女ぶりは見る価値アリだったんですけどね~。
もうちょっとひねりのある話を見たかったかな。



コメント   トラックバック (3)

テルマエ・ロマエ

2013年04月22日 00時02分22秒 | 映画(た行)
古代ローマ帝国の浴場設計技師が現代日本の銭湯にタイムスリップしてしまう、ヤマザキマリの人気コミックを実写映画化。監督は武内英樹、キャストは阿部寛、上戸彩、北村一輝、宍戸開、市村正親他。

<あらすじ>
古代ローマ、アイデアが行き詰まり失業した浴場設計技師のルシウス(阿部寛)は、友人に誘われた公衆浴場でタイムスリップしてしまう。たどり着いた場所は、何と日本の銭湯。そこには「平たい顔族=日本人」がいて、彼は漫画家志望の真実(上戸彩)と出会う。ルシウスは日本の風呂の文化に感銘を受け、そこで浮かんだアイデアを古代ローマに持ち帰り一躍有名になっていくが……。(シネマトゥデイ)


この映画、すごく笑えると聞いていたので、気になっていたのですが、こんなに早くテレビで放送してくれるとはー!!ラッキーです。

聞いていた通り、確かに笑える映画でした(^^) 阿部寛が現代の銭湯を見て、ローマの浴場との違いを真面目に考えて語るところがもう面白すぎて、おなかを抱えて笑いました。こんなに笑った映画は久しぶりです。
後半は、政権争い(?)的な話になってしまって、面白さが少し失われてしまった気がするけど、全般的にとても楽しい面白い映画でした。

キャストも実に素晴らしいですね。阿部寛をはじめとして、ローマ人を演じていて全然違和感のない配役となりきりぶり。よくもここまで集めたな~と感心します。最高!

噂では、映画よりもコミックスの方が面白いなんて話も聞きますが、コミックスだとこのキャスティングの妙は味わうことができませんもんねー。映画には映画の、コミックスにはコミックスの面白さがあるということでしょうね。
といいつつ、これ以上に面白いというコミックス版も是非、読んでみたいな~。
それと、映画版の続編にも期待したいです。
コメント   トラックバック (20)

きな子 ~見習い警察犬の物語~

2013年04月19日 00時04分03秒 | 映画(か行)
香川県丸亀市に実在する、警察犬試験に6回挑戦しながら全て不合格となった見習い警察犬「きな子」の物語を映画化したもの。監督は小林義則、キャストは夏帆、寺脇康文、戸田菜穂他。

<あらすじ>
警察犬訓練士を目指す18歳の望月杏子(夏帆)は、入所した訓練所でラブラドール・レトリバーの子犬きな子と出会う。身体の弱いきな子は警察犬になれないと言われた杏子は、自分がきな子を警察犬に育てると宣言し、その日から彼らの奮闘の日々が始まる。しかし、警察犬試験に何度も失敗するきな子と自分自身に、杏子は失望していく。
(シネマトゥデイ)


犬が大好きなので見てみました。ラブラドールのきな子は、本当に健気で可愛い!!確かに、警察犬としての素質は???だけど、一生懸命で心優しい犬だなということが伝わってきて、これを見るだけでも価値はあったなーと思います。

ストーリーとしては、ごくごく普通。展開もベタだし、特別すごいことが起こるわけではありません。でも、安心して観ることができるし、心が温まるお話なので、ファミリーで見るのに最適な映画だと思います。

あと、訓練所の所長役で出演している寺脇さんの演技がすごく良かったです。素朴で飾らないがさつな性格だけど、暖かい人柄が滲み出ていて・・・。いいキャスティングだったと思います♪
コメント   トラックバック (5)

96時間

2013年04月14日 23時21分44秒 | 映画(か行)
リュック・ベッソンが製作を務めた本格アクション・スリラー。監督はピエール・モレル、キャストはリーアム・ニーソン、マギー・グレイス、リーランド・オーサー他。

<あらすじ>
17歳のアメリカ人少女キム(マギー・グレイス)が、初めての海外旅行で訪れたパリで何者かに誘拐される。その事件のさなかにキムと携帯電話で話していた父ブライアン(リーアム・ニーソン)は、自らの手で犯人たちから娘を奪還しようと決意。アルバニア系の人身売買組織だと判明した犯人一味のもとへ単身で乗り込む。(シネマトゥデイ)


以前、テレビで放送していたのを録画しておいて、昨日見てみたのですが、全く期待せずに見たせいか、かなり面白かったです♪

ストーリーそのものは実に単純で、娘を誘拐された父親が、たった一人で敵と対峙するのですが、これがすごい迫力で・・・。親バカというか何と言うか、娘のためだったら、とてつもないパワーを発揮するんですよね^^;
「24」のジャック・バウアーも真っ青な迫力です。

この父親は以前CIAで働いていたということで、確かに一般的な父親よりは、肉体的にも頭脳的にもこういう事件には詳しいというはありますが、それにしても、バッタバッタと敵をなぎ倒し手際よく相手を追ってゆく手際は、呆然とするしかありません^^;

でも、こういうご都合主義すぎるところも、決して嫌な感じは受けませんでした。ある意味、ここまでやる潔さを感じてしまって、ついつい応援してしまいたくなりました。

この父親役をリーアム・ニーソンが演じているのですが、これが意外にもハマっていて・・・。いつも真面目な役ばかりを見てきたので、こんなアクションものができるとはつゆ知らず、ビックリしました。
普段は寡黙で目立つ感じじゃないけど、いざとなれば、何もかも捨ててでも、一つの目標に向かって進む姿は、リーアムにピッタリ合っていた気がします。すごいキャスティング!!

そうそう、キムの友人のアマンダ役に、「スーパーナチュラル/シーズン3」で登場するルビー役の子が出ていたのに、ビックリ!!あまりにもバカっぽい役だったので、同じ人だと全然気づかなかったですよ・・・^^;
コメント (4)   トラックバック (3)

クローザー/シーズン3

2013年04月13日 10時51分59秒 | ドラマ(その他)
こちらも、随分と前に見終わったのですが、今更感想をアップです~^^;
このドラマは、1シーズンが15話と、他のドラマより少ないので、いつの間にか次のシーズンに移ってしまっていて、ついつい感想を書くのを忘れてしまいます。

で、今シーズンのクローザーですが。さすが公務員というか、ロス市警でも経費削減の嵐のようです。これをブレンダがいかに乗り切るかが見ものです。

そして私生活では、相変わらず、ブレンダはマイペースというか、自分の勝手でフリッツを振り回し、ちょっとやりすぎじゃないの~?という感じだったのですが、ようやく後半になって、それが緩和されてきました。

このシーズンの最後の方、ブレンダの体調が悪くなり、病院で検査したところ、なんと更年期障害だということが判明!ブレンダって、まだ40くらいですからね。いくらなんでも早すぎ!まだ結婚もしてないし出産も・・・。ブレンダのみならず、フリッツも相当ショックだったんじゃないでしょうか。

他のメンバーも、今シーズンも変わらず面白かったです。プロペンザとフリンのやり取りは、まるで漫才!このコンビは最強ですよね。もっともっと見てみたいシリーズです。
コメント

プリティ・リトル・ライアーズ/シーズン2

2013年04月10日 22時27分05秒 | ドラマ(その他)
これまた随分前に見終わっていたのに感想を書くのを忘れていました~^^;

このドラマは、犯人がすぐにも分かりそうなのに、なかなか進展したいのがネック・・・。結局、アリソンを殺した「A」は誰なのか?ということに尽きると思うのですが、それがあと一歩のところまでいって、結局は分からない・・・というのが何度も繰り返されるんですよねー。イライラ。

「A」は一人なのか、はたまたグループなのか。どうやら、少なくとも何人かの協力を得ているのは確かなよう。それが自主的なものなのか、脅してやらせているのかは分からないけど・・・。
にしても、「A]がメールを送ってくるタイミングなどを考えても、絶対に各人の家に監視カメラや盗聴器を付けてないとムリというようなものもあり、そこまでできる人っているのか考えたら、余計に混乱するわ~。
実は夢オチとかパラレルワールドオチだったりするのかも・・・と勘ぐってしまうほど、よく分からないんですよね。

で、「A]のこと以外では、アメリカの高校生の生活が垣間見れて面白いのは面白いんですよね。ファッションとか恋愛とか友情などなど、アメリカ特有なものから日本でもありそうなところまで、色々と楽しめます。
家族関係もそれぞれ複雑で、みんな問題を抱えているので、それらがどうなっていくのかにも興味があります。

シーズン3はいつごろ放送されるのかなー。忘れないうちに、早く続きがみたいです♪
コメント

クリミナル・マインド FBI行動分析課/シーズン2

2013年04月08日 00時05分07秒 | ドラマ(その他)
もう結構前に見終わっていたのですが、感想をアップするのを忘れていたので、今頃書きます・・・^^;

このシーズンでは、ちょっとショックなことがいくつかありました。
ひとつは、エルの辞職。シーズン1の最終話で撃たれたことに端を発し、後にBAUに復帰はするものの、精神的ダメージは大きく、心を病んでしまい、結局は辞職してしまったのです。

エルって、最初に見たときは、ちょっと冷たそうで嫌味な人かなと思ったものですが、どんどん人間らしさが表に出てきて、シーズン1で撃たれる直前は、モーガンとのやり取りも面白くて、ファンになってきていただけにすごく残念でした・・・。

そして、もう一つのショックは、ギデオンのこと。この人も、心に深い闇を抱えていた人だったんですよね。事件の捜査をしているときは、そういうところをあまり感じさせなかったので、こちらも忘れかけていたんですけど・・・。

ギデオンにとって、とてもショックな事件が最終話で起こってしまい、結局はギデオンもBAUから去ってしまうという、衝撃的な結末を迎えてしまうんですね。

私の中では、このドラマはある意味ギデオンが主人公か?と思っていた程だった(ドラマの宣伝写真にはギデオンが一番真ん中に映っていたし)ので、去ってしまうという事態は、かなり衝撃でした。

また、他にもリードが犯人に拷問されて薬物を注射されてしまうという事件もありました。その後遺症で、薬物中毒になってしまい、言動がおかしくなってしまって・・・。メンバーにもヒドイことを言ったり、仕事をサボったりと、これまでのリードでは考えられないようなことになって、ショックでした。
頭はすごくいいのに、世間知らずでスレていなくて、BAUのほかのメンバーから可愛がられているというのがツボだったのに、こんなリードは見たくない!って思ってしまいましたもん。
最終的に、リードは薬物依存を克服したのか、ごく普通に振舞っていますけどね。

後はモーガンに絡んだ事件もあったり、シーズン2も盛りだくさんで見ごたえありました。最初はただの事件ものという感じで見始めましたが、今では続きを見るのがとても楽しみなシリーズです♪
コメント

スイッチ~運命のいたずら~/シーズン2

2013年04月07日 10時02分43秒 | ドラマ(その他)
前回に続いて、「スイッチ~運命のいたずら~/シーズン2」を見ました!!ここまでの全30話が、アメリカではシーズン1となっているそうです。
ストーリーは、シーズン1からシーズン2の変わり目が全く分からないほど続いているので、なぜ日本では、ここで区切ったのか?と不思議でなりません^^;

で、ストーリーですが、人間関係がさらにややこしいことに・・・。狭い町だから、誰かの友達が誰かの彼(彼女)になったり、憧れの職場の上司が、知人と実は付き合っていたり・・・と、人間関係が錯綜するのです。
でも、それが不自然な感じではなく、こういうこともあるかもなーという感じで、さらっと見せてくれるのが、このストーリーの良いところかな。

そして何より、ベイとダフネなどこの物語に出てくる全ての人が、決して完璧な人間ではなく、色々なことに悩み傷つく、ごく普通の人間であるところがいいんですよね。
どこかに自分と同じようなところが見つけられて、すごく身近なドラマとして見ることができるんです。

このドラマは、まだ日本では有名ではありませんが、とてもいい作品なので、もっと多くの人に見てもらいたいです♪

コメント