Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点

2015年11月15日 23時25分26秒 | 映画(た行)
ここのところ、過去に録画していたドラマや映画を整理して、順番に見ていってるのですが、今回は「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」を見ることにしました。

前作も見たのですが、相変わらず、昭和っぽい映像とセットですよね。しかも、大泉洋さんの変にクールな語り口調が、作中のキャラとは違いすぎて笑えます。

大泉洋さんと松田龍平さんのキャラは好きなんですが、全体的にドタバタしすぎているので、じっくり見る感じではなく、ちょっともったいない気がしました。
でも、今回の犯人は、ホントに最後まで分からなかった!!!!普通こういう作品って、配役を見たり、内容をちょっと見ていれば、「ああこの人が犯人なんだろうな」と予想がつくんですけど、今回は全く分からなかったので、犯人が分かった瞬間は、もうビックリー!
まさか、こんなどんでん返しがある作品だと思っていなくて、油断してました(^^;
(犯人の動機が弱いということの現れなのかもしれませんけどね・・・)

ちなみに、このシリーズは「3」もあるんでしょうか???あるなら、また見てみたいな~。

コメント   トラックバック (7)

ノウイング

2015年11月14日 23時48分20秒 | 映画(な行)
ずっと以前に録画して放置したままだった「ノウイング」をようやく見てみました~。
なぜこんなに長い間放置していたかというと、見る時間がなかなか取れなかったというのもありますが、何より、見た人の感想があまり芳しくないものだったのが大きいです(^^;

<あらすじ>
消滅の危機にひんした地球を舞台に、ある重大な事実を知った大学教授とその幼い息子による愛と勇気のドラマが展開する。主演はニコラス・ケイジ、その他のキャストはローズ・バーン、チャンドラー・カンタベリー他。


噂が噂だっただけに、なかなか見る気が起きなかったのですが、実際に見てみると、そういう感想になってしまうのも、しょうがないのかな~と変にナットク。
途中までは、結構面白かったんですよね。50年前にある少女が書いた数字の羅列が何を意味しているのか?とか、謎解きの風味が効いていて、興味をそそられたんですけど、何と言っても結末がねぇ・・・。
こういうパニック映画を見る場合って、大抵は最後は主人公の必至の行動がキッカケで、なんとかパニックが収拾される・・・という、サクセスストーリーであることを、心のどこかで望んでいるんだと思うんです。
でも、この映画は、思い切り、そういうのから外れていますからね・・・。娯楽映画でこんな結末があるなんて・・と、ちょっと受け入れられない気持ちでした・・・。

しかも、主人公であるニコラス・ケイジの子供は助かる(選ばれる?)んですが、どういう理由でそうなったのかという明確な回答はないわけです。
それで、余計に消化不良で、評価が下がるのかも・・・。(しかも、なぜウサギはOKなの?とか、犬やネコじゃなくて、ウサギじゃないとダメなの?という疑問もありますし)

面白い面白くないは別にして、見た後に消化不良になる映画であることだけは、間違いなさそうです(^^;
コメント   トラックバック (3)

図書館戦争

2015年11月09日 00時29分51秒 | 映画(た行)
この間テレビで放送していた「図書館戦争」の映画版を録画して本日見てみました♪
実はずっと、この原作の本を読んでみたかったのですが、図書館ではいつも借りられていて、ついつい忘れてしまっておりました。
で、映画版をテレビで放送してくれるというので、ラッキーとばかりに見てみたのですが・・・。

なんか、予想していたのとは違った感じでした。面白くない訳ではないし、榮倉奈々ちゃんも岡田准一くんも、役柄には合っていたと思うんですけど、なんかこの世界観についていけない感じがあったんですよね~。(好きな方、ゴメンなさい)

図書を守りたいというのは分かるんですけど、そのために実際に銃器を使って戦争をするとか、リアリティをイマイチ感じない・・・。
本を守るのに、本当に人が死んだり傷ついたりするなんて、そんな事があるの???って感じで・・・。しかも、戦争するのも時間制限とかもあるんですよね???私の理解が甘いのか、作品の世界観がはっきり分からなくて、作品にどっぷりとはまることはできませんでした。

確かに、権力者が色んな思想や考え方、表現を一方的に排除しようとするのは間違っているし、それに対して抵抗する組織があるというのもわかるんですけど、実際の映像で見ると、正直違和感を覚えるんですよ・・・(^^;
きっと、小説だとそこまで気にはならないんじゃないのかな、という気がします。

というわけで、やっぱり私は原作を読んでみたいかな。なんか一冊のボリュームがかなりあるので、読むのには時間がかかりそうなんですけど・・・。頑張ります(^^;
コメント (2)   トラックバック (10)