Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

華麗なるペテン師たち/シーズン1、シーズン2

2014年03月29日 23時52分09秒 | ドラマ(その他)
イギリスのドラマ「華麗なるペテン師たち」のシーズン1&シーズン2を見ました!

普段見慣れているアメリカのドラマだと20話~25話くらい、韓国ドラマだと下手すると100話近いものもありますもんね。まだ少ない方の日本のドラマでも、9~12話くらいですから、イギリスのドラマがたった6話しかないなんて、もうビックリしましたよ!

1シーズンがたった6話しかないこのドラマですが、1話での満足度はかなり高いものがありました。
タイトルからも分かる通り、詐欺師集団の話なんですけど、毎回飽きさせない見ごたえあるストーリーと、俳優さんたちの重厚な演技力。さすがイギリスだなーと思わせられました。

登場人物の詐欺師たちですが、最初は年齢層もバラバラだし、どういう仲なのか、いまいちよく分からなかったんですが、見ている内に、詐欺師達の背景とか本当の姿とかが分かって、ますます面白くなりました。
それに、最初のうちはチームワークがあまり感じられなかったけど、だんだんと息が合ってきて、雰囲気も良くなってきたから、この先も期待できそうです!

コメント

宇宙兄弟

2014年03月21日 23時33分01秒 | 映画(あ行)
小山宙哉によるベストセラー・コミックで、幼いころに宇宙飛行士になる約束を交わした兄弟が、異なった人生を進みながらも互いに宇宙を目指して奮闘する姿を壮大なスケールで描くいた映画。
監督は森義隆、キャストは小栗旬、岡田将生、麻生久美子、堤真一他。


原作は漫画で、アニメ化もされている人気作品なので、映画にしたらどうなんだろう・・・とちょっと心配していたのですが、意外にもキャスティングはイメージに合っていて良かったかな。(この辺は人によって好みが分かれるところだろうけど)

しかし、ストーリーとしてはどうなんだろうと疑問に思うところが多々ありました。あまりにも話が進むのが早すぎて、ついていくのがやっとという感じで、何の感慨も浮かばないし、単に弟の後を追って兄が宇宙飛行士になりましたというだけに終わってしまったようだったのが残念。

私はアニメを初期の方だけは見ていたので、映画の早すぎる展開にもなんとかついていけましたが、初めての人は単なる説明だけに終わっちゃってたんじゃ・・・。

しかも、ナットクいかないのが、ラスト!!弟のヒビトが月で事故に遭うという場面。私はアニメでもそこまでは見ていなかったので、どうなるのかと楽しみにしていたのに、救出の場面もなく、アッサリと終わってしまって、????が飛び交いましたよー!!
いくらなんでも、そこは端折っちゃダメじゃない?もしかして、原作やアニメでもそうなってるの???

友人がすごく面白いと言って、褒めていた漫画だったので、私もすごく楽しみにしていたんですが、この映画はかなり消化不良で、物足りなかった・・・(T_T)
コメント   トラックバック (8)

ワンス・アポン・ア・タイム/シーズン1

2014年03月09日 13時47分52秒 | ドラマ(その他)
NHKで放送していた「ワンス・アポン・ア・タイム」を見終わりましたー!

誰でも知っているおとぎ話の登場人物が、魔女の呪いによって記憶を失い、現代のアメリカで暮らしているという設定のストーリーです。

基本的にファンタジーはあまり好みではないジャンルなんですけど、これは「おとぎ話」という誰でも知っているお話をベースにしているためか、それほど違和感なくドラマの世界観に入っていくことができました。

見れば見るほど、このドラマがうまく考えられてできているなーと感心させられることが多く、すごく見ごたえありました。
あの有名なおとぎ話の登場人物が、現代だと誰になっているのか・・・とか考えると、すごく面白いんですよね。

色んな人が登場しますが、中でもかなりの頻度で登場する悪い女王とルンペルシュティルツキン(おとぎ話での役柄)のインパクトはすごいです。
何がすごいって、性格が悪そうで何を考えてるか分からない不気味さを湛えた演技が、気合入りまくりで・・・。現代の方でも、もちろん悪役ですので、余計にそう思うのかも・・・。

こういうドラマでは、悪役の演技力が、物語を面白くできるかどうかがかかってくると思うので、この二人のおかげで、物語がさらに面白くなっているのは、間違いないところだと思います。

あと気になるのは、ヘンリー。物語の鍵を握っていると思うのですが、彼がおとぎ話上では、どの役柄にあたる人物なのか?がよく分かりません。ひょっとすると、彼だけは、おとぎ話とは全く関わりのない人物で、それだからこそ「鍵」となるって事なのかも!?

まだまだ、ストーリーは続いていくようなので、その辺りは、乞うご期待というところでしょうか。
コメント