Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ウォンテッド

2008年09月30日 00時01分06秒 | 映画(あ行)
ティムール・ベクマンベトフ監督、ジェームズ・マカヴォイ、アンジェリーナ・ジョリー、モーガン・フリーマン等が出演の新感覚アクションもの。

<あらすじ>
上司にはイビられ、恋人は寝取られと、散々な日々を送るウェスリーに突然の転機が訪れる。謎の美女フォックスと彼女が所属する暗殺組織に、暗殺者としてスカウトされたのだ。会社を辞め訓練を重ねたウェスリーは、その身体に秘められた才能も手伝って、一流の暗殺者として頭角を現す。そして彼は父を殺した敵であり組織の裏切り者でもある、クロスの暗殺任務に就くが……。(goo映画より)


ものすごい迫力とスタイリッシュな映像が印象的な、とても斬新な映画だったと思います。最初から最後までハラハラ・ドキドキするシーンの連続で、あっという間に終わってしまったような気がします。
予告編を何度か目にしてたんですが、アクションが売りの映画でちょっと怖そうだなーと考えていたのですが、それだけじゃありませんでした。ストーリーも途中から思いもよらぬ展開になり、なかなか見ごたえありました。

ただ、暴力シーンはかなりありますので、そういうのが嫌いな方はご注意!私も思わず目を覆ってしまう所がしばしばありました。結構心臓に悪いですよー。

それと、「え?」と思うところも結構あり・・・。例えば電車が橋から落ちるシーン。あれって、他の乗客はどうなるのー!? あの人たちが乗っていたせいで、他の人は巻き添えを食っちゃったんですよね。
あと、ネズミに爆弾をつけて放つシーン。いくらネズミでも、ちょっとヒドイんじゃない?と思ってしまいました。
フィクションなんだから、細かいことを気にしても仕方ないんですけど、主人公達がそういう事を悔やんだり考えたりするシーンが一つもなかったのがちょっとね~。他人の命や人生をあまりにも軽く考えてるような気がして、ちょっと気になりました。その他は、想像以上に楽しめる映画だったので満足しています♪

主演の一人である、ジェームズ・マカヴォイは、ウェスリーの役柄に合わせて肉体改造をしていたそうです。そのせいか、最初はひ弱な印象だったウェスリーが、どんどん逞しくカッコよくなっていってました。演技とメイクや衣装でそうなってるのかと思っていたのですが、実際に鍛えていたんですねー。すごい!
コメント (8)   トラックバック (85)

ハンサム★スーツ

2008年09月28日 00時02分52秒 | 映画(は行)
11/1(土)劇場公開の「ハンサム★スーツ」の試写会へ行ってきました♪あの鈴木おさむが脚本とのことでかなり笑える映画になる予感がしていましたが・・・。出演は、谷原章介、塚地武雅、北川景子、佐田真由美、大島美幸(森三中)他。

<あらすじ>
母親の残した定食屋を継いだ琢郎は、ブサイクだが料理の腕前は天下一品の優しい男。これまで数々の女性に告白してはフラれ続けてきたが、心優しい美女、寛子がバイトに来るようになってから、琢郎の生活は変わった。しかし、寛子にもあっけなくフラれた琢郎は、自分がモテないのはブサイクなルックスのせいだとひどく落ち込む。そんな時、立ち寄った洋品店で、着るとハンサムになれる“ハンサム・スーツ”を勧められる。(goo映画より)


以前から、この映画の予告を何度か目にしていて、ドタバタコメディものなんだろうなーとは思っていたのですが、その想像を超える面白さで、笑い過ぎて涙が出てくる程でした(笑)。試写会の会場も大爆笑の渦で、久し振りに心の底から笑っているなーと感じて、ストレス解消になりましたね。

ストーリーはものすごーくベタな展開なんですが、笑いの中にちらほらとシリアスな場面もあり、単なるドタバタ劇だけに終わらないところも良かったですね。
ネタバレになるのであまり詳しく書けないんですが、笑いどころ満載の映画なので、何も考えずに笑いたい時、落ち込み気味の時に見るといいと思いますよ~。

また作中で使用されている音楽がいい!80年代90年代に流行った曲ばかりなんですが、すごく懐かしくて心に響きました。
エンディングで流れているのが、「LA・LA・LA LOVE SONG」だったので、帰りはiPODで、それを聞いて帰りましたよ~。

あ、そうそう!エンドロールの後にワンカットありますので、完全に終わるまで席は立たない方がいいですよ~♪


公式HPはコチラ→http://www.handsome-suits.com/

コメント (20)   トラックバック (50)

24シーズン6 関西テレビでの放映開始日決定!

2008年09月27日 00時12分32秒 | その他
関西地方に在住の「24」ファンの方に朗報です!!ついに、10/4(土)から、「24/シーズン6」の放映が開始されるそうです♪(ペッタン星人様より教えて頂いたニュースです。ありがとうございます)

下記HPの、「24 シーズンVI」全国の放送スケジュールはこちら を参照下さい
  ↓  ↓  ↓
http://www.foxjapan.com/dvd-video/24/index_frames.html

このスケジュール表を見ると、シーズン6の放映期間はかなりバラつきがありますねー。短いところだと10日間ほどで全話を放映するけど、長いところでは半年ほどかかるという・・・。
関西は1ヶ月半程度なので、ちょうど中間くらいの長さになるようですが、確か昨年までは2週間くらいで終わってたと思うので、今回はゆっくり目のペースで見ていくことになりそうです。
「24」は一気に見た方が面白さが倍増するドラマだと思うのですが、それをやりすぎると寝不足で大変な目に遭うので、これくらいのペースの方がいいのかもしれませんね。

何はともあれ、開始日が決まったことで、ますます楽しみになってきました。



コメント

L change the WorLd

2008年09月26日 00時22分03秒 | 映画(あ行)
「デスノート」「デスノート the Last name」で大人気を博した名探偵Lを主人公にしたスピンオフ作品。出演は、松山ケンイチ、藤村俊二、工藤夕貴、福田麻由子、高嶋政伸、南原清隆ほか。

<あらすじ>
キラ事件解決の代償として唯一無二のパートナー、ワタリを失い、自らもデスノートによる究極の選択をしたLの下に、突如消滅したタイの村でただ1人生き残った幼い少年がワタリへのメッセージを携えて送られてくる。そしてもう1人、亡き父親からあるものを託された少女・真希が追っ手から逃れるように飛び込んでくる。新たな《死神》の出現を察知したLは2人の子どもを守りながら人生最後の難事件に挑むのだった。(goo映画より)


「デスノート」は、すごく面白かったのですが、この作品は正直言って、微妙でした・・・。やっぱり「デスノート」の醍醐味は、キラとLという二人の天才の頭脳戦にあったんだなーと改めて感じました。

松山ケンイチさんの「L」は、マンガのイメージにすごく合ってて良かったんですけど、ストーリー自体が面白味に欠けるというか。バイオテロとか大げさな設定を使っているわりに、全体が間延びした感じで緊迫感があまり感じられなかったし・・・。悪役があまりにも小物すぎるんですかね~。Lの相手はキラじゃないとやっぱりダメなのかも・・・。

「デスノート」のスピンオフ作品ですが、テイストはかなり違っていますし、「デスノート」のストーリー自体もほとんどこの作品には関係ないので、そういうのを期待してみると、物足りなさを感じると思います。(私もそのクチでした)

「デスノート」では、一番Lが好きでしたし、Lをずっと見れたのは嬉しいんですけどねー。まさに、そういうファンの為の作品でしたね。

コメント (2)   トラックバック (35)

さらわれたい女

2008年09月24日 00時45分09秒 | 小説
歌野昌午著「さらわれたい女」を読了しましたー!タイトルが変わっていて面白そうだったので、図書館で借りてみました。

自ら「私を誘拐して下さい」と頼んでくるという、一風変わった誘拐ミステリーです。ミステリーやサスペンスは好きな方ですが、誘拐を主要テーマにした作品って、考えてみればあまり読んだことがなかったかも・・・。
誘拐っていう犯罪は、身代金を取るのがかなり難しいので、作品にしづらいのかもな~。(←勝ってな想像です)

で、本作ですが、序盤はなんだか2時間ドラマを観てるような軽~い感じで進んでいきました。登場人物の言動が、あまりにもありきたりで嘘臭い!って思っていたら、途中から予想外の方向へ話が転がり、あとはグイグイと最後まで一気に読めました。まー、序盤の展開では終わるはずはないとはさすがに思っていましたけどね。
ラストは、ちょっと拍子抜け。ミステリーものなので、詳しくはここに書けませんが、そういう展開にするなら、最初からやってれば良かったんじゃ・・・と正直思っちゃいました。

でも、「電話」をうまく使っていてアイデアとしては、なかなか面白かったですよ。現在ではもう使えないものもあるようなので、すごく時代性を感じるんですけど、私の年代だとこんなのもあったなーと結構懐かしいですね。(使ったことないですが)

コメント (8)

プリズン・ブレイク3/VOL.6

2008年09月22日 00時39分25秒 | プリズン・ブレイク/シーズン3
「プリズン・ブレイク」シーズン3のDVD6巻目のあらすじ&感想です~!

第11話「7人の夜」 (UNDER AND OUT)

大雨が降り出し脱出用のトンネルが陥没し始めた。このままでは監視に見つかってしまう為、急遽今夜決行することにし、マイケルは知恵を絞るが・・・。


第12話「天国と地獄」 (HELL OR HIGH WATER)

事前の打ち合わせ通り刑務所内が停電し、ルチェロ、ティーバッグ、ベリックは脱出用の穴から出てフェンスに向って走り出した。しかし、30秒停電している筈の電力は、何故かあっという間に回復し、3人は捕まってしまった。この脱獄騒ぎに乗じ、マイケルたちはトンネルから脱出するが・・・。


感想

色んなトラブルがありつつも、とうとう脱獄することに成功しましたねー。ルチェロ、ティーバッグ、ベリックの3人をうまく出し抜けたのには驚きました。
元々、昼間に脱獄する予定が夜に急遽変更したので、それだけでも計画を練り直さなきゃいけなかったのに、脱獄させるとマズそうな3人を留め置けたのはスゴイです。
ビーチに隠してあった酸素ボンベの数から考えると、最初からそういう事は考えてあったのかもしれませんね。
以前の脱獄の際に、ティーバッグのような凶悪犯を脱獄させてしまった事に、マイケルは随分責任を感じてるみたいでしたし・・・。

ただ、一応マイケル達はうまく脱獄はできたものの、スクレが大ピンチ!!スクレと海で落ち合って、ボートに乗せてもらう予定が、大幅に狂っちゃって・・・。
一つうまく行ったら、すぐに難関がやってくる・・・というのがこのドラマの醍醐味なんですが、ここに来てハラハラ・ドキドキする場面が一層増えて、心臓に悪いです~。

シーズン3もあと1話で終わりとのことで、マイケル達がうまく逃げ切れるか、LJ達を取り戻せるか、とっても楽しみですv

コメント

24シーズン6 フジテレビで近日放映!

2008年09月21日 03時07分04秒 | その他
 ついに、フジテレビで「24/シーズン6」が9月29日から放送されるようですね~。う、うらやましい・・・。

 私は関西在住なのですが、フジテレビ系列である関西テレビでは、何故かフジテレビで放映され始めて、しばらく経ってやっと放映されるんですよねー。
このタイムラグはなに!?って思っちゃいますが、とりあえず、もう少し待てば関西でも放映されるってことですよねー。(今、関西ではシーズン5の再放送をしてるので、それが終わってからになるだろうと思われます)

 「24」って見始めると途中でやめられないので、絶対寝不足になること間違いナシ!なんで、ある意味ツライところもあるんですが、でもあのハラハラ・ドキドキ感は他のドラマでは味わえないからなー。
うわーい。今から楽しみ

コメント (10)   トラックバック (1)

ダンテズ・ピーク

2008年09月20日 00時29分30秒 | 映画(た行)
火山の脅威をテーマにしたパニック映画。出演は、ピアース・ブロスナン、リンダ・ハミルトン、チャールズ・ハラハン他。

<あらすじ>
火山地質学者のハリー(ピアース・ブロスナン)は、休火山「ダンテズ・ピーク」の調査のため、その麓の町を訪れた。調査を進めて行くうちに、ハリーは火山の噴火が近いことを確信する。このままでは町全体が危険であると、町長のレイチェル(リンダ・ハミルトン)に直談判し、何とか協力を取り付けた。だが、住民を招集した会合の最中、噴火が起こり、町はパニック状態に陥った・・・。


火山の脅威がすごい迫力で描かれていて、結構楽しめました。パニックものって結構ありますが、火山ものは初めて見たので、見ごたえありました。
少々、ご都合主義が目につきましたし、突っ込みどころは満載でしたけど、ハリーとレイチェル一家との交流も爽やかな感じで、なかなか好感持てました。
コメント (4)   トラックバック (2)

ワイルドシングス

2008年09月18日 00時01分10秒 | 映画(わ行)
女子高生レイプ事件に仕組まれた陰謀と罠を描いたサスペンス。出演は、ケヴィン・ベーコン、マット・ディロン、ネーヴ・キャンベル、デニース・リチャーズ他。

<あらすじ>
女子高生ケリー(デニース・リチャーズ)は、指導教師のサム(マット・ディロン)にレイプされたと訴えた。サムはボウデン弁護士(ビル・マーレー)に助力を求め、裁判で争った。一方、警察官のデュケ(ケヴィン・ベーコン)も、この事件の調査の過程で、ケリーの同級生スージー(ネーブ・キャンベル)から、サムにレイプされたという証言を得た。しかし、裁判でスージーは自らのレイプも、ケリーのレイプも偽証だと暴露する・・・。


途中までは、お決まりのサスペンス物っぽい感じで進み、「やっぱりこう来たか・・・」と思ったりもしたのですが、そこから先は、完全に意表をつかれましたねー。エンドロールを見終わるまで、気を抜けない展開で、予想以上に楽しめました!

ストーリーとしては、特に語るべきところもない内容の話だし、変にエロチックな場面を入れていたり、無理あるんじゃない?っていう展開も散見されましたし、B級っぽい映画ですね。
なので、やっぱりこれは「どんでん返し」が全ての映画だと思います。先が分かっちゃうと、全然楽しめないだろうなー。

ケヴィン・ベーコンとマット・ディロンは、二人とも善悪どちらもできる役者さんだと思うので、こういう作品にはうってつけですねー。すごく合っていたと思います。

ちなみに、この作品はシリーズ化されているようで、「2」と「3」が製作されているんですね。キャストは全然違うようですが、やっぱりこの手のサスペンス物なのかな?気になるところです・・・。
コメント (4)   トラックバック (3)

お知らせ

2008年09月14日 00時11分29秒 | その他
所用で数日留守にします。PCがない場所なので、ブログも見ることができないと思います。

もし、その間にTBやコメントを頂いた場合、すぐにお返しできませんが、戻り次第伺わせて頂きますので、よろしく御願いします


コメント

花嫁はエイリアン

2008年09月13日 00時17分19秒 | 映画(は行)
1988年公開の映画。地球を訪れたエイリアン(キム・ベイシンガー)と、女っ毛のない科学者(ダン・エイクロイド)が恋に堕ちたことによって巻き起こるドタバタを描いたロマンチック・コメディ。

<あらすじ>
物理学者が電波の実験中、誤って遠くはなれた惑星に強力な電磁波を照射してしまう。危機を迎えたその惑星は、エージェントを地球に派遣、科学者に修復の電磁波を再度発射してもらおうとするが……。(allcinemaより)

ひたすら明るく軽いノリでとても楽しめる作品でした。ダン・エイクロイドが生真面目で女っ毛のない科学者の役をやってるのですが、この演技がすごくイイ!キム・ベイシンガーの美しいけど変なエイリアンぶりと合わせて、すっごく笑わせてくれます。

ストーリーとしては、真面目に考えるとかなりハチャメチャなんですよね。だけど、そのハチャメチャさが逆に軽くて楽しく好感を持てる作品にしてる気がしました。昔はこういう作品結構あったような気がするんですけどねー。最近はドタバタコメディとかラブコメであっても、感動シーンなんかを盛り込んであることが多いので、余計にそう思うのかもしれません。

こういう頭を使わずにひたすら笑えて楽しめる作品って、案外シンプルでいいなーと思いましたよ。
コメント

プリズン・ブレイク3/VOL.5

2008年09月11日 00時08分31秒 | プリズン・ブレイク/シーズン3
「プリズン・ブレイク」シーズン3のDVD5巻目のあらすじ&感想です!

第9話「籠のトリ」(BOXED IN)

マイケルに不審感を抱いた新しい司令官は、マイケルを炎天下の檻に入れて脱獄騒ぎの真相を話すよう迫る。拷問の末、マイケルはリンカーンを陥れた「組織」に脅迫されていたことを話し始める・・・。


第10話「裏切り者に死を」(DIRT NAP)

マイケルに甘いルチェロに業を煮やしたサミーが反旗を翻した。新しいボスの座に着いたサミーは、さっそく囚人達に向かってマイケルと引き換えにラム一箱を渡すと宣言する。


感想

マイケルとウィスラーはともかく、ルチェロ、マホーン、ベリック、ティーバッグと、一緒に脱獄する人間がどんどん増えてしまって、なんだかシーズン1と同じような様相を呈してきました。
人数が増えれば増えるほど、色々な面で協力しあえるとは言え、何と言ってもメンバーがメンバーなだけに信頼できるとは到底言えないので、マイケルの心労も増えるばかりですね。
それに、脱獄計画自体もシーズン1の時と違ってかなりツメが甘く、うまくいく可能性は限りなく低そうなのでね・・・。
シーズン3は13話しかないので、あとたった3話で、どうやって話をまとめてくるのか気になるところです。

ちなみに、ウィスラーはますます怪しくなってきました。実はものすごく黒ーいヤツなのかも・・・。

コメント

ファインディング・ニモ

2008年09月09日 00時04分29秒 | 映画(は行)
ディズニー&ピクサーによる長編アニメ。すごく人気のある作品だということで、楽しみにしてました~!

<あらすじ>
カクレクマノミのマーリンとコーラル夫婦は、バラクーダに襲われ、マーリンだけが生き残る。マーリンは、たった一つだけ残された卵をニモと名づけた。やがてニモは、右ヒレが小さい以外は元気に成長し、いよいよ学校へ行く日がやってくる。しかし、極度の心配性になっているマーリンの忠告をよそに、海上に浮かぶボートに近づいたニモは、ダイバーによってさらわれてしまった。マーリンは、物忘れの激しい魚、ドリーの協力を得て、ニモを探しに大きな海へと旅立った!(goo映画より)

やっぱりピクサーのアニメはいい!と実感しました。「レミーのおいしいレストラン」を見た時にも思ったけど、映像はめちゃくちゃ綺麗だし、ストーリーも冒険ありジーンとくる場面ありでうまく作られていると思います。マーリンとニモの成長ぶりが分かるラストもいいですねー。

キャラクターもとっても可愛いし個性的。特にマーリンと一緒に旅をすることになったドリーが最高!物忘れが激しいけど陽気で憎めない性格で、落ち込み気味のマーリンをグイグイ引っ張ってくれるお姉さん的存在で、マーリンとはいいコンビでした。

また、色んな魚が登場してくるので、見ていて面白い。魚の種類なんて、あまりよく知らなかったけど、これで色々覚えたかなー(笑)。
コメント   トラックバック (7)

陽気なギャングの日常と襲撃

2008年09月07日 00時09分09秒 | 小説
伊坂幸太郎著「陽気なギャングの日常と襲撃」を読了しましたー!

陽気なギャングが地球を回す」の続編です。前作がなかなか面白かったので、続きを読むのをすごく楽しみにしてました。

今作はギャングたちの日常を中心に描かれたものだけに、スケールは少々小さくなった感がありますね。物語としてのまとまりやワクワク感も、やはり前作の方が大きかったですね。これは2作目としての宿命なのかもしれません。
でも、全然バラバラに起こった事件が、後半になって一つに収束されてくるところは相変わらず爽快ですよね。

また、この作品の面白さの一つには登場人物同士の会話があると思うのですが、その点も、前作よりこっちの方が楽しめたかなー。
前作では、少々まどろっこしすぎると思っていた会話文が、今作ではその「まどろっこしさ」が面白いと思えるようになってきたというか・・・。2作目だけあって、登場人物の性格やら行動パターンやらが分かってきて、キャラクターとしての面白さがより際立ってきたような気がします。

この「ギャング」シリーズは、続編を作ろうと思えば作れそうですが、伊坂さんは書くつもりがあるんでしょうか???
私もやっとこのキャラクターに馴染んで楽しめるようになってきたので、またいつか彼らに再会できるといいなーと思います。

とりあえず、まだまだ他に未読の作品がたくさんあるので、手に入る順に読んでいこうと思ってまーす。(図書館では予約しないと絶対に読めないし、予約していても来るまでに随分時間がかかっちゃうのです・・・)

コメント (4)   トラックバック (4)

恋する人魚たち

2008年09月05日 00時51分30秒 | 映画(か行)
60年代アメリカが舞台で、マサチューセッツにやって来た母娘の、それぞれの恋愛劇をコミカルに描いたコメディ。リチャード・ベンジャミンが監督、キャストは、ウィノナ・ライダー、シェール、ボブ・ホスキンス、クリスティナ・リッチほか。

<あらすじ>
男に奔放で引越し癖のある母を持つ15歳のシャーロット。母を反面教師として生きる彼女は、自分がユダヤ系にも関わらずカトリックの修道女に憧れる一風変わった少女だ。そんな彼女たちの引越し先はマサチューセッツの田舎町。そこでシャーロットは、修道院で雑用夫をする青年ジョーに一目惚れしてしまう・・・。(amazonより)


随分前の映画な上、60年代を舞台にした映画なので、ちょっと古臭い感じなのですが、母と娘のやりとりが見ていてなかなか面白いです。特に、娘のシャーロットが心の中でつぶやいている声が、観客には聞こえる趣向になっているのが、ちょっと普通の映画とは違って面白かったですねー。生真面目に見えるシャーロットですが、心の中では結構キワドイことを考えてたりして、そのギャップが何とも言えず・・・(笑)。

破天荒な母親と生真面目な娘、という性格が正反対の母と娘なので、気が合うはずもなく、最初の頃は色んな場面でぶつかり合います。それが、ある事件がキッカケで、お互いが思っていることを全てぶつけ合い、絆が深まってくる・・・という、まぁ物語としてはありがちな展開ではありますが、母親役のシェールも奔放な母親役がピタっときてますし、シャーロット役のウィノナ・ライダーも生真面目すぎるちょっと変わった高校生を好演してて、なかなか見ごたえあるいい作品だったと思います。


コメント