Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

24シーズン6/第24話

2009年01月28日 00時17分13秒 | 24/シーズン6
「24」シーズン6の第24話の感想です。とうとう最終話になりましたー!紆余曲折あって、これがたった1日のできごとだなんて信じられません。
以下、ネタバレしていますので、ご注意ください!

    *    *    *    *    *    *

ついに最終話です。前回の続きで、基盤を持った中国人フィリップの会社の廃工場におり、ジョシュを人質にした男達もそこへ向ったことが分かる。副大統領は、確実に基盤を破壊する為に空爆を命じるのだった・・・。

空爆してしまったら、ジョシュもまず助からないですからね。ジャックがそれを見過ごすはずないですよね。そしてブキャナンもジャックと行動を共にしました。この二人は最強のコンビかも。
ブキャナンってヘリも操縦できたんですねぇ。「24」に登場する人物は、スーパーヒーローばかりですね。

にしても、ラストはもっと盛り上がるかと思ったんですが、さほどでもなかった気がします。工場は確かに破壊されたけど、フィリップが本当に死んだのかどうか、また基盤が確実に破壊されたのかどうかは、この目で確かめられなかったし。

今シーズンを見て思ったのですが、やっぱり「24」も6シーズン目となると、結構マンネリ化してますよね。昔はもっともっとハラハラ・ドキドキしてたし、予想を裏切る展開だらけで面白かったように思うんですよね。まーこれは、このドラマに対する「慣れ」のせいもあるのかもしれませんけどね。
あと、キャラクターも没個性的になっちゃった気もします。以前は、トニーやミシェル、ニーナ、パーマー大統領、シェリーなどなど、悪役も含めて、印象的で魅力あふれるキャラクターがストーリーを引っ張っていたのになー。そこがちょっと残念。

決して面白くなかった訳ではないシーズン6ですが、私はシーズン2から4くらいまでが一番面白かったかなーと思ってます。
この1月からはアメリカでシーズン7が始まっているはずなので、そちらに期待したいですね!
コメント

24シーズン6/第23話

2009年01月27日 00時33分18秒 | 24/シーズン6
「24」シーズン6の第23話の感想です。ネタバレしておりますので、ご注意くださいませ!!

    *    *    *    *    *    *

ブキャナンが久々に登場~!作戦遂行に邪魔になるジャックをCTUに移送しようとしてたのを阻止してくれました。そんなことをすれば、大問題になることは分かっているのにやってくれるなんて・・・。それだけジャックを信頼してるっていうことで、本当に頼りになるいい人ですね。

しかし、副大統領たちの言っていることも理解できるんですよね。本当に難しい問題です。見ている私たちには、絶対にジャックが正しいはず・・・と分かっているけど、現実にこういうことが起こったなら、きっと副大統領がしたようにするだろうしね。

クロエも少々様子がおかしい。顔色も悪いし、モリスも心配してる・・・と思ったら、とうとう倒れてしまいました。
考えてみれば、CTUの主要スタッフは、24時間前から一睡もせずに働いているんですもんね。しかも、ただ働いているだけじゃなく、国家の危機に対応するため気を張り詰めているわけで・・・。これまで倒れる人がいなかったのが不思議な程ですよねー。
コメント

24シーズン6/第22話

2009年01月26日 00時35分49秒 | 24/シーズン6
「24」シーズン6の第22話の感想です。ネタバレしておりますので、ご注意下さい!!

    *    *    *     *    *    *

前回ラストで、チェンとフィリップ(ジャックの父)が繋がっているという驚愕の事実が判明。しかもCTUを襲ったのは、ジョシュを手に入れる為だったようで、他には目もくれずにサッサと出ていってしまいました。(マイロは殺され損?)

後で分かった話ですが、チェンは壊れた基盤の修復をフィリップに依頼し、フィリップはその見返りにジョシュを求めていたようです。でも、ジョシュはCTUに奪還されたので、フィリップは基盤を返さないってことに。こうなると、フィリップの方が強いですよねー。さすがジャックのお父さん。頭の良さも並大抵ではないようです(悪知恵ですけど)。

さて、副大統領の補佐官リサを使って、ロシア側にニセの情報を流すというホワイトハウスの作戦は、リサの行動を怪しんだビショップに見破られ失敗に終わったかに見えましたが、トムが乗り込んで逆にビショップに脅しをかけ、ロシア側に情報を流しました。トムもさすがにやり手ですね~。
でも、ロシア側はすぐにそれを察知したようですね。副大統領がロシア大統領と話した時には全てバレバレでしたもん。で、結果、あと2時間で基盤を取り戻すか、或いは破壊したという確たる証拠を提出しなければ、戦争に発展するという事になっちゃいました。
この中では「2時間」というのがキモですよ。今が22話なので、あと2話つまり2時間でシーズン6は終わりなんで、ラストまでこの問題で突っ走るという事なんですね~。
コメント

24シーズン6/第21話

2009年01月23日 00時02分45秒 | 24/シーズン6
「24」シーズン6の第21話の感想です。ネタバレしておりますので、ご注意下さいね~。

    *    *    *    *    *    *

オードリーからもたらされた情報を調べると、チェンの隠れ家らしきものがあることが分かった。CTUはドイルらを送り込み、調べるが既にもぬけの殻で、大掛かりな武器を持ち出した形跡だけが残っていた。同じ頃、ホワイトハウスでは、ロシア側の諜報員と繋がりのあるビショップと関係を持っていた、副大統領の補佐官リサに言い含め、基盤は破壊されたとの嘘の情報を流そうとするが・・・。


チェンの目的はCTUだったんですねー。ドイル達実戦部隊はほとんど出払っていて、今襲われれば、確かにかなりの打撃を受けますよねー。そういえば、昔(シーズン2くらいだったかな?)も、CTUが襲われたことがありましたけど、そんなに簡単にわかるようなところにあるのかな?

にしても、ジャックがCTU内部に囚われていて良かったですねー。ていうか、ジャックがずっとCTUにいることなんてないから、おかしいとは思ってたんですよね。この為だったのか!と妙に納得がいきました(笑)。
こんな時のジャックはすっごく頼りになる!!毎回伊達に修羅場はくぐっていませんよね。

マイロは可哀相だった。最初はどうかと思ったんだけど、男気のある優しい人でしたよね。こんなにアッサリと死なせてしまうなんて、やっぱり24は非情やわ~。

敵の狙いはジョシュなんですね。これまで、単なる脇役だと思ってたけど、あの子も結構重要だったんですね。ビックリ!
と思ったら、ラストでまた驚愕の事実が!なんと、チェンの裏にはジャックのお父さんのフィリップがついてたのでした。そーいや、あの人前に突然姿を消してそのままだったもんなぁ。すっかり忘れてました(汗)。
フィリップがジョシュを捕らえるように言ったらしいけど、何か隠したんだろうか???
コメント

24シーズン6/第20話

2009年01月22日 00時13分30秒 | 24/シーズン6
「24」シーズン6の第20話の感想です。ネタバレしておりますので、ご注意下さいね。

    *    *    *    *    *

ドイルが突入したが、回路基板はチェンに奪われてしまった。オードリーは無事に戻ってきたが、どうやら精神状態がおかしくなっていた。また、ロシア大統領にも、基盤のことを早々に知られてしまい・・・。


やっぱり、回路基板は奪われてしまいましたねー。そうじゃないと、24話までストーリーが持たないですからね。

ドイルはやっぱりいい人だったんですね。これまで疑ってスミマセン~。ジャックが基盤を奪われないように、爆弾を仕掛けて死ぬ気でいたことを知り、その計画をぶち壊してしまったことを後悔したり、ジャックをオードリーに会わせてあげるように画策したり・・・。案外いいところあるやん!!好感度アップです。

基盤の情報は副大統領の補佐官であるリサ(てっきり秘書だと思ってた!)から漏れていたんですねー。副大統領とも妙に親密だったけど、歳の差もあるしなんかヘンだと思ってたんですよー。

今回のクロエは、なんか妙に女らしいんですよね。これまで男性といざこざがあっても、さほど気にしてる様子はなかったのに、モリスとダメになりそうになったら泣いたりして・・・。うーん、どうしたんだろう・・・。

コメント

24シーズン6/第19話

2009年01月21日 00時59分32秒 | 24/シーズン6
「24」シーズン6の第19話の感想です。ネタバレしておりますので、ご注意下さいませ~。

   *    *    *    *    *    *

パーマー大統領が倒れ、ダニエルズ副大統領が権限を引き継ぎ、恐れていた通りジャックの作戦は中止させられてしまった。それを察知したジャックは、ドイルから銃を奪い1人で取引場所へ向う・・・。


ダニエルズ副大統領なら絶対そうするだろうなーという予想通りの展開ですね。それにジャックも絶対に折れる性格じゃないし、不穏な動きにはめちゃくちゃ敏感だから、絶対に察知すると思ったけど、それも予想通りでしたね~。
ジャックはどうあっても、アウトロー的なヒーローにしかなれないようです(汗)。

カレンとブキャナンのこともまた、蒸し返されてきました。トップが替わるとこうも色んな事が変わってしまうんですね~。
しかも、カレンというよりもブキャナンの方に矛先が向いているようなのが心配~。ブキャナンまでCTUを辞めなきゃいけなくなったら、ジャックを理解してくれる人は誰もいなくなったいますもんね。
考えてみれば、これまでのジャックの上司というのは、皆アクが強くて強引な人ばかりでした。ブキャナンは珍しく部下に理解があり、誠実で真面目な人でしたよね。こんな人がいなくなっちゃうのは、CTUにとっても大損失ですよー。
でも、ホワイトハウスの人間には、そんなこと関係ないんですよね。誰かに責任を取らせようと躍起になってるし・・・(泣)。
コメント

24シーズン6/第18話

2009年01月18日 01時18分09秒 | 24/シーズン6
「24」シーズン6の第18の感想です。ネタバレしていますので、ご注意下さい!

    *    *    *    *    *

前回のラストで、死んだと思っていたオードリーが実は生きていて、中国のチェンに捕まっていたということが分かる。チェンはオードリーの身柄と引き換えに、1時間以内にスーツケース核爆弾の回路基盤を要求してきた
が・・・。


ここ何話かクロエの存在が希薄でしたが、今回はまた大活躍!CTUにも内緒で動かなければならないような事態が発生すると、ジャックが頼れるのはクロエしかいないんですよねー。

ちょっと前から、大統領の体調が悪そうだと思っていたのですが、とうとう倒れてしまいました。やっぱり無理してたんでしょうね。一応、ファイエド一味が捕まって、核爆弾も回収されて安心したというのもあるのかもしれません。
でも、パーマー大統領が倒れたら、やっぱりあの副大統領が大統領代行になっちゃうんですよねぇ・・・。その前に辞任してくれてれば良かったのに、そうはならないのが「24」ですよねぇ。ジャックがまだトラブルに巻き込まれてる状況の時に、最大の援護してくれる人がいなくなってしまうなんて・・・。
次回がどうなるか、気になります!!
コメント

24シーズン6/第17話

2009年01月17日 00時06分22秒 | 24/シーズン6
「24」シーズン6の第17話の感想です。ネタバレしておりますので、ご注意下さい。

    *    *    *    *    *

どっちかというと穏健派だったパーマー大統領が、いきなり攻撃を仕掛けるなんて、どうなってるのー!?と思ったら、やっぱりウラがあったんですね。
強気に出る場面では出ておかないと、相手にナメられて、重大な情報も隠されてしまうって事が今回の件でよーく分かりました。
あれだけ、国は関係してないとか言ってた大使の言葉も結局嘘だったんですね。政治の世界でのよくある駆け引きなのかもしれませんが、人の命がかかっているのに、そういう態度ってちょっと信じられません。

ラスト、ファイエドが捕まり、核爆弾も確保したので、24話まで先があるのに、え!?これで終わり!?となったのですが、やっぱりそんな簡単には終わりませんでしたね~。
今度は、死んだとされていたオードリーが生きていて、中国側に捕まっているらしい・・・。ジャックの苦労はまだまだ続きます。

コメント

24シーズン6/第16話

2009年01月16日 00時13分51秒 | 24/シーズン6
「24」シーズン6の第16話の感想です。ネタバレしていますので、ご注意下さいね。

      *    *    *    *    *

パーマー大統領の意識が回復し、副大統領の戦闘命令を撤回した。しかし、それを不満に思う副大統領は、大統領は適正な判断力なしとし、閣僚を招集するが・・・。


パーマー大統領、一番いい時に復活しましたねー!あの副大統領、かなり抵抗していましたけど、トムにまでしてやられて、ついに折れちゃいました。
と思ったら、また大波乱が・・・!「24」って、1時間のドラマの中でも、話が二転三転するので、ちょっと目を離しただけで、訳が分からなくなっちゃいますよね。
あれだけ、副大統領の攻撃を阻止しようとしていた、パーマー大統領が今度は自ら攻撃をしかけようとするなんて・・・!何か考えがあってのことだと思うけど、いきなり真逆の展開なんで、こっちも混乱状態です。
それに大統領はやっぱり体調が悪いようで、かなり無理していますよね。大丈夫かしら・・・。

また、ジャックの方もファイエドを捕まえることには成功したけど、グレデンコは取り逃がしちゃいました。あっちの方が本星っぽいので、かなり心配です。
コメント

24シーズン6/第15話

2009年01月13日 01時28分56秒 | 24/シーズン6
「24」シーズン6の第15話の感想です。ネタバレしていますので、ご注意下さい。

    *    *    *    *    *

副大統領の決定を覆そうと、カレンは大統領の妹サンドラに頼み、大統領の意識を回復させようとする。一報、ジャックとドイルは、グレデンコと取引のある男の家へ踏み込む・・・。


結局、ナディアは無実だったんですね。内通者がいなくてもCTUのコンピューターにアクセスできるとは、言っちゃなんですが、ちょっと都合良すぎだとは思うのですが・・・(苦笑)。で、ナディアを中東系だからという理由で、犯人扱いしてきたドイルはまずい立場になっちゃいました。しかも、それを隠そうとするのが、ものすごく怪しい!・・・と思ったんですが、どうやら違うらしい!?
ジョンソンという男の方が怪しくなってきました。一体どうなってるのやら・・・。

コメント

24シーズン6/第14話

2009年01月12日 13時37分21秒 | 24/シーズン6
「24」シーズン6の第14話の感想です!ネタバレしておりますので、ご注意下さいね。

    *    *    *    *    *

核爆弾を搭載した無人飛行機が一機発射されてしまった。標的はサンフランシスコ上空。CTUは衛星を使って、飛行機を追跡するが、突然消えてしまう。調査の結果、CTU内部に内通者がいることが判明し・・・。


CTUの内部に内通者がいるという展開は、過去に何度もありましたが、やっぱりドキドキしますね。今まで一緒に働いていた仲間が、もしかすると裏切り者だった可能性もあるわけです。こういう職場にいると、人間不信になりそう・・・。

核爆弾の方は、とりあえず無事に回避できましたが、他国に報復措置を取るという副大統領の意思は変えられず・・・。この副大統領は、ちょっと強引すぎますよね。これまで推進派だったトムでさえも引き気味ですし。

そうそう、オードリー。今回出てこないと思っていたら、なんと中国で死亡したことになってたんですね。それもどうやらジャックに関する陰謀がらみのようで、なんかやり切れません。
コメント

24シーズン6/第13話

2009年01月12日 02時01分45秒 | 24/シーズン6
「24」シーズン6の第13話の感想です。ネタバレしていますので、ご注意下さいませ。

   *    *    *    *    *

ロシア領事館に身柄を拘束されたジャックと、グレデンコの情報を知っていると思われる総領事のマルコフを確保するため、CTUはロシア総領事館を襲撃する作戦を立てるが・・・。


ローガン元大統領が再登場した時もビックリしましたが、マーサまで出てくるとは。しかも、アーロンとなんだか仲が良さそうで、そちらにも驚きました。
しかもかなり情緒不安定なようで・・・。それなのに、彼女しかロシア大統領を説得できる道はないなんて。と思ったら、ちゃんと話してくれましたね。けどその代償もまた大きいものがありましたが・・・。

また、ジャックの身柄拘束により、CTUでは新たな現場指揮官としてドイルが派遣されてきました。(いつも思うのですが、CTUでは、そんなにすぐに異動とかできるもんなんですかね~。)この人は優秀そうではあるけど、性格が高圧的なので、他の皆とはうまくいかなさそう・・・。早々にいなくなっちゃう人のような気がします。

とうとう、核爆弾が無人飛行機に乗せられちゃいました。ジャックたちは、果たして間に合うのでしょうか!?
コメント

24シーズン6/第12話

2009年01月10日 09時16分10秒 | 24/シーズン6
「24」シーズン6の第12話の感想です。ネタバレしておりますので、ご注意下さいね!

    *    *    *    *    *

リードの仕掛けた爆弾によって、ついに、パーマー大統領の暗殺が起こってしまう。その頃、ジャックはグレデンコの居場所をつかむために、軟禁中だったローガン元大統領と共にロシア総領事館へ出かけたが、そこへCTUよりパーマー大統領暗殺事件の一報が入って・・。


またジャック、やっちゃいましたね~。ていうか、それしか方法はないとはいえ、またしても他国の総領事館の中に進入するとは・・・。前回それで散々な目にあったのに、全然学習してないよね。周りはたまったものではないと思います。
上手く情報を聞き出したまでは良かったけど、案の定、捕まっちゃって。この情報をCTUに伝えることができるのか!?

で、トム・レノックスですが、やっぱりイイところありますねー。どっちの味方なのか、ものすごく微妙な立場の人なんで、ハラハラしましたが・・・。
あと、副大統領はかなり強硬派ですね。大統領が職務に復帰できそうもない今、副大統領が頼みの綱なのに、こんな人で大丈夫なのか心配です・・・。
コメント

24シーズン6/第11話

2009年01月10日 00時07分33秒 | 24/シーズン6
「24」シーズン6の第11話の感想です。ネタバレしていますので、ご注意下さいねー。

    *    *    *    *    *

ローガンは、どうやら過去の罪を償いたがっているようですね。でも、なぜそういう心境になったのかは、イマイチよく分かりません。
ジャックやウェイン・パーマーが懐疑的な気持ちになるのも仕方ないですよね。
でも、今の所、彼しか情報源に近づく手立てがないので、とりあえず手伝ってもらうことになりましたが・・・。
「24」だけに、そんな単純にはいかないですよね。

モリスは、起爆装置を敵に渡してしまった傷から癒えてないようです。ま、そんな簡単にはいきませんよね。でも、それが任務に支障をきたせば、更なる大事件につながる可能性があるし、クロエやブキャナンたちの心配も尤もなことだと思います。

で、ラストは大統領暗殺のいいところで終わっているんですよね~!これでもかっていうくらい、次々と見所が来るので、「24」は本当に息をつくひまがないですね。

コメント

24シーズン6/第10話

2009年01月09日 00時32分06秒 | 24/シーズン6
「24」シーズン6の第10話の感想です。ネタバレしていますので、ご注意下さいね。

    *    *    *    *    *

息子のジョシュをフィリップに人質に取られたマリリンは、夫のグラハムが以前ロシア人と会っていた家について嘘の情報を教えてしまう。爆弾を仕掛けられていたその家に乗り込んだジャック達CTUのメンバーは、吹き飛ばされてしまう。間一髪逃れたジャックは、マリリンとマイロの行方を追うが・・・。


いやー、マイロが大活躍でしたね。情報分析官って、いつもコンピューターの前に座ってるだけなので、あまり動きがないんですが、今回は珍しく現場捜査官のように銃撃戦なんかもあって・・・。こういうのも、たまにはいいですねー。

さて、大統領の身辺でも、きな臭い動きがあるようです。単なる政策方針の違いでガタガタしてるのかと思っていたら、どうやらさらに大規模なもののようで・・・。なんと大統領の暗殺をも狙ってるようなのです。大統領補佐官のトムも、政策面では大統領と意見が食い違ってるものの、さすがに暗殺となるとやりすぎと感じたのか、シークレットサービス通報しようとしてましたが、いいところで敵にバレちゃって。今後、さらに騒動が拡大するのか、気になるところです。

で、フィリップなんですが、とうとう皆にバレちゃいましたね。息子を殺すのは忍びないと感じたのか、決定的な場面でも殺さなかったのは親心なのか、はたまた何か考えがあるのか・・・。容易には感情を読ませないタイプの人なので難しいところです。

そしてラスト。ビックリしたのが、前大統領のローガンが再登場したこと。てっきり過去の人になったのかと思っていたので、ビックリしましたよー。しかも何やら鍵を握ってそうな雰囲気ですし。またもや意外な展開ですね。
コメント