Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スーパーナチュラル近畿圏の地上波に初登場!

2007年10月21日 00時36分17秒 | スーパーナチュラル/シーズン1
今日、たまたま新聞の週間テレビ欄を見ていて気づいたのですが、アメリカのテレビドラマ「SUPERNATURAL/スーパーナチュラル」のファーストシーズンが、いよいよ近畿圏の地上波でも放映されるようです♪

関東では日本テレビで既にファーストシーズンの放映が終わっていますが、近畿では、いつになったらやってくれるのかなーと思っていたんですよね。
「プリズン・ブレイク」なんかは、関東でやり始めたらすぐに近畿でも放送されたんですが、「スーパーナチュラル」に関しては全く音沙汰がなかったので、このままずっと放送しないのかと思ってました。

ただ、地上波だと吹き替え版しかないと思うので、そこが微妙。。。
できれば、字幕版と選べるようにして欲しいのですけどね。

読売テレビ(日本テレビ系列)で、10月24日の24:59、放送開始です!
私自身は、既に見終っているのですが、念のために録画しようかな・・・。



コメント

Supernatural/シーズン1 第18話~第22話

2007年01月27日 00時43分58秒 | スーパーナチュラル/シーズン1
 このところ、ずーっとはまって見ていた「Supernatural」も、いよいよシーズンフィナーレまできました。この物語は、後半になるにつれて、加速度がついて面白くなってきたと思っていましたが、とくにこのラスト4~5話は、見所が多く、目が離せない展開でした。

 第18話目のシュトリガという子供ばかりを狙う魔女の話では、ディーン(ジェンセン・アクレス)とサム(ジャレッド・パダレッキ)の子供時代の事が回想され、なぜディーンが父親に従順なのか、サムに対して「守らなければならない」と思っているのかが、明らかになります。

 また20話目には、父ジョンとの再会、さらには、あらゆる魔物を倒す力があるというコルト銃が出てきます。
いよいよラストに向けての布石だなーと、こちらも気分が盛り上がってきました。

 そして21話~22話は、スパナチュ史上初めて、「To Be Continued...」と続き物になっています。
母メアリーとサムの恋人ジェシカを殺したデーモンとの対決が描かれまして、ついに衝撃のフィナーレが!!!

 アメドラって、ラストは次回へ興味を持たせるために、わざとショッキングな終わり方をすると聞いたことがあるのですが、この終わり方は予想以上に凄かった!!
もし、ここで打ち切りになっていたら、本当に目も当てられないことになってましたよー。
幸いにして、私はセカンドシーズンがすでにアメリカで放映中であることを知っているので、まだ何とか希望が持てましたが・・・

 Supernaturalというドラマは、基本的に1話完結ものだし、それほど中毒性はないなーと最初の頃は思ってましたが、中盤以降は、1話1話は完結してるにもかかわらず、続きが早く見たいなーと思ってました。これは、やはりキャラクターの造詣の深さ、キャスティングの良さによるものではないかと思ってます


 それにしても、ディーンがだんだん可哀相になっていくのは何故なんでしょう。外見とは裏腹に、誰よりも家族思いで繊細な心を持っているのに、全く報われずツライ目にばかりあうなんて・・・!
セカンドシーズンでは、ぜひぜひ幸せになってもらいたいです
ああ、セカンドシーズンが今から楽しみです

 
コメント (6)   トラックバック (1)

Supernatural/シーズン1 第12話~第17話

2007年01月13日 00時36分22秒 | スーパーナチュラル/シーズン1
 この「SUPERNATURAL」というドラマは、中盤以降になって俄然ハラハラ・ドキドキする場面が多くなり、面白さが増してきました!!
最初の頃は、父親の失踪の理由や手がかりも、母親を殺した「モノ」についての情報探しも遅々として進まないし、兄弟二人がわりとのんびりと悪霊退治をしながら、アメリカの各地を巡っているストーリーという感じだったので、1話完結ものということもあり、「24」のような中毒性はないなーと思ってたのです。
ところが、中盤以降、どうしても続きが見たくてウズウズしてくるようになりました。

 特に第14話「悪夢ふたたび」のストーリーは、ものすごく重要な話でした(と私は思いました!)。

以下、ネタバレしてますので、ご注意下さい!!




まず、サムがガレージの車に閉じ込められ中毒死する男を予知する所から話は始まります。
前からサムには予知能力らしきものがあるという事は分かってましたが、ここまで鮮明に見たのは初めてで、まずそれに驚かされます。
また、この中毒死した男には息子が一人いるのですが、実はサイキックで念動力がありました。
そして、この息子の母親は、息子が生後6ヶ月の時に火事で死んでいたのです。
サムとあまりにも似た境遇の少年がいたことで、謎に一歩迫った気がします。
超能力のある子供が生まれると、生後6ヶ月になった時に母親が焼け死ぬ・・・という事が分かったのですから・・・。
一歩前進したということでしょうか。

また第16話「闇との対決」では、以前にも登場した怪しい女「メグ」と再会します。またついにダディーとも再会し、いよいよ決戦近し!という感じで盛り上がってきました。

家族が集まると、それまではただ会いたい一心だったのが、色んな問題が噴出してくるのもまた面白いところです。
特にサムとジョンはお互いに似たもの同士ということもあり、再会を喜んだのもつかの間、すぐに口論しています。ディーンは二人の間を取り持って、かなり大変そう・・・
それでもディーンは3人で暮らすことが夢なので、ひたすらそれに向かって邁進してました。健気だ・・・。

果たして3人で、母メアリーを殺した悪魔を倒すことができるのか?
ものすごく緊迫した展開になってきたので、もう待ちきれません!
ラストまで一気に見てしまおうかな~と思ってます。
コメント (4)   トラックバック (1)

Supernatural/シーズン1 第8話~第11話

2007年01月04日 00時14分39秒 | スーパーナチュラル/シーズン1
 今回見たのは、DVDで言うと4巻・5巻にあたる部分なのですが、いよいよウィンチェスター家の家族間の問題がクローズアップされてきた巻でした。

 第8話目の、「蟲」という話では、父親とうまくいかないマットという少年が登場するのですが、サムは自分と重ね合わせていました。
どうやら、ディーンとサムの父ジョンは、サムには特に厳しく接していた(とサムは思い込んでいる)ようです。
サムとジョンは、お互いに反発し合ってるんですね。

 また9話目の、「帰宅」では、サムが予知夢を見、母メアリーが死んだ全ての始まりとなったカンザスの家に現在住んでいる親子に危機が訪れるというので、事件以来初めて、例の家に戻ることになります。
サムには事件の記憶はないので平気なのですが、ディーンは辛い事件を思い出し、父に涙ながら助けの電話を掛けるのですが、連絡はなく・・・
結局二人だけで事件を解決することに・・・。

 そしてこの辺から、サムの兄ディーンへの不満が形となって表れてきます。サムからすると、何も話してくれない父ジョンへの苛立ちもあり、ディーンが何故父の命令に絶対服従するのか理解できないのです。
10話目の話では、霊に怒りを増幅させられたとはいえ、ディーンに銃を向けるサムが・・・

 で、11話目はなんと父ジョンからの電話の場面から始まります(10話目のラストから続いてます)。
生きている事がわかってホッとしたのもつかの間、ジョンは今どこにいるかは話せないが、ある事件について解決するように二人に命令します。
ディーンは父の命令は絶対服従なので素直に従おうとしますが、サムは納得せず、父のいると思われるカリフォルニアへ向かうべきだと主張します。
で、ディーンとサムの間で口論となり、結果二人は別々の道へ・・・。
ま、最終的には長時間携帯が繋がらない事を疑問に思ったサムが、ディーンの元へ戻り、とりあえず上手く収まったのですが、この二人の考え方の違いが、今後も何かと問題を引き起こしそうです。そして、サムが予知夢を見たり、かなり霊能力があるという件も、今後重要な要素になってくるでしょうね。

 また11話目でサムと共にカリフォルニアへ向かおうとしていたメグという女も、かなり怪しい!悪魔の僕か何かだと思われます。
もし、サムがディーンの元へ戻らなかったら、きっと餌食になってましたよー。
危機一髪でした。




 
コメント (2)   トラックバック (1)

Supernatural/シーズン1 第4話~第7話

2006年12月29日 23時46分25秒 | スーパーナチュラル/シーズン1
 最近、すっかり「SUPERNATURAL」にはまってしまいました。オカルトを題材にしてはいますが、話自体はそれほど目新しさはないし、怖さもあまり感じないので、物足りないと思われる方も多いドラマだろうとは思いますが、ツボにはまると、なかなか面白いドラマです
主要登場人物が兄弟2人だけというのも、2人のファンにはうってつけですよね。なんたって、ずーっと出ずっぱりだし

 で、今回見た中でツボだったのは、まず第4話目の話。
飛行機墜落にまつわる話だったのですが、これまで傲岸不遜なイメージだった兄のディーンが、実は飛行機恐怖症だったことが判明
どうしても飛行機に乗らないといけない事態となって、あせりまくるディーンには思わずニヤニヤしてしまいました。

 また、5話目の鏡の話では、悪夢に苦しむ弟に睡眠薬を混ぜて無理やり寝かせたり、かなり健気に弟を気遣う兄の姿が見られました。
しかも、サムには兄にも秘密にしていることがあって、どうやらサムには特別な能力があるらしいことも判明。
それが今後の展開にどう影響するのか、見ものだと思います。

 6話目は、他人(動物もOK?)に完全に姿形を変えられる悪霊が登場し、ディーンの姿も模倣され、悪事を働かれてしまいます。
この悪霊は、姿のみならず心や過去の知識もそのまま模倣できるのですが、ディーンの姿でサムを縛り上げている時に、「自分は夢を諦めて父についていったのに、結果的に置いていかれた」とか「サムは大学に行って好きな事をし、友人もたくさんいて妬ましかった」というような事を言ってたのが、印象的でした。
これってやはりディーンの本音って事でしょうか?これを聞いて、いつも自信に満ち溢れ、明るくノリのいいディーンは、実はサムよりもずーっと繊細で、心に傷を持った人なのかなーと思ってしまいました。
この辺も今後詳しく描いて欲しいですね。

 7話目は、ラストでサムといい感じになった女の子ローリと別れ難そうにしてるのを見たディーンが、サムに向かって「ここに残るか?」と聞いてたところ。
第6話目で、サムには複雑な心境だとわかっただけに、もし「残る」って言われてたら、どうしたんだろうとちょっと考えてしまいました。

 1話完結だから、次をすぐに見なくては!と焦る必要もないのですが、やっぱり早く続きが見たいなーという気にさせられるから不思議です。
コメント

Supernatural/シーズン1 第1話~第3話

2006年12月24日 23時44分22秒 | スーパーナチュラル/シーズン1
 近頃、すっかりアメリカドラマばかり見ている気がするのですが、今回は「SUPERNATURAL」。以前に見たDVDの中に1話目が入っていて、結構面白かったので借りてみました。(最近、こうやって1話目だけを、他のDVDなどに入れる手法が流行ってるんですね。うまい戦略だなー。)

 このドラマは、邪悪な何かに母親を殺され、その謎を追い続けてきた父親も行方不明となった為、兄弟が父親を探しの旅に出、その先々でオカルトっぽい事件に巻き込まれる・・・という話なので、怖いものがダメな私は、最初あまり受け付けない話かなーと思ってたんです。特に1話目は、最初に女性が天井に貼り付けられて死ぬシーンがあるのですが、B級ホラーっぽいというか、いくら連続ドラマだからといっても安っぽい感じがして、「あー、ダメかも・・」という感じでした。

 それが、だんだんと面白くなってきたのは、この話の主役兄弟がすごくいいからなんです。一見正反対の兄弟で(兄のディーンはちょっと悪っぽく、弟のサムは理知的な優等生)、普段はあまり仲が良くなさそうなのに、いざとなったらお互いを思いやってる感じが伝わってきてグッド!兄弟・親子の絆が随所に感じられるいい話です。
一応、一話完結の話なので、ずーっと息をつめて見続けなければならないというのがないので、すごく気楽に楽しめます。怖さも思ったほどでもないし・・。
続けて借りようと思ってます。

 それにしてもこの兄弟。二人ともタイプは違うけどイケメンで、特に兄ディーン役のジェンセン・アクレスはめちゃカッコイイですね。
今まで全く知らなかった俳優さんなのですが、この先楽しみです。
コメント (7)   トラックバック (7)