Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

億男

2018年10月29日 01時20分52秒 | 映画(あ行)
映画「億男」を見てきました。
あらすじを簡単に書くと、宝くじにあたった冴えない男(佐藤健)が、大学の落研で同期だった友人(高橋一生)に
お金の使い道などについて相談したところ、その友人にお金を持ち逃げされ・・・というストーリーです。
タイトルだけを聞くと、もっとチャラい感じ(お金を派手に使って遊びまくるような)の話なのかと思っていましたが、
案外、真面目な(?)ストーリー展開で、お金についてあれこれと考えさせられる内容でした。
佐藤健と高橋一生が、大学時代に落研に所属していたということが、伏線になっているんですね。
この落語「芝浜」を知っていると、更によくわかる話になるようです。(私はうろ覚えでした)

親友にお金を持ち逃げされるにあたり、親友と一緒に働いていた人たちに話を聞きにいく件があるのですが、
そこに登場する人たちのインパクトがすごすぎて、もう目が点・・・(^^;
北村一輝なんて、誰か気づかないレベル・・・。藤原竜也もこれまでのイメージとは全然違うし、
俳優さんの怪演ぶりがスゴイ‼です。見ごたえありますよ。

この映画、意外とちゃんとしたストーリーで後味も悪くなかったですし、俳優さんたちも見ごたえあって、
満足ではあったんですが、そもそも、友人にお金の相談とかする前に、借金だけは払っておけよー!!と
思わずツッコミたくなる内容でしたね。
ま、それだとストーリーにならないんですけど、ちょっとその辺のアラが気になる話でした。



コメント

search サーチ

2018年10月29日 00時56分35秒 | 映画(さ行)

先日公開されたばかりの映画「search サーチ」を見てきました。
私が見に行ったのは、公開初日の翌日だったので、混みあっているのかなと思っていたのですが、
意外にも空いていて(4割~5割くらい?)、ちょっと驚きました。

私の場合、前回見に行った「カメラを止めるな!」の時に予告が流れていて、私の好きそうなジャンルだなーと思って、
見に行こうと思ったのですが、キャストを見てもそれほど有名な俳優さんは出ていないし、
宣伝もいわゆる「大作」と呼ばれる映画ほど行われていなかったようなので、
これはある意味仕方ないことなのかもしれませんね。

でも、私としては、かなり面白かったので、サスペンス物が好きな方にはぜひ見て頂きたいです。
サスペンス物なのでネタバレしたら面白くないので、これ以上詳しくは書けないのが残念ですが、
有名な俳優さんが出ていないからこそ、変な先入観もなく見れるというのもあると思うし、
またPCやSNSを駆使して、犯人を捜すというのも斬新なので、本当にオススメです‼

見終わった後、ネタバレしてるサイトとか感想を見ていると、
私が気づいていなかった伏線が結構たくさんちりばめられていたみたいなんですよね。
映画に出てくるPCの画面をじっくり見ていると、どうやら色んなことが分かるようです。
そんなことを知ると、私ももう一度見てみたくなってきたところです。
コメント

カメラを止めるな

2018年10月25日 01時00分41秒 | 映画(か行)
久しぶりの投稿です。
長い間、読書をしたり、映画を見たりという気分になれずにいたのですが、そろそろ復活しようかなと思い、久しぶりにブログを書いてみました。

「カメラを止めるな」は、低予算映画ながら、すでに色んな映画館で上映され、見た方も多いと思います。
私自身も、インターネットの記事などで、早い時期からとても面白い映画だとは知っていたのですが、その頃はまだ、上映している映画館もかなり少なく、とても見れそうにないなと思っていました。それが、あれよあれよという間に、上映館が増え、周囲で見たという人も増えてきて、感想を聞く事も多くなりました。
一番多かったのは、確かに面白いけど、事前にあれこれ聞いてハードルが上がっていたせいか、そこまでとは思えなかったという意見です。
そうなってくると見に行くべきか迷い始め、ずるずると先延ばしにしていたところ、なんと地元の映画館でいつのまにか上映していたのです!←ここまで拡大したのかと感無量!
地元にまで来た事を知ると流石にすぐに見にいきました。

ここからは私と個人的な感想になりますが…。

最初に聞いたこの映画に対するいい印象と、後から聞いたネガティブな印象を両方持っていたのですが、見た感想を率直に書くと、「めっちゃ面白い‼️」でした。久しぶりに涙が出るほど笑いましたし…😅
確かに、一度全貌を知った後だと、ちょっとな…と思う部分もありますが、低予算でこれだけ
作るのはすごいと思います。
原案の問題で色々あるようですが、それでもこの作品が面白いということには変わらないと思います。
私は見て本当に良かったなと思えました。久しぶりにブログを書きたいと思える程に…。
更にいえば、映画に対する興味がまた擡げてきた感じもあります。
今年の秋は、いい感じで芸術の秋を満喫できそうです‼️

コメント