Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ホワイトカラー/シーズン2

2013年12月30日 20時34分37秒 | ドラマ(その他)
アメリカのドラマ「ホワイトカラー」のシーズン2を見終わりましたので、感想を書きたいと思います!

シーズン1の時の感想にも書いたのですが、このドラマは、基本的に1話完結の事件ものですが、詐欺事件や窃盗事件を中心に描かれているので、他の事件ものに比べて、殺伐としたところが少なく、わりとのんびりと見ることができるのが良い点かなと思っています。

また、主役の二人、FBI捜査官のピーター・バーグと元詐欺師のニール・キャフリーは手を組んで(というかニールがFBIの捜査に協力している)犯罪を暴いていくわけですが、この二人の性格が正反対なもので、まるで掛け合い漫才のようなんですよね。これを見るだけでもかなり楽しめます♪

二人はシーズン1での捜査協力を通して、友情を深めていき、お互いに対する信頼感も芽生えてきていたのですが、しかし犯罪者と逮捕する側ということで根本的に相容れないところも持っているわけです。だから、ニールがピーターを出し抜いたりする場面もあって、単なる友情ものに終わらないところがまた物語を引き締めているような気がします。

このドラマ、私はとても気に入っているんですけど、シーズン2は16話までしかなかったんですよね。アメリカのドラマにしては短い方で、まさかここで終わるとは思っていないようなところで終わってしまったので、ちょっとビックリしたのですが、ダラダラしてないのはいいかもしれません。

シーズン2のラストがかなり気になるところで終わったので、シーズン3を見るのが今から楽しみです~♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリミナル・マインド FBI行動分析課/シーズン4

2013年12月19日 23時14分41秒 | ドラマ(その他)
アメリカのドラマ「クリミナル・マインド FBI行動分析課/シーズン4」を見終わりましたので、感想を書きたいと思いますー♪

アメリカのドラマって、1話完結の事件ものが数多く作られていて、私も事件ものが大好きなのでよく見ているんですが、その中でもこの作品は私の1、2を争う程大好きなドラマです(^^)

理由を考えてみたのですが、

 1.扱っている事件が、連続殺人事件が多いので、早く犯人を見つけないといけないという緊迫度が高い。

 2.異常性のある事件が多く、他の作品とは違う展開や意外な犯人にたどりつくことが多い。

 3.チームにはそれなりの人数がいるのに、ひとりひとりのキャラクターがハッキリしていて個性的。またチームワークが良いから、見ていて安心。

 4.シリアスな展開の中に、ちょっとしたコミカルな場面を挟んでいるので、暗くなりすぎない。

という感じかな~。他にもありそうですが、とりあえず今思いつくのは以上です。
これを改めてつらつら考えてみると、このドラマは色んな点でバランスがいいのかな~と思います。

ちなみにシーズン4は、26話までありましたが、1シーズンが全然長いとは思いませんでしたよ。
普通、1話完結の事件ものだけで26話もあったら、途中でダレたり飽きたりしそうなものですが、このドラマに関してだけは、飽きるということはありませんし、何か他の事に気をとられながら見るということもしませんね。
録画して、長い間放置しているドラマもありますが、これは録ったらまず1番に見てしまいますもん(^^)

そうそう、最終話のラストの場面で、ホッチがかなりヤバい場面で終わってしまってたんですよね~。続きがすごく気になるんですが、シーズン5の放送はまだまだ先なのかな?早く見たい~!!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CSI:科学捜査班/シーズン1

2013年12月12日 23時39分04秒 | ドラマ(その他)
長らくこのブログもご無沙汰しており、申し訳ありません。最近、映画を見ることもめっきり少なくなり、なかなかブログに書くようなネタもなく、何となく過ごしてしまっていました^^;

ようやく一つ見終わったものができましたので、感想を書きたいと思います。
そのドラマは、「CSI:科学捜査班」のシーズン1。事件ものが大好きな私にとって、以前からずっと見たいなーと気になっていた作品です。ただ、この作品を知った時点で、すでにかなりのシーズンが経過していたので、レンタルするのも大変だしなーと思って躊躇していたところ、Dlifeさんで放送してくれたので、ここぞとばかり録画しておきました(^^)

で、見終わった感想なんですが、私の期待が大きすぎたせいか、思っていた程はハマらなかったかなーという所デス。あー残念。
科学的な捜査方法を視聴者に見せながら捜査していくというのがウリのドラマなんだと思いますが、このドラマが始まった時点ではかなり新鮮だった上記の手法も、今となっては、他作品でもこういう感じのものはたくさんありますし、今一つ興味を惹かれなかったというか・・・。
また、1エピソードに対し、事件が2つくらい同時進行していくので、分かりにくいところがあるのと、登場人物への感情移入もしずらかったというのもあるのかもしれません。

キャラクター的には、ウォリックなど、ちょっと気になる人もいますし、今後見ていくうちに、どんどん個人の内面がよりはっきりと描かれて、楽しめるのかなーという期待はありますので、今後も見ていくつもりではあります。

それにしても一番ビックリしたのは、最初のエピソードで出てきた新人さんが、てっきり主人公なんだと思って見ていたら、呆気なく死んでしまったこと・・・^^;
主人公なんだから、絶対に死ぬはずない!と思い込んでいたので、これにはかなり驚きましたよー。視聴者を惑わせることを最初から狙っていたんだとしたら、大したもんですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加