Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ハッピーフライト

2010年03月24日 19時30分32秒 | 映画(は行)
航空機をスケジュール通り安全に離着陸させるために働く、さまざまな役目を負ったスタッフたちの奮闘ぶりを描いたコメディー。監督は矢口史靖、キャストは田辺誠一、綾瀬はるか、時任三郎、吹石一恵、寺島しのぶ、田畑智子他。

<あらすじ>
副操縦士の鈴木(田辺誠一)は、機長昇格の最終訓練である乗客を乗せて飛ぶ実地試験でホノルルに向けて飛び立つことになる。彼は試験教官として同乗する威圧感たっぷりの機長の原田(時任三郎)を前に緊張感を募らせていた。そんな中、キャビンアテンダントの斎藤(綾瀬はるか)は夢にまで見た国際線フライトに臨み、緊張感がピークに達していた。
(シネマトゥデイ)


予告を見ていたときは、キャビンアテンダントとパイロットの恋愛ものかと思っていたのですが、飛行機の運行に携わる様々な職種の人たちの群像劇でした。
いつも何気なく乗っている飛行機ですが、こんなにもたくさんの人たちが関わって、定刻に安全に飛ぶことができていたんですねー。普段見ることができない、それぞれの仕事ぶりが覗えて、興味深かったです。

しかも、コメディ物なので、気楽に安心して楽しめるのがまたイイですね。何かが後に残るというようなものではないですが、矢口監督らしい、家族みんなで楽しめるエンターテイメントものでした。
コメント (6)   トラックバック (17)

デトロイト・メタル・シティ

2010年03月16日 19時18分53秒 | 映画(た行)
若杉公徳原作の大人気コミックを実写化した青春爆笑コメディー。監督は李闘士男、キャストは松山ケンイチ、加藤ローサ、秋山竜次、松雪泰子、宮崎美子他。

<あらすじ>
純朴な青年、根岸崇一(松山ケンイチ)は、ポップミュージシャンを目指して大分県から上京する。だがひょんなことから人気悪魔系デスメタルバンド“デトロイト・メタル・シティ”のギター&ボーカルとして活動することになる。彼らのデビューシングルは大ヒットを記録し、崇一は自分の意思とは関係なくカリスマ悪魔歌手に祭り上げられていく。(シネマトゥデイ)


原作漫画は読んだことがありませんが、知らなくてもなかなか楽しめました。ちょっとドタバタしすぎなのと、先が分かりすぎる展開なのが難点。もっと意外性が欲しかったですねー。
原作の漫画はどんな感じなのかな?ちょっと興味が出てきました。

この映画はなんといっても松山くんありきですね。DMCなりきりぶりは、かなり面白かったです。最近、色々な作品で見かけますが、どんな役でもうまくこなせてすごいですね。今後の活躍に期待します。

コメント   トラックバック (12)

恋するベーカリー

2010年03月08日 09時11分23秒 | 映画(か行)
人気ベーカリーを営む女性実業家が、50歳を過ぎ、自分らしい人生を手に入れるために奮闘する姿を描くハートウォーミング・ストーリー。監督はナンシー・マイヤーズ、キャストはメリル・ストリープ、スティーブ・マーチン、アレック・ボールドウィン他。


<あらすじ>
人気ベーカリーを経営するジェーン。お得意のパン・オ・ショコラは高評価を得ていた。10年前、弁護士の夫ジェイクと別れ、3人の子供を立派に育てあげ、長年の夢だったベーカリーの経営に精力を注いできた。でも、何か満たされない日々…。自宅キッチンの増築に取り掛かるため、建築家のアダムを呼んだジェーン。お互い離婚経験のある2人はすぐさま意気投合。だが、その一方でジェインは元夫ジェイクの存在を忘れられないでいた。(goo映画より)

突然、映画を見ることになり、一番近い時間に上映していたこの映画を選択。タイトルだけを見て、パン屋さんを成功させるべく奮闘する物語なのかと思っていたら全然違っててビックリ!
パン屋さんの部分なんて、ほとんど出てこず、結局は熟年男女のラブコメだったとは・・・^^; タイトルに偽りありとはこのことですよ~!邦題の付け方って、いい加減ですよね。

とは言え、内容的にはなかなか楽しめました。離婚したとは言え、心のどこかで思い合っている元夫婦というのも素敵でしたし、憎み合うストーリーが多い中で、清清しくて良かったです。

キャスティングもぴったりで良かったです。メリル・ストリープはさすが貫禄の演技でしたけど、個人的にはアレック・ボールドウィンが最高でした!すっかり太ってしまって2枚目とは程遠くなってしまったのですが、それが却って良かったようですね。最近はこんなコミカルな演技もできるようになって幅が広がってきた気がします。今後に期待したいですね。

コメント   トラックバック (25)

ルイーズに訪れた恋は…

2010年03月01日 14時37分35秒 | 映画(ら行)
39歳のバツイチ女性と、彼女の過去の恋人にそっくりな15歳年下の青年の恋を描いた大人のラブストーリー。監督はディラン・キッド、キャストはローラ・リニー、トファー・グレイス、ガブリエル・バーン他。

<あらすじ>
コロンビア大学芸術学部で入学選考部部長として働く39歳のルイーズ(ローラ・リニー)は、ある日、1通の入学願書に目を留めた。志願者の名前が初恋の男性と同じ名前であることに衝撃を受け、その志願者に会いたくなったルイーズは特別に面接をセッティングし、その青年スコット(トファー・グレイス)に会うが……。(シネマトゥデイ)


かなり淡々としたストーリーでした。あらすじだけを見たときは、もっとドラマチックに盛り上がるところがあるのかと思っていたので、ちょっと肩透かし気味でした・・・。
終わり方も「え?」と思うほどアッサリだし、特に心に残るようなシーンもないし、監督の意図もいまいち掴めませんでした。
映像は綺麗なだけにちょっともったいない気がしますね。

シリアスっぽくせずに、年の離れた男女の恋愛ものとして、もっとコミカルにしても良かったような気もします。
コメント